海塩粒子と土壌粒子の屈折率がどのくらいとされているか、
わかる方おられましたら、回答をよろしくお願いします。
あわせて、屈折率を調べるのに良いサイトがあれば教えてください。
図書館で探してもなかなか上手くいかなくて。
理化年表に岩塩の屈折率は載っていたのですが。

A 回答 (2件)

こんにちは.



卒論の締切が過ぎていて,もう遅いかもしれませんが,参考のため,書きます.

まず複素屈折率は,実数部が通常言われている屈折率,虚数部が吸収の強さを表すものです.エアロゾルの世界では,この複素屈折率を問題にします.

海塩粒子は,海水と同様の組成をしている(塩化ナトリウムや塩化マグネシウムなど)と考えます.そして,液滴の形で浮かんでいたり,あるいは,それが乾燥して完全な結晶(固体)に近い形で浮かんでいるものもあります.
したがって,主要成分である塩化ナトリウムの水溶液,あるいは結晶の値を使う,という考え方があると思います.
この辺りは化学便覧などに載っているでしょう.

土壌粒子については,zuri1000さんが指摘されているように,土によって結構違うので,これといった代表的なものをあげることはできないと思います.特に吸収(虚数部)については,波長依存性が強いので,注意が必要です.黄砂が飛来しているとき,というのであれば,割合単純なのですが.実際の土壌の吸収を測定した論文は,卒論なら手元にあるのですが,雑誌に載っているのは,そう多くないかもしれません.内容を確認していないのですが,下記の論文に手がかりがあるかもしれません.
Li et al.(1996): Nature 380, 416-419
Tegen et al.(1996): Nature 380, 419-423

zuri1000さんが挙げたURLの内容は,私がやっている研究と重なるものですが,これは,海塩粒子や土壌粒子も含めたエアロゾル全体の光学的特性を求める,という話です.

組成分析に基づいて,エアロゾルをなす化学種をいくつか仮定して,それぞれに複素屈折率と粒径分布を与えて,Mie散乱理論を適用すると,散乱係数や吸収係数などの光学パラメータが算出できます.したがって,逆に散乱係数や吸収係数などを実測して,それに合うような複素屈折率を求めてやることもできます.ただし,この場合,他のパラメータを実測や仮定で既知とするか,あるいは一緒に未知として組で求めなければなりませんが,実測や仮定が正しいか?とか,組で出てきた答えが数学上は正しくても実際にはおかしかったりすることもあり得るわけです.
そんな訳で,なかなか決定版を出せずに研究が続いているのです.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

(現在卒論は発表に向けて手直し中です。)
あまり突っ込んだことはできませんが、考える背景として
貴重な情報を、ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/25 19:10

>海塩粒子と土壌粒子の屈折率がどのくらいとされているか


エアロゾルが地球を温暖化させているのか、冷却しているのか等の研究分野ですね。これは最近研究(ここ20年位かな?)され始めたばかりなので恐らく海塩粒子と土壌粒子の屈折率などは既存の専門書にはあまり載ってないんじゃないかな?
 論文なんかにでてますよ。例えば↓。ただし複素屈折率だけどね。どんな値かは自分の目で見て。

図書館で調べるなら、エアロゾル学会誌とか大気電気学会誌とかを見るといいよ。
ただし、エアロゾルじゃなくて、本当に地面に転がっている土壌粒子の屈折率なら調べるの難しいんじゃないかな。だって地域によって値ことなるでしょ。土壌が関東ロームだったり、ラテライトだったりするわけですから。

 

参考URL:http://www.ac.wakwak.com/~officekiso/aeoliandust …

この回答への補足

お礼の訂正
 複素屈折率のみ → 複素屈折率の虚部kのみ

補足日時:2002/01/10 12:01
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。調べても簡単には出て来ないわけですね。
ご紹介頂いたページは両方とも見つけてプリントアウトしていたのですが、
その内容を上手く使う事ができない状態でした。
 (複素屈折率のみ? とか、やっている計算がわからない、とか)
私の基礎がないわけですね。
ちなみに私がやっている研究は「エアロゾルが地球を温暖化させているか~」
ではありません。卒業研究で、散乱性質から粒子を特定する
というのをやっています。今日が締め切りです。では。

お礼日時:2002/01/10 10:48

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q非海塩性起源にイオンの求め方

 非海塩性起源のイオンの求める計算式を教えてください。イオンはCa、Mg、Na、Cl を求めたいです。  そのような式ではなく、このようなことに関することであればなんでもいいです。

Aベストアンサー

非海塩性イオンの硫酸イオンの式だったらそれらしいのがわかります。
自然発生硫酸イオンは
ss-SO4^2-=0.251×降水中のNa^+のmg/l
人工発生硫酸イオンは
nss-SO4^2-=降水中の[SO4^2-]-ss-SO4^2-
です。しかし、この式は多分大気中の量を求める式なので参考になるかわかりません。

Q全国の緑地率・緑被率のデータを探しています

タイトル通りです。

都道府県別、そしてできれば市町村別の緑地率・緑被率のデータはどこで入手できるか、ご教示下さい。

また、可能であれば、過去と現在の対比ができるデータを探しています。

Aベストアンサー

農林水産省の統計ページです。

統計情報にて、市町村面積
林業情報にて、森林面積などが検索可能です。

http://www.tdb.maff.go.jp/machimura/index.html

お役にたてば・・・

Q熱伝導率からの熱伝達率の超概略推定方法について

材料の熱伝導率から超概略でよいので推定する方法はありませんか。例えば、熱伝導率の1000倍が熱伝達率になるとか。おそらく単に1000倍等と一定ではないのかもしれませんが。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

非常に簡単なものなら一応変換は可能です、精度が現実にどれくらいあるのかは保証できませんが。
Q = h A ΔT (ΔT > 0とします)
ここで、h は熱伝達率、A は面積、Qは単位時間当たりの熱量[W]です。
一方、熱伝導率をkとすると、
Q = - A k (dT/dx)
となります。面倒なので一次元で考えます。
二次元以上だとそもそも熱伝達率の考え方と整合しないので。
この場合は向きがあります(ベクトル)ので、熱伝達率の場合と同じようにスカラーにすると、
Q = A k |dT/dx|
です。両者は等しいので、
k |dT/dx| = h ΔT
です。さらに一次元の場合、連続の方程式を満足する必要から、|dT/dx| = ΔT/Lとなるはずです。
よって、
k = L h
となります。例えば、均一な壁や鉄の板の中の伝熱で、一次元とみなせるような場合には、こんな感じで良いはずです。

Q耕地の土壌

ある地域の耕地の土壌データ(土壌の種類や物理性、化学性)は、どこが測定や管理しているのでしょうか?
また、このような耕地の土壌データ記載された出版物はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

国会図書館か、農水の書籍販売コーナーで探してみては。国会図書館は出版物の寄付制度がありますのでたいていの本、もしくは研究機関の出版物があります。農水は近年のデータならどこよりも確実に手に入ります。
ただ、土壌の性質は何十年単位で変わりませんので、そうしょっちゅうデータ更新しているとは思えません。どの程度のデータ化によりますが、このデータ収集自体ものすごく地味なジャンルなので新しいデータがあるかどうか分かりません。

Q土壌について

土壌の中に含まれている主な物質が知りたいです。

たとえば、東京などではダイオキシンが含まれていたりするのでしょうか?

物質が書かれているサイトなどがございましたら。紹介お願いいたします。

Aベストアンサー

その土を採取した場所、その土の種類により、かなり差がありますが、主な無機成分として、有機物とSiO2、Al2O3、Fe2O3、MgO、CaOなどがあります。通常測定では、土壌中空気、生物も含まれている場合が多いです。ダイオキシンは極微量に含まれては降りますが、(塩素系化合物が燃えると生じるため)人体への影響はほとんどありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報