【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

3階建を木造で建築中です。
私たち家族は、今、住んでいる賃貸マンションで、結露とカビに苦しめられ、私も酷いアレルギーになってしまったため、新築にあたっては、プランの段階から、カビない家、健康的な家とお願いしてきました。
予算が許す限り、建材は、ムク材を使用、床はムクのフローリング、壁も珪藻土です。
さて、質問は断熱のことです。昨日から、壁の断熱材(グラスウール)を入れはじめていて、ふと見ると、50ミリの薄いものをいれていました。(見積もりでは、100ミリとありました)また、床に断熱材を入れている様子がなく、確認したところ、床下には断熱材を入れないとのこと。(基礎はベタ基礎です)
壁の断熱材を薄くしたことや、床下に無いのは、いずれも、風通しのよいカビない家にするため、との説明。ちなみに壁の断熱材は、素人目にみてもキレイにいれてありました。また、床下には、杉板を隙間無く二重に張って、そのうえにコンパネ、ムクのフローリングになるので、そんなに寒くないと言うのです。
お願いしている工務店は、丁寧な仕事が地元で評判のところで信頼してお願いしましたが昔気質という感じで、どうも新しい工法など慣れていない印象を受けています。
今さらでお恥ずかしいですが、断熱材は、施工を誤るとかえって、結露やカビの温床になると聞き、不安になっています。多少寒くても、カビない家なら我慢しようと思えますが、寒いうえにカビだらけになったのでは、何の意味もありません。
棟梁は、50年はもつ家になると断言しているのですが、信じてよいものなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ちょっと大まかに説明すると


気密住宅にする計画なら躯体換気をし、基礎断熱し、床下断熱は不要で、壁の断熱材が薄くなるということはあります。
でも、気密住宅でないお家なら断熱材はないと隙間風の換気の家になってしまいます。

どちらでもカビの発生は防げますが後者は寒いです。
ムクの床材は長年のうちには木がやせてきて隙間ができます。その下地も合板でなくムクならば普通の造りだと長年のうちに隙間風が吹く可能性がありますよ。仕上げ材の乾燥状態などにもよりますがね。

たぶん気密住宅だと思いますが、いかがでしょう。
東京といえども普通のつくりで断熱材を入れないということはこの環境問題のおり、あまりお奨めできません。

それよりもまず、気をつけていただきたいのは、「見積もりと違う」ということです。
契約内容や、契約図面・仕様と違うところはきちっとチェックして、設計者に聞きましょう。基本的に契約違反です。

大工さんは施工のプロですが断熱のプロではありません。
確認申請書に書いてある設計者に聞いて下さい。

心配するのは、よく大工さんが断熱材、構造材、羽柄材(小物材)込みで工務店と坪いくら契約している時では、現場担当者がちゃんと指示をしないと図面などはたいして見ずにいつもの施工をしてしまったり、安く上げようと他の現場の残り材を使う方だっているということです。

そんなことではないことを祈りますが、断熱材の施工を誤ると壁体内結露が起こる可能性があるのは事実ですが、それを恐れて施工をしないのはちょっと極論のような気がします。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答をいただき、ありがとうございました。恥ずかしい話しですが、工務店を信じ過ぎて、断熱については、まかせっきりにしてしまいました。木材とか、珪藻土とか、材料のことばかり気にしてしまって。確認しましたが、気密住宅ではありませんでした。今から、どうできるか判りませんが、設計の方も含め、近日中に、話し合うことになりました。

お礼日時:2006/12/05 19:30

>。

昨日から、壁の断熱材(グラスウール)を入れはじめていて、ふと見ると、50ミリの薄いものをいれていました。(見積もりでは、100ミリとありました)

東京でも50mmの断熱材では不十分です。
東京などのIV地域では、最低でもグラスウールは10kで60mm必要なので
75mm以上の製品を充填しなければなりません。
見積もりに記載されているのであれば100mmに変えてもらいましょう。

>床に断熱材を入れている様子がなく、確認したところ、床下には断熱材を入れないとのこと。(基礎はベタ基礎です)

基礎断熱の家の場合は基礎に断熱材を施工し床下空間を密閉しますので
床面に断熱材の施工はありません。
もし基礎断熱ではなく床断熱の仕様ならば床下面に断熱材が必要です。
ベタ基礎と断熱材の有無は関係ありません。
また、「木を何枚も重ねたから断熱材は必要ない」との回答は問題外です。
「風通しのよいカビない家にするため」に関しても素人騙しか
断熱を何も解っていない無知な人の回答です。
いくら東京でも発泡系断熱材30mmは必要ですし、
グラスウールの場合は最低でも32k42mmが必要です。
我が家も東京ですが発泡系断熱材90mmにしてやっと素足で歩ける状態です。

断熱や気密をしっかりしないと結露の危険が増えますが
しっかり施工しても温度・湿度管理が出来ない生活では結露もカビも発生します。

今までにも断熱や結露に関する回答が沢山ありますので
もう少し学ばれたほうが良いですね。
工事が進んでいるようなので早急な改善を要求しましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答をいただき、ありがとうございました。無知な自分を恥じております。基礎断熱ではありませんでした。このままでは、寒くてカビる家になりそうです。早急に解決のための話し合いをします。それまでに、頑張ってできるだけ勉強して、少しでも良い方向になるようにしたいと思います。

お礼日時:2006/12/05 19:32

1.「通気止め」又は「気流止め」をしっかり施工しているか確認してください。

この施工を怠ると、夏は暑い家、冬はさむい家になります。
2.また、断熱材と石膏ボード(内壁)の間には、防湿シートを正しく施工してもらってください。
これがしっかり出来ていれば、50年持つ家になり、また、健康な家が建てられます。
参考になるホームページを掲載しましたので勉強してください。
後悔しない家は、施主が自分で勉強しなければ、満足する家は建てられませんよ。(予算との兼ね合いになりますが・・・)
1と2は最低限確認及び施工状態を確認してください。

参考URL:http://www.mokusei-kukan.com/koudankouki.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

とても参考になるHPを教えていただき、ありがとうございました。本当に勉強不足で、情け無く思っています。今さらですが、できる限り、勉強して、後悔しないよう頑張りたいと思います。

お礼日時:2006/12/05 19:19

床下の断熱材はなしがよいかと。


私の家は断熱材を入れて、冬もかなり暖かいのですが、床下に断熱材はありません。(風通しをよくしています)

この回答への補足

早速の回答をいただき、どうもありがとうございます。
失礼ですが、お住まいはどちらになるのでしょうか?

質問に書き忘れてしまったのですが、我が家は東京です。
暖かくて、カビない家!が理想なので、うちも同じだと嬉しいのですが。

補足日時:2006/12/04 15:47
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q床下断熱材がありません

こんばんは、このたび一戸建て住宅の購入を決断しました。仕様をみると外壁には断熱材がありますが、床下にはありません。この仕様で家の耐久性に悪影響はあるでしょうか?

Aベストアンサー

床下に断熱材がない、ということは、基礎断熱されているのでしょうか?
耐久性というよりは、省エネ、住みやすさの問題です。
基礎で断熱する場合は、床下も家の中と考え、
屋内の空気と床下の空気をまわします。
当然、防蟻剤は使用せず、樹種を選定し、
ベタ基礎、防湿コンクリート、基礎と外部の気密性をだします。
基礎で断熱しない、土台パッキンや換気口の開いた基礎は、屋外とみなすので、床下に断熱材は当然入れます。
基礎、もしくは床で断熱しなければ、
床暖房を入れようが、熱はどんどん逃げていき寒いです。また、どんなに暖房しようが、
足は冷たく、顔は真っ赤…という状態になりますよ。

公庫の基準でも、基礎・床、どちらかの断熱は不可欠ですよ!

Qできるだけ安く、かつ効果的な床下の湿気対策を教えて下さい!

ゆるい傾斜地に家が建っているためか、床下の湿気に悩まされています。
ちょっとでも油断すると、押入れでも畳でもカビが繁殖してしまい、大変困っています。
できるだけ安く、かつ効果的な床下の除湿方法を教えて頂けませんでしょうか。ホームセンターや家電量販店が近くにあるので、できれば自分でできる方法だと助かります。
自分で考えついたのは、何かを敷くこと(ゼオライト?という物が良いと、知り合いからは聞きました)、安価な換気扇(扇風機でも代用できるでしょうか?)で湿気を追い出すこと、市販の適当な扇風機を一台・または複数台置き、床下の空気をかき回すこと…などです。いかがでしょうか…?
ちなみに、自宅は木造(プレハブ方式ではなく、大工が作りました)、壁は土壁、建築年は昭和42年か43年です。

どうか知恵をお貸し下さい。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ゼオライトは、多孔質での「石」で、木炭同様、湿気を吸着します。
昔は、袋で持ちこんで、袋を切り開いてそのままシャベルで広げていました。
これは、重い(石だから)ので手間がかかります。

さいきんは、袋入りの木炭や、発泡黒曜石など、軽い材料のものが出ています。ホームセンターで買えば、軽トラックを貸してくれるので、必要枚数もって帰って、子供に小遣いやって、床下で「バケツリレー」すれば安くつきます。

下に敷くシートもいっしょに買えます。(農業用のシートで十分でしょう)

家の外から空気を入れるためには、そこそこのパワーのあるファンが必要になります。扇風機は風をふきつけることはできますが、淀んだ空気を排気する力は期待できないでしょう。
換気扇も、台所にあるようなやつは、口径が大きくないと床下通気口にあわない。

(参考URLのBBSで関係者のアドバイス聞けます。)


なお、#5で紹介されてる業者、業界では胡散臭がられていますよ。
ソーラーファンを40万円とか、ぼったくりだと思うな。
施工会社のくせにHPで価格を書いていないのが大体…。

参考URL:http://www.geocities.jp/hitogots/

ゼオライトは、多孔質での「石」で、木炭同様、湿気を吸着します。
昔は、袋で持ちこんで、袋を切り開いてそのままシャベルで広げていました。
これは、重い(石だから)ので手間がかかります。

さいきんは、袋入りの木炭や、発泡黒曜石など、軽い材料のものが出ています。ホームセンターで買えば、軽トラックを貸してくれるので、必要枚数もって帰って、子供に小遣いやって、床下で「バケツリレー」すれば安くつきます。

下に敷くシートもいっしょに買えます。(農業用のシートで十分でしょう)

家の...続きを読む

Q断熱材の入っていない家の断熱はどうすれば?

築40年の木造です。中古で購入し寒いとおもって押入れ天井から壁を
除くと、下まで丸見え。断熱材は全く入ってません。
お蔭で冬寒く、夏暑く、埃っぽい家ですきまだらです。
建替えようかと思ってますが、
何分にも見積もりするとハウスメーカーで建坪35坪で三千まんえん。
(取壊し外構の2百万含む)地震がくるまで住み続けようかとも思案してます。
お金をできるだけかけない断熱・隙間をなくす方法あれば教えてください。
(暖房すると、冬はすさまじい結露がサッシにおきます。)

Aベストアンサー

外壁と内壁の間が空洞なら、そこに発泡ウレタンを充填する業者が有りますので、地元で調べてください。
内壁は石膏ボードに壁材ですか?その場合、発泡力で石膏ボードが割れて内側に脹らむ場合があります。築40年なら良しとしましょう。私は築30年で良しとしました。
当然、壁に断熱材が入っていないと言う事は、床下にも、天井裏にも入っていないかと思います。
床下は畳なら畳を剥がして、床材を剥がして、根太に3センチのスタイロフォームをはめて(それをはめるために落ちていかないための金具もあります)床材を張り、
畳も断熱材入りの畳にしましょう。スタイロ畳等の名称で有ります。
藁床の畳と比べると固いです。裸足で歩くとなんか変ですが、断熱と思えば、許せます。
床材を敷いたら、敷居などに隙間が無いか確認して下さい。隙間が有ればそこから床下の空気が上がってきます。
隙間を見つけたら、スプレー式の発泡ウレタン剤を買ってきて、隙間にスプレーしましょう。
泡が出て、それが固まりウレタン断熱になります。
そのまま畳を敷けば、多い所は押されて平らになりますので、切らなくても良いです。(私の失敗談)
廊下などの剥がせない所は、壁に発泡スタイロを施工したときに一緒にやってもらいましょう。
片面しかない所には厚く出来ませんので、断熱効果は落ちますが、無いよりましです。

天井は、100ミリのグラスファイバー断熱材かな。
隙間無く敷いて下さい。チョット斜めになって隙間が出ると、天井に結露する事があります。お気を付けて。

下、横、上に断熱材が入ったら、その上で予算が余っているなら、窓を二重にするとか、アルミ建具ならペアガラスにするとか、次の次元に進みましょう。

外壁と内壁の間が空洞なら、そこに発泡ウレタンを充填する業者が有りますので、地元で調べてください。
内壁は石膏ボードに壁材ですか?その場合、発泡力で石膏ボードが割れて内側に脹らむ場合があります。築40年なら良しとしましょう。私は築30年で良しとしました。
当然、壁に断熱材が入っていないと言う事は、床下にも、天井裏にも入っていないかと思います。
床下は畳なら畳を剥がして、床材を剥がして、根太に3センチのスタイロフォームをはめて(それをはめるために落ちていかないための金具もあります...続きを読む

Q素人が日曜大工で床下断熱できますか?

中古で戸建を購入しましたが、床下に断熱材が入っておらず下からの冷えをなんとかしたいのですが、日曜大工で断熱工事は可能でしょうか?中途半端で床下に湿気が溜まったり、結露したら大変なことになるし、よい方法はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

床下に潜り、床板の裏側に発泡スチロールを床板を支えている木材の間にはめ込む作業になりますね。
材木の隙間は40Cm位で一定です、発泡スチロールは2~3Cmで良いでしょう、作業は2名以上、1人が床下に潜ります。
課題ー1床下の入り口は有りますか
  -2土台が貴方が希望している部屋まで行くのを   邪魔していませんか。 
  -3床下は寝転んで、移動出来る隙間は有ります    か、寝板(ベニヤ板にキャスターを付けた物    で)それで移動します。胸が支えなければOK    です。地面がむき出しですとこの寝板が使い    ずらいので、ブルーシートでも敷きつめたら
  -4発泡スチロールの幅を正確に切り、材木の隙    間に押し込む必要があります。これは発泡ス    チロールが落ちてこないので止め金具の負担
    が少なくなる事と、隙間が有ると、断熱効果
    が減少し、もしかして結露の原因に成るかも    しれません?
    発泡スチロールが落ちない為の金具を考える
    必要があります、例えば2*4に何か有るか    も、どなたか知恵を拝借!!
 一度床下に潜ってみて下さい 寝転んで30分も見 ていると色々な発想が湧いてきます、断熱が期待し たほどの効果が感じれ無かったとしても、自分でや れば費用も僅かだし、家族?は父ちゃん?やっ!!
 と言ってくれます、床下での作業は想像以上に大変 です、でも我が家で納期なしですから気長にやった ら。
 ちなみに私は、自作派です、困難な程フアイトが湧 きます、そしてケチです、材料と時間はお金を惜し まないけれど人件費は自分でやります。
    
   

床下に潜り、床板の裏側に発泡スチロールを床板を支えている木材の間にはめ込む作業になりますね。
材木の隙間は40Cm位で一定です、発泡スチロールは2~3Cmで良いでしょう、作業は2名以上、1人が床下に潜ります。
課題ー1床下の入り口は有りますか
  -2土台が貴方が希望している部屋まで行くのを   邪魔していませんか。 
  -3床下は寝転んで、移動出来る隙間は有ります    か、寝板(ベニヤ板にキャスターを付けた物    で)それで移動します。胸が支えなければOK    です。...続きを読む

Q家の基礎にある通気口や床下換気口を塞ぐことの幣害

家の基礎部分に通気口がありますが、本来これは床下内の換気口とされていると思います。

特に夏場の湿気などを逃がす役割をもっていると思いますが、冬場は何かの役割があるのでしょうか。

想像するにこの通気によって、床面下から冷気が入り込んで、せっかくの暖房も少しながら無駄になっているように感じます。

そこでこの通気口を寒い冬場だけ塞ぐことによって、少しは家中を保温しておくことは有効なのでしょうか。

何か幣害はあるのでしょうか。

Aベストアンサー

まったくお見込みの通りです。
床下換気は湿気の多い夏場は必要ですが、乾燥して寒い冬に開けっ放しは床下を冷やすだけで何のメリットもありません。(太平洋側気候の場合)
世の中にはスライド式で冬場には閉めることが可能な換気口もあるのですが、なぜか普及しませんね。
開閉しないものより二倍ほど高いからでしょうが、暖房効率を考えればすぐに元が取れる程度なのですが・・・。
http://www.uk-usami.co.jp/page/yukasita/detail_yuka_yk.html#Anchor-41648

下記のように自動で開閉できるものさえあります。
http://www.imcompany.com/kan/auto_yukashita_kan.html

換気口を取り替えるのも大変ですから、とりあえず冬場はダンボールなどでふさいでしまいましょう。もちろん夏に向かって外すのを忘れないように。

Q床下のカビ除去について

中古住宅に住みはじめて丸3年。
床下換気は付いているのですが、稼働時間が短すぎたようで床下のカビが発生しているようです。(知らなかったので2時間くらいしか動かしていませんでした。)
床下換気の点検にきた業者が床下を調べると「カビがひどいのでにおい消しと防カビ剤を撒布したほうが良い」とのこと。
換気扇の点検は問題なかったようです。
確かに、床下をのぞくと結構な臭いがしています。
そのときは流されてしまい、カビ除去と防カビ作業を契約してしまいました。
クーリングオフは可能なのですが、通常の相場は坪辺りいくらくらいなのでしょうか?
だまされているとは思いたくないのですが、相場がわからず対応に戸惑っています。

Aベストアンサー

薬剤の種類は記載がありますか?

カビ取りは一時的なもので、根本的な解決になりません。
防カビ剤は、シックハウスの原因になるおそれあり。

その業者はどのようなつながりで来たのですか?
不安であれば、会社の所在地を確認しましょう。
図書館に行って、明細地図に載っているかどうか?
電話帳に記載があるか?
などで実態のある会社かどうかが判断できます。

換気扇が付いているのであれば、対処の方法はあるのではないでしょうか?
また、自分の目でカビを確認しましたか?
写真や臭いだけだとあらかじめ準備している可能性がありますよ。
(特に悪い業者の場合)

金額は、材料や、除去のカビの亮にもよりますが、
坪当たり2万円を超えていたら注意が必要かもしれません。
建築の専門家に見てもらうと良いのですが‥‥

Q家の中のカビや結露がひどいのですが・・・(木造戸建て)

築20年以上の木造2階建ての家に5、6年住んでいます。
1階のリビングが南側ですが、隣に家があるので日当たりは悪いです。家の中の湿気も多く、結露もひどいです。
1階は湿度70%くらいで2階は80~90%くらいあります。
そして目に見えるカビは、2階に行く階段の天井、1階リビングの家具や洋服、今日はリビングに置いてあったコタツのテーブルにもカビが生えてるのを発見しました。(コタツ布団は使用せずテーブルのみ)
今までも多少のカビはありますが、1年半くらい前に床下浸水の被害にあいました。それから玄関のタイルに白いカビが出るようになりました。天井のカビも最近出たので浸水が原因でしょうか?

主人にカビや結露どうにかならないの~って言ってもカビなんかどこの家でも生えるって言うだけで何も対策してくれません。
2歳の子供がいますが、いつもリビングで過ごしているので体に影響がないか心配になりました。

中古で買ったのですが。家の構造に問題があるのでしょうか?
なんか家全体が湿っている感じがします。
今後、どのような対策をしたらいいのでしょうか?
アドバイスお願いします。

築20年以上の木造2階建ての家に5、6年住んでいます。
1階のリビングが南側ですが、隣に家があるので日当たりは悪いです。家の中の湿気も多く、結露もひどいです。
1階は湿度70%くらいで2階は80~90%くらいあります。
そして目に見えるカビは、2階に行く階段の天井、1階リビングの家具や洋服、今日はリビングに置いてあったコタツのテーブルにもカビが生えてるのを発見しました。(コタツ布団は使用せずテーブルのみ)
今までも多少のカビはありますが、1年半くらい前に床下浸水の被害にあ...続きを読む

Aベストアンサー

かなりひどい湿度ですね。
まずこの季節では室内の湿度を60%以下から理想的には50%以下にする必要があります。
これをクリアしないと、いくら窓や押入れなどに結露対策用品を使っても無駄ですし、50%から60%であるのにもかかわらず結露が発生する場合に建物の造りなどの原因を疑うことになります。

室内の湿度が高い原因は水蒸気の出しすぎか換気量不足です。
最近あった事例では、古い建物の結露の原因が換気口の目詰まりだったことがあります。
各部屋ごとに換気口があるのですが、20年近く一度も掃除をしたことが無かったために目詰まりし、まったく換気が出来ていなかったことが原因でした。
この季節にそんな状態で生活すると、室内の湿度はどうなるか想像に難くないところです。

水蒸気の出しすぎについては、生活スタイルを振り返ってみていかがでしょうか。
お住まいの地域がわからないので、暖房をされているかどうかわかりませんが、暖房方式によっても結露傾向になる場合がありますし、お住まいの家族人数が多い、小さい子供さんがいる、共働きで日中留守になる場合も結露傾向になります。

ご家族のみなさんの健康のためにも、早く改善ができると言いのですが・・・。

かなりひどい湿度ですね。
まずこの季節では室内の湿度を60%以下から理想的には50%以下にする必要があります。
これをクリアしないと、いくら窓や押入れなどに結露対策用品を使っても無駄ですし、50%から60%であるのにもかかわらず結露が発生する場合に建物の造りなどの原因を疑うことになります。

室内の湿度が高い原因は水蒸気の出しすぎか換気量不足です。
最近あった事例では、古い建物の結露の原因が換気口の目詰まりだったことがあります。
各部屋ごとに換気口があるのですが、20年近く一度も掃...続きを読む

Q固定資産税いくら??

友人が新築の家を建てたのですが、固定資産税を年間で7万程度といわれたらしいのですが(営業マンに)親からはけっこうするよとかいわれて、不安に思ってるみたいです。いったいどのくらいかおしえてください。ちなみに土地は60坪、約1000万 建物 約2000万したそうです。その他詳しいことはわかりませんが・・。大体で結構ですので、おしえてください。

Aベストアンサー

1.住宅用地は200平方メートル以下の部分を「小規模住宅用地」といい課税標準額が6分の1に軽減されます。60坪は約198平方メートル、固定資産評価は公示価格の7割を目途としていますので
http://www.niceliving.net/zeikin/zeikin27.html

1000万×0.7×1/6×1.4%=16,333円

2.新築の建物は120平方メートルまでの部分に対して一般の住宅は当初の3年間は固定資産税が2分の1になります。建物は固定資産評価基準に基づき、再建築価格を基準に評価します。仮に固定資産税評価を時価の6割程度とした場合、
http://www.niceliving.net/zeikin/zeikin28.html

2000万×0.6×1/2×1.4%=84,000

以上から土地・建物合計で10万程度になると思います。(以上に加えて市街地の場合には都市計画税が0.3%課税されます。)

Q床下換気扇と防湿シート、どちらがおすすめ?

こんにちは。素人質問で恐縮ですが、アドバイスいただければ幸いです。

キッチンや押入れなどにチャタテムシが大量発生したため、大工さんに見てもらいました。床下収納庫をはずして床下も見てもらい、自分も見たのですが、そのとき大工さんに言われた事は、布基礎の換気口付近の土は乾いて白いが、キッチンの床下の土は、しっとりしていてこげ茶に近く、床下に湿気が溜まっているね、と言う事でした。

確かに、フローリングや窓枠、壁などにカビが大量発生しているので、カビを餌にしているチャタテムシが大量発生するのも納得です。

大工さんには湿気対策として、床下換気扇をすすめられました。それで、ここのサイトで床下の湿気対策について色々と検索してみたところ、防湿シートという手もあるみたいですよね。手ごろな価格で、効果のある湿気対策としては、床下換気扇と防湿シート、どちらが良いのでしょうか?

ちなみに、家は平屋78平米の木造軸組工法、築20年です。床下の高さは、大工さんに見てもらったところ、高いので大丈夫、と言う事でした。基礎は布基礎です。換気口は外から見える部分には10箇所ありますが、今手元に基礎図面がないので、家の内部の基礎の状態がどうなっているのかは不明です。基礎の内側の土は、大き目の砂利と土が敷き詰められているようです。近くに池や川はありません。家を建てる前は、大きめの砂利が敷き詰められた、道路より40センチくらい高い駐車場でした。

以上ですが、説明が足りないようでしたら補足いたしますので、ご助言いただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

こんにちは。素人質問で恐縮ですが、アドバイスいただければ幸いです。

キッチンや押入れなどにチャタテムシが大量発生したため、大工さんに見てもらいました。床下収納庫をはずして床下も見てもらい、自分も見たのですが、そのとき大工さんに言われた事は、布基礎の換気口付近の土は乾いて白いが、キッチンの床下の土は、しっとりしていてこげ茶に近く、床下に湿気が溜まっているね、と言う事でした。

確かに、フローリングや窓枠、壁などにカビが大量発生しているので、カビを餌にしているチャタテムシが...続きを読む

Aベストアンサー

最も手軽で効果的と思われるのは【床下乾燥機】です。

松下電器製で、外気の湿度が、70%を超えると自動運転をして通風孔
から乾燥した空気を送り込みます。

取り付けは工事というほどのものでなく、価格も11万円位で換気扇より
安くつくと思います。大きさもそれほど大きくありません。

参考URL:http://ctlg.national.jp/product/infor.do?pg=04&hb=DS-K3

Q無垢フローリングの厚み

工務店と契約をかわしましたが、無垢フローリングを施主支給することになってます。工務店は合板フローリングをすごくすすめてきますが、やっぱり無垢にすることにしました。購入予定の板の厚みを教えてくれというので、1.5cmですと答えると3cmはないとそるとかいろいろ文句をいわれました。
3cmみたことないです。1.8cmなら見ますけど。
どこかにあるのでしょうか、すごく高そうです。
本当に3cmも必要なのでしょうか?
あと乱尺ばりてどうなんですか?見栄えがわるいんですか?いいんですか?
どうぞ、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

あなたの言われるように今流通している(市場に出回っている)無垢のフローリングのほとんどは15MMです。
そしてほとんどは塗装がしてあり 1枚の幅は9CM前後だと思います。180CM長さ前後で4~5枚くらいついであるもの(1枚が60CM前後)。材質はオーク(なら)・チーク・カリン・栗・ゴムetc・・・
または同じような材質の15CM幅前後で3~6枚はぎ(寄木)のもの。(乱尺)
また桧あたりの4M弱で10.8CMくらいの一枚もの、生節、寄木(乱尺)。
いまは他にもいろんな材質がでてきてると思いますがサイズ等は似たり寄ったりだと思います。
これらの塗装済みの無垢フローリングにかぎっていえば
そりはほとんど出ません。
これらが出回りだしてから10年前後にはなると思いますが
極端なそりはあまり聞きません。(桧等の場合はもっと以前から出ているが塗装品ではやはり そりはあまり聞かない。ただし条件次第で異なる)
(桧等は別にして)それは1枚1枚が広くても9CMくらい、寄木では5CM前後と狭い為だと思います。
その為長い年月でそりが出たとしてもそんなに気にならないために耳に入らないのだろうと思われます。(幅広・無塗装品は別)
また今はほとんど捨て張り工法といって12MMの合板(F☆☆☆☆・フォースターまたはエフフォー)を張った上に張りますのでまず心配いらないと思います。
>乱尺ばりてどうなんですか?
とのことですが材木店や直儒市場(直販の市場)等でカットサンプルをごらんになってください。
>見栄えがわるいんですか?いいんですか?
ご自分で判断できます。
※ただ無垢材はせまい為工務店さんの手間が多くかかります。(その為に合板を進められてるのかも?)
極端に言えば1坪張るのに合板なら6枚ですむけど無垢なら多い時は20枚位張らなくてはいけない。
ちなみに3CM厚みのフローリングですが杉やパインくらいしか見た事はないですね。
仕事柄おおくのサンプルを(営業マンが)おいていきますが18MMくらいが厚いほうです。

あなたの言われるように今流通している(市場に出回っている)無垢のフローリングのほとんどは15MMです。
そしてほとんどは塗装がしてあり 1枚の幅は9CM前後だと思います。180CM長さ前後で4~5枚くらいついであるもの(1枚が60CM前後)。材質はオーク(なら)・チーク・カリン・栗・ゴムetc・・・
または同じような材質の15CM幅前後で3~6枚はぎ(寄木)のもの。(乱尺)
また桧あたりの4M弱で10.8CMくらいの一枚もの、生節、寄木(乱尺)。
いまは他にもいろんな材質がでてきてると思...続きを読む


人気Q&Aランキング