私は来年度から工学部電気工学科の一年生です。将来、弁理士として職に就きたいと思っています。弁理士資格を取得するには予備校(?)に通うことが必須だと聞きWセミナーやLECなどを考えています。ですが、工学部は忙しいと聞くので学校との両立できるのか不安です。大学の勉強をしながら難関と言われる弁理士資格取得の勉強をやっていくことは可能なのでしょうか?もし、できるのなら何年生の頃が最適か教えて下さい。もちろん、大変なのは覚悟しています。よろしくお願いします。 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>大学の勉強をしながら難関と言われる弁理士資格取得の勉強をやっていくことは可能なのでしょうか?



 可能ですが・・・。
 
 一般論を言います。
 弁理士の主な仕事が特許明細書の作成だということはご存知だと思います。が、この明細書というヤツ、法律知識が必要なのは勿論ですが、技術的知識も持ち合わせてないと書けません。
 そのときに何が一番重用かというと、一般企業で現場作業なり研究開発なりに就業して得た経験です。機械の操作方法だとか、作業の手順とか。そしてその際に、「ああ、この機械、ここがこうなっていればもっと早く処理できるのになあ」と改善策を練ったこととか。
 これがないと、いざクライアントに「こういう発明の出願をしたい」と相談されても、どこが特徴なのかが分からない、ということになりかねません。

 弁理士を目指す人は、技術系の仕事をしていて知的財産に目覚め、特許事務所に中途で入所し、明細書を作成しながら実務経験を積んで試験に備えるというパターンが多く、事務所も新卒はあまり採用しません。新卒の求人が全くない、という訳ではありませんが。
 法律は、実務を経験した方が理解しやすいですよ。

 以上の点は、承知しておいて下さい。
 
 それでも、学生時代から挑戦する、ということでしたら、思い立ったが吉日です。試験勉強を開始するのに早すぎることはありません。
 が、いきなり法律の勉強をしようとしても、まず無理だと思います。最初は、特許・実用新案・商標・意匠の出願から権利化(または権利取得失敗)までのフローをしっかり把握して下さい。著作権法と不正競争防止法はその後でよいと思います。

 WセミナーとかLECに通学しようと考えておられるなら関東圏にお住まいだと思いますが、それなら、図書館に特許に関する本があると思います。まずはそれを借りてみるのもよいかもしれません。

 この職業、資格を取ってからが本番ですが、下記URLも参考にして覚悟は決めて下さい。なお、自分で開業したいと思うなら、英語は必須です。

 http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=85046

 また、ごく最近のご質問ですが、下記も参考になるかもしれません。

 http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=202046 
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な回答、ありがとうございます。実際に特許事務所などを訪問して、弁理士の仕事がどのようなものなのかもっと知ろうと思います。資格を持っているだけの弁理士というのではなく、クライアントに必要とされるような弁理士を目指して総合的な力をつけられるようにがんばります。

お礼日時:2002/01/28 13:16

すでにkawarivさんから詳しいご回答があるので迷ったんですけど、私も回答を作成して保存していたので、せっかくですから投稿します。

重複部分はお許し下さい。

大学に入学する前から弁理士になりたいとお考えになるということは、身近に弁理士さんがいらっしゃるのでしょうか?
私なんぞは社会人になって何年か経つまでそんな資格は知りませんでした。(笑)

実際に勉強する予定の学問とはちょっと異なる職種(と言っても、技術的知識はかなり必要ですが)に就くことを決めているというのは全くの驚きなのですが、資格を取ること自体は有意義だし、素晴らしいことだと思います。

> 大学の勉強をしながら難関と言われる弁理士資格取得の勉強をやっていくことは可能なのでしょうか?

まあやる気次第でしょう。私も大学は理工系でしたが、遊びまくっていても何とか大学を卒業したという人をたくさん知ってますから。(笑)
遊ぶ分を勉強時間にまわせば不可能なことはないかも知れません(保証はできませんが)。

> もし、できるのなら何年生の頃が最適か教えて下さい。

ご質問のタイトルから判断すると「いつから勉強を開始するのが最適か」ということでししょうね。それに、卒業と同時に弁理士として働きたいということでしょうね。それでしたら、答えは「今すぐに」です。

道は険しいですよ。実務経験がない方にとってはぴんとこないことがたくさんあると思います。
今からこつこつやっておくことをお勧めします。
それでも卒業前に資格を取れるという保証はできません。

なお、大学院を出ていると少し試験が楽になるということはご存知ですか?
でも、そのために大学院に行くというのも変な話ですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答をありがとうございます。私が弁理士を知っているのは、大学で学んだ知識を生かし、その上資格を用いた職は・・・と考えて調べていたら偶然見つけたからです。 専門知識を深めたいと思い大学院にも進学は考えていたので、長い目で見て(ただし、短期合格を目指して)、弁理試験について考えてみたいと思います。

お礼日時:2002/01/28 13:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q弁理士の妻。弁理士事務所で働いている方に質問です。

弁理士の妻。弁理士事務所で働いている方に質問です。

無知ですみませんが、私は今年文系大学を卒業し、小学校で講師をしている女です。

結婚を前提に付き合っている彼が弁理士を目指して勉強中です。
彼は、将来的には事務所を開業したいそうです。
何年かかかるでしょうが、熱意はとてもあるので、きっと弁理士試験に合格すると思って応援しています。

私は彼のためにできることは何かと考えています。
まだ婚約はしてません。
笑顔や料理など、居心地のいい家庭にすることも考えていますが、彼の仕事を理解・手助けしたいのです。

しかし私はこの業界のこと、仕事のことが全くわかりません。
調べてみましたが、弁理士がどのように働いているか、イメージがありません。
彼の仕事を支えるための勉強がしたいです。

私はとても頭がいいわけではありませんが、国立大卒レベルなのでコツコツ勉強すれば、何でも勉強できると思っています。
今の仕事の契約もあと半年ですし、次の仕事はこの役に立つ勉強ができることを基準に考えています。

私は趣味ができるなら、業種・職種に関して、こだわりはないです。
今は恥ずかしながらラブラブ期なので、彼のためになることを中心に考えています。

補助員も弁理士を目指しているだけの知識がいるし、行政書士とかだったらいいでしょうか?
英語を勉強したらよいでしょうか?
事務や秘書やアシスタントってできますか?

どんな風に手伝いができるか教えてください。

弁理士の妻。弁理士事務所で働いている方に質問です。

無知ですみませんが、私は今年文系大学を卒業し、小学校で講師をしている女です。

結婚を前提に付き合っている彼が弁理士を目指して勉強中です。
彼は、将来的には事務所を開業したいそうです。
何年かかかるでしょうが、熱意はとてもあるので、きっと弁理士試験に合格すると思って応援しています。

私は彼のためにできることは何かと考えています。
まだ婚約はしてません。
笑顔や料理など、居心地のいい家庭にすることも考えていますが、彼の...続きを読む

Aベストアンサー

一番いいのはあなた自身の今の仕事を、契約などでなく本格採用してもらって、しっかり安定的に収入を得られるようになることだと思います。

弁理士って今や掃いて捨てるほどいます。独立はそんなに簡単ではありません。私はどちらかというと雇う側の立場ですが(自分も資格を持っています)、「独立しました、仕事を下さい」のような類の売り込みは山のように飛び込んできます。
もちろん弁理士試験合格仕立ての新米に仕事を出す気にはなりません。最低10年、できれば20年としっかり経験を積んでもらわないと。

そうなる前に我慢できず、威勢良く独立してみたけれど、結局お客がつかず、雇われ弁理士に逆戻り、という人もたくさん知っています。かなり厳しい世界ですよ。

ですので、将来結婚されるつもりなら独立当初お客がつかなくても家計を支えられるようしっかりとした収入の道をあなた自身が得ることが一番の支えになると思います。

彼と同じ道に行ってしまったら、共倒れですから。

Q弁理士資格に詳しい方

現在、経済学部生ですが、弁理士という職業に興味があります。ですが実際の弁理士は理系出身者が多いと聞きますが、経済出身で資格を取得しても、仕事としてやっていくことは厳しいでしょうか?またこれから弁護士が増員されていく中で、競争が激化していくと思いますが、この職業事体の将来性はどうなのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

私の知っている弁理士先生でも法学部を卒業後、弁理士になった方も結構おられます。必ずしも理工系でなくてもその先生次第で、所員によい技術屋さんを抱えて充分に特許事務所を経営している例は沢山あります。また、技術系であっても今は技術の進歩が早いので常に勉強をしていない先生は使い物にならず、資格を持っていても残念ながら相手になりません。素人を相手にしているだけならば何とかなるかもしれませんが、会社等を相手に仕事をしないと事務所をやっていくには厳しいと思います。いずれにしても常に勉強が大切ですので、向学心の薄い、合格したら安心してしまうような方はあきらめた方が良いと思います。昔は法文系の商標・意匠だけでも商売となったようですが、今は難しいでしょう。お知り合いに弁理士試験には受からなくても(受けなくても)特許出願の明細書を書くのが上手な技術力のある方でもおられるのならば、その方と一緒に仕事をすれば良いのですが、なかなかそのような話はないと思います。資格取得のための教育機関等では(一部で)将来性のある開業出来る素晴らしい資格の如き表現がありますが、現実は試験が難関の割りには商売としてはキツイもの(開業は出来るが商売として成り立つのは別?)と思われます。試験制度が変わり、いくらか受験し易くなったので、いろいろ挑戦して見るのも経験です。頑張ってください。

私の知っている弁理士先生でも法学部を卒業後、弁理士になった方も結構おられます。必ずしも理工系でなくてもその先生次第で、所員によい技術屋さんを抱えて充分に特許事務所を経営している例は沢山あります。また、技術系であっても今は技術の進歩が早いので常に勉強をしていない先生は使い物にならず、資格を持っていても残念ながら相手になりません。素人を相手にしているだけならば何とかなるかもしれませんが、会社等を相手に仕事をしないと事務所をやっていくには厳しいと思います。いずれにしても常に勉強...続きを読む

Q弁理士資格と転職(就職)事情

大学生で弁理士を目指しています。

特許事務所でアルバイトをした経験があるのですが、私語等はほぼ無く、職場というよりは、弁理士という個人事業主と事務処理・翻訳担当という外注先が一箇所に集まって黙々と職務をこなしている、良くいえば独立独歩、悪くいえば交流が皆無(教育制度がないおそれ)、という印象を受けたため、どちらかというと企業への就職に惹かれています(企業の雰囲気は知りませんが、今のところ消去法として)。

しかし、一般に、企業知財では弁理士になっても待遇が殆ど変わらないと聞きました。
このため理想のキャリアの一つとしては、新卒で企業に、経験を積んだ後事務所に転職、かと思いいたりましたが、幾つか不安な点が出ました。
企業や事務所の方等、コメント頂ければ幸いです。

・就職後、10年かそこらで転職する可能性のある学生に対して、企業はどの程度デメリットを感じるのか?
 ・或いは反対に、その企業の技術を良く知る者が事務所に移るのだから、外注先候補等として考   え、デメリットは全く感じないのか?
・実際のところ、弁理士資格による待遇の変化はあるのか?
・その他、特に抱く印象はあるか?

・事務所勤めの場合、弁理士と特許技術者の待遇差はどの程度か?
・弁理士試験に合格した方の話ですが、弁理士の平均年収の推定額が確か1800万だと仰っていた記憶があります。そのくらいを期待しても妥当なものでしょうか?

大学生で弁理士を目指しています。

特許事務所でアルバイトをした経験があるのですが、私語等はほぼ無く、職場というよりは、弁理士という個人事業主と事務処理・翻訳担当という外注先が一箇所に集まって黙々と職務をこなしている、良くいえば独立独歩、悪くいえば交流が皆無(教育制度がないおそれ)、という印象を受けたため、どちらかというと企業への就職に惹かれています(企業の雰囲気は知りませんが、今のところ消去法として)。

しかし、一般に、企業知財では弁理士になっても待遇が殆ど変わらないと聞...続きを読む

Aベストアンサー

特許事務所における仕事は、いわば職人仕事です。1件の仕事は基本的に一人で担当するので、仕事を進める上で交流はあまりありません。
教育制度は、個々の事務所によりますが、しっかりした研修制度がある事務所は少なく、「職人」になろうとする新人の自己研鑽によるところが大きいでしょう。勿論、はじめのうちは上司によりマンツーマンで指導を受けられるとは思いますが、一から手取り足取り教えてくれるわけではありません。

企業での知財部員の仕事は、管理の比重が大きいです。勿論、これも企業によりますし、企業内で権利取得手続や訴訟手続を実質的に担当されている場合もありますが、仕事内容の多くは、発明者から上がってくる発明提案書の管理、依頼する特許事務所の選定、特許事務所の仕事内容のチェックなどになります。

大企業に勤務していた知人弁理士のなかには、管理よりも実際の弁理士としての仕事、明細書の作成や、特許庁審査官との交渉などをしたいという理由で、特許事務所に転職された方もいます。

金銭的待遇は、近年は、特許事務所でも企業でも、弁理士資格を有するからといって特別に優遇されることは少なくなったと思います。弁理士の大量合格で資格所有者自体は余っていますから。
弁理士として及びビジネスマンとして実力があれば、企業では昇進という形で優遇されていくでしょうし、特許事務所では給与に反映されていくことが多いですが、これも、大規模特許事務所などでは完全に年功序列になっている場合もあるようです。

現在の弁理士の平均年収はそんなに高くないでしょう。10年以上の実務経験のある弁理士でも年収5~600万円程度というのは良く聞きます。特許事務所経営者に限定すれば、平均でそれくらいになるのかもしれませんが。

特許事務所における仕事は、いわば職人仕事です。1件の仕事は基本的に一人で担当するので、仕事を進める上で交流はあまりありません。
教育制度は、個々の事務所によりますが、しっかりした研修制度がある事務所は少なく、「職人」になろうとする新人の自己研鑽によるところが大きいでしょう。勿論、はじめのうちは上司によりマンツーマンで指導を受けられるとは思いますが、一から手取り足取り教えてくれるわけではありません。

企業での知財部員の仕事は、管理の比重が大きいです。勿論、これも企業によります...続きを読む

Qできるだけ弁理士の資格を独学で取りたいのです

ほとんど無理なことはわかってますが、短答試験だけ独学とかの形で
できるだけ独学でしたいと思ってます。

条文の暗記とかは独学でもいけそうな気もしますし穴あき条文などで覚えていこうかと思ってます

論文対策は予備校に頼る予定です。

また、予備校はLECなどの通信講座などになるかと思うのですが、別に大丈夫ですよねぇ?(近くに予備校がなかったので)

いまいち勉強のプランができてないので何からはじめたらよいのかというので迷ってます

ながながと書きましたが上記の点をふまえて回答してもらえたらさいわいです
足りないところとかありましたらご指摘ください。そのつど足していきます

Aベストアンサー

私も独学で挑戦しています。
予備校の通信講座も気になってるのですが、仕事の忙しさを考えると、予備校のペースに追いつけそうにないので、頼るとしてもある程度知識をつけてからに考えようと思ってたからです。(^^;

それと、短答でも、ちゃんと法文の趣旨を理解しないと、条文の丸暗記では太刀打ちできません。
ちなみに、私も最初は丸暗記で・・と考えていたんですが、特許法は、準用の嵐で、辿ってゆくと何がなんだか分らなくなります。
電気関係の試験を受けたときの、電気事業法とか、建設業法では、条文がほぼ独立していて分りやすいし覚えやすかったんですが、特許法はみょうに複雑に絡み合ってますね。

「工業所有権法逐条解説」と特許庁HPの審査基準は、弁理士受験のバイブルですが、私はこの本↓を読んでからの方がいいと思います。
「解説特許法/江口裕之著/経済産業調査会」

あと、論文式は、添削してもらわないと上達しないと言われますね。
予備校か、受験雑誌の添削を利用することになるでしょう。

Q弁理士の資格を取りたいと考えています。が。

当方、特許事務所に近々転職します。そして、これから弁理士の資格を取ろうかと考えており、現在LECのこと、参考書のこと、勉強時間の捻出のことなど色々と調べています。
ただ、私の今の心情としてはLEC等で大きく掲げているような一年での最短合格!というのを最優先で考えているわけではなく、自分のペースで勉強を継続し(つまり、ある程度のプライベートも確保し続ける)、2年乃至は3年での合格を目指したいと思っているのですが、なかなか最初からそう考えるような人が現状として見つかりません。
毎週行う家族サービスや趣味などを断ち切ることなく、弁理士資格を取ることができたケースがあるのか、あるならば体験記などを教えていただけるとありがたいです。
私は趣味としてあるスポーツを真剣にやっており、そこで結果を出すため体力作りも継続的に行っていますが、一旦ストップすることで、再開したときに思うように動けないのではないか、といったことを思い悩んでいます(現在30歳)。また、大切な人と遊んだり、友人と飲みに行ったりすることを完全に無くすというのもできれば避けたいとも思うのですが、やはり資格取得のためにはプライベートを犠牲にしてでも勉強しないと難しいのでしょうか。

「甘い」の一言で片づけられるかもしれませんが、今の私は、できることならば可能性を信じて「獲れるものは全て獲る」という思いを掲げたいのです。

よろしくお願いいたします。

当方、特許事務所に近々転職します。そして、これから弁理士の資格を取ろうかと考えており、現在LECのこと、参考書のこと、勉強時間の捻出のことなど色々と調べています。
ただ、私の今の心情としてはLEC等で大きく掲げているような一年での最短合格!というのを最優先で考えているわけではなく、自分のペースで勉強を継続し(つまり、ある程度のプライベートも確保し続ける)、2年乃至は3年での合格を目指したいと思っているのですが、なかなか最初からそう考えるような人が現状として見つかりません。
毎週行う...続きを読む

Aベストアンサー

可能性を信じるも何も、実際にやってみればいいじゃない。
一年もやってみれば、遊びながらやって、どこまで行けそうか分かると思いますよ。

合格体験記なんか不要でしょう。何のためにそんなもの読むの?
他人にできたからってあなたができる保証はありませんよ。バカバカしい。

ボクも(かなり)昔合格体験記書いたことあるけど、「如何にも楽勝、誰でもできる」ってノリで書きましたよ。血がにじむ思いをした、なんて一言も書かなかったね。そんなしょうもない体験記でも、受験生を勇気づける効果は認められたんじゃないかな(爆)。結構ボクの書いた合格体験記は当時ちょっとだけ人気があって、一瞬ちょっとだけ受験生の間で有名になりました。みんなその気になっちゃってさ。「オレだからできたが、お前にゃ無理だ」と書くよりいいんじゃない?

ちなみにボクは当時珍しかった短期(2回)合格。今は1年じゃないと短期と言わないのかな?
今は海外にいるのでよく分からないけど、弁理士試験ももう易しくなりすぎて駄目だな。

普通はさ、一年でいいところまで行くと、二年目は何が何でも合格してやろうと思って一年目より必死になるもんですよ。ボクも一年で短答(当時は多肢と言われていた)まで合格していたので、二年目はもう死ぬ気で勉強しました。カミさんにも「今年は家族サービスはいいから絶対に合格して。今年合格しなかったら受験諦めて。」なんて泣かれちゃったし。これも合格体験記には書かなかったけどね。

多分さ、「遊びながら」なんて言っている人はいい線行くことすら全然ないだろうから、いつまで経っても「必死になる」スイッチ入らないだろうね。ボクが書いていることが正しいかどうかは、質問者さんご本人が確かめればいいですよ。
で5年、10年あっという間に経っちゃうパターン。ボクの部下にも何人かいたなー。何回受けても受からなくてさ。話し聞くと、やっぱり遊んじゃっているんだよね。家族旅行行ったり、誘われたら飲みに行っちゃったり。それじゃ無理だって。それで気がつけば高級車が買えるほど金つぎ込んで。アホくさ。

ま、それも人生です。人それぞれ。遊びたいならしょうがない。別にいいんじゃないでしょうか。

可能性を信じるも何も、実際にやってみればいいじゃない。
一年もやってみれば、遊びながらやって、どこまで行けそうか分かると思いますよ。

合格体験記なんか不要でしょう。何のためにそんなもの読むの?
他人にできたからってあなたができる保証はありませんよ。バカバカしい。

ボクも(かなり)昔合格体験記書いたことあるけど、「如何にも楽勝、誰でもできる」ってノリで書きましたよ。血がにじむ思いをした、なんて一言も書かなかったね。そんなしょうもない体験記でも、受験生を勇気づける効果は認められた...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報