ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

今度ドラマで、綾瀬はるかさんが検事役をすると聞いて、
検事役には若すぎるのでは?と、イメージで思ったのですが、
実際のところ、幾つからなれるのか知りませんでした。

検察官が現場に配属されるのは、最速で何歳なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

確かに、ちょっと若すぎかもしれませんね。



http://barexam.at.infoseek.co.jp/goukakudata.htm
によると、最年少の司法試験合格者が20歳から21歳程度、
さらに、司法修習が1年半ですから、最も若くて22歳弱に
なりますね。
と言うわけで、事実上の最短で、ちょうど綾瀬はるかさん程度ということになるでしょうか。
(実際には、司法試験に年齢制限はありませんから、もっと若いことも制度上は可能かもしれませんが。)
    • good
    • 2
この回答へのお礼

解説ありがとうございます。
理解できました。

お礼日時:2006/07/06 10:34

検察官への採用には,検事と副検事の2種があります。

検事になるためには,

1.司法修習生の修習を終えた者
2.裁判官の職にあった者
3.3年以上特定の大学において法律学の教授又は助教授の職にあった者
4.3年以上副検事の職にあって特定の試験に合格した者
のいずれかの資格を有していることが必要です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
参考になりました。

お礼日時:2006/07/06 10:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q検察官の出身大学による有利・不利

現在高2で検察官志望の者です。

今、志望校は一橋大学なのですが、この大学出身というのが不利になったりするのでしょうか?(派閥などの関係で)

また、有利になるとしたらどういう大学があるでしょうか?

受験する大学を決める参考にしたいので回答お願いします。

Aベストアンサー

>大学出身というのが不利になったりするのでしょうか?

残念ながら、検察庁には学閥が存在します。
検事総長は東大、京大卒が7割を占めていますし、各地方検察庁も同様です。
本当は違法なんですが、人情的に同窓が後任になる場合が多いようですね。
ただ、検察官は「個々に独立した存在」ですから、正義を求める姿勢があれば気にする必要はありませ3ん。
事実、岡山大学出身の田中森一は、東大京大卒が多数を占める検察のエリート集団である東京地方検察庁特捜部に所属し、輝かしい成果を残しています。
彼は「特捜エース検事」として有名でした。

Qなぜ裁判官や検察官になることを避け、弁護士になる傾向があるのでしょうか?

公務員としては最高の待遇なはずですが・・・。

理由をお教えください。

Aベストアンサー

 既に回答にあるとおり,裁判官や検察官になるには,上位の成績でなければなりません。裁判官も検察官も公務員ですから定員があります。定員を超えて採用することができませんので,自ずと成績上位の者から採用されることになります。司法修習生のうち1割程度しか,裁判官又は検察官になれません。9割の者は弁護士にならざるを得ないのです。
 無論,成績上位の者でも弁護士を志望する方もいらっしゃいます。
 民事法を専攻した人が検察官を志望することは少ないので,裁判官志望よりも若干成績が悪くても採用されることがありますが,裁判官志望者はかなり上位成績でなければ採用されません。
 無論,成績上位の者でも弁護士を志望する方もいらっしゃいます。
 他の方の回答にあるとおり,裁判官も検察官も全国あちこちに転勤しなければならないので,これを嫌って弁護士を志望される方も居ます。

Q検察事務官の昇進試験について

検察事務官が検察官になるまでに試験を受けなければいけないと聞きました。
その内部の試験は、司法試験と同じ難易度、倍率、形式なのでしょうか?知っている方がいたらお願いします。

Aベストアンサー

ごめんなさい。
試験の具体的内容はちょっとわかりません。ただ、憲法、刑法、刑事訴訟法等の法律の基本的科目の試験があるのではないのでしょうか。法務省に電話すれば教えてくれると思いますよ。

あと、確か、試験合格後に一定期間研修があったと思います。

昇任というか、基本的には、検察事務官と検察官はまったく別個の職種と考えてもらったほうがいいと思います。検察官の種類に、副検事と検事があります。
検察事務官から検察官副検事になることは可能ですが、検察官検事になれないと思います。ここも法務省にお聞きになったほうがいいと思います。

Q検察官の採用の上限年齢は何歳くらいですか?

ロースクール入学のための受験勉強をしているものです。

弁護士志望なのですが、参考までに、もし検事になろうと思ったら、やはり採用年齢の上限はあるのでしょうか。何歳位までなら可なのでしょうか。

Aベストアンサー

http://www.kensatsu.go.jp/qa/qa1.htm
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q145813214
参考まで

Q副検事になるのは検察事務官からが多いそうですが、それは試験以外の考慮があるからですか?

こんにちは。
前回副検事についての質問をした際に、検察事務官から副検事になる人が多いというお答えを頂きました。
また、検察事務官として有能ならば上からの推薦状を貰えるということでした。
実際に検察事務官からなる人が大半の様ですが、これには推薦状の有無などの試験以外に考慮される理由があるからなのですか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

副検事は,副検事試験に受かりさえすればなれるので,試験以外に考慮されるものなんてありません。
いまいち質問が的を射ていない感が否めないのですが,なぜ検察事務官から副検事になる人が大半なのかを聞かれているということでいいのでしょうか?

結論から言えば,検察事務官が一番副検事の仕事を理解しているからです。副検事の仕事を一番間近で見ているのは検察事務官です。取り調べの調書の取り方,事件の記録が手元に来たときに見るところはどこか,実際に被疑者に何を聞けばいいのか,補充捜査は何をすればいいのか,その他副検事が事件を受け取ってから処分するまでの全てのことを,検察事務官は時には副検事の立会事務官として,検務部門の係員として,事務局の係員として全て見て,学んでいます。

副検事が働く場所はもちろん検察庁であり,検察事務官も,採用された時から検察庁で働いています。なので,検察事務官から副検事になった人なら検察庁の空気にも最初から染まっていますし,副検事として働いた時も,周りは知っている人ばかりなのでやりやすいのも事実です。

同じ公務員でも,やはり各省庁ごとに空気というか,カラーというか,感覚が違うようです。
検察事務官以外からなった副検事は,どうしても前にいた職場のカラーが抜けきれず,配属になった検察庁で他の人と浮いてしまうこともあるようです。

見当違いな回答でしたらすみません。

副検事は,副検事試験に受かりさえすればなれるので,試験以外に考慮されるものなんてありません。
いまいち質問が的を射ていない感が否めないのですが,なぜ検察事務官から副検事になる人が大半なのかを聞かれているということでいいのでしょうか?

結論から言えば,検察事務官が一番副検事の仕事を理解しているからです。副検事の仕事を一番間近で見ているのは検察事務官です。取り調べの調書の取り方,事件の記録が手元に来たときに見るところはどこか,実際に被疑者に何を聞けばいいのか,補充捜査は何を...続きを読む

Q警察官って大変な仕事なんですか?

私の友達で2人警察官がいました。
警視庁ではなく県警の警察官でした。

2人とも新卒時代に内定して数年頑張っていたのですが退職してしまったのです。

そして、現在は民間へ転職しようとしているらしいのですが、警察官で学んだスキルは民間企業では生かせないものばかりで、未経験者扱い、さらに、警察官をしていた年齢が+されて再就職すらままならない状態にあるそうです。

失礼な話ですが、警察官なんて暇そうな仕事だと思っていました

交番はいつも空っぽだし
原付でパトロールして隠れて捕まえるようなことばかりしてるし
給料だって大手企業と同じぐらいだし

ですが、辞めた友達の方と一緒に酒を飲んだ時に仕事の苦労話になって色々と教えてもらったのですが(私もワープアです)

・非番って休みだと思ってたら、実は仕事がある場合は緊急でも駆けつけられるようにする「待機状態」で事実上は休みじゃなかった
・上司や周囲との人間関係が辛かった
・常に稽古や訓練や仕事の縛りがありすぎて自由がなかった
・給料は高いが時給にすれば×××円程度で残業代もピンハネしてる
・休日もあるが、それも緊急の場合は返上して応援に向かうから気の休まる時が無い
・捕まえる時も警察官の言うことを認めない人、反発する人、暴行を加えてくる人は沢山いたし、やりすぎると処分されるから対応が大変で職務質問も難しくなった
・安心して休める時間が無い、時差ボケするし心身共におかしくなる

まぁ、などなどで色々な愚痴を聞きましたが、職務質問などはそれのおかげで犯罪の6割ぐらいが解決されると聞きました。ゆえに警察官はそれなりの職質や検挙の回数を設けられているそうなんです。(まぁ、警察にやる気ないと治安は悪化するし当然のことかもしれませんが)

散々2人の話を聞いてて思ったのですが、警察官でも結婚している方っているはずですよね?そういった警察官の方と辞めていく多くの警察官の違いって何ですか?

ちなみに2人とも体格はいいし、運動神経も抜群で友達も普通にいるタイプでした。勉強も偏差値58ぐらいの学校へ行ってたのでアホじゃないです。精神論の問題なのでしょうか?警察官って実は物凄く大変な仕事なのですか?年に四季を通じて募集をしているのは辞める人が多いからですか?

ご意見ください、よろしくお願いします。

私の友達で2人警察官がいました。
警視庁ではなく県警の警察官でした。

2人とも新卒時代に内定して数年頑張っていたのですが退職してしまったのです。

そして、現在は民間へ転職しようとしているらしいのですが、警察官で学んだスキルは民間企業では生かせないものばかりで、未経験者扱い、さらに、警察官をしていた年齢が+されて再就職すらままならない状態にあるそうです。

失礼な話ですが、警察官なんて暇そうな仕事だと思っていました

交番はいつも空っぽだし
原付でパトロールして隠れて捕...続きを読む

Aベストアンサー

>警察官って大変な仕事なんですか?

大変に決まっているでしょう・・・

>失礼な話ですが、警察官なんて暇そうな仕事だと思っていました

まったくもって失礼な話ですね・・・全国の警察官の方に土下座してきて欲しいぐらいです。よく、警察官のことを公僕やら給料ドロボウとか呼ぶ方々がいますけど、じゃあお前ができるか?って言いたいです。

実際に警察組織で「給料ドロボウ」と呼べるぐらいに楽しているのは偉い階級のエリートだけです。(最低でも警部以上)

エリート警察官は国(1)合格して警部補からスタートしますから甘い汁を吸えるのはそういった1部の警察だけです。残りの県警や警視庁に採用されるのは大卒試験だろうと、高卒試験だろうと全てが「ノンキャリア」と呼ばれる警察官で民間で言うところの「平社員」と一緒です

実際に警察官の試験を「受験する人間の層」をご存知でしょうか?
高学歴な受験生なんて殆どいません。大体が偏差値50程度の学校へ通学している方々です(大学で言えば日東駒専レベルあれば十分)ではなぜ、そうなると考えますか?なぜ春、夏、冬に採用しているかわかりますか?それは民間でも言えることですが、「それだけ辞める人がいる」からなんです。「楽なお仕事だったら誰も辞めませんよね?」市役所なんかがいい例です。年に数人程度を春に募集するだけでしょう?そういうことです。

ご友人の方だって数年間、相当な苦労と苦悩を重ねた結果だと思います。警察官の技術が民間で生かせないというのも事実です。営業や製造が殆どですが、逮捕術なんて必用ですか?必用ないでしょう?だったら若い子やキャリアのある転職者を雇えばいいだけの話です。不況なんだし尚更のこと。

それでも辞めないとご友人達は心身共に持たなかったのでしょう
警察官が拳銃自殺をすることをご存知でしょうか?
そういった理由で辞めるわけにもいかず、続けるわけにもいかず、最終的に死ぬことで開放されるんです。それだけ過酷な仕事なです。覚えておいてください。

>警察官でも結婚している方っているはずですよね?

警察官の殆どは見合いです。理由は出会いの時間が無いから、育む時間も無いから手っ取り早いのです。しかし、世の中には恋愛(合コンや紹介)で自然に恋がしたい人もいますし一概にどうとは言えません。人それぞれ

まちがってもノンキャリアの警察官に「暇そう」とか言わないであげてください。彼等は我々の起こした不祥事の後始末や上司の苦労や苦悩を背負って毎日働いてくれているんです。隠れて検挙したり職務質問に必死なのも命令されてやむ終えずやっています。彼等に悪意はありません。そもそもルールを守らん連中が悪い。職質だって平和のためには必要です。応じないヤツがおかしいのです。

>警察官って大変な仕事なんですか?

大変に決まっているでしょう・・・

>失礼な話ですが、警察官なんて暇そうな仕事だと思っていました

まったくもって失礼な話ですね・・・全国の警察官の方に土下座してきて欲しいぐらいです。よく、警察官のことを公僕やら給料ドロボウとか呼ぶ方々がいますけど、じゃあお前ができるか?って言いたいです。

実際に警察組織で「給料ドロボウ」と呼べるぐらいに楽しているのは偉い階級のエリートだけです。(最低でも警部以上)

エリート警察官は国(1)合格して警...続きを読む

Q国家公務員と地方公務員の違い(転勤の有無と給料の違い)

国家公務員と地方公務員ってどう違うのかわかりません。
国家公務員は省庁の本部が東京にあるから東京に転勤になる事が多いのですか?

地方公務員はその地方に配属されてるから転勤にはならないのでしょうか?

それから、給料はどちらが多いのですか?

ちなみに30代前半の男性(国家公務員)の方で年収900万ある方っていらっしゃるのですか?

Aベストアンサー

 簡単に言えば、国家公務員は国の機関の職員です。国会議員をはじめとして、各省庁(本省)やその出先機関の職員ということです。一方、地方公務員は地方自治体の機関に所属する職員です。市役所や市立図書館、消防署員などが該当します。

 転勤については、地方公務員は文字通り、その地方自治体の職員ですから、その自治体以外への地域へ転勤することはまずないでしょう。あったとしても短期間(長くて半年くらい?)研修を行う程度だと思います。

 それに対して、国家公務員は国の職員ですから、守備範囲は全国区となるので、各地方へ転勤する事も少なくありません。特に昇格(係長次席から係長、係長から課長補佐など)する前に、一旦約2年間地方の出先機関へ転勤し、戻ってくると1つ上の役職に昇格するというパターンが多くなっているようです。

 給料については、一般的には地方公務員の方が国家公務員に対してやや多い傾向にあると思いますが、省庁や配属先にもよるでしょう。

>30代前半の男性(国家公務員)の方で年収900万ある方っていらっしゃるのですか

 私は、約10年前(30代半ば)で家の事情により国家公務員を辞めましたが、その時の年収は税込みで約750万円でした。
 キャリア組や技術のある技官ならば、900万円ある人も多くはないでしょうが、いると思いますよ。

 余計なお世話かもしれませんが、お見合いということなら、地方公務員の方をおすすめします。
 理由は、国家公務員は、結構帰りが遅くなることが多いからです。これも人に(というより配属先)によりますが、国会開催中などは、待機が命ぜられることや、予算審議の時期になると、毎日終電で帰ることも珍しくありません。
 家庭を大事にし、子供とのふれあい等を重視するなら、国家公務員より地方公務員の方がいいと思います。

 ただし、重複しますが公務員といえども、地方も国家も定時に出勤・退勤できるところは少ないですし、世間で思われてるほど楽な仕事では無いということは事実です。

 簡単に言えば、国家公務員は国の機関の職員です。国会議員をはじめとして、各省庁(本省)やその出先機関の職員ということです。一方、地方公務員は地方自治体の機関に所属する職員です。市役所や市立図書館、消防署員などが該当します。

 転勤については、地方公務員は文字通り、その地方自治体の職員ですから、その自治体以外への地域へ転勤することはまずないでしょう。あったとしても短期間(長くて半年くらい?)研修を行う程度だと思います。

 それに対して、国家公務員は国の職員ですから、守備...続きを読む

Q法学部・・・早稲田か慶應か

こんにちは。
友人の弟が今年大学受験生(現役)で法学に進みたいということです。
タイトルのとおりどちらにするか、ということなのですが、本人の希望では早稲田に行きたいようです。
友人は大学入試の際に慶應を受験・合格しているので、慶應で良いじゃないか、と思っているらしいです。
質問なのですが、法学部に関して、客観的に見て早稲田と慶應に違いはありますか?
例えば法学部においては早稲田のほうが~~だ、など、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

家庭教師派遣会社勤務です。

その回答は「希望する路線による」が正解でしょうね。

民間企業に就職するのなら、慶応でしょう。公務員なら人数が多い分、学閥が幅広い早稲田の方かな。ただし、弁護士などの法曹三曹になりたいのなら、そのどちらでもない中央大学法科の方がいいと思いますよ。

だから、一概にどっちがいいとはいいがたいです。民間企業でも、マスコミ狙いなら、早稲田の方が分があると思いますしね。

Q検察事務官のお仕事の実際

タイトルの通りです。
検察事務官の情報を集めています。ご教授よろしくお願いします。

なお、生の声も聞ければ幸いです。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

No.1です。
ご存知でしたら申し訳ありませんが、検察事務官になるためには、まず国家公務員ニ種試験を受け、
それに合格したら検察庁を官庁訪問し、検察庁の採用面接に合格するという手順があります。
これがオーソドックスな検察事務官への道だと思いますが、それ以外に検察事務官になる方法もあるのでしょうかね。
少なくとも私は聞いたことがありませんが、私が知らないだけなのかも知れませんので…(^^;)

私は今年の国家ニ種試験には合格しましたが、検察庁に官庁訪問をした時点で、
ハードで自分には厳しい仕事だと感じたので、結局検察庁の採用面接は受けていません。
官庁訪問については、地域によって差異があると思いますが、
私の地域の検察庁はまず第一回目の訪問では、50人程度での全体説明会と職務に対しての個別の質問受付が行われました。
二回目の訪問はお誘いの電話がかかってきた人のみが行くことができます。
これは7~8人でのグループ面接といった感じでした。やってみたい仕事や、志望理由などを聞かれました。
私の地域の検察庁では、その後、採用面接という運びでした。
ただ、どこの検察庁でも個別に筆記試験や論文試験を課すということはないと思いますよ。
そういった成績は、国家ニ種試験の方で証明されていますので。
検察事務官になるためには、まず国家ニ種試験でできれば高得点を出すことと、
面接で上手く自分をアピールすることが大切になってくると思います。(特に体力、気力など)

海外勤務については、国際捜査というものがあるので、検察官や検察事務官を海外に派遣することがあるためです。
外国に逃亡した犯罪人の身柄引渡しや、証拠品押収、他国との共同捜査などの仕事にあたるようです。
そのため、国家ニ種の職種の中では、検察庁は海外勤務のチャンスに恵まれているほうだと思います。

No.1です。
ご存知でしたら申し訳ありませんが、検察事務官になるためには、まず国家公務員ニ種試験を受け、
それに合格したら検察庁を官庁訪問し、検察庁の採用面接に合格するという手順があります。
これがオーソドックスな検察事務官への道だと思いますが、それ以外に検察事務官になる方法もあるのでしょうかね。
少なくとも私は聞いたことがありませんが、私が知らないだけなのかも知れませんので…(^^;)

私は今年の国家ニ種試験には合格しましたが、検察庁に官庁訪問をした時点で、
ハードで自分に...続きを読む

Q検察に呼ばれたら、検察庁で何するのですか??

(1)検察に呼ばれて検察庁にいったらどんな事するのですか?

(2)その日に不起訴や罰金刑とかある程度の処分は分かるのですか?

(3)略式裁判って裁判所に出頭して行われるのですか?
 普通のテレビでみる裁判と何が違うのですか?


私は器物損壊で現行犯で捕まってます。
一応謝罪と弁償は済んでますが、自分がやった馬鹿さにあきれています。反省もしています。
毎日が不安なのです。

Aベストアンサー

今年の8月15日に検察庁に出頭した経験者です。当方の経験から書きますね。
(1)警察から検察へ調書が行ってますからそれを元に話をするだけです。

(2)その日にわかることは検察が起訴するかどうかぐらいです。罰金刑に関してはその日に知ることは無理です。罰金刑になるということは罪ですから裁判所を通さないと決定しませんからね。

(3)略式裁判は裁判所には出頭せずに裁判官が被告(質問者さんです)と会わずに罪をどうするか決める裁判のことです。勝手に裁判所で判決が決まるのでテレビで見る光景と違う点は裁判官が書類上で決めてしまう、被告が出頭しない、被告が裁判官と会わないの3点くらいですか。

大体これくらいですね。こういう経験って普通の人はなかなか無いので不安かと思います。実際、当方も少し不安でした。それと経験談からのアドバイスです。おそらくこの程度の事件でしたら起訴猶予(前科がつかない)で済むと思います。器物損壊は軽い罪の方ですし謝罪と弁償が済んでいるのなら大丈夫でしょう。ただ検察官は事件の程度が低いため経験の少ない人に当たる可能性が高いです。(経験を積んだ検察官ってどうしても凶悪犯罪の方に回されますからね)ひたすら反省している態度を見せてその上で下手な事(主に調書の内容と違うことです)は言わないほうがいいです。検察官といっても所詮同じ人間ですから経験が低い人間に当たると進め方がなかなかわからないってことにもなりますからね。(当方の場合経験がない成り立ての検察官で苦労しました)それとあくまで検察官の機嫌が損ねないのがポイントです。検察官の態度次第で机上は不起訴の事件でも平気で起訴にしてきますからね。特に経験が無い検察官はなおさらです。裁判所側だって忙しいのです(ですから裁判員制度の導入が決まったわけですしね)ですがレベルの低い検察官だとそういう事実も無視して平気で起訴にしますからね。国家権力を盾に罵声、暴言、大声はもちろんの事、平気で嘘ついたりしますからね。あくまでキレずに冷静に対処してくださいね。事件の場であったことや調書の内容をそのまま言って反省していれば大丈夫ですから。あまり不安にならずにがんばってくださいね。

今年の8月15日に検察庁に出頭した経験者です。当方の経験から書きますね。
(1)警察から検察へ調書が行ってますからそれを元に話をするだけです。

(2)その日にわかることは検察が起訴するかどうかぐらいです。罰金刑に関してはその日に知ることは無理です。罰金刑になるということは罪ですから裁判所を通さないと決定しませんからね。

(3)略式裁判は裁判所には出頭せずに裁判官が被告(質問者さんです)と会わずに罪をどうするか決める裁判のことです。勝手に裁判所で判決が決まるのでテレビで見る光景と...続きを読む


人気Q&Aランキング