プロが教えるわが家の防犯対策術!

哲学という学問に漠然とした興味があるのですが、疑問があります。
哲学とは、何かの役に立つものなのでしょうか。
たとえば文学や宗教には
・物事をより良く理解できるようになる。
・お金が儲かる。
・社会や文化の発展に貢献する。
・心の支えになる。
・人を幸せにすることができる。
と言ったような、実用的な面がありますよね。
哲学はそういった意味で「役に立つ」物なのでしょうか。
それとも何事かを知りたいという衝動で学ぶものであって、実用性を求めるのは間違っているのでしょうか。

実用的な役に立つのか立たないのか、役に立つとしたらどういった面でか、どなたか意見をください。
専門的な知識はないので、できれば平易な言葉でお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (15件中1~10件)

頭を使う仕事をしてなくても、


生きていると、考えることや
悩んだりすることから
避けられないと思うのです。

いまぼくがやっていることは
何かの役に立つだろうか。

とか、

これからぼくがやることは
何かの役に立つだろうか。

とか。


哲学は論理的に考える訓練です。

法学部→法律の仕事
経済学部→経済の仕事

みたいに考えると

哲学科→哲学の仕事

で教授ともの書きにしかなれない。
だから、哲学は実用的でないと
言われたりすると思うのですが、

わたしは、仕事でももちろん、
それ以外でも
かなり実用的に役立ってると思います。
だって、
悩みながら、考えながら、
生きるているから。

質問者さんと同じように。
    • good
    • 1

私はシステムや製品の開発を行っているものです



これまでの経験から「哲学の重要性と必要性」を強く感じています

次の書籍の言葉に説明が含まれているようにおもいますので提示します

*「<ものづくり>と複雑系」 講談社選書メチエ 齊藤 了文著
工学の合理性は工学の営みの詳細に宿っているために外からはなかなか面白さは捉えにくい。
工学の合理性を理解することは、科学的な見方とも違い、
しかも常識的なみかたにとどまらない「少し奇妙なものの見方」の獲得につながる
    • good
    • 0

哲学は感情や偏見を抑えこむ訓練、方法で、


その習得を「判断中止」といい

現象が成立する為に
どんな原因、根拠が存在しなければならないかを
推測して導いて行くことを「超越論的演習」といい

判断中止と超越論的演習を同時に為されることで
考察は次善策、善後策を検討できるようになります。

「誰でも理解出来る」ということが
哲学の唯一の正当性を示せるもので、
発見や感動をもたらすのに効果があります。

そのこと以外に生活が潤うとか異性にモテる、
名誉が与えられる、合理的なシステムに乗れる
ということはないと思います。

哲学は唯一逃避や堕落、滅びること、死滅にも光や安堵をもたらします。

具体例でいうと
クマに襲われたからといって
クマを襲い返しても
しょうがない。(師匠談)
    • good
    • 0

こんにちは♪



さてさて、
がんばって分かりやすく哲学的に書きます。

哲学に漠然とした興味があるわけですね。
ということは、
哲学の世界を知ることで
hasenana2006さんの漠然とした興味が満たされます。
すなはち
それはあなたにとって役に立つということ
ではないでしょうか。

(哲学とは、何かの役に立つものなのでしょうか。)
何かの役に立つと思っている人にとっては
何かの役に立ちます。
「○○の役に立っている!!」と考えている人に
とっては○○の役に立っているわけですから。

とんかちは、釘を打つのに役立ちます。
とんかちは、肩こりをほぐすのに役立ちます。
とんかちは、グルメな私の役にはたちません。

と人それぞれなのです。
哲学だけが特別な存在ではありません。
哲学に限らず、宗教も文学も全てのものが同様です。


哲学とは、
世界や人間についての知恵・原理を探究する学問。
もと臆見や迷妄を超えた真理認識の
学問一般をさしたが、次第に個別諸科学が独立し、
通常これらと区別される。
存在論(形而上学)、認識論(論理学)、
実践論(倫理学)、感性論(美学)などの
部門をもつ。

だそうです。(ここはちょっと難しいですね・・・)
これを実用的に役立たせる人にとっては
実用的に役に立ちます。

学問は、その対象となるものについて
探求することに喜びや価値を見出す人もいれば
それを利用してお金を得ることに
価値を見出す人もいます。ですが

(実用性を求めるのは間違っているのでしょうか)
正しいか間違いかを客観的に判断することは
できません。

(役に立つとしたらどういった面でか、
  どなたか意見をください。)

人それぞれ異なりますので私の主観です。
哲学史を学ぶことや哲学の問いを考えることは
私のこころを豊かにしました。

No2のtokytimeさんもおっしゃっていますが
mogurayama自身もこの「教えてGoo」で出会った
tokytimeさんやhakobuluさんの
意見や考えに触れられたことは貴重な経験でしたね。

確かに哲学は他の学問と性格が
少し変わっていますが、
それを特別視しすぎる必要はないと思いますよ♪

回答になっているか心配ですが・・・
参考になれば幸いです。
ではまた~ヽ(´ー`)/
    • good
    • 0

哲学が役に立つかどうかは


個人差の問題で、実感出来る人と、
そうでない人があるようです。

哲学が役に立っちゃう人、心の支えになれる人は

   ・人と同じが嫌い、世間に合わせるのが嫌い。
   ・競争が苦手。
   ・毎日つまらないと思っている。
   ・自慢するものを持たない。


で、哲学が何の役にも立たない人、幸せに思えない人は

   ・自分を良く見せたい。
   ・充実した人生を送りたい。
   ・競争に生き甲斐を感じる。
   ・流行のものが好き。
   ・義理人情や嫉妬、所有が大好き。

ということになると思います。
    • good
    • 1

まず、簡単に古代ソクラテスの思想のなかに現れる帰納的論法を解説します。

帰納法に脚光を浴びせたベーコンによると帰納法を四つの型に分類しています。一致法,差異法,共変法,剰余法・・・・。

とまぁ冗談です。ここからスタートすると確かにやんなっちゃいますよね。しかし、「哲学に実用性がない」と回答された方がいましたが、私は言いたい!「まったくそのとおりである」と。

これは、実社会で「この問題の改善に向け、部長のような演繹法的考察ではなく、ベーコンの・・・」といった瞬間に「ああ、もう結構、ベーコンは今朝食ってきたし、卵ものっていた。しかも2ヶ。」となりがちです。
実社会ではあまり哲学そのものは受け入れられないし、そんな知識をひけらかそうものなら、変人扱いされるのがオチです。

しかし実生活において「議論」「論争」を避けることは、困難であり、そうなった場合に、文学や宗教を持ち出したところで「原理主義的一元論だ」と当事者以外の取り巻きの人間にまで思われてしまう可能性が高い。文学にはそれぞれの解釈があるし、神を同伴すれば「絶対的真理」を導き出すのはチョー簡単!
一方哲学を意識し考察すれば、反証の可能性とかを意識して、論理を構築していくので、少なくとも一元論や感情論には行き着かない。と思います。
宗派の違いや文学の志向に捉われることなく「論理的で客観性のある発言に近づきやすい」のでは?

先日、家内と「毎日汗水流して働いている私は偉い。よって今日飲みに行ってよい」というテーマで議論しましたが、完膚なきまでに反論され、家族の誰一人の賛同も得られませんでした。
きっと奴らが「哲学を学んでいない」ことが原因でしょう?
    • good
    • 0

哲学というのは、本来、実用的には何の役にも立たないものです。


何故なら、哲学は、実用性を超えて、物事を突き詰めて考えて行くからです。

あえて実用的に役に立つのと言えば、通俗的な人生哲学の類があります。
ただ、こういうのを哲学者は、通常、本物の哲学とは認めていません。

補足しますね。

一般の人間は、何を食べようか、何を着ようか、金をどう稼ごうか、人とどう向き合うか、など現実的な問題にあくせくしてるものです。つまり、彼らの考えるテーマは主に<いかにして生活するか>なのです。それ以外の余計なことは、実用的には何の役にも立たないので、あまり深く考えないのです。それに対して、哲学者は、生活の利害を離れて、物事を考えます。それはある種の知的好奇心からです。彼らは物事を根本から知ることがただ愉快だからこそ考えるわけです。つまり、哲学とは世界からの永遠の問いかけであり、ある種の人にとって、これほど奥が深くて面白い問題はほかにはないのです。

PS=大人と若者

大人と違って若者とくに学生が哲学的な思索を好むのは、彼らには、生活面でのお金の心配があまりなくて、時間的には余裕があるからです。要するに、哲学には暇というのが大切であって、昔の哲学者は有閑階級が多く、今の哲学者は大学教授など閑職の人が多いです。
    • good
    • 0

>物事をより良く理解できるようになる


>心の支えになる

というのは実用的なのかどうかわかりませんが、哲学に関しても言えることだと思います。

人は大きく誤解をしています。少なくともその可能性はあります。その誤解を解くのが哲学ではないかと思います。その誤解を解くということは物事を今までとは違ったしかたで見ることを教えてくれているのではないでしょうか?

特に病的な人について言えることですが、この世界があまりにも不自然であると感じる人は、哲学から心の平安を得ることもできると思います。その逆もあることもあるかもしれませんが。
    • good
    • 0

哲学の意味と有用性は、「人類史」にあると思います。



人は、意味や有用性を考えるとき、「1回限りのこの自分の人生」における意味や有用性を考える傾向があります。しかし、その「自分の人生」は、実は、「人類史」(情況によっては、「民族史」)によって全面的に規定されています。

例えば、もし、自分が奴隷制度があった時代のアメリカで、奴隷の子供として生まれたと想像すると、自分の人生の様相が全く異なることは、火を見るよりも明らかだと思います。また、もし、自分が北朝鮮の貧農の子供として生まれたとすると、全く違った人生にならざるを得ません。

この自分の人生を根底からひっくり返しうる「人類史」や「民族史」に最も根源的な影響を与えているのが、宗教と哲学だと思います。宗教と哲学は別のものという考え方もありますが、人間の認識、概念、価値観の枠組みを決める原動力という意味では、両者は相互依存であり、切っても切れない関係にあると思います。

我々日本人は、民主主義と資本主義が当たり前の社会に住んでいますが、世界を見渡せば、それが当たり前でない地域はいくらでもありますし、日本でも、200年前に戻れば、江戸時代の幕藩体制の中にあるわけです。この違いが何によって引き起こされたのかというと、最も根源的な原因は、宗教と哲学にあると思います。

何故かというと......

もし、19世紀に、西欧による植民地支配がなかったら、すなわち、それを支える科学技術力や政治体制がなかったら、ぺリーは、日本に来なかったでしょうし(アメリカも、まだ、発見されていなかったかも知れません)、中国もアヘン戦争などする必要がなかったと思います。その代わり、日本は、未だに江戸幕府の幕藩体制下で、最悪の場合、今の北朝鮮を笑えないような情況になっていたかも知れません。

植民地主義の背景には、キリスト教徒である西欧人は、異教徒である非西欧人より優れているのだから、彼らを善導し、統治すべきであるという思想があったと思います。また、西欧において、科学技術が急速に発達した背景には、「神が創ったこの自然は、本来、合理的に出来ていて、人間はそれを理解し、人間のために支配すべきだ」という考え(汎神論哲学など)がありました。逆に、このような力強い哲学的後ろ盾がなければ、自然は依然、混沌であり、迷信に従って右往左往するしかなかったと思います。

また、キリスト教自体が、元はと言えば、一民族の民族宗教に過ぎなかったものが、新プラトン主義などのギリシャ哲学の思想によって再構築した結果、ローマ帝国から国教として認められ、世界宗教になったわけですから、最も根底において、哲学の力に依存しているわけです。

以上のように、哲学は、宗教と共に、「人類史」に、あるときは有用な、あるときは、無用な、あるいは、むしろ有害な影響を与えるものだと思います。ところが、我々は、多くの場合、自分が生きている限りでの時空間の中での有用性しか考えないので、哲学や宗教の有用性(または、有害性)を見逃す傾向があるのだと思います。

しかし、我々の2世代、3世代先の子孫のこと考えると、彼らの生活における有用性は、まさに、彼らの時代の「人類史」にかかっているわけですから、哲学や宗教の影響力を無視することはできないと思います。
    • good
    • 0

私も専門的な知識はないのですが、個人的な意見を述べてみます。



実用的な面として挙げておられる「人を幸せにすることができる。」ということについて考えてみます。
この場合の「人」とは誰のことを指しているでしょうか。
現実的には、誰かの幸せが誰かの犠牲(ある意味での不幸)によって成立しているのが常なわけですが、「すべての人」を幸せにすることはできるでしょうか。

また、「幸せ」とは何でしょうか。
人が感じる幸せとはみな同じものでしょうか。
違うとすれば、お互いの幸せがぶつかり合う可能性はないのでしょうか。
あるとすれば、その場合はどのようにしたら良いでしょうか。

これらの課題について、
文学は、あるがままの人生の真実としてその実相を照らし出します。
その作品から何かを感じることはあっても、作品自体が答えを用意していることは稀であろうと思います。

宗教は、方法論(それぞれの神様などの考え方)を使って、解決方法を提示します。
しかし、それが普遍的な解決に至っていないのはご承知のとおりです。
なぜかと言えば、宗教は論理ではなく、信じる者だけの幸せより教えてくれないからです。
信じるというのは論理ではなく、むしろ感情です。
「ともかく信じる」ことからスタートしているわけですから、最後の最後に生じざるを得ない「なぜ? 」という疑問は封殺されます。
答えは「神様がそう言っているから」とならざるを得ないからです。
なぜなら、それこそが「信じる」ということだからです。

哲学はその「なぜ? 」を重要視します。
その結果、どのような良い(実用的な)ことがあるのか、とお聞きになるかもしれませんね。
これは、好き好きとしか言いようがないのですが、
『(たとえ答えがすぐには出なくとも)真実に向きあおうとしている自分の姿勢に自身で納得感を得ることができる』ということになるのではないか、と思います。
あまり実用的とは感じられないかもしれませんが、個人的には、「とりあえず解決した気になって安心したい」という欲求を満たしてもらって【かりそめの(しかも偽の)満足】を得るよりは、遥かに実用的であろうという気もするわけです。

色々述べてきましたが、素人の個人的見解ですから、ご自身の判断の幅を広げていただく選択肢のひとつとして参考程度にお考えになってください。

因みに、宗教を信じることが悪いと言っているわけではありません。
ただ、あくまで方便として捉えるべきであって、目に見えぬ誰かが意志を持って何かを意図的に為しているかのような盲信は真実から遠ざかるだけでしょう。
非常に見識があり、宗教に関するお話でも勉強させていただくことも多い方が、「なぜ?」という論理的応酬の過程において、最終的には「神」にその理由を求めることがあり、それが論理的退却としか判断できず、残念に思うことも時にはあります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜ役に立たない学問を学ぶのか?

ある哲学科の学生が就職の面接で人事の人に言われたことです。
「君は哲学を学んでいるようだけどなぜ哲学なんかを学ぶの?
そんな世の中の役に立たない学問を勉強するより、経済学や商学を勉 強するほうがよっぽど有益じゃないの?」
「哲学を勉強した人はライブドアの堀江みたいな人間になりそうな印象が強いから不安なんだよね。」
「社会にでたら哲学的な考えはまったく必要ないわけで、カントやデカルトにくわしい人より、簿記ができる人間がほしいわけなんだよ」
などなど延々と哲学批判されたらしいです。
圧迫面接できつめに言ったのかもしれませんが哲学を学んでいる人間を全否定しているわけですよね。どう言い返すのが賢いのでしょうか?
 

Aベストアンサー

「けだし、驚異することによって人間は哲学をはじめた」
(アリストテレス『形而上学』)
「驚異が哲学のはじめをなす。不思議のないところに学問の発展は期待できません」
(田中美知太郎著『古代哲学史』筑摩叢書)

私でしたら、たとえば、このようにこたえるでしょうか。。。

「君は哲学を学んでいるようだけどなぜ哲学なんかを学ぶの?
そんな世の中の役に立たない学問を勉強するより、経済学や商学を勉 強するほうがよっぽど有益じゃないの?」

私にとっては哲学を学ぶことが有益だからです。
全ての学問の基礎として哲学は最も学問らしい学問ですし、経済学であれ商学であれ、およそナントカ学と名づけられるものは哲学から派生し発展してきたといいます。その意味でも、世のなかの役に立たないどころか、役に立ってきているはずですし、限定された領域でなく幅広い視野を培えると考えたからです。

「社会にでたら哲学的な考えはまったく必要ないわけで、カントやデカルトにくわしい人より、簿記ができる人間がほしいわけなんだよ」

哲学とは辞書にもありますとおり世界・人生などの根本原理を追求する学問です。経験に基づく人生観や世界観を指すともあります。認識論にせよ論理学にせよ特に倫理学などは人間社会と密接に繋がるものではないでしょうか。また、物事を統一的に把握する理念ともあります。これらは企業や組織体にとって、たいへん重要なことではありませんか。
仕事に対しての哲学をもつ、人生哲学、といった例文も示されております。これらの例文をみましても世のなかや社会の役に立たない、全く必要ないとは逆であろうと思います。
カントやデカルトにくわしいことと簿記ができるかどうかは別問題で、簿記の知識や資格が必要であれば対処しますが、哲学史の知識を得たことが、そのための邪魔になるとは思いません。

「哲学を勉強した人はライブドアの堀江みたいな人間になりそうな印象が強いから不安なんだよね。」

堀江さんは堀江さん、私は私です。ステレオタイプなものの考えかたを哲学は最も排除するものです。そのような一面的で硬直した判断は、企業や組織体にとって致命的な結果をもたらすのではないでしょうか。

まぁ、ここまで言ってしまったら確かにマズイかも。面接担当者の心証を損ねてしまいそうですね。ですけど面接官は哲学徒を全否定していると決めつけることもないと思います。たとえ、そうであったとしても、自ら選択し、学んだ学問について説明するのは学徒としての誠実を問われることですし、恐らく面接官も、そのへんを試しているかもしれません。賢い言い返しかたなどと、小手先の方法にとらわれるのは、それこそ賢明と言えるでしょうか?
私が面接官でしたら、こういう質問に対してヘラヘラ煮え切らない態度をとる学生は、あまり好印象を持てないでしょう。ヘラヘラと柔軟性は違いますから。
「デモシカで哲学やってんのか?やっぱヤスイ学問なんだな」と思うでしょう。
あとは実際的な問題として入社してからの会社側の要望に対し、どれだけ前向きな姿勢をとる用意があるかのアピールが大事ということですね。
学問でも会社でも、そこに身を置いていることに対する誠実という態度は、変わりのないことだと思います。その態度が即ち生きた哲学、哲学を生きること、ヒマ人のための机上の空論としないことになると思います。

「けだし、驚異することによって人間は哲学をはじめた」
(アリストテレス『形而上学』)
「驚異が哲学のはじめをなす。不思議のないところに学問の発展は期待できません」
(田中美知太郎著『古代哲学史』筑摩叢書)

私でしたら、たとえば、このようにこたえるでしょうか。。。

「君は哲学を学んでいるようだけどなぜ哲学なんかを学ぶの?
そんな世の中の役に立たない学問を勉強するより、経済学や商学を勉 強するほうがよっぽど有益じゃないの?」

私にとっては哲学を学ぶことが有益だからです。
...続きを読む

Q「考えること」と「哲学すること」の違い

「考える」と「哲学する」とは違うものでしょうか。同じものでしょうか。
違うとすると、何か「哲学すること」に固有の技法、頭の使い方があるのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

[わたしが「在るとはなにか?」と考えたとき、私の出す答えは「在るとは、、在るってことだ」というような具合で、思考が進みません。
これ「我思う、ゆえに我あり」程度ですよね。ギリシャの時代も今も変化なしですね。これ哲学でも何でもないですね。こんなの学んでも意味無いということです。たとえば、
一茶の句:かえるの子そこのけそこのけお馬が通る。程度のものですね。言葉遊びでしかないですね。たとえば、
芭蕉の句:荒海や佐渡によこたう天の川 、これが哲学ですね。
これほどの差異があるものですね。註:天の川が北極星ですね。
「「哲学する」にはなにか固有のコツや方法があるのでは、
ということですが」 「ありますね」
そのひとつはあなたの持っている知識や常識をすべて白紙に戻して再度論理的に考えてみる方法ですね。これは何故・何故という方法ではないですよ。まず頭の中をすべて見直して納得できるものと納得できないものを分類し、納得できるものについて更に何を根拠に納得したかを見直すのです。その根拠を白紙に戻し、それを繰り返す方法ですね。納得できないものについては書を読み根拠を探すのですね。その中で納得できるものがあれば、同じ過程で見直します。
このようにしてあなたの頭の中の金歯を捜すのですね。一個もないときはすべて捨てて学びなおしですね。やってみればわかりますが殆どがごみ知識ですね。ごみ知識をふるいにかける過程を「哲学する」といってもいいですね。
追加の参考まで

[わたしが「在るとはなにか?」と考えたとき、私の出す答えは「在るとは、、在るってことだ」というような具合で、思考が進みません。
これ「我思う、ゆえに我あり」程度ですよね。ギリシャの時代も今も変化なしですね。これ哲学でも何でもないですね。こんなの学んでも意味無いということです。たとえば、
一茶の句:かえるの子そこのけそこのけお馬が通る。程度のものですね。言葉遊びでしかないですね。たとえば、
芭蕉の句:荒海や佐渡によこたう天の川 、これが哲学ですね。
これほどの差異があるもので...続きを読む

Q哲学科で勉強することって???

高校を卒業したら大学に進学しようと思っている高校2年生です☆☆
どの学部に進学しようか迷っているときに、哲学科がある大学があることを知りました。
哲学に興味があったので、そういう学科で勉強したらおもしろいんじゃないかなって思ったんです。
でも、哲学科という学科があるということを知っているだけで、どういうことを勉強しているのかを全く知りません。
そこで!!哲学科に通う学生さん、もしくは哲学科で何を勉強するのかを知っている人はぜひ教えてください!!!!
自分でも大学のパンフなどで調べたのですが、より詳しい情報とかもお願いします!!

Aベストアンサー

おはようございます。
私は哲学科を卒業した者です。
皆さんが言われているとうりです。
大学によりますし、また、講師によってもかなり違ってきます。
つまり、高校までの授業とは違い、大学になると学ぶ分野が細分化されて、
学生が自分で学びたい科目を選択してゆくことになります。とくに3・4年ではそれが顕著になってきます。
教授たち自信、自分が研究している分野があって、その分野に強いわけですから、その分野のことを講義してきます。
もちろん人によりけりで、一般的なことを話す講師もいれば、専門的なことを
話す講師もいます。

ですので私が大学に進学するときには、自分の学びたい教授のいる大学に進むものがいました。

一口に哲学といっても意味合いが広すぎます。
それは古代ギリシアの自然哲学者たちが「なぜ」と考えること自信を学問とし、
その考えることを「知を愛する」ことである「philosophy」と名づけました。
その思考することである学問から、数学や音楽、天文学などが生まれ、哲学は
「万学の女王」と呼ばれています。

しかし、現在、哲学も細分化され、皆さんの言われている分野が主な研究対象となっています。
形而上学や、科学哲学といっても、一般の人には全然ぴんと来ないでしょう。
ここでそれを語ろうとすると、はっきり言ってきりがありません。
哲学とは定義づけすることの難しい学問ですから、その領域もとても広いのです。
また幾多の哲学者もさまざまな謎を出し、疑問に答え、論理を導き出しています。
その考えを知るだけで、途方もない時間が必要です。

抽象的なことばっかり言っていますが、これが「哲学とは何か」に対する答えだと思ってください。
しかし、あまり漠然とした答えでは何の参考ともなりませんので、さわりを少しだけ。


この世になぜものが存在するのか、そしてそのことを人間はなぜ認識するのか、どうやって認識しているのか。
また、目に見えないもの(神・真理・無限・絶対・永遠)は存在するのか。
有と無の関係。世界はどういう原理で作られているのか。 
そして、人はなぜ生まれてきたのか、どうやって生きていくべきなのか。


と、大雑把ではありますが、こういうことを考える学問です。
以上のものは主に古代哲学からの疑問ですが、現代では、
論理学や科学、数学なども絡み、さらに難解です!
その論文などは日本語で書かれていても、とても日本語とは思えません。
はっきり言って、実際学ばないとわからないと思います。
明確な答えが出ない物事を、真剣に思考するという、恐ろしい学問です。

1・2年の一般教育では、主に「哲学史」「哲学者の考え」を聞くこととなるでしょう。
そして、3・4年で、専門的な事を学び、自分の納得のいく答えを探すこととなります。


ただ、卒業したら社会の中、実生活では、正直役に立ちません。
ですので、#2さんの言われるとうり、変な人が多いのが特徴です。
もちろん普通の人もいますが、他の学科と比べてやっぱり・・・

よく哲学は「ごみの山」だと言われます。
ぜんぜん役に立つものはないのですが、その中に、ひょっとすると、
すごい宝があるのかもしれないと・・・

あなたは、哲学に興味がある時点で、かなり変わった人です。
ぜひ、そのまま哲学科へと進み、その生き方、考え方に磨きをかけてください!

まだ言いたいことは山ほどあるのですが、きりがありませんので、これくらいで。


最後に、哲学がいかに現実離れしているかの実例としてよく引き合いに出される
哲学の開祖タレスの2つの逸話で〆たいと思います。

「あるときタレスは天体観測のため空を見つめて歩き、熱中のあまり前方の井戸に気づかず落ちてしまった。この事件について、足元のこともわからないのに天のことばかり知りたがるのは滑稽だとトラキア人の女奴隷に笑われた。」

                        プラトン 『テアイトス』

「タレスが貧乏であったことから、世人が哲学などは生活に何の役にも立たないと
非難したところ、彼はその天文学の知識からその年のオリーブの豊作を察知し、
早いうちにミレトス中の搾油機を安く借り集め、時期が来て人々が必要としたとき
高く貸して大もうけした。」

                       アリストテレス  『政治学』  

おはようございます。
私は哲学科を卒業した者です。
皆さんが言われているとうりです。
大学によりますし、また、講師によってもかなり違ってきます。
つまり、高校までの授業とは違い、大学になると学ぶ分野が細分化されて、
学生が自分で学びたい科目を選択してゆくことになります。とくに3・4年ではそれが顕著になってきます。
教授たち自信、自分が研究している分野があって、その分野に強いわけですから、その分野のことを講義してきます。
もちろん人によりけりで、一般的なことを話す講師もいれ...続きを読む

Qニーチェのいう超人とは一体どのようなものですか?

連続投稿ですみませんm(_ _;)m
哲学でニーチェ先生を勉強しているんですが、難しくてさっぱりです…;

極論ですが永劫回帰とは、ようは地獄(現実)が繰り返される事を意味するんですよね?;
それを受け止め(運命として)精神的に乗り越える人のことを「超人」と呼ぶ、でいいんでしょうか?;
運命を変える人の事を「超人」というわけではないのですね;

なんだか納得できるような納得できないような…;
あと、個人的に「虚無」についても勉強してるんですが、これに打ち勝てるようなものは存在しないのでしょうか?(この質問は任意で結構です;)
もし、何か御存知でしたら教えて頂けないでしょうか?
勉強し始めたばかりで、誰が何が良いかも分かりません(><;)
本も難しいのが多くてどれがよいやら…;

Aベストアンサー

ANo.1 ANo.2です。

◎「そもそも何故、『人間の人生も無意味な無限の繰り返しをしている』となるんでしょうか…;」について

 あらゆるものが救済も保障もされないで、同一の形で回帰するというのは、究極のニヒリズムの形式をいったもので、それは根拠に基づいた真理ではありません。ニーチェの独創的なインスピレーションによって考え出されたものです。しかし、もしそうした究極のニヒリズムの状況に立たされたなら、一般人は運命に流され、主体性を放棄し、ニヒリズムにからめ取られてしまうでしょう。しかし「超人」は、永劫回帰のニヒリズムに対してさえ、「これが人生だったのか、よし、さらばもう一度!」と自己の生を肯定して、より強く生きていこうとする人なのです。またさらに言うなら、「超人」とは、自らが自分の運命をつくり出していく意志を持った人ともいえます。

◎「きみたちが、きみたちの父祖の子孫であることを、きみたちは、きみたちの子孫たちによって償うべきだとは、『過去に囚われるな、未来を見よ』という事なのでしょうか?」について

 この文章の私流の解釈は、「自らの過酷な『運命』や悔恨の『過去』(ある意味では運命とも言える「過去」)を、きみたちは、積極的に『未来』に働きかけることによって、その意味をプラスにすべきなのだ」といった具合です。つまり、肯定的な「未来」を創造することによって、過酷な「運命」や「過去」は自分にとって大切な存在になるのです。ところが、それに「囚われ」ているということは、「運命」や「過去」を呪っている結果であり、「超人」の創造的な生き方ではないのです。

◎「運命(過去?)を愛せよ、という割には「償う」という表現を使うのは矛盾しているような…」について

 自分の「運命」を呪い、現にあるものと違ったものであればよかったのにという考え方は、能力や財力のある者・健康な者に対するねたみや恨みが隠されており、それは弱者の考え方なのです。「超人」は、あらゆる「運命」と向き合い、それを必然なものとして受け入れ愛する人間なのです。なぜならば、その過酷な「運命」が自己を高め、より強大にしてくれる起爆剤を内包していることを、「超人」は知っているからなのです。そして、その過酷な「運命」を、自分にとってプラスの意味あるものにすることが「償う」ということであり、またそれは、過酷な「運命」から逃げず、それと向き合い、それを必然なものとして愛する「超人」にこそ可能なのです。なお最後に、またニーチェの言葉を紹介して締めくくります。 

「いまだに決して歩み行かれたことのない千の小道がある。生の千の健康があり、生の千の隠れた島々がある。人間と人間の大地とは、依然として汲みつくされておらず、また発見されていない」
  

ANo.1 ANo.2です。

◎「そもそも何故、『人間の人生も無意味な無限の繰り返しをしている』となるんでしょうか…;」について

 あらゆるものが救済も保障もされないで、同一の形で回帰するというのは、究極のニヒリズムの形式をいったもので、それは根拠に基づいた真理ではありません。ニーチェの独創的なインスピレーションによって考え出されたものです。しかし、もしそうした究極のニヒリズムの状況に立たされたなら、一般人は運命に流され、主体性を放棄し、ニヒリズムにからめ取られてしまうでしょう。...続きを読む

Q哲学を学ぶ意義とはなんですか?

現在、大学で哲学の授業を学んでいます。

しかし、その授業を学ぶに当たって、
なぜ、哲学を学ぶのか、また、
哲学を学ぶことで得られるものは何かということを
考えるようになりました。

哲学を学ばれている皆さんは、なぜ、哲学を学ぶのでしょうか?
哲学を学ぶことに対して、何を求めているのでしょうか?
出来るだけ詳しく、そしてたくさん書いていただけると
とても参考になります。

Aベストアンサー

>哲学を学ばれている皆さんは、なぜ、哲学を学ぶのでしょうか?
>哲学を学ぶことに対して、何を求めているのでしょうか?
⇒2つの観点から申しあげます。「個人」と「人間・人類」との観点です。

(1)哲学の授業は多く哲学史に関わりますが、その目的の1つは、先哲たちがどのように「知を愛したか」を伝えるためだと思います。ご存知のように哲学(philosophy)とは、文字通りには、「愛知」を表わす語ですね。すなわち、「哲学する」とは、「好奇心を持つ・知識や智恵を得たいと願う」ことですね。
では、それは何のためか、あるいは、何の効用があるか。一言で言えば、「生きるための英知を獲得すること」でしょうか。ヨーロッパの図書館などには Discendo liberior. と書いてありました。「学ぶことによってより自由に」といったような意味らしいです。つまり、学ばない状態では、人は多かれ少なかれ無知蒙昧・迷信・妄念・偏見…などにとらわれているが、「学ぶことによって、その桎梏を解き、自由になれる」ということなのだと思います。「哲学は、我々を迷信や妄念から解放してくれる」のです。

(2)かつて哲学は諸学問を1つに束ねて統合し、これに指針を与えるという役を果たしていました。そして、それは今日でも変わらないはずです。すなわち、現代の哲学は、極度に細分化し専門化した諸科学を統合し、これに指針を与える機能を持つ、少なくともその使命がある、と言えるでしょう。この高度に文明化した現代にあっては、とりわけ尖端技術など「地球生命を左右するような科学を束ねて、今後に向けての当為を示す」という重大な使命を哲学は負っている、とそう思います。環境汚染の解決や異民族間の争いの収束を模索するとき、人間にとっての「本当の幸福」を考えるとき、そして、人類の未来を思うとき、哲学は最も重要で、最も頼りになる(ならねばならない)、学問なのだ、と言い得るのではないでしょうか。

>哲学を学ばれている皆さんは、なぜ、哲学を学ぶのでしょうか?
>哲学を学ぶことに対して、何を求めているのでしょうか?
⇒2つの観点から申しあげます。「個人」と「人間・人類」との観点です。

(1)哲学の授業は多く哲学史に関わりますが、その目的の1つは、先哲たちがどのように「知を愛したか」を伝えるためだと思います。ご存知のように哲学(philosophy)とは、文字通りには、「愛知」を表わす語ですね。すなわち、「哲学する」とは、「好奇心を持つ・知識や智恵を得たいと願う」ことですね。
では、...続きを読む


人気Q&Aランキング