低圧幹線の絶縁抵抗測定をおこなっていると、たまに
指針が安定しないことがあります。ケーブルが長くて
静電容量で電荷がたまるような現象ではなく、キック現象みたいな、左右に指針がふれ、安定しない現象です。
なにか知っていたら教えてください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

絶縁抵抗」に関するQ&A: 絶縁抵抗について

A 回答 (4件)

追加です。


私も、みなさん同じように、「絶縁不良」及び「パンク」寸前のような気がします。
低圧幹線なのですが、30年近くたつケーブルの交換寸前に、やはり、パンクが発生しました。

特に、古い低圧幹線であれば、劣化不良の可能性が高いような気がします。
    • good
    • 0

絶縁劣化が進んでいるかも知れません。


メガーで電荷がたまると一番弱い部分が放電して電荷がなくなり、また電荷がたまりだし指針がふれる。
高圧ケーブルの劣化診断で、キック現象は不良の判断基準のひとつです。
あまりメガーをかけすぎると、ケーブルをだめにするかも知れませんので、メガーの電圧を下げることを勧めます。
    • good
    • 0

>キック現象みたいな、左右に指針がふれ、安定しない現象です。



 *(高圧の例では)絶縁不良の可能性大です。

 弱点箇所が、メガ測定中に放電して、絶縁が復活するのを繰り返しています。

  気象条件が変わっても同じような現象が出るのであれば、
 端子を浮かしてケーブル等のみ測定してみます(特に高湿度で)、
 結果が同様であれば、交換を検討しなければならないでしょう。

 (私の経験では、高圧電路ではあったのですが、低圧での経験は未だありません)
    • good
    • 0

安定しない現象は、結構、しょっちゅうあるような気がします。



どの程度なんでしょうね
絶縁抵抗値は?  
良の範囲内ででしょうか
不良の範囲ででしょうか

こまかな数値は、わすれましたが・・・(^^

安定しない値は・・・
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q絶縁抵抗測定について

絶縁抵抗値を電源と電流計を使って測定したいと考えています。
測定対象が短絡している場合もあるので、電流制限の抵抗値を
電源の出力に対し直列に入れようと考えています。

例えば電流制限抵抗として1kΩの抵抗を直列に入れた場合、500Vの
電圧を印加して、1mAの電流が流れていれば算出した抵抗値は500kΩ、
よって絶縁抵抗値は500kΩ-1kΩで499kΩになるかと思います。
この時は電流制限抵抗1kΩでの電圧降下はそれほど気にしなくても
良いような気がします。

仮に500Vを印加して100mAの電流が流れた時、算出した抵抗値は
5kΩで絶縁抵抗値は5kΩ-1kΩで4kΩになると思います。
ただこの場合、電流制限抵抗1kΩでの電圧降下が100Vになるため、
実際に絶縁抵抗を測りたい測定箇所へは400Vしか印加されていな
いという事になり、400V印加時の絶縁抵抗値となるのでしょうか?

それとも、電圧を印加した時点では絶縁抵抗が高く、500Vに近い
電圧が測定箇所に加わり、その結果絶縁抵抗値が下がって電流が
流れてるので、500Vを印加した時の絶縁抵抗値と考えていいので
しょうか?

初歩的な質問ですが、ご教授のほどよろしくお願いいたします。

また実際の絶縁抵抗測定器には電流制限抵抗のような物は付いている
のかについても、お教え下さい。

絶縁抵抗値を電源と電流計を使って測定したいと考えています。
測定対象が短絡している場合もあるので、電流制限の抵抗値を
電源の出力に対し直列に入れようと考えています。

例えば電流制限抵抗として1kΩの抵抗を直列に入れた場合、500Vの
電圧を印加して、1mAの電流が流れていれば算出した抵抗値は500kΩ、
よって絶縁抵抗値は500kΩ-1kΩで499kΩになるかと思います。
この時は電流制限抵抗1kΩでの電圧降下はそれほど気にしなくても
良いような気がします。

仮に500Vを印加して100mAの電流が流れた時、算出した...続きを読む

Aベストアンサー

>実際に絶縁抵抗を測りたい測定箇所へは400Vしか印加されていないという事になり、400V印加時の絶縁抵抗値となるのでしょうか?
●はい、400Vです。

>また実際の絶縁抵抗測定器には電流制限抵抗のような物は付いているのかについても、お教え下さい。
●実際の絶縁抵抗計は、制限抵抗ではなく、定電圧装置とお考えください。
もちろん、この装置の中には制限抵抗に相当する部分もありますが、あくまでも被測定対象の電圧を一定にするものということです。
被測定対象が内部短絡(あるいは導体)であった場合は、内部抵抗にて電流は抑制されます。
等価的には、可変抵抗と電圧計の組合せということになりましょうか。

また、電流計は非常に精密なモノとなります。被測定対象は絶縁物ですから、流れる電流も非常に小さいです。

Q絶縁抵抗計を使って電動機の絶縁抵抗を測定したいのですが、黒い線(クリッ

絶縁抵抗計を使って電動機の絶縁抵抗を測定したいのですが、黒い線(クリップ)と赤い線(針)はどこらへんに使えば(接触?)いいのでしょうか?
使い方がまったくわからないので、わかりやすく教えていただけないでしょうか。電動機は交流200Vで使用してます。

Aベストアンサー

電動機および配線を含めた全回路の絶縁が正常か否かを確認するのが目的であれば、元のブレーカを切るだけでいいのですが、電動機単体の絶縁抵抗を測るのであれば、電動機の端子箱で配線をはずして電動機のみとします。
黒線のクリップは電動機のアース端子あるいはボルトなどに挟みます。(塗装や錆のない箇所を選ぶ)
赤線はモータ巻線の端子あるいはリード線に接触させて、絶縁抵抗計のスイッチを押せば測定出来ます。

Qブレッドボード > 絶縁抵抗の意味

ブレッドボードの内部端子のスペックに「絶縁抵抗 : 1000MΩ以上」とありました。

絶縁抵抗で検索してみると「直流電圧を印加すると、ごくわずかの電流が流れる > この電流と印加電圧の比を絶縁抵抗としている」という説明がありました。
http://www.jeea.or.jp/course/contents/02105/


絶縁抵抗の意味としては、「与えられた印加電圧に対して、どれくらいの電流が流れるかの目安を与える」という解釈であっていますでしょうか?

Aベストアンサー

絶縁抵抗の解釈としてはその通りです。

ブレッドボードとしては、高インピーダンス回路の実験にも使えるという意味で絶縁抵抗をスペックに含めているのだと思います。
たとえば、インピーダンスが1MΩを超えるような回路も、誤差を生じることなく実験可能と理解してください。

Q絶縁抵抗計 どちらがいいですか?

sanwaの絶縁抵抗計の購入を考えています。
(設備機器販売・据え付け業。第二種電気工事士ですが、
実務経験はあまりありません。)

使用用途は仕事で、動力や100Vの業務用冷蔵庫や
乾燥機、各種設備機器を設置した際やトラブルが起こった際に
絶縁抵抗を測りたいと思っています。

主に、上記の機器用途で100V、1P200V、3P200Vの電圧で使用するの
ですが、sanwaのDM508S(500V/1000MΩ)とPDM508S(500V/100MΩ)の
両機種では、どちらを購入した方がいいのでしょうか?
(測定MΩの違いで具体的にどちらが使いやすいか?何が違うのか?)
アドバイスお願いいたします。

Aベストアンサー

 質問の趣旨とはずれるかもしれませんが注意点を1つ。絶縁抵抗試験とは、電圧をかけて漏れ電流を測定するわけですから、当然測定対象に電圧がかかることになります。電動機やケーブル等は600Vまで耐えることができるように作ってあるので問題ないのですが、電子部品(基板をつかっているようなもの)には注意が必要です。
 交流と直流でどのような違いがあるかわからないのですが、100Vで使われている電子部品に500Vをかけたら危ない気がしませんか。必ず壊れるというわけではないのですが、危険なことは確かです。
 最近は電子部品が組み込まれた機械というのも珍しくなく、低圧=500Vメガーではなくて、定格電圧に近いレンジで試験することが多いようです。
 私も仕事上は3レンジ(125/250/500V)のメガーを使っています。それと、色々なメーカーの多くの機種があるのですが、専門的な用途ではなく、普通の維持管理で使うだけであれば、何を使っても大差ないです。(違いに気付かない)
 デジタル表示は値は見やすいが、瞬間的な動作は捉えられないので、一瞬の動きを見つけるのには向いていません。また、アナログ表示は針が動くことによって瞬間的な動作はわかるのですが、普段は値が見にくいです。しかし、クランプメーターならともかく、メガーは電源を切って行う必要があるので、瞬間的な動きを捉えるものではないですが。
 ちょっと触れましたが、メガーは機械を止めてブレーカを切って使う測定器です。実プラントが稼動しだすと、そんなに簡単に機械を停止できないところが多いです。また、いきなり完全な地絡状態まで行くよりも、危ないレベルになって運が悪い(雨が降ったりする)と地絡が発生するといった状態のほうが考えられます。そのような時は、機器稼動状態での監視が必要になり、メガーでは出来ません。
 実務経験が無いということですが、クランプメーターを使った漏れ電流測定も覚えておいたほうがいいですよ。具体的なサイトはわからないですが、インターネットにいくらでものっていると思います。

 質問の趣旨とはずれるかもしれませんが注意点を1つ。絶縁抵抗試験とは、電圧をかけて漏れ電流を測定するわけですから、当然測定対象に電圧がかかることになります。電動機やケーブル等は600Vまで耐えることができるように作ってあるので問題ないのですが、電子部品(基板をつかっているようなもの)には注意が必要です。
 交流と直流でどのような違いがあるかわからないのですが、100Vで使われている電子部品に500Vをかけたら危ない気がしませんか。必ず壊れるというわけではないのですが、危険...続きを読む

Q絶縁抵抗計の電流

画像を見てください。

使用時と同じように水を入れます。空気は電気を通さなかったため、絶縁は落ちませんが、水を入れて計測すると絶縁は、下がってしまうはずです。ヒーターから漏れた電気が、水を通して水槽に伝わり、水槽から筐体を通して、電気が漏れた状態です。~

http://kitchen23.blog85.fc2.com/blog-entry-181.html

(上のwebページを下の方にスクロールしてください。)

この画像のように絶縁抵抗計で電圧をかけた場合、

(1)電流はE端子から水槽をはさんで、水に流れ、ヒーターの傷口から侵入し、L端子から絶縁抵抗計内に戻り、電流計を通り絶縁抵抗計内の電源に戻るのでしょうか。

(2) 「絶縁抵抗=かけた電圧÷絶縁抵抗計に戻って来た電流」 だと思うので(誤っていたら訂正をお願いします) (1)の場合、ヒーターの傷口が大きければ、電流が多く流れて絶縁抵抗が小さくなるのでしょうか?

以上、ネットで色々調べてみましたが、よくわからなかったので質問しました。よろしく御願いします。

Aベストアンサー

(1)
この方法で絶縁測定を行えば、水槽の絶縁能力を測定する事になります。
なぜなら、メガーの電流はヒーターから漏れて、水を伝い水槽の内側に拡散するからです。
ただこの方法では、外側テストリードの電極が小さすぎて局部的になってしまい、その地点だけの絶縁抵抗なので、正確な測定とは言えません。
正確な測定を行うのなら、外側にも導電帯で広い面積を覆う必要があります。
他の水を溜めた水槽に今の水槽をいれるとか、水槽の外面をアルミ箔で覆うとかした外側の導電帯に電極をつける必要があります。
その為、この測定に限らず空気絶縁を測定する場合も外側を導電帯で覆った上で、水で浸す前と後を比較する必要があります。
という事で、正確な方法とは言えないが絶縁測定は出来るという事になります。
ちなみに、高圧活線工事に使用するのゴム手・ゴム長の耐圧試験は同様な方法で、保護具の中に水を貯めた状態で水槽に浮かべ、保護具内側に電極を入れ、水槽の水溶液との間に電圧を掛けます。

(2)
これは少しだけ違います。
絶縁抵抗測定というのは、コンデンサに電圧を掛けている事と同じです。
コンデンサとは、導体と導体との間に絶縁体がある状態のものです。
絶縁抵抗測定は、導線と大地、導線と導線の間に掛けるので、その間に絶縁被覆があり、正にコンデンサです。
その為、最初は通電状態で徐々に蓄電され、十分安定すると蓄電が終わり電流が流れなくなります。
この時の電流値を元に抵抗に表したものが絶縁抵抗値なので、数値が安定していなければなりません。

 >(1)の場合、ヒーターの傷口が大きければ、
 >電流が多く流れて絶縁抵抗が小さくなるのでしょうか?
今回の測定では、大きな絶縁抵抗の材質は水槽なので、ヒーターの傷口程度で抵抗値の違いに変化はないと思います。

(1)
この方法で絶縁測定を行えば、水槽の絶縁能力を測定する事になります。
なぜなら、メガーの電流はヒーターから漏れて、水を伝い水槽の内側に拡散するからです。
ただこの方法では、外側テストリードの電極が小さすぎて局部的になってしまい、その地点だけの絶縁抵抗なので、正確な測定とは言えません。
正確な測定を行うのなら、外側にも導電帯で広い面積を覆う必要があります。
他の水を溜めた水槽に今の水槽をいれるとか、水槽の外面をアルミ箔で覆うとかした外側の導電帯に電極をつける必要があります。...続きを読む

Q絶縁抵抗測定時、アースが間違いなく取れているかどうかの確認の方法を、お

絶縁抵抗測定時、アースが間違いなく取れているかどうかの確認の方法を、お教えください。

Aベストアンサー

絶縁抵抗測定時の事前チェックとして
1.内蔵バッテリー確認
2.0MΩ確認
3.ラインプローブを接地側から離した状態で∞を示すことを確かめる。

2の0Ω確認ではアースプローブのクリップを接地端子に取り付けて、ラインプローブを接地側端子と電気的に接続されていると考えられる他の点に接触して”0”を示す事を確認する。

絶縁抵抗は、MΩ(100万オーム)の単位を測定するので絶縁された端子などに誤ってアースプローブのクリップを接続してしまわない限り失敗はありません。
しかし、接地がまったく効いていない端子にアースプローブのクリップを接続すると1000Vメガーでは、0MΩ確認において0を示さない。
低圧絶縁抵抗測定に於いては接地相(B種接地)を利用して接地が効いていることを確認すると良いです。

Q絶縁抵抗の値について

素人です、教えて頂きたいのですが。

メガーで漏電の有無を計る際に、絶縁抵抗値が良く出てきますが

初歩的な質問で申し訳ありません

(1) 絶縁抵抗値が大きいほど、漏電している可能性が高いのでしょうか ?

(2) 1MΩと10MΩはどちらが絶縁抵抗値が高いのでしようか ?

Aベストアンサー

漏電というのは本来電気が流れてはいけないところに電気が流れることですので
  絶縁抵抗値が大きいと電気が流れにくい(例えば∞Ω)
  絶縁抵抗値が小さいと電気が流れやすい(例えば0Ω)
ということですよね。

1MΩと10MΩでは、当然10MΩのほうが漏電しにくいと言えます。
ですが、モノによってはどちらも同じってこともあります。

6600Vの電圧が掛かるケーブルの絶縁が10MΩと1MΩのモノでは、どちらも確実に危険なレベルで漏電します。

このように絶縁抵抗値は対象によって許容できる値が決まっています。

125/250Vの電圧を掛けて絶縁抵抗を測定する場合は最大200MΩまで
500/1000Vの電圧を掛けて絶縁抵抗を測定する場合は最大2000MΩまで
など計測可能な抵抗値の上限が変わります。(測定器の機種によっても変わることがあります:例は横河M&I社の製品)

Q絶縁抵抗の測定方法

一般的に操作盤・分電盤の負荷側機器の絶縁抵抗を測定
するには絶縁抵抗計のEARTHのリードを盤のアースにLINE
を負荷側の端子等に当てて測定すると思いますが

たまに盤に接地極なく負荷側からもアース線がきてない場合
がありますこのような場合どのように絶縁抵抗を測定したらよい
でしょうか

私の場合は絶縁抵抗ではなくクランプで漏れ電流は測定
しますが絶縁抵抗のばあい

メインブレーカーの一時側の中性線の端子にEARTHを繋いで
負荷の絶縁を測定することでよいのでしょうか?

Aベストアンサー

>メインブレーカーの一時【次】側の中性線の端子にEARTHを繋いで負荷の絶縁を測定…

中性線というより、「接地側電線」ですね。
単相二線式や単相三線式なら問題ありません。三相回路でも、一線接地の三角結線であれば、やはり問題ありません。これらの場合、原則として、白線が接地側電線になっていますが、まれにはそうでないケースも見られます。検電器でその都度確認することが必要です。

注意を要するのは、商用電源から低圧三相を受電している場合です。多くの場合、異容量 V結線の灯動共用バンクとなっているので、三相三線のいずれも接地側電線ではありません。
高圧受電でも、全体の容量が小さければ、異容量 V結線になっていることもあります。
これらのときは、仮にでも何らかの方法で接地を取らないと、メガ測定はできません。

Q絶縁抵抗値について

電気の絶縁抵抗について質問です。

電路の絶縁抵抗について

三相3線式200Vの絶縁抵抗値は0.2MΩ以上ですよね?

法令では使用電圧が300V以下で対地電圧が150V以上の場合の絶縁抵抗値が0.2MΩ以上、150V以下の場合は0.1MΩ以上となっています。

三相3線式200Vの場合、使用電圧が200Vで対地電圧が115.6Vなので0.1MΩ以上ではないですか?

Aベストアンサー

>使用電圧が200Vで対地電圧が115.6Vなので…

ここが違います。
三相ですから 3本の電線があるわけですが、3本それぞれで対地電圧は違います。

・△結線および動力専用 V結線の場合、0V、200V、200V。
・灯動兼用 V結線の場合、100V、100V、173 (√3÷2×200) V。
・非接地式電路 (商用電源ではないが) の場合、200V、200V、200V。

いずれの方式にしても、少なくとも 1本は 150Vを超えますので、0.2MΩが良否の判断基準になります。

Q変圧器の絶縁抵抗測定について

スター-スター接続の変圧器(66kV/6kV)の絶縁抵抗測定で、回路から外された状態(単体)で高圧側-大地間と低圧側-大地間と高圧側-低圧側の測定をします。試験手順(先輩のメモ)には、高圧、低圧を三相短絡して一括にて測定すると書いてありました。スター接続のため短絡しなくても1相にて試験ができると思うのですが、何か理由はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

耐圧試験時も同様の接続を致しますが私も同様の疑問を持ち先輩に訊いたことがあります。なるほどとその時思った記憶があります。

さて、中学校の理科でコイルに磁石を近づけたり遠ざけたりしたときのコイルの電流の流れる方向はどちらかという授業を受けた記憶はありませんか?

確か磁束の変化を妨げる方向にコイルに電流が発生するというものです。
N曲を近づければコイル内の磁束を増やさない方向に電流を流そうとするあれです。

メガーの出力も電池で発生する直流ですからリード線をさわるとき、外すときは磁束の変化を引き起こします。そうすると高圧を発生するおそれが・・・と考えられないでしょうか?ちなみに私は電気管理技術者です。(新米ですが・・・)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報