現在、進路で研究生と留年で悩んでいます。それぞれの道に進んだ先、就職活動の違いなどを教えてください。研究生として、中途採用・第二新卒を探す、留年をして新卒で探すのとどちらが良いのでしょうか?金銭面での事も教えていただければありがたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

留年して新卒がいいです。


留年なら2留ぐらいまでなら特に何も聞かれないそうです。

留年して、わりと普通に就職していった人なら何人も見てます。

また、研究生で院試におちてそのあと就職活動した友達もいましたが、彼は完全に教授のコネクションで就職していきました。
わりといいところ紹介してもらったらしくて満足しているようです。
教授がわりと世話好きで面倒見がいいのなら就職をサポートしてもらったほうがいいです。

でもそうでないなら普通に留年しましょう。
休学すれば、多少授業料も払わなくてよくなりますし
    • good
    • 1
この回答へのお礼

成る程、特に聞かれないのなら新卒でいける
『留年』の方が、いいみたいですね。
自分の場合、中途採用よりも新卒での就職活動の方が
希望する分野に進みやすいようですね。
ご意見参考にさせていただきます。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/30 04:46

留年すると、一生「留年」という言葉がついて回りますよ。


それでもいいのでしょうか?
私の大学では、学部の学費より研究生の学費の方が安いですね。
私の大学では、留年生の就職率が良いとは聞いたことがありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

一生ついて回るとしても、気にしません。
色々な事を経験するのも大事だと考えるようにしてみます。
ご意見有難うございました。

お礼日時:2002/01/30 04:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q研究生って?

僕は理系の学生なんですが、研究室に研究生の方がいるんですが研究生は大学院生とはどう違うんでしょうか?どういう人が研究生になるんでしょうか?教えてください

Aベストアンサー

無職と違い研究生には大きなメリットがあります。
研究生の経歴は研究歴に算入できます。将来大学教員になったりする場合、研究歴1年の違いはかなり響きます。
ただし、4月1日に入学して3月末日まで在籍しないと研究歴としては認められません。

Q1浪+2回留年だと新卒じゃなくなりますか?

知人が、早稲田を今春卒業するはずだったのが、留年決定したようで、これで1浪+2回留年ということになってしまいました。
また就職活動をしていますが、どこも決まっていないようです。
卒業するときには25才になってしまいますが、これは新卒では無くなってしまうのでしょうか?(いわゆる、企業が新卒として一斉に募集するグループからははずれてしまうのでしょうか?)
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは、都内の企業(従業員2万人)で本職の傍ら
学生リクルーターをしています。

ぎりぎりセーフです。大概の企業は
標準卒業年齢+3年までが新卒対象です。
今度留年しないように気合を入れて卒業してください。
また、面接時2留の理由は確実に聞かれます。
1留は聞かれても、必修の苦手科目落としましたって言えば
企業は納得。2留は企業が納得できる理由が端的に述べられないと
少し眉間にしわが寄ります。

Q大学院入試に落ちてしまいました。それで研究生になりたいのですが

 某有名国立大学院を受験したのですが、合格できませんでした。それでも、どうしてもそこの研究室に行きたいので研究生にって、来年にもう一度挑戦したいと考えています。けれども研究生についての知識があまりありません。

・いつ頃お願いしにいけばいいのでしょうか?
・研究生は勉強に集中できるのでしょうか?
・研究生になったら、そこの研究室以外は受験できなくな
るのでしょうか?
・研究生の立場はどうなんでしょうか?

などなど、多くの不安があります。
 経験者の方や、事情に詳しい方、どんなことでもいいので教えてください!!!
 よろしくお願いします!!!

Aベストアンサー

私は修士課程修了後、進路が決まらず、一年間研究生をしてました。(化学系です。)
修士課程とは別の学部です。修士課程のときの指導教授に紹介をお願いしました。

私が研究生をしていた所は、その当時は願書を出して教授がOKすれば入れてもらえるという感じでした。今はどうかわかりませんが。

研究生の実態は、同じ大学でも学部(研究科)、学科(専攻)によっても違います。積極的に研究生を受け入れてくれる所もあるし、消極的な所もあります。ある大学では外国人で大学院入学を希望する学生は一年間研究生をさせるのが慣例化していた所もあります。企業から派遣された人を研究生として受け入れている所もあります。

また入学するときも、私の場合のように教授がOKしてくれれば入れてしまう所もあるし、試験、面接、書類審査などがある所もあると聞いています。
ですから、希望する大学の希望する研究室の教授をお訪ねして、聞いてみるのが良いと思います。(制度として可能であっても、その教授が研究生を受け入れることに消極的な場合もありますので。)

入学してしまえば、研究生活の実態は大学院生と変わりません。実験科学系の場合、講義は義務として受けなければならないものはありませんが、受講したい講義があれば、オブザーバーとして受講するのは問題ないと思います。担当教授も「研究生は受けるな」とは言わないでしょう。学位はもらえない代わりに制約も少ないです。自分がその気になれば、研究は十分できるはずです。
実験化学系では、大学院生も研究生も、「労働力」ですから、このコは役に立つ、と教授に認められ、気に入られれば、研究生といえども見通しは明るくなります。実際、博士課程のない大学で研究生して教授に気に入られ、他大学の博士課程に紹介してもらって進学した人もいます。

そこで成果をあげ、教授に認められれば、翌年大学院を受験して、晴れて大学院生として入学することも可能でしょう。

>研究生になったら、そこの研究室以外は受験できなくな
るのでしょうか?

法的には可能です。ただ、そこの指導教授に推薦状を書いてもらうことになりますし、いずれにしても、指導教授との信頼関係ができる必要があります。この点も大学院生とあまり変わらないと思います。

とりあえず、現在の指導教授に相談するのが先決です。
先方の先生をお訪ねするなら、現在の教授に紹介状を書いてもらって、予約を取ってからお訪ねすべきです。

あっ、もうひとつ、たいした問題ではないですが、研究生は学割が使えません。正規の学生ではないので。。。
授業料は大学院生と同じくらいだったと思います。
入学金もあったかもしれません。

その大学の院は2次募集はないのですか?
それも確かめてみて下さい。
私の知り合いにも「敗者復活戦」でみごと院に入った人は何人かいますよ!

進路が確定するまで、何かと落ち着かないと思いますが、がんばって下さい。

院生として入れればもちろん一番ですが、もし研究生としてでも入れてもらえれば、それは将来に向けてのチャンスであることに変わりはありません。どういう状況になっても、与えられたチャンスを生かすようにがんばって下さいね。

私は修士課程修了後、進路が決まらず、一年間研究生をしてました。(化学系です。)
修士課程とは別の学部です。修士課程のときの指導教授に紹介をお願いしました。

私が研究生をしていた所は、その当時は願書を出して教授がOKすれば入れてもらえるという感じでした。今はどうかわかりませんが。

研究生の実態は、同じ大学でも学部(研究科)、学科(専攻)によっても違います。積極的に研究生を受け入れてくれる所もあるし、消極的な所もあります。ある大学では外国人で大学院入学を希望する学生は一年間...続きを読む

Q高専で留年後の進路

とある国立高専4年生なのですが、留年が確定しました。
専門科目の課題が複数できなかったためです。
必修なので引っかかってしまいました。

親からも先生からも、もう一年頑張って、きちんと卒業するように言われたので
そうするのがいいと思っていますが

進路について悩んでいます。
進路については全く考えていませんでした。
ただ、資格は何も持っていないし、専門分野の成績が悪く、あまり身に付いてない感じなので、
すぐ就職よりも、大学に編入して視野を広げ、知識を深めてから就職したほうがいいかな、
と思っていました。

それに加えてサークルなどに入って大学で楽しく遊びたい、というのもあります。

ですが留年ともなると、大学に編入するのは厳しいでしょうか?

地元に近い偏差値45くらいの大学に目を付けていました。

成績は40人中30位くらいですが、

うちの高専では就職が7割、進学が3割といった感じです。
ですがその進学の半分以上が推薦なのです。

一般の編入を留年生が受けるのは厳しいでしょうか?

ここはやはり就職にした方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

まず、専門分野の方向に進むのか、それは取りやめるのか、を決めましょう。
サークルで楽しく遊ぶのは文系のお話。
それもひょっとすると昔の話かもしれません。
最近は出席が五月蠅いようですから、昔のように、出席なんて取らない、講義なんてどうせ糞だから聴いても意味はない、という状況とは違うでしょう。
昔のような状況だったなら遊び回れたのですが。さて最近どうなのか。
たぶんその専攻で進学するとなると、理系でしょうから、そんなに遊び回れないでしょう。
そもそも、編入したところで、あの単位が足りないこの単位が足りない、で、普通の3年生よりはずっと忙しいのでしょうし。
専門課程のど真ん中に編入するのですから、それほど視野が広がるとも思えません。
文系の、特に社会科学系統に進んで、今まで知らなかった分野を勉強することで視野が広がる、ということなら話は別でしょうが。
ただし、そっちへはたぶん編入できないでしょう。
資格はあるのかもしれませんが、これから入るところの専門分野の知識不足で。
高専からの編入が大甘なのは、たぶんその専攻を続けた場合に限られるでしょう。

高専からの編入のことは、やはり高専の方が良く知っていると思います。
昨今、推薦と言っても様々で。
推薦、という字だけ見れば、推薦されるべき立派な人が推薦されるのが当然なのです。
しかし、低レベル定員割れ大学の学費と補助金の確保の名目に利用され、アホでも金を払ってくれればいい、という状況さえあるでしょう。
その辺り、どこがどうなのかは、高専に聞いた方が良いと思います。
大学側から見たあなたの高専の評価によっても変わることですし。
比較的近場の大学でしたら、高専側にも大学側にも進学実績等あるんじゃないでしょうか。
留年生の扱いも、それによって変わるでしょう。
「あそこの高専は鬼だと聞いている、あそこの留年はやむをえない」とか、「あそこで留年するなんて聞いたことがない」とか、そういうことでも評価が変わりそうです。

まず、専門分野の方向に進むのか、それは取りやめるのか、を決めましょう。
サークルで楽しく遊ぶのは文系のお話。
それもひょっとすると昔の話かもしれません。
最近は出席が五月蠅いようですから、昔のように、出席なんて取らない、講義なんてどうせ糞だから聴いても意味はない、という状況とは違うでしょう。
昔のような状況だったなら遊び回れたのですが。さて最近どうなのか。
たぶんその専攻で進学するとなると、理系でしょうから、そんなに遊び回れないでしょう。
そもそも、編入したところで、あの単位が...続きを読む

Q研究生の制度と他大学院受験

現在、国立大学4年工学部のものです。
夏期に第一希望の国立他大学の大学院受験したのですが
英語の学力不足で不合格でした。
試験は面接等よりも学力重視でした。

冬期に第二希望で別の県立他大学の大学院試験を受験しようと
考えているのですが、二次募集の試験であり、
一時募集の試験ですでに希望の研究室は定員数を満たしており
試験は厳しくなる様子を伺いました。
試験点数は学力よりも面接、研究計画書を重視しているようです。

このような状況なので冬期の第二希望の試験も不安に感じています。

そこで第一希望の大学院には研究生の制度があるようなのですが
研究生の申請締め切りが第二希望の大学院試験よりもはやいのです。

研究生の申請した大学以外の大学院を受験することは可能でしょうか?
また、第二希望の大学院に合格した場合は研究生を破棄してそちらに進学することは可能なのでしょうか?

それと研究生について教授と相談する場合はこのような状況は
伏せておくべきでしょうか?
また、研究生について教授との相談は申請締め切りよりも何ヶ月前から
はじめておくべきでしょうか?

身の回りに研究生についてアドバイスもらえる方がいなくて困っています。質問ばかりになりましたが、同じような状況や研究生について理解ある方々、よろしくお願いします。

現在、国立大学4年工学部のものです。
夏期に第一希望の国立他大学の大学院受験したのですが
英語の学力不足で不合格でした。
試験は面接等よりも学力重視でした。

冬期に第二希望で別の県立他大学の大学院試験を受験しようと
考えているのですが、二次募集の試験であり、
一時募集の試験ですでに希望の研究室は定員数を満たしており
試験は厳しくなる様子を伺いました。
試験点数は学力よりも面接、研究計画書を重視しているようです。

このような状況なので冬期の第二希望の試験も不安に感じていま...続きを読む

Aベストアンサー

希望する研究室の先生に相談するのが最優先かと思います。

一般論でいえば
研究生受け入れの是非が分かるよりも先に第二希望の大学院試験があるのなら
試験を受けられない理由はありません。

>それと研究生について教授と相談する場合はこのような状況は
>伏せておくべきでしょうか?
全部オープンにして相談してください。ここで隠すと
研究生として受け入れてもらえるが第二志望の院に受かってしまった場合に
非常にややこしくなりそうですので。

>また、研究生について教授との相談は申請締め切りよりも何ヶ月前から
>はじめておくべきでしょうか?
これも当然ですね。
研究生は無条件で受け入れられるものではないですから
事前に相談に行くのはは当たり前です。
いきなり「研究生にしてもらいたいので申請を出しました」と言われても、向こうも困るでしょう。
そして可能なら受け入れの可否まで教えてもらいましょう。
内々に研究生に決まれば第二希望の院はそもそも受けなくてもいいですし。

Q研究室での留年

新4回生なんで研究室の配属の選考があるのですが、最悪な教授の研究室に入ってしまうと大変なことになってしまいます。なぜかというとその研究室は留年率7割なのです。あとは卒論だけという人でも毎週のゼミに1回でも遅刻や休んだりしたら即留年です。卒論もレベルの低い論文だったら留年決定らしいです。毎年大企業に就職が決まった人が留年してつらい思いをしてます。みんなこの研究室に入るのが嫌だから成績の悪い学生がじゃんけんをして負けた人が入るのですがもしかしたら僕は成績が悪いからじゃんけんをしなければならないかもしれません。もしこの研究室に決まったらどうしようとビビッてます。こんな研究室は文科省に訴えたりできないのでしょうか?

Aベストアンサー

きついようですが、「訴えてみられては?」というのが回答になります。
なぜなら、7割の方々のレベルが全く判らないので、失礼ながら

・その先生はごくごく標準的なことをやっているが、学生がついてこれていない。
・その先生が極めて先端を行っているために、学生がついてこれていない。

のどちらに近いかすら、第三者(特にここでの回答者)には判らないからです。前者であれば、あなたの訴えは少々恥ずかしい結果に終わるでしょうし、後者であれば、何かしらのアドバイスがもらえたりするかもしれませんね。

ただ、訴える先がどこなのかは、私もよくわかりません。
まっとうに行くなら、まずは直近の管理組織である、学科か、学部の親分かだれか、というのが筋でしょうね。

Q研究生の履歴書の書き方

 以前大学で1年間文系の研究生をしていました。この場合、履歴書の学歴の欄は「○大学○学部○学科研究生合格」「○大学○学部○学科研究生修了」になるのでしょうか? 手元に証明書等がなくてわかりません。どなたか教えてください。

Aベストアンサー

私も同じことで悩んだことがあります。
私の場合は大学院研究生でした。

普通に
「○○大学△△学部□□学科入学」とか
「○○大学大学院△△研究科□□専攻入学」
と書くと、正規の学生として入学したことになってしまいます。

それで、私の場合は
「○○大学大学院△△研究科□□専攻研究生入学」
と書きました。
それから、「合格」と書くよりも「入学」のほうが良いと思います。(合格しても入学しない人もいるわけですから。)
これは研究生に限らず、正規の学生として入学した場合も同じです。

もっと問題なのは、出たときのことをどう書くかです。
研究生は正規の学生と違って、決まった教育課程があるわけでもなく、出るときに卒業証書や学位が授与されるわけでもありません。
(私の場合はそうでした。)

ですから、「卒業」とか「修了」という言葉は使えません。
そこで、苦肉の策として、私は
「○○大学大学院△△研究科□□専攻研究生終了」
と書きました。
「修了」ではなくて、「終了」です。
単に研究生として在籍していた期間が終わったというだけで、それによって何の資格をもらったわけでもないので、「終了」としか言いようがないと思います。

おそらく研究生の履歴の書き方については、決まりはないと思います。
(私の恩師にも聞いてみたことがありますが、知りませんでした。)
研究生は正規の学歴にはならないとは言え、知識や能力を高める貴重な経験であることに変わりはありません。その成果は大いにアピールすべきだと思います。

私も同じことで悩んだことがあります。
私の場合は大学院研究生でした。

普通に
「○○大学△△学部□□学科入学」とか
「○○大学大学院△△研究科□□専攻入学」
と書くと、正規の学生として入学したことになってしまいます。

それで、私の場合は
「○○大学大学院△△研究科□□専攻研究生入学」
と書きました。
それから、「合格」と書くよりも「入学」のほうが良いと思います。(合格しても入学しない人もいるわけですから。)
これは研究生に限らず、正規の学生として入学した場合も同じです。

もっと問題な...続きを読む

Q第二希望も研究室訪問をするべきですか?

他大の院で、第一希望の研究室と第二希望の研究室を決めなくてはいけないのですが、第一希望は当然研究室訪問をするのですが、第二希望も研究室訪問はすべきですか?教えてください

Aベストアンサー

訪問したほうがよいと思います。
研究設備や研究室の雰囲気を実際に体感する事が大切だと思います。
研究室を比較すると、より第一希望の研究室に入室したくなるかもしれませんよ。

ただ訪問する時は、第一,第二希望というスタンスではなく“やりたい研究が幾つかあって、研究室を悩んでいる”という雰囲気で挑まれたほうがいいと思います。
口にしなくても、この研究室は第二希望と心で思っていると、意外と察知されるものです。

Q研究生の一年をどう過ごすか。

心理学部の4回生です。
第1種指定大学院進学を目指し、まもなく試験を控えています。

最近になって不合格だった場合の身の振り方ばかりを考えてしまい、不安になっています。

不合格だった場合、大体考えている事は「研究生」という道なのですが、
希望の大学院では他大学からの研究生は募集しておりません。
なので、「研究生として今の大学に残り、研究活動・ボランティア・アルバイトをし8~9月の秋入試に備える」
ということなのですが、その一年間をどう過ごせば良いのか不安になっています。

一年あるのだから、資格(通信課程、精神保健福祉士1年7ヶ月)を取るいい機会では…
とも思うのですが、目の前の不安ばかりで先のことが現実的に考えられない状態です。
(研究生の先輩からは、研究生をしながら資格をとる事はできなくはないといわれております)

実際研究生をされた方で、何か資格を取られた方は居られますか?
研究生をし、大学院進学された方はその期間をどの様にすごされましたか?

Aベストアンサー

こんばんは。

研究生をしたことはありませんので、見たこと感じたことを書きます。
正直、院生よりも研究生の方が大変です。何が大変って、自分で締め切りを決めて、スケジュールを組み立てて、みっちり進めていかなければいけないからです。私の知り合いも当初はやる気に燃えていましたが、気が付けば時間が過ぎるままに成果もなく研究室から去っていきました。そのため、今からどうやって過ごすかを考えるのは良いことだと思います。

まず、研究生という名のとおり研究することがメインです。資格をとるだけならば研究生になる必要はありません。研究材料を集め、論文を制作し、学会で発表する。これが正攻法だと思います。また、論文をつくっておけば、来年に大学院を受験する際の材料の一つになります。

Q第二希望の研究室に訪問することは。

同じ大学院を受けるにあたり、第一希望の研究室に訪問するために、その研究室の先生と連絡を取ろうとしていますが、今のところ取れない状況です。
そこで、第二希望の研究室に訪問しようと考えていますが一般的に許されることなのですか?

Aベストアンサー

許されるというか、普通では?
正直に「第二希望なんです」といわず、「どちらか迷ってるんですよ」という言い方であれば、
向こうも快く受け入れてもらえると思います。

第二希望までといわず、興味があるところは片っ端から観にいった方がいいですよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報