最新閲覧日:

頭痛もちの私は、海外旅行へ行くと向こうで鎮痛剤を買ってきます。
この間もHONGKONGでTYLENOLを買ってきました。
英語もわからんのに良く買うなぁ~とも思うんですが、、、英語がわからないので
質問させてください。←この時点でお叱りを受けそう、、、

1)箱には20caplets-500mg eachとあります。これは、1錠500mgですってことですよね? で、何が?

2)成人 毎次1-2片 毎日服3-4次=adults and children over 12: take 1 or 2 caplets
tree or four times dailyとあります。
成人と12歳以上の子供は1日3~4時間おきに1~2錠ってことで間違いない、、、ですよね?

3)日本で買うTYLENOLは3錠中、アセトアミノフェン900mg、と書いてあります。
海外で買うTYLENOLの場合、アセトアミノフェンが1錠あたりどのくらい、とは、
どこを見れば良いのでしょう? 1)で質問した500mgというのがアセトアミノフェンの
容量なのでしょうか。

4)もし3)の通り、1錠にアセトアミノフェンが500mg入っていた場合。
日本で売っているタイレノールは1錠300mgを1日3回。海外のものは500mg(600mgのものも
ありました)を1日3~4回飲むことになります。
国が違うだけでこんなに摂取する量が違うのって、問題ないんですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 補足だけです。


1)タイレノールは飲みやすいようにカプセルの形をした錠剤なのでcapletと書かれています。tabletの記載ミスではありません。

2)日本では15歳以上が大人と同じ量になります。中国語で毎日、英語でdailyでも日本語では毎日飲めって事ではなく1日(毎)に3、4回です。できれば5、6時間くらいは間隔を空けたほうがいいですよ。

3)タイレノールは薬効成分はアセトアミノフェンのみです。
 
4)日本では、市販薬ではアセトアミノフェン1回300~350mg、医師の処方でもらう場合は1回500mgのものが一般的です。大人の1回の最高量は500mg程度です。
 香港のは1錠500mgのようなので大丈夫ですが、600のは半分とかに減らしたほうがいいです。

 薬の量は国によってかなり違い、アメリカでは日本の3倍くらいの量のものもあります。だから外国製のものは注意が必要です。できれば向こうで買わずに日本から買って持っていったほうがいいです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
お礼をまとめて書きます。
なんとなく理解はあっていたようです。が、やっぱり強いんですね。
最近は症状により、強いもの(海外のもの)と弱いもの(日本のモノ)を
わけています。
量をしっかり見て買わないと危険なんですね。

お礼日時:2002/04/29 20:42

1)は薬成分の量(1錠中)ですが、capletではなくtabletじゃないですか?



2)は毎日3~4回、1回に1錠または2錠服用の意味。

3)アセトアミノフェンのことと思いますが、もし他の成分も含んでいるのでしたら、箱書きか説明書に「ingredients」という項目があるはずです。そこに成分の全てが書いてあると思います。

国によって安全基準が違いますからね。アセトアミノフェンは長期に多く摂取すると肝臓の機能に影響がありますので摂り過ぎはいけません。今回のように外国のものを購入した場合(インターネットで直接購入する人もいますが)は、薬の純度の点からも国内のものとは違うことがありますから、やはり薬剤師または医師の助言が必要でしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報