経理に関しては全くの素人です。

20日締の翌月25日払いの条件で、1月を例に考えた場合に支払日は
・1/25
・2/25
の、どちらが正しいのでしょうか。
締め日のサイクルで考えた場合
・1月分は12/21~1/20
カレンダーで考えた場合
・1月分は1/1~1/31
になると思うのでどちらが正しいのか混乱しています。
宜しくお願いします。

A 回答 (6件)

#1ですが



>同じ例の場合、締め日基準で見ると2月分は1/21~2/20なので
2/25と言うのは3月分になりますよね?
何故「翌月XX払い」と言った場合の「翌月」はカレンダー基準になるのでしょうか。

もし20日締の25日払いであれば
今月の20日に締めて、今月の25日に支払うということです。
今月と言う言葉は省略されます。

20日締の翌月25日払いも同様に
今月という言葉が省かれていますので
厳密に言えば、今月20日に締めて、翌月の25日に支払うと言う意味です。

なぜ今月と言う言葉が省かれると言うと、来月以降も同じような取引があるのであれば、今月と言う言葉は意味が違ってきます。しいて言えば当月と言えばよいでしょう。

締めるのはいつでも、事例の発生している当月(この場合は1/20)に締めるという意味です。
何月分と言うのは、それぞれ経理の処理によって違ってきます。
仕入、売り上げなどは1月分と処理するのが通例です。
請求する側は1月分とする場合と、2月請求分という場合と2通りあります。
経理処理なら1月分となります。
この方法が気に入らないのであれば
末締め、翌月25日払い か
末締め、末払い(締め日と支払日が同じ日)
に変更してもらいましょう。
    • good
    • 3

○○日締の翌月XX日払いと言う場合は、


前回の締め日より今回の締め日の間に買掛に計上したものを、
締め日の翌月のXX日に払うと言うことです。
質問者さんのように20日締の翌月25日払いの場合、
12月21日に買掛したものも1月20日に買掛したものも支払日は2月25日です。
同様に1月21日から2月20日までの買掛金を3月25日に支払います。

一方で、20日締の当月末日払いであれば、
12月21日に買掛したものも1月20日に買掛したものも支払日は1月31日です。
同様に1月21日から2月20日までの買掛金を2月28日に支払います。
    • good
    • 1

全てカレンダ基準です


>締め日のサイクルで考えた場合 ・1月分は12/21~1/20

これはその通りです

>カレンダーで考えた場合 ・1月分は1/1~1/31

これは、1月分ではなく 1月は1/1~1/31 と解釈することです(一般には質問者の様には解釈しません、言葉遊びに陥っています)
    • good
    • 1

>20日締の翌月25日払いの条件で、1月を例に考えた場合



「1月20日」が締め切りでしたら、2月25日が支払日ということになります。
2月20日締め→3月25日支払い
3月20日締め→4月25日支払い

末日締めにしたいなら、「月末締め/翌月○日支払い」
1月末締め/2月末支払い。

カレンダーで考えるのでなく、会社ごとの経理サイクル(支払いサイクル)で考えます。
どちらが正しいかというのでなく、設定の仕方次第です。
その会社の経理都合次第。
    • good
    • 2

> 20日締の翌月25日払いの条件で、1月を例に考えた場合に支払日は



締め日が1月20日で支払い日が2月25日になります。
12月21日~1月20日までが1月分として2月25日に支払うことになります。
何か特別の規約でもあればその規則に従うことになりますので、1月分の意味が違うこともありえますが、締め日が20日、支払い日はその翌月の25日ということはかわらないはずですよ。

この回答への補足

肝心な事を書くのを忘れてしまいました。

同じ例の場合、締め日基準で見ると2月分は1/21~2/20なので
2/25と言うのは3月分になりますよね?
何故「翌月XX払い」と言った場合の「翌月」はカレンダー基準になるのでしょうか。

補足日時:2006/10/18 15:09
    • good
    • 0

20日締の翌月25日払いの条件で、1月を例に考えた場合に支払日は



1月分は12/21~1/20の分を1/20に締め、翌月の2/25に支払です。
2月分は2/20に締め、3/25に支払です。

この回答への補足

肝心な事を書くのを忘れてしまいました。

同じ例の場合、締め日基準で見ると2月分は1/21~2/20なので
2/25と言うのは3月分になりますよね?
何故「翌月XX払い」と言った場合の「翌月」はカレンダー基準になるのでしょうか。

補足日時:2006/10/18 15:03
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q請求締日とは…。

たびたび質問させていただいてます。
経理初心者で、今 頭がこんがらがっちゃってます。

新しい職場に入ったばかりなのですが、
『請求締日』の 意味がわからなくなっちゃいました。
(今まで間違って覚えていた?)

『請求締日』というのは、
例えば9月1日から9月30日(末日)までの金額で請求をあげるとしたら 
この場合 末日でよいのでしょうか?

うちの会社では請求締日が20日と末日、という2種類があるのですが
1日~末日までの請求金額を 20日、もしくは末日に請求する 
ということを締日と呼んでいるようなのですが…。
これは『請求受付締日』ではないのでしょうか?
20日が『請求締日』だとすると、私の考えていたことに当てはめると
9月21日~10月20日までの請求金額で請求をあげるのだということになってしまいます…。

以前の会社で見る請求書はほとんど末締めの翌月20日支払いだったような気がするのですが…。
(本当に初心者なので、全然違うぞ!って指摘もどうぞよろしくおねがいします…)

こんな基本もわかんないヤツに経理やらせるなよ~と思われるでしょうが、
頑張って覚えていきたいので教えてください、お願いします。

たびたび質問させていただいてます。
経理初心者で、今 頭がこんがらがっちゃってます。

新しい職場に入ったばかりなのですが、
『請求締日』の 意味がわからなくなっちゃいました。
(今まで間違って覚えていた?)

『請求締日』というのは、
例えば9月1日から9月30日(末日)までの金額で請求をあげるとしたら 
この場合 末日でよいのでしょうか?

うちの会社では請求締日が20日と末日、という2種類があるのですが
1日~末日までの請求金額を 20日、もしくは末日に請求する 
ということを...続きを読む

Aベストアンサー

>うちの会社では請求締日が20日と末日、という2種類があるのですが

売上先によって、20日締めと末日締めの会社があることだと思われます。

例)
 20日締め:8/21~9/20売上分
 末日締め: 9/1~9/30売上分

>以前の会社で見る請求書はほとんど末締めの翌月20日支払いだったような気がするのですが…。

これは自社の支払日を指すもののことではないでしょうか?

例)
 9/1~9/30の仕入れ金額
 9/1~9/30分の従業員給与
 これらが10/20に支払われる

これは私が以前勤めていた会社で
同様の表現をした場合、このようになると言う例を挙げてみました。
表現方法の問題なのであなたの会社の表現方法と同じとは限らないので前任者か同じ部署の方に確認をしておいた方がいいですよ。

Q手形や期日指定支払の際の起算日について教えて下さい

みなさま、こんにちは。

支払手形や期日指定支払(振込)で20日締め、翌月16日起算、サイトは120日、支払日16日というような条件があるのですが、あまり理解できないので
どうか助けて下さい。

普通企業の締め日と起算日はいっしょにしないものなのですか?
20日に締めたら、その日を起算日にした方が楽なような気がするのですが。

またサイトが120日にもかかわらず、支払日が16日とあれば、支払日が優先
されるのでしょうか?
2月のように短い月を含む時は計算が大変そうですね・・・

どんなことでも結構ですので、教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>支払手形や期日指定支払(振込)で20日締め、翌月16日起算、サイトは120>日、支払日16日

例えば、3月10日に\100、同月15日に\200の取引があった場合、20日で締めます
ので翌月4月16日に\300の支払手形を振り出します。(支払手形で支払います)
また、サイトが120日なので8月16日に取引銀行の口座から\300引き落とされます。
それから「支払日16日」というのは「翌月16日起算」とイコールじゃないですか?

>普通企業の締め日と起算日はいっしょにしないものなのですか?

起算日の意味をどうとらえていますか?
例えば、末締め翌月末現金振込、という支払条件なら実質30日サイトの期日支払
と同じですから、締め=起算日になるでしょう。
支払手形の場合だと振出日=起算日ですね。先ほどの例なら16日が振出日です。
(通常、手形による支払日=振出日になると思います。)

>またサイトが120日にもかかわらず、支払日が16日とあれば、支払日が優先
>されるのでしょうか?

これはおそらく何かの間違いでしょう。

>2月のように短い月を含む時は計算が大変そうですね・・・

通常、30日を1ヶ月とします。企業によっては実日数による計算を行うところも
あります。

>支払手形や期日指定支払(振込)で20日締め、翌月16日起算、サイトは120>日、支払日16日

例えば、3月10日に\100、同月15日に\200の取引があった場合、20日で締めます
ので翌月4月16日に\300の支払手形を振り出します。(支払手形で支払います)
また、サイトが120日なので8月16日に取引銀行の口座から\300引き落とされます。
それから「支払日16日」というのは「翌月16日起算」とイコールじゃないですか?

>普通企業の締め日と起算日はいっしょにしないものなのですか?

起算日の意味をどう...続きを読む

Q締め日は大体どのくらいが一般的か

これから起業しますが、大体皆さんどの位が一般的ですか?
業種はHP作成などです。印刷屋さんや外注のプログラマーなどが支払先です。

**日締め 翌月**日払い みたいな形で教えて貰えると参考になります。

Aベストアンサー

外注先へは、相手が個人なら30日以内、法人なら45日以内が一般的でしょう。月末締めにすると、経理処理でその月の経費の集計が楽だ、というメリットがあります。その段階で「未払い金」を計上しますので。
また、その仕事によって、受注した会社からの支払日に合わせて、その都度、相手と相談する、ということとでもいいと思います。規定でがちがちにしてしまうと、万一資金が不足したときに、自己資金を持ち出したり、先方に対して頭を下げなければなりません。「今回は20日に終わって、受け先からの入金が翌月末なので、入金ありしだい支払います」という形でもいいと思いますよ。起業してしばらくは、納得してくれるのではないでしょうか。

Q月末締めの請求書を送るタイミングについておしえてください。

月末締めの請求書を送るタイミングについておしえてください。
月末締めで請求書を送る場合、その月の末日までに請求書を送るのが普通でしょうか?
翌月になってからでもよい場合、翌月の何日頃までに送るのが一般的ですか?

例えば、5月末締めの場合、
「5月31日必着」や「6月1週目くらいまでOK」などのご意見が欲しいです。

相手会社から特にルール指定がない場合の一般的なご意見をお願いします。

個人事業を営んでいますが、毎月納品確認がギリギリになるものあり、
翌月の月初になってしまいます…。これは失礼なことでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>月末締めで請求書を送る場合、その月の末日までに請求書を送るのが…

月末締めの意味は、月の末日の取引分まで記載すると言うことです。
したがって末日に送るというのは事実上不可能です。

>翌月になってからでもよい場合、翌月の何日頃までに送るのが…

月末の翌日以降、請求書ができ次第なるべく早くということです。
個人事業レベルなら最大 1週間もあればじゅうぶんできるかと思いますけど。

Q見積の「支払条件」には何をかけばいい?

お世話になります。
弊社の見積もりには「支払い条件」という欄があります。
通常「基本契約に準じる」となっているのですが、クライアントから具体的に書いてほしいといわれました。

記載する内容としましては、何を書けばいいのでしょうか。
現金払い とか 納品後 とかなのでしょうか。

お手数ですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

支払条件とは、一般的に以下の事項です。
1.支払方法
  (1)現金
  (2)手形・小切手
  (3)債権者が指定する金融機関の口座振込
  (4)その他
2.支払期限
  (1)納品後○日以内
  (2)○年○月○日まで
  (3)その他

Q仕切り価格の意味を教えて下さい。

経理の方と話をしていると「仕切り価格」という言葉が出ました。

調べても上手く理解出来ません。
頭の悪い私にでも分かるように具体例を挙げて教えて頂けると大変助かります。


よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

売るときの値段です。

定価10,000円だとしたら、
大量に仕入れてくれるA社には仕切り60%、6,000円で販売、
そこそこ仕入れてくれるB社には仕切り80%、8,000円で販売、
一般の方には、仕切り無し、つまりは定価の10,000円で販売。

ということになります。

もちろん仕切りが仕入れ値を割ってはいけません、損しますから。
そんな感じでゆるく考えてください。

Q請求書の支払い期限について

請求書に記載する支払い期限についてのルールまたは常識を教えてください。請求書の発行日または到着予想日から何日くらいの猶予を持って支払い期限を設けるのが適当なのでしょうか。30日とか45日とかを頻繁に見かけるようですが何かルールがあるのでしょうか。
ご助言お願いいたします。

Aベストアンサー

取引相手によって期限の定め方が異なると思います。
企業相手の取引などでは大方相手方の支払いサイトによることが多いと思います。
個人相手の取引では大方請求書が届いてから2週間から1ヶ月の期限を定めているところが多いいようです。

支払期限のルールは中小企業法で6ヶ月以内と定められているようですので、
その期限内で支払がされれば法律に抵触することはありません。

私の経験から企業相手の支払いサイトは
請求書締め日後30日~60日が多く、
最近の傾向は、支払サイトが30日以上に伸びる傾向があります。
企業相手の取引では相手方の支払いサイトにあわさせざるを得ない場合があります。

Q支払日が休日の場合

取引先への支払時、支払指定日が休日の時はどのように支払をしてらっしゃいますか。

当社では、今まで休日の前(結果、支払指定日よりも前に)だったり後だったり割と曖昧に実行してきていたようです。私は、厳密な指定がなければ翌営業日の支払かな、と漠然と思っていました。

先日より経理を見ることになり、この辺のルールをきちんと作りたいと考えているのですが、何か根拠になる資料(支払日が休日に当たる場合は翌営業日の支払でも問題ないという法的な解釈など)は無いでしょうか。

皆様のお知恵をお借りしたくよろしくお願いします。

Aベストアンサー

支払日は、あくまで契約による物ですから、契約書にそのことが書いていない場合、規定はありません。
(「○○日まで」となっていれば、当然支払日前となります。)

ただ、現実的にいって、今まで、それで通っていたのですから、相手に指摘されなければ、そのままでいいと思います。

税金、電話料金など、銀行振り込み、自動引き落としが前提となっている場合、翌営業日という考えが一般的です。

しかし、取引先との場合、支払日=相手の締め日 の時は、その締めに間に合わず、翼月繰り越しとなる場合が多いです。
実質的には、影響しませんが、経理が煩雑だと感じるのでしたら、支払日前に払う方がすっきりします。

Q起算日の定義

経理担当者です。取引先の決済条件が月末締め翌月末起算90日現金となっています。この場合の「起算」とはどういう意味でしょうか?

Aベストアンサー

※解りやすく説明します。
A・月末締=兎に角月の末日が締日の事を言います。つまり請求書を作成します。しかし末日で締めて今日送る事はできません。

B・翌月起算日=つまり余裕を持たせるため、翌月の末日にした方が都合が良いのです。

C・末日起算して90日に現金と言うことはBの末日から起算して90日メに支払の形になると言う意味です。

D・決済条件として契約・覚書にそのように謳ってあれば従うしかありません。

E・手形の場合で説明します。手形の起算日数は、暦の最終日が28・29・30・31に関係なく30日と決っています。

4月30日請求書締めの起算日が5月31日なら8月31日が支払日になります。手形を回収して銀行へ預け8月31日(営業日ですよ)に現金化されます。

5・上記の場合は手形を預かるのが条件になっていませんか?約束条件が無い取引(口約束)は無いはずです。

6・参考までに取引先もお金が入らなければ支払が出来ないだから都合のよい条件で契約・覚書を交わします。現金・預金の場合は月末25日締めの月末支払でもよいのです。
中小企業に多いケースは上記のような1ヶ月後の末日に起算して90日後に決済の形が多いのです。参考。

※解りやすく説明します。
A・月末締=兎に角月の末日が締日の事を言います。つまり請求書を作成します。しかし末日で締めて今日送る事はできません。

B・翌月起算日=つまり余裕を持たせるため、翌月の末日にした方が都合が良いのです。

C・末日起算して90日に現金と言うことはBの末日から起算して90日メに支払の形になると言う意味です。

D・決済条件として契約・覚書にそのように謳ってあれば従うしかありません。

E・手形の場合で説明します。手形の起算日数は、暦の最終日が28・29...続きを読む

Q締め日について教えてください。

売掛を始め、はじめて15日締めの会社の請求書を作っていて何月分とするのかが分かりません。
1月15日締めの場合は、12月分とするのが普通でしょうか。それとも1月分でしょうか?
どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

〇月分とするなら1月15日締めは「12月分」となります。

12月16日から始まるわけですから12月分です。

決算年度もそうですね。

5月締めでも
10月締めでも
23年6月~24年5月の決算は23年度分といいますし
10月締めだとしても同じ23年度分といいます。
始まった時を期の呼称に使うのが普通です。

もしくはわかりやすいように「1月15日締め分」となります。

私どもも掛売り小売業を営んでおりますが
顧客によって締め日が違うため
社内でも、顧客に問い合わせをする時でも、逆にされた時には
「1月20日締め分」とか「1月10日締め分」と呼んでいます。
また、たとえ1月末締めだとしても、これは「1月分」ですけど
「1月末締め分」と呼んでいます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報