「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

こんばんは。今回、退職にあたりいろいろと問題が発生し、皆様のお力をお借りしたく投稿いたします。
とても長い質問になりますがどうかよろしくお願いいたします。

まず今年の1月、上司に退職の意を伝えました。私は会社の経営の一部である「スクール部門」のマネージャー職を任されています。スクールという特殊な環境ですので年度末である3月末日をもって退職をしたいと伝えました。しかし上司は年度末にこだわる必要はない、できればあと数カ月(5月、6月くらいまで)残ってほしいと言われましたので、私も引き継ぎが終了次第5~6月をめどに…と考えていました。

そもそも退職の理由は、激務に耐えかねてきたことが一番の理由です。私の会社では契約書といったものは一切なく、就業規則も誰一人見せてもらったことはありません。就業規則があるという話は聞いたことはありますが見せてほしいと要求しても見せてもらえないのです。
さて、私の場合は「年俸制」として雇用が始まりました。雇用される際に言われたことは「勤務時間の制限も休みの制限もしないので仕事が終わっていれば好きに休みを取っていいし、出勤時間の拘束もしない。勤務内容はスクールのマネージャー職および新規事業開拓」ということでした。ただ実際に勤務がはじまってみると要求される仕事量は半端なく、夜中2時3時までかかってでも仕事を終えられることを要求されることもありましたし、1週間ほぼ徹夜という状態も幾度かありました。また、好きにとっていいといわれた休みの件は、私の担当部門が落ち着いている時期に休みの申請をしても、他の部門が忙しい時期だと却下され、その部門を手伝わなくてはならなかったり、また、出勤時間も自由と言われたのにもかかわらず数ヶ月後には「9時出勤」を命じられたりもしました。昨年には10月、12月とイベント続きのため労働を酷使されましたので私は体調をくずし、体重も1か月の間に8kgほど減少しました。私は女性ですのでもちろん生理は止まり、まだ独身ですのでこれ以上は耐えられないと思い、年明けに退職を願い出ました。ただ上司には退職の理由は伏せ、一身上の理由としていました。
スクールの生徒へは10日ほど前に、今年度でマネージャー職を離れ、引き継ぎが終了次第退職をするという旨のお知らせを上司の了承を事前に得た上で出しました。

さて今回は、先週末に控えていたイベントのため、2週間前よりずっと9時出勤にも関わらず、退社時間は夜中2時~3時というスケジュールになり、まして残り1週間は朝の4時~5時まで仕事をしていました。そんな中、お客様から私の退職後の不安や、オーナー(上司)に対しての不信感が出て、お客様が直接上司に訴えるという事態が発生しました。上司は他の社員に「マネージャー(私のことです)は退職をすることをまだお客様に伝えるべきではなかった。私(上司)は何も話を聞いていなかったので今回の騒動はすべてマネージャーの責任だ」と言ったというのです。そのほかにも何かと私の所為にしていたと聞きました。
それは先週の月曜日のことだったのですがその時点で、こんな不当な扱いをされるのであれば、上司の長く残ってほしいという希望は退け、3月末で退職しようと決心しました。ただイベント直前であることより、イベント終了後に退職を伝えることにしました。
明日退職届を提出しようと思うのですが、明日は民法上で定められている2週間前という期限を実は切ってしまっているのです。ただどうしてもこの会社で、この上司に仕えることはもう精神的にも苦痛ですのでどうしても3月末で退職したいと思っています。
さて、私は3月末で退職することは許されるのでしょうか?そして私は退職願と書くべきなのか退職届と書くべきなのか…。

それから、長い間の疑問だったのですが、このような条件で雇用された私には労働時間の制約というものはないのでしょうか????労働基準法に定められている週40時間というルールは私には適用されないのでしょうか?
ちなみに残業代は一切いただいていません。年俸で決められた額を12ヶ月で割ったものを月々いただいています。

本当に長い質問で申し訳ありません。どなたかご回答をいただけませんでしょうか?よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 類似の質問にアドバイスしたことがあります。

参考までURLをお知らせします。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2009988.html(類似質問:退職)
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2023008.html(類似質問:退職)
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2528192.html(年俸制)

 年俸制の場合は民法627条3項が適用されるように思われますが、労働条件の相違の場合は労働基準法15条2項により即時解除も可能なのですが、契約書等書面での労働条件通知がない、現在の労働条件で一定期間勤務されていると、労働基準法15条2項による解除は難しいかもしれません。
 就業規則は、周知(見せてほしいといっても見せてくれない場合)されていなければ効力がないというのが判例・通説の立場のようです。
 「契約書等書面での労働条件通知」をせず、就業規則の周知をしないのに、民法627条3項を会社が主張するのは信義則に反するのではないか、とも思いますが・・・。
 会社と合意の上、雇用契約を解除する場合は、民法等の規定によらず、合意した日に退職可能です。
 合意解除でもない、民法627条の規定でもなく退職する場合は民法628条による退職となり、「やむを得ない理由」の有無が問題になり、「過失」があれば理論上は損害賠償義務を負うことになります。ただし、下記URL(退職と損害賠償)を見ていただくとわかると思いますが、退職に伴う損害賠償が裁判で認められた例がこれまで1例とのことです。
 労働時間(労働時間、休憩及び休日)については、労働基準法41条の管理・監督者の場合は、適用除外となりますが、深夜労働に関する割増賃金は管理・監督者にも適用されます。
 管理・監督者でない場合は、年俸制であっても、時間外勤務手当が何時間分組み込まれているのかにより、その時間を超えた分については、時間外勤務割増賃金の支払いが必要になるようです。
 私もNo.2の方と同様、一度労働基準監督署等に相談された方がいいと思います。

http://job.yomiuri.co.jp/career/qa/ca_qa_0607270 …(退職)
http://www.roudoukyoku.go.jp/sitemap/index.html(年俸制)
http://www.work2.pref.hiroshima.jp/docs/1407/C14 …(年俸制)
http://www.renjyu.net/okirodo/11QA/Q34.html(年俸制)
http://www.work2.pref.hiroshima.jp/docs/1416/C14 …(管理職と時間外勤務)
http://www.pref.saitama.lg.jp/A07/BL00/so-dan/ji …(管理職と時間外勤務)
http://www.pref.osaka.jp/osaka-pref/sogorodo/sou …(管理職と時間外勤務)
http://www.nagano-roudoukyoku.go.jp/mondai/monda …(Q3:管理職と時間外勤務)
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/rosei/soudan …(管理職と時間外勤務)
http://info.pref.fukui.jp/roui/homepage/content/ …(管理職と時間外勤務)

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2840366.html(未払いの残業代の相談先?)
http://www.ibarakiroudoukyoku.go.jp/soumu/qa/kan …(退職と損害賠償)
http://www.jil.go.jp/kikaku-qa/jirei/14-Q07B1.html(損害賠償)
http://www.ibarakiroudoukyoku.go.jp/soumu/qa/syu …(就業規則と周知義務)
http://www.work2.pref.hiroshima.jp/docs/1389/C13 …(就業規則と周知義務)
http://www.pref.fukushima.jp/roui/roushitoraburu …(就業規則と周知義務)
http://www.pref.osaka.jp/osaka-pref/sogorodo/sou …(就業規則と周知義務)
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/rosei/soudan …(就業規則と周知義務)
http://www.kyoto-roudou.plb.go.jp/rodo/qa/qa01.h …(就業規則の周知義務)
http://www.pref.fukushima.jp/roui/roushitoraburu …(就業規則の閲覧)

【民法627条】
 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から2週間を経過することによって終了する。
2 期間によって報酬を定めた場合には、解約の申入れは、次期以後についてすることができる。ただし、その解約の申入れは、当期の前半にしなければならない。
3 6箇月以上の期間によって報酬を定めた場合には、前項の解約の申入れは、3箇月前にしなければならない。

http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX …(民法)
http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX …(労働基準法)

http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/location …(労働基準監督署)
http://www.mhlw.go.jp/general/seido/chihou/kaike …(個別労働紛争解決)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
2週間を切っていても双方が同意すれば退職することができるとのことで安心しました。
ただ、参考URLの中に以下の文言があり、少し不安になりました。これによると私はいつ辞めることができるのか…。
http://job.yomiuri.co.jp/career/qa/ca_qa_0607270 …
以下抜粋
「また、給料が月決め(月給)で支払われる場合には,退職は翌月以降に限って認められ,しかも当月の前半に予告をしなければならないことになっていますので注意が必要です(民法第627条第2項)。」

No2の方のおっしゃる「裁量労働」にあたるのか、それとも「管理職」としてみなされるのか・・・
正直よくわかりませんが、おっしゃるように労働基準監督署へ相談をしてみようと思います。

たくさん参考URLをご紹介いただき、ありがとうございました。
とにかく明日、今月末付での退職願を提出しようと思います。

お礼日時:2007/03/18 23:50

 民法627条の規定は、使用者(会社)の承諾等なくても、労働者の意思表示後一定期間経過すれば労働契約を解除できるという規定です。

年俸制の場合は前回のアドバイスでも触れましたが3項の「3ヶ月前」が適用されるのではないかと思います。
 使用者と合意して労働契約を解除するのであれば、その合意が優先されるため上記の期間等は関係ありませんが、合意がない場合は民法628条の規定を根拠に労働契約を解除することになると思います。
 雇用保険等の参考URLをご紹介します。( マネー > 保険 > 雇用保険・健康保険のカテゴリーで質問されると、具体的なアドバイスが得られると思います。)

【参考】
http://www.careercity.net/news/employment/career …(退職願・退職届)
http://www.situgyou.com/st_taisyokunegaitodoke.htm(退職願・退職届)
http://www1.odn.ne.jp/strong/musyoku/taisyoku.html(退職願・退職届)
http://www.tetuzuki.net/job/resignation.html(退職願・退職届)
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/rosei/soudan …(2ページ)
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2718697.html(参考:雇用保険)
http://www.hokkaido-labor.go.jp/12osirase/osiras …(特定受給資格者)
http://career.biglobe.ne.jp/hellowork/basic.html(雇用保険)
http://career.biglobe.ne.jp/hellowork/resign.html(雇用保険)
http://www.sr-ccs.com/siryousitu/qanda/6kikanman …(雇用保険:参考3)
http://www.hellowork.go.jp/html/info_1_e3w.html
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/nenkin/20040325 …
http://www.hellowork.go.jp/html/info_1_h3a.html#2
http://www.hellowork.go.jp/html/seikatsu_q.html#q1
http://www.sia.go.jp/seido/iryo/iryo06.htm#2(健康保険任意継続)
    • good
    • 0

責任感が強くて すばらしいと思います。



でも、相手はあなたにたかっているだけです。

裁量労働をしていようが、なんだろうが 平均して、一日8時間です。例外はありません。
※ 裁量労働の場合は、週40時間にはなりませんが
  1日あたりの平均 8時間となります。
年俸制であろうが、時間外勤務手当てを出さなくていいという
ルールはありません。
 
円満退社を望んでいるのか、喧嘩してもいいと思っているのか
で違ってきますが、労働基準監督署に不当労働だと訴えること
を視野に入れて行動するとよいかと思います。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。

そうだったんですね・・・・・
恥ずかしながら、「裁量労働」という言葉を初めて聞きました。
雇用される際にもこの言葉は聞きませんでしたので、自分でもこの制度について調べてみようと思います。

さて、もう特に円満退社は望んでおりません。
先にも述べましたように、上司からは不当な扱いをうけていますので、できることなら労働基準監督署へ訴えることも視野にいれて、すっきりさせたいと思います。

さて、私は今月末に退職することが可能なのでしょうか?そして退職願or退職届、どちらがふさわしいのでしょうか??

補足日時:2007/03/18 22:35
    • good
    • 0

 通常、普通に勤務している場合、「会社を辞めたい!」と、思ったら、辞めることができます。

期間定めのある場合は、やはり、規制があります。

●期間定めのない場合
 退職は労働者の自由です。退職したい日の14日前には会社へ「退職願い」を出してください。
会社によっては、引継ぎなどの都合で、3ヶ月前までに言わなければならないとされている場合もあります。基本的には、お互い迷惑がかからないように退職したいものですから、就業規則などに従ったほうが無難でしょう。でも、やむをえない場合などは、14日前で大丈夫です。(民法627条)
 会社が、「やめさせてくれない・・」「退職願を受理してくれない」という場合、円満に内容証明で退職願を出すという方法もあります。

●期間定めがある場合
 期間終了まではやめることができません。ただ、やむをえない状況がある場合は、辞めることができます。それでも、突然辞めることによって会社に大きな損害が生じる場合は、損害賠償請求される場合もあります。


※参考URL(サイト)より抜粋!

参考URL:http://www.roudou.net/ki_taisyoku.htm#step1

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
私は労働期間の定めはありません。そして就業規則もありません。
14日間の期間が必要であれば3月31日とはせずに明日の14日後である4月2日の退職希望ということにしたほうがいいのでしょうか?

補足日時:2007/03/18 20:36
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q年俸制で1年以内で退職した場合は契約違反?

こんばんは。

いくつかのサイトで調べたのですが、分からなかったので、ご存知の方、
ご教授ください。

今の職は年俸制です。
1年ごとに金額は見直すと言われました。
また、書面にもそれは明記されています。
雇用形態は、正社員で、無期です。

昨年の9月からお世話になっておりますが、1年経たずに来月、6月一杯で
自主退職しようかと思っております。(転職をしようと思います。)

会社の就業規則には年俸制と言うことについて詳細は
うたっていません、おそらく想定せずに作成された就業規則
なのでしょう。

そこで質問ですが、
年俸契約にもかかわらず、自主的に1年未満で退職する事は契約違反で、
変な話、会社側から賠償請求のようなものが来たりする事はあるの
でしょうか?(既に、3ヶ月間の試用期間も終了しております。)

以上、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

サラリーマンの「年俸」は、プロスポーツ選手や取締役などの年俸とは根本的に違います。
プロスポーツ選手は請負契約、取締役は委任契約です。
いずれも年度途中での退職の場合の報酬は、契約に従うこととなります。

これに対して、雇用契約を結んでいるサラリーマンの場合の年俸制は、単に「給与の額を一年ごとに見直す」ということを指しているだけです。通常は昇給が年一回の会社であっても、ボーナスなどは半期の業績ごとに一から査定されるものですが、それをしない代わりに年額で決めてしまいましょうというだけです。
(中にはそれにも当たらない、半期ごとの給与改定と年二回のボーナス査定をしながら「年俸制」を謳う会社もありますが)
要は通常の月給制と全く変わりませんから、残業代なども支払う必要があります(この辺、ごまかして不支給にしている会社が多いと思いますが、年俸制であってもみなし残業規定等の適用がない限りは残業代の支払いは義務です)

従って、通常の正社員と同じでいつでも退職可能ですし、ボーナスは支給要件に合致するならもらって退職して何ら問題ありません。
賠償請求されることもありません(これは仮に期間の定めある雇用であっても、まず認められないようですので、心配いりませんけど

サラリーマンの「年俸」は、プロスポーツ選手や取締役などの年俸とは根本的に違います。
プロスポーツ選手は請負契約、取締役は委任契約です。
いずれも年度途中での退職の場合の報酬は、契約に従うこととなります。

これに対して、雇用契約を結んでいるサラリーマンの場合の年俸制は、単に「給与の額を一年ごとに見直す」ということを指しているだけです。通常は昇給が年一回の会社であっても、ボーナスなどは半期の業績ごとに一から査定されるものですが、それをしない代わりに年額で決めてしまいましょう...続きを読む

Q就業規則に違反して申告後1ヶ月で退職

就業規則で3ヶ月前に申告しなければならない

となっている会社を退職を申し出て1ヵ月後に辞めます。
直属の上司からは非常識で納得がいかないということで聞き入れては頂けません。

転職先がきまっており、どう思われても辞めなければならないのですが・・・

雇用条件が悪く、人の出入りがとても激しい人員不足の会社です。

就業規則を破りどうしてもやめる事を決めている以上どんな事をいわれても仕方ないですよね?

Aベストアンサー

確かに、民法では2週間(月給制の場合は最長1か月半)前と言われていますが
これには強制力がない、という見方もあって、
その場合は就業規則に従う事になります。
一般的には1か月なので、個人的に3か月は長いなと思うのですが
その会社として合理的な期間であれば有効になってしまいます。

なんとかうまく、辞められるといいですね…!

Q退職させてくれない会社についての対応

この御時世に怒りを覚える方もいらっしゃるかと思いますが、
承知の上で質問をさせていただきます。

今年2月の上旬に、上司に対し3月末での退職を希望しました。
上司の回答は、「ダメ」との事でした。
何度も話し合い、こちらの気持ちは分かっているようですが、「もったいない」や「引き継ぎの問題がある」などを言い訳にし、退職を了承してもらえません。
「では、いつ退職できるのか」という話を持ちかけると、「何とも言えない」などと言い、話を濁されてしまいます。
今の話から、今年度中は退職は絶対にさせないとの気持ちのようです。
上司と話していて、はっきりと「引き継ぎ等が面倒くさいから、退職は絶対にさせない」と顔に書いてあるのが読み取れます。

今回質問させていただきたい内容は、
(1)このような状況の場合、どのようにすれば今年度中に(出来れば5~7月)退職を了承してもらえるのでしょうか?
(2)かつ、円滑に退職するにはどのようにすれば良いでしょうか?

4年間、御世話になった会社なので迷惑はかけたくないという気持ちもあり、もし同じ経験をされたことがある方等、御参考に教えて頂けると幸いです。
何分、退職が初めての為、常識や規則の知識がないため困っています。
ただ、2月時に退職を希望し、引き継ぎ等を理由に10カ月以上も退職させないということは許されるのでしょうか?
正直、現在の会社と上司に対し、とても不信感を抱いています。

※尚、私の詳細を以下に表記させていただきます。

在籍期間は、今年の3月で新卒入社の為、満4年になります。

退職理由についてはいくつかあります。
 1つは、上司の問題です。精神的に異常のある大変問題のある上司の下に、1年ごとに計2人もつけさせられ、上司に対し精神的フォローをしながら、自分と上司の仕事の管理、また実務から庶務まですべて一人で対応していました。
精神的にも体力的にもこの2年間は辛く、疲れはてたためです。
 2つめは、単純に現在の職種以外の仕事に就きたいという気持ちが高まったためです。4年間という短期間ではありますが、自分には現在の職種は合わないと感じ、なんとかこなしてはいますが、以前に比べやる気が全く出ない状態です。
 

以上、読みにくい文章で大変恐縮ですが、ご意見等よろしくお願い致します。

この御時世に怒りを覚える方もいらっしゃるかと思いますが、
承知の上で質問をさせていただきます。

今年2月の上旬に、上司に対し3月末での退職を希望しました。
上司の回答は、「ダメ」との事でした。
何度も話し合い、こちらの気持ちは分かっているようですが、「もったいない」や「引き継ぎの問題がある」などを言い訳にし、退職を了承してもらえません。
「では、いつ退職できるのか」という話を持ちかけると、「何とも言えない」などと言い、話を濁されてしまいます。
今の話から、今年度中は退職は絶対にさ...続きを読む

Aベストアンサー

同種の質問が繰り返しあるのですが、退職は個人の自由であるということをもう一度知ってください。

労働者側の法的な責任は最低14日前の通告だけです。
これは会社の承認は不要です。
もちろん承認がなくてもその日以降は出社の義務はありませんし、会社は退職までの給与は支払わなければなりません。
たとえ就業規則に1月前の届けなどが決められていても、それは会社の希望であってそれ以上のものではありません。
ましてやあなたの上司は会社の代表ではないのですから、それを阻止する権限はありません。多分自分の部署の仕事の影響のみを気にしているのでしょう。

従ってあなたのするべきことは、退職日を決めてその期日を持って退職するとの内容で、会社の人事担当に「退職届」を出すことです。「退職願」ではありません。

当然それが出た後は引止めがあるかもしれませんが、それには意思を曲げずに主張を貫くことです。それで退職は決まりです。

日本では職業選択の自由は最も重要な個人の権利です。これには当然退職の権利も含まれます。

Q退職願が受理されませんでした

 4月下旬に5月末での退職願を提出し、一度受理されたのですが、その2週間後、会社から引継ぎに時間が足りないから受理できないとの事で突然却下されてしまいました。
 引継ぎが終わるまでは来いとのことで、結局今月に入ってからも無理やり出社させられている状態ですが、退職日を書面で確定して欲しいと言っても、「分からない」といった具合ではっきりしてもらえません。先日、引継ぎは一通り終えたのですが、会社から「まだ今月末頃まで延ばしてもらう」と言われ、「これ以上延ばすのであれば、来月上旬の賞与後までにして下さい」と交渉しましたが、相変わらず退職日に関してははっきり回答をもらえませんでした。
 当初、退職前の2週間は有休取得を申し出ていたのですが、こちらも全て却下され、「引継ぎが終わるまでは休ませない」と、現在体調不良などで休むと、非常識呼ばわりして怒鳴られ、休みも取らせてもらえない状態です。恐らく、業務の引継ぎが心配で引き延ばしているのだと思いますが、有休を取らせたくないので日付をうやむやにし、賞与直前に辞めさせようと考えている様です。こちらとしては都合良く引き延ばされ、退職後の予定も立てられず困っています。
 そもそも、会社に社員の退職日を引き延ばし自由に決める権利があるのでしょうか。これ以上、引き延ばされることなく、有休もきちんと取得して辞める方法はないでしょうか。
 皆様のアドバイスをお待ちしております。

 4月下旬に5月末での退職願を提出し、一度受理されたのですが、その2週間後、会社から引継ぎに時間が足りないから受理できないとの事で突然却下されてしまいました。
 引継ぎが終わるまでは来いとのことで、結局今月に入ってからも無理やり出社させられている状態ですが、退職日を書面で確定して欲しいと言っても、「分からない」といった具合ではっきりしてもらえません。先日、引継ぎは一通り終えたのですが、会社から「まだ今月末頃まで延ばしてもらう」と言われ、「これ以上延ばすのであれば、来月上旬...続きを読む

Aベストアンサー

 労働者からの退職願に対し、会社には受理とか認めるという行為は存在しません。なぜなら、民法第627条に規定される労働契約の解除には、相手側の承諾は規定されておらず、よって、一方的な申入れの後、一定の期間が経過すると、労働契約が解除されるだけです。
 ですから、退職させてくれないという事象は法的には成立せず、あえて言うなら、会社側の、退職を受理しないという法的に何ら意味の無い戯言を信じ、労働契約が解除されているのに、労働者が自己の意思で辞めないということです。
 この点についての相談先は、労働基準監督署ではありません。監督署は、民法の規定には介入できません。

 次に、年次有給休暇に、会社側から出来るのは時季変更だけで、却下という行為は、労働基準法には存在しません。よって、会社から時季変更が無い場合には、労働者から指定した時季(月日)で決定されます。ご質問の場合は、時季変更されていないようなので、それで決定です。
 なお、会社からの却下と言う法律上根拠の無い戯言を鵜呑みにして、休まなかった場合は、労働者が休暇を放棄したことになります。

 いずれにしても、法律上、退職も有休も成立しているのに、自らそれを放棄しているというのが現状です。

 労働者からの退職願に対し、会社には受理とか認めるという行為は存在しません。なぜなら、民法第627条に規定される労働契約の解除には、相手側の承諾は規定されておらず、よって、一方的な申入れの後、一定の期間が経過すると、労働契約が解除されるだけです。
 ですから、退職させてくれないという事象は法的には成立せず、あえて言うなら、会社側の、退職を受理しないという法的に何ら意味の無い戯言を信じ、労働契約が解除されているのに、労働者が自己の意思で辞めないということです。
 この点につ...続きを読む

Q管理職で退職する際、有給消化できるのでしょうか?

こんにちは。

少し前に管理職での退職について質問をさせて頂きましたが
ここではポイントを絞らせて質問させてください。

1年前に管理職になりまして、管理職になる前での有給が残っている
状態です。(給与明細に記載)

この度転職することになりましたので、退職日を調整中ですが
管理職でも有給消化してもよろしいのでしょうか。

管理職なので、休む時に特に申請等はしておらなかったのですが
そういったカウントを行わず、残った有給を消化する、というのも
大丈夫なのかな、と。
(管理職になり、ほとんど休みを取る事はなかったです。せいぜい2,3日程度)

自分の直属の上司は気軽に「有給?取れ取れ」という気質の方では
ないので、有給消化をしたいと希望を出しても
あしらわれそうですので、有給消化できるのであれば
その事実確認をしたいと考えております。

ご存知の方、よろしくご教授ください。

Aベストアンサー

労働時間、休憩及び休日に関する規定では「管理監督者は適用除外」となっていますが、年次有給休暇については労働基準法では管理・監督者を除外していません。つまり、管理監督者であっても年休を取る権利はある、ということになります。

この場合、退職日を超えて有休を取ることはできませんので、そこから遡って取得するか、退職時に限って認められている「買い上げ」を利用するケースが多いようです。もちろん、喜んで取得を推奨する企業が少ないのはご賢察の通りです。

蛇足ながら「管理職」と一言に言ってもその権限はさまざまですが「労働条件の決定や労務管理に関し、経営者と一体的な立場にある者をいう」という労働基準局通達に照らし合わせると、その範囲は相当に狭いという解釈が成り立ちます。あなたの場合は出退勤の自由裁量は任されているようですが、有給休暇が付与されている事実からも「経営者と一体的な立場」とは推測しがたいと思われます。

Q退社日と入社日は近いほうがいい?離れたほうがいい?

こんばんは。

転職活動の末、内定通知をいただきました。
すぐにでも退職の交渉をしようと思うのですが、退職日を何時にしたら良いか困っています。

・転職先では、4/1から働きたい。
・いまの会社の勤怠締め日は月末である。
・いまの会社の就業規定では、退職願は一ヶ月前に提出する必要がある。

近日中に退職願を受理してもらえれば、4/1から新しい会社で働けると考えています。
月末が締め日ですし、3/31まで勤務して退職するのが、きれいな形だと思っています。
でも、色々な手続きを考えると、退職日を3/20くらいにしたほうがよいのでしょうか??(入社日までのあいだに手続きを終えたい)
それとも、3/31まで働いても、転職にともなう手続きはきちんと出来ますでしょうか??

今回、はじめて転職をするため、どちらがよいのか判断ができないです・・・。
退社日と入社日が近くて困ったこと、遠くて困ったことなど、ご経験された方がいらっしゃいましたら、アドバイスをいただけたら嬉しいです。

なお、転職による引越しなどはありません。
私の友達は、転職の際に、半月ほど「無職」状態になりましたが、
「病気さえしなければ平気だよ」と言っていました。
保険証のことを言っていたのだと思います。

宜しくお願いいたします。

こんばんは。

転職活動の末、内定通知をいただきました。
すぐにでも退職の交渉をしようと思うのですが、退職日を何時にしたら良いか困っています。

・転職先では、4/1から働きたい。
・いまの会社の勤怠締め日は月末である。
・いまの会社の就業規定では、退職願は一ヶ月前に提出する必要がある。

近日中に退職願を受理してもらえれば、4/1から新しい会社で働けると考えています。
月末が締め日ですし、3/31まで勤務して退職するのが、きれいな形だと思っています。
でも、色々な手続きを考えると...続きを読む

Aベストアンサー

採用日も退職日も,労働契約によるものですから,契約の一方で
ある質問者さんが良ければ良いので,特に正解はないと思います
が,私の考えでは,わざわざ空白期間を作る必要はないと思いま
す。
質問者さんの今後の人生,すなわち,次の将来に書くかもしれな
い履歴書には,その採用日・退職日がついて回るわけで,採用日
の前日に退職日が来れば,すっきりしているかなと思います。

現在の(退職予定の)会社では,退職日までにいくらか有給休暇
が取れるでしょうから,役所等の手続きが必要であれば,その間
にすれば良い話で,わざわざ無職になる必要はありません。

Q●●転職の為、15日間だけ無職になります。その際の【年金と社会保険】について●●

初めまして、グリコと申します。

今回、初めての転職を致します。
その際の不明点を、下記にまとめましたので、
お忙しい中、大変申し訳ございませんが、ご回答頂けますと幸いです。
何卒宜しくお願い致します。

********************
【転職する際の無職期間】
4月15日に退社→5月1日入社の為、15日間

【お給料の〆日】
毎月15日〆月末払い

【質問内容】
・厚生年金
・社会保険
・健康保険
・住民税

等、無職期間は15日間しかありませんが、
退社後、やらなければならない事等がありましたら、教えて頂けますと幸いです。

又、年金、健康保険等は、切り替え(よくわかっていないです。ごめんなさい)というものをする場合、6月は、切り替え前と、後で2回支払う事になりますか?

その他、切り替えというもの(?)を、何もしなかった場合のデメリット等がございましたら、教えて頂けますと幸いです。

無知故、意味不明の質問が多いかと思いますが、
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

#1です
はしょりすぎました。ごめんなさい

厚生年金はその月の末日に資格があるとき(どこかの会社に籍があるとき)にその月が加入している月となり、厚生年金保険料を支払わなければなりません
2箇所の会社に同時に所属しているのではない限りダブって引かれることはないです
4/15退職、5/1就職ということは、厚生年金の資格喪失日が4/16となり、次の会社での資格取得が5/1となるため、4月の末日である4/30はどこの会社にも所属していないので
4月は厚生年金に加入していないことになり、国民年金保険料を納付しなければなりません。
厚年→国年の手続きは居住地の役場で行います。
手続きしないとどうなるかっていうと、年金期間が1ヶ月ブランクとなります。しばらくしてから国民年金納付のお知らせが来るかもしれません。払わないと未納期間になります。
http://allabout.co.jp/career/careerknowhow/closeup/CU20031118A/index2.htm

新会社が15日締めですと5月末に支給される給料では厚生年金保険料は引かれていないと思います。

奥様を3号にしていらっしゃる場合は、同様に4月の1ヶ月は3号にならないので、国民年金保険料を支払うことになります


健康保険については
実際に会社に所属していない期間だけが、保険なしとなります
こちらも5月末に支給される給料では引かれないはずです



まとめると
自分で切り替えをする必要性はそんなには強くなく
無保険(健康保険)期間が気になるのでしたら、半月だけ国民年金に加入することになります
お子さんがいたり扶養家族がある場合は、国民年金に加入したほうがいいのではないでしょうか


また、住民税は残りが一括で引かれます(4月退職であれば、5月までに支払う分)


・・・というようなことは
会社の担当者の方が詳しいと思いますので
疑問点があったらご確認ください


うちはブランク5日ぐらいだったので(25日退職、翌1日付け入社)国保にも加入しなかったのですが
小さい子どもがいたので正直、なにかあったらどうしようと心配してました


健康保険については退職しても、その時点で治療中であれば、手続きをすることによってそのまま保険診療が受けられます
(健康保険継続療養受給届)

#1です
はしょりすぎました。ごめんなさい

厚生年金はその月の末日に資格があるとき(どこかの会社に籍があるとき)にその月が加入している月となり、厚生年金保険料を支払わなければなりません
2箇所の会社に同時に所属しているのではない限りダブって引かれることはないです
4/15退職、5/1就職ということは、厚生年金の資格喪失日が4/16となり、次の会社での資格取得が5/1となるため、4月の末日である4/30はどこの会社にも所属していないので
4月は厚生年金に加入していないことになり、国民年金保険料を...続きを読む

Q退職届提出後に退職日まで休むと?

退職届を提出し、提出日から二週間後に退職すると設定した場合に、退職日までの二週間は会社を休みますと会社側に伝えれば、それは単なる無給の休みになりますか?無断欠勤になりますか?
また、急に上記内容を伝え、一方的に退職日まで休めば、懲戒解雇及び損害賠償の対象になるでしょうか?

Aベストアンサー

例えば休暇や欠勤については、何日前という規定(会社により異なります)があり、それより後だと、無断欠勤の扱いとなります。この場合、懲戒処分の対象となります。
次に、無断でなくても欠勤が多い(あなたの事例に該当します)と、これも懲戒処分の対象となり、勤務成績不良で懲戒解雇もありえますし、懲戒処分としての減給(欠勤日の給与不払いとは別です)もありえます。
まあ、損害賠償については、無断欠勤により 重大な支障をきたした場合は別ですが、通常は無いでしょう。

Q退職する際就業規則で定められている期間より早く退職することはできますか?

現在の会社に勤め始めて1か月半経ちます。
正社員雇用ということで1か月の試用期間を経て面談した際に契約社員にならないかと言われました。私は正社員と聞いていたので、契約社員となるのなら考えさせてくださいと答えると、正社員でいいと言われ、雇用契約書を交わしました。ただ、正直言っていることが二転三転しているので不安もあり、転職活動をしていました。
この度内定をいただいたのですが、民法では14日前に退職届を提出しないといけないことになっているように、就業規則で退職届は○日前までに届け出をすることと決まっていると思います。今の会社に入社した際、就業規則というものを渡されていないので確認ができません。ただ、正社員が10人を超えている会社なので就業規則は作ってあると思います。
たとえば14日前までということが決まっているとすれば、14日前までに仕事を辞めて次の会社で働くことはできないのでしょうか。内定をいただいた会社が急募で募集をしていたこともあり、14日以内に退職できないとなれば、諦めるしかなくなるのでしょうか。

Aベストアンサー

税・各種社会保険について説明します。

まず税は、12月31日時点が判断基準になりますので、二重就労は前勤務先から源泉徴収票をもらい新勤務先に提出すれば問題ありません。

雇用保険は、実質給与に掛かるので、これも前勤務先から離職票をもらえば問題ありません。

問題は、厚生年金と健康保健です。
保険料の徴収は前月末の勤務先が給与に比例し翌月に支払います。
月途中での転職の場合は厳密には前勤務先と新勤務先の合算が必要です。
結論は、11月末までに転職するのがベストです。
しかし、随時改定というのがあり、前3ヶ月分がそれ以前より2等級以上変わった場合は、会社からの届出により保険料が改定されます。
よって、勤務開始から4ヶ月以上後に適正な保険料になります。

前勤務先から給与明細・源泉徴収票・離職票及び年金手帳をもらい、健康保険証を返納しましょう。
後は新勤務先の人事・労務担当者に相談すればOKです。
不明な場合は、有料になりますが、社会保険労務士に相談すれば良いでしょう。

Q退職届受理後、解雇通知書を渡されました

正社員で働く女子です。

10月1日
上司に退職意思を伝えました

10月2日
常務、部長(どちらも男性)と話し合いの場がもたれ
「退職理由は何だ?」と言われたので何も話たくはなかったのですが
「実家に帰り、そちらで仕事を斡旋してもらえそうなのでお世話になるつもりです」と
当たり障りのない事を伝え引継ぎや締日も自分なりに考慮し11月15日付で退職させてもらいたい旨を伝えました

10月4日
常務、部長に呼び出され「会社側は11月15日で退職を受理するので、ここに退職理由を事細かく書いてくれるか?」と、突然退職届とペンを渡されました。
突然の事でびっくりしたのと、事細かく書け。と言われている事に動揺し
「印鑑も持っておりませんし、本日はこちらをお預かりして明日提出いたします」と答えると
「なぜ、書けないんだ?!今日出すのも明日出すのも同じだろう!?君は可笑しな事を言うなぁ・・・」と
言われました。どんな事もするような会社なので退職理由を事細かく事に抵抗があったので
「今日出すのも明日出すのも同じであれば、明日だしても問題ありませんよね?」と明日出すことを確認し、その日は帰宅しました。

10月5日
色々調べたところ、退職理由に事細かく具体的なことを書かなくても
一身上の都合とだけでも十分な理由になるとあったので、退職理由を書く欄に”一身上の都合”と書き日付も双方合意の11月15日付で提出しました。

しかし、業務時間終了後に常務、部長から呼び出され
11月3日をもって解雇するという内容の解雇通知書をつきつけられました。

理由としては「退職届に事細かく退職理由を書け!といったのに”一身上の都合”としか書かれていなかったので、会社の業務を怠けたという理由で解雇する」と言われました。
意味が分からず、これは不当解雇ではないでしょうか?と質問したところ
30日前の通告なので不当にはあたらない。と言われました。

納得がいかなかったのでサインをせず
話し合いも1時間半と長時間におよんだので平行線のまま帰宅した次第です。


私は穏便に辞めたいだけなんですが
このまま自己退職で無事に辞めることは出来るのでしょうか?


補足ですが
会社はどんな事でも訴えるような会社で正直怖いんです。
退職意思を伝える前に、別の企業からほしい人材だと言われ業務内容などを聞くために
その企業の方と会食をした事がありましたが
その企業様からは、退職したという事実がない限り引き抜きなどは出来ないですし
また退職した後に、ご連絡頂ければと思います。と言われており
そういった内容が、会社には筒抜けのようです。

正社員で働く女子です。

10月1日
上司に退職意思を伝えました

10月2日
常務、部長(どちらも男性)と話し合いの場がもたれ
「退職理由は何だ?」と言われたので何も話たくはなかったのですが
「実家に帰り、そちらで仕事を斡旋してもらえそうなのでお世話になるつもりです」と
当たり障りのない事を伝え引継ぎや締日も自分なりに考慮し11月15日付で退職させてもらいたい旨を伝えました

10月4日
常務、部長に呼び出され「会社側は11月15日で退職を受理するので、ここに退職理由を事細かく書いてくれるか?」と、...続きを読む

Aベストアンサー

どちらでも同じようなことです。
退職するにあたって、労基法では、文書による届け出を義務化していません。口頭・電話・メール・文書・・・何でもいいのです。本人が直接上司に退職の意思を伝達し、その意向が承知不承知に関係なく、伝われば、それで終了です。但し、日程についてのみ規定があり、退職希望日の14日前となっています。
ですから、会社側から届書を強要されても拒否権はあり、合法で、会社が提出不履行を不満として、30日前の解雇を予告したのも、合法です。
新規採用予定の会社には、退職に当たり、行き違いを生じ、円満退職にはなりませんでしたが、解雇になりましたので、就業していた会社とは、完全に無関係となっておりますと、解雇通知書を提示してください。
ムシロ、ゴタゴタを引きずってるより、さっぱりしていいものです。
源泉徴収票・社会保険証書・離職票などの受け取りを間違いなく確認です。


人気Q&Aランキング