学校が一段落ついて夏休みになったのでギャラリーや美術館巡りをしようと考えています。東京都内&埼玉県内でおすすめのギャラリーや美術館の企画展があったら教えてください!ちなみにエミール・ガレ展、ディズニーアート展にはいく予定です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

伊藤若冲はどうですか?江戸時代の人ですけど、現代に通じるものがあります!


デザインを勉強しているのなら参考になるのでは?
    • good
    • 0

こんにちは。

まったくの個人的な好みですが、次の2つの展覧会をお薦めします。

1)川崎市市民ミュージアムの「名取洋之助と日本工房[1931-45] -報道写真とグラフィック・デザインの青春時代-」2006年7月8日(土)~9月3日(日)
http://home.catv.ne.jp/hh/kcm/exh/natori.htm
サブタイトルにもヒントがありますが、戦前日本の写真とグラフィックデザインに興味のある方は、必見だと思います。

2)渋谷区立松濤美術館の「ポーランド国立ウッチ美術館所蔵 「ポーランド写真の100年」展」2006年7月25日(火)~8月27日(日)
http://www.city.shibuya.tokyo.jp/est/museum/2006 …
ポーランドの写真の綜合的な紹介など本邦初。驚くべき企画です。

以上、いずれも東京近隣の企画ですみませんが、ご参考になれば。
    • good
    • 0

僕は現代美術好きなので、お好みにあうかどうかは分からないのですが、僕が行く予定のものを書いてみます。

僕もようやく学校がひと段落したところなので、まだ行ってはないので、内容の紹介ができなくて申し訳ないのですが。

「光の魔術師:インゴ・マウラー展」@初台にあるオペラシティアートギャラリー
http://www.operacity.jp/ag/exh74/index.html

「さよなら ナム・ジュン・パイク展」@神宮前のワタリウム
http://www.watarium.co.jp/exhibition/index.html

「クリエイターズ - 長大作/細谷巖/矢吹申彦 まだ見ぬ日常への案内者たち」
http://www.setagayaartmuseum.or.jp/exhibition/ex …


ちなみに僕はいつも↓のサイトで展覧会情報をチェックしてます。
ご存知かもしれませんが一応。
「東京アートビート」
http://www.tokyoartbeat.com/
「artscape」
http://www.artscape.ne.jp/artscape/reference/exh …

美術館楽しめるといいですね。僕も負けずにいろいろ行ってみようと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご紹介ありがとうございます!デザインを勉強しなくてはいけない身なのになかなか「いいな」と思う企画展にいけなくて…しかも矢吹さんにいたっては学校の先輩だった…「光の魔術師:インゴ・マウラー展」「さよなら ナム・ジュン・パイク展」は、すごく興味があるのでいってみたいと思います。

お礼日時:2006/08/08 22:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q美術館のスケジュールが分かるサイト

美術館やギャラリーのスケジュールが分かる検索サイトを探しています。

東京近辺の美術館、ギャラリーのスケジュールが分かるもので、

画像等があり展示内容が分かりやすいサイト
美術館、ギャラリーのHPが掲載されているサイト
芸術・デザインに関する情報が掲載されているサイト

を探しています。


何か、いいサイトがありましたら教えてください。

Aベストアンサー

こんばんは

こう言ったのではいかがでしょうか?
http://artscape.jp/exhibition/schedule/index.html

ご参考までに

Q美術館、博物館の「ギャラリートーク」

よく博物館にいくと、ギャラリートークというのをやってますよね?
例えば東京国立博物館で結構ボランティアによる解説や、列品解説、というのをやっているようなのですが、
例えばこれだとすると、
http://www.tnm.go.jp/jp/event/explanation/list.html

こういうのって勝手に解説が始まるのをなんとなく周りに人が集まってくる感じで立ち見で行われるものなんでしょうか?
それとも教室に入って着席して聞くものなんでしょうか?
イメージがわかないので、参加したことある方、雰囲気をお聞かせいただけるとうれしいです。

Aベストアンサー

こんばんは。美術館よく行くので書き込ませていただきます。

ギャラリートークというのは、わたしが知っているのも、no.1の方がおっしゃっている内容でほぼイメージ通りです。
ギャラリーのどこか(入り口前が多いです)に、興味のある方が時間に集合し、「じゃあ、行きましょう」という感じで、ガイドの方と一緒にある程度の人数でギャラリー内を歩き回りながら、作品を前にお話をします。
真剣に聞いている人もいれば、「あ、なんかやっているからのぞこう」程度の人もいるし、(事前申し込み制でなければ)最初に集合してたわけじゃないのにいつの間にかこっそりジョイントしている人もいたりして、聞いている人の様子はその時々や展覧会によってもかなり違うと思います。

ガイド役(トーカー、ナビゲーターと言う例もあります)は、学芸員さん以外でも、質問者さんがおっしゃっているようなボランティアさんがやっている例が近頃はよく見られますね。
学芸員さんでも、ボランティアさんでも、案内する作品については下調べして勉強していらっしゃいます。

それから、お役にたつかわかりませんが、非常に個人的な意見を言わせていただきますと、最近のギャラリートークには大きく2種類のもの、「講義型」と「対話型」みたいな感じに分けられるように思います。
前者は、作品について、制作された背景や歴史、作者の特徴などといった情報を、ガイドの方が教えてくださるのを聞くのがメインで、先生がいるような感じ。トーク、というよりもやっぱり解説、説明、レクチャー、みたいなイメージです(伝わりにくいですかね)。
後者は、ガイドの方が聞いている方(参加側)に積極的に質問されます。その作品について、どんな印象を受けたかとか、さっき見た作品とはどう違うといったことを参加者から意見をもらい、それをきっかけにをお話しながら進むのです。もちろん、基本的な情報を教えてくださいますけれども、作品に関する知識を与える・教わるというよりは、美術作品を介してのコミュニケーションを楽しむということが考えられていると思います。この場合は、ギャラリー・美術館を楽しむ方法の1つとして有効かもしれません(もちろん、一人で静かに見たい人などには向きませんが)。
多分ですけれど、質問者さんの貼っていらっしゃるリンクのものでは、解説・講聴といった言葉が明記されていますし、前者のパターンに近い雰囲気で進むのではないかと思います。

しかし、参加するのに特別な知識がいるわけではないし、事前の準備なんかも必要なところは見たことがないので、ご興味がおありならとりあえず一度参加されてはいかがですか?
最初はちょっとドキドキするかもしれませんけれど、気軽にきていらっしゃる方もたくさんいらっしゃいますので、まぎれちゃえば大丈夫です(笑
ちなみに、途中でフェードアウトしても特に問題ないところが多いですよ。

こんばんは。美術館よく行くので書き込ませていただきます。

ギャラリートークというのは、わたしが知っているのも、no.1の方がおっしゃっている内容でほぼイメージ通りです。
ギャラリーのどこか(入り口前が多いです)に、興味のある方が時間に集合し、「じゃあ、行きましょう」という感じで、ガイドの方と一緒にある程度の人数でギャラリー内を歩き回りながら、作品を前にお話をします。
真剣に聞いている人もいれば、「あ、なんかやっているからのぞこう」程度の人もいるし、(事前申し込み制でなければ...続きを読む

Q【フランス・美術館】作品の展示場所

フランスのルーブル美術館、オルセー美術館、ポンピドゥーセンターの
作品の展示場所について質問です。
以下の作品が美術館のどの場所に展示されているか教えてください。

・ルーブル美術館
「田園の奏楽」ティツィアーノ

・オルセー美術館
「水門」デュプレ

・ポンピドゥーセンター
「よい旅を」Cai Guo-Qiang
「冬の庭」ジャン・デュビュッフェ
「Plight」ヨーゼフ・ボイス

公式サイトでも調べましたが分かりませんでした;
回答どうか宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ルーブル美術館
「田園の奏楽」ティツィアーノ

については、展示場所がわかります。
邦題が異なるので見つからなかったのかと。
邦題は「詩的な世界」になります。
http://www.louvre.fr/jp/oeuvre-notices/%E8%A9%A9%E7%9A%84%E3%81%AA%E4%B8%96%E7%95%8C

Q至急! 夏休みの間にNHKの日曜美術館という番組を見て感想などのレポートを書くという宿題があったの

至急!

夏休みの間にNHKの日曜美術館という番組を見て感想などのレポートを書くという宿題があったのですが見るのを忘れてしまい見れませんでした。
夏休みの間にやっていたのを見る方法か見れるサイトなどを知っていたら教えてください!

Aベストアンサー

youtubeに落ちてますよ

Q手まりの展示会、美術館等

タイトルの通りです。
手まりを展示している展示会、または美術館があれば教えてください。
写真を撮っていいタイプのところだとなお嬉しいです。

Aベストアンサー

滋賀県人からおすすめスポットをひとつ。
手まりそのものではなく「びんてまり」の展示ですが…きれいなんですよー。

びんてまりの館
http://shigatoco.com/toco/bintemari/
http://www.town.aisho.shiga.jp/lib/info.html

Q美術館と博物館の違いって?

「美術」的と「歴史」的価値は、しばしば重複していそうなのですが、どこら辺ですみ分けているのか、専門家の学術的な定義をお聞きしたいです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

博物館と言うのは博物館法により登録を受けたものです

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S26/S26HO285.html


美術品の美術館における公開の促進に関する法律
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H10/H10HO099.html

定義)
第二条  この法律において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。
一  美術品 絵画、彫刻、工芸品その他の有形の文化的所産である動産をいう。
二  美術館 博物館法 (昭和二十六年法律第二百八十五号)第二条第一項 に規定する博物館又は同法第二十九条 の規定により博物館に相当する施設として指定された施設のうち、美術品の公開及び保管を行うものを

Qルーブル美術館に展示してある絵画の作者,作品名

ルーブル美術館に展示してある絵画の作者、作品名が分かりません。
(おそらく)母娘の絵だと思いますが、肖像画です。
画像を添付いたしますので、ご存じの方がいらっしゃったら、画家の名前、作品名を教えていただけないでしょうか。
ルーブル美術館の公式サイトを見ても探せませんでした。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Elisabeth Louise Vigee LeBrun の "Madame Vigee LeBrun " という絵のようです。こちらにありました。
http://www.batguano.com/vigeeart3.html

Q文化の日に無料になる美術館・博物館

文化の日に入館料無料になる
美術館や博物館をおしえてください。

Aベストアンサー

「無料の日がある美術館」というサイトがありました。文化の日が無料の美術館もいくつかありました。
ご参考になさってください。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/burari/migi/kensaku/4kensaku8muryou.html

Q美術館の展示は誰が企画するの?

美術館やミュージアムの展示などは誰が企画するのですか? キュレーターと言われる人達がいるのはわかるのですが、キュレーターは学芸員からなるのでしょうか?また、小さい展示場などの展覧会は誰が企画するのでしょうか。

そのような仕事に興味があるのですが、どうしたらなれるのか、知りたいです。

Aベストアンサー

1番の方が答えられているように、
キュレーター=学芸員です。

博物館、美術館には学芸員をおくことが博物館法で定められています。
企画や展示などは学芸員が行います。

学芸員は大学で必要な課程を履修し、単位を取得することで資格を得ることができますが、学芸員課程を持っている大学は余り多くないので注意してください。

最初にキュレーター=学芸員と回答しましたが、外国でキュレーターというと特別待遇を受けるくらいの職種なので大学卒業したての頃は、キュレーターと言ってはいけないよと指導教授に教えられました。

やりがいのある仕事だと思います。
私は1単位落として資格を取れませんでした。

参考URL:http://www.dnp.co.jp/artscape/reference/artlinks/related01/related01.html

Q博物館学、近代美術史、現代美術論の試験

博物館学、近代美術史、現代美術論の試験を受けます。
内容が全く分からないのでご存知の方が居られたら教えて下さい。
ちなみに、今は、博物館学と美術史の本を読んで準備しています。

Aベストアンサー

質問が情報不足過ぎます。博物館学と美術史があるので「学芸員」資格試験ですか?ただ、美術史の本を読んでるとの事から、「大学教養課程で卒業単位取得科目としてのの試験」「大学専門課程で卒業単位科目としての試験で専門以外の科目試験」「大学専門課程で専門科目の試験&大学院過程の試験」などのケース想定可能も、最後の専門課程生なら、教授陣の傾向などをサーチしますから、恐らくあなたは、美術史・博物館学専攻の学生では無いでしょう。(もし、そうなら質問先は教授室などになるはずです)
で、博物館学・美術史専攻以外で試験を受けるのでしたら(読んでる本が試験出題者なら別も)漠然と本を読んでも全く無駄でしょう。(冷たいですが)
博物館学はともかく、美術史が近代・現代に限定されてるのも気になりますが、学科試験なら一般教養の美術の本など意味無しです。(冷たいですが、事実です)
美術史専攻で大学院卒で、美術館や博物館に就職口を求める人(学芸員資格取得者)もたくさんいますが、採用は非常に困難なのが実態ですから。(上が支えてる・年長職員に欠員が出来にくい状況なので)
質問をもっと、詳細にしなおして下されば回答可能かと思います。(美術史専攻院卒生より)

質問が情報不足過ぎます。博物館学と美術史があるので「学芸員」資格試験ですか?ただ、美術史の本を読んでるとの事から、「大学教養課程で卒業単位取得科目としてのの試験」「大学専門課程で卒業単位科目としての試験で専門以外の科目試験」「大学専門課程で専門科目の試験&大学院過程の試験」などのケース想定可能も、最後の専門課程生なら、教授陣の傾向などをサーチしますから、恐らくあなたは、美術史・博物館学専攻の学生では無いでしょう。(もし、そうなら質問先は教授室などになるはずです)
で、博物...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報