岡崎次郎三郎信康や茶屋四郎次郎の「次郎三郎」とか「四郎次郎」ってどういう意味ですか?

ほかに有名な、例えば「太郎次郎」とか「三郎次郎」って名前が付く歴史人物はいますか?

教えて下さい。
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

まず、基本的に、「太郎=長男、二郎=次男」ということではないのです。


元々の意味としてはそれで正しいと思いますが、代を重ねて一族が広がるとそれではとても区別がつかなくなりますし。
# 無理やり区別しようとすると本当に「二郎三郎五郎太郎」なんて名乗りになったりして

武家などの名乗りは、嫡男の場合親からそのまま受け継ぐことが多かったようです。
岡崎信康についても、二郎三郎は松平元康も名乗っています。
これは元康から数えて5~6代前の当主が次男であったこと、4代前の当主が三男であったことが理由ではないでしょうか。
もちろん、信康が二郎三郎を襲名した後には元康(その頃には家康かな)をその名で呼ぶわけには行きません。三河守のように官位を名乗りに使ったりします。
# ある歴史小説で晩年の蜂須賀正勝を小六と書いていたものがありました。その時点での蜂須賀小六は子の家政を指し、正勝は彦右衛門とすべきだと思うのですが

さらに、真田信幸(信之)、信繁(幸村)兄弟のような例もあります。
信幸が長男、信繁が次男ですが、それぞれ名乗りは源三郎、源次郎です。
長男=太郎ではないという面白い例ではないでしょうか。


本題の「他に~」はちょっと思い浮かびませんでした。申し訳ない。
    • good
    • 2

No.3 miskaさんが書かれた様に「太郎=長男、二郎=次男」とは一概に言えないようです。


尤も、最初はそういう意味で付けられていたのでしょう。
ですが、時が経つにつれて兄弟順という意味での名づけるという意識は薄れていった様です。
岡崎次郎三郎信康や茶屋四郎次郎の戦国時代は既にそうでした。
武田信玄などは律儀に太郎、次郎と付けていったようですが、多くの場合は次郎の上に三郎という兄がいても不思議でなくなってきています。

また、父の名を子が受け継ぐという習いも既にありましたので父が三郎なら嫡男も三郎という事もよく見かけます。
織田信長も三郎でしたし、彼の父も、祖父も代々三郎です。
でも、信長は自分の子には三郎を名乗らせてはいません。
ちなみに信長の庶兄(長男)は三郎五郎でした。

また茶屋四郎次郎も代々当主が四郎次郎を受け継いでいた様です。
    • good
    • 1

ちょっと要望とはずれるかもしれませんが、奥平信昌が「九八郎」と名乗っていたようです。


もちろん(?)九男でも八男でもないはずです(たしか長男のはず)。
最上義光の二郎太というのもありました。

ちなみに今川氏真は五郎です。でも長男で嫡男です。
初代範国が五男だった関係でしょうか。
    • good
    • 0

前回の回答では確かに新たな疑問も生じてしまいますね。


補足しますが、たとえば徳川家康は長男であった(いろいろな説がありますが)が、幼少のころは今川家の人質になっていたわけで、そこには後の今川氏真がいるので太郎とは名乗れなかったのだと思います。
こういうケースは珍しいことではなかったはずなので、ご自分で調べてみてください。

また次男、三男などは現代の戸籍の仕組みから見ればそうなのであって、一夫多妻であった場合などは年下でも正妻の子は妾腹の子より上位に扱われることもあり、次郎が正式に次男をあらわす訳ではないということを理解してください。

簡単に説明することが難しいです。
これだけで十分な研究材料になりますね。
(大学でも習いませんでした)
    • good
    • 0

「次郎三郎」は次郎の子供の三郎で、「四郎次郎」は四郎の子供の次郎ということです。


「小次郎」なんていうのは、次郎の子供の次郎ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解答ありがとうございます。

ところで、
>「次郎三郎」は次郎の子供の三郎で、・・・
松平(徳川?)信康は、徳川家康の長男ですよね。それで「三郎」とはどういうことなんでしょう?
誰か「太郎」や「次郎」を追贈された方がいるのでしょうか?たとえば「岡崎次郎太郎○○」とか「岡崎次郎次郎××」を。
それに次郎の子供で「次郎三郎」てことは徳川家康(当時は松平元康か?)は「岡崎次郎」って事ですか。確か家康も長男だったような・・・

引き続き
解答を待っています。

お礼日時:2002/01/23 23:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q『あべこべシューズ』効くのかなぁ?

骨盤を矯正するという、『あべこべシューズ』を試された方いらっしゃいますか?

テレビで紹介された?らしいのですが、本当に効果的なのでしょうか?
5000円もするので少し考えてしまいます。
このようなシューズを購入しなくても、同じような効果が期待できる方法はあるのでしょうか?

『あべこべシューズ』の参考URL

http://www.jeans-01.com/bl/doc/abeko/abeko.html

アドバイス、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「あべこべシューズ」とは初めて聞き、調べてみましたが全くナンセンス商品だと思います。
O脚に外側を高くしたサンダルや、踵をカットした靴(一時期話題になった)とかと同類商品。まじめに足と靴と歩行を研究し、数多く経験してきた者なら全くナンセンスな考えに基ずく商品です。もっと足や歩行の勉強をして、商品開発した方良いと思います。また、最近の健康番組のパターンなのですが、権威もない専門家を出演させ、症例数の少ない(学会などに投稿もしていない)データをさも裏付けのあるデータの如く結論づける手法には飽き飽きしています。
人間の自然な姿勢や加重、足や歩行を無視したような商品が体に有益なはずがありません。百歩譲って効果があるにしても邪道と言えます。
そのような商品を使用する前に靴のフィッティングやバランスの良い歩行に整えるだけでも矯正できることも多々ありますし、それ以外にも治療法は多々ありますので。
もっと他の合理的な矯正法を試した方がよいですよ。

Q茶屋四郎次郎は次男ですか、四男ですか?

茶屋四郎次郎という不思議な名前の人がいますが、
次男でしょうか、四男でしょうか?
名前の由来は何でしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
生まれ順に「○郎」などとつけることを「輩行の仮名(はいこうのけみょう)」などと言ったりしますが、基本的には生まれ順であるものの、皆さんも仰っているように原則に当てはまらないような例は結構沢山あります。
ご質問の茶屋「四郎次郎」のように重ねる場合、「四郎の子の次郎」を意味していることもあるそうです。
この場合「太郎の子の太郎」のように同じ順が重なる時は「太郎太郎」とはならず、「小太郎」や「弥太郎」「又太郎」などとなります。
また「次郎三郎」のように数字が連続しているようなものの中には「次郎」として生まれた子供が早世してしまった為に、次に生まれた「三郎」に「次郎の分も生きてくれ」というような意味を込めて重ねて名付ける風習があり、それに従ったものであることもあるといいます。
他にも代々「○郎」を継いでいたり、先祖の誰かにあやかって順番を無視したものがつけられることもありました。
中々一筋縄ではいかない「輩行の仮名」ですが、割合から言ったら原則に忠実であるほうが多いということは言えるのだと思います。

Q岡崎次郎三郎や茶屋四郎次郎

岡崎次郎三郎信康や茶屋四郎次郎の「次郎三郎」とか「四郎次郎」ってどういう意味ですか?

ほかに有名な、例えば「太郎次郎」とか「三郎次郎」って名前が付く歴史人物はいますか?

教えて下さい。
お願いします。

Aベストアンサー

まず、基本的に、「太郎=長男、二郎=次男」ということではないのです。
元々の意味としてはそれで正しいと思いますが、代を重ねて一族が広がるとそれではとても区別がつかなくなりますし。
# 無理やり区別しようとすると本当に「二郎三郎五郎太郎」なんて名乗りになったりして

武家などの名乗りは、嫡男の場合親からそのまま受け継ぐことが多かったようです。
岡崎信康についても、二郎三郎は松平元康も名乗っています。
これは元康から数えて5~6代前の当主が次男であったこと、4代前の当主が三男であったことが理由ではないでしょうか。
もちろん、信康が二郎三郎を襲名した後には元康(その頃には家康かな)をその名で呼ぶわけには行きません。三河守のように官位を名乗りに使ったりします。
# ある歴史小説で晩年の蜂須賀正勝を小六と書いていたものがありました。その時点での蜂須賀小六は子の家政を指し、正勝は彦右衛門とすべきだと思うのですが

さらに、真田信幸(信之)、信繁(幸村)兄弟のような例もあります。
信幸が長男、信繁が次男ですが、それぞれ名乗りは源三郎、源次郎です。
長男=太郎ではないという面白い例ではないでしょうか。


本題の「他に~」はちょっと思い浮かびませんでした。申し訳ない。

まず、基本的に、「太郎=長男、二郎=次男」ということではないのです。
元々の意味としてはそれで正しいと思いますが、代を重ねて一族が広がるとそれではとても区別がつかなくなりますし。
# 無理やり区別しようとすると本当に「二郎三郎五郎太郎」なんて名乗りになったりして

武家などの名乗りは、嫡男の場合親からそのまま受け継ぐことが多かったようです。
岡崎信康についても、二郎三郎は松平元康も名乗っています。
これは元康から数えて5~6代前の当主が次男であったこと、4代前の当主が三男であっ...続きを読む

Q【日本を創った人物、世界を創った人物】日本を創った人物、世界を創った人物を見ていて傾向が見えて来たん

【日本を創った人物、世界を創った人物】日本を創った人物、世界を創った人物を見ていて傾向が見えて来たんですが、、、

まず

宗教家が世界を作り、

帝国時代を迎え皇帝(天皇も含む)が世界を作り、

政治家が世界を作り、

文化人が世界を作り、

経済人が世界を作り、



経済人の次に世界を作るのは誰だと思いますか?

後世の歴史教科書に載るとしたら安倍首相ではなくアップルの創業者だと思いますし、次に載るならテスラモーターズの創業者かバージングループの創業者だと思うんですよ。

いま世界を作っているのは明らかに政治家ではなく経済人が作っている。

政治家は経済人から金を巻き上げている一昔前の皇帝と政治家の図式と同じなので政治家が世界を作る時代はもう終わりになる気がします。

政治家は汚職ばかりで安倍首相も麻生太郎も汚職してると思います。お金は貰ってないけど口利きはしていると思います。政治家の仕事は口利きですよね。政治家から口利きを取ったら何も残らない。

けどもう口利きで国を作っていく時代は終わったのだと思う。

国を創っている人物は文化人と経済人で政治家は経済人や文化人の口利きに動いているに過ぎない。

その文化人、経済人が世界を創る時代が終わったとして次に世界を創っていくのはどのジャンルの人になるのか予想してください。

民主主義と言いながら民主主義として機能していない政治の時代は終わりました。

政治家は口利きしてなんぼなので口利きしただけで汚職と言われ逮捕される時代が来ます。韓国はまさにそれで日本もそうなると思います。口利きが出来なくなった政治家に存在価値はありません。民主主義という名の口利きの時代は終わりです。

【日本を創った人物、世界を創った人物】日本を創った人物、世界を創った人物を見ていて傾向が見えて来たんですが、、、

まず

宗教家が世界を作り、

帝国時代を迎え皇帝(天皇も含む)が世界を作り、

政治家が世界を作り、

文化人が世界を作り、

経済人が世界を作り、



経済人の次に世界を作るのは誰だと思いますか?

後世の歴史教科書に載るとしたら安倍首相ではなくアップルの創業者だと思いますし、次に載るならテスラモーターズの創業者かバージングループの創業者だと思うんですよ。

いま世界を...続きを読む

Aベストアンサー

貴方にお勧めしたい本があります

古典
史記
文学 特にロシア

よくお勉強してから 質問しなさい

Q「次郎」と「二郎」・・・どちらが多い?

「太郎」には「次郎」
「一郎」には「二郎」

「太郎」と「一郎」は全く違うのに、「次郎」と「二郎」はどちらも「じろう」と同じ読み方です。
どうでもいいけど、ちょっと不思議・・・

そんなことを考えていたら、「次郎」と「二郎」ではどちらが多いものか、興味が湧きました。

「~次郎」と「~二郎」のパターンも含めて、実在の有名人を思いつくまま上げてみていただけますか?
ついでに、どちらが多いかの予想もお聞かせ下さい。

では宜しくお願いします。

Aベストアンサー

両方の名前を持つ「月光仮面・8マン」の桑田二郎(旧・次郎)を忘れては困ります。

つのだじろう

田宮二郎
坂上二郎

赤川次郎
冠次郎

こんなところでおやすみなさい。

Q安倍貞任・八幡太郎義家関連の人物名の読み方を教えてください

音声訳ボランティアをしています。(音訳については下記参照下さい)
http://hiramatu-hifuka.com/onyak/onyindx.html
人物の名前等の読みがわからないものがあります。録音図書制作のために、できましたら典拠付きで、読み方を教えてください。
安倍貞任・源義家 関連
・尾上の前
・卯の花姫
・貞姫
・新羅(妻の名)

・紀道慶
・照井弘常
・四郎照任
・八重樫吉治
・境講師官照
・洗沢弥七
・石打重太
大体の見当は付くのですが、確たる典拠が無く、困っています。
よろしくお願いします。
(Wikipediaやブログは典拠にならないようです)

Aベストアンサー

 「詠み」という字が宛てられるのですね。単なる「読み」ではないのですね。
 回答にはならないが、読経や講釈師、浪花節、舞台や芸能のかたの、「詠み」も参考にして、生活やその周辺と共にどこかにとどめておけると素晴しいですね。
 この際、「大体の見当も付か」なくて、自己流のあてずっぽうの私もしっかりさせたいと存じております。
 「詠み」では「Wikipediaやブログは典拠にならないないようです」とは、ほんとうにしっかりした典拠での「詠み」をご研究なのですね。

Q桓武天皇と熊谷(次郎)直実

こんにちは。

1、桓武天皇と熊谷(次郎)直実は血筋は繋がっているのでしょうか?

2熊谷(次郎)直実は法然上人の一番弟子ですか?

私の友人の知人が「熊谷(次郎)直実」の子孫で「桓武天皇」の血をひいている。と言うのですが、桓武天皇の側室の四代目位が熊谷(次郎)直実子孫と・・・。

私はそれがホントでも(「熊谷(次郎)直実」と「桓武天皇」血筋が繋がっていても)「熊谷(次郎)直実」すごい有名人でないから、知人が末裔かどうか判る分けないと言うのですが?  
  
ご意見をお待ちしています。

Aベストアンサー

1・熊谷はそう自称しています。いくつか説がありますが、桓武平氏の傍流という説(一番一般的な説)、宣化天皇の傍流であり、後に平氏から養子を取り一門とした説があります。
ただし、全般にいえますがこれらは当人が捏造したりとかが多く、当てにはなりません。

2・一番弟子・・・という基準がはっきりしません。高僧ならば弟子というか門下というか支持者はたくさんいるのが常ですし、直実が仏門に入ったときはすでに結構活躍していましたから、それまで弟子がいないと言うのはほぼありえません。

さて・・・ここからが問題なのですが・・

>私はそれがホントでも(「熊谷(次郎)直実」と「桓武天皇」血筋が繋がっていても)「熊谷(次郎)直実」すごい有名人でないから、知人が末裔かどうか判る分けないと言うのですが? 

この一文を見ると、質問者さんはあまりこのあたりに関して深く詳しい知識をお持ちではないのかと思います。

戦国時代までの武家は、姓を名乗るのが一種当然です(なのっていないということは、土民上がりと認めるようなもの)。しかし、姓は天皇が与えるものですから、どうやって手に入れるかと言うと・・・
その一族である、と言うのです。
たとえば、信長は「平氏」の子孫であると自称しました。家康は、征夷大将軍の都合もあるため源氏であるとしました。しかしこれはほぼ100%捏造です。
こういった具合に、「自身は~の一族の末流である」とするのです。自身の家に箔をつける意味も強いです。
大きなものは僭称と戸籍売買ですね。そもそも、400年前に分かれた家の子孫かどうかなんて、間違いなく正当な藤原家である近衛家とかですら把握できないですから、自分たちが名乗れば本当になる世界でもあるのです。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2192705.html

このあたり(私の回答も含めて)とか参考URLをごらんいただければ、お分かりいただけるかと思います。
なお、このあたりは現代の有名無名は関係ないです。当時武家であったかどうかですから(でも熊谷なんかは鎌倉御家人としては最も有名な部類だと思うんですけどね・・・彼より有名なのは北条氏と那須与一くらいで・・・)。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/熊谷氏,http://www2.harimaya.com/sengoku/html/kuma_k.html

1・熊谷はそう自称しています。いくつか説がありますが、桓武平氏の傍流という説(一番一般的な説)、宣化天皇の傍流であり、後に平氏から養子を取り一門とした説があります。
ただし、全般にいえますがこれらは当人が捏造したりとかが多く、当てにはなりません。

2・一番弟子・・・という基準がはっきりしません。高僧ならば弟子というか門下というか支持者はたくさんいるのが常ですし、直実が仏門に入ったときはすでに結構活躍していましたから、それまで弟子がいないと言うのはほぼありえません。

さ...続きを読む

Q歴史人物の肖像画?のコピー

これから、後醍醐天皇や楠木正成の肖像画?をネットプリントでコピー、印刷をしようと思うんですが、それは肖像権、著作権に当たりますか?

Aベストアンサー

肖像権を主張する人が居ないのでOK

著作権を持つ撮影者が死んで50年経ってるので、著作権は消滅していますからOK

Q次郎物語

里子について質問です。

夏目漱石作の次郎物語の主人公、次郎は確か里子に出されますよね。(恭一と引き換えに)



次郎物語が書かれた時代背景からして、当時里子とはお金持ちがすることだったんでしょうか?
それとも現在と同じく家庭の状況が苦しい時にされることだったのですか?



また、次郎物語はいつの時代をモチーフにした小説か解りますか?



以上の質問に解答を下さい。

Aベストアンサー

作者は夏目漱石ではなく、下村湖人ではないでしょうか?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AC%A1%E9%83%8E%E7%89%A9%E8%AA%9E

「次郎物語」は下村湖人の自伝的な要素もある作品ですので、
以下も参考まで。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8B%E6%9D%91%E6%B9%96%E4%BA%BA

当時は、家の跡を継ぐのは長男と決まっており、次男以下は里子に出されるのが
貧富にかかわらず珍しいことではなかったと思われます。

Q日本史、歴史人物 誰であろうか教えて欲しいのです

高校日本史講座という番組のスタジオバックに貼られている
歴史上の人物が
わかるようでわかりません。

教科書に載っていた記憶が有るので
有名な人物であろうと思うのですが
思い出せなくて、また、頑張って調べてもたどり着けなくて、、、

画像の人物が誰であるか、教えて頂けないでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

画像が不鮮明ではっきりしませんが、足利義尚と考えられているようです。
http://archives.bukkyo-u.ac.jp/rp-contents/DB/0037/DB00370L039.pdf


人気Q&Aランキング

おすすめ情報