AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

法人(有限会社)を運営している者です(経理初心者)。
電話料金を経費計上するタイミングについて教えてください。

今回より、NTT電話料金の支払いをコンビニ払いから「銀行引落」に変更したのですが、
その電話料金を計上するタイミングをどうすればよいのか、迷っています。

「18年7月分」と書いてある請求書が7月末に送付されてくるのですが、
この料金が実際に引き落とされたのは「8月7日」でした。
引落日を「経費計上の日」にする方法もあるでしょうが、
私の希望としては
請求書には「7月分」と書かれているのですから、
可能であれば7月に計上したいと考えております。

そこで、電話料金を7月に計上するための「税務上においても損金として認識できる日」を、お教えいただきたく存じます。

ちなみに、請求書等の情報は、以下のとおりです。
請求書明細の見出し「18年7月分 電話料金」
請求書発行日「18年 7月25日」
実際に請求書が届いた日「18年 7月27日」
銀行での引落日「18年 8月7日」

よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

この場合の請求書は日付からすると、7月度利用分の電話料金ではなく7月度請求分の電話料金でしょうね。


7月25日に請求書を発行することは利用期間は多分6月21日から7月20日までの利用料を計算して7月25日付けで請求書を発行したと思いますよ。
あくまでも発生主義により費用を把握したいのならば、7月21日から7月31日までの利用分を未払費用として計算・計上し、翌月1日に逆仕訳で戻すということをしなければ正確な期間原価が出せません。
製造業で正確な製品製造原価を算出したいのならともかくそうでないならば、期間損益に甚大な影響を与えないのであれば支払日=経費発生日という仕訳で十分だと思います。
    • good
    • 1

  實際の経費發生とその経費支拂日が異なる場合、それが少額の場合、あるいは毎回繰り返される場合、支拂日に経費が發生した扱ひで記帳することが慣習として認められてゐます。

電話料金のやうに毎月、それが繰り返されると、長期間にはその誤差が平均化されて、無視しても良いと考へられるからです。支拂ひ方法が変更になり、支拂日が變更しても、それ以降は新たな方式で支拂が繰り返へされるので、變更月および以降の月も、支拂日に経費が發生した扱ひで記帳することで不都合は無いと考へられます。
  経費發生と支拂日との誤差を精密に計算して、各月へ按分計算しても、その手數にみあふ効果は得られないのが普通です。一方、決算期を跨ぐ経費支拂ひで、大きな金額の場合は、按分計算で、期中の経費と翌期の経費を分ける必要があります。
    • good
    • 2

NO,1さんの回答でOKです。


経費は基本的には発生時(支払い時)計上です。
ですから8/7付仕訳発生になります。
    • good
    • 2

8月7日付



通信費 /  預金

摘要欄に7月分電話料金

でいいのではないでしょうか。

月末に未払い計上にしたりもしていませんけど。

電気代などと同様、月がまたがるのは仕方ないと思います。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q発生主義 経費の計上タイミング

青色申告、複式帳簿で記帳しています

例えば12月1日~12月31日に使用した12月分電話料金の場合。

請求書記載の発行日は1/12日、郵送されたのが1/15日、実際の支払は1/20日の場合、この電話代金は1月の経費になりますか?それとも12月の経費となりますか?

また、記帳の日付は何時にすれば良いですか?




買掛け帳の日付は何時で記帳すればよいでしょうか?


としたら、

Aベストアンサー

たぶん、いろいろな回答が出てくることと思いますが、私は、
【支払額が確定した日の属する月の経費】
としています。
ご質問の場合、支払額が確定するのは、1/15 ですから 1月分とします。

ただ、12月分として、12/31 付で「未払金」を計上すべきというご意見もあるでしょう。
今回は「12/1~12/31」と大変わかりやすいので、12月分とすることに大きな障害はありません。

しかし、電話や電気、ガスなどは 12/9~1/8 とか 12/25~1/24 とかなどいろいろあって、これらを 12/31 で分けるのは事実上不可能です。
特に、水道料金などは、検針が2ヶ月に1度で、12月後半に使用した分が、3月頃にしか請求されないこともあり、発生主義に固執していたら、申告受付期間までに決算できないことになります。
したがって、前述の基準は合理性があると考えています。

水道光熱費でなく、形のある消耗品などで、12月に買って支払いが 1月の場合は、厳格に 12月分として計上する必要があることは、言うまでもありません。

>買掛け帳の日付は何時で記帳すればよいでしょうか…

「買掛金」は商品や原材料の仕入れに使う言葉です。この場合は「経費帳」ですね。

1/15
通信費/未払金
1/20
未払金/普通預金

たぶん、いろいろな回答が出てくることと思いますが、私は、
【支払額が確定した日の属する月の経費】
としています。
ご質問の場合、支払額が確定するのは、1/15 ですから 1月分とします。

ただ、12月分として、12/31 付で「未払金」を計上すべきというご意見もあるでしょう。
今回は「12/1~12/31」と大変わかりやすいので、12月分とすることに大きな障害はありません。

しかし、電話や電気、ガスなどは 12/9~1/8 とか 12/25~1/24 とかなどいろいろあって、これらを 12/31 で分けるのは事実上不可能...続きを読む

Q経費の計上時期を教えて下さい

経理初心者です。
3月に会社で1つ約4万円のキャビネットを4つ注文しました。納品は4月に入ってからです。
3月に発注した時に未払計上をしたのですが間違っていたのでしょうか?4月に計上すべきだったのでしょうか?
先方から4月末締めの請求書が届き、それを見た同僚から向こうの売上時期と合わせないとまずいのではないかとのアドバイスがあり、一般経費の計上時期をいつにするかがわからなくなってしまいました。
いつ計上すべきなのでしょうか?教えて下さい。

Aベストアンサー

企業会計で「計上」(=仕訳を起すこと)を行うのは企業の財産状態の変化が生じたときです。

キャビネットを注文するだけでは、企業の財産状態に何の変化も生じません。キャビネットが企業に納品された時点で財産状態が変化します。納品日の日付で「器具・備品」という資産が増加し、同時に「未払金」という債務が発生します。

納品日の日付:
〔借方〕器具・備品160,000/〔貸方〕未払金160,000

4万円のキャビネットを4つ買ったのですから、税務上は費用に計上することが認められるので、

納品日の日付:
〔借方〕消耗性備品費160,000/〔貸方〕未払金160,000

と仕訳しても構いません。

なお、請求書が届いても企業の財産状態に変化が生じるわけではないので、請求書の日付で仕訳するのは誤りです。また、購入先の売上時期と合わせる必要は全然ありません。企業経理は、他社とは無関係に、企業独自の基準で行うものだからです。


(以上、消費税込経理)

Q電気代を個人口座から引落した時の帳簿記入は?

個人事業での帳簿のつけ方について質問です。
自宅で仕事をしているので電気代と家賃を按分して経費にしたいのですが、この2つは毎月、個人口座の方から引き落としになっています。
それを帳簿につけるとき、
(1)按分した金額を現金出納帳に直接記入していいのでしょうか?
(2)その場合、引落された日付で「電気代○月分 ●%」とするのでしょうか?それとも1年分を合計して12/31付で記入するのでしょうか?
(3)電気代は前月の分を翌月払うようになっているのですが、
12月分は1月の引き落としを待って記入してよいのでしょうか?

初めての申告なのでどこまで細かく考えればいいのかわかりません。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>預金出納帳をもう一冊作って個人口座使用分…

家庭用の口座なら「預金出納帳」など要りません。

【再掲】
事業用の口座から口座から支払っているのなら「預金出納帳」に記載します。
家庭用の口座から支払っているなら、「事業主借」勘定で処理することになります。

>現金出納帳に「事業主借」として記帳するのが楽なのですが…

その電気料等は、とにかく口座引き落としなのでしょう。現金で支払っていないものを「現金出納帳」に載せてはいけません。
現金出納帳に事業主借として載るのは、家計からの「実際の現金」で、事業用経費を支払った場合です。

【再掲】
【水道光熱費】○○円/家事関連費(電気料)/【事業主借】○○円

これは現金出納帳には現れず、『経費帳』に「年末決算」として記載します。

Q未払金と未払費用の違いについて。

未払金・・・{例}固定資産の未払額、有価証券の未払い額。

物、またはサービスを買い入れてまだ代金を払っていないものをいいます。また、商品・材料などの営業用の物品購入勘定である買掛金とは区別します。
会計原則では事務用品等の「費用になるもの」もあてはまることになっていますが、実務では、この部分は未払い費用と決めて、処理のし易い割り切った考え方を取り入れているところもあります。

未払費用・・・{例} 家賃、給与、賃借料、経費一般の未払い額。

まだ支払いの済んでいない営業用外の購入費用。
会計原則では、「継続的な役務提供を受ける場合、期末までに提供済みの部分について未払いのもの」となっていますが、実務では、費用の未払い分と理解してして簡易処理する場合があります。

各々の定義は以上の様になっていますが、未払金の説明にある
>会計原則では事務用品等の「費用になるもの」もあてはまることになっていますが、実務では、この部分は未払い費用と決めて、処理のし易い割り切った考え方を取り入れているところもあります。
という文がある為に混乱しています。

「費用になるもの」も未払金になるのであれば、未払費用とはどうやって区別すればいいのでしょうか。
未払金と未払費用の正しい分別の仕方を教えて下さい。
宜しくお願い致します。

未払金・・・{例}固定資産の未払額、有価証券の未払い額。

物、またはサービスを買い入れてまだ代金を払っていないものをいいます。また、商品・材料などの営業用の物品購入勘定である買掛金とは区別します。
会計原則では事務用品等の「費用になるもの」もあてはまることになっていますが、実務では、この部分は未払い費用と決めて、処理のし易い割り切った考え方を取り入れているところもあります。

未払費用・・・{例} 家賃、給与、賃借料、経費一般の未払い額。

まだ支払いの済んでいない営業用外の...続きを読む

Aベストアンサー

質問の内容どおり、会計原則上、「費用」の未払い分は「未払金」、「未払費用」のどちらにもなりえます。
契約上の役務の提供が完了していれば「未払金」、
未完了であれば「未払費用」という区分けです。

そうはいっても、この違いを意識するのは結構面倒なので、費用の分はすべて「未払費用」と仕訳する実務を取り入れてるところもあるんだよ。ってことをいってます。会計原則にはもちろん反していますね。

会計原則上の違いについて、こんな例が紹介されているサイトがあったので参考にしてみてください。

>例えば、給料を考えてみましょう。
>毎月20日締めの翌月10日払いとします。
>当月21日~末日までの給料は未払費用となり、
>前月21日~当月20日までの給料は未払金となります。
>なぜなら、この例でいえば、契約上、毎月21日~翌20日までの役務の提供をもって完了すると考えられるので、
>月末における翌月10日に支払う給料は未払金として処理され、
>当月21日~末日までの給料は、月末時点では、当該契約から判断して、
>役務の提供がすべて完了していないので未払費用として処理されることになります。

質問の内容どおり、会計原則上、「費用」の未払い分は「未払金」、「未払費用」のどちらにもなりえます。
契約上の役務の提供が完了していれば「未払金」、
未完了であれば「未払費用」という区分けです。

そうはいっても、この違いを意識するのは結構面倒なので、費用の分はすべて「未払費用」と仕訳する実務を取り入れてるところもあるんだよ。ってことをいってます。会計原則にはもちろん反していますね。

会計原則上の違いについて、こんな例が紹介されているサイトがあったので参考にしてみてくださ...続きを読む

Q水道光熱費の仕訳について

個人事業者で、自宅で開業しています。

今年から複式簿記をつけはじめたばかりです。「弥生の青色申告」を使っています。
25年分までは、白色申告です。

水道光熱費の仕訳について教えてください。

経費として、電気、ガス、水道、携帯代などを計上したいのですが、ガスは現金払い、その他は家事用のクレジットカードによる支払いで、使用月の2ヶ月後くらいに、家事用の普通口座から引き落としになっています。この口座は帳簿には登録していません。(したほうがよいでしょうか?)

(1)12月分(前年の)のガス代の仕訳
現金は家事用のサイフからでています。事業用のサイフからは1円も出てないので、どう処理すればいいのか…。
ガス代1万円なら「水道光熱費 10,000 / 事業主借 10,000」 ?
これを支払い日に記帳…でしょうか?ガスは事業用としては10%と考えてます。
            
決算のとき、ソフトで一括で按分されるようなのですが、日々の仕訳をなんとすればよいのか、よくわかりません。
そして、今年の12月分は「水道光熱費 ○○円/ 未払金 ○○円」…ではないのでしょうか?

(2)前年11月分の電気代を今年1月に、クレジット引き落とし(家事用口座)された場合の仕訳

いつ、どのように仕訳すればよいのでしょうか?

(3) 携帯電話代も電気代同様、家事用クレジット引き落としですが、これだけは事業での使用率のほうが高いので、毎月、事業用のサイフから7000円を家事用口座に入金しています。

携帯代2万円とすると、いつ、どのように仕訳するのでしょうか。

(7000円ということに特に根拠はありません。事業用として使用しているのが70%で、本来ならもっと入金しないといけないのですが)

わからないことだらけですみません。どうか、助けてください。よろしくお願いします。

個人事業者で、自宅で開業しています。

今年から複式簿記をつけはじめたばかりです。「弥生の青色申告」を使っています。
25年分までは、白色申告です。

水道光熱費の仕訳について教えてください。

経費として、電気、ガス、水道、携帯代などを計上したいのですが、ガスは現金払い、その他は家事用のクレジットカードによる支払いで、使用月の2ヶ月後くらいに、家事用の普通口座から引き落としになっています。この口座は帳簿には登録していません。(したほうがよいでしょうか?)

(1)12月分(前年の)...続きを読む

Aベストアンサー

弥生のソフトを使用していないので、按分がどう反映されるのか分かりませんが、私も複式簿記でしているので、簡単な記帳の仕方だけ書きます。

日付は勝手に書きます。
(1)例えばガス代の現金(按分10%)なので、→

12/20水道光熱費 (1,000) 11月分ガス代 (1,000) 代表者借り (家のお金で払った)

12/31水道光熱費 (1,000) 12月分ガス代 (1,000) 代表者借り (まだ払ってなくても家のお金で払う)

(2)クレジットで落ちた去年のもの(按分50%、10000円の電気代) →

12/31水道光熱費 (5,000) 11月分電気代 (5,000) 代表者借り (家の口座で払った)

12/31水道光熱費 (5,000) 12月分電気代 (5,000) 代表者借り (まだ払ってなくても家の口座で1/27に払う) 


日付でなく「決算仕訳」というのかも。これが、※会社の口座から翌年1月に引き落とされるなら、代表者借りではなく「未払い金」になります。

家事用の口座から引かれるものや、立て替えた現金は、会社の現金預金が動かないので全部「代表者借り」になります。

(3)携帯料金を7,000円だけ現金を移動して、家事用から引き落としだが、20,000円は経費だった →

12/20代表者貸し(7,000) 11月携帯料金として (7,000) 現金 (ただ、現金を動かしただけ) 

12/27 通信費 (20,000) 11月携帯料金 (7,000) 代表者借り (ここで初めて左に「通信費」。家の口座で払った) 

                 11月携帯料金 (13,000) 現金(もらい足りない分。今、現金でもらったとする)

 
私もクレジットカードで払っています。月に1回、お給料日を設定して月初に、

代表者貸し ○○万円 12月分給料として ○○万円 普通預金 として、

取ってしまい光熱費などは全部「代表者借り」にしています。会社にしてから作ったガソリンカードは、ガソリンしか使用しないので会社口座から引き落としです。

この、車両費だけが、年末に「車両費  未払い金」が発生し、翌年、引かれた時に「未払い金 普通預金」として残ります。

あとは、全部「代表者借り」にすると、簡単ですよ。(3)の7,000円現金出して・・・何回も銀行に行かなきゃいけなくて、ちょっと面倒な気がして・・・。

ソフトの按分の機能を知らないので、頼りになりませんが、取り合えず考え方だけ書きました。頑張ってください!

弥生のソフトを使用していないので、按分がどう反映されるのか分かりませんが、私も複式簿記でしているので、簡単な記帳の仕方だけ書きます。

日付は勝手に書きます。
(1)例えばガス代の現金(按分10%)なので、→

12/20水道光熱費 (1,000) 11月分ガス代 (1,000) 代表者借り (家のお金で払った)

12/31水道光熱費 (1,000) 12月分ガス代 (1,000) 代表者借り (まだ払ってなくても家のお金で払う)

(2)クレジットで落ちた去年のもの(按分50%、10000円の電気代) →

12/31水道光...続きを読む

Qシステム使用料の勘定科目

経理初心者です。会社で楽天のシステムを使用しています。システム使用料は勘定科目は何になるのですか?このような質問ですみませんが、アドバイスよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

私は
支払手数料 楽天 現金
で起票しています。

Q受講料の仕訳の仕方

仕訳の仕方を教えて下さい。

仕事で必要な講習を会社負担で社員に受講させました。このとき、受講費用はどういう勘定科目にすればいいのでしょうか?

受講すると資格が得られるのですが、個人に対する資格ではなく、会社に対する資格となります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

前の方が答えてみえるように「福利厚生費」で一般的にはよろしいかと思います。
また、講習会などがよくある場合には、「研修費」なんていう科目を使われても良いと思いますよ。
今年から「人材育成投資税制」なんてのも始まりましたんで、人材育成関係の費用だけ「研修費」なんていう別科目で管理しておくとわかりやすいかもしれませんね。

Q勘定科目を教えてください。

来客用の飲料や茶菓子等の勘定科目は何にするのがいいのでしょうか?交際費?雑費?消耗品費?教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一般的には、その内容によって、会議費、福利厚生費、交際費に分かれるものと思います。

その場で商談する際に出す飲料や茶菓子であれば会議費、主として従業員のためのものであれば福利厚生費、来客へのお土産については交際費に該当するものと思います。
(飲料や茶菓子について、来客と従業員、どちらにも出す場合は、どちらが比重が大きいかで判断されれば良いと思います。)

ただ、金額がそれほど大きくなければ、雑費で処理する会社もあるとは思います。
(もちろん、そのうちの交際費については、税務上は交際費で処理すべき事となります)

Qクレジットカードの仕訳は発行日?それとも利用日で行うのでしょうか?

クレジットカードを利用した場合の仕訳では、発行日付近で仕訳をするということですが、クレジットカードの明細には利用年月日も記載されています。

この場合、たとえば以下のような請求があった場合

請求書の発行日:3/1

履歴1 2/11 書籍購入 2500円
履歴2 2/25 携帯電話利用料 15000円

となっている場合、

a.(1)(2)とも請求書の発行日である3月1日の日付で仕訳を行う。
b.請求書に書かれている利用年月日である(1)は2月11日、(2)は2月25日で仕訳をそれぞれ行う。

どちらがよいのでしょうか。
ネットや書籍の情報ではaが正しいのではないかと思うのですが、私的に整理する上でbの方がわかりやすく感じるのですが。

教えてください。

Aベストアンサー

会計事務所に2年ほど勤務していた者です。
法人の経費を個人のカードで支払い、更に経費と個人使用分とが混ざっている。
そういう仕訳を過去頻繁に行っておりました。
(ちなみに現在経理事務ですが、そこでも同じように仕訳しています)

私が勤めておりました事務所では、質問者様の例を仕訳するとこのようになります。

3/1(クレジットカードの請求書発行日)
諸口    /  未払金   17,500
新聞図書費/  諸口    2,500   書籍
通信費   /  諸口    15,000  携帯電話料
(※余談ですが、個人使用分が含まれている場合は
 仮払金  /  諸口 とします。
 個人事業主ですと、「事業主借」ですね)

3/●(クレジットカードの引落日)
未払金   /  普通預金  17,500

上記の通り、クレジットカードの請求書発行日で、明細通りに未払金計上します。
個別の請求書は全く考慮しておりません。
勿論、物品か役務・利用料なども同一視して考えております。

法人でもこの方法で通っていますし(会計事務所だからたくさんの企業様が)、先のご回答者様が仰るように問題ないと思います。
あとは、質問者様のやりやすいようにでよいのでは。

それと、一度それと決めたら一貫して同じ仕訳方法にすべきかと愚考します。
ご参考になりましたらば幸いです。

会計事務所に2年ほど勤務していた者です。
法人の経費を個人のカードで支払い、更に経費と個人使用分とが混ざっている。
そういう仕訳を過去頻繁に行っておりました。
(ちなみに現在経理事務ですが、そこでも同じように仕訳しています)

私が勤めておりました事務所では、質問者様の例を仕訳するとこのようになります。

3/1(クレジットカードの請求書発行日)
諸口    /  未払金   17,500
新聞図書費/  諸口    2,500   書籍
通信費   /  諸口    15,000  携帯電話料
...続きを読む

Q銀行振り込み時の振込み手数料の仕訳は?

代金を払うために、銀行振り込みをしました。当然、振込み手数料がかかりました。この費用は、代金に含めて処理するのでしょうか。適用に、「振込み手数料XXを含む」と記入するのでしょうか。
又、振込み手数料には、消費税は含まれていないのでしょうか。

Aベストアンサー

一般的には「支払手数料」又は「手数料」勘定で処理します。
又、振込手数料には消費税が課税されていますから、次のような仕訳になります。

税抜き処理の場合。
支払手数料 500 / 現金(又は普通預金) 525
前払消費税 25

税込処理の場合。
支払手数料 525 / 現金(又は普通預金) 525


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング