【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

健康面に問題があり、3月末から生活保護を受給しています。
オーストラリアにワーキングホリデーで行こうと思っているのですが、止むを得ず受給に至りました。

年齢的に今年が申請の最後のチャンスなのですが、生活保護受給中でもビザの申請は通るものでしょうか?
私としては、誕生月の前に生活保護を止めてから申請しようと思ってるのですが、そちらの方がいいのでしょうが?
またその際問題などないでしょうか?
ワーキングホリデー経験者は生活保護の対象外ということまでは調べて分かったことなのですが、この逆のパターンがわかりません。

あまり例のないことかもしれませんが、前々から準備していたので、わかる方お願いします。
中傷はご遠慮ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

日本政府から生活保護を受けているかいないかは、オーストラリア政府にはわかりませんから、ビザの申請に関して生活保護受給中であること自体は問題にはならないと思います。



ただし、ワーキングホリデービザの申請には、オーストラリアドルで5000ドル分の銀行残高証明書とビザの申請料が必要なので、それだけのお金を用意できないと、そもそもビザは申請できません。

それから、ビザの発給条件の一つに健康であることというのがあって、ビザの申請書で、オーストラリア入国後にお医者さんにかかる必要があるかどうかを聞いてきますから、そこで、医療費がかさむようだとビザはおりないかと思います。

この回答への補足

オーストラリアは現行残高証明は不要です。

補足日時:2014/04/23 16:25
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ビザ申請に必要なお金は420豪ドルです。(2013年9月現在)
http://www.wavenetwork.com.au/visa/wh.html
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2014/04/23 16:22

#1です。


何か脱線コメントのみになってしまって何なので。

批判でなく単なる懸念ですが、
私はワーホリしたことないのですが、聞くところによると、皆さんそれなりに資金を用意してから行くとのこと。
現地で働けると言ってもそれだけでは足りないからでしょう。そのあたりの蓄えはどうなんでしょう。大丈夫なのでしょうか。

まあ、以前から行きたいと思っていたなら、一般にどのくらい費用がかかるのか、考えてらっしゃるとは思いますが・・・。
(業者に依頼する料金という意味ではないですよ、自力で手続きするとしても)

オーストラリアのワーホリビザには預金残高証明は要らないそうですし、生活保護を受けているのがどうかはオーストラリア政府が知ったことではないんじゃないかと思います。日本政府が許可したり判断するわけではないので。

ちなみに今までもし働いていらっしゃったなら、前年の収入に対して課税される住民税はどうか・・・・・もし収入が無かったならあまり問題ないかもしれませんが。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4054245.html
http://www.city.bunkyo.lg.jp/sosiki_busyo_zeimu_ …
(てきとうに検索して拾ってきただけです)

ビザ申請する過程でどういう項目が必要なのか分かりませんけれども。健康診断は不要だけど、場合によっては受診するように指示されるそうですね。でも胸部X線撮影とかなのかな?
オーストラリア当局から出される条件をクリアできればビザが下りるんだろうと思います。

健康状態は大丈夫でしょうか?
持病があると海外旅行障害保険の加入にも影響します。

現地で病院に通う必要はあるのかどうか。
また、現地の生活に耐えられるでしょうか。身体の病気か精神的なものか分かりませんが、日本で暮らすよりストレスがかかる可能性がありますよね。悪化する心配はないのでしょうか。

(ストレスというのは心の悩みみたいなことだけでなく、気候の違いなども外的なストレス要因になりえます)
http://www.n-seiryo.ac.jp/~usui/day/kinou/2002/s …

病気についてはプライベートなことなのでここで細かく答えてくださらなくて結構ですが、ビザが下りるとしても、現地での生活についてどういった注意や準備が必要なのか、調べておく必要があるんじゃないかと思います。

参考URL:http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcsafetymeasur …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お気遣いありがとうございます。
#1についてのソースは見失ってしまいました。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2014/04/21 16:38

>ワーキングホリデー経験者は生活保護の対象外ということまでは調べて分かったことなのですが、



それは無いんじゃないかと思いますが。
どこかにそういう法律が書いてあったのですか?
あったなら情報源を載せていただけると分かりやすいです。

ワーキングホリデーで日本に来ている外国人は生活保護の申請対象外、ということではないのでしょうか??
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生活保護を受けていても、海外旅行していい、というのは、本当ですか?

生活保護を受けていても、海外旅行していい、というのは、本当ですか?
ほかの質問コーナーで、在日が書いた回答を見て驚いたんですが?
海外滞在中も、生活保護費を減額されないなんて!
海外旅行できるほど財産がある人に、生活保護を支給する意味はなんですか?
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail.php?qid=1343275968

Aベストアンサー

>生活保護を受けていても、海外旅行していい、というのは、本当ですか?

本当ですよ。
大阪では、20人に1人が生活保護を受けています。
4月に中国から残留孤児名目で移住してきた一族約30人も、6月には生活保護が決まりました。
生活保護が欲しい方は、大阪へ移住してください。審査が一番緩いの役所です。(笑)
私の近所に住んでいる世帯も、年に2回ほど海外旅行に出かけています。
また、中古?かもしれませんがベンツのAクラスに乗っています。

>海外旅行できるほど財産がある人に、生活保護を支給する意味はなんですか?

意図的に年金を納付しなかったので、国民年金受給が出来なくて、生活保護を受けている老人が各地で裁判を起こしています。
この裁判での主張が「意味」でしよう。(理解不能ですが、社民・共産・民主は応援中)
「憲法は、健康で文化的な最低限の生活を保障している。何もしなくて1日を過ごすのが最低限の生活ではない。週に1回はお芝居・カラオケに行き、月に数回は温泉旅行に行き、年に数回は海外旅行に行く事が、憲法で保障した最低限の生活だ。現在の月額135000円では、全く足りない。憲法違反だ!」
(各地の裁判での原告主張は色々変わりますが、趣旨は同じです。余談ですが、国民年金の月額は65000円です。年金制度の崩壊を、物語っていますね)

「生活保護受給でも、受給額を貯金にまわしても良いのか?」との最高裁判決は、合法でしたよ。
この国では「働かざる者、食うべからず」でなく、「働くものは、損をする」国なんですね。

>生活保護を受けていても、海外旅行していい、というのは、本当ですか?

本当ですよ。
大阪では、20人に1人が生活保護を受けています。
4月に中国から残留孤児名目で移住してきた一族約30人も、6月には生活保護が決まりました。
生活保護が欲しい方は、大阪へ移住してください。審査が一番緩いの役所です。(笑)
私の近所に住んでいる世帯も、年に2回ほど海外旅行に出かけています。
また、中古?かもしれませんがベンツのAクラスに乗っています。

>海外旅行できるほど財産がある人に、生活保護を支...続きを読む


人気Q&Aランキング