教えて下さい。
このたびマンションを購入するのですが、自己資金のうち、100万円がいわゆる
たんす預金なのです。
うちの妻は、五百円玉をビンにためておいたり、きれいなピン札を銀行にいれ
ないでたんすにしまっておくのが趣味で、ここ6年ほどのたんす預金で、全部
計算したら、100万円弱にもなっていました。まあ、子供の出産祝いとか、結婚
祝いでもらったお金も含まれているのですが...。
で、せっかくなのでこのお金をマンション購入の自己資金として充てようと思って
いるのですが、税務署からのお尋ね書類には、なんと書けばいいのですか?
私本人の預金?(まさかたんす預金とは書かないですよね?)として記載する
のでしょうか?

もし税務署からこのお金の出所を示せなんていわれても...。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

他の方が答えているとおり、自己資金(手元資金)でよろしいでしょう。


この程度で有れば、手元に資金としておいておく方は実在します。まして、今はペイオフが心配な時期ですからなおさらです。
年収などからしても、大丈夫ではないでしょうか?
もし万一問い合わせが来たとしても、自信を持って手元に貯めたお金と答えてください。
後ろめたい金ではないのですから、堂々と実際の所を主張すべきです。
真実は何よりも強いのです。その信念で行きましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答遅れて申し訳ありません。体調崩しておりました。
確かに後ろめたくはありません。はっきりと伝えたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/15 09:59

不動産の購入時の「お尋ね」は、購入資金の出所を調べて、資金の贈与・脱税した資金などをチェックするためです。


ご自分で貯めた資金ですから、何の遠慮もなく使いましょう。
「お尋ね」の回答は、自己資金で問題ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答遅れて申し訳ありません。体調崩しておりました。
遠慮なく、自己資金に当てたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/15 10:00

お尋ねが来るのは購入してからですが、これは高額贈与の有無をチェックしているものです。

ごく普通に働いている方が(100万自己現金)と書かれても税務署は気にもしませんからどうぞご安心を。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答遅れて申し訳ありません。体調崩しておりました。
そうですか。では遠慮なく、自己資金に当てたいと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/15 10:01

 自己資金でよいでしょう。

自己資金の内訳までは記載しませんので、自己資金と借り入れの区分で整理すればよいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答遅れて申し訳ありません。体調崩しておりました。
そうですか。では遠慮なく、自己資金として当てたいと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/15 10:02

ご自身のお金ですから堂々と使ってください。


詳細を示せといわれたら預貯金でも良いですし、手持ちの生活資金といえばいいことです。それでも(それ以上はないでしょうけれど・・)言われたら小銭を集めた結果といえばいいことですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答遅れて申し訳ありません。体調崩しておりました。
そうですか。では遠慮なく、自己資金に当てたいと思います。
でも、「小銭を集めた結果」なんて書いてみたいです。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/15 10:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q工業住宅は構造計算をしない

我家は1999年完成の軽量鉄骨2階建ての工業住宅です。
HMは工業住宅は国から許可をもらっているので、個々には構造計算をしないと言われましたが、本当ですか?

Aベストアンサー

おまたせしました!
構造設計概要書は、工業住宅を認可された業者毎に大臣認可の書式です。
認定各社共通書式ではありませんが、内容的にはほぼ一緒です。
最初の確認申請図書の中にありませんか?
無いのなら新築時の再発行を業者にお願いする事が出来ると思いますが。

構造計画概要書は、建物を構造計算する前に、建物の概要、柱配置、梁組、設計方針、計算方法等を書き表したものです。
構造計算書の中の一般事項にあたる部分です。

安全確認書は、構造計算が必要とされていない建物で、大きなスパン(梁間)が存在したり、増改築等で著しく建物の部分的耐力の低下が予想される場合、その部分について構造計算をおこなう手順で梁、柱、基礎等が安全であるか確認するための計算書です。
言わば、構造計算書の簡易ミニ版です。
大きなスパンのある木造の建築確認申請時に役所の建築課から提出を求められる事もあります。

上記の書類は、法的に決まった書式がありません。
設計者の資質に全て委ねられている書類と言っても良い書類です。
一度作成したら、設計事務所としては、以前の質問と同じく5年間保存しなければならない書類となります。

質問の偽造ではなく、業者が捏造しようと思えばできると思います。
私は、お客様の為にそのようなモラルの無いことはしません。
他の人の事はわかりませんが。

おまたせしました!
構造設計概要書は、工業住宅を認可された業者毎に大臣認可の書式です。
認定各社共通書式ではありませんが、内容的にはほぼ一緒です。
最初の確認申請図書の中にありませんか?
無いのなら新築時の再発行を業者にお願いする事が出来ると思いますが。

構造計画概要書は、建物を構造計算する前に、建物の概要、柱配置、梁組、設計方針、計算方法等を書き表したものです。
構造計算書の中の一般事項にあたる部分です。

安全確認書は、構造計算が必要とされていない建物で、大きなスパ...続きを読む

Q税務署は相続税の税務調査どのように進めるの?

相続税の税務調査は大変厳しいと聞いてております。実地調査されると約80%に非違が見つかるそうですが、税務署は相続税の申告書が提出されると、すべての申告書に対して、記載された被相続人の口座の履歴、及び相続人の口座の履歴も調べているのでしょうか?あと、名義預金って、どうやって見つかるのでしょう?それにしても、80%も非違が見つかるなんて、不思議です。どなたか、お詳しい方、宜しくご回答お願い致します。

Aベストアンサー

長いですがよろしければご覧ください。

-----
税務調査の実態というのは税務署職員の口から漏れることはありませんので、発表された統計データと、調査を受けた人の体験談がもとになっています。
ですから、多分に憶測が入り込んで、話が大きくなったりしますが、「本当のところ」は「国税庁・税務署職員」以外は分かりません。(退職したら守秘義務がなくなり、話し放題になるわけでもありません。)

そのことを踏まえた「個人的見解」としてご覧ください。

>税務署は相続税の申告書が提出されると、すべての申告書に対して、記載された被相続人の口座の履歴、及び相続人の口座の履歴も調べているのでしょうか?

もともと、相続税の申告が必要な人は「基礎控除」などによってふるいにかけられた人、つまり、「税務署が調べがいのある人」ですから「数字のつじつまが合っているのでスルー」ということはあまり無いでしょう。

『相続税・基礎控除とは』
http://homepage2.nifty.com/0466887194/souzoku8.html

なお、「申告内容の確認」は、「申告の誤り」「申告漏れ」などの発見も含まれていますので、「犯罪の捜査」のようなものとは本質的に違います。(もちろん、意図的な所得隠しに対しては警察以上に厳しいです。)

また、「家族構成」は明らかですから、「意図的に隠蔽された口座」以外は簡単に調査が可能です。(税務調査に個人情報の保護は適用されません。)

『[PDF]金融分野における個人情報保護に関するガイドライン』
http://www.fsa.go.jp/common/law/kj-hogo/01.pdf
>>第5条
>>3 前二項の規定は、次に掲げる場合については、適用しない。
>>(4)…(例)・ 税務当局の任意調査に応じる場合…

>名義預金って、どうやって見つかるのでしょう?

「名寄せ」で簡単に見つかります。

『名寄せ』
http://www.dic.go.jp/shikumi/manga/yokin/nayose.html

なかには「架空名義口座」「借名口座」を使った「脱税」もあるでしょうが、そもそもは、金融犯罪防止の観点からそのような口座は作れませんし、そのような口座を持っているような人は「犯罪に抵抗がない人」なので、「怪しいところがまったくない」ということはまずないでしょう。

『金融庁>疑わしい取引の届出等』
http://www.fsa.go.jp/str/index.html
『外務省>資金洗浄(マネーロンダリング)』
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/m_laundering/index.html

>それにしても、80%も非違が見つかるなんて、不思議です。

これはちょっとした誤解です。
以下のサイトをご覧になってみて下さい。

『相続税の税務調査における最近の傾向(2012年9月4日)』
http://www.ochiaikaikei.com/mlmg/201209041022_581.html
>>申告した中で、およそ30%に税務調査が入ることになります。
>>一番新しいデータでは、修正申告の割合は82.5%となっています。
>>8割以上の修正割合と、とても高くなっています。
>>これは、調査が入ってから間違いがないかを調べるのではなく、あらかじめ間違いを調べておき、その確認のために調査に入る、となっているということです。

つまり、「机上調査」で絞り込んで、「実地調査」が行われたのが、約30%、そのうち修正申告に至ったのが82.5%なので、「全体の約25%」ということになります。

(参考)

『どこをどうみる相続税調査』
http://www.tabisland.ne.jp/explain/souzoku6/

『国税に関するご相談について』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/sodan/denwa_soudan/index.htm
『不服申立ての手続』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/fufuku/huhuku3.htm
『納税者支援調整官を設置している国税局・税務署のご案内』
http://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeicho/kiko/nozeishashien/index.htm

『税務署が親切』
http://blog.livedoor.jp/stock_value/archives/50363449.html
『税務署は意外と親切』
http://dorobune.chips.jp/?p=155
『確定申告は早い目にやると、かなり親切に教えていただけます。』
http://kanata731.sakura.ne.jp/blog/403.html

長いですがよろしければご覧ください。

-----
税務調査の実態というのは税務署職員の口から漏れることはありませんので、発表された統計データと、調査を受けた人の体験談がもとになっています。
ですから、多分に憶測が入り込んで、話が大きくなったりしますが、「本当のところ」は「国税庁・税務署職員」以外は分かりません。(退職したら守秘義務がなくなり、話し放題になるわけでもありません。)

そのことを踏まえた「個人的見解」としてご覧ください。

>税務署は相続税の申告書が提出されると、すべての...続きを読む

Q賃貸住宅の構造のよしあし

今度引越しをしようと考えており、現在新しい賃貸住宅を探しております。これまで2度ほど引越し経験があり、もちろんそのたびに賃貸住宅を探してきたわけなんですが、どうしても、あの「建物の構造」が良く分かりません。やはり騒音はかなり気になるので、注意して探しているのですが、一度目の引越しのときは、「軽量『鉄骨』」造を「鉄筋」と勘違いして、マンション並の壁の厚さを期待していたら、隣のひとの部屋を歩く音に悩まされる始末でした。さすがに木造と鉄筋コンクリートほどの違いだったら私のようなドシロウトでもある程度の違いを予測することはできるのですが、構造の欄を見てもかなりたくさんの構造があるようですし、似たような構造の名前があって、違いがさっぱり分かりません。軽量鉄骨造があると思えば、重量鉄骨なんてのもありましたし、SRCとかARCとか、もういろいろで困惑しています。一応、なんとか言葉自体は調べたのですが、「引っ張る力に強い」とかなんとかで、実生活に結びつかない表現で何がよいのかよく分かりませんでした。

一体、賃貸住宅に使われている建物の構造、どんなものが存在して、その部屋で生活するのに対して(特に騒音)、どのような効果があるのか、ご存知の方がいらっしゃいましたらアドバイスお願いします。マンションやアパートのような集合住宅がターゲットです。

今度引越しをしようと考えており、現在新しい賃貸住宅を探しております。これまで2度ほど引越し経験があり、もちろんそのたびに賃貸住宅を探してきたわけなんですが、どうしても、あの「建物の構造」が良く分かりません。やはり騒音はかなり気になるので、注意して探しているのですが、一度目の引越しのときは、「軽量『鉄骨』」造を「鉄筋」と勘違いして、マンション並の壁の厚さを期待していたら、隣のひとの部屋を歩く音に悩まされる始末でした。さすがに木造と鉄筋コンクリートほどの違いだったら私のようなド...続きを読む

Aベストアンサー

私の経験から。ご参考になれば幸いです。
●選ぶ際のポイント
(1)音だけに関する構造上のこと(木造が構造上弱いということではありませんよ)。
木造→軽量鉄骨→重量鉄骨→鉄骨鉄筋コンクリート(あるいは鉄筋コンクリート:最近は鉄筋コンクリートだけで高層ビルが建ちます)の順で建物はしっかりしてきます。
(2)現物確認です。
音だけにこだわるなら、書類上で重量鉄骨以上から選択して、気に入った物件を実際に見てみる。ご自分の建物に対する(構造的な)基準を確固たるものにする為に、木造の物件も見てみることも薦めます。
(3)どこを見るか
建物全体の構造(造り)。歩いたり壁をたたいたりすると音に関する状況がわかるかと思います。部屋(と部屋)の配置。隣接部屋の間取り(壁に面して押し入れかあるいはリビングか等)。建物内の騒音源との位置関係(廊下・階段・エレベーター・駐車場等)。建物周辺の騒音源の確認(道路、鉄道、出入りの多いお店・・・)。
(4)その他
一般的には、分譲のほうがすぐれているケースが多いでしょう。ひとつの参考例ですが、音だけでお部屋選びするなら、ペアガラスで地下室つきの1階部屋を。過去にすんだことあります。湿気と地震、音対策なのでしょうか、分譲マンションの地下室は壁厚が通常(20センチ~25センチ)の2倍ありました。音楽が好きなので地下室付きを選びました。お隣の人に(我が家の)騒音気になりませんか、と尋ねましたが、聞こえないとの返事でした。また、地下室の上部はお隣のリビング(小さなお子さんいました)でしたが、まったく(何の音も)音は聞こえませんでした。
いずれにしても、上記は目安です。もし許されるのなら、お部屋探しを時間つぶしぐらいに思って探してみてください。そして、問題はあなたが気に入ったその物件がどうなのかです。

私の経験から。ご参考になれば幸いです。
●選ぶ際のポイント
(1)音だけに関する構造上のこと(木造が構造上弱いということではありませんよ)。
木造→軽量鉄骨→重量鉄骨→鉄骨鉄筋コンクリート(あるいは鉄筋コンクリート:最近は鉄筋コンクリートだけで高層ビルが建ちます)の順で建物はしっかりしてきます。
(2)現物確認です。
音だけにこだわるなら、書類上で重量鉄骨以上から選択して、気に入った物件を実際に見てみる。ご自分の建物に対する(構造的な)基準を確固たるものにする為に、木造の物件も見て...続きを読む

Q預金は税務署に分かるの?

今の時代、夫の貯金を下ろすのにも本人確認が厳しく、妻が勝手に下ろせません。
夫の退職金には、妻も権利がある!と言うふうに、私も夫も考えており、ある程度まとまったお金を私の預金にしたいと思っています。
しかし、現実には夫のお金であり、私には収入がないのですから、大金を私が預金したら贈与税とかかかるのでしょうか?
預金高は全部税務署に筒抜けよ、って友人は言いますがそうなのでしょうか?

Aベストアンサー

ご質問の本題に対する回答を言い忘れていました。
そのようなご質問は要するに法律に反してもばれないのかというご質問なので、不謹慎な話ですが、簡単に言うと、税務署はいちいち個人の口座のチェックはしていません。でも、税務署は必要であればいつでも詳細に調べる権限が法律により与えられています。

つまりいつでも知ることの出来る状態にあり、気が向けばいつでも調べられるということです。徴税のための仕組みは非常に強力で、プライバシーなどは一切ありません。これは憲法で定めた「公共の福祉」のために必要だから、個人の権利に優先しています。

Q小規模な木造住宅(四号物件)のべた基礎について、RC構造仕様規定は該当

小規模な木造住宅(四号物件)のべた基礎について、RC構造仕様規定は該当しますか?
令第71条第2項の規模を超える木造住宅(木造2階建て述べ100m2くらい)のべた基礎は、
定着なんかも含めて全部該当しますか?
たまに主筋ぶつ切りの現場がありますが、法的にはよいのでしょうか?

Aベストアンサー

【壁構造配筋指針】間違った回答?

正しくは【小規模建築物基礎設計指針】だと思います。
http://pub.maruzen.co.jp/shop/9784818905740.html

「2008木造軸組工法の許容応力度計算」をお持ちなら、P137の「解説」に
**********************
本節の内容の大半は、日本建築学会「小規模建築物基礎設計指針2008年版」を
参考としている。
詳しい内容については、「小規模建築物基礎設計指針2008年版」を参照して頂きたい。
**********************
と書いてあります。

木造軸組工法の許容応力度計算と小規模建築物基礎設計指針とは
固定端かピン端か、少し解釈が違っているようですが、どちらを採用しても良いと思います。

木造軸組工法の許容応力度計算は、基本的に3階建て仕様として扱われている為、
2階建ての基礎では、フック付きで無くても検査は通るようです。

ベタ基礎も、本来のRC構造仕様規定でみると、シングル配筋では、危険となりますが
2階建てのベタ基礎で、ダブル配筋をしている物件は、見た事がありません。
(旧住宅金融公庫仕様が、残っている?)

財団法人 日本住宅・木材技術センターの標準納まり図も、参考にしてください。

基礎断面図では、フック付きになっています。
ベタ基礎は、シングル配筋とダブル配筋と、2種類掲載されています。
http://www.howtec.or.jp/joho/syuppan/osamarimihon.pdf

今まで通り安全側を見て、2階建て住宅でも、フック付き(標準納まり図)の方が
良いと思いますが・・・

参考URL:http://pub.maruzen.co.jp/shop/9784818905740.html

【壁構造配筋指針】間違った回答?

正しくは【小規模建築物基礎設計指針】だと思います。
http://pub.maruzen.co.jp/shop/9784818905740.html

「2008木造軸組工法の許容応力度計算」をお持ちなら、P137の「解説」に
**********************
本節の内容の大半は、日本建築学会「小規模建築物基礎設計指針2008年版」を
参考としている。
詳しい内容については、「小規模建築物基礎設計指針2008年版」を参照して頂きたい。
**********************
と書いてあります。

木造軸組工法の許容応力度計算と小規模...続きを読む

Q小さい子供へ贈与したお金で作った子供名義の預金は、子供の預金と認められでしょか?

小さい子供への贈与について税務署の電話相談を行いましたが、担当者によって全く異なった回答がありましたので、どちらが正しいかご存じの方がおりましたら、教えて下さい。
今まで簡単な贈与契約書を作成し、何年か非課税の範囲で子供(現在7歳)に贈与を行い、子供名義で印鑑も別にして銀行に定期預金を作成してきました。
しかし、その銀行が少し危ないようで、自分もその銀行に預金はあります。もし、破綻したときに子供の預金を借名預金とみなされると、個別には保護されず自分の預金と合算されてしまうようです。
そのため、借名預金でなく、贈与されたことによる子供の預金と認めてもらうことが必要です。
しかし、小さい子供にお金を贈与した場合に一番に問題となることは、子供が管理できないため親が管理しなければならないことですが、民法824条では親が未成年の子供の財産を管理する権利を認めています。
税務署への電話相談を行った結果、最初の担当者は民法で認めてあるので、親が管理していても贈与された子供の預金と判断するとのことでした。
その後、贈与契約書の作成方法に問題なかったかを確認するため再度電話しましたら、次の担当者は、子供が自分で管理できない場合には贈与として認められない。民法で定めてあっても、小さい場合には実際に子供が管理できなく実態で判断するため、贈与されたことによる子供の預金と判断することは難しいとのことでした。
結局どちらが、正しいのでしょうか?

小さい子供への贈与について税務署の電話相談を行いましたが、担当者によって全く異なった回答がありましたので、どちらが正しいかご存じの方がおりましたら、教えて下さい。
今まで簡単な贈与契約書を作成し、何年か非課税の範囲で子供(現在7歳)に贈与を行い、子供名義で印鑑も別にして銀行に定期預金を作成してきました。
しかし、その銀行が少し危ないようで、自分もその銀行に預金はあります。もし、破綻したときに子供の預金を借名預金とみなされると、個別には保護されず自分の預金と合算されてしまう...続きを読む

Aベストアンサー

ここで「どちらが正しいか」と質問するよりも、税務署に、担当者によって回答を変えるなと文句を言ったほうが良いと思います。

どんなに専門家がこれが正しいと主張しても「税務職員」には勝てません。

相手の部署氏名を必ず聞いて記録しておくことですね。

私なら、基礎控除を少し超えた金額を贈与して、贈与税を払っておきます。
 111万円贈与でも、納める金額は千円です。

貴方が贈与してる金額レベルが違ったら、申し訳ない。

Q住宅の構造とメーカーについて

近い将来住宅を建てようと考えていますが、住宅の構造について良点、欠点がわかりません。
住宅の展示場に行っても、それぞれのメーカーさんがそれぞれに説明なさるので、どのように選んでよいか迷うばかりです。
私の選定基準としては、基本性能の良さ、一年を通して快適に過ごすための居住空間、耐久性が優れているもの。
お分かりになる方、今後の住宅メーカーさんのお話を聞くためのアドバイスとして、いろいろ意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

住宅の構造は、一般住宅とプレハブに分かれて、更に、
一般住宅には、木造軸組工法・ツーバーフォー・鉄筋コンクリート住宅などがあり、プレハブには、鉄骨系住宅・コンクリート住宅・ユニット住宅・木質系住宅等があります。

参考urlをご覧ください、各々の特徴が書かれています。

こちらも参考になります。ttp://allabout.co.jp/house/longlifehouse/subject/msub_cate33.htm

http://www.iezukuri-net.com/ieznews/iezukuri_cont_b02.html

http://sumai.nikkei.co.jp/house/approach/komuten.cfm

参考URL:http://www.housing-messe.com/base/koho/index.html

Q妻が相続したお金を夫名義の住宅ローンに充てたい

 2年ほど前に私の父が他界。遺産分割協議を経て、近く現金が(数百万ですが)入ります。これを現在私ども夫婦が居住するマンションのローン返済の一部に充てたいと考えています。ローンの主契約者は主人で連帯債務者はおりません。マンションの所有名義も主人です。
 質問ですが、妻が相続したお金を夫名義のローン返済に充てた場合、やはり例え夫婦間でも税が発生するのでしょうか。それは贈与税でしょうか。そうであったらどの位の額になるのか、また、減税対策など、詳しい方がいらっしゃいましたらどうぞお知らせ下さい。
 (なお、関係のないことかもしれませんが、平成6年の購入当時から生計を立てるため私も職に就き収入があります。)

Aベストアンサー

この種のご質問は、年齢その他の情報をもう少し詳しく明かさないと、的確な回答が得られません。

あなた方が、ご結婚後 20年を経ているなら、贈与税を払う必要はありません。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/4452.htm

そんな年寄りでないと言われるなら、やはり今後の持ち分に合わせて登記変更を行うことでしょう。
登記変更もお金がかかりますから、贈与税とどちらが安く済むか、天秤にかけてみてください。

ちなみに、500万を一度に贈与すれば、
(500 - 110)×30% - 65 = 52 万
の贈与税になります。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/4408.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/index2.htm

Q住宅の構造・工法を勉強するための本

家選びの参考にしたいのですが、
一般住宅の構造についてわかり易く説明した良書はありませんか?
例えば木造軸組工法・2X4・鉄骨造・プレハブ住宅等の代表的なもので構いません。
本屋で探してみましたがありませんでした。
当方、在来工法と2X4の違いがやっとわかるくらいのレベルです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

エクスナレッジムック 木造住宅〈私家版〉仕様書 販売価:\2,800(税別)
はいかがでしょうか、日本の伝統的構法について非常に詳しく書かれています。

また、同じ著者の
「木組の家」に住みたい! 松井 郁夫 著 彰国社 版1,600円
2×4等と伝統構法の比較や、具体例(実際に建てた家の間取り、価格)が出ていて参考になると思います。

ただ、どちらの本も日本の伝統的構法に比重をおき、ところどころで他の構法と比較するような形式です。
ですから特に伝統的構法で家を建てようという方にお勧めな本と言えるかもしれません。

参考URL:http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4767801729.html

Q住宅ローン返済に充てるお金に贈与税はかかる?

親が定期預金が満期になる500万円を譲ってくれると言っています。
そのまま預金してしまっては贈与税がかかりますので、
私はそのお金を住宅ローンの繰上げ返済に充てたいと思っています。
この場合、贈与税がかからないといわれている「生活費」とみなされるのでしょうか?
親は61歳 私は37歳 ローン残額は2000万円です。

詳しい方のご意見をおきかせください。

Aベストアンサー

あと4年待って
http://www.mof.go.jp/jouhou/syuzei/pan1504-1/01.htm
こんなのでどうでしょう?


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報