マンガでよめる痔のこと・薬のこと

今月の末に大学病院で慢性副鼻腔炎の内視鏡手術を受けることになりました。
先生からは全身麻酔で行うというように言われたのですが、全身麻酔について調べると恐ろしく思えてきました。
痛みは我慢しようと思うのですが、慢性副鼻腔炎の内視鏡手術は、局部麻酔で行うことはできないものでしょうか?
後日先生と相談してみようとは思うのですが。

医者の先生から全身麻酔と言われたけれど、患者の意思で局部麻酔で行うという選択はできるのでしょうか?
専門医の方、同じような経験をお持ちの方、ご意見いただけると嬉しいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

アレルーギー性鼻炎、慢性副鼻腔炎、嗅覚障害でポリープ除去手術を2回行っています。

2回とも全身麻酔でした。私の場合は1回目は何も知らず全身麻酔で、2回目は先生の意見と一致して、全身麻酔でした。2回目の手術前のインフォームドコンセントで今回の手術は全身麻酔の方が良いとの説明を受けて納得して行いました。

全身麻酔に関しての恐怖と疑問を素直に先生にぶつければ良いと思います。

>慢性副鼻腔炎の内視鏡手術は、局部麻酔で行うことはできないものでしょうか?

できますよ。これって、上顎洞穿刺のことですか?

>患者の意思で局部麻酔で行うという選択はできるのでしょうか?

できますよ。

局部麻酔のメリット、デメリットを先生に良く聞いてみると良いと思います。

ちなみに、私の場合、1回目は気持ち良く麻酔から覚めましたが、2回目は、もうこのまま死ぬのではと思ったくらい目覚めは苦しかったです。

この手術は術後の処置が非常に大切だそうです。私は1回目の手術を甘く見てしまって、手術後は2週間しか薬を飲みませんでした。このような訳もあって、三年後、2回目を行いましたが、治療経過は芳しくなく、現在も治療を継続中です。

先生の話は良く聞くと同時に少しでも疑問があったら遠慮無く質問するべきと考えますし、後は先生に全てを任せるだけです。

 頑張ってください。お大事に。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
上顎洞穿刺というものがどういったものかはよくわかりませんが、診断では、歯性上顎洞炎や慢性副鼻腔炎や鼻茸と呼ばれています。
レントゲンで、顔の片側が白く映っているようで、それを改善する手術のようです。
これって上顎洞穿刺に当たるのしょうか?

補足日時:2006/06/04 02:12
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q副鼻腔炎の診察のために、CTをされ高額になりました

昨日、副鼻腔炎のため、新しくできた内科に行きました。詳しい説明なく、CTを撮りましょうと言われました。
結局、画像をみて、副鼻腔に膿が溜まっていて、三日分の薬とすぐに耳鼻科に行ってくださいと言われました。
請求代金にびっくりしました。画像診断 450点、画像CT撮影 900点、初診料を含めて5060円請求されました。
頭部のレントゲンなら85点だと思います。レントゲンで十分だったと思います。
きちんとした説明もなく、高額なことをしていいのでしょうか?

Aベストアンサー

例えば前から繰り返しているので副鼻腔炎の可能性が高いとおもったのなら耳鼻科に行くべきでしたね。いきなりCTを撮るよりはまずは抗生剤を投与して様子を見たのではないかと思います。しかし、頭部に強い痛みがあり、原因を調べて欲しいということで内科を受診すれば、副鼻腔炎の鑑別診断の意味も含めてCTを撮ると思います。腫瘍などの可能性も否定できないですから。副鼻腔炎も腫瘍も単純レントゲンでは診断できません。もちろん、説明は当然あるべきでしたね。

Q蓄膿症の内視鏡手術ってどうですか?

こんにちわ。
3ヶ月ほど前から耳鼻科に通っています。
初診時にこれは手術しか直らないといわれました。
蓄膿と鼻たけだそうです。左の鼻だけです。
それで飲み薬と通院時の蒸気の薬を吸い込む治療をしています。いつになったら手術するのかと思い、先生に尋ねたところ「いつでもいいよ」とのことでした。わたしとしては「じゃぁいままでのは何??」という思いです。病院が売り上げ増のため通院させせていたととらえてしまいます。それでもう手術しようと思ったのですがそこの病院では従来の歯肉を切り開く方法しかありません。自分なりに調べたところ今は内視鏡手術というほうほうがあることをしりました。この手術方法はどうなのでしょうか?デメリットというかしないほうがいいという意見はありますか?
ちなみに私は兵庫県で岡山医大が良いと聞きそちらにいこうかと思っています。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

No.2の方の記述に少々誤解を招きやすい点がありますので解説がてら追加の書き込みをします。

「ドリルのようなもので」とありますが、長細いそれが「硬性鏡」と呼ばれる内視鏡そのものです。それでのぞきながら長細いはさみや吸引管を入れて手術を進めていきます。ドリルを使う場合は骨を削る場合で(蝶形骨とか頭蓋底の骨とか)鼻茸、粘膜を切り取る場合はまず使うことはありません。

「粘膜を掻き取るので痛い」とありますが、通常ここまでやるときは全身麻酔で行うと思います。従って麻酔から覚めてから痛いのならわかりますが手術中に痛い、というのはイメージできません。

「鼻腔の奥の頭蓋骨の薄い所に穴があいてしまい脳髄液が流出し」と、ありますが、通常脳はくも膜、硬膜をかぶっており骨に穴が空いても髄液が漏れることはありません。ですので、髄液漏がおきたということは元々髄液腔への交通があったか、もしくは骨から硬膜、くも膜を突き抜けてしまうほどのよほどのへまをやったか、のどちらかが考えられます。髄液漏が起こるほどの手術を局所麻酔でやったとはとても考えられないのですが、、、、

「突発事故はありうるので総合病院での手術をお勧めします。」とのことですが、総合病院だからといって症例が多く手術手技になれているとは限りません。よく聞く話だと思いますが、「大学病院の方が簡単な手術は若手にさせるので下手」なんてこともあります。

以上参考まで。

No.2の方の記述に少々誤解を招きやすい点がありますので解説がてら追加の書き込みをします。

「ドリルのようなもので」とありますが、長細いそれが「硬性鏡」と呼ばれる内視鏡そのものです。それでのぞきながら長細いはさみや吸引管を入れて手術を進めていきます。ドリルを使う場合は骨を削る場合で(蝶形骨とか頭蓋底の骨とか)鼻茸、粘膜を切り取る場合はまず使うことはありません。

「粘膜を掻き取るので痛い」とありますが、通常ここまでやるときは全身麻酔で行うと思います。従って麻酔から覚めてから...続きを読む

Q副鼻腔炎の内視鏡手術ができない

妻が夜中に目を覚まして眠れないほどの激痛があり、
頭痛や、歯茎の痛みなどを訴えていたので、

・脳神経外科
・耳鼻咽喉科
・歯科
・内科(風邪をひいたため)
・口腔外科
・耳鼻咽喉科

とここ2週間で様々な診察をうけ、最終的に紹介された総合病院で、
「副鼻腔炎」と原因がはっきりしました。

そこで、薬物投与で治療をうけているのですが、
改善しない場合は手術になると言われました。

通常は、内視鏡での手術になるそうですが、
入り口が狭く、内視鏡を入れるのが困難なので、
手術をするとなると口の中を切開すると言われたそうです。

そこで、質問なんですが、「内視鏡が入らない」なんてことはあるんでしょうか?

先生を疑うわけではないのですが、
切開手術のことを調べると、後遺症やリスクなど恐くて。

他に方法があればそれにすがりたい思いです。

かといって、転々と病院をまわってきた末での結果なので、
次に打つ手もありません。

質問内容を再度整理しますと

・内視鏡が入らないということがあるのか?
・上記の場合、他に治療法はないのか??
・切開した場合、後遺症はどの程度残るのか
・切開した場合のおよその手術費はどの程度か?

専門科の方や、経験者のご意見を伺えればと思います。

よろしくお願いします。

妻が夜中に目を覚まして眠れないほどの激痛があり、
頭痛や、歯茎の痛みなどを訴えていたので、

・脳神経外科
・耳鼻咽喉科
・歯科
・内科(風邪をひいたため)
・口腔外科
・耳鼻咽喉科

とここ2週間で様々な診察をうけ、最終的に紹介された総合病院で、
「副鼻腔炎」と原因がはっきりしました。

そこで、薬物投与で治療をうけているのですが、
改善しない場合は手術になると言われました。

通常は、内視鏡での手術になるそうですが、
入り口が狭く、内視鏡を入れるのが困難なので、
手術をするとなると口の...続きを読む

Aベストアンサー

名古屋市立大学病院の例ですがご参考になれば
内視鏡が入らないというのはちょっと理解に苦しみます。
骨を削って内視鏡を通り安くします、痛みは麻酔で感じません。
切開した場合は顔面がかなり腫れます、(一週間くらいで腫れは引きます。)
ベテランの医師でしたら今は99%が内視鏡手術です。
内視鏡の方が患者さんも負担が少なく楽です。
医者を選ばれた方が無難ですよ。

Q上顎洞炎について

医学辞書等で歯と鼻の病気について調べたのですが、私の症状が歯性上顎洞炎に見事当てはまりました(>_<)15年程前に奥歯の治療をして神経を抜きました。その何年か後にその歯が痛んだのですが数日間で痛みがなくなったのでそのままにしてしまったのですが、今思えばそれが始まりだったのだと思います。そして今から5年前に鼻が詰まり診てもらったら鼻茸と診断されて切除しました。それから1,2年くらいで臭い膿のような鼻汁がでたり口の中では以前の治療した奥歯の付近の歯肉が膨れてました(恐らくこの中に膿が溜まってるのでしょう)これは尋常ではないなと思いながらも、痛みもさほど無いし、放っておいたのです。現在も痛みは無いのですが何かスッキリしないって言うかこのまま放っておいても自然治癒の見込みも無いし治療に踏み切ろうと思うのですが…
そこで質問なのですが病院に行ったら恐らく手術をすることになりそうなのですが入院期間はどのくらいなのでしょうか?そして費用はいくらくらいになりますか?病院に行く前に知っておきたいと思ってます。
そして御本人様あるいは御家族、友人等で同じような
病気になられた方がいましたら細かな情報でも結構ですので治療法、その後の経過等について教えていただけないでしょうか?よろしくお願いします。

医学辞書等で歯と鼻の病気について調べたのですが、私の症状が歯性上顎洞炎に見事当てはまりました(>_<)15年程前に奥歯の治療をして神経を抜きました。その何年か後にその歯が痛んだのですが数日間で痛みがなくなったのでそのままにしてしまったのですが、今思えばそれが始まりだったのだと思います。そして今から5年前に鼻が詰まり診てもらったら鼻茸と診断されて切除しました。それから1,2年くらいで臭い膿のような鼻汁がでたり口の中では以前の治療した奥歯の付近の歯肉が膨れてました(恐らくこの中に膿が溜ま...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

歯性上顎洞炎の一経験者として、回答させて戴きます。
私は手術は避けましたが、手術した場合の話を医師に聞いた事があります。

大きく分けて手術法は2種類になるようです。
1つは従来型と呼ばれ、上唇と上顎の接合面を切開し、頬骨を開窓し洗浄する方法で、昔から(俗に言う)蓄膿症の手術として、よく知られた方法ですね。
もう一つは内視鏡のような方法で、鼻腔内から穿針して排膿・洗浄し、穿孔部を広げ鼻腔との本来の交通路を確保し、排液や換気を保つ方法です。
いずれの場合も、症状の重い軽い等によっても左右されるようですが、短いもので数日、標準的には7~14日間程度の入院の必要があるそうです。
これは片側施術場合のようですから、左右行った場合は間は空くかもしれませんが、それ以上ということでしょうね。

手術費用に関しては、申し訳ありませんが把握していません。

また、手術をしたからといって、すぐに完全に治癒するものでもありません。
手術はあくまで病巣(汚い部分)を排除するだけに過ぎませんから、その後、少なからずとも保存治療を行う必要があるようです。
(抗生剤の服用等)
この期間まで含めると、治癒まではかなりの長期間を必要とします。

私の場合も、歯の根に違和感や痛みを覚えてから、5年近く放って置いた挙句の上顎洞炎でした。
歯科では歯根治療を行い、耳鼻科の医師からは保存治療を勧められ「クラビット」と「ムコダイン」を半年間服用しましたが、一向に改善しないため、個人の判断で抜歯を行いました。
その際、抜歯孔から大量の排膿が起こり、一気に改善方向に向かいました。
(これは、私個人の勝手な判断によるもので、決して医師の判断ではありませんので、誤解なきよう。)

その後は、耳鼻科医の勧めで「ルリッド」の少量服用を行ってきましたが、今でも完全には治癒していません。
今でも風邪をこじらせたりすると、鼻からの排膿が見られます。

とにかく、早い対処が一番のようなのですが、質問者様も随分放って置かれているようですので(^^;、思い切って手術、その後根気強く治療することが大切のようです。

ちなみに私は幼い頃「慢性副鼻腔炎」も患った経緯があるからかもしれませんが、今でもレントゲンを撮ると、左半顔面が真っ白に映ります。
全て放っておいた自分が悪いんですけど。(^^;

頑張って完治を目指して下さい。

こんにちは。

歯性上顎洞炎の一経験者として、回答させて戴きます。
私は手術は避けましたが、手術した場合の話を医師に聞いた事があります。

大きく分けて手術法は2種類になるようです。
1つは従来型と呼ばれ、上唇と上顎の接合面を切開し、頬骨を開窓し洗浄する方法で、昔から(俗に言う)蓄膿症の手術として、よく知られた方法ですね。
もう一つは内視鏡のような方法で、鼻腔内から穿針して排膿・洗浄し、穿孔部を広げ鼻腔との本来の交通路を確保し、排液や換気を保つ方法です。
いずれの場合も、...続きを読む

Q副鼻腔炎の診断と治療にことでお聞きします。

数年前から喉に痰が絡んだような日が続くことが時々起こりました。先月それが何日も続いたので耳鼻科に行ったところ、「副鼻腔炎(蓄膿)」と言われました。
その診断なのですが、今までの経過を話し、鼻にファイバースコープを入れて見ただけでした。副鼻腔炎の診断はレントゲンやCTが普通のようですが、ファイバースコープだけでもわかるのでしょうか?
また、1年ほど前にも別の耳鼻科で「喉がおかしい」と言って診てもらったのですが、その時もファイバースコープで見て「喉に鼻水が落ちているだけで心配ありません。」と副鼻腔炎については全く指摘されませんでした。
私は本当に副鼻腔炎なのでしょうか?
症状は、喉に痰が絡んだようになる(後鼻漏)、時々頭痛がする、の2点のみです。また、寒い時期にその症状が出やすいような気がします。
今通っている耳鼻科では、症状が辛い時にだけ薬(漢方薬を頼んで出してもらっています。)とネブライザーの治療をして、症状がなくなれば何もしないでもよい、と言っていますが、それでよいのでしょうか?

本来なら主治医に聞くべきかもしれませんが、医者に「本当に副鼻腔炎なのか?」「この治療法でいいのか?」ということは聞きづらく、こちらに質問させていただきました。

数年前から喉に痰が絡んだような日が続くことが時々起こりました。先月それが何日も続いたので耳鼻科に行ったところ、「副鼻腔炎(蓄膿)」と言われました。
その診断なのですが、今までの経過を話し、鼻にファイバースコープを入れて見ただけでした。副鼻腔炎の診断はレントゲンやCTが普通のようですが、ファイバースコープだけでもわかるのでしょうか?
また、1年ほど前にも別の耳鼻科で「喉がおかしい」と言って診てもらったのですが、その時もファイバースコープで見て「喉に鼻水が落ちているだけで心配あり...続きを読む

Aベストアンサー

正確にはレントゲン、CT、MRIなどで確認するのが本当ですが、放射線被曝や手間、コスト、などの理由で全例には行いません。
最近では手術が必要な場合に、その参考にするために検査することが多いです。
昔は、副鼻腔炎 = 重症慢性副鼻腔炎 = 手術という図式があったのでレントゲンの意義が大きかったですが、最近では軽症、あるいはアレルギー性のものがほとんどなので、手術を必要とする例が非常に少なくなっています。
そうなると「鼻内の症状があるかどうか」ということが写真よりも重視されるため、ファイバイスコープなどの検査を行うことになるのです。

ちょっと風邪をひいても副鼻腔炎を起こすことはよくあるので、それをいちいち写真を撮るのは現実的ではありません。

副鼻腔炎かどうかよりも、副鼻腔炎による症状がどの程度か、ということが重要なわけです。

たとえ完全に副鼻腔炎が改善しても、翌日に風邪を引いて再発することもありえるわけで、根治する(つまりもう2度と起こさない)ことはあり得ないとも考えられます。
つまり、ある一時点の状態を写真でとらえることよりも、全体の流れでどの程度の症状か、ということで治療するわけです。

正確にはレントゲン、CT、MRIなどで確認するのが本当ですが、放射線被曝や手間、コスト、などの理由で全例には行いません。
最近では手術が必要な場合に、その参考にするために検査することが多いです。
昔は、副鼻腔炎 = 重症慢性副鼻腔炎 = 手術という図式があったのでレントゲンの意義が大きかったですが、最近では軽症、あるいはアレルギー性のものがほとんどなので、手術を必要とする例が非常に少なくなっています。
そうなると「鼻内の症状があるかどうか」ということが写真よりも重視されるため、ファイ...続きを読む

Q歯科で副鼻腔炎と言われました

歯が痛いのか頬が痛いのか頭が痛いのかよくわからない状態で、頭を下げると右上の歯あたりにがんがん響いたので、これは歯の神経がやられたかと思い歯科に行きました。
そこでいろいろと検査してもらった結果、副鼻腔炎ではないかと言われました。
そういえば風邪をひいていて、黄色い鼻水も出ていたし、そこから化膿したのか・・・と思いました。
ジスロマックを処方されたのですが、また一週間後くるように言われましたが、副鼻腔炎なら歯科よりも耳鼻科に行った方がいいのではと思うのですが、どうなのでしょうか?
歯根の炎症からかもしれないし・・・という話や歯茎に雑菌もたまっているのでとらないと・・・という話も聞いたので、それはそれで歯科に通う必要はあるのかもしれないのですが、副鼻腔炎の治療としては、歯科だけで大丈夫なのでしょうか?
ちなみにジスロマックを3日飲んで、5日目になりますが、当日よりはましになりましたがまだ痛いです。口で鼻を吸う(?)と膿のようなものが取れます。
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

症状を聞く限り、副鼻腔炎で間違いないと思います。
ジスロマックは妥当な薬ですが、耳鼻科受診した方が妥当だと思います。

耳鼻科へ行って、歯科でジスロマック処方されたが、副鼻腔炎といわれたので来ましたと言えば
なんの問題もないと思います。

Q副鼻腔炎でクラリス長期投与の効果が現れる時期

慢性の副鼻腔炎と診断され,クラリスの少量・長期の服用を始めました。クラリスの他に,ムコダイン,エンピナース,漢方のツムラ辛夷清肺エキス顆粒も服用しています。
耳鼻科の医師からは,クラリスは3ヶ月以上服用する必要があると聞いているのですが,2週間服用を続けた現在,殆ど効果が感じられません。投与を始めたときから,鼻づまりや鼻水は殆どなく,後鼻漏が若干気になるくらいだったのですが,現在もその状態が続いています(ちょっと良くなっってきたような気がする,くらいの実感です)。むしろ,通院して,吸引等の処置をしてもらった時の方が,すっきりして改善した感じがします(1日程度で元に戻りますが)。
(1)私のような場合でも,今後クラリスの服用を続けていけば,改善は望めるのでしょうか。専門家の方,あるいは経験者の方,クラリスを飲み始めて,何日目くらいに改善効果を実感できるものなのか,教えてください。担当医に聞いたら,改善してきているかどうかは,見えない部位なので何とも言えないと言います。
(2)通院による処置も続けた方が,改善効果は上がるのでしょうか。担当医は,通院は多ければ多い程よいと言いますが,その日限りの効果しかなく,根本治療にならないなら,無駄なように思います。
(3)タイトルからはずれた質問ですが,通院時,鼻の薬剤噴霧,鼻水吸引,ネブライザー等の処置だけ(全部で3分かからないくらい)で670円かかるのですが,これは妥当な請求額ですか。診療報酬明細には,「副鼻腔自然口開大処置」「副鼻腔吸引」と書いてありますが,担当医に聞いたら,副鼻腔の中までは吸引していないと言います。

慢性の副鼻腔炎と診断され,クラリスの少量・長期の服用を始めました。クラリスの他に,ムコダイン,エンピナース,漢方のツムラ辛夷清肺エキス顆粒も服用しています。
耳鼻科の医師からは,クラリスは3ヶ月以上服用する必要があると聞いているのですが,2週間服用を続けた現在,殆ど効果が感じられません。投与を始めたときから,鼻づまりや鼻水は殆どなく,後鼻漏が若干気になるくらいだったのですが,現在もその状態が続いています(ちょっと良くなっってきたような気がする,くらいの実感です)。むしろ,通...続きを読む

Aベストアンサー

No.1です。補足読みました。
回答は長文になるので2回に分けて届させていただきます。

>服薬による改善効果が期待できると判断できるまでの一般的な
>日数は、どのくらいでしょうか。

副鼻腔炎の治療が必要である。と、誰が判断されたのでしょうか?
いずれにしろ、治療の段階に入ってしまっているのですが、、、。

治療ガイドには、「1~3ヵ月行い病変に変化がない場合」と幅を持
たせて記載してあります。

治療効果は、nekiiixyさんが一番分かることとご推察されますので、
前述した期間の範囲内で判断してください。

治療中止の可否はご自身で決められるべきです。

他の耳鼻科専門医が診察した場合でも治療が必要で完治しない
場合は、手術的治療(内視鏡的鼻内副鼻腔手術)が必要。と、言
われているのなら別の話になります。


「後鼻漏が若干気になるくらいだったのですが」。この程度の症状
は一時的に誰にでも起きると思われます。
鼻に異物感があった場合、口を閉じて息を吸ったらスットンと鼻汁
ようなものが喉に落ちてくるでしょ。
鼻血の場合、止まったあと物事をしているとき、喉に落ちてきた経
験もあります。

問題は、落ち来たモノの中に膿のような鼻汁が含まれているかで
はないでしょうか?(副鼻腔炎は蓄膿症とも言われています)
素人が勝手に想像してはいけないことは承知の上で記載しました。

>なお診療明細書に書かれている点数は次の通りです。
「副鼻腔吸引(1以外の場合)片側25(回数2)」。これについて質
問文には 「担当医に聞いたら,副鼻腔の中までは吸引していない
と言います。」と書かれてあります。

医師のおっしゃる通り吸引されていません。
片側2回やられたと言うことですね。

>効果がないのに漫然と3ヶ月以上も服薬することは避けたいと
>思います。
同感です。

ただし、理由の根拠を持っていないと、堂々巡りになっちゃいます。
もう一つ届けますので、このなかに理論づけに参考できるモノが含
まれていると思います。(勝手な想像ですけど)

時間が許す限り、ご参考にして理解いただければ嬉しいです。

No.1です。補足読みました。
回答は長文になるので2回に分けて届させていただきます。

>服薬による改善効果が期待できると判断できるまでの一般的な
>日数は、どのくらいでしょうか。

副鼻腔炎の治療が必要である。と、誰が判断されたのでしょうか?
いずれにしろ、治療の段階に入ってしまっているのですが、、、。

治療ガイドには、「1~3ヵ月行い病変に変化がない場合」と幅を持
たせて記載してあります。

治療効果は、nekiiixyさんが一番分かることとご推察されますので、
前述した期間の範囲内で判断...続きを読む

Q副鼻腔炎の頭重 いつ治る?

初めて質問させていただきます。

1か月前に引いた風邪をこじらせ副鼻腔炎の治療中です。
CTを撮ると眉間の副鼻腔にウミが貯まっていました。
症状は
●常に頭が重い
●集中力の低下
●倦怠感
●五感が鈍っている
という感じです。

鼻水はほとんど出ていません。
お薬は現在、クラリスという抗生剤とムコダインを服用していますが、効いている感じがしません。
上記の症状で、家事も仕事もきつくてきつくて、毎日やっとこなしているという感じです。
お医者様からは「副鼻腔炎は3ヶ月お薬を飲むのが基本で、それで治らなければ手術」と言われていますが、手術も順番待ちらしく、半年以上は待つそうです。

そこで同じような経験をされた方にぜひお聞きしたいのですが、
このような症状はいつ治まるものなのでしょうか?
また、手術をすれば必ず治るものなのでしょうか?

早く元の自分に戻りたいです。
本当に辛いです。
些細なことでも構わないのでどなたか教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。

読ませて頂きました。
副鼻腔炎でお辛いお気持ちお察します。

私は、20年以上前に慢性副鼻腔炎で手術しました。
手術前は、鼻がつまったり、黄色い鼻汁が出たり、頭が重かったですが、手術後は、かなり改善しましたが、
今の蓄膿症の手術はどうか分かりませんが、私が受けた当時の手術は、ノミとハンマーで骨を削り取っているように、ハンパなく痛かったのを覚えています。
顔もかなり腫れあがりましたね。
もうあのような野蛮な手術は受けたくないものです。
体質によっては手術しても、5年後~10年後にまた再発するのも珍しくないそうで、私は二度とごめんこうむると思い、その当時、蓄膿症は、コップに塩水か出来れば緑茶に塩を入れて、鼻から流して口から出す事(鼻の中を洗う)で治ると聞いて、1日三回を数年間やりました。
最初は抵抗ありましたが、慣れれば気持ちが良いですよ。
おかげ様で、今も再発もなくて調子がいいです。
これがご質問者様に当てはまるか?は分かりませんが。

早く治るといいですね。
お大事に。

Q副鼻腔炎の手術を受けても症状が全く改善されないことはあるのでしょうか

自分は長年、鼻水鼻づまりや鼻をかんでも
鼻水が奥に残ってる感じがするなどの症状があったので
1年ほど前に副鼻腔の手術を受けたのですが
症状に全く変化はありませんでした

しかし、どうしても治したいので
別の病院で診てもらってまた手術を受けたいと思い親に相談したのですが
「手術してもどうせ治らない」と言われ受けさせてもらいそうにありません

親を説得したいと思っているのですが
このままでは病院で診てもらって手術が適用と言われても
親が納得せず治療費を出してもらえそうにありません

また手術をしても症状が全く改善されないということはあるのでしょうか
再発どころか手術直後から今日に至るまで全く症状に変化はありませんでした

どうか力をお貸しください

Aベストアンサー

>以前手術を受けた医院は交通費が2万円ほどかかかる距離にあるため
>気軽に行けません
>そこで次は近くの医院に行こうと思いました

そういう事情があるなら「転院」はやむを得ないですね。
私の経験ですが、そういう場合は評判の良い、最寄りの医院に行くのが良いと思います。
手術もやっている医院に行くと、言い方は良くないかもしれませんが「しなくても良い手術」を
勧められることもあるからです。自身で手術はせず、必要な患者は別の病院を紹介しているような
医院であれば、客観的な判断をしてくれると思います。

少なくとも「手術してもどうせ治らない」ということはありません。再発率の高いことは事実のようですが
現実に私が良くなりましたし、知人で手術した人も手術してよかったと言っておりました。
もともと慢性副鼻腔炎になる人は、体質や鼻の内部の構造もあるようです。内部の構造は手術で治してもらったかもしれませんが
体質改善は簡単ではありませんからね。
まだ転院はしておらず、手術するとも限ってないわけですね。ならば、最寄りの評判の良い医院で診てもらうのが良いと思います。

どうぞ、お大事に。

>以前手術を受けた医院は交通費が2万円ほどかかかる距離にあるため
>気軽に行けません
>そこで次は近くの医院に行こうと思いました

そういう事情があるなら「転院」はやむを得ないですね。
私の経験ですが、そういう場合は評判の良い、最寄りの医院に行くのが良いと思います。
手術もやっている医院に行くと、言い方は良くないかもしれませんが「しなくても良い手術」を
勧められることもあるからです。自身で手術はせず、必要な患者は別の病院を紹介しているような
医院であれば、客観的な判断をしてくれる...続きを読む


人気Q&Aランキング