天井に付いている蛍光灯は、電力会社から供給される50or60Hzの電気を使っているのに、100or120Hzで点灯しています。なぜ、周期が2倍になるのでしょうか。

A 回答 (7件)

グラフで考えた方がよいでしょう.




 │   /\                /\       
 │  /  \              /  \      
 │ /    \            /    \     
 │/      \          /      \    
───────────────────────────────── 時間
 │         \      /          \  
 │          \    /            \ 
 │           \  /              \
 │            \/  

縦軸は電圧,あるいは電流です.
電流の向きによらず蛍光灯は光りますから,光り方は

 光
 │   /\       /\       /\       /
 │  /  \     /  \     /  \     / 
 │ /    \   /    \   /    \   /  
 │/      \ /      \ /      \ /   
───────────────────────────────── 時間

見ておわかりのよう,光り方の周波数は2倍になります.

数学的に言えば,電流あるいは電圧が sin(ωt) の形で,
エネルギーは I^2 に比例しますから
I^2 ∝ sin^2(ωt) = (1/2){1 - cos(2ωt)}
で,振動部分は周波数が電流自体の周波数の2倍になります.

あ~,図描くの疲れた.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても分かり易い説明ありがとうございました。
光り方の周波数が2倍になるわけですね。
これまで、6回も回答があったのに気付かなかっとは、お恥ずかしい限りです。

図まで書いてもらって恐縮です。

お礼日時:2002/01/10 23:45

~~~~~



↑ 1秒でこれなら「5Hz」でしょ?

上のピークが5個、5回光る、
下のピークが5個、5回光る、

つまり、5Hzは10回光る。
1秒で10回光ってる=「10Hz」で光ってる。

こう言う理屈で納得できますでしょうか?
    • good
    • 0

表現がまずかったかもしれません。

120個の波ということは60Hzの地域にお住まいのようですが、原点を境にして上側・下側で120個と言うことですよね。原点(0V)の上側・下側を合わせて1つのサイクルです。一つのサイクルが終了するのに2回の0Vを通過するので周波数の周波数の倍の点滅回数になるのです。

商用電源のような正弦波であれば、波の上下の最高値のちょうど中央がOVでその線の上下で電流の方向が変わります。先ほどは判り易くするために0V(0°)を基準に話ましたが、ある任意の点から次の同位相の点まででも話は同じで一つのサイクルを完了するのに必ず0Vの点を二回とおります。電流の方向が変わるのですから当然ですが・・

どうも図を書いて説明できないので、私の文章での表現力が劣っているので意味が通じるかどうか・・・
    • good
    • 0

frontmaxさんは、どうやって、何を調べて「先ほど調べたのですが、1秒間に120個波があります。

」と言われているのでしょう?
また、質問の欄に「100or120Hzで点灯しています。」と書いてありますが、意味が分かりません。
「点灯」はしてるけど、100回とか120回とは何のことでしょう?
ひょっとして、「点灯」ではなく、「点滅」のことを言っているのでしょうか?

もしそうなら、単純に、「蛍光灯はフィラメントが左右に2つあるから」ではないのですか?
電気を流すとフィラメントが熱せられて電子を放出し、その電子が水銀電子に衝突して光がでるんですよね?
そして、その電子を出す電極(フィラメント)が左右に2つあって、交流で交互に電子を放出するからじゃないのかな?
だから、1Hzで2回「点滅」なら分かるのですが・・・
質問の意味が、やはり「点滅」ではなく、「点灯」なら私には分かりません。m(_"_)m
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
「点滅」のことです。どうもすみませんでした。

フィラメントが左右に2つあるので、60Hzで交互に点滅すれば120Hzになりますね。
ちなみに、蛍光灯の光をある装置をつかい受信し、その出力をマルチテスターとオシロスコープを使って調べました。
あと、~←このような波が1秒間に120回出てました。

お礼日時:2002/01/10 23:38

私の発言:


>1Hzは+と-が一回ずつ有ります。

それに対するレス:
>+と-が1回ずつで1Hzだと学校で習いました。

あってますやん・・・・
    • good
    • 0

交流電圧の変化を考える時、0Vからスタートしプラス側のピークを通り再び0Vに戻り次にマイナス側のピークを通り再び0Vに戻ると言うサイクルで成立っていますが、これが1サイクルにあたるわけで、したがって50Hzではこのサイクルが1秒間に50回ですから途中0Vの地点は100回とおることになります。

したがって蛍光灯の点滅回数は周波数の2倍になります。

この回答への補足

先ほど調べたのですが、1秒間に120個波があります。sailorさんの考え方だと240Hzになってしまうのですが・・・

補足日時:2002/01/10 22:34
    • good
    • 0

1Hzは+と-が一回ずつ有ります。

(交流だから+-の表現はちとおかしいのですが・・・)
蛍光灯は+の時も-の時も光ります。
1Hzで2回光るなら、50Hzでは100回、60Hzなら120回です。

この回答への補足

+と-が1回ずつで1Hzだと学校で習いました。
この回答は間違っていると思います。

補足日時:2002/01/10 22:22
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q60Hzを50Hzにする

50/60Hz共用のモーターがあります。50Hzでの使用状況がベストなので、60Hzの場所でも50Hzに変換する小型の機器を探してます。できれば、モーターの機械内部に設置するので、幅5cm横10高さ10cm程度のもので安価なものを探してます。
インバーターでいいのかもしれませんが、高くて予算オーバーです。また、長期的に使うのでタフな機器が希望です。

なにかいい部品ありましたら教えてください。

Aベストアンサー

インバーターが一番安いよ。
モーターの容量が不明だけど、3相0.75kw程度なら
数万円。
しかもモーター用は本来産業用だから24時間でも稼動前提。
かなりタフ。

一方まともな周波数変換機は1KWで30万円ぐらいするよ。

Qχの値を2から4に(ア)倍、2から6に(イ)倍する時、yの値は8から(ウ)に(エ)倍、8から(オ)に

χの値を2から4に(ア)倍、2から6に(イ)倍する時、yの値は8から(ウ)に(エ)倍、8から(オ)に(カ)倍になる。 を教えてください。

Aベストアンサー

(ア)は2、(イ)は3ですが、XとYの関係がわからないと(ウ)~(カ)は出てきませんよ。

Qコンタクトレンズに無線で電力を供給することは可能なのでしょうか?

下記のページで
http://www.gizmodo.jp/2009/09/post_6083.html
コンタクトレンズに搭載したLEDに無線で電力を供給するとありますが、そんなことが可能なのでしょうか?
以前エコバスが停留所に止まっている間に、地面とバス底面を重ねるだけで接続ツールを介さないで充電できると伺いましたが、それと同じ原理でしょうか?

Aベストアンサー

たぶん、もっとも身近な無線電力供給機器は
Wacom社のペンタブレットじゃないかと思います。

たしか関連特許を持っていて…
Wacom社がタブレット市場での寡占を築く上で
電池を交換すること無く、タブレットからの無線供給で
ペンを機能させられるという技術が、大きな効果を持っていたような気がします。
(ただ、その特許については、もう切れたころなんじゃないかなぁ)

他社はペンに単四電池を入れる設計や、有線で供給する方法を使い
まぁ、ペンが重かったり、電線がわずらわしかったり…
電池分ペンが重いため、落下時の衝撃がはげしく、壊れやすかったり…


こういうのは、中学理科で習ったような気がしますが
電磁誘導を基礎とした技術です。

防水のデジタル機器の充電などでも使われていたと思います。
電気自動車では、ガソリンスタンドへの併設を考慮して
火花が出ない非接触充電が必須と考えられて来ました。

携帯機器の充電器の共通化というとりくみで
充電台の上に載せるだけで、数種類の供給電圧を要する機器を
それぞれ適切に充電できる技術も開発されてきましたし
(実用化/市販がなされているかは未確認)

人工衛星で太陽発電した電力を、無線で地上に送る技術も研究されています。

たぶん、もっとも身近な無線電力供給機器は
Wacom社のペンタブレットじゃないかと思います。

たしか関連特許を持っていて…
Wacom社がタブレット市場での寡占を築く上で
電池を交換すること無く、タブレットからの無線供給で
ペンを機能させられるという技術が、大きな効果を持っていたような気がします。
(ただ、その特許については、もう切れたころなんじゃないかなぁ)

他社はペンに単四電池を入れる設計や、有線で供給する方法を使い
まぁ、ペンが重かったり、電線がわずらわしかったり…
電池分ペ...続きを読む

Q太陰周期(メトン周期)はなぜ19年なのか

ある本に、太陰周期(メトン周期)の説明として
「ある日のユリウス暦日と月の位相とが同一となる周期、19年」
と書いてありました。これは、

(経験的に19年らしいことが分かっていて、)
1.ユリウス暦では4年に1度うるう年があるので一年の長さを365.25日として、これと19の積である6939.75
2.平均朔望月29.530588と235の積6939.68818

1と2で求めた積の差が極めて小さいから、そう定めたのでしょうか。

上述した私の推測が正しいか、正しくなければその理由を教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

メトンの周期は紀元前440年頃にメトンという人が発見したので、現在のような高精度の観測ができるわけもなく、「経験則」であることは間違いないでしょう。 月の軌道は長い年月で見ると地球から遠ざかっていっており、周期も長くなっていきます。 となると、メトンの周期が19年というのは、この時代だから発見された「偶然」ということになります。 また19太陽年を365.2422×19=6939.6018日とすると、すでに「ぴったり19年」から外れつつあることになります。

Qお昼のサイレン、50Hzと60Hzではちがう?

お世話になります。

(農村などで)お昼に「う~っ」って鳴るサイレンは商用電源が50Hz地域と60Hz地域ではその音程に違いがでますか?

ヒマな時で結構ですので教えてください。

Aベストアンサー

モータサイレンなら回転数が3000と3600の違いがあります
当然周波数にも違いがあるでしょうが音楽家ならともかく普通の人には分からないでしょう
交互に聞き比べれば分かります

エアーサイレンやダイヤフラムサイレンは空気を送って鳴らすので装置による違いはあっても電源周波数による違いはありません


人気Q&Aランキング

おすすめ情報