最近、「アレロック」という抗アレルギー剤を飲んでいるのですが、この副作用をご存知の方がいらっしゃいましたら教えていただけないでしょうか?「眠くなる」という症状は聞いたのですが。医師の話ですと、腎臓で処理する為、もしかすると負担がかかるかもしれないとの事(継続使用の場合、2、3ヶ月経過した時点で血液検査するとの事でした)。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ずばり「アレロック」を1日2回服用しているものです。


私は昔からアレルギー・アトピー体質で、抗ヒスタミン剤の服用やステロイド剤のローションの塗布を続けていて効果が無いため、アレロックの服用に切り替えました。
腎臓系に負担がかかる可能性はあるようです。
むくみがひどくなるようなら、そのことを医師に告げるべきでしょう。
また、抗ヒスタミン剤と俗に言われる薬と同等の副作用が出るかもしれません。

あくまでも私の場合ですが、全身のかゆみや蕁麻疹が出にくくなった主作用の効果を重視しています。
私が飲みだして半年になりますが、副作用らしきものは今のところ出ていません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

実体験からのアドバイスですから、信頼できて助かります。勿論、個人差はあると思いますが。腎臓への副作用に注意しながら行こうと思います。でも、こういう薬が無くても普通の体になるのが一番なんですがね。ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/19 13:12

>腎臓で処理する為、もしかすると負担がかかるかもしれないとの事


kuaainaさん紹介のサイトで「薬物動態:腎機能低下患者」の記載が参考になります。
腎機能低下している患者では薬物の排泄が悪くなり、その分副作用が発現する可能性は高くなるのではと予測されます。

ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。多分、腎臓は弱くないと思うんですが・・・不調を感じたら検査してもらおうと思います。

お礼日時:2002/02/19 13:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q体の痺れにより診てもらっている病院(医師)との付き合い方についてですが

体の痺れにより診てもらっている病院(医師)との付き合い方についてですが、
昨年来、痺れや痛みにより通院している者です。整形外科や神経内科にて、いくつもの検査をこなしましたが未だ原因の特定に至っておりません。
これ以上継続するのは時間的にも精神的にもつらいので、一度は診察をやめて別の方策を考えたいと思い、その旨申し出ました。すると主治医は何を選択するかは患者の自由だと言いながら、色々尋ねられたので正直に答えました。
例えば、ウイルス感染の疑いについて気になっていると言えば、そんなことを言ったらきりがないと逆ギレされ、東洋医学については高額商品買わされ、だまされる人が多いからやめろ! ペインクリニックについては、そんなものに手を出したら原因究明できなくなる(ハァ、もう1年以上経過しているんですけど……)といった感じです。
つまり、あーいえばこう言うの繰り返しで、やめるのは自由だが納得できる説明をしろと攻められているようなものなのです。口下手の私は腹立たしくもあり嫌気がマックス状態です。周りの人間はよくそんなとこ通い続けてるよね、と医師にも私にもあきれています。
強引に振り切って縁を切るのは物理的には簡単です。ただ、これまでお世話になったことは事実なので、一言礼を述べて円満にやめたい、が本音です。
こちらから止めたいと言えば内心ホッとするだろうと思っていたのですが、一体この医師は何を考えているのでしょうか?
実は先月、他の病院にも診てもらったのですが、こちらはもっとひどい対応でした。基本的には上記の主治医と(検査項目について)同意見なのですが、体の不調で苦しんでいる人は山ほどいる! 患者である私の方がそれを受け入れ生活スタイルを変えるべきだと言い放ったのです。子供も年金生活者も社会人(勤め人)である私も同じだと言いたいのでしょうか? さらに、私の言動を見ている限り精神科に行くのもアリだ! うつの薬は痺れに利くかもよ、とまで言われてしまいました。
私はこれまで大病をしたことがなく、ここまで長期に連続して医師と関わるのは初めてなのですが、このような対応は珍しくないのでしょうか? できれば今後の参考にさせていただきたいので、特に医療関係者の率直な意見が聞きたいです。あと体の痺れや痛みで悩んでいる方で、ご意見ある方もお願い致します。

体の痺れにより診てもらっている病院(医師)との付き合い方についてですが、
昨年来、痺れや痛みにより通院している者です。整形外科や神経内科にて、いくつもの検査をこなしましたが未だ原因の特定に至っておりません。
これ以上継続するのは時間的にも精神的にもつらいので、一度は診察をやめて別の方策を考えたいと思い、その旨申し出ました。すると主治医は何を選択するかは患者の自由だと言いながら、色々尋ねられたので正直に答えました。
例えば、ウイルス感染の疑いについて気になっていると言えば、そん...続きを読む

Aベストアンサー

私も同じ状況です。

正直私も骨に雑菌が入って炎症を起こしているのではないかと不安になるくらい痛いです。

しかし、この医師のおっしゃる事もあながち間違いではないのですよね…

あなたの意志も尊重してくださっているし。

しかし、こんなに通い続けて改善が見られないのは本当にあらゆる意味で限界ですよね。

セカンドオピニオンは広く知られた認識ですので、あなたがお気にされる事はありませんし、医師もそこまで気にしておりません(非常勤ですが医療従事です)

患者が医師を信用できないのに治療を続けてもめぼしい効果は得られないでしょう。

気にされなくて、大丈夫。
あなたの思う通りにされてください☆

Qアレロックと薬疹について

 先月半ばに鼻水、くしゃみが続いていたので耳鼻咽喉科を受診したところ、アレルギー性鼻炎と診断され、アレロック、点鼻薬、点眼薬を処方されました。薬は思いのほかよく効いたようで、すぐに症状はなくなりました。ただ、聞いていたのですが眠くて眠くて・・・今は仕事を辞めているので、はじめはそれほど不便には思わなかったです。アレルギーの原因を調べるために採血をして、おととい結果が出たのですが、スギに若干反応がでるくらいで、たいしたことはないだろう、との診断でした。もう薬を止めても差し支えはないだろう、と言われました。
 実は3~4日前くらいから手のひらがなんとなく痒いなぁ、と思っていたら左手にぶつぶつと湿疹?ができていました。(左ほどではないのですが、右手にもできていました。)遠目には目立ちませんが、手を洗うときなど、手のひらがでこぼこして、なんとなく感触がキモチが悪くて・・・うっすら水疱みたいにもなっています。
 処方された病院では、薬を止めて様子をみてください、と言われただけです。
 アレロックは、アレルギーの薬でもあると同時に蕁麻疹などにも処方されると聞いていますが、それでも薬疹が出ることはあるでしょうか?
症状はそれほどひどくないので、皮膚科など受診していません。これが薬疹によるものなのかもわからないのですが、調べると初めて飲み始めるお薬はすぐに症状は出なくても、2週間くらいすると薬疹が出る場合がある、とあったので可能性はあるんじゃないかと思います。
 過去にペニシリン系の薬が合わず、薬疹・発熱など出たことがあり、以後薬を処方されるときは申告してペニシリン系以外の薬にしていただいています。今後はアレロックのように抗ヒスタミン薬も避けるようにしたほうがいいのでしょうか?ぜひアドバイスお願いします。

 先月半ばに鼻水、くしゃみが続いていたので耳鼻咽喉科を受診したところ、アレルギー性鼻炎と診断され、アレロック、点鼻薬、点眼薬を処方されました。薬は思いのほかよく効いたようで、すぐに症状はなくなりました。ただ、聞いていたのですが眠くて眠くて・・・今は仕事を辞めているので、はじめはそれほど不便には思わなかったです。アレルギーの原因を調べるために採血をして、おととい結果が出たのですが、スギに若干反応がでるくらいで、たいしたことはないだろう、との診断でした。もう薬を止めても差し支...続きを読む

Aベストアンサー

処方医の方が休薬をお勧めされたのであれば適切な指示ですので良いと思います。
アレロックは非常に信頼性も高く、副作用もとても少ないお薬ですが過敏症のような症状、紅斑等の発疹、浮腫(顔面・四肢等)が出た場合は直ちに使用を中止するべきです。
これにもかかわらず使用を中止せず使用すると呼吸困難など危険な副作用が出る場合がありますので注意が必要です。

一番いい方法は、症状が出ているときに皮膚科医などの皮膚科専門医に、これは薬疹なのかの判断を付けてもらったほうが一番適当でしょう。
これは症状が軽い場合でも同様です。何を飲んで、いつからどうなったなど。
以後、抗ヒスタミン系の薬剤にて似たような症状が現れた場合には直ちに使用を中止し、すぐに処方医または、薬剤師に相談なさるようにしてください。
やはり、アレルギーのお薬でも過敏症で副作用を起こしてしまう場合はあります。

副作用のサインを見落とすと危険な状態に発展しかねません。くれぐれもお気をつけください。

Q脚に違和感があります。かかとから下に向かって、血液が流れているのを感じます。左脚だけなんです。2、3

脚に違和感があります。かかとから下に向かって、血液が流れているのを感じます。左脚だけなんです。2、3日前からです。

Aベストアンサー

だるいという事でしょうか。
入浴などで温めて、ゆっくりやすんだらよくなると思いますけど。
片脚だけというのは、片方に偏った負荷がかかって、疲れているということ。

年齢もあるかもね。筋力は衰えていきますから、日ごろ使わないところを
急に使うとそうなるんです。
歳のせいですね。きっと。

Q腎臓について

旦那ことで相談します。
健康診断にて蛋白潜血が見られたため
近くの泌尿器へ行き検査しましたがそのときは
蛋白は出ず、潜血も顕微鏡で確認しないと
わからないぐらいといわれ、心配ないと診断されました。
その後別の病院に行き尿検査、血液検査、エコー、お水を飲んで1時間後2時間後3時間後とみる検査、触診
などを行いました。
触診の歳に腎臓が少し動くねえといわれました。(でも
遊走腎のようなひどいものではない)
潜血は検尿ではすべてひっかかりましたが
蛋白については、最後の早朝尿が±となりました。
血液検査の結果もエコーでも正常値でただ
お水を飲んで排出する機能が年齢のわりに少し落ちているとのことでした。
病名がはっきりとは現段階ではわからないとのことで
多分慢性腎炎かなとおもっています。
このような状態で今度腎生検を半年以内にでも
やりましょうかという話になりました。
やはりこのような状態であれば
腎生検は行ったほうがいいのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは。「早朝尿検査」は行いましたか??特に遊走腎のある人は、起床時の尿には潜血も蛋白もでてなくて、行動すると出てくる人が多いです。是非、自宅で朝起きたときに採尿する「早朝尿」を調べてみるとよろしいです。これは、内科医でも泌尿器科医でも常識です。お大事にお過ごしください。

Q腎臓結石

妻が1週間前の金曜日の朝、血尿が出ました。その、1週間前くらいから腹部が痛いと言って体調が悪そうでした。2年前と6年前にも腎臓結石と診断されましたので、今回もそうであろうと様子を見ていましたが、依然血尿が止まらないので今日病院に行きました所、即入院と言われました。石が腎盂の下の所で詰まっており、尿管が膨れているとの事です。熱はありませんでした。吐き気などがあったりして苦しい日もありましたが、前回程の痛みは現在ありません。
2年前は大学病院に行き、何日か薬を飲んでいる内に石が出ました。6年前は今日入院した病院に入院しました。どうも、その病院は即点滴、入院と言われます。
大事に越した事はないのは分かりますが、どうも、納得が行きません。一日中点滴で薬の副作用が心配です。ちなみに、風邪をひいても、点滴をする病院です。
専門家の意見をお聞かせ下さい。

Aベストアンサー

水腎症とは腎臓と膀胱を結ぶ尿管が詰まり、腎臓に尿がたまってはれた状態をいいます、それになりかかっているのですね。超音波を使った検査を行うと、腎臓の水のたまった部分が黒っぽく映るので、すぐに診断がつきます。尿管が詰まる原因なのですが、今回の奥様は結石が原因の様で、尿管の途中に結石が出来た為に発症し始めたのでしょう。結石のできた側の背中や腰に鈍い痛みがあり、そこをたたくと激痛が走るのではないかと思います。自覚症状の少ないものでは、尿管やぼうこうに腫瘍ができている可能性もあります。はれ物が尿管を圧迫している訳です。このほか尿管の炎症や傷、女性の妊娠でも水腎症を起こすことがあるほどです。いずれの場合も腎臓そのものは正常に機能しているのですが、放置してはれ上がった状態になると、腎臓の働きが低下して元に戻らなくなります。また健康管理で予防や治療ができるものでもありません。何が原因で尿管が詰まっているのかを詳しい検査で突き止め、その病気の治療を行う為に今回の”入院”と云う措置を担当医の先生はとったのでしょうね。また、結石の除去方法ですが、色々とありまして、自然排石や結石溶解法が有ります。確実に溶解可能な結石はシスチン結石と尿酸結石の場合のみ有効です(薬を使い、体内で溶かす方法です)。また、腎盂潅流法と云う方法もありまして、これは尿管カテーテルと云う物をを通して結石を直接灌流する手法です。
そして、バスケットカテーテル法では、砕石術があり、先に書きましたが)ESWLと云う体外衝撃波砕石術や経皮的腎尿管砕石術、経尿道的尿管砕石術等です。最終的な処置方法としては外科的療法があり、腎盂切石術、腎切石術、腎部分切除術があります。
合計2000mlの点滴を持続させているそうですが、持続中の点滴のボトル交換や、容体悪化や変化にすぐ対応しなければならない事が入院の必要性の一つと考えます。薬をあまりにも多量に摂取すると”副作用”がやはりご心配になると思いますが、外科的処置をしなければ、薬で・・・となってしまいます。副作用が全くない薬などはありませんし、その心配もやはりありますので、その為にも入院・・・必要じゃないでしょうか・・・。血管の拡張作用のある薬剤が点滴内に入れられているそうですが、他に結石を溶解させる薬剤も入っているかも知れませんね、とすれば結石が体外へ自然排出されたのを蓄尿によって排石されたか否かを確認する必要があります。そのためにも入院が必要ですよね。総合的な見解から担当医はあなたの奥様の一番良い治療方法として”入院”を選択されたものと思います。(私の場合も同じ処置を執ったかは奥様の現状をみたわけではありませんので、何ともいえませんが・・・)。風邪をひいてすぐに点滴をする医者も確かにおりますが、有る意味ではこれは、患者さんの”脱水防止”が体力の向上につながり、自然治癒を助ける役目を果たしていますので、ベットの空きがあれば、そして患者さんの同意を得られれば、点滴をしたほうがいいでしょう。
このような偏った見解かも知れませんが、患者さんやそのご家族の心意に立って考えていない!と憤慨されるかも知れませんが、私達医師は最善、最短で患者さんを治って頂きたく措置をとらせて頂いている事を何卒、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

水腎症とは腎臓と膀胱を結ぶ尿管が詰まり、腎臓に尿がたまってはれた状態をいいます、それになりかかっているのですね。超音波を使った検査を行うと、腎臓の水のたまった部分が黒っぽく映るので、すぐに診断がつきます。尿管が詰まる原因なのですが、今回の奥様は結石が原因の様で、尿管の途中に結石が出来た為に発症し始めたのでしょう。結石のできた側の背中や腰に鈍い痛みがあり、そこをたたくと激痛が走るのではないかと思います。自覚症状の少ないものでは、尿管やぼうこうに腫瘍ができている可能性もありま...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報