グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

父の49日法要前なのですが 兄が父名義の家と土地(300坪)を自分の名義に変更すると言って来ました。
介護が必要になった両親を 嫁いだ長女の私が引き取り介護していましたので 両親が住んでいた家は現在空き家となっています。 
兄はいずれは地元に戻ると言っていますが言葉だけのような気もします。

そこで質問なのですが
相続の権利があるのは 母、兄、私、妹の4人なのですが 兄が名義変更するにあたって 注意しなければいけないことは何でしょうか。

母は入院中でお金がかかりますし 妹も私も相続を放棄する考えはありません。
兄は 親の介護には無関心ですが 跡取りである事を前面に出して 預貯金も自分が相続するのが当然だと思っているようなので 今後の事が心配です。
なお 不動産関係 預貯金は私が全て管理しています。
どうぞよろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

「兄が名義変更するにあたって」ということは,


「その不動産をお兄様単独名義にする」ということですよね?
基本的に,そうする旨のお父様の遺言が存在しておらず,
他の相続人の全員が相続の放棄をしていなければ,
お兄様は,自分1人で(勝手に)自己の名義にすることはできません。

#遺産分割の決定前は,相続財産(遺産)は相続人全員の共有状態ですので,
 4人の共有(法定相続分に応じた持分の共有)名義にすることは可能です。

単独名義にするには,相続人全員で遺産分割協議を行い,
「当該不動産をお兄様が相続する」という内容の遺産分割協議書を作成する必要があります。
(その真正担保のために全員が実印を押捺し,印鑑証明書を添付します)
また,他の相続人が「自分には相続分はありません」といった内容の証明書を作成(実印押捺,印鑑証明書添付)しても,
同様の効果が得られてしまいます。
そういったものを渡してしまうと,単独名義にされてしまう可能性がありますので,
そうしないように気を付けておくべきでしょう。

お母様が認知証のために意思表示ができないとのことですが,
成年被後見人の審判を受けなければ,成年被後見人としての保護が受けられません。
お母様の権利を守るためにも,しておいたほうが良いと思います。
成年後見制度に関する参考:リーガルサポート
  http://www.legal-support.or.jp/

あと,現金と預貯金に関しては,
もしもそこから支払ったものがあるならば,できるだけ領収書をとっておいたほうが良いです。
使途が明示できない遺産の消費は,相続人間の争いの元になります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

NO.5の方へのお礼で書かせて頂いたように 法要の後 親戚の方達立会いのもと 遺産の分割方法が決まりました。
兄はとりあえず自分の取り分の名義変更だけはしておこうと思ったようで 遺産分割協議の事も 成年後見制度の事もよく知らないようでした。 
今後は 誰が後見人になるか という話し合いになると思いますが 家裁からのチェックもあるでしょうから 兄がやりたいと言えばそれでもいいと思っています。
アドバイス本当にありがとうございました。

お礼日時:2006/07/12 16:38

> 跡取りであるとの理由で 家と土地は全て兄の名義に変更する事に決まりました。


> もう一箇所 同程度の資産価値のある不動産があるのですが そこは 今まで両親の介護をして来た私にと言ってくれましたが それでは母や妹の取り分が預金だけになってしまって あまりにも差が出てしまうので この不動産は母の名義にと 夫が申し入れ 皆に了承してもらいました。
> 預金は妹と私で等分します。

****************************

将来、お母さんが亡くなられた時お母さん名義の不動産をごきょうだい3人で相続する事態が生じますね。そのことは皆さんの念頭にあったのでしょうか。
お母さん亡き後、今回のような相続争いをするようなことが起こらなければいいですが法定相続人は質問者さん、妹さん、お兄さんの計3人です。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

兄や妹は あまり解っていないようですが 母が亡くなった後は いずれは兄妹3人で分割する事になるのは私と夫は承知しています。

この不動産は 現在貸し店舗になっていて 将来は土地区画整理の対象になっております。
今後の母のためにも 月々の家賃収入は貴重な財源だという事もありますが 兄も妹も経済的に苦しい生活をしており 母の名義にしたのは そのための夫の配慮です。

介護の苦労も理解しようとせず 財産目当てに 義両親を引き取ったんだろ とさんざん言われ続けて来た夫の意地も多少あるかも知れません。

法定相続人は確かに兄妹3人だけですが 専業主婦の私は この7年間介護のための費用を夫の収入に頼ってきました。
なので 母が亡くなった後 3分の一は相続させてもらうつもりですが それでも兄達が何か言ってくるようであれば 分割協議の時に 介護して来た事への特別寄与分を要求しようと思います。

アドバイス ありがとうございました。

お礼日時:2006/07/13 09:01

お兄さんの立場に立ったアドバイスが無いようですので、一言。



 おそらく、お兄さんは50代後半か思われますが、「ふるさとに帰る家と土地が欲しい。」という気持ちは尊重してよろしいのではないでしょうか?

 その気持ちが真実であるならば、一番良いのは、お母さんが生きておられる間の「家と土地」という不動産の固定資産税を、その気持ちの証としてお兄さんが支払い続けるようあなたから提案することです。ホントに帰ってくっるつもりなら売ったりしないので負担は名義変更と同じことです。それを嫌がる場合は、帰ってくるという気持ちにウソがあると思われます。

 不動産の固定資産税をお兄さんが払い続けることができれば、お母さんが亡くなられたときにはじめて、正式に遺産分割協議をしてお兄さんに譲っても良いのではないでしょうか。

 「いつまで払い続ければいいのか?」とお兄さんは怒るかもしれませんが、それは、あなたが「認知症の母の世話をしている間」つまりお母さんが生きている間と説明すれば、分かってくれると思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

NO.5の方へのお礼で書かせて頂いたように 法要の後 親戚の方達立会いのもと 遺産の分割方法が決まりました。

兄はすでに現在住んでいる土地に自宅があり その資金の一部は亡き父が負担しました。
そういう経緯もあり本当に田舎に戻るかどうかは 10年後の定年を待たないとわかりませんが 皆の前で必ず帰ってくる 家や土地を売る事は無いと約束しましたので 後はそれを信じてみようと思います。

************************

これから 母の後見人を決め 遺産分割協議書を作成する事になりますが また何か困った事がある時は ここでお世話になりたいと思います。

皆さま本当にありがとうございました。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

お礼日時:2006/07/12 17:08

 早目に、弁護士等の専門家に相談し、今後


お兄さん夫婦との直接交渉は避けたらいかが
でしょうか?

 このような遺産を巡るトラブルは、見当違
いをしている親戚などから、あらぬ誹謗中傷
を受けたりして、精神的消耗も少なくなく、
身内ではまとまり難いから、法律にその判断
を仰ぐという制度があるのだと思います。

 相談の際は、出来れば妹さんと一緒に弁護
士事務所を訪れ、どうするのが妥当な方法な
のかを聞かれるのが良いでしょう。

 弁護士事務所では、理解出来ない事は理解
出来るまできちんと聴くようにして下さい。

 よく相談料だけで高額の費用を取られると
言う人がいますが、逆をかえせば相談料の元
が取れたと思うような内容を聞き出してくれ
ば良いだけの話だと思います。

 その為には、あらかじめ書店・図書館で財
産分割に関するトラブルについての解決方法
などを調べて置いて、それでも理解出来ない
点に重点を置いて相談するようにすればよい
と思われます。相談内容を簡潔にまとめたも
のを持っていくのがよりベストだと思います。

 結局、金が絡めば道徳が引っ込みがちにな
るのが人間の習性だと割り切り、その面だけ
を見て全人格だと判断せず、遺産分割につい
ては専門家の意見に従い、その方を通して自
分の意見を述べさせていただきます。と言う
ように対処されたらいかがでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

NO.5の方へのお礼で書かせて頂いたように 法要の後 親戚の方達立会いのもと 遺産の分割方法が決まりました。

私も 兄妹だけの話し合いでは おそらく決着が付かないのではと思っていましたので その時は弁護士さんにお願いする事も考えていましたが 兄妹がうまく行っていないことを憂慮した親戚の人達が 間に入ってくれて今思うと本当にありがたく思っています。

アドバイス本当にありがとうございました。

お礼日時:2006/07/12 16:43

>母にだけはちゃんと法で決められた分は残してあげたいと思います。



ここで大切なことを一言付け加えるならば、「私はいらないが母だけにはあげて下さい。」とは云えないのです。(云ったとしても、それは法律的な請求権ではないのです。)
何でもそうですが、他人に請求する(広義なこと)には自己の利益(広義なこと)がなくてはならないのです。
ですから、冒頭のようになります。
hanamizuki1413さん自身が放棄するかしないかの問題です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありません。
49日の法要が終わった後 親戚から 今後の事が心配なので 兄妹の話し合いの場に参加させて欲しいという申し出があり 父方、母方の本家筋と 兄嫁の実兄の5人の方の立会いのもと話し合いを行いました。

結果 跡取りであるとの理由で 家と土地は全て兄の名義に変更する事に決まりました。
もう一箇所 同程度の資産価値のある不動産があるのですが そこは 今まで両親の介護をして来た私にと言ってくれましたが それでは母や妹の取り分が預金だけになってしまって あまりにも差が出てしまうので この不動産は母の名義にと 夫が申し入れ 皆に了承してもらいました。
預金は妹と私で等分します。

「近くにいるんだから親の面倒をみるのは当たり前だろ」と言い続けて来た兄夫婦でしたが 親戚の前だという事もあるでしょうが「今までみんな押し付けた形になって悪かった。これからも母の事を頼みます」と言って頭を下げてくれました。
私が欲しかったのは 兄達のこの言葉でした。
ずっと私を支え続けてきてくれた夫や子供達への感謝の気持ちを忘れずに生きて行きたいと思っております。

アドバイス 本当にありがとうございました。

お礼日時:2006/07/12 16:27

>母が認知症で 署名も意思表示も出来ませんので 後見人を決めるない限りは 遺産分割協議書の作成は難しいかなと思っています。



その状況であればそうですね。でもどのみち後見人は決めないとだめでしょう。

ちなみに単純に法定相続割合であれば不動産持分登記は可能ですよ。

>元々土地の半分の畑の部分は 父が私に と言ってくれていて
これは分筆も必要になるし、持分登記ではなくなるので遺産分割協議書を作成して相続登記完了させないと無理ですね。

>つくづく父に遺言書を書いておいてもらえば良かったなと思う毎日です。
遺言状があればその通りにとりあえずは登記など出来ましたね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり後見人を決めた方がいいのでしょうか・・。

兄が名義変更を主張している家と土地は 固定資産税の評価額から計算すると 全体の資産の半分近くになります。
なので簡単には認められないなと思っています。

遺産分割協議書の事を含め あまり焦らずじっくりと考えてもらって その上で慎重に事を運ぼうと思います。
ありがとうございました。 

お礼日時:2006/07/08 01:12

相続については、法定相続割合(母は1/2、子供は残り1/2を3等分)を念頭に、お互いに話し合い、その協議結果を遺産分割協議書にまとめて、署名、実印捺印、印鑑証明書添付します。



分割の難しい不動産が存在する場合には、それ以外の預貯金金額などと照らし合わせて考えねばなりません。
はっきり言うと単純ではないのでご質問だけではどのようにすればよいのかというのはお答えできかねます。

なお不動産は共有物として皆が持分登記するということも出来ます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

母が認知症で 署名も意思表示も出来ませんので 後見人を決めるない限りは 遺産分割協議書の作成は難しいかなと思っています。
元々土地の半分の畑の部分は 父が私に と言ってくれていてそれは 兄も妹も何度も聞いて知っているはずなのに 兄だけは「そんな事は聞いていない」と言い張っています。
つくづく父に遺言書を書いておいてもらえば良かったなと思う毎日です。
アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2006/07/07 13:25

>注意しなければいけないことは何でしょうか。



と云いますが、本当は賛成ではないのではないですか。
賛成ならば、hanamizuki1413さんは印鑑証明書を兄に渡し、司法書士に云って登記を済ませてください。(これを「相続協議が整った」といいます。)
そうではなく、hanamizuki1413さんは、兄に所有名義が変更することに反対しているのではないでしようか。
母も病状にあるなら、なおさらです。
そうすると、兄に「名義変更は反対なので法律で決まっているように遺産分割したい。」とはっきり云ってください。
そのなかで、さまざまな事情を考慮して、なかよく分け合って下さい。
もし、どうしても、こじれるようなら家庭裁判所で相談して下さい。
無料ですし、親切に教えてくれます。
そのなかで、「調停の申立」と云う方法もありますし、「審判の申立」と云う方法もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

兄夫婦がもう少し思いやりのある人達なら 家も土地も兄に相続してもらい 私と妹はそれなりのものを貰えれば・・・と思っていますが 跡取り夫婦を豪語するわりには 10年間墓参りさえした事がなく 先々ちゃんとお墓を守って行ってくれるのかも心配な状況です。
できれば裁判所等にはお世話にならずに兄妹間の話し合いで と思っていますが 以前から親の財産に執着していて あり得ないような嫌疑を私にかけ続けて来ている事もあって 正直何を考えているのか 怖くなる時があります。
万が一の時は 私は貰えなくても 母にだけはちゃんと法で決められた分は残してあげたいと思います。
アドバイスありがとうございます。

お礼日時:2006/07/07 13:19

遺産の分割はちゃんと合意できているのでしょうか。


ちゃんと協議して遺産の分割方法をきめて遺産分割協議書を作るべきです。特に跡取りだからということですべての遺産を引き継ぐ権利はありません。
なお、被相続人名義の預金を引き出したり、登記の変更をしたりするには、遺産分割協議書か家庭裁判所の審判の確定判決がいります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

母が重度の認知症なので 遺産分割協議書を作るのは難しいのではないかと思っています。
後見人も決めていませんので 受取人が母になっている父の生命保険も請求できない状態です。
なので 不動産はこのままにして 預貯金だけを法で決められた通りに 母が二分の一 残りを兄妹で3等分するのがいいのではないかと提言したのですが どうもそれでは不満なようで それで名義変更の事を言い出したのかなと思われます。
アドバイスありがとうございます。

お礼日時:2006/07/07 13:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q父死亡 家の名義変更は必要か。

先日父が死亡しました。  
年金だけの生活で、預貯金はわずかで、
30坪に満たない家を所有しているのみです。
郡部ですので、土地・家の評価格は低いでしょう。
母は健在で独りで住んでおり、当方・弟は一家を構え、別の場所で暮らしています。将来、母が亡くなったら、やむなく売却する予定でおります。

土地・家の名義は父ですが、これを誰の名義に替えたらいいのか、また どんな手続き・税金が発生するのか、簡単にお教えいただけますでしょうか。

Aベストアンサー

お母様が相続する場合、名義変更(相続登記)をしてしまうと、登録免許税を余分に払うことになるため、名義変更はしない方が良いと思います。名義変更(相続登記)は義務ではありません。

お母様が相続して名義変更をすると、まずそこで登録免許税がかかります。さらにお母様がお亡くなりになった場合、売却する際には必ず名義変更が必要ですので、もう一度登録免許税がかかり、結局2回登録免許税を払うことになります。
お母様が相続して名義変更をしない場合、お母様がお亡くなりになった後に1回だけ名義変更をすれば済みますので、登録免許税を1回分節約することができます。
なぜなら、1回でお父様名義から貴方・弟様名義に直接名義変更することができるからです。

お母様の心情を考えますと、夫婦で築いてきた財産ですので、とりあえずはお母様が相続するのが良いのではないでしょうか。

遺産分割協議書は必ず作っておく必要があります。
お母様が相続して名義変更をしない場合、お母様がお亡くなりになって貴方・弟様名義に名義変更をする際、お父様のご相続の時の遺産分割協議書も必要になります。

登録免許税は、固定資産税評価額×0.4%で計算できます。

お母様が相続する場合、名義変更(相続登記)をしてしまうと、登録免許税を余分に払うことになるため、名義変更はしない方が良いと思います。名義変更(相続登記)は義務ではありません。

お母様が相続して名義変更をすると、まずそこで登録免許税がかかります。さらにお母様がお亡くなりになった場合、売却する際には必ず名義変更が必要ですので、もう一度登録免許税がかかり、結局2回登録免許税を払うことになります。
お母様が相続して名義変更をしない場合、お母様がお亡くなりになった後に1回だけ名義変...続きを読む

Q父親名義の土地・家屋の相続(名義変更)について

認知症の父親が脳梗塞を発症して1年近く入院中です。

万が一の場合は法定相続人である母親と姉、弟(共に既婚)の了解の上で、長男である私が、母親を含めた家族が現在居住している土地・家屋を相続(名義変更)する予定でいますが、単純に口頭による「了解」だけで済ませるということでいいのでしょうか?。(既に了解は得ています。)

法的に必ず「遺産分割協議書?」を作成する必要があるのでしょうか?。

その場合相続開始の時点で、文字が書けない、痴呆が始まる等、母親の身体上の理由で、遺産分割協議書を作成することが困難になる可能性も否定出来ませんので、私が相続することを明確にさせておきたいと思っているのですが・・・。

世間のほとんどの世帯で「普通に長男が相続する」が当然のように行われているのではないのでしょうか?。

※ちなみに父親の財産としての土地・建物の固定資産税評価額は100万円以下、現金については預貯金等が数十万円程度あるのみです。

ご回答のほどよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 NO2です。

 生前贈与の契約が認知症・脳梗塞だからできない・・ことはありません。

 ぶっちゃけた話し、契約書は代筆と押印で作成すればいいのです。

 痴呆症の方の契約が有効となるかならないかは、その契約について
 無効であると主張する人がいるかいないかが問題になります。

 質問者様以外の法定相続人となる方々が、異議を述べない限り、
 契約は有効となります。

 世間的には、家長となるべき人が居住の目的となっている不動産を
 相続するのが一般的ですので、前段で述べました通り、質問者様
 以外の方が、後からグダグダと意義を述べないように念を押しての
 生前贈与の手続きが必要と思われます。

Q遺産分割で揉めています

先月父が亡くなり(母は3年前に死亡) 遺産分割をする事になりました。
相続人は 私(男)と妹です。
しかし 両親を引き取って介護をし 財産管理もしていた妹の提示した預金残高が想像以上に少なく 私は跡取りという事で実家の土地と家(2千万相当)生命保険金(300万)は相続する事になりましたが 預金は妹が3分の2を請求しているので300万ほどしか相続出来ないようです。
10年間空き家だった実家に 定年後は戻るつもりなので家のリフォーム等でも多額のお金がかかると思われます。
妹は 10年分の通帳 家計簿 介護記録等は提示していますが
巧妙な手口で親のお金を流用しているのではと思います。
その事を追求した所 妹の夫が「親の面倒をみてこその跡取りじゃないのか。家屋敷と生命保険金を相続出来るだけでも 感謝したらどうだ」と言い始め しまいには 「この分割で不満があるなら こちらは弁護士を立てる。銀行でも郵便局でも全部調べてもらって こちらに何の非も無い事を証明してもらう」とかなり怒りまくり 捺印前とは言え 分割協議書を破ってしまいました。
もし銀行や郵便局で調べて お金を流用した事実が出て来ず 妹が弁護士に分割を一任した場合 全遺産の半分を相続する・・・という事になってしまうのでしょうか。
この場合 跡取りである事や墓や仏壇を守って行く などと言う事は考慮してもらえないのでしょうか。

先月父が亡くなり(母は3年前に死亡) 遺産分割をする事になりました。
相続人は 私(男)と妹です。
しかし 両親を引き取って介護をし 財産管理もしていた妹の提示した預金残高が想像以上に少なく 私は跡取りという事で実家の土地と家(2千万相当)生命保険金(300万)は相続する事になりましたが 預金は妹が3分の2を請求しているので300万ほどしか相続出来ないようです。
10年間空き家だった実家に 定年後は戻るつもりなので家のリフォーム等でも多額のお金がかかると思われます。
妹は 10年...続きを読む

Aベストアンサー

No.6です。

まだ、どろどろの争いにはなっていなと思いまして、アドバイスをさせていただきました。
ただ、言葉が足りなかったので補足します。
弁護士が登場する前に、妹さんと二人だけで、話をしたほうが良いかと思います。
私個人の考えでは、将来のリフォーム費用の分まで要求すのはどうかと思います。
しかし、リフォーム後、質問者さん一家が住むだけでなく、妹さん一家がいつ遊びに来れるようにとの配慮も含まれているとしたら、そこは、話合いでしょう。
いくら、設備の良い病院だったとしても介護の負担はそれなりにあろうかと思います。
ですから、その点は素直に妹さんに感謝し、実家の建物のこと、祭祀の継承のことを冷静に話しあえばいいかと思います。
以上、アドバイスとして。

Q土地家屋の名義変更、自分で出来ますか?

資産価値800万円程度の土地家屋があります。現在は父親(10年前に他界)の名義になっているのですが、所有権を私に移したいのですが何をすればいいのでしょうか?やはり司法書士さんに依頼しないと出来ないものなのでしょうか?

相続人は私と兄と母です。私がその土地家屋を貰う事は了承済みです。
相続税は発生しません。

何分、予算がないので出来るなら自分で行いたいのですが・・・・

Aベストアンサー

質問者様のやろうとしたい事は、相続による所有権の移転手続きです。
(一般的に相続登記と言う)
相続登記は、法務局に、申請書と、それに関わるいろんな添付書類を添付して申請します。
自分でも出来ますし、司法書士等に、代理申請してもらうことも出来ます。
自分で行なうのは、非常に手間が掛かりますが、司法書士に頼む場合に比べて、
相当安く出来ます。

グーグルで「相続登記」で検索すると、たくさん参考になるホームページがヒットします。
参考URL http://homepage2.nifty.com/office_yamada/souzoku.html

上記等のホームページを参考にしてみて下さい。
または、法務局に相談窓口がありますので、そこで相談すると、申請書類を含めて、
そろえる書類等の説明が受けられます。

私なりの注意点として、被相続人(質問者様の場合は父)の出生から、死亡時までの連続した
戸籍謄本が必要ですが、父が本籍を何度も変更していると、そろえるのが大変です。
相続人(質問者様の場合は、質問者様を含め3人)の戸籍謄本は、現在の物のみで良い。
(抄本でも可)父のように、出生から、全部そろえる必要は無いです。
固定資産税評価証明書は、市役所でもらいますが、土地と建物は、別管理ですので、
土地及び、建物の両方を取得します。

>資産価値800万円程度の土地家屋があります。

自分で行なった場合の金額的な目安は、集める書類関係(戸籍謄本、印鑑証明等)と、
登録免許税です。登録免許税は、
固定資産税評価額(固定資産税評価証明書に書かれている)×4/1000(0.4%)です。
要は、固定資産税評価額が800万円ですと、3.2万円(収入印紙で収めます)になりますが、
通常、家の評価などは、古くなると、下がりますので、固定資産税評価額は800万円もないと思います。
(3.2万円の半分ぐらいかも?)
あと、自分には手に負えないとお感じなら、司法書士に頼む事になりますが、やる内容、集める書類は、同じですので、自分でそろえられる書類はすべて用意すれば、その分は安く依頼出来ると思います。

質問者様のやろうとしたい事は、相続による所有権の移転手続きです。
(一般的に相続登記と言う)
相続登記は、法務局に、申請書と、それに関わるいろんな添付書類を添付して申請します。
自分でも出来ますし、司法書士等に、代理申請してもらうことも出来ます。
自分で行なうのは、非常に手間が掛かりますが、司法書士に頼む場合に比べて、
相当安く出来ます。

グーグルで「相続登記」で検索すると、たくさん参考になるホームページがヒットします。
参考URL http://homepage2.nifty.com/office_yamada...続きを読む

Q母名義の家を生前に名義変更する事

母親名義の土地・家を、名義変更する場合の
必要な書類を教えて下さい。
税額はどのくらいかかりますか?

母親が現在住んでいる家に介護が必要になったため、
子の一人が同居する事になりました。
4人兄姉妹話し合いの結果、同居してくれる人に、自分の相続分を
渡すと意思表示をしています。
母は、同居してくれる子に相続させたい。

土地は200平方メートル・田舎ですので路線価格で1500万位かと思います。
築35年経過。

相続時に相続を放棄する事でも良いのですが、
もし、同居開始の時に、
生前贈与など著しく、無駄な行為では無いならば、
名義変更、したいと思っています。
同居する子に対して、他の兄姉妹の気持ちを
表すためです。

不明な事があったら、補足させて頂きます。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

親の名義の不動産を去年数筆 名義変更しました。登記も自分で行いました。法務局の無料法律相談へいけば、そう難しいことはありません。
雛形をもらい、かきかえてチェックしてもらう。提出するだけです。

巨額の生前贈与は言葉はあっても制度としては
”相続時清算課税”しかありません。(詳しくは要検索)

10~20万程度でリスクがなくなるので司法書士へ相談もいいでしょう。
調べるなら。
(1)相続時清算課税
(2)近くの法務局への無料登記相談(随時)
(3)死因贈与契約(登記)また遺言もありますこれならほぼ無税です。

はやまって贈与で移転登記するとかなりの贈与税が来ます。

Q土地の名義を勝手に変更されないようにしたい

土地の名義を勝手に変更されないようにしたい


母親名義の土地に、妹夫婦が妹の配偶者の名義の家を建てて母と同居予定です。

妹は「母と同居したい」というより「母の土地がほしい」という気持ちが
態度にもありありと出ていますが、
同居してほしい母は気にしていない素振りです。

同居を条件に家を建てるのを許しましたが、相続でもめないように
土地の名義を妹に変更するように母を言いくるめるかもしれません。

母がそうしたいのであれば私達にとめようがありませんが、
名義を変更したら母を追い出すかもしれません。
やはり母が亡くなるまで名義は変えない方が良いとは思うのですが、
過去の質問をいくつか読むと「実印と書類がそろっていれば他人でも可能」
という乱暴な回答もあり、妹がたとえ贈与税がかかろうとも強引に
名義を変更する可能性もあるかもしれず・・・

勝手に土地の名義変更をされないようにする手段はありますか?
もし内緒で名義の変更がされた場合、私達に知る手立てはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

権利証(登記済証)や登記識別情報を貸金庫に入れておくことはいかがですかね。
これらの資料が無い場合には、他の書類がそろっての登記申請が正式に受理されるかもしれませんが、本人の意思確認のために、本人の住所地へ郵便での確認がされることでしょう。
もちろん、同居者による行為であれば、同居者が成りすまして郵便物を受け取れば、その資料を持ち込むことで登記手続が進んでしまいますがね。

印鑑登録を削除するのも方法のひとつです。印鑑登録は何度も出来るでしょう。しかし、本人以外の者が印鑑登録をすることも出来るかもしれませんが、郵便での本人意思の確認がされますので、上記と同様の効果があるでしょう。

お母様が確認できる状況にすることで、妹さん夫婦からすれば、ある程度抑えられるかもしれませんね。

あとは定期的に登記の状況を確認するため、登記簿謄本などを入手することで、錯誤登記での訂正などをお母様本人の権利で可能になることでしょう。

登記の内容は公開が原則です。第三者が登記簿謄本などを得るのに資格や権利は不要ですからね。
そして、クレジットカードなどさえあれば、インターネットで確認することも可能でしょう。
登記変更があったら連絡をもらうという方法はありませんが、常に目を光らせ、手続きの一部での確認できる術を用意することで、代替手段と考えるしかないでしょう。

権利証(登記済証)や登記識別情報を貸金庫に入れておくことはいかがですかね。
これらの資料が無い場合には、他の書類がそろっての登記申請が正式に受理されるかもしれませんが、本人の意思確認のために、本人の住所地へ郵便での確認がされることでしょう。
もちろん、同居者による行為であれば、同居者が成りすまして郵便物を受け取れば、その資料を持ち込むことで登記手続が進んでしまいますがね。

印鑑登録を削除するのも方法のひとつです。印鑑登録は何度も出来るでしょう。しかし、本人以外の者が印鑑登録...続きを読む

Q親の葬式に際して、実家を出た子どもの立場は?

私たち夫婦は、二人とも実家を出て家庭を持って暮らしており、実家はそれぞれの兄弟が継いだ形で両親と同居しています。

親が健在のうちからこんなことを考えるのはどうかとも思う反面、両方の親ともかなり高齢になってきて、健康上の問題も出てきて入院することも度々となっており、いずれは来る日の事を考えておかなければとも思い、質問いたします。

親が亡くなり葬儀となった場合、喪主は同居していた兄弟がするのが自然だと思うのですが、実家を出た子どもの立場としては、葬儀を営む側の人間として葬儀費用をある程度負担し喪主をサポートするのか、それとも葬儀に出席する側の人間として喪主にお香典を出すのか、どちらなのでしょうか。

それによって、お金のことも含めて、心づもりしておかなければならないことが全く違ってくると思うのです。

ネットで「親の葬儀」などのキーワードで検索すると、「お香典は10万円が相場」とか出てきますが、実の子供として、また、喪主の実の兄弟として、それでいいのだろうか、という疑問もあります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>私たち夫婦は、二人とも実家を出て家庭を持って暮らしており、実家はそれぞれの…

兄弟は、子供のうちは確かに「家族」ですが、お互いが結婚して独立したら「近い親戚」に成り下がります。

>実家を出た子どもの立場としては、葬儀を営む側の人間として葬儀費用をある程度負担し喪主をサポートするのか…

葬儀や法事は、一族郎党の共催行事ではありません。
あくまでも喪主・喪家の単独行事です。

集まった香典は喪主のものであり、葬儀社やお寺などの支払いを済ませて残ったお金は喪主のポケットに入ります。
逆に、香典だけで支払分に足りなければ、補填するのは喪主の責であり、親戚が赤字を肩代わりする必用はありません。

要するに、葬儀や法事を営むことは、いずれ故人と同じ墓に入る者の責務なのです。
故人と同じ墓に入ることはできない分家した者や他家へ嫁いだ者は、あくまでもお参り客に過ぎないのです。

>それとも葬儀に出席する側の人間として喪主にお香典を出すのか…

喪主・喪家にもっとも近い親戚として、香典とともに供花や供物などが必用です。

>「お香典は10万円が相場」とか出てきますが、実の子供として、また、喪主の実の兄弟として、それでいいのだろうか…

10万円では足りないとお考えなのですか。
まあ、あなたの懐にお金が有り余っているならいくらでも出せば良いですけど、親戚間での冠婚葬祭は、ギブアンドテークが建前です。
慶事にしろ弔事にしろ、一度金品をもらったら、近い将来に相手方で同じようなことがあったとき、同じようにお返しをするのです。
多ければ多いほどよいというわけでは決してなく、多すぎてももらったほうで迷惑することがあるのです。

冠婚葬祭をド派手にやる地域でなければ、香典 5万円に供物や供花なども含めて 10万円弱も用意しておけばじゅうぶんでしょう。

>私たち夫婦は、二人とも実家を出て家庭を持って暮らしており、実家はそれぞれの…

兄弟は、子供のうちは確かに「家族」ですが、お互いが結婚して独立したら「近い親戚」に成り下がります。

>実家を出た子どもの立場としては、葬儀を営む側の人間として葬儀費用をある程度負担し喪主をサポートするのか…

葬儀や法事は、一族郎党の共催行事ではありません。
あくまでも喪主・喪家の単独行事です。

集まった香典は喪主のものであり、葬儀社やお寺などの支払いを済ませて残ったお金は喪主のポケットに入ります。...続きを読む

Q亡くなった父親の土地売却について

こんにちは。

皆様のお知恵を拝借したいと思い、下記の質問をさせていただきます。


5年前に父親が死去しましたが、土地の名義は父親のままで残っています。母親、兄、私の3人が法定相続人となりますが、家族間の揉め事等々今まで色々なことがあり、最終的に、この土地は私一人のものとなり、売却を考えています。


1)父親の死去後、父親名義の土地を売却するには、まず、土地の名義を私のものにする必要がありますか?
2)名義を変更するにあたり、相続に関する手続きをする必要がありますか?この際、母親、兄の承諾(押印)が必要でしょうか?
3)父親名義のままで、土地の売却は出来ると不動産会社の営業マンが入っていますが、本当でしょうか?
4)土地の評価額は5000万円くらいですが、相続するとなると、相続税は発生するのでしょうか。相続しないで売却する場合、譲渡税が発生するのでしょうか。
5)相続しないで売却した場合、その売却益は確定申告をすればよいのでしょうか。


母親、兄は一旦は土地の処分を全て私に一任し、利益(損益)が出ても一切関知しない、という念書を書いたのですが、いざ、売却しようという段階になると、お金が欲しいと言い出しました。父親の死去後、固定資産税を支払ってきたのは私ですし、母親と兄の念書があるので、万が一、相続ということになっても、二人の言い分は却下できると思っていますが、そのあたりも、どなたか教えて下さい。


何卒宜しくお願いします。

こんにちは。

皆様のお知恵を拝借したいと思い、下記の質問をさせていただきます。


5年前に父親が死去しましたが、土地の名義は父親のままで残っています。母親、兄、私の3人が法定相続人となりますが、家族間の揉め事等々今まで色々なことがあり、最終的に、この土地は私一人のものとなり、売却を考えています。


1)父親の死去後、父親名義の土地を売却するには、まず、土地の名義を私のものにする必要がありますか?
2)名義を変更するにあたり、相続に関する手続きをする必要がありますか?こ...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。

1.質問者様名義にする必要があります。被相続人名義のまま第3者に所有権移転登記をすることはできません。

2.相続を原因とする所有権移転登記をする必要があります。質問者様が相続することを証する書類が必要となります。戸籍関係書類に加え、遺産分割協議書・特別受益証明書などがこれに該当します。質問者様以外の法定相続人(質問のとおりなら、母と兄であり、叔父さんなどは相続人にはなりません)の実印の押印・印鑑証明書は「必須」です。「念書」の内容が相続証明書の一部として適切であったとしても印鑑証明書も必ず必要です。

3.父親が売却し、書類が整っているが登記だけ未了と言う状態で亡くなったのなら、その方法もありますが、質問のケースでは1で記載したとおりできません。不動産会社の営業マンにその真意と根拠(条文・先例)などを示すように要望してみてください。

4.相続税は基礎控除があります。質問のケースでは8000万円までは相続税はかかりません。評価5000万円の土地とその上物ですので、基礎控除額内だと思います。相続しないで売却はできません。譲渡税は当然かかります。

5.相続しないで売却はできません。当然確定申告する必要があります。

司法書士に依頼すれば相続関係書類を作成し、他の法定相続人にその書類が意味するところを説明することはできますが、最終的に母と兄に押印をしてもらうには質問者様自らの力で承諾を得なくてはなりません。

登記のことが中心になりますので、まずは司法書士に相談してください。各都道府県の司法書士会では無料相談会にも積極的に取り組んでいるはずです。利用してみてはいかがでしょうか。↓「日本司法書士会連合会」のホームページ、左側メニューの「全国の司法書士会一覧」で最寄の司法書士会の連絡先が分かります。

参考URL:http://www.shiho-shoshi.or.jp/

こんばんは。

1.質問者様名義にする必要があります。被相続人名義のまま第3者に所有権移転登記をすることはできません。

2.相続を原因とする所有権移転登記をする必要があります。質問者様が相続することを証する書類が必要となります。戸籍関係書類に加え、遺産分割協議書・特別受益証明書などがこれに該当します。質問者様以外の法定相続人(質問のとおりなら、母と兄であり、叔父さんなどは相続人にはなりません)の実印の押印・印鑑証明書は「必須」です。「念書」の内容が相続証明書の一部として適...続きを読む

Q土地の名義変更手続きを個人でやることはできますか?

数年前祖父が亡くなり、その際現預金は母が、不動産はおじ(母の弟)が相続しました。最近になっておじから、その土地を私の名義に書き換えたいと言ってきました。理由はおじ夫婦には子どもがいないので相続させる者がいないこと、数年間寝たきりだった祖父の介護をした母へのお礼の気持ちだとのこと。そこで、この名義変更手続きをしたいのですが、田舎のことで近くに司法書士等おりません。すこし調べた範囲ではほとんど「複雑なので専門家に依頼しましょう」と書いてありましたが、遠くまで出かけていって見ず知らずの司法書士さんに依頼するのなら、もし可能であれば自分でやってみたいのです。何から手をつけていくのか等教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まずは、贈与をする不動産の登記簿謄本(コンピュータ庁では登記事項証明書というものになりますが、
その現在事項証明書で良いでしょう)を、法務局(登記所)から取り寄せてください。
これは郵送でもできます(交付手数料は、必要な額の登記印紙を同封します)。
が、この請求には、土地なら所在と地番、建物なら所在と家屋番号が必要です。
住所とは違っていたりしますので、権利証などで調べてみてください。

謄本が取得できたところで確認です。
ちゃんとおじさんの(単独)名義になっているか、
そのおじさんの住所氏名は、現在のものと一致しているか(一致していなければ変更登記が必要です)、
抵当権などの第三者のための登記がされていないか、などです。
(別に抵当権などがついていても所有権移転登記はできます。
そういった負担が付いた不動産であることを、受贈者である質問者が確認する意味で、です)

問題がなければ、必要な書類などを用意します。
受贈者である質問者の住民票(正確には「住民票の写し」です)とハンコ、
贈与者であるおじさんの権利証(謄本を見て、それが有効な権利書であるか確認してください。
「所有権登記名義人表示変更」の登記済証は権利書ではありません)、
印鑑証明書(有効期限は3ヶ月)、実印、固定資産評価証明書(年度内有効)、
それから、登記原因証明情報として、
贈与があったことを証する書面(贈与証書など)です。

登記申請書の書き方は、次のリンク先を参照してください。
http://info.moj.go.jp/manual/1220/PAGE001.HTM
(オンライン庁は少ないので(全国で20庁程度?)こちらを)
印影(特に実印)は、はっきり判別できるように押してください。
不鮮明、ダブりなどでは再押印が要求されることになります。

登記申請書類の提出は、郵送でも可能になりました。
が、登記済証の受領に関しては、やはり管轄法務局へ出向かなければなりません。
また、補正(申請書、添付書類の不備など)があった場合にも、
法務局に出向かなければならないことがあります。

と、こういったことが必要になります。
結果的に時間と手間のかかる作業になってしまうかもしれませんが、
できないことではないと思います。


ちなみに、やっぱり司法書士に依頼を、とお考えの場合、
別にその不動産の所在地の司法書士に依頼する必要はありません。
たとえばおじさんが受けた相続登記に司法書士が関与していた場合、
その司法書士でもいいのです。
各都道府県に司法書士会もありますので、
そこで紹介してもらっても良いと思います。

まずは、贈与をする不動産の登記簿謄本(コンピュータ庁では登記事項証明書というものになりますが、
その現在事項証明書で良いでしょう)を、法務局(登記所)から取り寄せてください。
これは郵送でもできます(交付手数料は、必要な額の登記印紙を同封します)。
が、この請求には、土地なら所在と地番、建物なら所在と家屋番号が必要です。
住所とは違っていたりしますので、権利証などで調べてみてください。

謄本が取得できたところで確認です。
ちゃんとおじさんの(単独)名義になっているか、
...続きを読む

Q母が死亡した後に母名義の口座からおろす

自分の母が亡くなってしまい、まだお金がいくらか入っている
口座を発見しました。口座を凍結したあとになかなか手間がかかる
と聞き、なんとかできないものかと考えています。
そこでお伺いしたいのですが、
1.私に母が死亡したこと銀行側に告げる義務はあるのか
2.もし、告げずにすむのであればそのまま代理人としてお金を
 おろすことは法的にまずくないのか

この2点を教えてください

Aベストアンサー

質問者様の家族構成(ご兄弟)が不明ですが、告げずにおろすことは、
あとで問題になりえます。
相続にはルールがあり、銀行はお母様の残された預金を、お母様の戸籍を生前までさかのぼり(戸籍のさかのぼりと言います)、ご遺族の方に適正な割合で受け渡す義務があります。相続放棄される相続人がいなければ法定割合(配偶者、子、、、)に則ります。告げずにおろすということは、この前提を反故にすることです。
 また、死亡後に預金を引き出し、後日正式に相続手続きするとなると、預金の引き出しも考慮の上、銀行は処理しますので余計話が難しくなります。法律に則った相続をすれば相続人全員も納得しやすいでしょうが、独り占め行為は長い目で大きなシコリを残しかねません。金額の大小に関わらず相続で不和がおこる話をよく聞きます。

 銀行の相続は決して面倒ではありません。必要な書類を揃えて提出すれば一週間もあれば終わります。
 お母様のご供養のためにも、ご心労の中で且つお忙しいと思いますが、然るべき正しい相続をされることをお勧めします。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング