弁護士などの専門家にたよらずに、裁判を自分で起こすことはできるでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

「裁判を起こす」ことは可能ですが、「目的を達成すること」は非常に困難でしょう。



法律の条文および過去の判例(裁判の判決)を十分に「理解」しており、適切な攻撃方法や防御方法をその都度出してゆけるというのであれば別ですが、「相手を言い負かせれば勝ち」というくらいの認識でいるならば、やめた方がいいでしょう。

下手なことをすると、自分の主張が通らないばかりでなく、相手が「正しい」と判断されるおそれがあります。
もし、一度このような「判決」が出てしまった場合は、改めて弁護士を立てて裁判をし直そうとしても、同じ事項については2度と裁判を起こせませんので、後の祭りとなってしまいます。

なお、負けた場合は相手の「裁判費用」も負担しなくてはならなくなりますので、よほど自信があるのでなければやめた方がいいでしょう。

弁護士に相談を行うか、市役所などで行われている無料法律相談などで、「具体的」に事情を説明して、相談を行うべきだと考えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答頂きまして、たいへんありがとうございました。

お礼日時:2002/03/18 18:04

制度上は「可能」ですが、現実には「難しい」です。



事案(の軽重)にもよるでしょうが、書類(書式)の不備などが予想されるため、裁判所自体も素人が(弁護士なしで)当事者になることを嫌がります。

でも、実際に弁護士なしで裁判所に申立をしている人もいますから、よくお考えの上、挑戦してみられるのもよいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答頂きまして、たいへんありがとうございました。

お礼日時:2002/03/18 18:02

弁護士作家・和久俊三さんの作品の中に、ママさんがツケを払わない客をあいてに訴訟を起こす話があります。


起こすだけなら誰でも出来ますが、素人相手だと相手がなめてかかってくるので、相談ぐらいはしておくべきでしょうね。相談だけなら費用は無料か格安です。(弁護士会や自治体の法律相談にいけば)

なお、刑事事件の場合は「被害届」を出すだけで、告訴は検察になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答頂きまして、たいへんありがとうございました。

お礼日時:2002/03/18 18:03

民事係争に関して.できるかできないかの2者選択ならば


「できる」
と答えます。ただ.いろいろな問題がありますので.ある程度の法律の知識(大学一般教養程度は最低限)が必要です。最低でも関係判例100判例は読んでから考えましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答頂きまして、たいへんありがとうございました。

お礼日時:2002/03/18 18:03

場合によります...って書いておきます。


まず、「起こせ...」ということで、あなたが原告となるようなので、民事とみました。それなら、まず大丈夫。(刑事では弁護士をつけないといけません)

で、弁護士をつけない裁判を「本人訴訟」というのですが、実際に本人訴訟が少ない理由は、手続が難解であることや、時間がかかるからです。
とはいえ、少額訴訟(主に貸し金関係で利用される訴訟物30万円以下の裁判)では、本人訴訟も増えています。
実際に裁判される前に、市町村や司法書士会が行う無料法律相談で、見通しを聞いてからにしてはいかがですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答頂きまして、たいへんありがとうございました。

お礼日時:2002/03/18 18:04

私も裁判に関しての本を良く図書館から貸りて読む事がありますが、#1さんの言う簡易裁判所の少額訴訟などは自分でできると思います。



どう考えても自分の主張に落ち度がなく、相手も弁解の余地がなければ可能だと思いますが、難しい法律や高額の慰謝料の裁判となると自分だけでは不安な感じがします。

勝ち負けは別として個人で裁判を起こすのは無理な事ではないです。

弁護士を雇わなくても#3さんの無料弁護士相談や弁護士会の相談で、自分の起こそうとしている裁判には勝ち目があるのか、自分で出来るのか・・・など
一度相談に行く事を私もお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答頂きまして、たいへんありがとうございました。

お礼日時:2002/03/18 18:04

 現在会社役員としていわゆる本人訴訟を3つしています。


 手続上は、どなたでもできると思いますが、相手側に有資格者経験者がついているとして、迂闊に進めると訴訟進行が不利に展開する場合が懸念されます。
 ひと言で表現すれば、法律知識を前提とした高度な知能戦、という感じでしょうか。当事者が参加となると、情を刺激し返答に際しての言葉じりを捉えようとする姿が見えたりして、相当合理的で客観的なものの見方のできる方でないと危険という感じです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答頂きまして、たいへんありがとうございました。

お礼日時:2002/03/18 18:05

はい出来ますっ!


って種類にもよるかもだけど

小額訴訟とかほとんどそうなんじゃないかなぁ?
詳しいことは専門の人たのんますっ!笑

なんか案外本とかも出てますよ?

すまんねぇちからになれんで。。。涙
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答頂きまして、たいへんありがとうございました。

お礼日時:2002/03/18 18:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q強制執行、差し押さえ。財産、勤務先などは一切、不明。(弁護士など法律家を一切立てず、自分一人で裁判、手続きを行う場合)

強制執行、差し押さえについて。相手の財産、所得、勤務先などの情報は一切、不明。(弁護士など法律家を一切立てず、自分一人で裁判、手続きを行う場合)

(1)裁判、手続きを全て自分で行い、かつ、相手の財産、所得状況がまったくわからない場合、
強制執行、差し押さえは可能なのでしょうか。
裁判所に申請するだけで、裁判所もしくは該当機関があいての財産、所得状況を調べてくれるのでしょうか。

(2)裁判、手続きを全て自分でする場合。
強制執行、差し押さえをしたいが、相手の財産、所得状況や、勤務先がわからない場合、
どういった方法で調べることができますか。

(3)裁判、手続きを全て自分でする場合。
強制執行、差し押さえ、資産の売却などは自分でするのでしょうか。
裁判所などどこかの機関がしてくれるのでしょうか。

Aベストアンサー

(1)調べてくれない。したがって強制執行はできない。

(2)ケースバイケースだろうから、ここで一般論を答えられる人はいないと思う。
勤務先を調べるなんて、その人を知っている人に聞くか、自分で尾行でもするかだね。

(3)強制執行等は自分ではできない。申し立てによって裁判所がやる。

この辺で概要がわかるよ。
http://www.courts.go.jp/saiban/syurui/minzi/minzi_02_01.html

Q交通事故の示談を専門家に依頼したいのですが、どうやっていい専門家(弁護士他)を探せばいいでしょうか。【仙台市付近】

交通事故に合って、やっと後遺障害の診断を受けたところです。
この後のことを色々調べてたのですが、専門家に相談した方がいいとのことでした。

以前このことで、相談した内容です。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5824102.html

示談を専門家に依頼したいのですが、どうやっていい専門家(弁護士他)を探せばいいでしょうか。【仙台市付近】

Aベストアンサー

まずはお見舞い申し上げます。

専門家となると
(1)交通事故専門、または詳しい弁護士
(2)交通事故専門、または詳しい司法書士
(3)交通事故紛争処理センター
このいずれかになると思います。

依頼するにあたり、経費も弁護士が1番高いでしょうが、それ以上の賠償額を勝ち取れると思います。
交通事故紛争処理センターは無料ですが、この3つでは1番賠償額が安くなると思います。
安くなるとは言え、第三者的中立な立場での査定になりますから、相手損保会社の提示額よりは遥かに高くなるはずです。

弁護士に依頼したい場合は、貴方の契約している損保会社へ相談してみては如何でしょうか?
司法書士に依頼したい場合はタウンページやネットで検索してみるしかないかと思います。
交通事故紛争処理センターの場合は、まず電話をする事です。
(仙台市青葉区中央2-2-1仙台三菱ビル4階
022-263-7231)

いずれにしても、相手は専門家で、貴方は素人になります。
最低でも交通事故紛争処理センターをご利用になる事をお勧めします。
まず初めに市役所等の交通事故無料相談室へ相談してみて、それでどうするかを決めてみても良いかも知れません。

私も過去に交通事故被害者になった経験があります。
私は交通事故紛争処理センターを利用しました。

貴方の納得のいく解決になる事を切に願います。

まずはお見舞い申し上げます。

専門家となると
(1)交通事故専門、または詳しい弁護士
(2)交通事故専門、または詳しい司法書士
(3)交通事故紛争処理センター
このいずれかになると思います。

依頼するにあたり、経費も弁護士が1番高いでしょうが、それ以上の賠償額を勝ち取れると思います。
交通事故紛争処理センターは無料ですが、この3つでは1番賠償額が安くなると思います。
安くなるとは言え、第三者的中立な立場での査定になりますから、相手損保会社の提示額よりは遥かに高くなるはずです...続きを読む

Q告訴状に自分の住所を書かずに告訴する方法はありますでしょうか?(弁護士代理など)

遠方に住む実の親の、知人の男から、住居侵入罪もしくは不退去罪に該当すると思われる、被害にあいました。
暴力と暴言も同時にありましたが、さいわい、怪我は負いませんでした。
(被害後、再び同じ目にあうのが怖いので、転居しました)

加害者を告訴しようと思うのですが。
(告訴状を自分で作成し検察庁へ提出しようと考えています)

自分の現住所が、加害者へ、直接あるいは間接的に知られるのが、怖いです。自分の身の安全を確保したいからです。

そこで、告訴状を、自分で作成せずに、弁護士さんなどに依頼して、「代理」で作成していただくことによって、自分の現住所を、告訴状に記載しないで済みますでしょうか?


少し病床にあり、法テラスや弁護士事務所などへ、すぐに相談に行けないので、まずこちらでご助言を求めようと思いました。

よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

代理人に書いてもらっても被告訴人は記載されます。

しかし親告罪とはお見受けしませんがどうして被害届ではなく告訴状を?もうすでに被害届は出されているのでしょうか?

公務員には守秘義務がありますから、どうしても心配なら念押ししておけばいいですけどね…
「被害者に謝罪をしたい」という申し出すら受け入れませんよ警察も検察も。

Q弁護士が自分の身内が関係する裁判の弁護する事はある・・・?

弁護士が自分の身内が関係している裁判の弁護をする事ってありますか?まずありえない話だと思うんですが、自分の身内に被害を与えた側の弁護をするなんて事は(普通は断ると思うんですが・・・)ありえますか?そういう事はしてはいけないという決まりはありますか?

Aベストアンサー

○自分の身内に被害を与えた側の弁護をするなんて事は(普通は断ると思うんですが・・・)ありえますか?そういう事はしてはいけないという決まりはありますか?

関連するものとしては弁護士職務基本規定というものがあります。日弁連が作った規則で、法律ではありません。

http://www.nichibenren.or.jp/jp/katsudo/katsudo/shimin/rinri/rinri.html

その28条に、以下のような定めがあります。

弁護士は、前条に規定するもののほか、次の各号のいずれかに該当する事件については、その職務を行ってはならない

一 相手方が配偶者、直系血族、兄弟姉妹又は同居の親族である事件


相手が身内となっている事件の弁護をすれば、身内の利益を考え、依頼者の利益をないがしろにする可能性があるため禁止されているものです。

もっとも、その相手方が、弁護をすることについて同意をした場合は可能である、とも規定されています。

でも普通はやりたくはないですよね。

なお、身内の弁護をすることは禁止されていません。

○自分の身内に被害を与えた側の弁護をするなんて事は(普通は断ると思うんですが・・・)ありえますか?そういう事はしてはいけないという決まりはありますか?

関連するものとしては弁護士職務基本規定というものがあります。日弁連が作った規則で、法律ではありません。

http://www.nichibenren.or.jp/jp/katsudo/katsudo/shimin/rinri/rinri.html

その28条に、以下のような定めがあります。

弁護士は、前条に規定するもののほか、次の各号のいずれかに該当する事件については、その職務を行っては...続きを読む

Q弁護士ぬきで裁判を起こしたらどうなる?

私の知人から頼まれて質問してますが、
弁護しぬきで裁判を起こしたらいったいどうなりますか?
小額訴訟程度なら可能だと思いますが、
民事を一人で闘うのは困難なのかなという感じもします。
ただ、ここの弁護士の手腕というのも当たりはずれがありそうなので、また料金的な部分も考えると一人で起こしても不可能では内容に思いますがいかがでしょう?
弁護士がいないと特にどのような場面で困りますか?
民法、民事訴訟法、該当法規あたりを熟読しとけば普通の人でも裁判を起こせますか?
私が調べたところ、十分大丈夫という予感はしますがいかがでしょう?
詳しい方
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

皆さん「少額訴訟」という語感からずいぶん簡単に考えておられることに少々不安を感じます。
少額訴訟の場合,一回の期日にありとあらゆる証拠を提出しなければなりません。こうしたことから通常訴訟では後に挽回可能な少しのミスが命取りとなります。
少額訴訟であろうと通常訴訟であろうと本人訴訟は可能です。しかし,本人訴訟の特徴として思いこみが強く,他人の意見が耳に入らない傾向が強いように感じます。裁判所や裁判官はあくまでも中立公平な立場ですが,本人訴訟の当事者に対しては,それとなくヒントのようなものをにおわせている場合が多々あります。それを感じ取れるかどうかがポイントになると思います。
冷静に判断するためには,事件すべてを委任するかどうかは別として,無料法律相談を利用するなどして,専門家に客観的な意見を聞いてみるのも必要かと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報