人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

私は5年間病院にて勤務していましたが仕事の内容、何も成長していない自分に対して嫌気がさし、またかねてから海外で生活してみたいという思いもあり今年の3月で仕事を辞めました。

海外に行き、将来的には英語を行かせる仕事をし、できれば今まで学んできた医療の知識を生かせる職場で働きたいと思っています。
行き先はオーストラリアを考えています。ワーキングホリデーで行き、最初の3ヶ月は語学学校に通い、その後は病院あるいは医療関係の施設などで働けたら・・と考えています。

ワーホリに関する資料を色々調べてみたところ
医療通訳があるということを知りました。現地の病院に受診に来た日本人の方のためにドクターとのやり取りを通訳するという仕事みたいなのですが、どれくらいの英語力が必要なのか、ホントにワーホリメーカーで雇ってくれるのか・・・?(ちなみに英検準2級は持ってます)
ワーホリじゃ英語力の向上は望めないという話も聞きますし、海外に行きたい気持ちは強くあるのですが、帰国後の生活にも多少不安を感じてます。行くからには何か得るものをもって、スキルを身につけて帰国したいと思ってます。

どなたか現地の病院情報に詳しい方、医療関係者の方で留学されたことのあるかたなどみなさんの意見、情報提供おまちしてますm(_ _)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

オーストラリアで医療通訳をするには翻訳資格が必要みたいです。


(ボランティアでなんらかの医療通訳ができるか等は不明です)

ただし、ワーホリでいける国には医療通訳をするのに資格を必要としない国もあるかもしれません。(また別の基準があるかもしれないですが)ですから、イギリスとか他の国の事情も試しにインターネットや資料で調べてみてはどうでしょう。

参考URL:http://www.study.australia.or.jp/translation.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
ご紹介いただいたサイト大変参考になりました(´∀`)
絶対にオーストラリア!ワーキングホリデー!と決め込んでいたので視野が狭く、また情収集量も少なかったんだと思います。
海外で何をやりたいかということも含め、広い視野をもって自分に合った国、留学スタイルを考えていきたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/05/15 01:31

オーストラリア在住ではありませんが、アメリカで医学生物系の大学院を出ており、日本人患者が多いクリニックで働いたり、ボランティア団体で日本から来られる医師や看護士さんたちの通訳をした経験があります。



>どれくらいの英語力が必要なのか

看護士などの医療従事者免許をお持ちであったとしても、病名や身体の各部位のラテン語名を1年以上特訓しなければ通訳は難しいでしょう。薬品名も日本とは違いますしね。

日本の医学部でラテン名をたたきこまれる医師でも、すぐには役に立たないのじゃないかと思います。
日常会話がスラスラできる英語力が必須ですから。
このレベルの会話力が身につくのは、真面目に勉強しても3年以上必要なので、英検準2級では到底無理でしょう。

たとえば、しくしく痛い、きりきり痛い、頭が重いなどを即座に英語にできますか?
ラテン語名と一般名の病気の名前をどのくらい知っていますか?
通訳を間違えると患者は死ぬかもしれませんよ。そこまでの医学知識と英語力がありますか?

また運良く雇ってくれるところが見つかったとしても、ワーホリは3ヶ月以上は同じ場所では働けないはずです。3ヶ月ではスキルにはなりません。
無給ボランティアとしてなら働けるかもしれませんが、それでも英語ができない日本人ができるのは補助・雑用などで、スキルになるような仕事にはありつけない可能性が高いです。

ワーホリというのは、文字通り「ホリデー」で、手の足りない短期農場労働などを助けて欲しいというのがオーストラリア政府の本音ですよ。
スキルを身につけたいのであれば、専門学校か大学へ留学すべきです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
ワーキングホリデーはあくまでも「ホリデー」なんですね・・・。
私は英語の習得、海外での生活に対する情報収集が全然できていなかった、甘く考えすぎていたかも知れません。
もう一度自分の進路についてよく考えていきたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/05/14 22:12

無駄にした5年を取り戻すつもりで必死で5年頑張るなら大丈夫でしょう。


「最初の3ヶ月は語学学校に通い、その後は病院あるいは医療関係の施設などで働けたら」は100%無理です。
ビザ的な問題もありますが、英語環境で仕事をするには最低5年は掛かります。2,3年の留学で仕事している人もいますが、それはあくまでも日本語環境で英語を使う仕事です。
仕事である以上、あなたの英語力を気にしながら話してくれる人など居ません。
一度短期留学でもして、英検1級であろうがTOEFL何点取ろうが現場では何の役にも立たないことを実感してから進路を考えてはいかが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
やはりワーキングホリデービザを使って英語をモノにしようなんてあり得ないことなんですね・・。
私は海外生活に対する考えが甘すぎたと思います。
もう一度情報収集をし、無駄にした5年間を取り戻すために自分にとって最適な方法を探していきたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/05/14 22:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマンダリンとは中国語のことですか?

マンダリンとは、中国語のことでしょうか?
中国語にも色々あると思うのですが、広東語など、どの地域の言語のことでしょうか?

Aベストアンサー

みなさん答えているようですが、わたくしも。

 まず、マンダリン(mandarin)はポルトガル語から英語に入りました。もとは、マレー語で「官吏」を表す語です。
さらに語原を遡れば、サンスクリット語のmantrii(顧問、高級官吏の意)の俗語形に由来します。
 これが、アジアにやってきた西洋人が中国人官僚を指す語になったようです。

よって、マンダリンは、役人が用いる標準中国語です。

 中国語には大きく7つの方言に分かれます。
その最大手が、北方方言で、これが「官話方言」とも呼ばれます。まさに、マンダリン(役人の言葉)です。

 北の方以外にも、南京や四川省まで官話方言の地域ですので、官話方言はさらにいくつかの方言に下位分類できます。しかし、明清時代より首都が「北京」でしたので、やはり「北京語」が最有力となります。

 ただし、日本語で東京弁と標準語が若干異なるように、
標準中国語(中国で普通話と呼ぶ)と北京語はやや異なります。標準中国語(普通話)は、音韻は北京語を元にし、官話方言のなかの標準的な語彙、近現代の文学者が標準に用いる語彙・文法を採用したものです。

 この普通話や、それに近い標準的な中国語は、世界中の華人の共通語になっています。

 華僑などでは、この標準中国語を「華語」、また単に「北京語」と呼ぶことが多く、台湾では、中華民国の公用語ですので、「国語」と呼んでいます。

 この標準中国語を、現在でも欧米人は「官話」すなわち「マンダリン」と呼んでいます。
 当然、この場合の官話(マンダリン)は、上記の説明の「官話方言」より狭い意味です。

 なお、マンダリン・オレンジうんぬんは、語原が逆です。中国官吏が赤茶色の服を着ていたので、西洋人が、アジア産のミカンの品種を「マンダリン・オレンジ」と呼んだものです。

みなさん答えているようですが、わたくしも。

 まず、マンダリン(mandarin)はポルトガル語から英語に入りました。もとは、マレー語で「官吏」を表す語です。
さらに語原を遡れば、サンスクリット語のmantrii(顧問、高級官吏の意)の俗語形に由来します。
 これが、アジアにやってきた西洋人が中国人官僚を指す語になったようです。

よって、マンダリンは、役人が用いる標準中国語です。

 中国語には大きく7つの方言に分かれます。
その最大手が、北方方言で、これが「官話方言」とも呼ばれます。ま...続きを読む

Q「時間が経つのは早い」

いつもお世話になっています。タイトル通りなのですが、「時間が経つのが早い」は英語でなんていいますか?
「Time goes by is very fast」でいいのでしょうか??

Aベストアンサー

Gです。 こんにちは、暖かい日が続いていますね.

Time goes by (too/very/so) fast.
Time flies (too/very/so fast).

年を取ってくると、No wonder we get old so fast!なんて言う人もいますね. 同じ、時が経つのが早い、と言うフィーリングですね.

この「時間が飛んでいってしまう!」と言う言い方はよく使われますね.

ですから、モチベーションでは、You don't have one year but you have ONLY one year!!と言って、時間とは過ぎ去るのが早いもんだ、と言う事をいさめているんですね. だから、毎日を大切にいきなさいと言う事にもなるわけです. 

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。

QWould you like~?とWould you~?の違いは

相手に何かをお願いするときに、
Would you like~?
Would you~?
と両方の言い方があると思うのですが、likeをつけるかつけないかはどのように判断するのでしょうか?
また意味はどう変わるのでしょうか?

Aベストアンサー

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。

Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。例:
Would you like another cup of tea?「もう一杯紅茶如何ですか?」
Would you like going on a picnic?「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」
Would you like to go on a picnic?「同上」(このto不定詞は名詞的用法)

ご参考になりましたでしょうか。

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め...続きを読む

Q留学帰国後、日本にいるのが苦しい

現在大学4年生で、在学中に1年ほどの留学を英語圏でした者です。
もう帰国して1年半以上たつのですが、今だに、いわゆる"センターカルチャーショック"の中にいて、抜け出せません。
日本にいるのが苦しいのは、あちらでできた彼氏と遠距離中であるということも理由の1つだと思うのですが、留学中、毎日があまりにも充実していたため、帰国後はそのギャップで、魂が抜けてしまったように、何もする気がおきないんです。

ただただ戻りたいという気持ちが強く、卒業後戻ることも考えましたが、親の反対や、就職云々の問題で最低1年は日本で働くことになりました。

帰国後には日本において、日本のいやなところばかりが目につくようになってしまいました。たとえば電車に乗るのがものすごいストレスに。
・(混んでいる)電車に乗るのが苦痛でしかたありません。知らないおじさんとかと体をくっつけぎゅうぎゅう状態になるのが嫌。(もちろん文句を言っても、しょうがないこととは承知しています。日本のサラリーマンは本当に毎日すごいとも思います。)
・都心に出るまで電車で約1時間弱なのですが、近場でも出かける気がおこりません。ちなみに、小学校から電車通学をしているのですが、こう感じるようになったのは帰国後からです。
・思いやりのない人や余裕のない人にすごくイライラする。
たとえば、ぶつかったり、混んでる電車の中などでちょっとぶつかっただけで舌打ちしたりする人。ぶつかっても謝れない人など。電車の中で、どうしてこんなにも心が狭いんだろうと、泣きそうになったことがあります。

留学中は、Social Butterflyと言われるほど、本当にいろいろな場所に出かけ、毎日が充実していました。自分がそこまでアクティブだとは思っていなかったので、自分でも驚いたほどです。また、海外では1人でも常に新しいことに挑戦し、少しの問題が起こっても、ポジティブ思考で、楽に乗り越えられました。
しかし、帰国後は、小さなまだ起こるかもわからないことに気をもみ、常に焦燥感や不安感があります。
どうしてこんなに違うんだろうと思い、なぜ自分が生まれた日本でそこまで人生を楽しむことができないんだろう、とこんな自分に嫌気がさして涙がでてくるときも多々あります。

留学中のことを思い出すと、胸が熱く、ここ(日本)から早く抜け出したい!戻りたい!と叫びたくなるようなときもあります。

こんな私はおかしいでしょうか??
同じような経験をされた方いますか??

本気で悩んでいます。私はノイローゼや鬱病などなのでしょうか!?

現在大学4年生で、在学中に1年ほどの留学を英語圏でした者です。
もう帰国して1年半以上たつのですが、今だに、いわゆる"センターカルチャーショック"の中にいて、抜け出せません。
日本にいるのが苦しいのは、あちらでできた彼氏と遠距離中であるということも理由の1つだと思うのですが、留学中、毎日があまりにも充実していたため、帰国後はそのギャップで、魂が抜けてしまったように、何もする気がおきないんです。

ただただ戻りたいという気持ちが強く、卒業後戻ることも考えましたが、親の反対や、...続きを読む

Aベストアンサー

私は結婚を機に海外で生活しており、今年で13年目を迎えました。

shaoshaotさんにとって、留学期間の1年間があまりにも充実していたために、日本とのギャップを感じるのは当然だと思います。
(私も日本に帰国すると、まずガリバー現象が起こります・・・この道ってこんなに狭かったっけ?って)

留学中は、常に新しいことに挑戦してポジティブに受け止めていける自分がいた、そんな自分が大好きだったのではありませんか?そしてその時を共に過ごした大切なBoy Friend、友人たちとも遠く離れているから、寂しさや不安が出てくるのはおさらですよね。

日本を好きになれない、そんな自分に嫌気がさす・・・全然おかしいことではないと思います。shaoshaotさんはとてもまじめな方なのでは?だから考えれば考えるほど、日本も、そして自分自身をも嫌いになってしまう。自分の生まれた国だからと無理やり好きにならなくてもいいと思います。好きにならずとも、感謝していけるようにしてみてはどうでしょうか?日本人として生まれたことで、きちんと教育もうけられた、そして海外で充実した生活をおくれるほどの英語力もつけられた、そんな教育環境が整っている国で生まれ育ったことに感謝する。
感謝できるようになれば、もっと前向きになれます。前向きになれば、
今いる場所でできることが見えてきます。日本でしか学べないことが必ず見えてきます。日本で仕事をすることは、海外に出たときに、けっして無駄にはならないですよ。日本では新卒が優遇されますが、海外では職歴がないと信用されません。仕事をしながら学校に学ぶこともできる(私も日本で働いていた時、いつも学校に通っていました。その時に出会った先生方に海外への目を開かせていただいたんです)

海外が恋しい、今すぐ戻りたい!その気持ちに罪悪感を持つ必要もないし、大切にしてください。今の自分の気持ちを責めず、それこそ私って、本当に海外が大好きなんだな、将来必ず大好きな海外に行くぞ!って決意しましょうよ。焦ったら逆に失敗します。後悔します。自分の将来・夢・人生にしっかり目をむけることが今の悩みを解決できる何よりの方法だと思います。より明確に具体的に自分の人生設計をして、ご両親にも本当に信頼していただいて、海外に送り出してもらえるよう努力してみましょうよ。
ご両親にしてみれば、大切な愛娘が海外でなにかあったらと本当に心配されてるのだと思いますよ(私も2人の子を育てる親なのでわかります)絶対に大丈夫だという保障がないですし、見守る側の切ない気持ちを受け止めることも大切です。

私は、海外で生活して日本の良い所をたくさん教えてもらいました。日本人でよかったと心から思っています。でも、それは最初の半年で大嫌いになったこの国を心から好きになれたからなんです。子供たちはこちらで生まれましたが、自分たちは日本人だと言っています。日本には2・3回しか行ったことがないのに・・・(笑)

shaoshaotさん、がんばってくださいね。応援しています。
自分は近い将来、必ず海外にでれる!って、自分の夢を信じて。人や周りではなく、大好きな自分をみつめて前に進んでいってください。

私は結婚を機に海外で生活しており、今年で13年目を迎えました。

shaoshaotさんにとって、留学期間の1年間があまりにも充実していたために、日本とのギャップを感じるのは当然だと思います。
(私も日本に帰国すると、まずガリバー現象が起こります・・・この道ってこんなに狭かったっけ?って)

留学中は、常に新しいことに挑戦してポジティブに受け止めていける自分がいた、そんな自分が大好きだったのではありませんか?そしてその時を共に過ごした大切なBoy Friend、友人たちとも遠く離れているから、...続きを読む


人気Q&Aランキング