『ここまでの日本史に性、生殖の問題がとりあげられないのはなぜか、具体例をあげて教えてください』よろしくお願いします。
後、1.妻妾論 2.青鞜についても知っているいること教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

女性セミナーに参加した時の女性史の歴史と参考文献を掲載します。


原始・古代
    母系社会・両属性・対偶婚・多夫多妻・処女性無    視
平安時代・半ば
    天皇家のみ嫁入り婚
    婿入り婚・夫婦別財・男の価値は妻の家柄で決定
    結婚適齢期無し・結婚できない人多し・一夫多妻
    うわなりうち=女がライバル宅を人を介し攻撃
    無宣言離婚=男が通わねば終わり
封建時代
    嫁入り婚・家父長制・夫婦別財・離婚自由・旅行    自由・堕胎・新興宗教・三下り半・縁切り寺
明治民法
    1898年決定的女性地位脱落・財産・親権無し
    愛人の子、男の子なら、夫死後、全部とれる
    離婚時、嫁入り道具・財産・親権=夫側へ
 ☆『青鞜』1911年平塚らいてう・与謝野晶子
    
参考文献
『日本女性の歴史~女のはたらき』総合女性研究会編・角川選書・1400円’93
『日本民衆と女性の歴史』金谷千恵子・明石書店・1600円’91
『平安朝の母と子』服部早苗・中公新書・580円’91
『平安朝の男と女』同上・同上・720円’95
『江戸の親子』太田素子・同上・740円’94
『中世を生きる女たち』脇田晴子・岩波新書620円’95
お探しの物と在って居ると、良いのですが。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q全熱交換器の具体的な実用例を教えてください!!

全熱交換器(回転型,静止型)の具体的な実用例を教えてください.
空調に使われているというのは雰囲気でわかるのですが,
実際,工場の壁(?)とかに設置されているものなのですか?

どなたか教えてください.
お願いします.

Aベストアンサー

回転型は規模の大きなものが多く
外調機などの1次側に設置されています

静止型はコンパクトなものが多いので主に
天井内隠蔽や壁掛けのものが多く三菱電機の商標ですが「ロスナイ」
の名前で有名です
この全熱交換器は何をしているかというと
換気時に(排気によって)捨てられていく熱エネルギー(顕熱と潜熱)を
特殊な濾紙を通して室内へ給気される空気に移動させるもので
これにより空調負荷が軽減します
熱回収率は機器により異なりますが大まかには70パーセントくらいです

夏の暑いときは換気をすると冷たい空気が室外へ熱い空気が室内へ
入ってきますここで上記の作用が起こるとぬるい空気が室内へ入ります
そうする事によって省エネを実現しているわけです

Qヽ(^。^)ノ 「せこい」の使いかた、具体例で教えてください。

 「せこい」というのは大阪弁とおもいますが、ぴったりした使いかたを、具体例で教えてください。
 私は、使ったことがありません。
 

Aベストアンサー

「せこい」という言葉は関西で使われているものと、徳島の知人が使うもので少しニュアンスが違います。

私は大阪の人間ですが、「せこい」といえば「けち臭い」といったイメージでしょうか(笑)

例えば、喫茶店で300円のコーヒーを2人で飲んで片方(A君としましょう)が支払いを済ませたとします。これをA君は割り勘にしようと、B君に「消費税込みで315円ちょうだい」とB君のコーヒー代を請求したとします。
そんな時B君は
「せこいなぁ、消費税ぐらいまけといて」
なんて感じで使います。

一方徳島では「しんどい・苦しい」という意味合いで使っているようです。
「風邪ひいて、せこい」という感じです。

参考になりました?

Q「分数をひっくり返して掛ける」ということを、式変形によって示しましょう 具体例:180÷5/3 どう

「分数をひっくり返して掛ける」ということを、式変形によって示しましょう
具体例:180÷5/3

どう説明すれば良いのでしょうか?

Aベストアンサー

180×3/5

何故そうなるのかに付いては、大学生にならないと理解出来ないと思います。

分数の定義から始まります。
小中学生の場合は「そういうもの」と言うしか無いです。

180÷1/2から始めます
ケーキが180個有ります。1/2はケーキ1個の半分。
半分ずつのケーキは180×2=360個作れる。
だから180÷1/2=180×2=360

小中学生には、こういう説明しか出来ません。

Q求む、「一を聞いて十を知る」(ことわざ)の具体例

教育現場の者です。

諺に曰く「一を聞いて十を知る」と。非常に理解能力の高いことをいう。

結構長い間小学生、中学生、高校生を教えてきました。
能力に恵まれた者やそうでなく努力によって人並みの成績をものする生徒、また努力に成績が比例しない生徒と様々です。

そういった生徒の中で非常に理解力のある生徒については、10を教えれば10を理解する者はままいました。では、20を理解できたかというと、そういう生徒は一人もいない。
具体的に数学を例にとると、理解力の優れた生徒に、ある分野の基本的考え方と使用する公式の導出、さらには例題の解法を十分に理解させて、今説明した範囲の理解で解ける応用問題を解かせてみたとします。似たような形式の問題はなんとかなってもそれ以上の難易度のものは全然手が出ない、ということがよくありました。
自分を振り返っても、難易度の高い問題がなぜ解けるかというと、一つには経験を積むことによって「解法の勘」のようなものがあり、二つには様々な問題のヴァリエーション(の数)を知っているので「大抵の問題は解ける」だけのような気がします。
つまり、入試レベルでは通用するけれどそれ以上のレベル、例えば数学オリンピックあたりの問題では通用しない。自分に諺を適用すれば、自分も「10を知って10を知る」レベルの人間だということがいえます。
また自分の同級生の中にも優れた能力があるものの、優れた理解力で優秀な成績をおさめていたというより、地道な努力でそれなりの成績をとっていた者ばかりだったような気がします。(一応高校は進学校に行っていましたので、入学早々朝永の『量子力学』や野口の『トポロジー』を読んでいたヤツがいて軽いショックを受けたものです。『トポロジー』を読んでいたヤツは東京理科大の数学科に行きました)

さて、ここからが質問です。

皆さんの経験の中で、「一を聞いて十を知る」ような人に出会ったことはありますか。同級生でも教え子でもかまいません。その具体例を教えてください。

<参考>
論語三巻 公冶長第五より
子謂子貢曰 汝與回也孰愈 對曰 賜也何敢望回 回也聞一以知十 賜也聞一以知二 子曰 弗如也 吾與汝弗如也

(対訳)孔子が子貢に「お前と顔回では、どちらが優れているかな」と尋ねた。子貢が、「どうして、回と比べることができるでしょう。回は、一を聞いて十を知ることができますが、私はようやく二を知る程度です」と答えると、孔子が言った。「そう及ばないね、私もお前同様(回には)及ばないよ」と。

(出典)wikionary:http://ja.wiktionary.org/wiki/%E4%B8%80%E3%82%92%E8%81%9E%E3%81%84%E3%81%A6%E5%8D%81%E3%82%92%E7%9F%A5%E3%82%8B

教育現場の者です。

諺に曰く「一を聞いて十を知る」と。非常に理解能力の高いことをいう。

結構長い間小学生、中学生、高校生を教えてきました。
能力に恵まれた者やそうでなく努力によって人並みの成績をものする生徒、また努力に成績が比例しない生徒と様々です。

そういった生徒の中で非常に理解力のある生徒については、10を教えれば10を理解する者はままいました。では、20を理解できたかというと、そういう生徒は一人もいない。
具体的に数学を例にとると、理解力の優れた生徒に、ある分野の基本的考え...続きを読む

Aベストアンサー

一を聞いて十を知る、というほどではなくても、一を聞いて二か三を考える、ことくらいはしてきましたよ。

ある公式があっても、それが特定条件に限定された公式であれば、教科書には無くてもそれをもっと一般化した公式にしようというのは普通のことです。
あるいは、たとえば、数列と、指数・対数を学んだ後に、これを組み合わせて級数を作ったときに一般項はどうなるか、なんてのも考えます。
私が受験生だったころ、その一年前の高校2年で考えたのと同じ発想の問題が名古屋大学の入試に出題されて苦笑した思い出もあります。
図形関係の問題は、最低限でも幾何と座標系とベクトルの3種類の解法を検討します。

ちなみに私は法学部卒の文系です。

国語、英語、社会などは知らないことは答えることはできませんが、数学は頑張って考えれば答えが見つかります。
(もっとも国語のうちでも現国の論説分はほとんどの答えは問題文中にありますが)
一を聞いて一気に十を知るのではなく、こつこつと二や三や、四や五をを積み上げている方が多いと思いますよ。

Q「折り込む」と「織り込む」の意味の違い、使用時の差を具体例で教えて

ビジネス(技術)レポートをまとめる時、「折り込む」と「織り込む」にいつも使
い分けに困っています。使い分けの分類と文脈と意味の微妙な違いと、その理由を教えてください。

Aベストアンサー

「折り込む」
例、折り込み広告 手(手へん)で新聞を二つに折って、新聞の間に広告を折り込む
「織り込む」
例、GDPのアップの報道にも、係わらず、織り込み済みであるとして、東京株式市場は、値を下げた。
例2、おばあちゃんは、孫の為に、洋服に刺繍を織り込んだ。
折り込むは、そのものを変更させずに、何かにはさむ感じでしょうか?
に、対して、織り込むは、溶けて、同一可するとか、混ざって、何か、新しい物を作り出す?
こんな説明でいかがでしょう?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報