はじめまして。現在マンションの要望書と言う形で、ルーフバルコニーのあるところを申し込んでいるのですが、73m2の部屋に60m2のバルコニーです。ほとんど感覚で選んでしまったのですが、実際のところルーフバルコニーがどれほどのメリットがあるか教えていただければ幸いです。ダンナのほうは、部屋が広いほうがいいというのですが。(同じような価格で80m2の部屋もあるので。)まだ、売りだし中の物件で、どうしてもそこのマンションがいいのですが、もしその部屋に人気が集中するようであれば他の間取りでも・・と少し弱気になってます。
何かアドバイスがあればどんなことでも結構ですのでよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「マンションの要望書」ってのが「抽選の登録申込」なのか「購入申込」なのか


それ以外なのか良く分かりませんが、とりあえず、ルーフバルコニーがあること
でのメリットとデメリットを比較してみましょう。

◆メリット:他人の入ってくることのない家族だけの専用部分として開放感を
感じながら利用出来る。

◆デメリット:砂埃や飛んできた葉っぱなどを掃除する範囲が広く、多くは使用料
がかかるため、使用する回数が少ないと対コスト的にもったいない。

ルーフバルコニーは「専“有”部分」ではなく「共“有”部分で専“用”部分」
ですから、言って見ればエレベータやエントランスと同じように、マンションの
所有者全員で持っている部分を、

「あなたにだけ使わせてあげますよ。その代わりにお金を払ってね」

となっているのです。


従って火災の時などはそこをめがけてハシゴ車から消防士が入ってきたり、
非常通路として使われたりすることが多いので、通常は物置を置いたりプレハブの
勉強部屋を建てたりはできません。

それでも都会におけるプライベート空間としてのルーフバルコニーはやはり魅力が
あるので、ない部屋と比べると買い替え時にもプラス評価になるでしょう。

でも本当は、「ルーフバルコニーもあって、部屋の面積も広いもの」がその
マンション内にあれば良いんでしょうけど、そうだとしたら価格に跳ね返って
ますよね。

私ならルーフバルコニー付きを選びます。いままでの生活スタイルとご夫婦の
感覚から言って「いいな」と思うならその部屋がいいでしょう。
夏の夕方、ご友人たちとビールでも飲めば最高ですよ。

もしルーフバルコニーを全く使う予定がないのなら、使用料もかからず専有面積
が広い、他の部屋の方にすれば良いと思います。


変な話、不動産を探す方の相談を“教えてGoo”でなく面談で良く受けますが、

「主人は戸建がいいって言ってて私はマンションがいいと思うんですがどっち?」

とか

「私は神奈川がいいけど妻が千葉がいいと言ってて・・・」みたいに、結局は
ご夫婦で良く相談していただくことですね。今だけのことではなく将来売るときや、
家族が増えたときのことを視野に入れた方がいいですよ。

不動産選びは買主のビジョンが最重要ですから。

旦那さんと良く相談してみてくださいね!!いい結果になるといいですね!!

osapi124でした。

更に何か疑問点があれば補足をお願いします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくのお返事ありがとうございます。
旦那も、今は意見が一致しました。ルーフバルコニーつきで頑張ります。
来月他に希望者がいれば抽選になります。なんとしてでも手に入れたいのですが、
有利になる抽選の方法なんてあるんでしょうか?
営業の方が頑張りますと言ってくれているので信じようと思います。

お礼日時:2001/01/12 08:47

osapi124さんと同じ内容になってしまいますが、ken2muさんのご家庭において、ルーフバルコニーを使うか否かによると思います。

使用目的があれば、これほど良いスペースは無いでしょう。
しかし、ここで一つ忘れがちな事を。ルーフバルコニーは普通のバルコニーとは違い、下の階には部屋があると言うこと。一般居室ほどではありませんが、気を使う事もあるのではないでしょうか?
何にせよ、魅力的なスペースでありますから、真っ先に売れていくようですから、設計する我々も工夫して取るようにしているスペースではあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくのお返事ありがとうございます。
真っ先に売れていくというお答えで少し不安になってきましたが、ルーフバルコニーつきで頑張ります。
来月他に希望者がいれば抽選になります。なんとしてでも手に入れたいのですが、
有利になる抽選の方法なんてあるんでしょうか?
営業の方が頑張りますと言ってくれているので信じようと思います。

お礼日時:2001/01/12 08:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q寒冷地の小屋裏換気

次世代省エネ基準のII地域で新築中です。
在来工法で断熱材はグラスウールです。
家の形は切妻屋根と片流れ屋根が合わさった形です。
切妻の方は屋根までの吹き抜けとなっていますが、一部は天井があります、片流れの方は天井があり、天井がある所は全て天井断熱で屋根の
断熱材は無し、吹き抜け部分は屋根断熱となっています。
断熱材の厚さはII地域に対応した厚さです。
天井断熱の所は小屋裏換気が取られていません、業者に確認した所、小屋裏換気をとった場合、冬の寒気が厳しいので取らないほうが良いという説明でした。
寒気が厳しいのは分かりますが果たして小屋裏換気を取らないでも大丈夫なのか教えて下さい。

Aベストアンサー

冬、夏、両方の面から、(建築基準法で決められていなくても)小屋裏換気はつけるべきでしょう。
断熱性能に関しては、断熱材の部分でとるべき(とられるはず)であって、屋根材や小屋裏空間でとるものではありません。
また、屋根断熱部分も断熱材の外側に通気層をとるべきでしょう(簡単には通気スペーサーhttp://www.mag.co.jp/news/l_html.php?news_id=1など)。

次の例もあるように、冬の結露につながるケースもあるようです。
http://www.ads-network.co.jp/zikenbo/z-13.htm
耐久性を考慮すれば、防湿気密シートを施工してあっても、室内から水蒸気の流入が完全なるゼロではありませんから、外に水蒸気が放出される通気を確保しておくべきでしょう。

また、夏は、II地域であっても、小屋裏空間の温度は50℃くらいになるのではないでしょうか。
是非、次をご一読されることをお勧めします。
http://www.njkk.co.jp/product/roof_ventilation/pdf/kutaipannfu.pdf
「11.シミュレーションによる小屋裏の温度状態」を読むと、住宅金融公庫で示している換気孔面積などでは、まだまだ換気量が足りないと言えそうですから、出来るだけ換気量を取れる配慮をすべきでしょう。

冬、夏、両方の面から、(建築基準法で決められていなくても)小屋裏換気はつけるべきでしょう。
断熱性能に関しては、断熱材の部分でとるべき(とられるはず)であって、屋根材や小屋裏空間でとるものではありません。
また、屋根断熱部分も断熱材の外側に通気層をとるべきでしょう(簡単には通気スペーサーhttp://www.mag.co.jp/news/l_html.php?news_id=1など)。

次の例もあるように、冬の結露につながるケースもあるようです。
http://www.ads-network.co.jp/zikenbo/z-13.htm
耐久性を考慮すれば、防...続きを読む

Qルーフバルコニーの専用使用権の範囲は?

ルーフバルコニーの専用使用権の範囲は?
ルーフバルコニーの専用使用権つきマンションを購入しました。11階建ての2階部分で、ルーフバルコニーの下は駐車場です。室内からの他、駐車場から階段で出入りできるようになっています。地上からの階段は、途中までお隣のルーフバルコニーへの階段と3段だけ共用で、その先は左右に分かれています。デザイン面での理由だと思いますが、その階段にもルーフバルコニーにも門扉などはなく、入ろうと思えば誰でもルーフバルコニーに入ってこられる構造で、実際、マンションの他の住人がときどき無断で入ってきて困っています。
そこで、階段のお隣との共用から先のステップに柵を置いたら、他の階の人から共用部分だから私物を置くなというクレームが付きました。管理規約を見ても、管理組合の理事長や管理会社にきいてもはっきりしないのですが、個々の専用使用箇所へのアプローチは専用使用箇所に含まれないのでしょうか。そこの階段は非常時でも他の人が使用することはないのですが…。

Aベストアンサー

>、階段のお隣との共用から先のステップに柵を置いたら、他の階の人から共用部分だから私物を置くなというクレームが付きました。管理規約を見ても、管理組合の理事長や管理会社にきいてもはっきりしないのですが、個々の専用使用箇所へのアプローチは専用使用箇所に含まれないのでしょうか。そこの階段は非常時でも他の人が使用することはないのですが…。

まずはバルコニーや階段は共用部分だと言う事はご存じだと思います。
共用部分だけれども専用使用しても良いですよ。というのが専用使用権で使用料も支払っていると思います。

問題はその専用使用権の範囲がはっきりしてない事ですが、造りにもよりますが、基本的にはバルコニーのみと考えた方が良いと思います。

階段は避難経路となっていますので、ステップに柵などを設置するのは危険な気もします。

誰でもが自由に入って来られるバルコニーとは防犯上も宜しくないので、購入したばかりならデベロッパーに対策を要求できるかもしれません。

専用使用権とは言っても使用に関しては制限される事が有りますので、総会などで皆さんで良く話合う必要が有ります。

>、階段のお隣との共用から先のステップに柵を置いたら、他の階の人から共用部分だから私物を置くなというクレームが付きました。管理規約を見ても、管理組合の理事長や管理会社にきいてもはっきりしないのですが、個々の専用使用箇所へのアプローチは専用使用箇所に含まれないのでしょうか。そこの階段は非常時でも他の人が使用することはないのですが…。

まずはバルコニーや階段は共用部分だと言う事はご存じだと思います。
共用部分だけれども専用使用しても良いですよ。というのが専用使用権で使用料も支払...続きを読む

Qルーフバルコニーの段差は?

先日、某モデルルームでルーフバルコニー付きマンションの説明を受けました。
そこはベランダから続く、隣の棟の屋根がバルコニーになっているのですが、そこへ辿り着くまで階段が多い。
ます、隣の棟との段差のため、二段登る。防水加工の囲いの前後に段があるため、二段登って、二段降りる。
このような形態のルーフバルコニーって、よくあるのですか?
部屋続きの場合でも、ルーフバルコニーは、屋根の付いた普通のバルコニーと比べると、段差が生じるものだと聞きました。
どれくらいの段差なのですか?
知人にルーフバルコニー付きマンションに住んでいる人がおらず、見物すらしたことがありません。
どうか教えてください。

Aベストアンサー

建築会社に勤務しているものです。
ルーフバルコニーの段差ですが、防水上やもえない段差です。
防水層自体、どんな安い工法であれ、防水の立上り自体は30cmから、45cm程度あります。さらに、パラペットと呼ばれる庇状のものがありますので床から、60cm程度上がっているのが普通です。よって、階段を設ける必要性があるのです。
ルーフバルコニーという、広大なスペースですので、当然、庇もないと思います。一般のバルコニーとは違いしっかりとした,防水が必要なのです。技術的には庇をつけることは可能ですが、マンションという共同住宅では外見等などの問題で不可能だと思われます。ですので、パラソルなどを置くことになると思いますが、そのようなことを考えて購入したほうがいいと思います。安い買い物ではないですからね。がんばってください。

Qルーフバルコニーってどう?

新築予定です。敷地がそれほど広くないので、庭と呼べるスペースがほとんどとれません。その替わりに2Fに広さ6畳強のほぼ正方形のルーフバルコニー(屋根なし)を造ることにしました。ガーデニングをしたり、テーブルを置いてちょっとお茶を飲みながら読書をしたり・・・などと考えているんですが、実際の使い勝手はどうなんでしょうか。教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちわ
新築楽しみですね。
あまりするどいアドバイスは出来ませんが
ガーデニングをするのであれば
水道を引いたほうがよいですよ。
また、ルーフバルコニーが別付けのものであって
家そのものとくっ付いていないのなら良いのですが
1階の屋根そのものがバルコニーの場合は
雨漏り対策を十分にした方が良いとおもいます。
また、テーブルなどは、雨ざらしだとすぐ汚れてしまいますから、雨よけはあった方が良いかもしれませんね。
我が家で一番困っている事は、やはり洗濯物の干し場です。雨の日でも干せる場所がほしいです。
せっかくのくつろぎの場所が洗濯物だらけにならないように、そちらも確保しておいた方が良いですよ。

Q木造でルーフバルコニー

普通の工務店に木造2階立てでルーフバルコニーを造ってもらう予定です(建売フリープラン住宅)。色々調べてみると、ルーフバルコニーの下の部屋は暑くて大変とか、雨漏りして大変とか5年や10年毎のメンテナンス費用が多大にかかるとか‥(いくらかは知りませんが‥)
デメリットが数多くあるようで不安を感じています。しかも木は呼吸をするので、鉄筋等ならまだしも木造でルーフバルコニーは造るべきではないとの話が多数でした。しかも2×4でもないので‥。
こんな状態でルーフバルコニーを造っていいのか悩んでいます。見晴らしは抜群だし使い勝手は良いので出来れば造りたいのですが長年住み続けなければいけないと思うと不安でやめるべきか悩んでいます。
木造ルーフバルコニーに詳しい方教えて下さい‥ぜひよろしくお願いします。

Aベストアンサー

設計をしています。屋上防水は木造でも鉄筋コンクリートでも基本は一緒で、手抜きをしたり、勉強不足だったりすればすぐ雨漏りします。雨漏りしないためには、設計段階から注意する必要があります。
1、平面的にも断面的にも単純な形にする。正方形か長方形
2、窓や出入口まわりは防水層を立ち上げるので20センチ以上高くしたい。
3、水を流す勾配を大きくする。
4、防水層の上に軽量コンクリートなどをかぶせると、真夏と真冬で数センチ伸縮するので防水層が引っ張られて切れてしまいます。防水層を見えるようにしておくのが良いと思います。そうすれば万一漏水しても原因が見つけやすいし、修理も安くできます。信頼できる設計士に現場管理だけデモしてもらったほうが安心でしょう。
5、多少リスクはあってもルーフバルコニーは快適ですよ。

Q北向きのルーフバルコニー

マンション購入を検討しています。
バルコニーにテーブル出してお茶・・・という暮らしにあこがれます。
ルーフバルコニーって、北向きのことが多いですよね。どうなんでしょう?
北向きでも使えるのでしょうか?
実際にルーフバルコニー付きのマンションにお住まいの方、教えてください。

Aベストアンサー

ルーフバルコニーでお茶、ですが、マンションの北側には何がありますか?
北側のマンションの一室が丸見えなので、ルーフバルコニーを使うのに困る場合もあります。
北向きは、夏は涼しくていいですよ。それに北と言っても、西か東(または両方)からも日が差すのでは?
私が現在住んでいるのは、真上ルーフバルコニーです。部屋が暑いです。
しかも、タイです。。。

Qルーフバルコニー

仕様は総2階建てなのですが、2階部の上に固定階段で上がる
天井高1200mm以内に押さた、屋根裏収納部屋(11帖)を作りました。

その横に約9.0帖のルーフバルコニー(屋上)を作りました。
場所的には東道路に面した、純東側に位置します。

残念ながらこのルーフバルコニーに水道は付けられなかったのですが、
2階のベランダからホースで引っ張って来る事ができます。

ルーフバルコニーから回りを見渡すかぎり、
私の家が最も高さが高く、屋根の高さも第1種低層住居専用地域の
限界ギリギリの9.8mです。

皆さんでしたら、このルーフバルコニーをどう使いますか?

Aベストアンサー

>皆さんでしたら、このルーフバルコニーをどう使いますか?
これに「私ならこう使いたい」を添えますと回答も充実するでしょうね。

第1種低層住居専用地域のルーフバルコニー、別件でのルーフバルコニー住宅をを施工中ですが、
(1)のかたの理由;煙草が吸いたい(16坪で煙草・・・?)
(2)のかたの理由;高所からパティオを見下ろしたい。
いずれにせよ至極あいまいな印象でしたね。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3226472.html
上記の8でも以前回答しましたが、個人的には「空を独占出来る贅沢な心のメンテナンス広場」として使いたい、かなあ?。
良い風の吹く日には椅子を引張り出してきて本でも読む、なんてね。

・・・夢から覚めて現実に戻りますが、バーベキュー、屋上庭園(菜園)を希望される方が多いですね。
近隣への配慮や防水面の不安等賛否のあるところですが。

さて、繰り返しになりますが、どんな使い方をイメージされてますでしょう?。

Qルーフバルコニーの有効利用方法は?

原木中山の中古で5階建てマンションの最上階を買いました。居室よりもルーフバルコニーのほうが広い(100m2くらい)です。 太陽光発電? バーベQ? 花火見物? 野菜とかハーブを育てる? 何かいいアイデアを実行中の方、いろいろ教えてくださいませ。

Aベストアンサー

 アイデアはいくらでもあると思いますが、マンションの管理規約にルーフバルコニーの使用細則がどうなっているか、屋根の防水がどうなっているのか、下の家にどの程度の騒音が伝わるのか、植物プランターの水はけなど、考える必要があります。

 太陽光発電、太陽光湯沸し器、物干し、ある程度のプランターは問題ないと思いますが、人間が動き回る事、テーブル・椅子を引きずる事などは下階の方とトラブルになる可能性はあります。

 我が家では睡蓮鉢2個、プランター4個を12Mくらいの長いベランダに置いていますが、水漏れと音関係は気をつけられた方がよいと思います。

Q片ながれの小屋裏換気

新築住宅を建築中ですが、小屋裏換気について悩んでいます。
片ながれと寄棟のあわさった屋根の形状なのですが、
寄棟の軒部分には小屋裏換気有孔ボードが付いているのですが、片ながれの部分にはついていません。
これでは片ながれの部分の小屋裏が暑くなってしまいそうな気がするのですがどうなのでしょうか?
ハウスメーカーに聞いたところ、片ながれの水平な部分はお隣と近すぎて軒下に有孔ボードをつけられず、
斜めの部分の軒に有孔ボードつけると雨漏りの心配があるのでやめた方がいいということでした。
現状で小屋裏換気計算上は問題が無いそうです

できるだけ涼しい小屋裏にしたいのですがどうしたらよいのでしょうか?教えてください宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>片ながれの水平な部分はお隣と近すぎて軒下に有孔ボードをつけられず
この意味がよく分かりませんね、延焼の恐れにかかり防火認定品が必要だが値段が高いとか?。
認定品は有りますが置いておきます。

公庫などの計算基準は面積が取れさえすればクリアーするもの、望むらくは暖気は上に登りますからまず棟換気は取りたい、無理であれば壁面のガラリによる換気、最も非効率なのが軒裏のみ、となります(計算上は)。

今件では目立たない壁面にガラリを付けられては如何でしょう。

大き目のガラリ、対面ですとデザインバランスに配慮する必要が出ますが換気上は有効に機能しますのでお奨めです。
サッシメーカーではまずどこでも有りますが同じ色の物を上手に付けられれば・・・。
予算の都合や工期の問題で大きいのが取れなければ100φ程度のフード付き給排気孔を風の流れを考慮して壁の対面にバランス良く付けるのも有効でしょう、安く簡単に仕上られるのがメリットですね。
軒裏と妻(壁)の併用は少なくとも計算上は面積が小さくても効果が見込めるとされています、すなわち風の流れが期待出来る事を裏付けている訳です。

他には・・・
例えば天井裏だけでなく屋根断熱(屋根面裏にボードを貼る)はされてますか?、この効果は絶大なものがあります。
機械による強制換気もありますがこれは経験御座いません、割愛します。

ご参考まで。

>片ながれの水平な部分はお隣と近すぎて軒下に有孔ボードをつけられず
この意味がよく分かりませんね、延焼の恐れにかかり防火認定品が必要だが値段が高いとか?。
認定品は有りますが置いておきます。

公庫などの計算基準は面積が取れさえすればクリアーするもの、望むらくは暖気は上に登りますからまず棟換気は取りたい、無理であれば壁面のガラリによる換気、最も非効率なのが軒裏のみ、となります(計算上は)。

今件では目立たない壁面にガラリを付けられては如何でしょう。

大き目のガラリ、対...続きを読む

Qルーフバルコニーと雨漏り

新築する住宅に屋上ルーフバルコニーを付けるか否かを迷っています。
空一面を見渡せる空間としてルーフバルコニーが欲しいと考えていましたが、いくつかの工務店さんや設計士さんは「雨漏り」のリスクを気にされます。

私が建築を頼もうと思っている地元の工務店さんは「大丈夫です」というのですが実際のところどうなのでしょう。
実際に住んでらっしゃる方などのご意見がお伺いできればと思い質問いたしました。
ルーフバルコニーへの階段は、2Fリビングのベランダからの外階段をつけようと思っています。ルーフバルコニーの位置は、2Fキッチンの上になります。

Aベストアンサー

実際には住んでない者です。
設計士(の卵)のかたわら、建物のクレーム対応もしていましたのでちょっと意見を。

防水の設計、施工をしっかりやれば新築時は問題ないと思います。
ただ、通常の勾配屋根に比べて水が流れないので、
後々性能劣化した際、雨漏りの危険はあります。

ルーフバルコニーって、飽きるとほとんど行かなくなり、
劣化に気付くのが遅れてしまいがちです。
排水口に落ち葉が詰まって水がたまってたり、ひびや剥離に気付かずどんどん大きくなり手遅れになってしまったり。

雨漏りが目に見えるようになる頃には、すでに見えない場所が腐ってたりしますから、意外と大きな工事になる場合もあります。
まめに見て、掃除して、何かあったら工務店さんにちょっと相談してみるのを心がければ大丈夫だと思います。

最近は建売にも良く見ますね。


人気Q&Aランキング