親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

まず回路の説明を致します。

3φ3W AC200V回路のUV相にダウントランス1(複巻)(200V/100V)、VW相にダウントランス2(複巻)(200V/120V)の2つのトランスを接続し、各々漏電遮断器を挟んだあと単相負荷(接地済)をぶら下げています。またトランス2次側は片相(0V相)をそれぞれ接地しています。(ホーロー抵抗付)
こういった回路で、トランス2次側を接地するのは漏電遮断器を働かす為当然だろうと思っていたのですが、ある人から接地なんかしたらアースがまわって漏電遮断器が無意味に落ちるからそんなことは非常識だと言われました。それぞれのトランスの1次側の相が違うこと、2次側の電圧が違うことを原因として説明されたんですが納得できず、じゃあトランスの2次側の片相を接地しなくても漏電遮断器は働くの?という疑問だけが残ってしまいました。
言葉だけでの説明ですので状況が分かりづらいかもしれませんが、単相トランス2次側の接地の有無とその理由について、どうかご助言いただけませんでしょうか?
宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

こんにちわぁ


まず私の考えた結論から言わせて頂きますと、以下の通り
(1)Trに字接地の必要はある
(2)Tr二次接地に制限抵抗は必要ない
(3)ELBの不必要動作については、恐らく・・・
 1.キュービクルでD種接地極がひとつしかなく全ての回路が共有している場合、当該回路以外の電路状態によってリークした電流による接地相の電圧上昇の為。
 2.D種接地線に迷走電流?等が流入するなどの為

次にそれぞれの理由ですが、
(1)・・・ELBの動作を確実にする為
(2)・・・
(2-1)他の方々が仰る通り制限抵抗がある場合の地絡電流は、
   回路電圧/(制限抵抗+接地抵抗+地絡抵抗)
であることから500Ωの制限抵抗を入れた場合かなりの感度低下が予想される。
(2-2)D種接地抵抗規格値に準拠しようとした場合、規格値は100Ω又は、0.5s遮断で500Ω以下です。私の解釈では接地抵抗地というのは接地相と対地間の抵抗と考えていますので、それから言うと厳しいかもです。
(2-3)混触防止にならない(技術基準上は問題ありませんが、一応・・・)
(3)・・・理由は、前述したとおり
     ちなみに、一般的な対策としてはELB専用の接地極をつくり接続する。

次に地絡線保護についてですが、基本的には地絡線も含めてELBで保護していると考えればOKかと。
低圧側の短絡電流を計算したことがありませんし、該当設備の電源側%Zがわかりませんので完全地絡時の電流はなんともいえませんが、何れにせよELBが即時遮断するので接地線が溶断するような熱量は発生しないかと・・・(^^;

あっちなみに、制限抵抗を設けるとして、その位置は本件の降圧変圧器のみですよね?
例えばそのキュービクルにD種接地が1つしかない時に下図で言いますと、
■当該変圧器の接地相はX点に接続
■当該変圧器の負荷側接地線はY点に接続
■その他変圧器回路の負荷側接地線もB点に接続

 -X--制限抵抗-Y--D種接地極----対地

こうですよね?
そうではなかった場合、例えばその他変圧器回路の負荷側接地線がX点なんかに接続したりなんかすると技術基準上及び感電防止の観点からまずいかもです・・・

以上ですー不明な点があれば再質下さいm(_ _)m
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変詳細に分かりやすいご説明、ありがとうございました!一つ一つ確認させていただいているところです。もう一度、実装置、規定集等とにらめっこして少しでも深く理解できるように努力してみます!

お礼日時:2006/03/11 20:49

こんばんは。


接地は奥が深いですよ。
制御回路はバッチリでも接地で落とし穴にはまったりしますよ。
機器の漏れ電流、静電気、雷サージ、ノイズ、なんかが絡んでくると、「どれを優先しよう・・安全?高価な機器を壊さないこと?機器の安定動作?、費用?」
もちろん「安全」なんでしょうが悩みますよ。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

そうですね。接地は調べれば調べるほど奥が深いですよね。自分みたいな若造は本当にいつも悩まされます。安全についても、こっちをとればあれが・・・、あっちをとればそっちが・・・というので日々悩んでいます。
今回は度々ご貴重な情報、ありがとうございました!

お礼日時:2006/03/11 20:47

>2次側のL(100V)が完全に地絡した時に0.2A流れる選定で、2次側が100Vなら500Ωを使用しています。


●それじゃ接地抵抗は0Ωということですね?(笑)
D種接地では接地抵抗は100Ω以下とされておりますが、通常接地棒を打ち込んだだけで10Ω以下にすることは非常に厳しいです。
仮に接地抵抗を50Ωとすれば、ホーロー抵抗がなくても完全地絡で2Aしか流れません。
接地線の溶断を心配されているようですが、地絡点が漏電遮断器より負荷側ならば、漏電遮断器で保護されます。

●電灯負荷をつけるのは違法ということについて
日本では電力会社の供給規定により禁止されています。
これに違反すれば、さかのぼって高額の違約金を請求されます。
これは、電灯負荷(照明器具はもちろんのこと、動力負荷以外の家庭用の電気機器全て)に供給する電気の品質(許容電圧、電圧変動率)が、動力負荷に対するそれに比べて厳しいがために、それだけの投資がなされているからです。

この回答への補足

>●それじゃ接地抵抗は0Ωということですね?(笑)
社内ならともかく、客先の電源ですので、万一接地抵抗が10Ω以下だったら・・・という考えの下で付けております。仮に10Ω以下だったとすれば、10A以上流れる可能性がありますよね?10Aくらいでは2sq以上の電線が簡単に損傷することもないでしょうが・・・
自分の表現の悪さと誤記(B種とD種を書き損じたり)にあきれていますが、もう一度書くと、あくまで今までは漏電遮断器の故障等によって接地線が保護できない場合に地絡電流値を制限する目的で入れているのです。0.2Aにしておけば通常漏電遮断器(感度電流30mA)は動作に問題無いと思ったからです。
但し接地抵抗の合成による漏電遮断器の動作不安定になる可能性というのは頭から薄れていました。本来の漏電遮断器の設置目的からいうと、感電の危険性が大きい場所でのホーロー抵抗の接地はマズイかもしれないと考えを新たにしております。

>●電灯負荷をつけるのは違法ということについて

弊社は別補足にも書きましたように、液晶関連装置の製造を行っております。社内のことをネット上で書くのが嫌だったので詳しいことは逸らしましたが、製造しております工場の契約種別は、当然”低圧電力”ではなく”産業用電力A(高圧電力A)”となっています。よってご心配には至りません。装置をお納めしている客先も当然言わずもがなです。

補足日時:2006/03/10 13:17
    • good
    • 0

こんばんは。


どのような設備か把握していませんので、あまり自信がありませんが補足に対して回答させていただきます。
守秘上、設備名称まで記載できないのだと思いますので、設備の仕様と回答が一致しない場合はご了承ください。

>ホーロー抵抗は直列接続です。接地線保護のため付けています。本来B種接地されているべきなので必要無いのかもしれませんが、装置を納入した客先の電源のアースへ戻す(ある意味ブラックボックス)ため、自装置内でも保護しています。

客先の設備が盤に収納されていてD種接地工事されているのなら、電源ラインのE(緑)に納入する装置の接地線を接続しても問題ありません。
その場合D種接地になりますが、低圧/低圧トランスなのでB種接地でなくてもOKです。
(法令では明記ナシ、指針ではELB単独接地などいろいろあったとおもいますが・・)


>接地線に流れる電流値を漏電遮断器(感度30mA)が働く0.2A程度になるように、また電圧、電流に対して十分に持つ容量にて選定し取り付けています。

たぶん2次側のL(100V)が完全に地絡した時に
0.2A流れる選定だと思います。
人が感電した場合や絶縁不良による漏電、火災などの事故を防止する為の漏電遮断器ですのでホーロー抵抗が邪魔になり安定動作に疑問があります。

この回答への補足

度々のご回答、ありがとうございます。

>守秘上、設備名称まで記載できないのだと思いますので、設備の仕様と回答が一致しない場合はご了承ください。

当方液晶関連装置のメーカーですので、客先は日本をはじめ、韓国、台湾、中国など幅広いです。日本であれば安心ですが、特に中国は色々と不安なもので・・・

>たぶん2次側のL(100V)が完全に地絡した時に0.2A流れる選定だと思います。

そのとおりです。2次側が100Vなら500Ω、容量は100V×0.2A=20Wの上のランクの25W程度を使用しています。

>人が感電した場合や絶縁不良による漏電、火災などの事故を防止する為の漏電遮断器ですのでホーロー抵抗が邪魔になり安定動作に疑問があります。

ホーロー抵抗が邪魔になるというところが理解できないのですが、上記のように感度電流30mAより大きい0.2A流れるように選定しているので漏電遮断器の動作には問題ないと思って設計しております。お手数ですが理由を教えていただけませんか?宜しくお願いします。

補足日時:2006/03/10 08:41
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すみません。レスの順番を間違った為、とんちんかんな補足をしてしまいました。ホーロー抵抗が邪魔になるかもしれない理由については理解しました。

お礼日時:2006/03/10 09:43

#2さんの回答どおりだと考えます。



なお、1次側の電線と2次側の電線が近接していて誘導が無視できないような場合は、アースを経由して漏電遮断器が誤作動するケースがあり得るかも知れません(1次側はB種接地されているとして)。

ホーロー抵抗を通しての接地ですが、「接地線に流れる電流値を漏電遮断器(感度30mA)が働く0.2A程度になるように」とのことですが、ホーロー抵抗と地絡抵抗との組み合わせによって、地絡電流が低く抑えられて、感度電流に達しない恐れも出てきますので、不要だと考えます。

ところで、これに電灯負荷をつけるのは違法であることはご承知でしょうね?

この回答への補足

すみません。補足順が#5さんのほうを先に書いてしまった為とんちんかんな補足になってしまいました。

>ホーロー抵抗と地絡抵抗との組み合わせによって、地絡電流が低く抑えられて、感度電流に達しない恐れも出てきますので、不要だと考えます。

確かに地絡抵抗との合成になってしまうと30mAに達しない恐れがありますね。ではこの場合ホーロー抵抗を取ったとして接地線は大丈夫なのでしょうか?

>ところで、これに電灯負荷をつけるのは違法であることはご承知でしょうね?

すみません。勉強不足でそこまで把握していませんでした。至急確認を取ろうと思います。

ありがとうございました。

補足日時:2006/03/10 09:14
    • good
    • 0

トランス2次側について、トランス1とトランス2のV相は接続するのでしょうか?


「トランス2次側は片相(0V相)をそれぞれ接地」ということは、その場合V相を接地すると考えていいですか?

この回答への補足

すみません。書き方が悪いかもしれませんが、UVW相はトランス1次側の200V側の相を表したつもりです。トランスの2次側はL(100V)、N(0V)といったところでしょうか。

補足日時:2006/03/09 23:27
    • good
    • 0

>トランス2次側は片相(0V相)をそれぞれ接地



接地して問題ありません。接地して漏電遮断器で保護するのが基本的な回路です。


>(ホーロー抵抗付)

接地線に直列接続でしょうか?状況が把握できないので、なんとも言えませんが、ホーロー抵抗は不要だと思います。片相(0V相)を直接接地して下さい。


>トランスの2次側の片相を接地しなくても漏電遮断器は働くの?

漏電遮断器の安定動作は期待できません。


注)資格、電力会社との契約に問題ない場合のお話ですよ。

この回答への補足

ありがとうございます。
ホーロー抵抗は直列接続です。接地線保護のため付けています。本来B種接地されているべきなので必要無いのかもしれませんが、装置を納入した客先の電源のアースへ戻す(ある意味ブラックボックス)ため、自装置内でも保護しています。接地線に流れる電流値を漏電遮断器(感度30mA)が働く0.2A程度になるように、また電圧、電流に対して十分に持つ容量にて選定し取り付けています。

補足日時:2006/03/09 23:19
    • good
    • 0

回路構成がよく判りません。


なんとか工夫して図化できませんか?

この回答への補足

すみません。
CADやExcelファイルを貼り付けたりは出来ないですよね?表現のしようが・・・
三相回路のUV相とVW相にそれぞれ絶縁トランスを設け、その2次側にELBをかまして負荷をぶら下げている、という一般的な回路なのですが・・・

補足日時:2006/03/09 17:07
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q変圧器の二次側を接地するのはなぜ?

シロートの質問で申し訳ありません(ノ_・。)

変圧器(トランス)の出口側(二次側)はアースをしますよね?
B種接地というんでしょうか。

あれが、なんで必要なんだか良くわかりません。
素人的考え方だと、そんな電気が流れてる部分を地面につないじゃったら、
電気が地面にだだ漏れして危ないんじゃないか!?
とか思っちゃうのですが???

初心者向け電気のしくみ、的な本を読むと、
「接地側を対地電圧(0V)」にして、線間電圧を100Vまたは200Vにする、みたいな事が書いてあるのですが
じゃあ3線あるうちの1本は電圧ゼロだから触っても大丈夫なのか?
いやいや電線は普通交流なんだから、電圧は上がったり下がったりしているんだろう・・・
そしたら対地電圧0Vってなによ???

・・・みたいな感じで、すっかり沼にはまってしまっております。
詳しい方、どうか中学生に教えるような感じでわかりやすく解説してください(´・ω・`)

Aベストアンサー

#1お礼欄に関して、

通常の屋内配線では、
常時電線に対地100または200Vがかかっていることによる危険性
トラブルがおきたときに電線が対地6600Vになる危険性
どちらを避けますか?(どちらの方が対策が楽ですか?)という話になるかと思います。

一部特殊なところでは、一次二次の接触がおきないように十分な配慮をしたうえで、対地100Vによる感電(だけじゃなかったかも)を防止するために二次側を浮かしている、というところもあると聞いたことがあります。(医療関連だったかな。)

三相の電圧
Y接続についてみると、たとえば三相200Vだと、中性点に対して、
Vu=115sin(wt),Vv=115sin(wt-2π/3),Vw=115sin(wt-4π/3)の電圧になってます。
ここで、v相を接地すると、中性点の対地電位が-Vv=-115sin(wt-2π/3)になり、
u相はVu-Vv=200sin(wt+π/6),w相はVw-Vv=200sin(wt+π/2) と(位相と大きさは変わるけど)三相電圧(のうちの二つ)になります。

#1お礼欄に関して、

通常の屋内配線では、
常時電線に対地100または200Vがかかっていることによる危険性
トラブルがおきたときに電線が対地6600Vになる危険性
どちらを避けますか?(どちらの方が対策が楽ですか?)という話になるかと思います。

一部特殊なところでは、一次二次の接触がおきないように十分な配慮をしたうえで、対地100Vによる感電(だけじゃなかったかも)を防止するために二次側を浮かしている、というところもあると聞いたことがあります。(医療関連だったかな。)

三相の電...続きを読む

Q漏電ブレーカーの2次側を接地する

供給電源は。3相 200V でR,S,T,Eで供給されます
漏電ブレーカーの2次側のS相を接地してくださいを、以来依頼されました
この場合 S相とアースEを接続すると理解して、いいのですか?
漏電ブレーカーか100A 感度電流 30mAのもの使用します。
当然、3相モーター等などを使用します。
1)S相とアースを接続して、問題ありますか?
2)R.S,T 相ともにクランプメーターで電流値をはかり、約1.5A
  流れたとします(3相 0.2Kwのモーターを回したときと仮定)
  このときEも流れるのですか?そうなると、。漏電ブレーカーがトリップ
  すると思いますが?
3)R,S,Tには流れて,Eには流れないと、詳しくてください

Aベストアンサー

1)S相とアースを接続して、問題ありますか?
問題、大有りです。
違法となります。
(電気設備の技術基準の解釈 第13条)
電路は、次の各号にあげる部分を除き大地から絶縁すること。
一 この解釈の規定により接地工事を施す場合の接地点。 
つまり、B種接地工事を施した変圧器2次側以外の場所を、接地してはいけません。

しかも、変圧器B種接地工事の相と、ブレーカーS相とが本当に同じそうなのでしょうか?
基本的には変圧器もS相にB種接地工事を施しますが、これがブレーカーのS相と同じとは限りません。
相回転を逆にする場合に、S相を遠しとしない電気を知らない方が工事を行う事もあり、ブレーカーの方でひねられている事も多々あります。
ひねられている場合は、大地を伝い短絡となります。
三相の一端が接地されている理由は、高電圧混入防止のB種設置工事が目的であり、感電防止のD種接地工事を行っているのではありません。
本当に接地する必要があるのでしょうか?

2)R.S,T 相ともにクランプメーターで電流値をはかり、約1.5A
  流れたとします(3相 0.2Kwのモーターを回したときと仮定)
  このときEも流れるのですか?そうなると、。漏電ブレーカーがトリップ
  すると思いますが?
Eの接地線は感電防止が目的で電気機器の筐体に接続されるものであり、Eまで流れるという事は漏電している事になります。

3)R,S,Tには流れて,Eには流れないと、詳しくてください
R、S、TとEとの間は絶縁されています。
絶縁されていなければ電気が漏れている訳で、無駄な電力を使用している割に負荷に電流が流れないので、適切に電気機器を動作させる事ができないという事です。
ただ大型機の場合は、電磁誘導で誘導電流が僅かに流れることもあります。
しかし三相が平行している場合は、120°位相によりそれぞれが打ち消し合うので、大きな電流とはなりません。
三相が不平衡になるに従って流れるか、漏電により流れるという事です。

1)S相とアースを接続して、問題ありますか?
問題、大有りです。
違法となります。
(電気設備の技術基準の解釈 第13条)
電路は、次の各号にあげる部分を除き大地から絶縁すること。
一 この解釈の規定により接地工事を施す場合の接地点。 
つまり、B種接地工事を施した変圧器2次側以外の場所を、接地してはいけません。

しかも、変圧器B種接地工事の相と、ブレーカーS相とが本当に同じそうなのでしょうか?
基本的には変圧器もS相にB種接地工事を施しますが、これがブレーカーのS相と同じとは限...続きを読む

Qトランスの2次側にELCBを設置するときの接地線の太さ

メイン電源が3相200Vとします。
トランス(3相2KVA)の2次側にELCBを設置する場合は、ELCBを動作さす為にトランス2次側のS相に接地をしますが、接地線の選定方法を教えて下さい。
又、このアースは何種になるのでしょうか?

Aベストアンサー

トランス(3相2KVA)の2次側にELCBを設置する場合は、ELCBを動作さす為にトランス2次側のS相に接地をしますが、接地線の選定方法を教えて下さいとのことですので、制御盤内の場合とおもいますが、
確かにこの場合、接地回路としないと、漏電ではトリップしない
ので、必ず接地が必要です。

  内線規程に以下の様な記述があります.

 内線規程1350-10 低圧電路の中性点などの接地(電気設備に関する技術基準を定める省令 第10、11条に対応)

 ””低圧電路に施設する保護装置の確実な動作の確保を図るために特に必要がある場合で、電路の中性点に接地工事を施すとき(低圧電路の使用電圧が300V以下の場合において、電路の中性点に接地工事を施し難いときは、電路の一端子に接地工事を施すとき)は、次の各号により施設すること。解釈28)
 (注)ここでいう「低圧電路」を例示すると (1)一次側が低圧の絶縁変圧器の二次側低圧電路
 以下省略。
(1) 接地線の太さは、1350-5表(B種接地工事の接地線の太さ)に準ずること。
 以下省略。”””
とありますので、
内線規程1350-5表 B種接地工事の接地線の太さ
に準じて、当社では施工しています。
詳しくはこの表をみてください。

接地種別は300V以下の回路の接地ですので、D種です。

三相3線式で2kVA、二次電圧は200Vでしょうか?
だとすると、”「変圧器一相分の容量」とは、単相変圧器の場合はその容量、三相変圧器の場合は、その定格容量の3分の1の容量をいう。”
となっていますので、200V級(変圧器二次側電圧)の場合、
10kVAまでは5.5sq以上とこの表ではなっています。
2kVAの3分の1ですから、約670VAで、5.5sq以上と
なるのですが、
この場合の変圧器の二次電流容量は、
2000÷200÷1.732=5.77A
おそらく主回路の配線は2sqでしょうから、主回路と同じ
サイズの2SQで良いと思います。

当社ではそうしています。
200V級で単相で10kVAの場合、二次側電流は50A
ですから、それ以下の回路の場合(三相ならその3分の1)、
主回路と同一サイズとしています。







        

トランス(3相2KVA)の2次側にELCBを設置する場合は、ELCBを動作さす為にトランス2次側のS相に接地をしますが、接地線の選定方法を教えて下さいとのことですので、制御盤内の場合とおもいますが、
確かにこの場合、接地回路としないと、漏電ではトリップしない
ので、必ず接地が必要です。

  内線規程に以下の様な記述があります.

 内線規程1350-10 低圧電路の中性点などの接地(電気設備に関する技術基準を定める省令 第10、11条に対応)

 ””低圧電路に施設する保護装置の確...続きを読む

Q電気回路の中性線とアースについて

気になったのでどなたか教えてください。


一般家庭の電源というのは、交流の単相3線式が多いと思うのですが、
単相3線式の回路図などを見ると、真ん中の線は中性線と呼ばれ
必ず接地されているそうですね。


で、100V電源の場合は必ずコンセントの片方が中性線になって
いるとの事ですが、ここで疑問です。


家電製品などによくアース線というものが付いています。
(エアコン、冷蔵庫、洗濯機等)

このアース線は、製品に静電気が溜まったり、漏電した際に感電しない
ように接地するものだという事ですが、100Vのコンセントは必ず
中性線が繋がっているのであれば、万が一漏電した場合や、静電気が
蓄積した場合でもこの中性線から大地に電気を逃がしてやれるのでは
ないのですか?


また極端な話、中性線=接地(アース)された線と考えると、
次のような感じの改造をしたとしても家電製品は普通に使えるのでしょうか?
(危ないので絶対にしませんが、考え方としてどうか?をお聞きしたいです)


赤、白、黒の3線のうち、白を中性線とし、赤と白の2本がコンセントとして
きている場合、白を外してアース線に繋いだ場合。
(添付画像参照)


よろしくお願い致します。

気になったのでどなたか教えてください。


一般家庭の電源というのは、交流の単相3線式が多いと思うのですが、
単相3線式の回路図などを見ると、真ん中の線は中性線と呼ばれ
必ず接地されているそうですね。


で、100V電源の場合は必ずコンセントの片方が中性線になって
いるとの事ですが、ここで疑問です。


家電製品などによくアース線というものが付いています。
(エアコン、冷蔵庫、洗濯機等)

このアース線は、製品に静電気が溜まったり、漏電した際に感電しない
ように接地するものだという事ですが...続きを読む

Aベストアンサー

>家電製品などによくアース線というものが付いています。
>(エアコン、冷蔵庫、洗濯機等)

>このアース線は、製品に静電気が溜まったり、漏電した際に感電しない
>ように接地するものだという事ですが、100Vのコンセントは必ず
>中性線が繋がっているのであれば、万が一漏電した場合や、静電気が
>蓄積した場合でもこの中性線から大地に電気を逃がしてやれるのでは
>ないのですか?

まず色々なところに誤解がありますので1つずつご説明します。

漏電は、電気を逃がしても解決しません。
漏れてはいけないものです。
火事や感電の原因になりますから。

静電気は中性線はおろか電力会社から来ている電源と無関係で、
普通、何の対策もしなくても人体への危険はありません。
但し機器を壊したり、
火花が発火事故の火元になったりすることはありますから、
それを防止するのに対策することはあります。
機器から電荷を逃がすというより、
どちらかと言えば人間から電荷を逃がします。
導電性の靴を履き床を導電性にしたりします。
電子部品なんかは導電性の袋に入れたりします。
これは静電気による帯電で例えばICチップのピン間に
何千ボルトという静電気由来の電圧がかかったりするのを
防止する為です。

次は家電製品についているアース線と、電源系統の中性線ですが、
これは全く別のものです。

アース線も電源系統の中性線は正しく接続すれば同電位です。
しかし目的が違います。

アース線は家電製品の表面や筐体などに、
故障や不良により、
内部の電源や昇圧された電源から給電されてしまったような場合、
それを逃がす為の線です。
こうしてあれば、
内部の電源や昇圧された電源から給電されてしまっても、
とりあえず電流はアース線を通って大地に逃げます。
人間が触れてもアース線と人体とでは、
圧倒的にアース線の方が抵抗が小さいので、
人間には電流はほとんど流れません。
これで人間を守ろうというのです。

ちなみにこれは3線式に限りません。2線式でも同じです。


>また極端な話、中性線=接地(アース)された線と考えると、
>次のような感じの改造をしたとしても家電製品は普通に使えるのでしょうか?

まともに動かないと思います。
確かに大地の電位と給電線の中性線は同電位ですが、
大地には抵抗がありまともに給電できない可能性が高いですね。

また仮にこれで家電を動かすだけの電気が流せたとしても、
これは漏電になります。
漏電遮断器が動作すると思います。

>家電製品などによくアース線というものが付いています。
>(エアコン、冷蔵庫、洗濯機等)

>このアース線は、製品に静電気が溜まったり、漏電した際に感電しない
>ように接地するものだという事ですが、100Vのコンセントは必ず
>中性線が繋がっているのであれば、万が一漏電した場合や、静電気が
>蓄積した場合でもこの中性線から大地に電気を逃がしてやれるのでは
>ないのですか?

まず色々なところに誤解がありますので1つずつご説明します。

漏電は、電気を逃がしても解決しません。
漏れてはいけ...続きを読む

Q漏電遮断器の原理を教えて下さい

現在専門学校で電気を勉強しているものです。

漏電遮断器の原理がいまいちよく分かりません。

特に接地(アース)していないと漏電遮断器が働かないという根拠が分かりません

電気に詳しい方、教えていただけませんか?

Aベストアンサー

一般の家庭用の100vや200vの電気は電力会社から高圧(一般家庭近くでは6,600v)で送られてきて、電信柱の上のトランスで、100vや200vに落とされて家庭に配られますが、この柱上トランスの100vの片線と200vの中性線が故障のときの安全のために地中にアース線としてつながっています。電流は電子の移動なので、必ず出て行った分と同じだけ戻ってきます。もしこれが違っていたときは電流がどこかに漏れていることになるので、この差を検出して電流を遮断するのが漏電遮断器です。まず漏電の状態を考えてみますと、電気が流れている電気製品で、電線の被服が破損して電気製品のボディーに接触したとします。この時破損した側の電線がアース側なら電位が同じなので何も起きません。また反対側でも電気製品のボディーが完全にゴムか何かの絶縁体の上に乗っていれば漏れ電流が流れないので漏電遮断機は働きません、あくまで遮断器のところを通る電流の差が規定値(50mA程度)を超えた場合のみ働きますから。ここでこの電気製品のボディーを地面に接触(アース)させると電流がボディーからトランスのアース側へと流れて漏電遮断機に流れるプラスマイナスの電流値に差が出て漏電遮断機が働くことになります。つまりこの意味で、アースしていないと漏電遮断機が働かないのであって、漏電遮断機そのものをアースする必要は全くなくまたそんな端子もありません。

一般の家庭用の100vや200vの電気は電力会社から高圧(一般家庭近くでは6,600v)で送られてきて、電信柱の上のトランスで、100vや200vに落とされて家庭に配られますが、この柱上トランスの100vの片線と200vの中性線が故障のときの安全のために地中にアース線としてつながっています。電流は電子の移動なので、必ず出て行った分と同じだけ戻ってきます。もしこれが違っていたときは電流がどこかに漏れていることになるので、この差を検出して電流を遮断するのが漏電遮断器です。まず漏電の状態を考えてみますと...続きを読む

Q中性点とアースの違い

配線図を見ると、トランスの中性点から、接地線が「アース」がとられていますが、中性点とアースは、同じなのでしょうか?中性点から、アースをとっても、同じなのでしょうか?地中から、トランスに電流を逃がすのと、直接中性点に逃がすのと、違いは、?あるのでしょうか?

Aベストアンサー

中性点とアースは、同じなのでしょうか?
@どちらも大地に接地極を埋設しているのですが目的は全く違います。変圧器内で高圧と低圧が混食すれば電灯やコンセントの100V回路に6,600Vの高電圧が印加されて大変危険です。B種アース(トランスの中性点のアース)があれば高圧側(変電所等)でその電流を感知して地絡継電器が動作し高電圧を遮断できます。
中性点から、アースをとっても同じなのでしょうか?地中から、トランスに電流を逃がすのと、直接中性点に逃がすのと、違いは、?あるのでしょうか?
@中性点にアースを接続しては絶対ダメです。もし接続すれば電源線から負荷を通じて中性線に流れる電流(負荷電流)がアースを接続したところから分流して漏電電流になります。当然漏電ブレーカーはトリップします。

Q三相2次側スター400V変圧器の中性線接地について

一次6.6KV二次440Vスター4端子中性点付き(混触防止板付き)の変圧器がありまして二次側中性線についてお尋ねしたいのですがこの中性線はしなくてもよいのでしょうか してはならないのでしょうか どちらでしょうか 規定を見ても曖昧でよくわからないのですが一つお教えを願います。漏電ブレーカーの効きををよくするためのコンデンサ接地は見たことがあるのですがまともに接地してあるものは見たことがありません。

Aベストアンサー

こんにちはぁ~

まずは、電気設備技術基準では、
第1章(総則)-第3節(電路の絶縁及び接地)
第24条(高圧又は特別高圧と低圧の混触による危険防止施設)
高圧電路又は特高電路と低圧電路とを結合する変圧器の低圧側の「中性点」には、B主接地を施す事。但し、低圧電路の使用電圧が300V以下であって、中性点接地が難しければ低圧側の1端子に施す事をできる。(適当にはしょって、改文してます)

と、言う事なので基本的には中性点接地となりますが、現実としては、
3相200VはY-Δが多いと思うので中性点接地は無理ですから1相直接接地となります。
3相400Vでは、Δ-Yであれば中性点接地が一般的ですね。
Y-Δの場合は、1相直接接地できませんので混触防止板による接地となります。(ELB動作のため、接地コンデンサをつける必要がある)

以上は一般的です。
現実的には、負荷性質によるところが大きいかと。
非接地系がよければ、混色防止板で接地し、接地コンデンサを付ける(ELB不必要動作の可能性が大きくなるとの噂)
非接地系の必要がなければ、中性点接地にする。

となりますが、設計段階で非接地系はY-Δ、中性点接地はΔ-Yとなると思います。
尚、私の会社ではΔ-Yの中性点接地が大多数を占めます。
Y-Δの混触防止板接地はごく一部だけあります。(接地コンデンサ使用)

以上、不明な点があれば再度ご質問下さい。

こんにちはぁ~

まずは、電気設備技術基準では、
第1章(総則)-第3節(電路の絶縁及び接地)
第24条(高圧又は特別高圧と低圧の混触による危険防止施設)
高圧電路又は特高電路と低圧電路とを結合する変圧器の低圧側の「中性点」には、B主接地を施す事。但し、低圧電路の使用電圧が300V以下であって、中性点接地が難しければ低圧側の1端子に施す事をできる。(適当にはしょって、改文してます)

と、言う事なので基本的には中性点接地となりますが、現実としては、
3相200VはY-Δが多いと思うので中...続きを読む

Q変圧器の2次側接地時の漏電

素人質問で申し訳ないです。
変圧器の2次側の200Vの1線を接地して
使用しているのですが(これを例えばW相とすると),
負荷側(モータ側)でW相が漏電して,
接地された金属箱に触れたときには,
漏電検出できるでしょうか?
どなたか分かりやすく教えてください。

Aベストアンサー

ANo.#3の続き
うまく説明できなくてすいません

一応、実験してみました。可変抵抗がなかったので中性相の完全地絡で漏電遮断機動作しました。

変圧器にはモータ以外にも負荷がぶら下がっています。1対1の単独回路の地絡電流より、中性相の漏電の場合は、漏電している回路だけでなく健全な負荷回路の帰路電流が地絡地点を経由してB種接地に戻るため、零相電流が大きくなります。
どなたか補足説明おねがいします。

Q単相2線式回路の変圧器に対する漏電対策

単相2線式回路の絶縁トランスの1次側と2次側回路の漏電対策をしようとした場合、
下記URLより、トランスの1次側と2次側の両方に漏電遮断器を設ける必要があると思います。
このとき、絶縁トランスの2次側~2次側の漏電遮断器の間で漏電が発生した場合、
漏電遮断器は機能するのでしょうか?
漏電遮断器の原理は、漏電遮断器から負荷へ送電する電流と負荷から漏電遮断器へ戻る電流が
一致することをみて、漏電を検出していると理解しています。
上記の場合、1次側、2次側の漏電遮断器のいずれも機能しないということでしょうか?

ご教授のほどお願いいたします。

参考記事
http://www.hallo-signal.co.jp/support/tr-ref/tr-ref_index.html#Anchor-6351

Aベストアンサー

①このとき、絶縁トランスの2次側~2次側の漏電遮断器の間で漏電が発生した場合、漏電遮断器は機能するのでしょうか?→ 機能しません。
②上記の場合、1次側、2次側の漏電遮断器のいずれも機能しないということでしょうか?→いずれも機能しません。
ー解説ー
漏電とは電流が電線以外(地面とか壁等)を流れる現象です。
質問の場合漏電電流は漏電個所と絶縁トランス2次のアース間を流れます。従って2次側の漏電遮断器では検出出来ません。1次側は漏電は無いので無論検出出来ません。

Q3相4線式電源の中性線に設備のアースを接続するのは正しいのでしょうか?

とある設備メーカでサービスをしています。海外工場に納入した設備の電源接続が現地電設業者によってなされ、確認したところ3相核相間電圧は380Vでしたが、GNDと各相間は225Vでした。
配電盤を確認すると3相4線式で中性相のバーがありそこから出た線が設備のGNDに接続されていました。この結線の仕方は正しいのでしょうか?
この設備は世界中で使用できるように入力電圧によってタップを変えられる3相トランスを積んでいます。またそこから単相100V用のトランスも併設しています。
設備納入先顧客の元請会社の監査で設備筐体からサージ電圧が規定値以上検出されると指摘を受けていますが、この結線方式と関連あるでしょうか?
どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

補足ありがとうございます。
他社製設備が接続しているコンセントは、接地極が無い2Pコンセントと言う事でしょうか?
コンセントなので、1線はN相だと思いますが、同一の系統であれば、特に迷走電流は生じないと思います。(コンセントが別のトランスから来ていると言う事は無いですよね?)
むしろ、導電床の接地が、共用接地であるN相につながっているかが問題のような気もします。
別の接地極につながっていなければ、N相との電位差はありませんから、PEと混触しても、電流は流れません。
導電床が別の接地極に接続されている場合は、共用接地のN相とは電位差がある場合があります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング