仕事の関係で、債券取引について1から調べているのですが、債券取引を入力するためのPCのアプリケーションの画面に、以下の言葉が出てきました。
- On The Run
- When Issued
マニュアルを見ましたが、その意味についてはまったく触れられておらず、ディーラーさんには常識中の常識の用語であると思われます。
その他、Webでも調べてみましたが、用語についての説明は見つけることができませんでした。
どなたかご存知の方がいらっしゃったら、是非教えてください。よろしくお願い申し上げます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

回答が遅くなってすみません。



OnTheRunであれば当然WhenIssuedではない、逆にWhenIssuedであればOnTheRunではない(OffTheRun?)と理解していいのでしょうか?

その通りだと思います。 但し、OffTheRun と言うと別の意味が出てきそうな気もしますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなって申し訳ありません。
ありがとうございます。これでお客様に自信を持ってお答えできます。

お礼日時:2002/04/04 23:36

日本国債についてはよく知らないのですが、米国債の取引では頻繁に出てきます。



When Issued債券とは、発行する事は決まっているが実際の発行は近い将来、という未発行の債券について取引をするものです。 (従って経過利息の授受は不要です)

On The Runは、実際に発行されて市場に出回っている債券の事になります。

この回答への補足

ありがとうございます。
なるほど、債券のSecurity入力画面の意味合いがずいぶんクリアになりました。

もしよろしければ、もう1つ確認させていただきたいのですが、
OnTheRunであれば当然WhenIssuedではない、逆にWhenIssuedであればOnTheRunではない(OffTheRun?)と理解していいのでしょうか?

補足日時:2002/03/08 23:28
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q債券の取引について

債券の取引について
たとえば10万円で買った国債は売却するとどのような値段になるのでしょうか?


初心者なので用語はできるだけ控えていただきたいです

Aベストアンサー

種類にもよりますが、日本で通常販売されているのは割引国債と言う奴です。
例えば額面は100円の国債を95円で販売してます。満期が5年だとすると、5年後に100円で国が確実に買い取ってくれるわけですから、1年に付き1円+決められた年○%利息分を儲けることになります。ここまでは分かりますか?
さて、仮に上の国債を2年後に売るとなると、普通は97円で売れます。これは95円に2年分の利息分2円をあわせて次の買主が買い取ってくれるからです。
ですので通常は国が買い戻す時の金額である額面の金額より若干安い値段で取引されます。
貴方が持っているのが10万分だとすると、99000円とか98000円とかみたいになります。ここまでが原則です。
さらにもしかしたらニュースで耳にしたことがあるかもしれませんが、金利によって値段が変わってきます。この部分の計算は株みたいになるのでとても複雑です。

ですので、今10万の国債を持っている場合は満期まで待てば間違いなく10万が手にもとに入ってくるので、満期まで待つことをお勧めします。
もし病気で入院の費用が必要だととか止む得ない場合に売る場合は、証券会社の担当者に「今この国債はいくらですか?」と聞いてから判断された方がいいでしょう。
国債を含め債権と言うのは、満期までお金を貸してくださいと言う事で発行される国や会社の借金の証明書みたいなものですから、それを途中で「やっぱり現金に戻して」と言ったら、少し減らされて帰ってくると思ってください。

種類にもよりますが、日本で通常販売されているのは割引国債と言う奴です。
例えば額面は100円の国債を95円で販売してます。満期が5年だとすると、5年後に100円で国が確実に買い取ってくれるわけですから、1年に付き1円+決められた年○%利息分を儲けることになります。ここまでは分かりますか?
さて、仮に上の国債を2年後に売るとなると、普通は97円で売れます。これは95円に2年分の利息分2円をあわせて次の買主が買い取ってくれるからです。
ですので通常は国が買い戻す時の金額である額面...続きを読む

Q経済用語を調べるには?

国語辞典に載っていないような経済用語をネットで調べる方法はありますか?

Aベストアンサー

グーグル等で検索します。
検索するときは、 とは というのをつけたほうが 見つけやすいですよ。


経済用語を検索するときの キー

経済用語とは

Q貿易関連用語で「キューツー」と呼ばれる用語はありますか?

貿易関連用語で「キューツー」と呼ばれる用語はありますか?
社内で使われていた言葉なのですが、よくわかりません。
おそらくどこかの場所のことを総称して言うと思うのですが・・・

Aベストアンサー

会計年度の4分の1の3ヶ月を四半期(Quarter)といい、第二四半期(Second Quarter)をQ2といったりしますが。

Q先物取引とオプション取引

いまいちデリバティブの事がわかっていないんですが

オプション取引は簡単に言うと権利の売買だと思うんですが
上がったら権利を行使して下がれば破棄すれば
損失はオプション料だけで済むと思うのですが、

先物取引は上がったら利益を得て下がったらそのまま損失になるので
どう考えてもオプション取引の方が下がった時のリスクが低い気がするんですけど

なんで先物取引を活用するのでしょうか?

先物取引よりオプション取引の方がいい気がします。

Aベストアンサー

オプションの価格は大きく分けて、「本源的な価値」と「時間的な価値」に分けられます。

本源的な価値というのは、オプションを行使した時に得られる利益のこと

例えば、日経先物が10500円の時、10000円のコールの本源的な価値は500円。

でも、実際にはコールの価格は800円とか「少なくても500円よりも大きい金額」となっています。

その部分が「時間的な価値」に対する価値です。
時間的な価値というのはSQまでの期間が長ければ長いほど高くなります。

例えば、SQまで1週間しかない場合と、1ヶ月の場合では
どちらの方が日経先物の上昇する「可能性が高い」かというと
残り1ヶ月の方が「可能性が高い」と言えますね。

オプションの価格は、時間的な価値、つまり「可能性」に対して
支払っている部分も少なくないので、
必ずしもオプションが有利ということにはならないと思います。

もっともオプションの購入者の最大損失額は、その金額の範囲内という
ことになるので、その点においては
オプションの購入者の方が有利と言えるかもしれませんが…

オプションの価格は大きく分けて、「本源的な価値」と「時間的な価値」に分けられます。

本源的な価値というのは、オプションを行使した時に得られる利益のこと

例えば、日経先物が10500円の時、10000円のコールの本源的な価値は500円。

でも、実際にはコールの価格は800円とか「少なくても500円よりも大きい金額」となっています。

その部分が「時間的な価値」に対する価値です。
時間的な価値というのはSQまでの期間が長ければ長いほど高くなります。

例えば、SQまで1週間しかない場合と、1ヶ月...続きを読む

Q裁定取引とスプレッド取引の違いについて

今、証券外務員一種取得に向けて勉強をしている学生です。
とても初歩的な質問かもしれませんが、ご存知の方がいらっしゃいましたらご回答していただけると嬉しい限りです。

裁定取引とスプレッド取引とありますが、この2つの違いがよくわかりません。
外務員必携を読む限りでは、スプレッド取引は裁定取引の中に含まれるような気がするのですがどのように違うのでしょうか?

教えて下さい_(._.)_

Aベストアンサー

裁定取引は、英語で言えばアビトラージですが、この言葉は、異なる二つの意味で使われています。一つは、どちらかというと理論的な考察をする時に使う「無リスクの取引」、もう一つは実務的に相場参加者が使っている所謂「鞘取り」(スプレッド取引)の意味です。
ですから、純粋な理論的な議論をする場合以外は、「スプレッド取引は裁定取引の中に含まれる」と言った方が、実務の世界では「正解」と言った方がよいのですが、日本では「裁定取引=ほぼ無リスクの取引」と考えている人が多いようですね。
ですから、状況に応じて、裁定取引の、上記の二つの定義を使い分けた方がよいと思います。
他の方への回答で、より詳しく説明したもの(↓)があるので、宜しければごらん下さい。

それから、納得できる回答がでたら、締め切りの方も宜しくお願いします。(念の為)

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2636575.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報