代表的な感温性ゲルとしてN-イソプロピルアクリルアミド(NIPA)があります。これは、モノマーでは感温性を示しませんが、ラジカル重合によってゲルやポリマーにすると、転移温度と呼ばれる温度(NIPAでは約32℃)を境に、高温では疎水性となり水中で体積が収縮し、低温では親水性となって膨潤します。この変化は温度に対してドラスティックに現れ、転移温度付近で温度を上げ下げすると急激に膨潤したり収縮したりします。この親-疎水転移は、一般的に、NIPA中の窒素と水分子との水素結合が高温では側鎖の熱運動によって切れ、低温ではこの結合が形成されるためと説明されています。そこで質問ですが、なぜ、モノマーでは感温性はないのにポリマーやゲルにすると感温性が現れるのでしょうか。ポリマーになることで分子運動の自由度がかなり失われることに起因するのではないかと思うのですが、うまく自分では説明がつきません。また、親-疎水転移が緩やかでなくドラスティックに現れるのはなぜでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ゲルを溶媒に浸漬すると高分子鎖間に溶媒分子が浸入する事によってゲルは膨潤します。

しかしながら、ネットワークを形成してるために溶解する事は出来ません。ゲルが膨潤する事によってポリNIPAの分子は引き延ばされます。高分子鎖を引き延ばすとエントロピーが減少するので高分子鎖には収縮しようとする力が発生します。この力がゴム弾性の源で、高温になるほどこの収縮力は強くなります。ゲルの膨潤は、高分子鎖の収縮力と溶媒分子がネットワーク中に浸透しようとするネットワークの浸透圧がつり合ったところで平衡状態となります。NIPAのゲルでは、低温では窒素原子の所での水和により溶媒分子が浸透しやすくなっており、高い膨潤度を示すが、高温になるとゲルの収縮力自体が強くなることと、それにも増して脱水和が起こることによって、急激に溶媒との親和性が低下して、(収縮力との釣り合いが崩れて)ゲルは収縮するようになってしまう。これがgalyberさん自身が書かれている
「一般的に、NIPA中の窒素と水分子との水素結合が高温では側鎖の熱運動によって切れ、低温ではこの結合が形成されるためと説明されています。」の内容だと思います。
ゲル中の窒素原子の状態には、いろいろな種類があり、水和エネルギーに分布があり、温度を上げていったときに水和がはずれてしまう窒素原子と、はずれない窒素原子が存在し、温度の上昇と共に少しずつ水和がはずれた窒素原子が増加するということならば、親-疎水転移は穏やかに現れるはずです。
しかしながら、どの窒素原子も同じような状態で、ある転移温度になると殆ど全ての窒素原子で脱水和が生じるのであれば、その転移温度を境にドラスティックに挙動が変わるはずです。実際にはドラスティックに転移するということならば、脱水和がドラスティックに起こっているということなのでしょう。
モノマーでも水和、脱水和は同じように生じると思います。低温で水和していたものが、温度の上昇によって脱水和したときにどのような挙動をとるかです。脱水和によって溶解性は変化すると思いますが、相分離や沈殿、白濁が生じるほどの変化でなければ、観察していても変化なしに見えてしまうでしょう。水との溶解性は親和性だけでなく分子量も影響しますから、モノマーでは分子量が小さいため、水和、脱水和、どちらの状態でも水に溶けてしまっていたら、温度変化によって、実際には水和、脱水和の変化が起こっていても外見上は分からないですよね。
そのことをkue-kさんは言いたかったのはないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よくわかりました。本当にありがとうございます!

お礼日時:2002/04/12 11:37

ポリ(N-イソプロピルアクリルアミド)の感温性はゲルの膨張(水和)・収縮挙動(脱水和)として観測されるものです。



N-イソプロピルアクリルアミドモノマーでは、そもそもネットワーク構造自体をつくることができないため、単に水溶液と化してしまいます。したがって感温性は存在しないと思います。

この回答への補足

kue-kさんの回答はよくわかりますが、ただ、私の疑問そのものがそのまま回答として書き直されているように思いました。感温性の本質は親-疎水転移であって、その結果膨潤-収縮挙動が観察されると思います。自分が納得したいことは、この転移現象がモノマーでは発現されず、ポリマーになると発現する、そのあたりの詳しいメカニズムです。単に、ネットワーク構造が形成されるために転移が起こる、といった説明ではなくて、なぜネットワーク構造になると転移現象が起こるのか、が知りたいと思って、質問しました。初歩的なこととは思いますが、一つよろしくお願いします。

補足日時:2002/04/11 15:20
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「整合性がとれてない」=「矛盾している」と言う意味

「整合性がとれてない」=「矛盾している」と言う意味でしょうか?

とある人に「お前の話は整合性がとれてない」と言われたのですが
よく意味がわかりませんでした。

「矛盾している」と言う意味でしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

イコールにはならないです。

単に整合性が取れていない例だと、
・私はリンゴが好きだ。
・だから髪が長い。
とか。

整合性が取れていない中で、相反する内容だと矛盾してるって事になるとか。
・私はリンゴが好きだ。
・果物は全て嫌いだ。
とか。

Qビニルモノマーからのポリマーの配列による様々な立体規則性の種類

一般にビニルモノマーから得られたポリマーには不斉炭素が生じるため、その配列により様々な立体規則性が現れます。
これにはどのような種類がありますか??
調べてますが、なかなかヒットしませんでした。

Aベストアンサー

高分子の立体規則性(タクティシティー、tacticity)は大きく分けて、すべての不斉炭素が同じ絶対配置を持つような構造:イソタクチック(アイソタクチック)、絶対配置が交互に並ぶ構造をシンジオタクチック、完全にランダムになった構造:アタクチック、の3種があります。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E5%88%86%E5%AD%90

Qシステムの可用性という意味

情報系の勉強をしています。いろいろ勉強していると、
可用性という意味には障害に対する強さと意味と、セキュリティ上で、権限のある人には情報を容易に閲覧できる、という意味があるようです。この2つの可用性って別なんですか。それとも、広い意味で似ているものですか。試験で一般に可用性といったら、どっちですか。

Aベストアンサー

追加します。

壊れ難い。結果、得たい情報が素早く得られる。
直接の意味は壊れにくさだと思います。
得たい情報が得られるのは間接的な意味ではな
いでしょうか。

Q高分子の化学構造と融点、ガラス転移温の関係について

高分子ってどのような化学構造でしたら高い融点あるいは高いガラス転移温をもつのですか?
簡単でいいので教えてください。
あとポリ4フッ化エチレンの結晶構造が書いてあるサイトや本があれば教えてください。

Aベストアンサー

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「ChemExper」
このページで「poly(tetrafluoroethylene)」と入れて検索して下さい。

◎http://www.agc.co.jp/kagaku/jushi/ptfe/ptfe2.htm
(旭硝子:フルオンPTFE)

「Glass transition temp.」に関して、いろいろな測定結果があります。

どのような目的で調べているのでしょうか・・・?

補足お願いします。

参考URL:http://www.chemexper.com/

Q整合性の意味について

整合性の意味を調べると⇒むむじゅん‐せい【無矛盾性】
と出てきます。そして【無矛盾性】⇒「理論体系一般において、ある公理系内に相互に矛盾する公理が存在しないこと。また、そこからの命題の導出に論理的矛盾がないこと。」

と出てきます。

さっぱり意味がわかりません。

無矛盾だから、要は矛盾していないということでしょう?

簡単に言うとどういうことでしょうか?

意味や使い方をお教えいただきたいです。
よろいしくお願いします。

Aベストアンサー

「整合性」と言う言葉が使われる場合は

「整合性がある」「整合性がない」

とか

「整合性が取れている」「整合性が取れない/取れていない」

とかの使い方をします。

意味は

整合性がある=矛盾がない

整合性がない=矛盾がある

整合性が取れている=矛盾が起きていない/矛盾を取り除けた

整合性が取れていない=矛盾が起きている/矛盾が取り除けない

と言う感じ。

「整合性がある=矛盾性はない」のように、「整合性」と「矛盾性」は、逆の関係になってます。

Q常圧蒸留装置についてです。 温度が高いものほど上に行くのになぜここでは温度の高いものほど下ほうのでし

常圧蒸留装置についてです。
温度が高いものほど上に行くのになぜここでは温度の高いものほど下ほうのでしょうか?

Aベストアンサー

気化温度(その温度以上で気化する)が書いてあるのでは?

従って、温度が高いほど気化しにくいということ。

Q表在性の意味

局所性は限られた部分のみで、
表在性という意味はどういう意味なのでしょうか?

Aベストアンサー

以下のURLを参考にしてみてください。

  http://web.kyoto-inet.or.jp/org/kanpo/3W/sinkin.html

「表層部分に存在する」という意味になります。

Qガラス転移温度について

高分子化合物で化学構造だけでどちらが
ガラス転移温度が低いとか分かりますか?
例えばポリプロピレンとポリエチレンの比較で
どちらが低いとかです。
分かる方お願いします。

Aベストアンサー

おおまかですが、「分子が自由に形態を変えられそうな柔軟な構造」であるほどTgは低くなります。主鎖が良く似た構造であれば側鎖にいろいろ大きいものが付いている方が分子が動きにくいのでTgは高くなります。従って一般論としては「PPはPEよりTgが高い」と言う表現は間違いでありません(例外も多い)。

その他主鎖が剛直であればやはり分子は動きにくくなるのでTgは高くなります。一番柔軟な構造は単なる-C-C-の鎖。この中にアミド結合等が入ってくるとその分Tgは上がります。最も剛直なものは主鎖にベンゼン環が入っているような構造で、耐熱性の高分子では多く見られます。

プラスチックの分子模型モデルがもしお近くにあれば、上記の「柔軟な構造」は手にとって感じることができます。組み立てて試してみてください。

あと注意点ですが、高分子に添加物(可塑剤等)が混入すると一気にTgは下がります。PVC(塩ビ)は水道管からビーチボールまでいろいろな硬さのものがあるように見えますが、これは硬いのが本来の姿で、柔らかいものは可塑剤が添加されて柔軟性を高めているのです。

おおまかですが、「分子が自由に形態を変えられそうな柔軟な構造」であるほどTgは低くなります。主鎖が良く似た構造であれば側鎖にいろいろ大きいものが付いている方が分子が動きにくいのでTgは高くなります。従って一般論としては「PPはPEよりTgが高い」と言う表現は間違いでありません(例外も多い)。

その他主鎖が剛直であればやはり分子は動きにくくなるのでTgは高くなります。一番柔軟な構造は単なる-C-C-の鎖。この中にアミド結合等が入ってくるとその分Tgは上がります。最も剛直なものは主鎖にベ...続きを読む

Q相乗性及び相加性雑音の意味

こんにちは、
相乗性及び相加性雑音とは、簡単にいうとどういう意味でしょうか?調べても、よくわかりませんでした。

Aベストアンサー

>相乗性及び相加性雑音とは、簡単にいうとどういう意味でしょうか? ....

英語で検索するほうが、わかりやすいのかも。
乱暴に一括してみます。
  ↓
 ・相乗性雑音 (multiplicative noise) : フェーディングなど、信号波形の時間的変動で生じたもの。
 ・相加性雑音 (additive noise) : 熱雑音外や来雑音など、信号に加算されたもの。
 

Q融点とガラス転移温度の違い

融点とガラス転移温度の違いが良く理解できません。分かりやすく教えてください。

Aベストアンサー

高分子やってるものです。おそらく質問にでてくる融点は普通いわれている融点ではなく、高分子特有のTmといわれているほうの融点ですよね?
板ガムを考えていただけるとわかりやすいと思います。ガムってそのまんまだと引っ張ってもぶちぶちきれちゃいますよね?でも口の中でかむとひっぱっても伸びるようになります。この引っ張っても伸びる性質に変わる温度が高分子における融点です。次にガムを寒いところもしくは冷凍庫に入れてみてください。常温のガムは折り曲げてもたたまれるだけなのですが、低温におかれたガムを折り曲げようとすると割れてしまうと思います。このぱきぱきの状態になってしまう温度がガラス転移温度です。
食品保存容器とかラップに耐熱温度がかかれていると思いますが、よくみるとなぜか上と下の両方の温度限界がかかれていると思います。上の方の温度限界(融点)になると溶けてしまうのはまあ想像がつくのですが、下の方の温度限界(ガラス転移温度)になるとぱきぱきになって容器が割れてしまうので書かれているのです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報