てんかん発作があれば、脳波異常は確実に存在する(存在していた)といえるのでしょうか?
発作を起こしている時に、測定すれば確実かもしれないのですが、安静になってから測定して見つからなくても、発作=脳波異常 は確かなことなのでしょうか?
知人の方は、発作はあるが脳波異常はないこともあると、
言われていたのですが・・。

A 回答 (6件)

NO4のお礼の欄の内容について



パーフェクトです。
確定診断がなくとも治療を開始するところも臨床的な判断です。診断がつかなくとも患者さんが幸せになればいいことなので。
    • good
    • 0

勉強になりました。

    • good
    • 0

付け加え)



ご友人がそのように言われたということは
『主治医はてんかんと強く疑っているがまだ確定的な診断に至っていない・・』
という意味に取れますね。
つまり臨床的には『てんかん疑い』のままです。診断基準が満たされていませんのでね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よ~く分かりました。
「確定診断」ということば。

診断名を明確にするために行う脳波検査よりも、もっと臨
床的に大切なことがあると思いました。

友人は、てんかんの症状(発作)が見られたが「脳波異常はない」から「てんかんの疑い」である。処置は、てんかんの症状を改善するために、薬を服用することになった。

こういう理解でよいのでしょう??

お礼日時:2002/02/23 22:20

○異議申し立て(笑)



>てんかん活動は大脳の皮質にある一部の異常ニューロンが突発的に電気活動を起こしてそれが周囲のニューロンを巻き込んでしばらくの間継続されるものです。←これが定義ね。
(中略)
てんかんなのに脳波検査で異常が見つからないことがありますか?
脳波は大脳の表面の電気的信号の一部を記録しています。脳の深い所だけで異常な電気的活動があって脳波では記録できないこともあります。部分てんかんでは覚醒時の脳波は正常で、睡眠時の脳波のみ異常という場合が頻繁に起こります。ですから、部分てんかんが懸念されている時は必ず覚醒・睡眠の両方の脳波を取らなければならないのです。しかし、そうしてすらもやはり異常が検知されない事も少なくなく、何度か脳波を繰り返したり、特殊な脳波検査ではじめて見つかることも珍しくありません。場合によっては患者は確定診断の為に入院して24時間の脳波モニターが必要になる事もあるのです。 ←確定診断までの道のり
(cappu97さんが書かれた2番目のURLから)

てんかんと確定診断されていない段階では『てんかん発作』とはいわず『てんかん様発作』といいます。
てんかん疑いの段階です。てんかんと確定診断されるということは『異常脳波が検出された』ということです←これは診断基準なんですよ。
異常脳波が無いならないでいいはずなのに、わざわざ24時間モニターをつけたりいろんな状況で測定するのは『確定診断をつけるためです』これまでやってどうしても脳波異常がでなければ『てんかん疑い』のままです。

確定診断とはそういうものです。
    • good
    • 0

てんかん発作中に脳波異常が発見される率は、100%ではないと思います。


  http://plaza20.mbn.or.jp/~coffeebeans/lesson.htm
     7.脳波検査
  http://www.concentric.net/~Norih/jp-qa.htm
     診断の項をご覧ください。

発作中に何回か検査をしても、脳波異常が検出されないという事は
ありえると思います。
    • good
    • 0

安静時はさておき、「てんかん」という病気の定義は脳の特異的な異常発火にあるわけですから、発作中に異常脳波が見られないということはないでしょう。



発作(てんかん様発作)時に脳波異常を欠けば、非てんかん性疾患(ヒステリーなど)ということになるでしょうね。安静時には見られないこともある・・の間違いではないでしょうか、確認願います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング