有機合成で、水酸基にトリフラートを導入するため無水トリフルオロメタンスルホン酸を使用します。10gのアンプル(和光で購入しました!)を購入したんですが、全量使用しないため、余ったのは茶褐色のサンプル瓶に移し、水分が入らぬようパラフィルム等で巻いて、冷蔵庫に保存しておいて大丈夫でしょうか?(試薬の説明見ると水分を吸うと分解すると記載があったため!)
使用したことがある方いらっしゃいましたら、臭い、危険性等含めよろしく回答の程よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 化学系の研究室ならMerkIndexとかあると思いますが、ウェブ上でもCAS No.=358-23-6 で情報は記述してありますので参考にして下さい。


 強酸の無水物ですので皮膚刺激性があり、ゴム手袋の使用が推奨されてます。また、保存法はNo.1で回答されているrei00 さんのおっしゃる通りで、湿気と激しく反応して分解して強酸を生成しますので、あとは加速度的に分解します。
 私も良くやってしまいますが、また封管するのが面倒でパラフィルムくらいで密栓したつもりで冷蔵庫保管するのですが、これは駄目でしょうね。あと、冷蔵庫から取り出してすぐに蓋を開けようとする人がいますが、あれでは瓶の中で露結して下さい、と言わんばかりのやり方ですので、その後の試薬の寿命は当然短くなります。
 姑息な手ですが、バイアルに詰めてゴム付きの口栓をかしめて蓋をして、後はシリンジで抜いて使う、という手は如何でしょう。これも長期には保管しないことが前提ですが・・・
 ちなみにトリフルオロ酢酸無水物の場合は毎回トリフルオロ酢酸と五酸化リンで無水化して使う量だけ作ってました。沸点が40度で保管が大変なのと、買うと高かった(学生時代のこと)のが理由でしたが。実験結果をうまく出したいのなら、もったいないようですが、使い切りの使用が正しいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。MerkIndexは研究室あいにくありませんし、CASもWEBで検索できるということのようですが、方法教えていただけると幸いです。
さて、試薬のことについてですが、やはり使い切りが一番よさそうですね。10gといえども、密度は1.320で7.5mlしか入ってませんので・・・。類似の化合物も同時にトリフラートにしようと思ってますので、一回でやはり使い切るのが無難ですね。(まだこの試薬を用いて合成法が確立できるわけではありませんので・・・。)
ところで、トリフルオロメタンスルホン酸無水もこの方法で作ることできるんでしょうか。(参考文献ご存知でしたら、酢酸の方でもいいです。よろしくお願いします。)

お礼日時:2002/02/26 00:06

 「無水トリフルオロメタンスルホン酸」は使用経験がありませんが,他のアンプル入り試薬の使用経験に基づく回答です。



 まづ第一に,指導教官の方あるいは先輩の方にはお尋ねになりましたか? 以下は一般論ですが,あなたの研究室での習慣があるかも知れません。具体的には,それらの方に聞くのが一番の方法です。


以下は一般論です。

 試薬はキチンと口を閉じて保存するべきものです。

 アンプルの場合は・・・。何のためにアンプルに入れて売っているのでしょうか? そうする必要があるから(今の場合は,水を吸って分解するから)ですね。でしたら,当然,使用する度に封じるべきですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いつもお返事ありがとうございます。以前かなり前に求核置換で投稿したものです。その後いろいろと試しているんですが、ここの部分の合成法を確立していません。プレニルブロミドをグリニヤーや銅試薬で極性転換させ、脱離基による求核置換を何とか達成できればとおもっています。TSで検討していたんですが、やはり高次クプラートを用いると反応は何か起こっているんですが、プレニル基はNMRでは、ピークがはっきりしなくて、(もしかしたら転位が起こっている可能性もあります。)以前グリニヤーで塩化トリメチルシリルの求核置換ではプレニル基入っていることが確認できたので、グリニヤ経由を用いようと思い、その場合脱離能の高いトリフラートと思い、1級アルコールですがグリニヤ臭化銅で反応している文献があるので、その方法でやってみようと思い今回質問した次第です。試薬は、少量なので、一度に使い切ってしまうほうが無難なので相しようとおもっています。
求核置換は結論でるのに時間かかりそうですね!
進展あれば、返信しますのでよろしくお願いしますね。

お礼日時:2002/02/26 00:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qルイス塩基と求核試薬(ルイス酸と求電子試薬)

同じ化学種でも反応機構によって呼称が違うのですか?
ある化学種と別の化学種が反応する時、求核剤として働いているのかルイス塩基として働いているのか見分ける方法はあるのですか?化学構造から判断するのですか?それとも各々の反応ごとに覚えなければいけないのでしょうか?

Aベストアンサー

「回答に対するお礼」を拝見しました。

確かに私の回答は、あなたが興味を持たれていた点とは
多少かけ離れていましたね。お詫びというわけではないですが、
求核剤と塩基、どちらとして働くか?見分け方の一つの目安を。

たとえば同じアルコキサイドでもメトキサイドのほうが
tert-ブトキサイドよりも求核剤として働きやすい。
(速度論的な話で、求核剤としてどちらが強いか?という話ではありません。)

といったことは、立体的なかさ高さの点から予測できると思います。
特に、求電子中心も立体的にかさ高い場合、立体的にかさ高い
試薬は、求電子中心に近づくことが困難なため、塩基としてしか働けない。
といった傾向があると思います。

Q粉末試薬か液体溶液試薬か

実験試薬を調製するときに、液体溶液試薬を購入するのと、粉末試薬を購入して調製するのと精度は違うのでしょうか?
実際は、0.01Nのチオ硫酸ナトリウム溶液を調製するのに、0.1Nのチオ硫酸ナトリウム溶液を購入して希釈するか、粉末のチオ硫酸ナトリウムを購入して調製するか、迷っているところです。

Aベストアンサー

滴定に用いるのであれば、市販品にはファクターfが記載されていると思いますので購入した方が精度もいいですし、調製する手間もいりません。

標準溶液としてチオ硫酸ナトリウム溶液を調製するのであれば、ファクターも求めなければならないですし、面倒なことが多い。

しかし、購入しても10倍希釈する必要があるということなので、どっちにしてもkololiさんの腕次第のような気がします。

Q脱水操作に使用する試薬

分配操作によって得られた有機溶媒層の脱水を行うのに硫酸ナトリウムを使用しているのですが、色々なサイトを見ていると硫酸マグネシウムや塩化カルシウムも使われている事に気が付きました。
これらの試薬はどのように使い分けるのでしょうか?

Aベストアンサー

塩化カルシウムはアルコールやケトンと付加物を作ってしまうので、
溶媒や目的物がアルコール性水酸基やカルボニル基を持つ
化合物に対しては使用できません。
(コロイド状になって収拾がつかなくなります)
逆にこの性質を利用して、少量の不純物として含まれるアルコールの除去に
カルシウム塩が使用されたりします。

一方、硫酸マグネシウム、硫酸ナトリウムには、特にそういった注意点は
なかったと思います。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%BE%E7%87%A5%E5%89%A4
(標題「科学」部分に、各種乾燥剤と留意点が出ています)

・・・塩化カルシウムはフェノール化合物でも使用不可だったようです。

QGL38-430ネジ規格用のガラス瓶またはガロン瓶

GL38-430と言うネジ規格に合うガラスボトルを探しています。規格としてはアメリカの規格のようで、幾つかの試薬用のガロン瓶のネジ規格と合いますが(和光やシグマ)、瓶だけを入手できる方法を探しています。
あちこちの瓶の商社に聞いてみいましたが、元々瓶とキャップが合えば問題ないことですので、各社が自由に作成しているらしく、このネジ規格自体も聞いたことが無いばかりで断り続けられています。瓶の取扱先が分かる方、ご連絡ください。

Aベストアンサー

カタログを眺めてたらたまたま見つけました。
三商 研究実験用ガラス製品・機器総合カタログ 2003

褐色把手付中型瓶
商品コード 85-0449-4
品番 7562TA
カラー 褐色
公称容量 2500 cc
ネックサイズ 38-430
\ 1,720

Q水酸基の親和性

回答、よろしくお願いいたします。

高分子合成の研究をしております。

質問なのですが、今水酸基のついているポリマーを作っており

水酸基が一級のものと二級のものを使っております。

その水酸基の水に対する親水性の違いについて研究を行っているのですがよくわかりません。

そこで質問なのですが、

1.一級水酸基と二級水酸基のどちらが水に対する親和性が高いか?

2.モノマーとポリマーでは水酸基の水との親和性が変化するのか?

できれば参考文献もあれば嬉しいです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

引用文献は無理ですが、
1.
>一級水酸基と二級水酸基のどちらが水に対する親和性が高いか?
分子量が同じなら、つまり異性体なら「大差無い」
1-プロパノール、2-プロパノールとも水と自由な比率で混ざります。
1-ブタノールの水への溶解度は7.45w%、2-ブタノールの水への溶解度は12.5w%、2-メチル-2-プロパノールは水と自由に混ざります。
1-ペンタノールの水への溶解度は2.19w%、2-ペンタノールの水への溶解度は4.46w%、3-ペンタノールの水への溶解度は5.15w%、2-メチル-1-ブタノール:2.97W%、3-メチル-1-ブタノール:2.67w%、2-メチル-2-ブタノール:11.00w%、3-メチル-2-ブタノール:5.55w%。
つまり、三級>二級>一級の順で水に溶け易い事になります。
文献:"ORGANIC SOLVENTS, pysical prpperties and methods of purification," J.A.Riddick, W.B.Bunger and T.K.SAKANO, Ed.s,, 1986, John Wiley & Sons.
会社の金で一冊お買いなさい。
2.
ポリマーの場合OH基を外に向けて丸まったものはかなり水に溶け易いと思われます。
ポリエチレンオキシドの水溶性が高い事からも、そう推定されます。

引用文献は無理ですが、
1.
>一級水酸基と二級水酸基のどちらが水に対する親和性が高いか?
分子量が同じなら、つまり異性体なら「大差無い」
1-プロパノール、2-プロパノールとも水と自由な比率で混ざります。
1-ブタノールの水への溶解度は7.45w%、2-ブタノールの水への溶解度は12.5w%、2-メチル-2-プロパノールは水と自由に混ざります。
1-ペンタノールの水への溶解度は2.19w%、2-ペンタノールの水への溶解度は4.46w%、3-ペンタノールの水への溶解度は5.15w%、2-メチル-1-ブタノール:2.97W...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報