NTT-X Store d払いご利用でdポイントが貯まる使える!

RAIDの勉強をしているのですが、RAID0はそれぞれのHDDに分散して保存するが耐障害性が無く、
RAID5は各HDDにパリティコードを仕込ませておくので耐障害性がある、
というのは分かりました。

ただ、これだけ考えるとRAID0なんかにするよりRAID5にしている方が
明らかに優れていると思うのですが、RAID0の方法がまだ利用されているのは
何故でしょうか??

あとRAID1もそうですね。
これもRAID5にした方がよっぽどいいと思うのですが、何故これらの方法がまだ残っているのでしょうか。

RAIDコントローラーのコストが上がるとか?
それとももう『0』や『1』は実際の現場では使われていないとか??

この辺に詳しい方、お願い致します!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

RAID5 は書き込みが遅いので....


RAID0 だと「単にデータを分散してディスクに書き込む」だけなのに対し, RAID5 だと「データを読み込んでからパリティを計算し直してディスクに書き込む」という処理になります. RAID0 に対して RAID5 では「余計な」処理をしているので, その分書き込みが遅くなります. RAID1 では「単にデータを書き込む」なので, 「分散」できない分だけ RAID0 より遅くなり, ほぼディスク単体と同等の速度になります.
つまり, 書き込み速度が
RAID0 > RAID1 >> RAID5
なのです. 読み込みに関してはパリティを計算しなくてもいいので RAID0 と RAID5 はほとんど同じにできます. コントローラの設計次第なので, 本当に同じかどうかはわかりませんが.
安全性と速度を両立させようとすると RAID1+0 (ミラーセット同士をストライピング) とか RAID0+1 (ストライプセット同士をミラー) なんてことになります (しばしば混同されますが別物... なんだけど, どっちがどっちかは不明).
    • good
    • 0

用途の違いです!



・Read/Write のスピード向上には、RAID0
・信頼性の向上には、RAID1&5(6)

Read/Write のスピード向上と信頼性を確保する場合は、RAID0をミラー化したRAID0+1です。
ただし、RAID0は Read/Write するブロック・サイズを調整しないと思ったような性能がでないと思います。

ただ、RAID0は全てが同じ仕様のディスクである必要があるので運用が難しいので利用されるケースは少ないと思います。
    • good
    • 0

例えば1パーティションで2TB必要だという事になれば、単体1TBのドライブはまだ出てない様ですのでRAID1では組めずRAID0かRAID5を選択する事になります。


単純に冗長構成とするならRAID5とかで組むしかないという事になります。
1パーティションで300GBあれば良いという事ならRAID1でもカバーできます。
最近はドライブ単体の容量が大きくなっておりRAID5まで組む必要性が少なくなってきてますから、RAID0やRAID1の方が一般には多くなってきてると思いますよ。
RAID0も同様で、冗長性の不要な広大な一時作業領域を作成するのに使用します。(副産物?として速度も上がります)
容量の面からは上記の様な方式選択となります。
速度については上記冗長構成選択の上で更に上げたければ、10でも50でも組めば良いという事になります。
    • good
    • 0

RAID 0/1/5 いずれも現役で使われていますよ~(^^;



RAID5はパリティ演算が複雑になるので、どうしても処理速度が犠牲になります。
単純にデータを物理ディスク台数分に分割しているRAID0や、同じデータをコピーしているRAID1とは処理の複雑さが全く異なります。
処理内容が単純であれば、その分RAIDのオーバーヘッドは少なくてすみますから、処理速度も稼ぎやすいという理屈が成り立ちます。

また、信頼性の観点から言うと、RAID1はRAID5よりも多少信頼性が上です。(RAIDを構成するハードディスクのどれかがが故障する確率を計算するとわかります)
しかしながら、RAID1は実効容量が使用するディスクの半分しかありませんから、大容量の記憶領域がほしい場合は、コスト的にRAID5の方が有利になります。

要するに、RAID 0/1/5 ともに特性が異なるので、適した用途が異なると言うことです。
    • good
    • 0

#1です。


数年前で前の職場だったのではっきりと覚えていないのですが
同じマシンでオラクルというデータベースでRAID5とRAID1のベンチマークを取ったところRead/Write共、数値及び体感的に大きく差が出たのを覚えています。
    • good
    • 0

http://ja.wikipedia.org/wiki/RAID
ここのそれぞれの長所/短所を読みましょう。
結局、どれも一長一短だからです。

で0も1も単発で使うなら2台以上でOKだけど
5は3台以上必要。
自分所の会社ではファイルサーバにはミラーリングだけやっています。
    • good
    • 0

RAID0についてはやった事がないのですが、処理速度を重視(特にデータベース系)している場合、RAID1を使う事が多いです。

またRAIDはコントローラーが1個ですので0/1/5共これが壊れたらオシマイですよね。
そのためデュプレキシングといってコントローラーも含めて完全2重化する広義でのRAID1もあります。
という事で運用や業務アプリによってはでRAID5以外を採用する事があります。

~ご参考までに~
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくのご回答ありがとうございます!!

やっぱり“処理速度”なんですかね。
ただ、実際に比べた事がないので分からないのですが、
そんなに違いがあるものなのでしょうか?
データ容量によっては数分とか数時間違ってしまったり??

またこの“処理速度”というのは、“input”も“output”も違いますか??

質問ばかりですいません。。。
お教えいただければ幸いです。

お礼日時:2007/03/07 21:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QRAID1とRAID5の信頼性について

RAID1とRAID5の信頼性について

NASの購入を検討しています。
RAID5のテラステーションだと大きくて邪魔なので,RAID1のリンクステーションにしようかと思っています。

ただ,信頼性と言う意味ではどうなんでしょうか?
RAID1はミラーリングしてくれるので,確実な気がしますが,RAID5もHDDが1台壊れても普及はできるとのこと。

どちらが信頼性が高いのか,検索したのですが見つかりません。
詳しい方,教えて下さい。

(RAID6は今回は考えておりません)

Aベストアンサー

単純に考えましょう。冗長性と信頼性は反比例します。RAID1の方が信頼性は高いといえます。
それと、RAID5でコントロ-ラが壊れたら、悲惨なことになります。RAID1なら1台のHDDから簡単にデータを取り出せますが、RAID5だと再構築しなければなりません。容量に余裕があるのなら、RAID1をお勧めします。

それより、RAIDさえ組んだらもう大丈夫だと安心するような風潮がありますが、それでも危険性があることを認識しておきましょう。HDD台数やコントローラが増えることで、ある面信頼性を落としていることにもなるのです。ここでも、RAIDが故障しましたどうすればよいでしょう、なんて言う質問が時々出てきます。
以前、どなたかがRAIDはMTBF(平均故障間隔)を延ばすためにあるのではなく、MTTF(平均故障時間)を短くするためにある、とおっしゃっていましたが、私も同感です。RAIDを組むのなら予備のHDDを最低1台は用意しておき、ちょっとでも動作がおかしくなったら、HDDを入れ替えることができるようにしましょう。
また、本当にデータが壊れたら困るのなら、NASにもバックアップを入れることも考える必要があります。私の知り合いはテラステーションを2台導入して、2台目をバックアップ用にしています。
私は小規模なのでRAIDは組まず、単純に複数のHDDにバックアップを取っています。シンプルイズベストです。

単純に考えましょう。冗長性と信頼性は反比例します。RAID1の方が信頼性は高いといえます。
それと、RAID5でコントロ-ラが壊れたら、悲惨なことになります。RAID1なら1台のHDDから簡単にデータを取り出せますが、RAID5だと再構築しなければなりません。容量に余裕があるのなら、RAID1をお勧めします。

それより、RAIDさえ組んだらもう大丈夫だと安心するような風潮がありますが、それでも危険性があることを認識しておきましょう。HDD台数やコントローラが増えることで、ある面信頼性を落としていることにもな...続きを読む

Qポートの80と443

こちらのサービス(https://secure.logmein.com/)を利用すると、インターネットを見られるサーバーのポートの80と443が空いていればルータやファイアウォールに特段の設定なく外部からサーバーを操作できるそうですが、逆にサーバーのポートの80や443を空けることには何か危険性があるのでしょうか。

Aベストアンサー

ポート80は一般的なHTTP、ポート443はHTTPSです。
この2つのポートがあいていなければインターネット接続(WEBブラウジング)は出来ません。
ですから、ほとんどのファイアウォールでこのポートは開いています。(インターネット接続を制限している社内LANでは当然閉じていますが)

ちなみに、よく使うポートとしてはFTPで20、21、SMTP(送信メール)で25、受信メールPOP3で110あたりです。セキュリティポリシー上、この辺は制限される事も多いですが、HTTP 80、HTTPS(暗号化用)443は通常閉じません。


危険性?
WEBプロトコルを使ってFTP的なファイル転送(WebDAV)やVPN等も出来るようになっています。当然そこにはある種の危険はつきものですが、WEBブラウジングに伴う危険と大きく変わりません。ウィルス等に感染していればこの2つのポートだけでも相当危険でしょうね。

参考まで。


人気Q&Aランキング