4月から国内の大学院に進学を予定しているものですが、奨学金の申請を考えております。

そのため、指導をして下さる先生の推薦状を提出しなければなりません。
このことを先生に相談したところ、自分で文章を考えてきて、とのことでした。

推薦状を書いていただいたことのある方は、どのような内容を、書いていただきましたか?

全く見当がつかず、困っております。
どんな些細な事でも結構ですので、回答していただけるとありがたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

全く見当がつかないということですので、とりあえず切り口をつけるつもりで私の案を述べさせていただきます。

私自身そのようなレベルの推薦状を書いてもらったことなどなく、書いてあげたことなどさらにない状態ですが、要するに大学院とは既成の学問を学ぶ場ではなく、真理の追及の場であるという認識が基本なのです。だから大学教授も修士課程までは何とか権威をもった「教授」でいられるが、博士課程になると院生にばかにされている、という話があるのです。
私はこのあたりに関する複数の話を聞いており、それらを総合した結果としてそんなイメージをつかんでいますので、下記のような推薦文を考えてみました。
「申請者は経済的には余裕がありませんが、学問に前向きであり、高度な就学の意欲を有しています。既に○○大学○○学部在学中には○○を○○のごとく研究して○○のような成果をあげており、大学院ではその上に立って○○を研究したいという意欲を有しています。院を卒業後も生涯を通じてなおも真理を追求する意欲もうかがえ、院生としてそのための基礎を学ばせることは十分社会的意義があるものと認められ、同時にそれは大学の責任であると思われます。よって申請者を院生適格者としてここに推薦いたします。つきましては奨学金の給付につきましても、格段のご配慮をいただけるようお願い申し上げます」
無責任なようですが、何かと表現がおかしかったり、内容的に過不足がありましたら、後はご自分でお願いします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

すぐにでも使えるような形にまでして下さって、
どうもありがとうございます。
大学院とはどのようなところなのか、何がしたいのかを再考する必要が自分にはあるなと感じました。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2006/09/30 23:55

No.3への補足です。


ハッタリと書きましたが、嘘をつけ、ということではないですよ。
私は理系なので経済学の場合に同じことが成り立つか分かりませんが、研究費の申請において、プロジェクトの期限内では達成困難な目標をお題目にかかげることは普通になされます。

現時点の研究の進行では無理だけど、このままこの研究が発展していけばいつかは実現するだろう、というぐらいのターゲットを掲げることで、研究の将来性について示すのです。
このとき、我々は実用性、応用性をアピールします。
この研究は将来エレクトロニクスに使える、とか、高効率の太陽電池につながる、とかいろいろ考えられます。
実際にお金を貰えたとしてその期限内で達成するのは到底無理であっても、研究成果がいつかそれらの目標達成につながるだろう、というくらいの気持ちで書くわけです。

応用面を強調するのは昔からあったのですが、最近はこの風潮が加速しているように感じます。基礎研究が軽視され実学重視になっているようで、基礎研究をやっている人間は私も含め不快に感じることがたまにあります。

閑話休題。

質問者さんの場合も、大学で学びたいことがあるでしょうし、学んだ結果を活かして何がしたいのか、と書くでしょう。
このとき、すぐに達成できなくとも精進を続ければいつか達成しうる目標を掲げておけば、私はこんなに将来性があるんだよ、だから私に投資するのは日本の経済に有用なんだよ!ということを伝えやすいでしょう。
経済学に疎いので、理系人のようにそういう文面が簡単に書けるのか分かりませんが、自分の将来を大きく設計するのは悪いことではないと思います。
    • good
    • 0

私が書いた事ですが、、



学部時代に意欲的に勉強した事へのアピール、
いま4年生であれば卒業研究への取り組み、
長所(根気強いとか、積極的とか、結構ありきたりかも)
サークルにも参加したとか、
奨学金を借りなければやっていけない家庭事情など
    • good
    • 1
この回答へのお礼

アドバイス、どうもありがとうございます。
実際に同じような書類を書かれたということで、参考になります。
サークル活動に積極的に参加したことなどもアピールポイントになるのですね。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2006/10/01 00:11

奨学金ではないですが、国際会議への参加にあたり、他研究室の先生に推薦状を書いてもらいました。


内容としては、
1.なぜ私が参加を希望しているのか
2.参加することで、今後の研究および日本の科学にどんなプラスがあるのか。
3.私の大学院での成績、研究業績、研究への態度が素晴らしい
自分で3の内容とか書いていると恥ずかしくなってきましたけどね。
恥ずかしくても、ほめられるところを見つけて書くしかないのですが。

質問者さんの場合なら、これまでの大学でこういう研究をやっており、その発展として大学院ではこのような研究を行いたい、その研究が達成できたらどんな意義があるのか?ということが必要でしょう。あまり具体的に書く必要は無いと思いますけどね。読む相手は素人でしょうから。研究費の申請でもそうですが、素人相手でもこれはすごい、と思わせるにはハッタリがどうしても必要です。

それから、奨学金がなんでいるの?という理由ですね。
成績は良いし、将来有望なんだけど、家庭の事情が・・・という展開が自然に文章が書けると思います。
No.2さんのように、研究上どうしてもお金がいるんだ、というのも良いと思います。

後は、自分の素晴らしさを伝えてください。
成績、研究上の業績、研究に対する態度など。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイス、ありがとうございます。
「ハッタリ」が必要だというご意見には、文章を考える上で、かなり励まされます。どこまで書いていいのか、と迷ってしまいそうなので。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2006/10/01 00:06

だいたいの先生が「推薦状を書いてください」というと「自分で書いてきて。

サインするから」という感じですよね(汗。

分量はどの程度かわかりませんが、私の場合はA4、1枚で済みました。

大学院の推薦状というと一般的に、大学で研究した内容、大学院で研究したい内容との関連性、どういう人物なのか(研究熱心、計画性がある…大学生活でどんな活動をやったのか)を書きますよね。

ただ奨学金の推薦状となると…。上記の内容だけではなく、自分が奨学金を志望している理由をサポートするような内容が必要かなと思います。
たとえば、研究に洋文献が欠かせないということだったら、日本国内の図書館にないのも出てきます。それを海外から取り寄せるには大学を経由してもお金がかかりますよね。
それを教授に立証しているような内容を書くとよいのではないのでしょうか。

がんばってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々のお返事、ありがとうございます。
自分が何をやってきたのか、どのような人間性をもっているのか、といったことのみならず、奨学金の申請理由を記述することも重要だと分かりました。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2006/09/30 23:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q指導教員推薦所見の文例についてですが

今年から奨学金を貰うために指導教員の推薦所見というのを提出しなければなりません。

これは自分で下書きをしなければならないといわれたのですが、どのような文体でかけばいいのかわかりません。推薦されるのに「私が」とはかけず、かといって教授が自分を推薦するように書く書き方というのがわかりません。

もしよろしければ、文例があるとわかりやすいのですが、簡単な文章でいいので例を書いていただけないでしょうか。
お願いします。

Aベストアンサー

文例は学生課などにありませんか。あるいは上級生で提出経験のある人に聞くとか。
強いて書けば
「○○××君は、成績優秀で、性格的には何々の特徴があり、学友からも信頼されている。経済的に学資の支弁が困難であり、安心して勉学できるよう奨学金の支給をお願いしたい。指導教員として責任をもって推薦できる学生であると確信している」
程度でしょうか。
どうせ、といっては身も蓋もないのですが、指導教員の推薦書なんて見ないと思います。成績と親の収入だけで点数が決ります。(これは旧育英会の場合で大学独自の奨学金はもっと真面目に書かないといけないかも知れません。)

Q教授推薦書の書き方について

こんにちは
私は、現在大学四年の学生です。
来年、春からは東京の企業で働くことになっています。

最近、企業から教授に推薦書を書いてもらうように言われました。しかし、教授にお願いしたのですが、自分で書け、とのことです。
後で、添削はしてくれるそうです。

教授推薦書とは、どのように書けばよいのでしょうか。企業からは特に用紙・文字数などの指定はなくフォーマット自由で書いてもらい、提出せよとのことです。

分かる方は、お手数ですが教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

> しかし、教授にお願いしたのですが、自分で書け、
> とのことです。

「中身の下書きを」自分で書いてみて、ですね。


推薦書は、構造として
o 推薦者と推薦される者との関係
o 推薦される者の人柄・評価
o 推薦者の立場・属性などや、署名捺印
o 推薦書としての形式
の4つの部分に分けられれます。

ただ、あなたにとっての指導教員としての教授の先生は1人かもしれませんが、推薦書を頼まれた先生からみればたくさんいる学生の一人であるわけで、正直なところ『書く内容が思いつかない』わけです。仮にぱっと中身を思いついたとしても、成績をつけるように欠点とかも遠慮なく書いてしまったら「こんな欠点のある学生を推薦するんですかアンタは」と、その先生は会社から思われてしまうわけであり、さらには、その先生からあなたはそのように思われているとも会社から思われてしまうわけです。

というわけで、特に前2つについて、
o 4年間のうちどれくらいの期間のお付き合いか、なぜその学生を指導するようになったのか(どういう動機で何を勉強しようとあなたはその先生を選んだのか)、など
o 授業・ゼミ・研究、それに大学での課外活動、さらには大学に関係ない個人としての趣味・特性など
などが該当します。とりあえずは『他人からどう見られているか』という点をまず書いてみてはどうでしょうか。

その上で、それが単なる他人ではなく教員に書いてもらうとしたら...という見え方・書き方にアレンジしたもの、そしてそれを4項目目に相当する、公文書らしい形態(宛名・日時・文責、それに署名してもらうスペースなど)にして、下書きとして先生に渡せばよいでしょう。なお、最終的に紙に印刷したものを署名捺印してもらって封をするような形になります。

あんまり形式ばる必要はないのですが、どうしても形式のイメージがわかなければ、ビジネス文書の形式を参考にするといいかも。
http://www.teglet.co.jp/naoko/ の「ビジネス文書」の「紹介推薦」からの例文がちょっと参考になると思います。


学生の就職にあたっての推薦文の考え方として
http://pweb.sophia.ac.jp/~t-oka/edu/suisen.html
というのがありました。参考までに。

> しかし、教授にお願いしたのですが、自分で書け、
> とのことです。

「中身の下書きを」自分で書いてみて、ですね。


推薦書は、構造として
o 推薦者と推薦される者との関係
o 推薦される者の人柄・評価
o 推薦者の立場・属性などや、署名捺印
o 推薦書としての形式
の4つの部分に分けられれます。

ただ、あなたにとっての指導教員としての教授の先生は1人かもしれませんが、推薦書を頼まれた先生からみればたくさんいる学生の一人であるわけで、正直なところ『書く内容が思いつかない』わけ...続きを読む

Q大学院の奨学金に必要な推薦所見について

初めまして。
大学院の奨学金の出願に必要な推薦所見について質問をしたいのですが、自分は今年度M1になる者です。

指導教官にお願いしたのですが、まずは自分で考えてそれを元に考えると言われてしまいました。

内容は簡単な研究内容と人物についてなのですが、研究内容は問題ありません。人物についてどういった事をどのように書くのがよいのか教えていただけないでしょうか。
所見を書いた経験のある方どうかお願い致します。

Aベストアンサー

奨学金の推薦なので、あなたが将来有望であることを説明できるような内容が必要でしょう。
そのためには、学生時代のゼミやサークル等でリーダーシップを発揮したとか、なんらかの困難な状況を耐えて切り抜けたとか、友人の間での信頼が厚いとか、でしょう。もちろん、こつこつと努力を積み上げるタイプとか、天才肌であるとか、いろいろありますよね。
ただ、指導教官が「???」と思うような過大評価や美辞麗句はさけたほうがいいでしょう。

Q大学院:奨学金の推薦所見

来春から大学院に通うことになったのですが、奨学金申請に必要な指導教官の推薦所見に少し戸惑っています。
旧育英会の1種・2種に申し込もうと思いますが、指導教官の推薦書が必要とありました。そこで、母校のHPなどを調べてみたところ指導教官の名前がありませんでした。転任されたか退官されたかだと思うのですが、こういう場合は皆様どうされているのでしょうか。個人的には、指導教官とは卒業以来疎遠ですし、もし退官されていたらご住所もわからないのでどうしたら良いのか…。

Aベストアンサー

学部の指導教員ではなくて
大学院の指導教員による推薦状になるのでは?

いずれにせよ、文面は自分で書いて署名捺印だけ教員にやってもらう事例がこの手の推薦状には多いですから、進学先の大学院で指導してもらう予定の先生に相談してみてはいかがですか。

もし、社会人カリキュラムなどで入学後に指導教員が決まるスタイルであったとしても、専攻長・コース長などのとりまとめをする先生が推薦者になってくれる事例があります。

Q高校に出す推薦書の書き方

よろしくお願いします。
息子が私立高校を単願で受験することになり、推薦で行けそうなんですが、三者面談の時に担任から「高校に出す推薦書を親が書いて下さい」と言われました。
本当なら先生が書いて高校に提出するものです。
でも、担任は「○○さんに書いて貰ったら、それを見て私が清書して提出しますので、よく考えて書いて下さいね」と言われました。
主人に言うと「それって、先生の怠慢なんじゃないのか?」と苦笑いでしたが、それが普通なんでしょうか?
その推薦書には、推薦理由と人物所見を書かなければいけません。
どんな事をかけばいいのでしょうか?

Aベストアンサー

某県立高校の教員です。私も進路指導で大学や専門学校を受験する生徒の調査書や推薦書を書くことがあります。◆生徒たちは学校の先生というのは自分のことをよく知っていると思いがちですが、言うまでもなく必ずしもそうとはいえません。小学校ならまだしも、中学や高校の学級担任というのは自分のクラスの生徒のことをどれだけ理解できているのだろうかと思います。教科(科目)ごとに授業担当者が異なり、朝と帰りのホームルームでしか生徒と顔を合わせない日もあり、休み時間や放課後の教室の様子もよくわからない、生徒同士の人間関係だってどこまでほんとうにわかっていることやら・・・。こう書きますと、教師はいったい何をしているんだとお叱りを受けてしまうかもしれませんが、多くの教員はそれでも生徒一人ひとりをできる限り把握しようと生徒の観察に日々努め、個人面談を実施したり、いろいろな情報を得るよう努力はしているのです。それでも生徒のことを何でもかんでも理解するのは難しいことです。◆進学希望の生徒が担任に「推薦書」を書いて欲しいと頼んでくる場合、日頃の学習状況やクラスでの活動状況など見えるところは、作成してあるデータや記録に基づき文面を考えますが、その生徒の志望理由、将来の希望、学校生活の様子などでこちらで十分掴み切れていないところについては、あらかじめ生徒にメモを書いてもらうようにします。あるいは「自己推薦書を書いてみて」と言って、生徒自身に自分のことを振り返り見つめる機会を与え、同時に担任が気づいていないことを知るようにしています。そうやって、いろいろな材料を集めて「推薦書」を作成し、教員からの一方的な視点で記すことにならないようにしています。◆ですから、今回のケースで、担任が親御さんあるいは生徒に協力を求めることは理解できます。質問者様の担任の先生がおっしゃった「○○さんに書いて貰ったら、それを見て私が清書して提出します」というのが単なる丸写しさせてもらいますの意味なら、その先生の姿勢に大きな疑問を抱きますが、そうではなく、ここでは「箇条書きのようなメモ書きでもよいので、よりよい『推薦書』を作成するための材料を少し『提供』してくれませんか」という意味なのでは、と私は感じました。担任が気づかなかったことも盛り込みながらよりよい「推薦書」にしたいというお話なのではないでしょうか。◆肝腎の書類の内容ですが、「人物所見」の欄には、本人の性格(例:几帳面な性格で他人への思いやりに富む。というような長所を中心に)、中学での学習状況(成績がどの程度、得意科目、得意科目はどのような分野に関心が高く、どんなところに力を入れて学習したか、苦手科目はどのように克服に努めたか)、部活動(役職、大会実績など)や生徒会活動、クラス活動、行事での役割など、ほかに校外での活動(ボランティア、地域活動、クラブチームなどでの活動など)、取得資格、趣味、特技などを書きます。◆「推薦の理由」の欄には、その高校の特色をあげながら、本人が何に惹かれたのか。そこでどのような高校生活を過ごしたいと考えているか(←部活動などで本人が伸ばせるものがあるなら、中学時代の実績なども記す)。現段階では卒業後どのような進路を望んでいるか。学校見学に行ったとしたら、いつ、何回くらい行き、本人がどこに惹かれたか、強い印象を受けたかなどを書き、本人が入学を熱望していることを記します。◆長くなりました。読みにくくてごめんなさい。何かおわかりにならなかったら、また補足の欄でさらにご質問ください。

某県立高校の教員です。私も進路指導で大学や専門学校を受験する生徒の調査書や推薦書を書くことがあります。◆生徒たちは学校の先生というのは自分のことをよく知っていると思いがちですが、言うまでもなく必ずしもそうとはいえません。小学校ならまだしも、中学や高校の学級担任というのは自分のクラスの生徒のことをどれだけ理解できているのだろうかと思います。教科(科目)ごとに授業担当者が異なり、朝と帰りのホームルームでしか生徒と顔を合わせない日もあり、休み時間や放課後の教室の様子もよくわからない...続きを読む

Q研究計画書をいかに上手くゴマカすか

理工系の学科です。現時点で2校ほど受けようと思っているのですが、「研究計画書」のように2000字ほど要求してくるところと「志願理由書」のように200時程度でよいところがあります。

卒研担当教官の下についた時点で大雑把な研究分野は決まっているのですが、はっきりとした研究テーマは決まっておりません。まともなやり方では「研究計画書」は書けない気がします。

院に行きたい理由も「まだ働きたくない」とか「親は進学するならその間はお金を出してくれるから」とか「単に学歴がほしい」といったものです。
「志願理由書」に胸をはって書ける理由ではありません。

言い方は悪いのですが、これらの書類を「無難に要領よくごまかして書く」テクニックをアドバイスいただけないでしょうか。

それから、このような問題解決に役立つ参考書もありましたら、教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

研究計画書は,いわゆる理系論文のイントロ~実験方法までを書けばいいのです。一例としては,

・その研究分野における問題点
・自分の着眼点
・具体的に何をしたいのか
・実験方法
・最も成功するとどうなるか
・参考文献

という流れでしょうか。もし本気で書くなら,それぞれの項目をまずは1~2文ずつぐらいで書いてみて,徐々に肉付けしていけば良いでしょう。もし,「無難に要領よくごまかして書く」ということでしたら,(決してお勧めしませんが)既に報告されているマイナーな論文のイントロ~実験方法の部分を,大げさに和訳して書けば良いのではないでしょうか? 面接で「それは既にやられているんだよ」と言われたら,残念そうに「勉強不足でした」と答えれば良いだけです。

> このような問題解決に役立つ参考書

理系論文の書き方の本がよいでしょう。最近出版された「これから論文を書く若者のために(共立出版)」は,なかなか良い本だと思います。

Q大学院に提出する企業からの推薦書

大学院に提出する企業からの推薦書

大学院進学を考えている者です。
大学院に提出する書類の中に、所属している会社からの推薦書を要求されています。
自分の所属している会社では、過去に自分の様なケースが無い為、推薦書に関して自分で考えて記入するように言われました。所属している企業から大学院に推薦書を提出する場合、どの様な事を書けば良いのでしょうか?教えて下さい宜しくお願いします。

Aベストアンサー

No. 1 のものです。

ぶちまけて言うと、大学では推薦書の中身なんか気にしません。書式が正しく、会社のどういう身分の人の名義で出て、署名捺印されているかだけを見ます。

書式の中には、志願者の所属・氏名・生年月日、推薦者の所属・氏名、推薦書の発行日、推薦者と志願者の関係を示す文言、推薦していると理解できる文言などが含まれます。署名も印刷で良く、本質的に必要なのは朱肉で押した印影です。

ただ、大学によっては真面目に推薦書を読まないとも限りませんから、理想を言えば大学に依頼して、過去のサンプル(もちろん、個人情報は抹消して)が貰えれば、それに習って書けば良いでしょう。

Q大学院合格後の挨拶メール

現在大学4年生で大学院は他大学に行くことに決まったものです。
今年の8月の終わりに他大学の大学院(理系)の合格通知を受け取けとったのですがその後家に帰る暇もないほど研究が忙しくなり他大学の大学院の教授に挨拶のメールを送ることを忘れていました・・・・
書いてみたのですが自信がないので添削お願いします。

『YY大学YY研究室
教授 CC先生

秋冷の候、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
M大学のMと申します。

先日の大学院入試では大変お世話になりました。おかげさまで、無事合格通知を頂くことが出来ました。お礼かたがたご報告申し上げます。
すぐに報告すべきでしたが研究が忙しくこのような時期となってしまいました。
大変遅くなり誠に申し訳ありません。
改めてご挨拶に伺いたいと存じますが、ご都合はいかがでしょうか?
お知らせいただければ幸いです。お忙しいところ申し訳ありませんがよろしくお願いします。』

Aベストアンサー

回答者1さんと同様に受け取られた教授はあまり良い感じはしないと思います。

まず、添削ですが。

教授 CC先生
→ CC教授
   教授は所属ではなく肩書きです。

M大学のMと申します。
→ M大学のMです。
   入試前の挨拶や面接ですでに面識があるのだから「申します」はおかしい。

改めてご挨拶に伺いたいと存じますが、ご都合はいかがでしょうか?
 → 改めてご挨拶に伺いたいと存じます。○月×旬ころのご都合はいかがでしょうか?
    いつの都合を聞かれているのかわからない。


他は回答者1さんと同じです。


ですが!!
メールではなく電話すべきです。
メールは事務的な内容のやりとりにはとても便利なコミュニケーション手段ですが
お礼を述べるなどの格はかなり低いです。

直接会う>手紙>電話>メール でしょう

ですが、手紙は現代では一方向的な挨拶だと思います。
今回は直接伺う相談もしたいわけですから、電話が良いと思います。

Q大学院の面接(口述)試験について

2週間後に大学院の試験を受けます。
そこで、2つ質問があるのでご教授ください。

ちなみに、大学→他大学院(専攻も変わります)です。

まず、どのような質問がされるか教えてください。
過去ログを見て

・志望理由
・なぜ、専攻を変えたか
・なぜ、この大学か

などが聞かれると書いてありました。
他にはどのようなことが聞かれるのでしょうか?
時間は、大体20分あるのでたくさん質問されると思うのですが・・・。


次に、自己PRや志望理由等で一言一句暗記してそのまま言うのは印象が悪いとあったのですが、これはどうなのでしょうか。
たしかに、自分が面接官で暗記したのを言われたらあまりよい印象はもてないと思います。
しかし、自己PRや志望理由は暗記しかないと思うのです。

以上、2つお願いします

Aベストアンサー

大学院で専攻が変わりましたので、参考にして下さい。
時間は20分、面接官は3~4人でした。

まず聞かれたのが志望理由ですが、願書と一緒に小論文として志望理由を書いていましたので、その内容を話しました。
もちろん、一言一句暗記ではありませんが、内容(というか、あらすじ)は小論文と同じです。
先生方は小論文を読みながら聞いていました。
多分、書いてある内容と言っている内容が違った場合はここで突っ込まれるのだと思いました。
丸暗記でない点は、詳しく書かなかった部分を補足して説明したり、書いてあるとおりの内容は割愛して説明した点です。

・志望理由
・なぜ、専攻を変えたか
・なぜ、この大学か
以外で聞かれたことですが、卒業研究の内容と、これからやりたい分野の知識を聞かれました。

卒業研究の内容はこれからの分野とはあまり関係がない分野でしたが、「ちゃんと理解してやっているか」を見られたのだと思います。
自分が分かっていなければ、分野の違う先生方に説明することはできませんので。
これについては、「卒業研究の先生の前で後輩に説明する」という場面を想像して練習しました。
(専門家にも分野の違う人にも分かってもらうため)

これからやりたい分野の知識は、小論文の中で分かりにくい点があったため、突っ込まれました。
そのように書いた根拠(ある文献の名前)を出したので、結果としては「それだけ勉強している」と取られたようです。

大学院で専攻が変わりましたので、参考にして下さい。
時間は20分、面接官は3~4人でした。

まず聞かれたのが志望理由ですが、願書と一緒に小論文として志望理由を書いていましたので、その内容を話しました。
もちろん、一言一句暗記ではありませんが、内容(というか、あらすじ)は小論文と同じです。
先生方は小論文を読みながら聞いていました。
多分、書いてある内容と言っている内容が違った場合はここで突っ込まれるのだと思いました。
丸暗記でない点は、詳しく書かなかった部分を補足して説...続きを読む

Q留学の推薦状の例文をさがしています。

アメリカに医学留学をすることになりました。
そこで向こうの教授に提出する英文の推薦状が3通必要になりました。
推薦状にサインをしてくださる方は決まっているのですが、推薦状のだいたいの内容を私自身が書くことになって大変困っています。
英文の推薦状の例文やフォーマットがのっているHPや本など、なにかご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

アメリカのサイト、例えば www.yahoo.com で、"reference sample" と検索してみましょう。下のようなサンプルがわんさとでてきます。これは大学院へ学生を推薦する例文です。

参考URL:http://jobsearch.about.com/od/referenceletters/a/samplegradref.htm


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報