反物質についてやさしく解説して下さい。

A 回答 (2件)

相対論と量子論から、ディラック方程式という電子を規定する方程式が導けます。

ところが、この方程式を解くと、解が二つあるのです。この二つの解は、エネルギーが正と負の電子の存在を示唆します。このことから、陽電子(電子の反物質)の存在が予言され、実際に発見されたのです。あらゆる素粒子は、それと対をなす反物質を持っています。電子に対しては陽電子、クォークに対しては反クォークなどです。物質と反物質には、それらが合わさると、光に変わってしまうという性質があります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

大変有難うございます。
由来、状況、発展の三拍子そろって大変わかりやすいです。
すばらしい。
短い文章で、聞きたいことが全部説明されています。
こんな良い回答は、なかなか見たことないです。
きっとスゴク頭の良い人、知識、教養の深い人でしょう。
尊敬いたします。
Thank you,very much!

お礼日時:2002/02/01 22:39

反物質とは、反粒子またはその集まりです。


反粒子は、その相方の粒子とは、質量が同じで、電荷が反対の符号を持ちます。電荷以外の性質はほとんど同じです。(「ほとんど」と書いているのは、実はわずかに違っていることが分かっていて、そこら辺の所の研究がいま盛んに行われている。)

粒子と反粒子がであうと、光子(光の粒)になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

素早い回答有難うございます。ヘエーといった感じです。

お礼日時:2002/02/01 22:30

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ