アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

私は20代前半にスキーを何回か経験がありますが、あまり上手くならず
スクールにも行かなかったので、ギブアップしてしまいました。
それから10年間一度もスキーをしていませんが、周りの友人たちや、新しくお付き合いする人など、みんなスキーやスノーボードなどのウィンタースポーツをする人なので、出来ればお付き合いで一緒にいきたいのですが、20代前半の頃にギブアップしてしまっているのと、あまり運動神経がいい方ではなさそうなので、参加すべきか非常に迷っています。
やってみたい気持ちはあるのですが、10年以上もしていないので、初心者なみなので、ついていけない事と、怪我などが心配なのです(仕事が出来なくなるので)
かなりブランクがあるのに、やる気があれば何とかなるものでしょうか?
仕事などは、自分の意欲でカバーしてきた経験もありますが、こういったスポーツなどはセンスや素質がやはり必要でしょうか?
スキーの上達の方法、ご存知でしたらご回答お願いします。
また、年齢的に不向きなものかも教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

既に、先の回答者様達が答えていますが、今からでもスキーをするのは何も問題なしです。

ただし、必ずスキースクールに入ってください。
20代前半でギブアップされたとのことですが、10年以上のブランクと言うことは初心者状態に戻られたと思います。まずは、スクールに入って一から教えてもらいましょう。スクールに入らずに練習するのと、全然上達のスピードが違います。特に、スキーは上達するための教育カリキュラムがきちんと整備されているので、効果は本当に大きいです。別に、高いプライベートレッスンを選ばなくても良いです。むしろ、一般レッスンで他の人と一緒に練習することが刺激になります。事前に、掲示板などで行こうとされるスキー場にあるスクールの評判を見ておけばよいかと思います。
私は、10年余り前、30歳近くなってからスキーを始めましたが、スキースクールに入りまくりました。年間10日くらいしか滑りませんでしたが、スキースクールに入った後は、フリースキーをして習ったことを身体に覚えさせ、またスキースクールに入るというパターンを繰り返しました。2シーズン目には、形は様になりませんが、上級者コース以外は大丈夫になりました。それで面白くなってくると、自然に滑走日数が増えていきました。割と多くの人が、スキースクールを「高い、もったいない。」と思っているようですが、私は価値は高いと思っています。一日はいれば、何日も我流で滑って練習する以上の効果が出ます。時間と費用の節約になると思っています。

また、#3さんもおっしゃる通り、今はスキーの道具自体が進化して非常にやさしくなっています。カービングスキーなんか、昔のスキーを知る人ならその安定感とターンのしやすさに驚くと思いますよ。私も子供が生まれてから7年もブランクがありましたが、レンタルで借りたカービングスキーに驚きました。

ちなみに、私の妻の母親も65歳を過ぎてからスキーを始めました。流石に最近は体力が落ちたので行かなくなりましたが、5年ほどの間、いろんなスキー場を楽しんだようです。(シニア世代は、金と時間がありますから。)
スキーやスノボに行くと言うお知り合いに、「自分はスキースクールに入るけど、一緒に連れて行ってくれ。」と言ってみては如何でしょうか。

参考URL:http://outdoor.yahoo.co.jp/snow/
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
65歳を過ぎてからスキーをはじめたお母様。非常に心強いです。

是非、スクールに入ってみようと思います。
なんだか、悩んでるより、早くやってみたい気持ちになって来ました!!
楽しみます!
ありがとうございます

お礼日時:2007/01/18 14:31

 他の方も書いていらっしゃいますが、できます。


私は、三十五歳で初めて板をはき、もうじき四十ですがハマってます。昨年からはスノーボードもチャレンジし始めました。
運動神経は悪いほうだと自覚しています。でも、なんとかパラレルで滑ってますよ。大丈夫です。早速はじめましょう。
 といっても、今シーズンは雪が少ないですが・・・

 個人的な意見ですが、早く上達するためにも、ブーツをしっかり選ぶといいと思います。私は、2シーズン目にスキーのプロショップでブーツを足に合わせてもらいました。おかげで、自然とポジションが決まり滑るのが楽になり、早く上達できたように思います。

 がんばってください。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます。

皆さんも書いて頂きましたが、道具をきちんと選ぶといいみたいですね。
早速試してみます!!

お礼日時:2007/01/18 14:50

私も31で始めて、30年になろうかというところです。

15年ほど前にSAJ1級をとりました。私もどちらかといえば運動音痴のほうですが、スキーは、自転車に乗れる人なら必ずうまくなれますよ。皆さんもおっしゃっているように集中して滑ることです。一番のめりこんでいた時期には毎シーズン20日以上滑っていました。まずは、できるだけ転ばないような(超)緩斜面を見つけて不安感なく滑れるようにすることがポイントです。怖いと思うと体が後ろに引けてスキー板のコントロールができなくなるからです。あと、スキー場にも教え屋がたくさんいますが、きちんとスクールに入ることをオススメしますね。近年ゲレンデはシニアの世界になりつつあります。tullys-2さんもぜひおいでください(シニアというにはまだお若いですが)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

スキー場には教え屋って人たちがたくさんいるのですか。

確かに20代の頃にスキーを試したときは、怖さで、板のコントロールが出来なくなってました。
林間コースなどでは、景色が綺麗で、なんとなく楽しかった事を思い出しました。
今は、早くスキーに行きたい気持ちです!!
ありがとうございました。

お礼日時:2007/01/18 14:42

もちろん可能です。

むしろ私は大人になってから始めたほうが良いとすら思っています。(子どもだと、筋力、体重がないのでかえって大変)

また、スキーは運動神経というよりバランスなので、その点でも危惧はありません。

あと最後に。おそらく趣味でやられると思うのですが、ボーゲンは楽しくないので、早めにパラレルで滑れるように指導してくれるスクールなり、センセイが良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

スキーは運動神経というよりバランス
なるほど~です。
いい先生を見つけるのも一つですね。

早くスキーに行きたくなりました。

お礼日時:2007/01/18 14:38

> あまり運動神経がいい方ではなさそうなので



私も運動神経は良い方ではなく体育の評価は芳しく無かったですよ。20代で経験されたなら私よりいいじゃないですか、私は35歳から始め現在65歳、30年も滑っていると結構やれるもんですよ。

他の方も書かれていますが現在のスキー板は従来のように捻ってずらさなくとも体を傾けるだけでもターンが容易のできるカービングスキーになっているので 私が始めた30年前より恵まれた環境ですし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とっても心強いお言葉ありがとうございます。
スクールに入り、カービングスキーを是非試してみたいです。

そうですね、技術が発展しているので、今は恵まれた環境なんですね。
早くスキーに行きたくなりました!

お礼日時:2007/01/18 14:36

私の知り合いは、ほとんど未経験(2回ほど行ったことがあったようですが)30代半ばで本格的に始め、最初は止まりそうな緩斜面で怖がってましたが、5年ほどで中級コースでも怖がらずに滑るようになっていました。

九州在住のために、運動神経は人並み、1シーズンに1~2回、せいぜい3~5日ぐらいしか滑っていなくても、こんな感じで上達します。ただし、最初はスキースクールに入ってもらいました。基礎が大切ですから。

スキーは競技は別ですが、レクリエーションレベルなら、自転車に乗れる平衡感覚があれば、十分上達します。いろいろなスポーツの中でも簡単な部類に入ると思います。運動神経の鈍い私でさえ、そこそこ滑れるのですから。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます

みなさんが意見をしていただいてるように、やはりスクールが鍵ですね。
自転車はかなり乗ってます。
通勤でマウンテンバイクを使っているので。
早くスキーに行きたくなってきました。

お礼日時:2007/01/18 14:33

 スキーは楽しいから、やってください。



 家で悩んでいるのなら、やってから悩みましょう。すぐ上手になります。

 人生を楽しんで下さい。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
すぐに試してみます!

お礼日時:2007/01/18 14:28

はじめまして、こんにちは。


30代半ばでスキーを出来るようになるのか?と言うご質問、
胸を張って「出来ます!」とお答えします。
そして「はまる」でしょう。
tullys-2さんは20代前半でスキーを一度ギブアップされているのですよね?それから10年以上、スキーギアは革新的な進歩を遂げました。
カービングスキーと言うものです。
初心者が滑ってもとにかく安定しています。初心者を教える事が多いのですが、転ぶ回数が昔に比べて1/3 程度でしょう。ある程度滑れるようになると1日滑っていてほとんど転ばなくなります。また昔のストレートな形状のスキーならば3年かかった技術の習得が3日で出来るとまで言われています(←これは人それぞれで上を目指す方にはあまり当てはまりませんが、レジャーでやるなら十分当てはまる言葉だと私は思います)。とてつもなく面白いですよ。
簡潔に言えば昔の板は、曲がる為にいくつもの動作が必要でしたが、今の板は体重さえかければ初心者でも簡単に曲がれます。
私自身20代の時はスキーは年1回程度で雪国と温泉を楽しみ事がメインでしたが、29の時にカービングスキーでスキーを復活させた時は目からうろこの思いでした。
それからはサラリーマンやりながら年間滑走日数が30日を越えてしまい、結婚を機会に東京から新潟に転居してしまいました(笑)。今は教える立場になりました・・・25超えてからはまるものは怖いです(笑)。
そんなことはともかく、出来れば専門店で体格に会った道具を入手して1,2回スクールに入れば十分楽しむことが出来ると思います。
ようこそ、スノーワールドへ!
※やる前と終わったあとのストレッチは欠かさずに。怪我や筋肉痛予防になりますので・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
カービングスキーですね?
>とてつもなく面白いですよ。
↑この言葉!すごく惹かれました!
是非トライしてみたいと思います。

お礼日時:2007/01/18 14:26

スキーボード(ショートスキー)を試してみてください。



短くて軽いので、持ち運びや装着して立って歩くことが驚くほど簡単です。
滑走中に前端後端がからんで転ぶことも少ないですし、バランスも非常に取りやすいです。
短いほど難しそうなイメージがあるかもしれませんが、見るのとやるのでは大違いですよ。
教える人が上手ければ一日で普通に滑れるようになることも可能です。

一度やってみたら簡単さに驚かれると思います。
最近はスキーレンタルショップでも普通に扱ってますしね。

お試しあれ!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

ショートスキーですか。いろんなものが出ていると聞いたのですが、
きっと私がトライした12年まえとはいろいろ違っていることもあるんですね。進化しているというか。
まずはスクールなどに行ってみます

お礼日時:2007/01/18 14:23

やる気があれば年齢は関係ありません。


私は40代スタートです、過去に経験もありませんでしたし。

上達のコツは、練習あるのみです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
みなさん意見を頂いておりますが、40代からはじめられた方多いんですね。
私もとにかくスタートしてみます!!

お礼日時:2007/01/18 14:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aに関連する記事

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスキーは、運動苦手な人でも、初級者コースぐらいなら滑れるようになりますか

 昨年、今年と2泊3日で苗場、中里に家族で行きました。
40代でスキーを初めてトライし、だーれもこけてないところで、一人こけまくって、少々こりゃむかないのかなと、落ち込んでます。
 子どもたちは、あっという間に上達します。
運動は苦手な私が、初級者コース位なら、ボーゲンでおりてこられるようになれるかなー。
スクールにも入ったんだけどなー。
なだらかなところでも、恐くてハの字にすぐして、ズズズと落ちてく感じ。でとまれなくて、ころんでとまる。の繰り返し。
 家族と一緒にすべりたよー。
あきらめるのは、まだ早いかなーなんて。質問というより、愚痴になってしまいました。 ごめんなさい。

Aベストアンサー

こんにちは
自分は雪国育ち(長野県出身です)なのであまり参考にならないかもしれませんが、
子供がすぐすいすい滑れるようになるのは、雪面との距離が我々よりも比較的短く、恐怖心が少ないからだって聞いたことがあります。
この恐怖心っていうのが曲者です。恐怖心があると、腰が引けちゃうので自然とスキー板が前に出て、板だけが先に滑り出して制御不能になって転んじゃうのです。転ぶと痛いのと恥ずかしいのとで、また恐怖心が増大しちゃいます。
これを取り除くためには

1 楽しい晴れた日でかつ、あんまり寒すぎない、周囲を見回すと景色が綺麗な日にスキーに行く。
2 親しい、気の置けない友人と行く。(家族だと足手纏いに、なんてかんがえちゃうのかなあ?)
3 何でも慣れが大切。できたら3・4日は続けて滑る。
4 スキースクールは楽しくて優しい先生を選びたい。スパルタ式はダメ。できたら旦那に隠れてつきあいたいぐらいのイケメンを選ぶ。(いまどきはやらないけれど、鬼コーチだったら即やめる)
5 少しでも滑れたら、気分は王様。私はゲレンデクィーンだと思う。イメージトレーニングってとっても大事。
6 名画「私をスキーに連れてって」を繰り返し見て、「恋人はサンタクロース」を聴きまくる。

技術的なこと
7 最初だから転んでも恥ずかしくない、転ぶのが当たり前だから、変な怪我をするような転び方だけは避けるようにする。(手を突く、前のめりに転ぶ のがケガの多い危険な転び方です)
8 平らなところでゆっくり歩くことをまず覚える。ゲレンデスキーの前に、旦那と二人でクロカンスキーにチャレンジして慣れるっていう手もある。
9 立つ位置が大切。「母指球」なんて難しいことを言うスクールスタッフがいますが、板はハの字で、その中心にきちんと立つ。
  腰は曲げません。ひざを曲げます。ひざは前後にしか曲がりません。
  その状態で、出そうなおしっこを我慢するような気持ちでちょっと太ももをしめてあげます。
これが基本姿勢です。ちょっとやってみましょう。
10 右・左・右・左とゆっくり体重移動します。急激に移動はしないで、様子を見ながらジワーっと力をかけるように心がけてください。

あとはとにかく楽しむことです。綺麗な景色に感動して、リフトにドキドキして、旦那とミニ雪合戦しましょう。お客や子供が見てないところで、旦那に抱きついてチューしましょう。
そうすれば滑れなくったってパラダイス。
グッドラック。

こんにちは
自分は雪国育ち(長野県出身です)なのであまり参考にならないかもしれませんが、
子供がすぐすいすい滑れるようになるのは、雪面との距離が我々よりも比較的短く、恐怖心が少ないからだって聞いたことがあります。
この恐怖心っていうのが曲者です。恐怖心があると、腰が引けちゃうので自然とスキー板が前に出て、板だけが先に滑り出して制御不能になって転んじゃうのです。転ぶと痛いのと恥ずかしいのとで、また恐怖心が増大しちゃいます。
これを取り除くためには

1 楽しい晴れた日でかつ...続きを読む

Q30歳半ばで初スノボ

10代後半の頃からスキーを始め、スキーは人並み程度にできます。
運動神経が悪いので、スキーのレベルも大したことはありません。
20代の頃に、スノーボードを1回だけしたことがありますが、全くできませんでした。

子どもも大きくなったので、10年ぶりにスキーを再開しました。
子どもも2日間スクールに入れればそれなりに滑れるようになりました。

前置きが長くなりました。
10年前もそうだったのですが、今は本当にスノーボードのほうが多いですよね。
私も恥ずかしながらスノーボードを始めたくなりました。
始めるとなればスクール入って・・・と考えてはいます。

無謀でしょうか?
そもそも30半ばでスクールに入るのもどうでしょうか?
スキー板も新調しただけに、迷っています。

Aベストアンサー

当方30代後半、スキー暦14年、ボード暦4年です。
シーズン30日ほど滑りに行き、
ほとんどスキー、ボードはシーズン3・4日ほどでしょうか。
普段はこれといって運動もしてませんし、体も硬いし、
運動神経もいいほうではありません。

初めてボードをした初日は半日スクール、昼からフリー。
こけまくりましたね・・・少し泣きが入りました。
翌日は筋肉痛と打ち身で動けませんでした。
でも、4・5回目からコツを掴み、中級斜面ならかなりスピードを出して気持ちよく滑れるようになりました。
よくボードはスキーより体力がいるといいますが、スキーと同じですよ。
必要な運動神経も自転車に乗れる程度あれば十分です。
ただ逆エッジで、転倒したしたときのダメージは大きいですが。

スキーもボードも板を使い斜面をすべり降りるスポーツ(遊び?)です、
体の動きこそ違いますが、板の使い方・滑らせ方は同じです。
両足固定という事で、最初は違和感がありますが、
慣れれば逆に固定されている為、下半身は常に正しいスタンスを保つので、両足がバラけてしまうスキーより簡単な部分もあり、
スキーで滑る感覚に慣れている人なら、すぐに上手くなると思います。

とにかく、最初はスクールに入って習う事です。

当方30代後半、スキー暦14年、ボード暦4年です。
シーズン30日ほど滑りに行き、
ほとんどスキー、ボードはシーズン3・4日ほどでしょうか。
普段はこれといって運動もしてませんし、体も硬いし、
運動神経もいいほうではありません。

初めてボードをした初日は半日スクール、昼からフリー。
こけまくりましたね・・・少し泣きが入りました。
翌日は筋肉痛と打ち身で動けませんでした。
でも、4・5回目からコツを掴み、中級斜面ならかなりスピードを出して気持ちよく滑れるようになりました。
...続きを読む

Qスキーウエアの下に着るもの、初心者への注意!

友達に誘われて、高校の修学旅行以来ぶりに10年ちかくぶりに無謀にもスキーに行くことになりました。
高校生の時は、ウエアの下は学校指定のジャージを着ましたが、今回はそうはいかないので何をきたらいいのか教えて下さい。
あと板とかブーツとかウエア、手袋はレンタルしたのですが、帽子やゴーグルは必要なのですか?身につけなくても大丈夫ですか?
あと土曜の夜から夜行バスでスキー場にいって、日曜日の朝から滑って帰ります。持っていったほうが良いもの、これがあったら便利など、荷物はこんなものにいらたらいいよなど、ほんのささいなことでもかまいません。教えてください!ホントに分からないことだらけなのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、滑るときの服装ですが、理想は
上:ハイネックのシャツ、首が寒くないセーター等
下:足首まであるタイツ、スパッツ
です。特にスキー専門店においてあるものは運動性等も考慮されていますので、良いでしょう。

ただ、そうはいっても一度や二度のスキーに購入するのはもったいないので、
上:なるべく首の部分が隠れるシャツ、そして、同様のトレーナー、スウェット
下:足首部分にファスナー等堅いものの付いていない、トレーナー、スウェット
でも、代用できます。
首の部分にこだわるのは、転んだときに雪が入って来るのを防ぐため、足首部分に堅いものが付いているものを避けるのは、ブーツを履いたときに足に食い込んで痛くなるのを防ぐ意味があります。

また、スキー場の標高や場所・天候によって寒さが変わるので、寒いなと思ったら、少し厚めのものを用意すると良いと思います。

続いて、バスの中ですが、夜行バスは次のような状態です。
1.暖房は効いているが、頭が暑く、足下は寒い。また、窓際が寒い。
2.あまりリクライニングしないシートの場合が多い。
3.カーテンをしても対向車のヘッドライトは結構気になる。
4.長い間座るので腰が痛い。
5.イスで寝るので、慣れていないと寝付けない、眠りが浅い。

これらを解消するのに、
1.ジャンパー(ウェアでも良い)等を車内に持ち込んで、膝掛けにする。
2.首を固定する空気枕等を用意する。
3.アイマスクを用意する。
4.途中のドライブインやサービスエリアで止まったとき、目が覚めていれば、一度降りて軽く腰を伸ばしておく。
5.寝酒を用意する。ただし、量を多く飲む人はビールではトイレが近くなって迷惑を掛けるので、日本酒の方がベター。でも飲み過ぎに注意。(笑)
あと、途中で目が覚めたときのために、ヘッドホンステレオなどがあると完璧でしょう。
あると便利な小物は、日焼け止め、使い捨てカメラ、使い捨てカイロ、帽子が脱落するのを防ぐクリップ、煙草を吸う方は携帯灰皿とターボライターがあげられます。

これだけのものを全て用意するのは大変なので、自分が必要だと思うものを選択してください。

まず、滑るときの服装ですが、理想は
上:ハイネックのシャツ、首が寒くないセーター等
下:足首まであるタイツ、スパッツ
です。特にスキー専門店においてあるものは運動性等も考慮されていますので、良いでしょう。

ただ、そうはいっても一度や二度のスキーに購入するのはもったいないので、
上:なるべく首の部分が隠れるシャツ、そして、同様のトレーナー、スウェット
下:足首部分にファスナー等堅いものの付いていない、トレーナー、スウェット
でも、代用できます。
首の部分にこだわるのは、転...続きを読む

Q歳をとってからのスキー

46歳男性です。生まれてこのかた一度もスキーを
したことが無いのですが、人が気持ち良さそうに
滑ってるのを見て、やってみたいなぁと思うようになりました。
ただ、中年から始めると事故やケガが怖いとも聞きます。
また、始めるのはいいけど、向き不向きがあるの
なら、それも聞いておきたいと思い、質問させて頂きます。

そこで質問ですが、↓こういうスペックの私が、スキーを
始めるとして、体力的・考え方的に果たして向いてるかどうか
ご教示ください。

1)スキーはもとより、スケート、一輪車などの
経験はこの歳まで一切ナシ

2)脚力は60歳台、体の柔かさは20歳台

3)やる以上は、中級の上ぐらいのレベルを目指したい

4)理論や形を理解しないと、実践に移せないタイプ

5)上手く行かないとすぐイライラする

もし向いてるということであれば、今後どのようなところで
どのような方法で習うのがいいのか、教えてください。
(千葉に住んでます)

Aベストアンサー

スキー運動の大きな特徴に
「外力の活用」
というのがあります。

ほかのスポーツと異なり、内力(プレーヤーの筋力など)だけでなく、滑走(重力による落下運動)から得られる遠心力などを活用して楽しむことができるスポーツなのです。つまり、省力的な楽しみ方もできるスポーツなのです。また、ゆっくり滑ったり、林の中を滑ったりと、嗜好性も多様です。

1)スケートや一輪車の経験などまったく関係ありません。スキーは、時には両足を同時同調させる運動も行ないますが、場面においては、左右の足を交互に操作したりもします。

2)前述したように、脚力や持久力が乏しくても、重力による落下運動から生じるエネルギー(外力)を活用できるので、それなりの楽しみ方が得られます。身体が柔らかいことは◎。

3)やはり、最初に、適切な指導者の指導を受けることが大切だと思います。SAJまたはSIAの公認スキー学校に入ってレッスンを受けてみましょう。ある程度滑れるようになったらシニアスキーツアーに参加してみては?

4)書店のスポーツコーナーに行けば、初心者用の本やビデオもたくさんあります。理論派であるのなら、スキージャーナル社から出ている『日本スキー教程(指導実技編)』を読んでみては?

5)今主流のカービングスキーを使用すると、小学校高学年・中学生の1班20名程度のレッスンでもまったくの初心者2時間で左右の連続ターンができるようになります。斜度の緩い林間コースなどなら、2時間程度で滑走できます。起き上がることも半日くらいで慣れるでしょう。イライラすることはないでしょう。

そのほか)用具の進化が激しいので、上達の第一歩は用具選びからです。レンタルの場合、粗悪な(古すぎる)レンタルに注意しましょう。
今シーズンは雪が少ないので、GWはあてになりません。これからだと、新潟のARAIスキー場がベストです。(設備が良い)

スキー運動の大きな特徴に
「外力の活用」
というのがあります。

ほかのスポーツと異なり、内力(プレーヤーの筋力など)だけでなく、滑走(重力による落下運動)から得られる遠心力などを活用して楽しむことができるスポーツなのです。つまり、省力的な楽しみ方もできるスポーツなのです。また、ゆっくり滑ったり、林の中を滑ったりと、嗜好性も多様です。

1)スケートや一輪車の経験などまったく関係ありません。スキーは、時には両足を同時同調させる運動も行ないますが、場面においては、左右の足を...続きを読む

Qスキーウェアとスノボウェアって違うの?

今度、初めてスノボをするのですが、スキーウェアとスノボウェアはやっぱり違うのでしょうか?
どのように違うか教えてください。
また、スキーウェアでスノボをすることは無理でしょうか?
知っている方いましたら、ぜひ教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

はじめまして、mako1216さん。
僕は、スキー用品店で5年ほどバイトをしていたものです。
まず、スキーウェアーとボードウェアーの違いについてですが、
簡単に言いますと、ウェアーの厚みが違います。
スキーに比べて、ボードはケツパットや服などを中に着込むため
ウェアーは薄めの生地です。(少しゆとりがある作りです)
あと、ズボンの大きな違いは、肩ベルトあるなしです。
あと、NO5の回答に書かれているようにスキーウェアにはエッジでパンツの裾を切らないように ガードがついているのですが、ボードウェアには
このガードがついていないものもあります。ということ。
このようなことがあげられますが、スキーウェアーでボードができないことはありません。防水スプレーを尻のあたりを防水加工しておきましょう。
しかし、ウェアーより手袋の方が大きな違いがあります。
ボードのウェアーは、二重構造(中にフリースの手袋)のものが多いです。
(金具を閉めたり、靴紐を縛ったりしやすくするため)
あと、ボードの手袋は手の甲や手首と言ったところにプレートが入っているものもあります。あと生地が皮製品ではなくビニール製品になります。
(これは、スキーと違い、ボードは雪面に手をついてすべるため、手首の保護や手袋の湿りを減らすためです)
ですので、スキーウェアーでボードをするときは、中にパットをはめて
手袋はボード用を使用したほうが良いとおもわれます。

はじめまして、mako1216さん。
僕は、スキー用品店で5年ほどバイトをしていたものです。
まず、スキーウェアーとボードウェアーの違いについてですが、
簡単に言いますと、ウェアーの厚みが違います。
スキーに比べて、ボードはケツパットや服などを中に着込むため
ウェアーは薄めの生地です。(少しゆとりがある作りです)
あと、ズボンの大きな違いは、肩ベルトあるなしです。
あと、NO5の回答に書かれているようにスキーウェアにはエッジでパンツの裾を切らないように ガードがついているのですが、...続きを読む

Qスキーの上達法、教えてください。

もうすぐスキーシーズンの到来ですね☆
そこで質問させていただきたいのですが、スキー上級者の方たちはどのように練習したのでしょうか?私は現在高校生ですが、親が全くスキーをしないので年に4回ほど日帰りでスキー場に連れて行ってもらい、毎回まる1日スキースクールに入っていますが、毎年毎年同じ事の繰り返しで全く上達が感じられません。一人で滑る時間が少なすぎるかもしれませんが、 スキー教室に入らず自己流で滑っていると 、誤った変な癖が付いてしまいそうで怖くて・・・。
自己流でも一人で滑る時間を増やした方が上達するでしょうか?
又、周りにスキーを教えてくれる人がいない方はどのようにして練習しました(しています)か?

Aベストアンサー

大学1年の男です。
決してスキーが上手なわけではないですが、スキー検定2級を持っています。

さて、スキーの上達方法ですが、何人かの回答通り、とにかく滑ること!これしかありません。こけようが、柵に突っ込もうが練習あるのみです。私は父にいろいろと教えてもらっていました。よってスキー教室にははいりませんでした。質問者さんの両親はスキーをしないようなので、スキー教室には入った方が確実です。ただし、はっきりいって丸一日では技術はほとんど身につかないでしょう。2泊あるいは3泊ぐらいして徹底的に指導してもらったほうがいいと思います。カービング大回り・パラレル大回りができるのなら、滑りの基礎はできていると思います。頑張ってショートターンまで腕をあげてください。これができれば、まず一安心です。


>自己流でも一人で滑る時間を増やした方が上達するでしょうか?
ある程度の基礎(ボーゲン,スピードコントロール,確実に止まれること)ができていれば、上手な人のを見て真似たりして上達することはできます。基礎がない状態では全く無意味です。

スキー場は出来るだけ大きい場所が良いでしょう。質問者さんがどの地域に住んでいるのか分かりませんが、個人的には志賀高原・栂池・白馬コルチナ・白馬47(すべて長野県です)が広く、初心者向けのコースもたくさんあるので練習には適しているでしょう。

誰でも最初はあります。私なんか何回か立っている人に突っ込んで大目玉をくらったこともありますよ。大学では本当はスキー部に入ることをお勧めしますが、どうしても無理なら、スキーシーズンに何回か足を運ぶことです。私もスキー部に入りたかったのですが、あいにく存在せず、友達もスキーに興味がないという感じなので寂しい冬になりそうです。

長文ですみませんでした。参考になれば幸いです!

大学1年の男です。
決してスキーが上手なわけではないですが、スキー検定2級を持っています。

さて、スキーの上達方法ですが、何人かの回答通り、とにかく滑ること!これしかありません。こけようが、柵に突っ込もうが練習あるのみです。私は父にいろいろと教えてもらっていました。よってスキー教室にははいりませんでした。質問者さんの両親はスキーをしないようなので、スキー教室には入った方が確実です。ただし、はっきりいって丸一日では技術はほとんど身につかないでしょう。2泊あるいは3泊ぐらいして徹...続きを読む

Qカービングと普通スキーの違いとは?

カービングスキーと、普通スキーは何が違うのでしょうか?それによって、滑りももどのように変わってくるのでしょうか?

また、カービングターンとは何でしょうか?

わからないことだらけですが、ご教示お願いします。

Aベストアンサー

答えから言います。カービングスキーと普通のスキー(従来のスキー板:ノーマルスキー(すでに死語?))は、構造自体が大きく異なり、それによって滑りもカービングターンとスキッディングターンと大きく異なります。   カービングスキー自体の意味は、「〔carving は切る、刻む(掘る)の意〕で、鋭い回転を可能にするために、トップとテールの幅を広げて中央部を狭くしたスキー板」と定義されるかと思います。カービングスキーが登場する前のかつて(もう15年以上前)は、超上級者しか可能でなかったカービングターンを一般スキーヤーにも可能にしたマテリアル(スキー板など)です。ちなみに、カービングターンとは、「横ズレの極力少ないターン」のことで、スキー板はエッジングを弱くした状態でターンしようとすると、ずれやすくなり、逆にエッジングを強くすればするほど(脚の傾きを大きくすればするほど)、スキー板はずれにくくなり、サイドカーブに近いターン弧となります。ですから、カービングターンをしてくるスキーヤーは倒れてしまうんじゃないかと思うくらい、身体(体軸)を傾けて滑ってきます(決して、内倒とは異なります)。 カービング自体が、マテリアルも技術理論も年々進化しており、現在では、ターンの分類として、「トップコントロール」、「テールコントロール」それらを組み合わせた「トップアンドテールコントロール」、「テールアンドトップコントロール」となり、横ズレを伴う「スキッディングターン」とは大別されています。 また、全日本スキー連盟(SAJ)の市野企画委員長は、カービングターンを「私は、カービングターンとは、内向、内傾、内スキー始動ということを言っています。」とおっしゃっています(参考URL参照)。 最近は、マテリアル(カービングスキー板)自体が進化しており、初心者でもレールターンを行うことによって、掘って滑るcarvingターンは簡単なものとなってきました。ただし、それを真の意味でカービングターンに仕上げるには、SAJの市野企画委員長がおっしゃるとおり落下運動を回転運動に変えてやる、スキーヤーの運動(内向、内傾、内スキー始動)が不可欠となってきます。それがスキー技術そのもので、そこがスキーのおもしろみでもあります。 具体的には、ターンの局面のうち、切り換え期においてスキーヤーは上体の内向を行い、次のターン始動期では内スキー始動(これにより、カービング板の幅広のトップが雪面をいち早く捉えてくれます)を行い、舵とり期に内傾を強め、先に述べた板のエッジを立てエッジングを強め横ズレしないカービングターンを雪面に描きます。そして、次の切り換え期に移るという運動を繰り返してターンしていきます。これは、大回り(ロングターン)でも小回り(ショートターン)でも基本的な部分は変わりません。

参考URL:http://www.saj-edu.ne.jp/edu2003/saj-demo/saj-demo-riron.html

答えから言います。カービングスキーと普通のスキー(従来のスキー板:ノーマルスキー(すでに死語?))は、構造自体が大きく異なり、それによって滑りもカービングターンとスキッディングターンと大きく異なります。   カービングスキー自体の意味は、「〔carving は切る、刻む(掘る)の意〕で、鋭い回転を可能にするために、トップとテールの幅を広げて中央部を狭くしたスキー板」と定義されるかと思います。カービングスキーが登場する前のかつて(もう15年以上前)は、超上級者しか可能でなかったカービングターン...続きを読む

Qひとりでスノボデビューしたいけど怖気づいています

24歳女です。
1年前からスノボに挑戦したくて、初めてだし一人で行ってスクールで講習を受けようと考えていたのですが、いざシーズンが始まると不安になり、予定を先延ばしにし続けていました。

先日やっと重い腰を上げ、夜明け前に起きて車で3時間もかけてゲレンデに行ったのに
結局引き返してしまいました……。
それは主にこんな理由なんですが。

・平日の朝でゲレンデに人が少なかった
・いてもカップルや家族連れやグループばかり
・レンタルショップのバイトのにーちゃんが今時のタイプでしかも無愛想で声をかけられなかった
・用具やウェアの選び方や、勝手がわからない
・自分が浮いているのではと人目を気にしてしまった

結局その日は街まで足を伸ばして、お寺と本屋とカフェと映画館と団子屋に行き帰りました。
本来はそういう過ごし方のほうが好きな人間です。
私は超運動オンチだし、スノボを嗜んでいる人って今時のキラキラしたにーちゃんねーちゃん(いわゆるリア充)が多いイメージがあり、真反対の自分には色々と荷が重過ぎました…。

しかしスノボがしたいという思いは消えていません。
最近友達数人で3月に春スキーに行こうという話になりました。
足手まといにならないよう、その日まで今度こそ一人で練習しておきたいです。

こんな度胸なしの自分へ一人でスノボをする上でのアドバイスや、
実際に一人でスノボデビューした方のお話が聞きたいです。
よろしくお願いします。

24歳女です。
1年前からスノボに挑戦したくて、初めてだし一人で行ってスクールで講習を受けようと考えていたのですが、いざシーズンが始まると不安になり、予定を先延ばしにし続けていました。

先日やっと重い腰を上げ、夜明け前に起きて車で3時間もかけてゲレンデに行ったのに
結局引き返してしまいました……。
それは主にこんな理由なんですが。

・平日の朝でゲレンデに人が少なかった
・いてもカップルや家族連れやグループばかり
・レンタルショップのバイトのにーちゃんが今時のタイプでしかも無愛想で声を...続きを読む

Aベストアンサー

他の回答者さんたちは、かなり楽観的なアドバイスをしてくれていますね。
もっと、
現実的な助言をしてあげないと、
実際に困るのは、質問者さんです。

はっきり言えば、
3月の友だちとの春スキーで、間違いなくあなたは、
足手まといになります。
他の友だちは、それなりに滑れるのですよね。
それでしたら、絶対に足手まといです。
あなたがいるせいで、他の友だちは、リフトに乗れない、好きなコースに行けない状態になります。
あなたが、友だちを思うなら、
「私、一人で練習してるから、ほっておいて滑ってきて。ランチになったら、戻ってきて、一緒に食べようね。」
と、あなたは言わなくてはなりません。
そして、午後も、おそらく離ればなれです。夕方まで。

スノボがしたい気持ちがあって、
友だちの足手まといになりたくないのでしたら、
最低3回は、ゲレンデに足を運んで、スクールで頑張ってみましょう。
1回行ってスクールで練習したら、リフトに乗って、滑れるようになれるのは、
スポーツをがっちりやってて、運動神経やバランスや体力、根性がある女性です。
自称、運動音痴というあなたですから、そう簡単には、いきません。
もしかしたら、何もできずに1日終わるかも知れません。
スノボを舐めてはいけません。
始めるのに、ハードルは低いですが、上達するには、ハードルが高いのです。

ですから、あなたが根性出すことを、考慮しても、
3日必要だと思います。(度胸は無くても根性はあるかもしれないので。)

1番現実的に良い方法は、
スキーに変更することです。
スキーでしたら、1日通えば、1番下のコースでリフトに乗って、滑って降りてこれるようになることは、可能です。
スノボよりも、初歩の上達が早いです。
理由は、基本的に立って止まっていられるからです。
ブレーキがかけやすいこと。
スピードを自分で緩めることが簡単なことです。

スノボは、立てない、止まれない、ブレーキ無い、ですから。

以上が、指導員である僕のアドバイスです。

他の回答者さんたちは、かなり楽観的なアドバイスをしてくれていますね。
もっと、
現実的な助言をしてあげないと、
実際に困るのは、質問者さんです。

はっきり言えば、
3月の友だちとの春スキーで、間違いなくあなたは、
足手まといになります。
他の友だちは、それなりに滑れるのですよね。
それでしたら、絶対に足手まといです。
あなたがいるせいで、他の友だちは、リフトに乗れない、好きなコースに行けない状態になります。
あなたが、友だちを思うなら、
「私、一人で練習してるから、ほっておいて滑っ...続きを読む

Qスキー:スピードが怖いです

ある程度ゆるやかなところならぜんぜん問題ないんです。
でもかなり急なところをすべると、どうしてもスピードがついてしまいます。
わざわざ雪しぶきをたてるようにしないと、ブレーキにならないんです。
急な斜面でも、味わうように滑っている上級者がいるじゃないですか。
あんなのになりたい。
どうすればいいですか?
また、大きくすべるのと、きざむようにすべるのと、ちゅうくらいにすべるのでは、どれがスピードつきますか?

Aベストアンサー

>スピードが怖いです。
悪い事じゃないっすよ。無理にとばして,事故るよりずっといいです(^^;
>わざわざ雪しぶきをたてる
雪面をこすっているんですね。(スキッディングと言うのですが)エッジで斬る感覚をつかめば,ターンが格段にうまくなり,安定します。だから,上級者は,急斜面を余裕で降りていけるんですよ。
ターンの基本は,
 外足に加重して,曲がる,というか,勝手に曲がってもらう。
 状態は常にまっすぐ。
 足首と膝を曲げる。特に足首は,靴を思いっきり押すような感じで。スキー靴の一番上のバックルや,パワーテープ(マジックテープ)は,緩くしておくとまげやすいっすよ。
ぜしゃのひとがいってるように,たいじゅうがかかとにのったり,こしがひけるとまげやすいのですが,スピードが少しついてくると,暴走を始めます。多分,あなたは,それでは??つちふまずの前の方に体重をのせるようなイメージ滑ってみましょう。

Qスノボは若い方のスポーツ?

何年かぶりに子供をつれてスキーに行ったら、スノボ人口の多さにびっくり!
やってみたいなぁ、なんて思ってしまいましたが、皆さん20代の方々が多いような・・・。
私、30代半ば。
これからスノボデビューするには、ちょっと痛々しいでしょうか?
子供(4歳)と一緒にスクールからデビューしたらいいのでしょうか?
30代半ばともなると、友人の中にもスノボをやっている人はいません。

Aベストアンサー

私は去年始めました
20代後半~30代半ばのグループで、ハタチ前後の子達に混ざってのスクールは、我々が一番上達が遅いのは明らかでしたが、その辺は努力でカバー、今はそこいらの若い子に負けてない‥気がします
私たちはこの先子供を産んだら、2、3年はスキー場に行けないな~と話してて、その先続けるかどうか正直わからないです
だから質問者様さんはお子さんと一緒にこれから新しいことを楽しめるのは素晴らしいと思います

スクールは休日は混雑してて、私の時のように上手い人とそうでない人の差が出来るとついて行けなくなってしまうので、平日やプライベートレッスンでゆったりできるほうが、練習に集中できるかと思います
ファミリーレッスンなるものもよく見かけます

私もスキーは散々しましたが、ボードの方が断然疲れます 最初のうちはたくさん転ぶので、筋肉痛もひどいものです 水を飲むにも首が痛くて大変、など身動きできません 
私は人より運動神経がないので、参考になるかわかりませんが
ある程度滑れるようになると疲れにくくなりますが、ちょっとがんばると翌日以降の疲れの出方も顕著で、年々年寄りっぽくなってきた気もします
頭、膝、おしりのパットは必須です お子様にはヘルメットがあったほうが良いと思います

女性故に出産後はやはりカルシウム不足で、この先骨折し易くなってくるかもしれませんが、とりあえず毎日のカルシウム貯金、エレベーターを使わない、出来るだけ乗り物より徒歩で、など、日常生活も健康を心がけるようになるのでいいですよ!私は始めてから風邪ひかなくなりました
多分ボード人口増えているので、この先30代40代のボーダーは普通になるのではと思っています
ママさんボーダーがんばってくださいね!

私は去年始めました
20代後半~30代半ばのグループで、ハタチ前後の子達に混ざってのスクールは、我々が一番上達が遅いのは明らかでしたが、その辺は努力でカバー、今はそこいらの若い子に負けてない‥気がします
私たちはこの先子供を産んだら、2、3年はスキー場に行けないな~と話してて、その先続けるかどうか正直わからないです
だから質問者様さんはお子さんと一緒にこれから新しいことを楽しめるのは素晴らしいと思います

スクールは休日は混雑してて、私の時のように上手い人とそうでない人の差...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報