AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

初めて質問いたします。不都合な点等ございましたらご指摘ください。

婚約者と共有名義(持分2分の1ずつ)でマンションを購入し2月中旬より同居しております。予定では4月の半ばに結納・5月の初旬には入籍でした。銀行のローン申し込みにも記載し、当然両家の両親ともに了解済みです。

ですが、3月の初め婚約者が浮気していたことがわかりました。同棲を始める半年前の9月末に浮気していた事実が発覚したわけです。この事件をきっかけに私たちは関係を再構築することにし、前向きに頑張っては来ましたが信頼関係が崩れ彼も私の信頼を取り戻す努力を放棄するようになり、別れを決意した方がいいのではないかと思うようになりました。(現時点では結納・入籍日は未定)

この場合マンションの処分はどのようにするのが妥当でしょうか?彼が私のローン分を買い取ると言っておりますが、そのようなことは可能でしょうか?(彼は今年11月で転職丸1年が経過します。基本給300万円、その他歩合で150万~200万・年収は500万円ほどになる予定です。私は一部上場企業総合職入社8年目・年収450万円、ローン残金1300万円)その他アドバイスがあればよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

#1です。


お礼をありがとうございました。

結婚が白紙に戻ったのでなくても、まずは、ご質問者さまの「共有」を外し、改めて、結婚も含めて考え直してもいいのではないでしょうか?
結婚されるのなら、「配偶者の家」に住み、それを自分の家とする(思う)ことに問題はないですよね。
実際、住んでいる土地・家の名義は夫単独-というお宅はかなり多いのではないでしょうか?
ご自身が持分を持っていなければ…とは考えなくてもいいのでは?と思ってしまいます。

ご質問文の内容から、彼の方は住宅ローンがないものだと思い込んでおりました。
歩合制で、基本部分(固定給・最低保障分?)は300万円なんですね。
> ローンの総額は2660万円(それぞれ1330万円ずつ)、返済期間は35年ローンで、彼が3年固定(月額4万ちょっと)私が5年固定(月額5万弱)というところです。

ならば#3さんのおっしゃるとおりです。
借り入れは、1本で連帯債務ではなく、彼とご質問者さまがそれぞれ借り入れられた2本立て-ていうことですね。
1330万円を35年返済で毎月の返済額が「月額4万ちょっと」とすると、適用金利は短期プライムレートより少し高めの1.50~1.80%といったところでしょうか。
2月中旬から同居ということは、その前に金銭消費貸借契約を締結していますよね。
それで3年固定が1.50%ということは、あまり「優遇」が受けられていませんね(その頃の3年固定ならば、最優遇金利1.0%前後が多かったので)。
その辺りを考えますと、一番金利が低くなる条件でなければ、彼は返済能力の点でローン審査が通らなかったのではないか-とも推察できます。
「私が半分ローンを請け負っ」ていなければ通らなかった可能性もあります。

単に「年収450万円」ということならば、2660万円のローンは、35年返済にすれば難なく通過します。
例えば、2660万円を35年返済、金利3.00%、元利均等返済、ボーナス返済なし-という条件で計算しますと、毎年の返済額は1,228,440円となります。
年収が450万円ならば、123万円(弱)は、年収の30%弱ということになります。
例えば住宅金融公庫の場合、年収が400万円以上700万円未満の方は、他の借り入れも含めた「総返済負担率」が、35%まではOKとされていますから問題はないんです。
ですが、歩合となると、年収は300万円とみる場合もあります。
年収300万円に対しての123万円(弱)は、年収の40%強ということになります。
同じく住宅金融公庫ならば、年収300万円以上400万円未満の方は、総返済負担率は、30%までですからNGです。
年収を300万円で見るならば、1.00%未満の金利で借り入れなければ、2660万円の融資審査は通りません。

> 今回のローンは彼(住宅営業)が普段お付き合いのある銀行さんから
そうでなければ、勤続年数が1年では難しかったと思います。
加えて、ご質問者さまとのローンの折半があったからこそ借りられたのだと思います。

> マンション購入時に『中間金』という形で100万不動産屋に預けて、余った分を返済してもらった
これは、ご質問者さまが「100万円-返金分」を出した-ということになりますから、それも返済してもらえる可能性はあります。

ただ、やはり#3さんがおっしゃっているように、既にマンションは中古物件です。
売却を考えるのであれば、購入当初が新築物件だったとしても、居住はほんの半年ですが15%落ちが妥当です。
彼がそのまま所有を希望してくれれば、購入に際してご質問者さまが負担した資金の全てを「返してもらう」ということで、「損」もなく決着が着きそうなんですけれどね。

彼へのローンの切り替えなどが上手くいかなかった場合に、あまり、「持分」と「資金」の交換を強調してしまうと、彼が「処分」に思い至ることもあるでしょう。
その場合は、減額はやむを得ないところでしょうね。

最後に
> いつの時点で婚約を一般的に認めるかとなると結納が上げられるかと思いますが上記の通り結納は入籍直前という話になっておりました。双方の親へ結婚の報告は9月前には済んでおり、マンションの購入契約時には『婚約者』として同居人の欄へ記入しております。これでは弱いでしょうか?
これを以って「婚約」と認識することはよくあります。
これまた住宅金融公庫の場合ですが、例えば収入合算によって融資を受ける場合、収入合算者になれるのは「直系親族、配偶者、婚約者または内縁関係にある方」とあります。
また、借入申込書に当該物件が共有となる予定の場合は、共有者予定者についても記入しなければなりません(氏名・国籍・予定持分・続柄・同居の有無-を記入することになっています)。
一般の金融機関においても、このような場合が多いと思います。
ですから、ご質問者さまの場合は、マンションの購入契約時およびその直ぐ後であろう住宅ローンの申し込み時以降は、充分に「婚約中」といえると思います。
ただ、それが、浮気したという「昨年の9月末」よりも以前のことか、どうかが、破談の際の責任の軽重に影響を与えるでしょうね。
    • good
    • 0

 #2です。

補足質問を頂戴しましたが、誤解を生じさせるような書き方をしてしまったようです。申し訳ありません。
>結納は入籍直前という話になっておりました。双方の親へ結婚の報告は9月前には済んでおり、マンションの購入契約時には『婚約者』として同居人の欄へ記入しております。これでは弱いでしょうか?
 マンション購入時に婚約していたことは間違いないし、これで客観的な証明となります。私が申し上げたかったのは、そのことではなく、彼が浮気をしたとき(同棲をはじめる半年前の9月末)に、婚約の客観的事実があったかどうかで、破談になったときの責任の所在が変わってくる、ということです。
    • good
    • 0

1.基本的には転職歴1年、歩合給与職で年収450~500万円とすれば通常ローン審査では2600万円の借入はNOとなるでしょう。

しかも、当初の共有状態からの修正となればなおさら既存銀行でも動きづらい状況ですので、この選択肢には過度に期待しない方が良さそうです。

2.相手方の親・家族まで巻き込んだ上で、相手方から現金で1300万円を支払わせて質問者の持ち分を売却するのがベストの解決方法かと考えます。この点は先の回答通りですが、相手には買取資金はない筈で家族まで巻き込ませる必要がありそうです。

3.こういった事情下では、多少の損失・持ち出しは已む無しと考えて、外部に売却してしまう選択肢が通常考えられる手法です。敢えてザックリと言えば新築物件3000万円で自己資金400万円+経費100万円、入居半年だと仮定すると、中古物件扱いで物件売却価格は▲15%落ち(分譲業者の利益分が剥がれ落ちる)の2600万円位を売却価格で想定していた方が良さそうです。自己資金部分・経費部分・引越代が吹き飛びますが、長い目で見ればこの決着しかない場合が多々あります。安易に結論を長引かせると、結果的にはそれまでのローン返済と物件価格の下落、不安定状態長期化での心理面でのプレッシャー等負担が重なる事になります。

4.中古物件の場合には、価格目減りは小さくても仲介業者手数料が重なることになりそうです。(物件毎の事情によりますが)

5.一番の問題点は、恐らくは質問者と相手方とで交互にローン借入の連帯保証をし合っていると考えられる為、売却・持ち分買取という方法を取らずに問題の解決無しに先送りするケースが多々見受けられます。一時的には相手方が今回の責任を取る為に質問者のローン返済までを引き受けるような解決方法を取ったとしても、客観的には長続きさせられないで近い将来に返済不能の事態が生じて、延滞金利・違約金・物件競売といった事態に拡大して質問者が巻き込まれる、という事例も離婚の場合には多々発生します。
    • good
    • 0

 妻と共有名義で住宅を購入し、妻と連帯債務という形式で先日ローンを返済し終えたばかりの者です。


>彼が私のローン分を買い取ると言っておりますが、そのようなことは可能でしょうか?
 ローンの総額と毎月の返済額・返済期間が分かりませんのでなんともいえません。さらに、質問を読む限り、結婚が完全に破談になったのか、それともやり直せる可能性が残っているのか微妙ですので、いっそマンションを処分して……という事が考えられるのかどうかも難しいところですね。
>同棲を始める半年前の9月末に浮気していた事実が発覚した
 彼の浮気が婚約後のことであれば、結婚がだめになったことによる損害賠償責任を彼一人に負わせることは簡単でしょうが、あくまで交際中の浮気であれば、それも難しいでしょう。
>この場合マンションの処分はどのようにするのが妥当でしょうか?
 お2人がどうしたいのか、まずアウトラインを考えて、それが実務的に可能かどうか、税金や手数料的なことも含めて損害を少なくするにはどうすればよいか、ローンの借入先の銀行や、マンションの購入先の不動産業者の担当者に相談しながらことを進めるのがいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

ローンの総額は2660万円(それぞれ1330万円ずつ)、返済期間は35年ローンで、彼が3年固定(月額4万ちょっと)私が5年固定(月額5万弱)というところです。

結婚が完全に破綻かどうかは、またこれから話し合う余地はあるかもしれませんが、信頼関係が崩れた今となっては私が信じる努力をしても彼がその気がありません。1ヶ月ほど前出会い系サイトを利用したりそういう事実もありました。ローンを組む前に気づけなかったことを悔やむばかりです。

いつの時点で婚約を一般的に認めるかとなると結納が上げられるかと思いますが上記の通り結納は入籍直前という話になっておりました。双方の親へ結婚の報告は9月前には済んでおり、マンションの購入契約時には『婚約者』として同居人の欄へ記入しております。これでは弱いでしょうか?

とにかく色々な方法を考え、一つ一つシミュレーションしてみて一番損害が少なくて済む方法を模索したいと思います。私は結婚しないのであれば、この土地に住む義理はありませんので、マンションを手放して仕事を辞め、地元(現住所から新幹線等使用し4時間)へ帰りたいと思っております。

お礼日時:2006/08/24 16:53

金融機関に勤務しており、以前、住宅ローンも担当したことがある者です。



> 彼が私のローン分を買い取ると言っております
それならば、即金で買い取ってもらい、そのお金でご質問者さまは住宅ローンを全額繰上返済してください。
ただし、ローン分以外の拠出分や、ご質問者さまが負担した諸費用なども請求し、「最初から彼が単独で購入した」という状況を作ってください。
そのうえで、共有だったマンションの名義を「彼」単独にすればよろしいです。
結構な費用が必要となりますが(金融機関に対する繰上返済手数料や精算利息(前回返済日から繰上返済日までの利息は日割りで計算されます)、不動産の不動産の名義書替)、それらをどちらが負担するか-もしっかりと話し合われるべきでしょう。

ご質問者さま名義の住宅ローンの債務者を「彼」に変更することは難しいと思います。
状況としては、「離婚」に近い訳ですので、変更自体は認められる場合もある-という事例ですが、「彼」が債務者となることを金融機関が承諾することが前提となります。
ただ、現実問題として、転職して丸1年が経過したところでは、住宅ローン審査で「勤続年数の不足」を理由に断られることもありますから。
もともとご質問者さまが借りられていた金融機関で、「彼」が債務者になることを認めてもらえれば一番楽なんでしょうけれど。
それがダメな場合は、別の、転職後1年程度でも借入ができる金融機関を探し、そこに借り換える…という方法もありますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

即金で銀行に全額一括返済が一番いいのはいいのですね。最初から彼が単独で購入したという状況を作るというのはマンション購入時に『中間金』という形で100万不動産屋に預けて、余った分を返済してもらった、そのお金も含まれるのですか?でしたら、そのお金は私が支払ったものですのでソレも返済してもらえる可能性があるわけですね

今回のローンは彼(住宅営業)が普段お付き合いのある銀行さんからお借りしてます。彼が勤続3ヶ月で貸してくださいました。それは私が半分ローンを請け負ったからかも知れませんが…。彼を債務者にするより即金で支払うという手があるとは思いつきませんでした。

即金で1300万円ほど用意できるかどうかは不明ですが、話し合ってみます。ありがとうございました

お礼日時:2006/08/24 16:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q結婚前(入籍)に住宅取得の場合、登記の名義は?

今秋結婚予定です。ただ今中古一戸建ての物件を購入したいと考えています。物件を購入した場合は入籍がまだなので、どちらか一人の名義でしか登記はできないのでしょうか?

Aベストアンサー

給与合算と補足してあるので、二人でローンを組む前提だと思います。
ローンの申込や契約は申込者とその婚約者と言う形になります。登記もそこに住所移転前であれば現住所での所有者登記となります。
共有にする場合は二人の姓が異なる登記になります。

入籍後にはローン控除の確定申告のことも含めて、所有者の新住所と姓の変更登記をする必要があります。また銀行には姓と住所の変更を届ける必要があります。
あとあとのことを良く考えて持分を決めて税制的にも有利なようにすることが大事です。
ローンは連帯債務としても負担率は決めませんので、子供が出来てからも共稼ぎになるのかどうかなども要素として考える必要があります。

Q夫婦共有名義でのマンション購入について

こんにちは。
来年結婚することになり、新居として中古マンションを購入することになりました。
下記の場合、共有名義にするべきか?共有名義とする場合の持分割合はどのようにしたらよいのか?
について、アドバイスをいただけましたら大変助かります。

・ローンは婚約者(夫)名義で組みます。
・手付金、頭金は婚約者が支払います。
・初期費用(仲介手数料、登記費用、ローンの保証金、管理費、固定資産税月割り分等)は、私(妻)の貯蓄から支払います。
・私は結婚後も仕事を続けます。毎月の生活費、ローン返済は夫の給与でまかない、
私の給与は全額貯蓄し、まとめてローンの繰上げ返済に充てます。

ローンは夫名義ですが、その後の返済については私も負担するので、
その分については共有名義としないと贈与税がかかってしまうのではないか?と思います。
その場合の持分割合はどうしたらいいでしょうか?
夫と私の給与収入額の割合でよろしいのでしょうか。
その場合、頭金や初期費用の負担割合はどのように計算に入れたらいいのでしょうか?

たとえば、夫と私の給与収入額の割合は3:2。
夫が払う月々のローン返済額は18万円。(年間216万円)
私が払う予定の繰上げ返済額は、年間432万円。
というわけで、当面ローン返済は1:2で受け持つことになります。
そうすると、持分3:2で登記したら、繰上げ返済について贈与税がかかってしまうのでは?と思います。
贈与税を免れるには、年間の繰上げ返済額を、夫が払うローン額の3分の2+110万円未満にする必要があるのでしょうか?

もし、もっと繰上げ返済したい!という場合には、
予想される支払負担割合を試算して、その割合で登記すればようのでしょうか?

将来、私が妊娠、出産して仕事を一時休職したり、ショートタイムの仕事に転職して給与額が大幅に減ったり、
もしくは専業主婦になった場合などは、持分割合が変わると思うのですが、どうしたらよいのでしょうか?

また、購入時に私が負担する初期費用(仲介手数料や登記費用など)も、持分の計算に加えてよいのでしょうか?

持分割合についての細かい相談は、税務署で受け付けてくれるのでしょうか・・・?

いろいろ質問してしまってすみませんが、どれかひとつだけでもお分かりになる方がいらっしゃいましたら、ぜひ、よろしくお願いいたします!

こんにちは。
来年結婚することになり、新居として中古マンションを購入することになりました。
下記の場合、共有名義にするべきか?共有名義とする場合の持分割合はどのようにしたらよいのか?
について、アドバイスをいただけましたら大変助かります。

・ローンは婚約者(夫)名義で組みます。
・手付金、頭金は婚約者が支払います。
・初期費用(仲介手数料、登記費用、ローンの保証金、管理費、固定資産税月割り分等)は、私(妻)の貯蓄から支払います。
・私は結婚後も仕事を続けます。毎月の生活費、...続きを読む

Aベストアンサー

基本的に資金を出した割合で登記しないと贈与税が掛かります。具体的には頭金やローンを借りた金額や諸費用を出した割合になります。ご質問の場合ですと、旦那さん(手付金+頭金+借入金額):奥さん(仲介手数料+登記費用+ローンの保証金)でしょうか。これを基準に、この年に他に何も贈与がないなら、110万円までは前後しても問題無いです。

私は結婚後も仕事を続けます。毎月の生活費、ローン返済は夫の給与でまかない、私の給与は全額貯蓄し、まとめてローンの繰上げ返済に充てます。
ローンは夫名義ですが、その後の返済については私も負担するので、
その分については共有名義としないと贈与税がかかってしまうのではないか?と思います。>
生計を一にしているので、この辺りは何とでもなるでしょう。あまり気にしなくても良いと思います。

たとえば、夫と私の給与収入額の割合は3:2。
夫が払う月々のローン返済額は18万円。(年間216万円)
私が払う予定の繰上げ返済額は、年間432万円。
というわけで、当面ローン返済は1:2で受け持つことになります。
そうすると、持分3:2で登記したら、繰上げ返済について贈与税がかかってしまうのでは?と思います。
贈与税を免れるには、年間の繰上げ返済額を、夫が払うローン額の3分の2+110万円未満にする必要があるのでしょうか?
もし、もっと繰上げ返済したい!という場合には、
予想される支払負担割合を試算して、その割合で登記すればようのでしょうか?>
将来の返済の負担割合で登記すれば、当初の正しい割合と異なり、この時点で贈与税が掛かります。贈与税は1年毎の計算なので当初の資金を出した割合で登記を行い、それ以降はその年々で贈与が発生することになります。ただ、上記した通り、生計を一にしているのでどちらのお金を何に使ったか等はなかなか線引きが難しいと思います。この辺りは税務調査でも入らない限り、調べられることもないですし、心配なら奥さんの返済分は生活費に回せば良いだけのことです。

どうしても奥さんの持分も多くして、将来の繰上返済とかに使いたいなら、連帯債務とかにしておけば持分割合で返済することも可能だと思います。

基本的に資金を出した割合で登記しないと贈与税が掛かります。具体的には頭金やローンを借りた金額や諸費用を出した割合になります。ご質問の場合ですと、旦那さん(手付金+頭金+借入金額):奥さん(仲介手数料+登記費用+ローンの保証金)でしょうか。これを基準に、この年に他に何も贈与がないなら、110万円までは前後しても問題無いです。

私は結婚後も仕事を続けます。毎月の生活費、ローン返済は夫の給与でまかない、私の給与は全額貯蓄し、まとめてローンの繰上げ返済に充てます。
ローンは夫名義で...続きを読む

Q結婚を機に住宅購入する場合、入籍は購入前か後か

結婚を機に住宅購入をする事になりました。(入籍はまだです)

建築条件付土地を購入し、数ヶ月以内に建築する予定で、土地は共有名義、建物は男性単独名義で登記します。

男性が現在単身寮に入っている為、入籍すると退寮しなければならなくなり、新居が出来上がるまでは賃貸暮らしとなります。
家賃代を浮かす為、出来る限り新居が出来上がる直前までは入籍をせず寮に居れればと思います。(女性は遠距離で実家住まい)

土地・建物契約や、登記、住宅ローン等を考えると、入籍は土地契約前に済ます必要があるのでしょうか?
夫婦でないと、何か不都合があるのでしょうか?

無知で申し訳ありませんが、どなたか回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

住宅ローンを共同名義にする場合には、婚姻していた方がよい場合もあります。ただそれは金融機関によって扱いは変わりますので、必ずしも必要というわけでもありません。

住宅ローンをどちらかの単独名義にする場合には、基本的には婚姻しているかどうかはあまり問題になることはありません。まあ、そうはいっても金融機関によっては気にするところがないとは断言できませんが。

住宅ローン以外に問題になることはありません。


人気Q&Aランキング