いま、アメリカと戦争してた頃の、歴史の本を読んでまして。その本には、山本五十六の事が度々でてくるのですが。

山本は軍部の中で、アメリカの怖さを客観的に知り抜いた数少ない戦略家だった。陸軍の連中は、軍事オタクのバカばっかりだった。陸軍には、予算や経済観念、常識が無い。視野が狭すぎる。

という様な事が書かれてまして。ホントにそうだったのかなあ。陸軍の中にも、冷静な戦略家はいなかったのか?東條を初め、陸軍が権力を握って独走したのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

この質問は、実際のところは明治維新より続く問題に、面子が絡んだものですから、非常に難しいのですが・・・



陸海軍の対立は、陸の長州、海の薩州といわれるころより続いていた問題です。

当時、会戦のころは国内情勢が結構逼迫しており、もし弱腰になったら、2.26や5.15のようなことが起こる可能性は十二分にありました。
また、国民世論の面でも、弱腰=政権崩壊の可能性があったりと、なかなか厳しい状態です。

陸軍と海軍の力関係ですが、組織の上では一応対等となっています(実は明治維新後しばらくは陸軍が上だったのですが、その後に海軍が黄海海戦での戦果や日本海海戦の大勝利を盾に地位を巻き返したのです)。
しかし、満州事件や日中戦争など、陸軍主導の拡大政策が、ある程度の成功を収めていた上、海軍大将でもあった米内内閣なんかの政治成果があまり芳しくなかったことなどもあり、やや国内政権は陸軍に主導権がありました。

なお、質問者さんが読んだ本は、少々海軍贔屓過ぎるような気はしますね。
私も(土地柄)海軍贔屓であると思いますが、陸軍を、軍事オタクの馬鹿とするのは、少々過小評価しすぎかと。

そもそも、当時の陸軍大学、海軍大学といえば、帝国大学(現東大)と同等以上のエリート大学ですから、基本的に馬鹿はあんまりいないのですけどね・・・
東條も、決して馬鹿ではありません。馬鹿では陸軍大将で総理大臣にまではなれませんから。

ただし、アメリカに対する認識がしっかりしたものであったかと言うと、そうとも言えません(この点が、陸軍批判の最大の原因)。
これは、当時の陸軍海軍の教育方針に違いがあります。
当時まだ日本は、後進国ですから、陸軍大学や海軍大学をでた、いわゆるエリートはほとんどが海外留学をします(もちろん、駐英次官だったりという肩書きで、ですが)。
で、陸軍の留学先ではドイツ、フランス(どちらもいわゆる陸軍国)が主だったのですが、海軍の留学先は米英が多かったです。
結局はこの違いです。米英に留学している人が多い海軍のほうが、アメリカのことを多く、そして良く見ていたのは、ある意味当然でしょう。
しかし、これをもって「視野が狭い、常識がない」とするのは、少々性急でしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>陸海軍の対立は、陸の長州、海の薩州
>組織の上では一応対等と(実は明治維新後しばらくは陸軍が上だったが、その後に日本海海戦の大勝利を盾に地位を巻き返した
>しかし、満州事件や日中戦争など、陸軍主導の拡大政策が成功、海軍大将でもあった米内内閣なんかの政治成果があまり芳しくなかった

>やや国内政権は陸軍に主導権■やはり陸軍が優勢だったんですね。それにしても両者に歴史ありだったんですね。

留学先のパワーバランスが影響したかと、思いました。パックスブリタニカとパックスアメリカーナを思い知った海軍。
一方、一次・二次と敗戦国ドイツに行った陸軍。

>なお、質問者さんが読んだ本は、少々海軍贔屓過ぎる
僕もそう思います。ただ論点を単純に分かり易くするため、僕の質問文の書き方に誇張があるのは認めます。

お礼日時:2006/09/10 23:18

私は海軍と陸軍の政治に対する姿勢の違いと思います。


元々海軍は、軍人は政治に関わるべきではなく、命令を忠実に遂行するという思想があり、陸軍は軍が政治を動かすという思想があったようです。
松下政経塾の橘秀徳氏の分析では

1.陸軍は、自らの考えを推し進めるために、陸相を内閣から引き下げ、内閣をつぶすというごり押しまでやっている。
また、右翼を扇動して、海軍省に押しかけるという脅迫紛いの事までやって、陸軍の権益(戦争を遂行して権益を増やす)を守ろうとした。

2.条約派と艦隊派の対立という海軍内の対立。
既に八八艦隊を建設するために海軍は29%もの国家予算をとっており、これ以上の負担は日本の国力では無理な段階に来ていた。
そこで、米内光政は山本五十六海軍次官・井上成美軍務局長と手を組んで、加藤友三郎元海相の「国防は国力に相応ずる武力を備うると同時に、国力を涵養し、一方外交手段により戦闘を避くることが目下の時勢において国防の本義と信ず」という言葉のように、自由競争ではアメリカに負けるので、条約を締結して、分に見合った軍艦を作ろうとしたが、何が何でも大艦隊を作ろうとする艦隊派との対立が強まった。
この中で、条約派の山本五十六海軍次官などが連合艦隊長官などの現場に転出し、政治の中枢から去ったため、艦隊派の勢力が強くなり、陸軍と共同歩調をとるようになった。

3.新聞などで世論を煽られ、海軍も国民の声を無視できなくなってきた。

以上のことから、海軍の良識派は一掃され、戦争に反対できなくなってきた。
上記を見れば、陸軍が戦争を進めた理由もわかると思いますが、恐らく誰も戦争になるとは思っていなかったのではないかな。
戦争を声高に叫んで予算を取り、権益を拡大していく。
権益が拡大すれば、一般将兵も潤うので下も支持をするし、国民もお国のためと納得してしまう。
ある日、戦争が不可避と判って、東條などの指導者も拙いと気が付き戦争回避をしようと考えるが、下からは日和見と言われかねない、もう引っ込みが付かなくなり、やってしまう。
当然、計算では勝てないことは判っているので、精神論に頼るようになり、そのうち何とかなるのではないかなと、期待が出てくるという悪循環。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご助言ありがとうございます。

>政治に対する姿勢の違い。
>海軍は、軍人は政治に関わるべきではなく、命令を忠実に遂行する、
>陸軍は軍が政治を動かすという思想があった
■へえ、知りませんでした。思想か。海軍はシビリアンコントロールに近く進歩的だったんですね。
■陸軍はヒトラーの手法を手本にしたのかも。

お礼日時:2006/09/10 23:24

陸軍の言い分もある程度は理にかなっていたようです。



日米開戦の前、中国戦線では相当優位に立っていましたから、
「ここで停戦せよ。」
これは相当残酷だったようです。
今は無き英霊に申し訳も立たないのです。

つまり、アメリカの交換条件を飲む事が出来なかったのです。

終戦間際、
海軍の艦隊は全滅しています。
最後に勝ったのは、ガダルカナルの夜戦が最後でした。
その後、負け続けます。

しかしその頃陸軍は、
海路と言う補給路を断たれた状態を脱する為、

中国大陸を南北に縦断する補給路を完成させます。
相当な犠牲の元、命令を遂行します。

これが、
海軍は負けたが、陸軍は負けてはいない。
局地戦では勝っている。
負けたのは海軍が悪い。

この根拠でもあるのです。

陸軍の中にも栗林中将のように、
米軍に一矢報いた名将もいます。

但し、
対戦車兵器の欠落。
勝ちようの無い孤島での奮戦。
後方を占領し、補給路を断つ米軍の戦法。
それに伴う補給無しでの戦闘。

こう言う状況下、果敢に戦ったと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご助言ありがとうございます。

調べてみました。こんな英雄もいたんですね。日本人として記憶にとどめます。

名將「栗林忠道」(くりばやし ただみち、1890年
「アメリカとだけは戰ふな」、さう主張し續けた帝國陸軍屈指の知米派◆皮肉にも米海兵隊の大軍を硫黄島に於て迎へ撃ち、壯烈な戰死を遂げる◆米国とカナダの駐在経験があり、陸軍の中では珍しい米国通◆硫黄島の戦いで米軍との激戦を指揮し、最後は自ら200名の兵士と共に突撃を行い戦死した。

お礼日時:2006/09/06 23:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q山本五十六は臆病な軍人だったのか

臆病な将官を連合艦隊司令長官に据えたから、日本は戦争に負けたのではないだろうか。

日露戦争の日本海海戦では、東郷平八郎連合艦隊司令長官は、旗艦「三笠」の艦橋に陣取って全軍を指揮した。指揮官が危険な艦橋にいるということで、全将兵の士気は大いに上がった。日本海海戦の勝利の一因として見落とせない。

しかし、日米戦争で山本五十六連合艦隊司令長官は、旗艦で全軍を指揮したことがあるのだろうか。

劈頭のハワイ海戦(真珠湾奇襲作戦)では、空母機動部隊の旗艦「赤城」に座乗せず、指揮を南雲中将に任せて遥か後方の九州佐伯湾の戦艦「長門」にいた。また、ミッドウェー海戦でも、空母「赤城」に座乗せず、「赤城」の後方300キロメートルの安全な「大和」ホテルにいた。

結局、山本五十六は臆病だったのではないだろうか。そんな山本を連合艦隊司令長官に据えるような海軍の人事システムが、敗戦の原因だったのではないだろうか。

Aベストアンサー

敗戦の原因?

大本営陸軍部と海軍軍令部という二つの最高司令組織を並立
させていた事。 戦争と言う国家総力戦において頭が二つ・・・
船頭が二人いたのですよ。飛行機も電探も二重開発・・・

余裕の国ならともかく低工業国の大日本帝国では致命的失策。
町工場で親方が二人いる事態。小さな会社で二人の社長・・・
うまく勝負に勝てるはず無いよね。

頭が一つならアメリカへの攻撃は行なわず南方占領を実現。
陸軍は重慶占領作戦を遂行し大陸確保。海軍はソ連攻撃に
そなえ海上封鎖、陸軍のソ連攻撃に航空支援で共同。

大陸とソ連占領地における権益を基にアメリカから軍備、資材
の購入を実現。ソ連を西方に進撃しウラルまで到達する。
アメリカとの大戦争さえ起こさなければ日本の好機だったのだ。

戦争敗北の要因は戦闘の勝利でも何にも得られない海の戦い。
敵の艦艇をいくら沈めても一円の儲けにも成りはしない。
大局で見る戦争なら儲けの無い海軍戦を避け儲けの在る陸軍戦。

儲けの無い戦いをすれば国は疲弊し滅びるのだ・・・・・

Qもし山本五十六氏が終戦時に生きていたら、、、

もし山本五十六氏が終戦時に生きていたら
A級戦犯にされていたのでしょうか?

Aベストアンサー

捉えられた可能性はありますが、死刑などの刑罰はなかったのではないか?と考えます。
理由は
平和に対する罪として真珠湾攻撃がありますが、山本五十六はあくまで現場指揮官のため、作戦全体の決定権がなかった。
捕虜虐待の実績が不明確、民間人虐殺の罪もない(A級としてとられられて、B級として裁かれる可能性もない)
などがあります。また、米人弁護士もいっているのですが、戦争は罪じゃないという考え方も、決して不当なものではないでしょう。一般的に近代以降は敗戦国の軍人を捕らえて殺すような野蛮な行為は行われていません。東京裁判はその野蛮な行為にかなり近いのですが、主に戦争を決定した指導者に対して罰が下されており、軍人についは前述の虐待以外での裁きはありません。
 ポツダム宣言においても、軍人の武装解除後の生命の保証はされています。山本五十六が戦争指導者かどうか、といった点が一番のポイントになるのではないでしょうか?

Q山本五十六連合艦隊司令長官の後任

山本五十六の死後、連合艦隊司令長官の後任には誰がなったのでしょうか?

Aベストアンサー

古賀長官です。
古賀長官と同時に飛び立った飛行機も不時着し、海軍の重大な情報が米軍の手に渡り、その後の海軍の壊滅につながりました。
吉村昭の「海軍乙事件」はそれを描いています。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/416716907X/qid=1128438693/sr=8-7/ref=sr_8_xs_ap_i7_xgl14/250-1649167-2950659

Q山本五十六についてレポートを書くのですが・・・。

歴史の課題で、人物一人を選択してレポートを書くというものがあり、山本五十六について書くことにしました。
書くことの中に、「その人物が後の歴史に与えた影響」とあるのですが、いまいち良く分かりません。

なので山本五十六がのちの歴史にどのように影響を与えたか具体的に知りたいです。

Aベストアンサー

 レポートの丸投げは禁止です。っというか情けないです。
 丸投げではないのかも知れませんが、ご自分で調べた形跡がまるでない質問文です。せめてウィキペディアくらいは覗いてから、興味のあるところを限定して質問しましょう。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E6%9C%AC%E4%BA%94%E5%8D%81%E5%85%AD

 ちなみにですが、歴史に与えた影響という課題ですが、「あなたの主観でどのような影響があったと思うか」を書けばよいと思いますよ。ただでさえ歴史には正解はありません。軍人一人いなかったとしても、どうせ大した影響もありませんて。その人がいなければ、他の人がやったでしょうから。他人が考える「歴史への影響」を書いても、あなたの歴史観はちっとも深まりません。レポートとはそういうものではないはずですよ。

Q山本五十六の「戦死」と「殉職」について

無知で御恥ずかしいのですが、教えてくださいませ。
山本五十六は歴代連合艦隊司令長官で唯一の戦死者であるということは知っておりましたが
「戦死」であることと「殉職」であることとのニュアンス?の違いと申しましょうか
歴史的捉え方とでも申しましょうか、
とにかく何故、彼一人しか「戦死者」がいなかったのかを御教授よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

下記Wikipediaをご覧になれば解りますが、連合艦隊が出動した戦いは「黄海海戦、威海衛海戦(日清)、黄海海戦、日本海海戦(日露)ミッドウェイ海戦(太平洋)の計5回であり、そのうち4回に連合艦隊は勝利を収めました。
ミッドウェイ海戦に連合艦隊は敗北し撤収はしたものの全滅ではありません。
いつの戦いにしても司令長官を戴く「旗艦」は艦隊が全滅でもしない限り沈没しないのが海戦です。
また司令長官に任じられるような高級軍人は軍政家である場合が多く転任後は前線に出る機会が少ない。
こういう事情でしたから【連合艦隊司令長官】が戦死した例が少ないのだと思います。
山本五十六の場合も事故死に近い戦死です。↓

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%A3%E5%90%88%E8%89%A6%E9%9A%8A


人気Q&Aランキング

おすすめ情報