有機合成で、水酸基にトリフラートを導入するため無水トリフルオロメタンスルホン酸を使用します。10gのアンプル(和光で購入しました!)を購入したんですが、全量使用しないため、余ったのは茶褐色のサンプル瓶に移し、水分が入らぬようパラフィルム等で巻いて、冷蔵庫に保存しておいて大丈夫でしょうか?(試薬の説明見ると水分を吸うと分解すると記載があったため!)
使用したことがある方いらっしゃいましたら、臭い、危険性等含めよろしく回答の程よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 化学系の研究室ならMerkIndexとかあると思いますが、ウェブ上でもCAS No.=358-23-6 で情報は記述してありますので参考にして下さい。


 強酸の無水物ですので皮膚刺激性があり、ゴム手袋の使用が推奨されてます。また、保存法はNo.1で回答されているrei00 さんのおっしゃる通りで、湿気と激しく反応して分解して強酸を生成しますので、あとは加速度的に分解します。
 私も良くやってしまいますが、また封管するのが面倒でパラフィルムくらいで密栓したつもりで冷蔵庫保管するのですが、これは駄目でしょうね。あと、冷蔵庫から取り出してすぐに蓋を開けようとする人がいますが、あれでは瓶の中で露結して下さい、と言わんばかりのやり方ですので、その後の試薬の寿命は当然短くなります。
 姑息な手ですが、バイアルに詰めてゴム付きの口栓をかしめて蓋をして、後はシリンジで抜いて使う、という手は如何でしょう。これも長期には保管しないことが前提ですが・・・
 ちなみにトリフルオロ酢酸無水物の場合は毎回トリフルオロ酢酸と五酸化リンで無水化して使う量だけ作ってました。沸点が40度で保管が大変なのと、買うと高かった(学生時代のこと)のが理由でしたが。実験結果をうまく出したいのなら、もったいないようですが、使い切りの使用が正しいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。MerkIndexは研究室あいにくありませんし、CASもWEBで検索できるということのようですが、方法教えていただけると幸いです。
さて、試薬のことについてですが、やはり使い切りが一番よさそうですね。10gといえども、密度は1.320で7.5mlしか入ってませんので・・・。類似の化合物も同時にトリフラートにしようと思ってますので、一回でやはり使い切るのが無難ですね。(まだこの試薬を用いて合成法が確立できるわけではありませんので・・・。)
ところで、トリフルオロメタンスルホン酸無水もこの方法で作ることできるんでしょうか。(参考文献ご存知でしたら、酢酸の方でもいいです。よろしくお願いします。)

お礼日時:2002/02/26 00:06

 「無水トリフルオロメタンスルホン酸」は使用経験がありませんが,他のアンプル入り試薬の使用経験に基づく回答です。



 まづ第一に,指導教官の方あるいは先輩の方にはお尋ねになりましたか? 以下は一般論ですが,あなたの研究室での習慣があるかも知れません。具体的には,それらの方に聞くのが一番の方法です。


以下は一般論です。

 試薬はキチンと口を閉じて保存するべきものです。

 アンプルの場合は・・・。何のためにアンプルに入れて売っているのでしょうか? そうする必要があるから(今の場合は,水を吸って分解するから)ですね。でしたら,当然,使用する度に封じるべきですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いつもお返事ありがとうございます。以前かなり前に求核置換で投稿したものです。その後いろいろと試しているんですが、ここの部分の合成法を確立していません。プレニルブロミドをグリニヤーや銅試薬で極性転換させ、脱離基による求核置換を何とか達成できればとおもっています。TSで検討していたんですが、やはり高次クプラートを用いると反応は何か起こっているんですが、プレニル基はNMRでは、ピークがはっきりしなくて、(もしかしたら転位が起こっている可能性もあります。)以前グリニヤーで塩化トリメチルシリルの求核置換ではプレニル基入っていることが確認できたので、グリニヤ経由を用いようと思い、その場合脱離能の高いトリフラートと思い、1級アルコールですがグリニヤ臭化銅で反応している文献があるので、その方法でやってみようと思い今回質問した次第です。試薬は、少量なので、一度に使い切ってしまうほうが無難なので相しようとおもっています。
求核置換は結論でるのに時間かかりそうですね!
進展あれば、返信しますのでよろしくお願いしますね。

お礼日時:2002/02/26 00:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q綺麗な敬語や丁寧語や尊敬語で質問や回答をすると……。

綺麗な敬語や丁寧語や尊敬語の文章で質問や回答をすると、
女性の質問者や回答者に、間違われたりするのでしょうか?

ちなみに、私は男性ですが、女性の質問者や回答者に
間違われた事が、過去に有りました。

それでは回答、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

コクヨウさん いつもユニークな質問だなあと拝見しております

私は回答がほとんどなのですが コクヨウさんに限らず、質問の文体や内容によって性別が判断しにくい場合は結構あります。
(別に質問に性別は関係ないだろうという意見もあるかもですが)

ですので女性だと思って回答した後に 補足やお礼などで『あら?男性だったのね…』(その逆もある)ってことは結構あります。

内容によっては 性別がわかれば回答も少し違った表現になったのになあ と思うこともあります。


話は変わりますが 私は回答する場合、こっちの年齢や性別をあえて提示して答える場合もあります。
特に年齢や性別を絞って回答を希望する質問だったり、質問者の年齢が自分と大きく異なる場合
『40後半女性です。一意見として回答することをお許しください…』と前置きして書くことが多いです

コクヨウさんは文体が丁寧なのと、感覚がちょっと男性としては繊細な印象(良い意味)の事が多いので、女性的な視点もお持ちの方なのかも…と勝手に想像しています。

お気に障ったらごめんなさい。

Qルイス塩基と求核試薬(ルイス酸と求電子試薬)

同じ化学種でも反応機構によって呼称が違うのですか?
ある化学種と別の化学種が反応する時、求核剤として働いているのかルイス塩基として働いているのか見分ける方法はあるのですか?化学構造から判断するのですか?それとも各々の反応ごとに覚えなければいけないのでしょうか?

Aベストアンサー

「回答に対するお礼」を拝見しました。

確かに私の回答は、あなたが興味を持たれていた点とは
多少かけ離れていましたね。お詫びというわけではないですが、
求核剤と塩基、どちらとして働くか?見分け方の一つの目安を。

たとえば同じアルコキサイドでもメトキサイドのほうが
tert-ブトキサイドよりも求核剤として働きやすい。
(速度論的な話で、求核剤としてどちらが強いか?という話ではありません。)

といったことは、立体的なかさ高さの点から予測できると思います。
特に、求電子中心も立体的にかさ高い場合、立体的にかさ高い
試薬は、求電子中心に近づくことが困難なため、塩基としてしか働けない。
といった傾向があると思います。

Q香り、形は丁寧語にすると…?

職場の人でちょっと「?」と思うような言葉を使う方がいるのです。
「香り」という単語と「かたち」という単語に「お」(御)をつけるのです。
おかおり、なんて言葉あるのかなあと思いまして…
「このようなかたちでよろしいでしょうか」という文章も、「このようなおかたちでよろしいでしょうか」と言うのです。
こんな日本語あるのでしょうか?
私もうまく丁寧語、尊敬語等使うことができないので、こちらで質問させて頂きました。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

「お・ご+名詞」は、尊敬語・謙譲語の他に「美化語」と分類される場合があります。

ただ、おパン・お洗濯機などと言わないように、美化語になじまない名詞も多数あります。
大分前に、おビールなどという言葉を最初に聞いたときはぎょっとしたものですが、今では慣れましたし、「おビール召し上がりますか」と言われて違和感を覚える方は少ないことでしょう。
このように時代や人の感覚によって美化語も変遷していくのだと思われます。

お香り・おかたち、なども、おそらく美化語のつもりで使っているのでしょうが、現在の日本では明らかに不自然な印象を与えてしまうでしょう。
  

Q粉末試薬か液体溶液試薬か

実験試薬を調製するときに、液体溶液試薬を購入するのと、粉末試薬を購入して調製するのと精度は違うのでしょうか?
実際は、0.01Nのチオ硫酸ナトリウム溶液を調製するのに、0.1Nのチオ硫酸ナトリウム溶液を購入して希釈するか、粉末のチオ硫酸ナトリウムを購入して調製するか、迷っているところです。

Aベストアンサー

滴定に用いるのであれば、市販品にはファクターfが記載されていると思いますので購入した方が精度もいいですし、調製する手間もいりません。

標準溶液としてチオ硫酸ナトリウム溶液を調製するのであれば、ファクターも求めなければならないですし、面倒なことが多い。

しかし、購入しても10倍希釈する必要があるということなので、どっちにしてもkololiさんの腕次第のような気がします。

Q社内で異動。業績や抱負に関する提出文書は丁寧語で書くべき?

社内で異動に伴って名目上の身分が変わることとなり、一応の審査手続きが必要になりました。書類として、これまでの業績と今後の抱負を提出する必要があります。そこで質問ですが、文章は『~と考えている。』などではなく、『~と考えています。』などの丁寧語で書くべきですか?

Aベストアンサー

faunaさんの会社の風習・文化があるかと思いますので、先輩等に確認された方がいいと思います。

ちなみに、うちの会社では、昇進審査の書類等は、「~考える」、「~を提案する」、「~の所存である」という書き方ですね。

Q試薬会社の試薬の濃度の定量方法について

化学関連会社の技術職に就いている者です。

試薬会社の試薬の濃度はどのように定量されているのでしょうか?

標準物質があるような物質であれば、その標準物質とトレーサビリティの取れた物質を用いて定量して、試薬を販売していることは分かります。

しかし、化学の分野では非常に多種の化学物質が存在します。それら全部には標準物質はないです。
そういった物質にも、試薬会社の試薬の注意書きには、濃度99.5%以上や50-65wt%などと記載されています。
これらの試薬はどのように定量しているのでしょうか。

その物質固有物性値(吸光定数など)から算出するにしても、まず純度100%のその物質がないとその定数を決められません。そして純度100%のその物質を用意しようとしても、純度100%であることの証明が出来ません。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

単純に、GC あるいはHPLCのピーク面積比の場合が多い。

Q日本語の敬語(丁寧語?)に関する質問です。

日本語の敬語(丁寧語?)に関する質問です。

インターネット上でたまに見かける、『くださいな』と言う表現がとても気になっています。
私の勝手な印象では、女性が使用する古風な口語表現なので、見掛けるサイトによっては不自然な気がしてしまうのです。

『ください』に『な』が付属した表現かと思いますが、この『な』の正体が調べてみても分かりません。
助動詞辺りかとも思いましたが、違うようです。

何かしらご存じの方、ご教示いただけませんでしょうか?

Aベストアンサー

「くださいな」の「な」は助詞です。
助詞「な」は、間投助詞、終助詞、格助詞の3つがあり、
この場合は間投助詞としての用法となります。

間投助詞「な」は、文節の切れ目、もしくは文の終止した所に用いて、
軽く詠嘆し念を押す気持ちを表します。
古くは文節の切れ目でも用いていたようですが、現代語に於いては
文の終止した所で用いる用法のみが残っているようです。
多くは「いらっしゃいな」「あげなさいな」のように
「~しなさい」(命令)の形の後に用いて、
命令の言葉を和らげる作用を持っています。

余談ですが、「それを言うな」とか「早くしな」などの「な」は
終助詞です。命令を表します。

ちなみに、このような疑問を持ったときは、
普通に国語辞典を引くとたいてい載っていますよ。
試しに「な」を引いてみてください。広辞苑がお勧めです。

Q脱水操作に使用する試薬

分配操作によって得られた有機溶媒層の脱水を行うのに硫酸ナトリウムを使用しているのですが、色々なサイトを見ていると硫酸マグネシウムや塩化カルシウムも使われている事に気が付きました。
これらの試薬はどのように使い分けるのでしょうか?

Aベストアンサー

塩化カルシウムはアルコールやケトンと付加物を作ってしまうので、
溶媒や目的物がアルコール性水酸基やカルボニル基を持つ
化合物に対しては使用できません。
(コロイド状になって収拾がつかなくなります)
逆にこの性質を利用して、少量の不純物として含まれるアルコールの除去に
カルシウム塩が使用されたりします。

一方、硫酸マグネシウム、硫酸ナトリウムには、特にそういった注意点は
なかったと思います。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%BE%E7%87%A5%E5%89%A4
(標題「科学」部分に、各種乾燥剤と留意点が出ています)

・・・塩化カルシウムはフェノール化合物でも使用不可だったようです。

Q「垣間見る」を丁寧語(謙譲語?)にすると??

「垣間覗う」という表現を聞いたことがあるような気がするのですが、自分で文を書いていてこの用法と漢字が正しいのかどうか自信なく、こちらで質問させていただきます。使用する場面としては、初対面の相手の身のこなし等から育ちのよさを「垣間見る」ことができた、というような文章を、もう少しへりくだって丁寧な言葉遣いができればと思いました。

Aベストアンサー

垣間見るとは字のごとく「垣根の間からちらっと見る」或いは「見てはならないものをちらっと見る」ことです。あまり行儀のよい仕草ではありません。(盗み見るほどではないにせよ)また行動の主体者は自分であり、謙譲語や丁寧語を使うべき相手がありません。

単なる言い換えなら、「育ちのよさが窺われた、覗われた」(顔色をうかがうのように、ひそかに探ったり、察知すること)または「育ちの良さが偲ばれた」(人柄が偲ばれる、のように本来見えないところを推し量ること)などではないでしょうか。

QGL38-430ネジ規格用のガラス瓶またはガロン瓶

GL38-430と言うネジ規格に合うガラスボトルを探しています。規格としてはアメリカの規格のようで、幾つかの試薬用のガロン瓶のネジ規格と合いますが(和光やシグマ)、瓶だけを入手できる方法を探しています。
あちこちの瓶の商社に聞いてみいましたが、元々瓶とキャップが合えば問題ないことですので、各社が自由に作成しているらしく、このネジ規格自体も聞いたことが無いばかりで断り続けられています。瓶の取扱先が分かる方、ご連絡ください。

Aベストアンサー

カタログを眺めてたらたまたま見つけました。
三商 研究実験用ガラス製品・機器総合カタログ 2003

褐色把手付中型瓶
商品コード 85-0449-4
品番 7562TA
カラー 褐色
公称容量 2500 cc
ネックサイズ 38-430
\ 1,720


人気Q&Aランキング

おすすめ情報