幅広いご意見を頂きたいので、あえて「哲学」ではなく「ライフ」のジャンルを使わせて頂きます。あまり意見が集まらなければ、「哲学」ジャンルで再トライします。

たった今、NHKのしゃべり場、再放送で「自殺」テーマ論争を目にして疑問が沸きました。

(1) 「生きる実感を持てない」 ← 実感を探すのも疲れた
(2) 「自殺は逃げ」
(3) 「自殺は勇気の要る事」
(4) 「自殺を見捨てるのは、最低」
(5) 「自殺を止める権利ない、力もない」 ←結局は本人の問題だから

僕の立場は(3)
理由は、目の前で苦しんでいる人の痛みを共有できない又は、共有しようとトライできない人は、最低だから。説得が成功するか否か、その次の問題。

《蛇足》
日本人の切腹という責任の取り方も、現代の価値観ではおかしいと思う。失敗した責任、埋め合わせは、頑張って生き延びれば補填するチャンスはまた巡ってくるから。

好きな言葉 山下慎二ドラマ「ヤヌスの鏡」より
「簡単に死にたいなんて言うな」「おまえはまだ本当の生の喜びを知っちゃいない」
「生の喜びを知りもしないのに簡単に生を放棄するな」

必ず全て、お返事します。ただテーマが重いだけに、遅れるかもしれませんが、
僕にじっくり考えて回答するための時間を下さい。

《アルミナイズド男の哲学な疑問 其の一》

A 回答 (14件中11~14件)

こんにちは。

gravis19です。
aluminizedmanさんのお返事の回答として書きます。

たしかに私の友人は誰かに構ってもらいたくてその様な行動をとったものだと思ってます。
先ほどの回答はちゃんと書くと長くなるんでかいつまんで書いたものなのでうまくaluminizedmanさんに伝わっていなかったと思います。

その私の友人には私も含め近所のいろんな人が彼の孤独を埋めようと努力し、彼の親に対しても抗議をしましたが、かまってもらえず、結局親の関心をひくためにあの様な事をしたのです。
今の世の中であれば親の管理が問われる問題になったのでしょうが。

みんなが彼に対して出来るだけの事をしたとは言い切れませんし、ひょっとしたら私達の力が及ばなかったせいで彼は死んでしまったのかもしれない。しかし私達が簡単に彼の孤独を埋めれるものではないと思います。

理屈で「できる限りその孤独を埋める為の生き甲斐・選択肢を一緒に考えたい」と言っても彼の意識の問題を私達はどうする事もできないと思います。
しないよりした方がいいなんておかしいと思いませんか?
善悪の基準さえ全くない世の中なのに、自分が思う勝手な善で人の運命を変えてしまう事になりませんか?

簡単に自殺とか浅はかな理由でとかそんな事で命を失う事は間違っているとも考えますが、それはあくまで私達の勝手な捕らえ方の問題でその本人じゃないと本質は理解できないと思います。
それは自殺をするという事以外にも当てはまる事だと考えています。

あなたの言うように私の書いた事が見捨てるという事なのかもしれません。
ただ命を失うという事は理屈やキレイゴトで片付けられないので自殺を止めることは出来ないと思うのです。

最後に。
この場で真剣に自殺うんぬんを論議するつもりですか?
真剣に論議をするのであれば構わないですがただの戯れ言であれば
私はあなたの人間性を疑います。

この回答への補足

gravis19さん、度々のご参加ありがとうございます。
>この場で真剣に自殺うんぬんを論議するつもりですか?

僕なりに努力して考え出した文章が、ただの戯れ言に聞えたとしたら残念でなりません。
確かに当初の質問の時点で、説明不足や文章上の間違いから回答者の皆さんを混乱させて
しまった事については、率直に認めできるだけ迅速に訂正・告知・お詫びしたつもりですが。

「生と死」という問題について、当初から誤解からのスタートとなってしまいましたが。
後に書いた文章、皆さんへの返答として述べてきた、僕の文章を読んで頂ければ、
僕がどれだけ真剣に耳を傾け、考え、調べ、主張しているか、伝えられなかったで
しょうか?

僕が書いた個々への返答も、質問と同じで矛盾だらけでしたでしょうか?
当初の誤解を少しでも挽回するためにも、必死に書いたのですが、
それが伝えられないというのは、残念ですね。

僕はこういった深刻な問題も、もっと活発にオープンに話し合うべきなんじゃないかと
思い、この問いを立ち上げたんですが、僕の力不足で非常に残念な思いです。質問者
として事前に立場を表明すべきではなかったのでしょうか?中立性を欠いてしまった
でしょうか?僕は多くの方と一緒に考えたかっただけなんですが。

これだけ述べても、僕の真剣さは伝わらないでしょうか?
人間は理屈ではわかりあえないんでしょうか?
では「教えて!goo」ではわかりあえないんでしょうか?

補足日時:2002/03/30 20:54
    • good
    • 0

私は目の前で自殺する人が居ても止めません。


自ら死のうとするほどですから、よほどのことがあったのでしょう。他人が介入して解決できる問題ではありません。

それに、死のうとしても、なかなか人間は死ねません。
私も過去に何回か自殺未遂をしましたが、いまだに生きています。死ぬほど思いつめても、本能的に死ぬのを思いとどまってしまいます。(あと一息で死ねそうになっても、無意識に急所をそらしたり)

本当に死のうとしている人間なら、他人の目の前では自殺をしないものです。
私だって自殺未遂を図ったときは、一人で誰もいないところでやりましたし。ビルの屋上で「俺はこれから飛び降りる」と宣言する人間に限って、死なないですから。人の目の前で自殺をほのめかす人間なんか捨てておけばいいのです。どうせ狂言に決まっています。たとえ狂言でなくても、他人に不愉快な思いをさせたり、トラウマを与えたり。ロクナ人間ではありません。死ねばいいんです。そんな奴なんか。他人に生涯にわたる苦痛を与える人間なんか、存在しないほうが大助かりです。

あなたはこんなことを、この場で聞いてなにがしたいのでしょうか?
わけのわからぬ蛇足まで書いて。あなたの支離滅裂な書き込みに、私は「あなたが何を不特定多数の人間にしてもらいたいのか」読めませんでした。先客で数名の方が書き込みをされていたので、「目の前に自殺をしようとする人間が居たらどうするか?」という標題にそって素直に書きましたが、あなたはこの意見に対して、最終的に何をしたいのでしょうか?

教育テレビに出て、将来的にタレントになりたいとおもっているような子供たちの不毛な討論に感動されるのも結構ですが、少なくとも第三者に何かをしてもらいたい、書き込みをしてもらいたいと願うのであれば、理路整然とされた文章をお書きになり、論理的なアプローチを展開されてはいかがでしょうか?

中学生の座談をご覧になっているということは、おそらくあなたもそのくらいの年齢の方でしょう。いまの年齢なら、このような書き込みでも許されますが、もしも大学生とか社会人でこのような書き込みをされるのでしたら、もう少し書籍をお読みになられたほうがよろしいかと、「蛇足ながら」ご忠告いたします。

いきなり蛇足の中で切腹をお書きになられても、第三者は理解できないですよ。では。

この回答への補足

■■■■■■■■■■■■■■お知らせ・訂正・お詫び■■■■■■■■■■■■■■
勢い余って、要領の得ない質問をしてしまった事についてお詫びします。この質問の目的は、「自殺」を例として「生きる事」の皆さんの捉え方を問い、皆さんの幅広い意見・考えを聞きたいと思い発した疑問です。

主な質問の要点は以下の通りですが
「他人の自殺について、容認するか・否定するか・無視するか」決してテーマを自殺に限定したものではなく、関連して「生きる事の意味」について皆さんの考えを聞きたいです。

《蛇足》の切腹について
幅広く「生きるための意味」を考えるための材料・事例として自殺とともに列挙したまでです。

僕の立場(3)という記述は(4)の誤りでした。
混乱させてしまい申し訳ありません。不用意な質問を補足させて頂きました。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

補足日時:2002/03/30 15:23
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ならびに質問の不備など貴重なご指摘ありがとうございます。

>私も過去に何回か自殺未遂をしましたが

自らも自殺を試みた経験がおありで、しかも貴方は立ち直ったにも関わらず、今目の前で自殺しようという人の気持ちが理解できない、理解しようとも思わない。

という事は、貴方は自殺しようとした過去の自分すらも否定するという事なのでしょうか?未熟だった過去の自分に似た存在が目の前にいても、感情移入できないのでしょうか?

>本当に死のうとしている人間なら、他人の目の前では自殺をしないもの

現実に地下鉄のホームで、多くの人がいる中、向かってくる電車に投身自殺した事件を何度もニュースで観た事があります。

地下鉄側は対策として、ホームと電車が走るレールの空間を隔てるために仕切りの壁まで作った例(京都府地下鉄東西線)もありますが。

貴方はこの事実をご存知ないようですね。

>人の目の前で自殺をほのめかす人間なんか捨てておけばいいのです。どうせ狂言に決まっています。たとえ狂言でなくても、他人に不愉快な思いをさせたり、トラウマを与えたり。ロクナ人間ではありません。

この具体的な事例は、貴方自身の体験から導き出されたモノなんですか?

>死ねばいいんです。そんな奴なんか。
私は目の前で自殺する人が居ても止めません。

それは、過去の貴方に対しての発言ですか?だとすると余りにも寂し過ぎると思うのですが。自らの体験から自殺の愚かしさを身に染みて知ってる方こそが、自殺者に対し説得力を発揮できると思いたいんですが、正直もったいないです。

貴方の文章を目にしまして、率直に感じた事を率直に書かせて頂きました。

お礼日時:2002/03/30 16:43

 目前で自殺しようとするのを見たら止めるのが普通であり、殺人教唆、自殺幇助になる可能性も有り得る。


 しかし、咄嗟の場合、出来るかは疑わしい。そんなことが出来たら、車に惹かれそうになった人を助ける事も出来よう。でも、実際は、体が動かず、硬直状態でしょう。
 敏捷性もないし、そんなに人をマークして見ているわけでも有りません。予め知っていれば、対処も出来ようが、そんな筈はない。
 切腹に関しては、武士道精神にもあり、
 
腹切りの“ハラ”は何を意味するか

切腹がいささかも不合理でないとするのは、その部分が霊魂と愛情の宿るところであるという古い解剖学の信念にもとづいている。

我はわが霊魂の座(イマ)すところ開き、貴殿にそれを見せよう。汚れありとするか、清しとするか、貴殿みずからこれをみよ。

切腹は一つの法制度、儀式典礼である

 切腹とは、武士が自らの罪を償い、過去を謝罪し、不名誉を免れ、盟友を救いみずからの誠実さを証明する方法であった。きわめて冷静な感情と落ち着いた態度がなければ、誰も切腹などはできなかった。

武士道における生きる勇気と死ぬ勇気

真のサムライにとっては、いたずらに死に急ぐことや死を恋いこがれることは卑怯と同義語であり、武士道の教えは、あらゆる困苦、逆境にも忍耐と高潔な心を持ってたちむかうことであった。真の名誉とは、天の命ずるところをまっとうするにある。そのためには死を招いても不名誉とはされない。天が与えようとしている者を避けるための死は、卑怯きわまりない。死を軽蔑するのは勇気の行為である。しかし、生きることが死ぬことよりいっそう困難な場合は、あえて生きることが真の勇気である。

とされているようです。如何でしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

拙い質問に早速の回答ありがとうございます。

まず拙い質問を補足させて頂きます。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「あなたは目の前で自殺しようという人を止めれますか?」

この質問は、自殺を物理的に阻止可能かどうかという疑問よりもむしろ他人の自殺に直面した際、あなたは止めようとする意志を持つか持たないかという疑問に重点おいた質問です。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
説明不足な質問で大変申し訳ありません。

>「真のサムライにとっては、いたずらに死に急ぐことや死を恋いこがれることは卑怯と同義語」
初めて耳にしました。参考になります。真の侍は、徒な死を卑怯(敵前逃亡?)と捉えていたんですね。

問題は、「みずからの誠実さを証明する方法」が切腹という選択肢しかなかった
時代があったという事でしょうか。

>「武士道の教えは、あらゆる困苦、逆境にも忍耐と高潔な心を持ってたちむかうこと」

同感です、その立ち向かう事というのが重要だと思います。他人の死、自分とは無関係な死であろうと、その人の身になって向き合う事、トライする事、これが僕も重要だと思います。

お礼日時:2002/03/30 16:21

私の自殺に対する考え方は


(5)の自殺を止める権利もないし力もない
というのに近いです。
ただ権利、力はどうでもよくて、本人がどのような経緯で自殺を選んだかという事を言葉で分かったとしても本人が受けた気持ちを100%理解できないからです。
彼氏にふられた腹いせに自殺するとかでも、本人がどれほどまでに自殺願望が高いかなど客観的にしか捕らえられていないのに止めるという事はできるんでしょうか?
私には出来そうにもありません。

自殺とは少し離れているかも知れませんが私の幼い頃の友達で、信号のない国道のように広い道路で親にかまってもらいたいがために、関心を持ってもらうために車にひかれて死んだ人がいました。
その人は親が再婚したとかで全く構ってもらえず、その人の祖父がほぼ世話をしていたのですが、その人に弟が出来て、祖父や親の関心が全てその弟の赤ちゃんに向いてしまい、誰も構わなくなってしまった上での行動でした。
回りのみんなは危ないから止めろとか彼の親にも必死に言いましたがそれも聞かず彼は死んでしまいました。

彼は死のうと思ったのではなくて、ただ親から関心を持ってもらいたかっただけだと私は思いました。実際彼がどれだけ寂しかったかは客観でしか理解できませんが、命の尊さを感じていない幼い少年だったからそんな事ができたとは思いたくありません。
彼が死んでしまうかもしれない無謀な事をしたのにはよっぽどの何かが彼の心の中にあったのだと思います。
自分がもし彼のような状況に置かれていたのなら最終的には彼のような行動を選択したかもしれません。

だから自分は自殺をする事をとめるという事は出来ないと考えています。
その人の自殺するほどの心の痛みを果たして100%分かってあげれるかどうかわからないからです。もし100%わかってあげれたとしたら今度は逆に自殺は止めれないのではとも考えています。

勢いで書いたので多分文体が乱れてると思います。すみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

拙い質問に早速の回答ありがとうございます。

僕の勝手な解釈から考えますと。車にひかれて死んだ友人、というのは親に限らず誰かにかまってもらいたかったのではないでしょうか?親だけじゃなく友達でもいい、兄弟でもいい、先生でもいい、人間じゃなくてもサッカーボールや野球などスポーツでもいい。誰か・何か自分の孤独を埋めてくれる存在、そう生きがいを身近に感じる事ができず、一人孤独と戦い、孤独から開放されるための行動として、関心を引くという行動に出たのではないでしょうか?それが未だ幼かったために、関心を引くという選択肢しか頭に思い浮かばなかったのではないでしょうか?

僕がそんな孤独な人を見かけたら、できる限りその孤独を埋める為の生き甲斐・選択肢を一緒に考えたい、今はそんな能力はなくても、そうできる様な大人になりたいです。「命の尊さ」を伝えられないかもしれないけど、とりあえず関心をもって構う事からスタートできると思いたい。

僕はそういう考えで(4)番、見捨てないの立場です。

お礼日時:2002/03/30 15:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ