グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

「金属元素は分子を作らない」と聞いたのですが、すべての金属にいえることでしょうか。
また、最も気になるのがなぜそうなのでしょうか。金属結合だから、なんていわれても分かりません。。。

どうか、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

分子とは複数個の原子が強固に結合した物質です。

この強固な結合を共有結合といいます。言い換えれば、共有結合でいくつかの原子が離れるにはなれないひとかたまりになった物が分子です。

一般に金属と呼ばれる物は常温常圧で(つまり生活環境で)金属結合をする物質のことですから、常温常圧においては分子を作りません。原子何個かが離れるにはなれない結合を作るのではなく、すべての原子でやや弱く結合しているのです。

なお、自然界という物は1か0かの世界ではありません。やや非金属性を持った物質などもあるわけで、その代表が#2さんのおっしゃるようなスズです。
「全く分子を作らない」のではなく「めったに分子を作ることはなく、その程度に大きな差がある」のです。
    • good
    • 3

高校の化学では全く出てこないはずの話題をいくつか:


リチウムの 2原子分子 (Li2) は結合距離 267pm, 結合エネルギー 110kJ/mol で反磁性. また, 有機リチウムは一般に共有結合性が強く揮発性の物質.
BeF2 も共有結合性が強く, 融解しても電気伝導性は高くありません.
もっというと錯体ならいろいろな分子性物質があります. 例えば鉄は一酸化炭素と反応して [Fe(CO)5] という錯体を作るため, 一酸化炭素を通すようなパイプでは鉄を使えません. また, Re を含む 2核錯体では Re-Re の 4重結合を持つものもあります.
    • good
    • 0

赤血球のヘモグロビン、或いは水俣病の原因物質として有名なメチル水銀などは


分子になります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%A2% …
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%83%81% …

また、「金属元素のみで作られる単体」という意味でしたら、金属以外の固体分子に
なる例としては錫が挙げられます。
錫は、常温では金属の状態(βスズ)ですが、ある温度を下回ると共有結合性の結晶
(又は不定形固体)になります(→αスズへの相転移;錫ペスト)。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8C%AB
http://virus.okwave.jp/kotaeru.php3?q=1524984

さらに、金属も沸点を越えれば気体になりますが、このとき、金属原子は金属結合を
保てなくなりますので、単原子~少数原子による分子(恐らく共有結合分子)として
気体になるものと思います。
(これは、特定元素に限らず、全ての金属元素で共通;
 受験化学には出てこない話だと思いますけれど)


従って、金属元素も分子を作るといえます。
    • good
    • 0

「金属元素は分子を作らない」というのは嘘です。


高校までのレベルではそうかもしれませんが、一般論として述べれば嘘ということになるとおもいます。
    • good
    • 5

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q分子を作る 作らない <中2理科です>

分子を作る作らないの違いとはなんですか?

なにを見ればわかりますか?

ネットで調べて、塩化ナトリウムはNaClなので1:1なので分子を作らないとわかったのですが、酸化鉄はFe2O3なのになぜ分子を作らないのですか?

数字が大きいから関係ないのですか?

大きい数字はなんですか?(普通は右下にある気が・・・)

あと、単体の方の分子を作る作らないの違いとはなんですか?

教えてください

しつもんが多くてすみません・・・。

Aベストアンサー

詳しい理由は高校の化学で習いますが中学レベルで考えるなら

分子を作らないものは「金属や金属の化合物、炭素や硫黄」
分子は作るものはそれ以外ぐらいに考えておけばいいです。

ナトリウムと鉄は金属なので分子を作りません。

数字は原子の数です。酸化鉄Fe2O3は鉄原子2個に酸素原子3個がくっついて出来てると
いう意味です。この辺は高校の化学でやります。

参考URL:http://www.max.hi-ho.ne.jp/lylle/genshi2.html

QNaClはなぜ分子ではないのですか?

NaClは化合物ですが分子ではないと書かれています。何故ですか?何がH2Oと違うのでしょうか?

Aベストアンサー

NaClのNaとClの結びつき方とH2OのHとOの結びつき方の種類が異なるからです。

おそらく中学生の方だと思いますので、くだいた説明をすると、H2Oは水素原子2つと酸素原子1つが非常に強く結びついていて、この3原子の結びつきだけで独立している。NaClはナトリウム原子と塩素原子が同じ割合で結びついているが、ナトリウム原子1つと塩素原子1つだけに特別に強い結びつきがあるわけではない。したがって、NaClはナトリウム原子1つと塩素原子1つが結びついていることを示しているのではなく、ナトリウム原子と塩素原子が1:1の個数比で結びついていることを示しています。たくさん並んでいてどこまでがひと塊か分からないので、一番小さい単位を切り出してきたと考えてもいいですね。

Q元素と原子の違いを教えてください

元素と原子の違いをわかりやすく教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

難しい話は、抜きにして説明します。“原子”とは、構造上の説明に使われ、例えば原子番号、性質、原子質量などを説明する際に使われます。それに対して“元素”というのは、説明した“原子”が単純で明確にどう表記出来るのか??とした時に、考えるのです。ですから、“元素”というのは、単に名前と記号なのです。もう一つ+αで説明すると、“分子”とは、“原子”が結合したもので、これには、化学的な性質を伴います。ですから、分子は、何から出来ている??と問うた時に、“原子”から出来ていると説明出来るのです。長くなりましたが、化学的or物理的な性質が絡むものを“原子”、“分子”とし、“元素”とは、単純に記号や名前で表記する際に使われます。

Q非金属元素が分子を作りやすいわけ

初歩的な質問ですみません。

化学Iの教科書では非金属元素ほうが分子を作りやすいと書いているのですがなぜなのでしょうか?

よろしくお願いします

Aベストアンサー

周期表の中で、非金属元素は主にどの辺りにいますか?
大雑把に言えば上のほうですね。

分子は共有結合を基本骨格とする化合物と定義されます。
では共有結合とは?
いろいろな言い方ができると思いますが、「原子核自身が結合に関与する結合形態」という表現ができます。

周期表の上のほうは元素番号が小さい=電子数が少ないため、比較的原子核は「むき出し」になっています。このため、共有結合を作りやすくなります。

一方、周期表の下のほうは原子核の周りは何重もの電子の雲で覆われており、容易に接近できません。このため実質的には共有結合を作ることができません。
(指向性の強い軌道を用いた配位結合は共有結合であり、得られた化合物は錯体分子を呼ぶこともありますが、今回は省略します。)

金属/非金属、共有結合/金属結合/イオン結合の区別はあくまで「教科書的」な分類です。

テストでよい点を取りたいなら、教科書に書いてあることに疑問を持たず、丸暗記をお勧めします。

化学の本質を学びたいのであれば、高校の教科書に書いてあることは「すべて嘘、よくてゴマカシ」くらいのつもりで読み、専門書で勉強してください。(それ相応の労力、時間は必要ですが。)

周期表の中で、非金属元素は主にどの辺りにいますか?
大雑把に言えば上のほうですね。

分子は共有結合を基本骨格とする化合物と定義されます。
では共有結合とは?
いろいろな言い方ができると思いますが、「原子核自身が結合に関与する結合形態」という表現ができます。

周期表の上のほうは元素番号が小さい=電子数が少ないため、比較的原子核は「むき出し」になっています。このため、共有結合を作りやすくなります。

一方、周期表の下のほうは原子核の周りは何重もの電子の雲で覆われており、容...続きを読む

Q分子をつくらない物質とは?<中3の質問>

塾のテキストにこういう問題がでました。

次のA~Jのうち、分子をつくらない物質を選び、記号で答えよ

A 水 B 酸素 C 二酸化炭素 D 塩化ナトリウム E 水素

F 酸化銅 G 銅 H 炭素 I アンモニア J 塩素

この問題の意味が分かりません。

回答は、D F G H

なぜですか、なんかよーくわかりません。

解説には、塩化ナトリウムNaClや酸化銅CuOは、イオン結合でできた物質で、分子をつくらない。

という回答がありました。

僕の学校はイオンは入試にでないということでイオンについては一切習っていないので、

イオンのことはいっさいわかりません。


どうかこの問題を詳しく説明してください。

なんか、粉?みたいなやつが回答になってますね・・。よく分かりませんが・・。

一番よく分からないと思うのが、塩化ナトリウムというもの自体が分子なのに、分子をつくるのはどれかという質問が意味わかりません。

二酸化炭素は分子をつくるということになってますね・・・

CO2→C2O4とか?

塾のテキストにこういう問題がでました。

次のA~Jのうち、分子をつくらない物質を選び、記号で答えよ

A 水 B 酸素 C 二酸化炭素 D 塩化ナトリウム E 水素

F 酸化銅 G 銅 H 炭素 I アンモニア J 塩素

この問題の意味が分かりません。

回答は、D F G H

なぜですか、なんかよーくわかりません。

解説には、塩化ナトリウムNaClや酸化銅CuOは、イオン結合でできた物質で、分子をつくらない。

という回答がありました。

僕の学校はイオンは入試にでないということでイオン...続きを読む

Aベストアンサー

クラスに男の子が20人、女の子が20人いるとします。
座り方は色々あります。
どういう座り方をしても比は1:1です。
男の子の隣は必ず女の子である方がいいと皆が言ったとします。
これは並び方に対する希望を示していますからただ適当に座るのとは異なってきます。(適当に座る方がいいという希望であればそういう並び方になります。)
机の配置が縦横になっているとすると
○●○●○●○●
●○●○●○●○    (あ)
○●○●○●○●
●○●○●○●○
○●○●○●○●
になります。
間に通路があるとします。
○● ○● ○● ○●
●○ ●○ ●○ ●○   (い)
○● ○● ○● ○●
●○ ●○ ●○ ●○
○● ○● ○● ○●

(あ)と(い)はよく似ていますが違いもあります。
普通はこの違いは授業中だけのことですね。
もし休み時間になっても○●が離れずに一緒に行動しているとしたら○と●の間には(あ)にはない、特別の力が働いている事になります。

(あ)はイオン、(い)は分子のイメージです。

(あ)と(い)で比率は同じです。隣の関係もよく似ています。

イオンであるというのは正か、負の電気を持っているということです。正電気と負電気の間には引力が働きます。でも特定の相手でなければいけないという好みはありません。同じ大きさの電荷が同じ距離にあればどの電荷との間にも同じ力が働きます。だから(い)の状態が実現するためには(あ)にない特別の力が必要だということになります。この力がどういうものであるかがなかなか分からなかったのです。だから初めのうちは何でも(あ)で考えていました。

並び方は他にもあります。
○●○● ○●○●

●○●○ ●○●○  (う)

○●○● ○●○●

●○●○ ●○●○

○●○● ○●○●
この場合は4人一組です。
これも分子です。

(あ)(い)(う)を化学式で表したとします。
○をA,●をBとします。
(あ)・・・AB
(い)・・・AB
(う)・・・A2B2
化学式では(あ)と(い)の区別が出来ません。
(い)と(う)は比率は同じですが1塊としては異なることは明らかです。分子としては別物だと考えています。
この辺が結構混乱していることが多いです。
(い)(う)のように特定の塊が存在することがハッキリしているの出なければ分子が存在するとは言いません。(あ)には分子は存在しません。

(い)(う)以外にもいろんなパターンを考えることが出来ます。
●● ○○ ・・・・
で座る場合もあります。
塊が存在すれば分子ですが○●の場合と分子の種類は異なります。

○● ○● ・・・
から
●● ○○ ・・・
に変わったとすれば希望が変わったということです。
化学反応が起こったという事になります。力の働き方が変化しているのです。

比が同じだが塊の大きさが異なるという例を出しておきます。
C:H:O=1:2:1のばあいです。
CH2O:ホルムアルデヒド(ホルマリンの原料)
C2H4O2:酢酸(蟻酸メチルという物質も当てはまります。並び方が異なります。)
C6H12O6:ブドウ糖(当てはまる塊はたくさんあります。)

原子の種類と数が同じで分子としては異なるものを「異性体」と呼びます。

クラスに男の子が20人、女の子が20人いるとします。
座り方は色々あります。
どういう座り方をしても比は1:1です。
男の子の隣は必ず女の子である方がいいと皆が言ったとします。
これは並び方に対する希望を示していますからただ適当に座るのとは異なってきます。(適当に座る方がいいという希望であればそういう並び方になります。)
机の配置が縦横になっているとすると
○●○●○●○●
●○●○●○●○    (あ)
○●○●○●○●
●○●○●○●○
○●○●○●○●
になります。
間に通路があるとします。
○● ○● ○● ○...続きを読む

Q分子結晶と共有結合の結晶の違いは?

分子結晶と共有結合の結晶の違いはなんでしょうか?
参考書を見たところ、共有結合の結晶は原子で出来ている
と書いてあったのですが、二酸化ケイ素も共有結合の
結晶ではないのですか?

Aベストアンサー

●分子結晶
分子からなる物質の結晶。
●共有結合の結晶
結晶をつくっている原子が共有結合で結びつき、
立体的に規則正しく配列した固体。
結晶全体を1つの大きな分子(巨大分子)とみることもできる。

堅苦しい説明で言うと、こうなりますね(^^;
確かにこの2つの違いは文章で説明されても分かりにくいと思います。

>共有結合の結晶は原子で出来ている
先ほども書いたように「原子で出来ている」わけではなく、
「原子が共有結合で結びついて配列」しているのです。
ですから二酸化ケイ素SiO2の場合も
Si原子とO原子が共有結合し、この結合が立体的に繰り返されて
共有結合の物質というものをつくっているのです。
参考書の表現が少しまずかったのですね。
tomasinoさんの言うとおり、二酸化ケイ素も共有結合の結晶の1つです。

下に共有結合の結晶として有名なものを挙げておきます。

●ダイヤモンドC
C原子の4個の価電子が次々に4個の他のC原子と共有結合して
正四面体状に次々と結合した立体構造を持つのです。
●黒鉛C
C原子の4個の価電子のうち3個が次々に他のC原子と共有結合して
正六角形の網目状平面構造をつくり、それが重なり合っています。
共有結合に使われていない残りの価電子は結晶内を動くことが可能なため、
黒鉛は電気伝導性があります。
(多分この2つは教科書にも載っているでしょう。)
●ケイ素Si
●炭化ケイ素SiC
●二酸化ケイ素SiO2

私の先生曰く、これだけ覚えていればいいそうです。
共有結合の結晶は特徴と例を覚えておけば大丈夫ですよ。
頑張って下さいね♪

●分子結晶
分子からなる物質の結晶。
●共有結合の結晶
結晶をつくっている原子が共有結合で結びつき、
立体的に規則正しく配列した固体。
結晶全体を1つの大きな分子(巨大分子)とみることもできる。

堅苦しい説明で言うと、こうなりますね(^^;
確かにこの2つの違いは文章で説明されても分かりにくいと思います。

>共有結合の結晶は原子で出来ている
先ほども書いたように「原子で出来ている」わけではなく、
「原子が共有結合で結びついて配列」しているのです。
ですから二酸化ケイ素Si...続きを読む

Q有機物と無機物の違いはなんですか?

稚拙な質問ですいません。
有機物の定義とはなんでしょうか?
無機物とどこで線が引かれるのでしょうか?
有機化学と無機化学の違いはなんですか?
髪の毛は有機物?無機物?
ご教授ください

Aベストアンサー

有機物とは基本的に生物が作るもので炭素原子を含む物質です。また、それらから派生するような人工的で炭素を含む化合物も有機物です。ただ、一酸化炭素や二酸化炭素は炭素原子を含みますが無機物に分類されます。
無機物とは水や空気や金属など生物に由来しない物質です。

Q水素結合とはどういうものですか?

現在、化学を勉強している者です。水素結合についての説明が理解できません。わかりやすく教えていただけないでしょうか?また、水素結合に特徴があったらそれもよろしくお願いします。

Aベストアンサー

要は、「電気陰性度の大きい原子に結合した水素と、電気陰性度の大きい原子の間の静電的な引力」です。
電気陰性度の大きい原子というのは、事実上、F,O,Nと考えて良いでしょう。
電気陰性度の大きい原子と結合した水素上には正電荷(δ+)が生じます。また、電気陰性度の大きい原子上には負電荷(δー)が存在します。

水素が他の原子と違うのは、その価電子が1個しかないことです。つまり、他のイオンとは異なり、H+というのは原子核(通常は陽子)のみになります。他のイオンの場合には、内側にも電子格殻が存在しますので、原子格がむき出しになることはありません。
ご存じと思いますが、原子核というのは原子のサイズに比べてはるかに小さいために、H+というのは他のイオンとは比べ物にならないほど小さいといえます。もちろん、正電荷を持つ水素というのは水素イオンとは異なりますので、原子殻がむき出しになっているわけではありませんが、電子が電気陰性度の大きい原子に引き寄せられているために、むき出しに近い状態になり、非常に小さい空間に正電荷が密集することになります。
そこに、他の電気陰性度の大きい原子のδーが接近すれば、静電的な引力が生じるということです。
そのときの、水素は通常の水素原子に比べても小さいために、水素結合の結合角は180度に近くなります。つまり、2個の球(電気陰性度の大きい原子)が非常に小さな球(水素原子)を介してつながれば、直線状にならざるを得ないということです。

要は、「電気陰性度の大きい原子に結合した水素と、電気陰性度の大きい原子の間の静電的な引力」です。
電気陰性度の大きい原子というのは、事実上、F,O,Nと考えて良いでしょう。
電気陰性度の大きい原子と結合した水素上には正電荷(δ+)が生じます。また、電気陰性度の大きい原子上には負電荷(δー)が存在します。

水素が他の原子と違うのは、その価電子が1個しかないことです。つまり、他のイオンとは異なり、H+というのは原子核(通常は陽子)のみになります。他のイオンの場合には、内側にも電子格殻...続きを読む

Q分子式と組成式の違い

えっと…初歩的なことで今更あれなんですが、分子式と組成式の違いがよく分かりません。
お分かりになる方、お教えください。

Aベストアンサー

分子式というのは分子が存在する物質に限って用いられ、その分子に含まれている原子をその数とともに示したものです。
たとえば、水:H2O、アンモニア:NH3といった感じです。


組成式というのは、その物質を構成している原子を最も簡単な整数比で表したものですが、それには2つの可能性があります。
(1)分子が存在する場合でも、種々の理由によって、分子式で表すのが困難な場合には組成式で表します。
たとえば、ダイヤモンドやイオウは高分子ですので、分子式で表そうとすれば構成している原子数を知る必要がありますが、それは個々のダイヤモンド等によって異なっており、正確な原子数を知ることは不可能です。したがって、ダイヤモンド:C、イオウ:Sのように表します。
また、高分子以外でも、種々の理由によって、たとえばベンゼン:C6H6などを、CHという組成式で表すこともあるでしょう。

(2)分子を形成しない物質の場合には、組成式で表します。たとえば、食塩をNaClと表しますが、これはNaClという分子があるのではなく、Na原子(あるいはNa+)とCl原子(あるいはCl-)が1:1で含まれていることを意味します。イオン結合を形成する物質の中には、このように組成式で表されるものが多いと言えるでしょう。

分子式というのは分子が存在する物質に限って用いられ、その分子に含まれている原子をその数とともに示したものです。
たとえば、水:H2O、アンモニア:NH3といった感じです。


組成式というのは、その物質を構成している原子を最も簡単な整数比で表したものですが、それには2つの可能性があります。
(1)分子が存在する場合でも、種々の理由によって、分子式で表すのが困難な場合には組成式で表します。
たとえば、ダイヤモンドやイオウは高分子ですので、分子式で表そうとすれば構成している原子数を知る...続きを読む

Q科学反応式の結合手の数を教えて!

中(3)で受験生です。あせってます!!
先生が学校で結合手が酸素は何個で・・
とか教えてくれたんですが・・・・・・
さぁ~~~っパリ忘れました。
なので、結合手の数を教えてください。

酸素、炭素、ヘリウム、窒素、ネオン、ナトリウム
マグネシウム、アルミニウム、硫黄、塩素、カルシウム、鉄、胴、銀、金、水銀、亜鉛

などを特にお願いします(´Ш`)/

Aベストアンサー

どこからお伝えしたらいいだろ…

とりあえず、呪文

水兵リーベ ボクの船 なな まがある クラーク  シップス か

これは、周期表 H、He、Li、Be、B、C、N、O、F、Ne、Na、Mg、Al、Si、P、S、Cl、Ar、K、Ca に相当しています。

周期表20個分を覚えることで、原子番号が算出できると思います。

オクテットセオリーというものが ありまして、非金属元素で有効なのですが、一般的に、最外殻が8になると安定化します。

炭素であれば、原子番号6 に2を減じた4
8を満室とすると8-4=4 もともとある4つすべてを差し出しても同じなので、4つ。

窒素は原子番号7。 7-2=5
5つすべて放出するより、 8-5=3つもらう方がエネルギーが少ないので、手の数3つ

酸素は原子番号8。 8-2=6 8-6=2もらえれば安定なので、手は2つ

ネオンは原子番号10 10-2=8で 単独で安定

ナトリウムは原子番号11 11-2-8=1
7つもらうより、1個放出した方が楽なので、+1個の手

となっていきます。

アルミニウムは3,硫黄は2ないし6つ、塩素1、カルシウム2,鉄2ないし3、銅2ないし1、銀1
金はほとんどイオン化しないので、考えなくてもいいんじゃないかと思いますけど。
亜鉛が2

など、金属原子は、具体的な塩の化学式
Al(OH)3 とか、Fe2O3、H2S、HCl、AgCl、CuO、ZnCl2などとともに覚えるといいように思います。

どこからお伝えしたらいいだろ…

とりあえず、呪文

水兵リーベ ボクの船 なな まがある クラーク  シップス か

これは、周期表 H、He、Li、Be、B、C、N、O、F、Ne、Na、Mg、Al、Si、P、S、Cl、Ar、K、Ca に相当しています。

周期表20個分を覚えることで、原子番号が算出できると思います。

オクテットセオリーというものが ありまして、非金属元素で有効なのですが、一般的に、最外殻が8になると安定化します。

炭素であれば、原子番号6 に2を減...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング