はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

こんばんわ。

当方1月に誕生日を迎え、20歳になりました。
それと同時に年金の書類が送られてきて、学生納付特例の手続きをしなくてはいけないということをしり、2月頃に区役所に行き、学生納付特例の書類を提出しました。

区役所の人はこれでOKです、と言っていたのでその後何もないとおもっていたのですが、
本日、年金の書類がきて、中を見ると小切手のような領収書という払い込み用紙のようなものが送られてきました。

当方は学生納付特例の書類をだしたのでもう学生の間は払わなくて大丈夫と思っていたのですが、これは学生納付特例の手続きがちゃんと行われていないということなのでしょうか?

年金の知識などは一切なく、全然わからないので、このような事態は一体何なのか回答いただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

役所の人は言葉が足りませんでしたね。


これは国の決め事なので、やり方が違うわけがないと思うので……


しばらく待ってみてください。
社会保険事務所から承認をもらうと『承認されました』という旨のハガキが着ます。
ダメだった場合も『ダメでした』という旨の手紙が着ます。


大体1ヶ月程度で返事が着ます。
私は大学ではなく専門学校に行っていたので、学生納付特例で出せるのか色々ネットで調べたのですが、私の住む区のホームページには『学生で収入がなく(年間133万円以下)、保険料を納められない方は、申請をして社会保険事務所で承認されると、申請した年度の4月~年度末(3月)まで保険料の納付が猶予されます。』と、記載されていることから『申請をして承認されたらOK』ということがわかります。

質問者さまに対して役所の人が言ったのは「申請書類はこれでOKです」という意味なのだと思います。
ですので、しばらく待っていると、『承認されました』というハガキが届きます。
そして、今年の4月以降も学校に通っている場合は、また役所に申請を出さなければなりません。


納付書については、私も送られて着ました。
私も誕生日が過ぎてしばらく経ってから申請したので、申請したら来ないのか?ということに関してはわかりませんが、今はただの『行き違い』です。
払わなくても大丈夫です。


役所の人も、もうちょっと細かく言ってくださったら良かったんですがねぇ(^-^;)
    • good
    • 8
この回答へのお礼

そのようなハガキがくるのですか。まだきていないようです。
もう1ヶ月以上たっていると思いますが・・・
とりあえずもう少し待ってこなかったら区役所に問い合わせてみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/04/04 01:52

学生納付特例の申請が遅れると、申請日前に生じた不慮の事故や病気による障害について、障害基礎年金を受け取ることができない場合があり、手続きをすることは大事です。

学生納付特例期間については、10年以内(例えば、平成29年4月分は平成39年4月末まで)であれば保険料をさかのぼって納めること(追納)ができます。今回の手続きは2月と言うことですので、特例の対象期間には該当します。支給額に反映する納付は任意と考えてよろしいかと思います。
    • good
    • 3

専門家紹介

木村正人

職業:ファイナンシャルプランナー

FP1-オフイス21 代表
[ エフピ-ワン-オフイスニジュウイチ ]
あなたの人生のアドバイザーFP1!
家庭のいち専業主婦から世界のトップ企業様までアドバイス!
これが誰にもひらかれたエフピーワンの心意気です!

詳しくはこちら

お問い合わせ先

073-402-5035

※お問い合わせの際は、教えて!gooを見たとお伝えいただければスムーズです。

専門家

20歳になったら、学生特例をしていようがいまいが、一律に納付書が届くようです(息子もそうでした)。

学生特例の決定には2-3ヶ月かかる場合があるので、届いた納付書は使わなくてもいい(当市ではそのように説明を受けました)でしょう。そうはいっても不安でしょうから、直接社会保険事務所にご確認される事をお勧めします。
なお、学生特例は毎年申請することが必要です。今年4月から来年3月までの申請書が後日送ってくるはずですので、それもご確認ください。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。直接電話して聞いてみることにします!

お礼日時:2007/04/06 00:57

学生納付特例は認められています、それは任意で


払い込みをする人の為です。
学生納付特例この間は払い込まなくても年金期間に加える、実際は払っていないので、同じ年数を払っていた人とくらべると年金額が減額されます。
だから払える人は払って下さいて、ことです。
      
              以上
    • good
    • 3

私も今まさに同じ状況にいますので、戸惑う気持ちは良く分かります。



送られてきた振込用紙はあくまでも「振り込む可能性のある」時点で
発送していますので、その後手続きをしたのであれば
振込用紙は破棄してしまって構いません。

なお、学生納付特例は毎年自分の手で申請しないといけませんので、
これから学校を卒業するまでは4月ごろに同じ状況が繰り返されるかと思いますが、
手続きさえ行っていれば問題はありませんので、
気にしないようにすれば良いと思います。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
そうでしたか、とりあえず問題ないようで安心しました。
また4月になったので新たに区役所に行って申請して期待と思います。

お礼日時:2007/04/04 01:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q 今年も手紙を返送して学生納付特例制度を申請したはずなのになぜ未納!?

 今年も手紙を返送して学生納付特例制度を申請したはずなのになぜ未納!?
学生納付特例制度を2008年から加入しています。今日,未納の通知が家に来ました。
 2010年5月から未納となっていました。5ヶ月間が未納だそうです。
 半年も昔のことなので,記憶はそこまではっきりはしていませんが,社保庁か年金のどこかから,手紙が来て,それを返信したはずなのです。出した記憶はあるのです。でも通知には未納と書いてあるのです。  
 今日その手紙に気づいて年金ダイヤルに電話しましたが,受付時間外でした。夕方です。
 この未納の期間を特例制度の中に入れることはできませんか?

1.まず仮に出したことが確実だとしましょう。頼むとこの未納期間はどうなりますか?
2.もし僕が郵送された手紙を返信していなかったら。頼むとどうなりますか。
 
区役所が開いたら,すぐに行きます。

Aベストアンサー

学生納付特例制度を申請したはずなのに未納の通知が来たことについては、可能性としてはいろいろ考えられます。
まずご自分が心配なさっているとおり、実は返信していなかった。
ほか、返信はしたけれど、それは2009年の分の申請だった。却下になったため未納の通知が来た、など。

これは直接問い合わせてみないと分かりようがないですから、
「2010年度の学生納付特例申請をしたと思うのだけれど、未納の通知が来たので、どのようになっているか確認したい」と問い合わせてください。

なお、未手続きだった場合は、2010年度の学生納付特例は、2011年3月末までに申請すればセーフです。
しかし、督促などが引き続き行ってしまうので、未手続きならば早めに申請を。

ひとつ疑問があります。
2010年5月から未納とのことですが、学生納付特例が未手続きならば、4月分からが未納になるはずです。
4月分は納付?それとも猶予になってるのでしょうか?

Q20歳以上の大学生の皆さん国民年金はどうされていますか?

20歳以上の学生の皆さんは、国民年金の払いをどうされていますか?
親に払ってもらっていますか?
それとも、バイトして払っている?
猶予してもらい後で払おうとしておられるのですか?

Aベストアンサー

文章読解力のない方、知識をひけらかしたいだけの方もおられるようですので、
国民年金は老齢、障害又は死亡による国民生活の安定が損なわれることを、国民の共同連帯で防止するのが目的です。

要は長期的視野で考える必要があるわけです。

中でも比率的に圧倒的多数の方が、老齢による年金受給をして、中には老齢基礎年金だけで老後を過す方も、現在では多いんですね。

ということは、老齢基礎年金受給額を無視して表面的・近視眼的発想で、自分自身のことならともかく、
相談者(条件も不明確)に回答すべきではありません。

国民年金保険料は、全ての権利が獲得できる訳なので、未納すること無しに、納付するのが一番なんです。

未納しても良いなんて誰も言っていないでしょう?

サラ金や他人に借金してまで納付する必要はありませんが、両親に建替えてもらえるのであれば、学生納付特例より絶対的に良い。
両親への返済が多少滞っても、きちんと返済していればごめんなさいで済みます。

両親に建替える余裕がないなら自分で納付する方法を考える。
アルバイトをするなら自分で納付すればよい。

長期的視点から見ても、今現在、猶予をされても将来に納付する保険料の
プレッシャ-はきつく、
若年者納付猶予を利用した場合だと最大10年分の保険料の追納をしなければなりません。

普通の人間は嫌になって、最初から追納しないか、途中で挫折(?)して保険料の納付をやめてしまうことが多いんです。

通常、多くの方は社会に出て厚生年金等被用者保険被保険者となります。
この場合、毎月の保険料と、最低でも+1ヶ月分の追納が必要になりますが、
人間は一度自分の財布に入った金を出すのは嫌になる事が多いんですよ。
人の心はそんなに強くないんです。

実際の追納率も2007.2.27の厚生労働部会で極めて低いという報告がなされています。

若年者納付猶予まで続けてしまうということは、30歳までフリーターなどの低所得生活をしているということが多いわけで、
まず追納は絶望的になります。

老齢基礎年金を満額受給するには任意加入被保険者として65歳まで保険料を納付すればその期間分は受給額が増えます。
学生納付特例の期間のみ追納ができないならこれで満額受給できるようにはなりますが、5年以上学生納付特例等があれば完全回復は不可能。
昭和40年4月2日以降生まれの方は特例任意加入ができないので、65歳までに受給資格期間(300ヶ月)を満たす必要があります。

又、現在既に一部始まっていますが、高齢者雇用安定法の改正により、企業等の定年が65歳にまで引上げされます。

65歳まで第2号被保険者(被用者保険)であれば、任意加入もできません。

将来の予測なんかできないんですよ、だから今できるだけのことをしておいたほうが後悔せずに済む確率が高くなるのです。

その上で、諸事情により保険料の納付が困難なら、学生納付特例を利用すればよいのです。

未納は絶対にいけません、障害、死亡の補償が受けられなくなることがあります。

ですから、老後の年金額を考え、障害・死亡の保障確保の為にも将来の金銭的負担軽減にも保険料はこつこつ納付することが一番。

次善の策として学生納付特例を利用する。障害・死亡の保障確保。

ということです。

文章読解力のない方、知識をひけらかしたいだけの方もおられるようですので、
国民年金は老齢、障害又は死亡による国民生活の安定が損なわれることを、国民の共同連帯で防止するのが目的です。

要は長期的視野で考える必要があるわけです。

中でも比率的に圧倒的多数の方が、老齢による年金受給をして、中には老齢基礎年金だけで老後を過す方も、現在では多いんですね。

ということは、老齢基礎年金受給額を無視して表面的・近視眼的発想で、自分自身のことならともかく、
相談者(条件も不明確)に回答...続きを読む

Q学生納付特例申請書を出し忘れた・・・

現在大学4年生です。
去年までは毎年ちゃんと学生納付特例申請書を出していましたが、
今年はうっかり出し忘れてしまいました・・・。
今から申請ってできるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
結論から先に言いますと、いまからでも申請可能です。

平成21年5月~平成22年3月に申請したときは、
平成21年4月~平成22年3月における必要な期間が認められます。
ちなみに、平成21年4月に申請したときに限り、
平成20年4月~平成22年3月における必要な期間が認められます。

必要な期間とは、上に記されている期間のうち、
いまだ国民年金保険料を実際に納めてはいない期間のことを言います。
言い替えると、既に納めてしまった期間の分については適用不能、
という意味です。

上の期間は、法令での「学生納付特例の承認期間の決まり」が根拠で、
以下のとおりとなっています。
http://www.sia.go.jp/infom/text/kokunen05.pdf の9ページ目後半に
記されています。

1.
 申請のあった日が、当年の4月中にあるときは、
 その前年の4月から、当年の翌年の3月までの期間のうち、
 学生である間で必要と認める期間を、承認する
2.
 申請のあった日が、当年の5月中から翌年3月中にあるときは、
 当年4月から、当年の翌年の3月までの期間のうち、
 学生である間で必要と認める期間を、承認する
(注)
 申請のあった日が、当年の1月中から当年の3月中にあるときは、
 その前年の4月から、当年の3月までの期間のうち、
 学生である間で必要と認める期間を、承認する
 

こんにちは。
結論から先に言いますと、いまからでも申請可能です。

平成21年5月~平成22年3月に申請したときは、
平成21年4月~平成22年3月における必要な期間が認められます。
ちなみに、平成21年4月に申請したときに限り、
平成20年4月~平成22年3月における必要な期間が認められます。

必要な期間とは、上に記されている期間のうち、
いまだ国民年金保険料を実際に納めてはいない期間のことを言います。
言い替えると、既に納めてしまった期間の分については適用不能、
と...続きを読む

Q国民年金 免除申請したのに特別督促状が

約一年前、無職だったときに年金を払わずそのままにしてました。
つい最近委託の年金会社から電話がきて相談したら遡って免除できると言われて免除申請をすぐしました。
そして今日免除申請をして2ヶ月くらいですが、この督促状がきました。
免除申請されない場合は通知がくるとのことですが何もきてません。
まだ申請中?それとも免除申請が通らなかったのでしょうか?
以前も免除申請さたことありますが、普通に全額免除されたので通らなかったことは考えにくいです。
週明けに電話はしてみようかなとは思ってますが、正直ちょっと怖いです。
取り急ぎ詳しい方、動揺して不安で仕方ないのでお知恵をおかしくださいませ。

Aベストアンサー

免除や猶予の申請は結果が出るまで3か月前後かかるようです。申請する方は一人でも審査する方の件数は大量ですから。
審査結果通知が来ていないのでしたらまだ結果が出ていないという事です。
その間で行き違いはありますから請求が来ることもあります。もう少し待ってみてもいいと思います。

なお、督促状ではなくて特別催告状でしょう。この二つは大違いです。

Q学生時代の国民年金を払っていないのですが、、、

25歳会社員です。
学生時代、二十歳になってから就職して厚生年金を払い出すまでの期間、
国民年金を全く払いませんでした。
おおよそ、30万円ほどです。
就職後はずっと、会社で厚生年金、国民年金をそれぞれ払っています。
月に25000円くらいでしょうか(合わせて)。
払っていない30万円をそのまま払わないと、
30万を今払うのと比べてどれくらいの差が老後に出るのでしょうか。
また、学生時代の未納分はいつまで払うチャンスが与えられるのでしょうか。
今はまだ請求がきますが、無視しつづけてしまっています。

Aベストアンサー

私も未納分を収めようかどうしようか迷ってます。(年金制度はころころ変わるので)
年金支給時までの物価の上昇と自分でそのお金を運用したときの運用利率が等しいと仮定するならば、(物価上昇率と賃金上昇率があまり差が開かなくて)

現在の老齢基礎年金の満額が 804,200円なので、もし未加入期間が24ヶ月だとすると二十分の一に当る40,210円が現在の価値にしたとき年間当り貰えなくなる分だと私は思っています。

300,000÷40,210=7.46  65+7.46=72.46(才)

もし私の仮定した通りだとしたら上の歳より長生きするんだったら薦めるし、そうでなければ薦めません。また、物価上昇率より自分で運用した方がはるかに高利率であれば上の年齢よりもう少し長生きしないといけません。

ただ、年金制度はころころ変わるので貰える年齢が高くなってる可能性があります。太く短くいきるのなら、収めないほうが良いのではないでしょうか?
ただ、長生きしたときは後悔するかもしれないですね。

素人考えですみません。

私は、もしかしたら未納推進派かもしれません。
ただ、身内(四親等)は戦争と事故以外では若くして死んだ人はいません。基本的に80以上は生きてます。現在、おじおばに当る人は70~100歳にほとんど入ってますが元気です。(20数人いるけど)祖父祖母ともに90歳は超えています。だから、自分も長生きするんじゃないかと思っています。そしたら、逆に年金を払わないことによって国の負担を軽くしてあげてると思ってます。(年金は生きてる限り半永久的に貰えるので)
まあそれは屁理屈でしょうが…。

私も未納分を収めようかどうしようか迷ってます。(年金制度はころころ変わるので)
年金支給時までの物価の上昇と自分でそのお金を運用したときの運用利率が等しいと仮定するならば、(物価上昇率と賃金上昇率があまり差が開かなくて)

現在の老齢基礎年金の満額が 804,200円なので、もし未加入期間が24ヶ月だとすると二十分の一に当る40,210円が現在の価値にしたとき年間当り貰えなくなる分だと私は思っています。

300,000÷40,210=7.46  65+7.46=72.46(才)

もし私の仮定した通りだとしたら上の...続きを読む

Q大学生です。市民税・県民税についての知識が無いので教えて下さい。

僕は地方から大学に出てきていて、今年の一月の半ばに住民票を今住んでいる都市に移しました。

税金についての知識はアルバイトで103万円を超えないようにする、くらいしか知らないので、確定申告などもしていません。

九月頃になって、役所から市民税・県民税申告の手引きという封筒が届き、今そのまま放置している状態です。

しかし、引っかかるところは、平成19年3月15日までに申告下さいと書いているにも関わらず、9月になって送ってきたということ、また、知り合いに聞いたところ、「大学生だから払わなくていいんじゃない?」と言われました。
僕はどうすればいいのでしょうか?大学生は市民税を払わなければならないのでしょうか?ご回答お願いします。

ちなみに、昨年はあまりバイトをしておらず(勤務月は合計約4ヶ月、総額で20万程度の収入です。)、そのバイト(二つやっていました。)は今やっていません。最初のバイトは給料が手渡しだったので特に給与明細等はもらっていません。二つ目のバイトは給料は手渡しだったのですが、給与明細は一応もらっていた気がしますが当然今残っていません。

僕は地方から大学に出てきていて、今年の一月の半ばに住民票を今住んでいる都市に移しました。

税金についての知識はアルバイトで103万円を超えないようにする、くらいしか知らないので、確定申告などもしていません。

九月頃になって、役所から市民税・県民税申告の手引きという封筒が届き、今そのまま放置している状態です。

しかし、引っかかるところは、平成19年3月15日までに申告下さいと書いているにも関わらず、9月になって送ってきたということ、また、知り合いに聞いたところ、「大学生だから払...続きを読む

Aベストアンサー

>税金についての知識はアルバイトで103万円を超えないようにする…

それは、親御さんが「所得税 (国税)」の計算において「扶養控除」を取れるあなたの収入限度です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180.htm
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm
また、あなた自身の「所得税」も、確定申告をしなくてかまいません。
ただ、確定申告をすれば、「勤労学生控除」が上乗せされ、合計 130 万円まで所得税を払わなくて済みます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1175.htm

住民税は、所得税より 5万円ほど少ない時点から課せられます。
つまり、98万円で親御さんが住民税における「扶養控除」を取れなくなり、あなた自身にも住民税の申告義務が生まれます。
「勤労学生控除」も所得税より 1万円少ない 26万円です。
98 + 26 = 124 万円から課税されます。
http://www.city.fukui.lg.jp/j150/sizei/kojin.html

>大学生は市民税を払わなければならないのでしょうか…

基本的に 98万円以上の給与があれば、市民税を納めなければなりません。
「勤労学生控除」の適用を申告すれば、124万円まで緩和されます。

>知り合いに聞いたところ、「大学生だから払わなくていいんじゃない…

テレビに出ているちびっ子タレントでも、しっかり納税しているのですから、大学生が免除などと言うことはありません。

>昨年はあまりバイトをしておらず(勤務月は合計約4ヶ月、総額で20万程度の…

それなら所得税の確定申告はもちろん、住民税の申告も必要ありません。

>九月頃になって、役所から市民税・県民税申告の手引きという封筒が届き…

申告の必要ある人、ない人の区別をせず、申告していない人全員に送付したのでしょう。
とにかく、昨年分は無視してよいでしょう。

今年、あるいは来年以降、98万円を超えるなら要注意です。
98万円に至らなくとも、源泉徴収される場合は、申告すれば返ってきます。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>税金についての知識はアルバイトで103万円を超えないようにする…

それは、親御さんが「所得税 (国税)」の計算において「扶養控除」を取れるあなたの収入限度です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180.htm
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm
また、あなた自身の「所得税」も、確定申告をしなくてかまいません。
ただ、確定申告をすれば、「勤労学生控除」が上乗せされ、合計 130 万円まで所得税を払わなくて済みます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1175.htm

住...続きを読む

Q免除手続きしたはずの国民年金に催告状が来ました

お世話になります。

タイトルの通りですが、
H19年12月末日で、勤めていた会社が倒産し失業しました。

その後、1月に役所へ行き、各手続きを済ませ、
2月に別の県へ引っ越しました。

役所では離職票などを持って行って、
国民年金の免除手続きなどを行ったさい、
「納付のお知らせなどが届いた場合は無視してください」
と言われていたので、ほっときました。

あれから1年が過ぎた現在、
民間の債権回収会社から再度、「催告状」という形で送られてきました。

この場合、
役所で行った免除手続きが、申請中なので、ほっといてもいいのでしょうか?
それとも、1年以上たっているので、役所で手続きが出来ていない事を疑うべきなのでしょうか?
(引越しをしたので、両県の役所で話をしました。引っ越した側の役所では、前の役所で手続きしてるならいいです、という回答でしたが)

何かアドバイスをいただきたく思います。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

免除申請は出せば必ず通るものではなく、審査があります。審査の後、結果が通知されるしくみです。
通常申請日から2か月くらいで通知があります。
通知の内容は確認されたのでしょうか?
まずは、最寄りの役所、社会保険事務所で審査結果を確認してください。

考えられることとしては、免除申請(特例)されたが、世帯主、配偶者にそこそこ所得があり免除却下となってるケース。
場合によっては部分免除となるケースもあります。

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Q国民年金の学生納付特例制度を利用した後の支払いについて質問です。

国民年金の学生納付特例制度を利用した後の支払いについて質問です。

国民年金の学生納付特例制度を利用した後、厚生年金に加入し、国民年金の学生時代の分は忘れてそのままになっていました。国民年金の時効は2年と聞いたのですが、このままにしていて大丈夫でしょうか?

役所の人がこんなことを言っていいのかわかりませんが、学生納付特例の申請を出しに行ったとき、役所の人が厚生年金に入っていれば、国民年金の数年くらいたいしたことないから収めなくても大丈夫だろうといわれていたので、安心していたのですが・・・。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>ということは、特例期間の分については、そもそも払う・払わないの判断は、
>私側にゆだねられていて、年金が少なくてもいいなら払わなくても
>まったく問題ないということですか?

全く問題有りません。この部分は未納ではないので強制徴収されることは一切ありません。払わないでいると10年目には最終確認のため、払いますかという確認文書が送られてきます。ただし、これは「払いなさい」ではなく払う場合最後の機会ですという意味ですので、払わなくても問題となる物ではありません。

Q課税か非課税か?

課税か非課税か?

今年から大学生になるものです。

ただいま国民年金保険料学生納付特例申請書を書いているのですが、これについて分からない点がありましたので質問させていただきます。

昨年から今年の3月までアルバイトをしていたのですが、このとき給料からたまに所得税が引かれていました。
年間で稼いだ金額は103万円以下なのですがこういった場合前年の所得は「あり」、前年における所得税・障害者控除・寡婦控除は「非課税」で大丈夫でしょうか?
それともこの場合は「課税(障害者控除あり 寡婦控除あり)」でしょうか。

どなたか詳しい方教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

>前年における所得税・障害者控除・寡婦控除は「非課税」で大丈夫でしょうか…

「非課税」で良いです。

>アルバイトをしていたのですが、このとき給料からたまに所得税が引かれ…
>年間で稼いだ金額は103万円以下なのです…

そもそも所得税というものは 1年間の所得額が確定してからの後払いが原則です。
月々の源泉徴収はあくまでも仮の前払いですから、1年間が終わって年末調整または確定申告で全額返ってきたでしょう。

なお、「勤労学生控除」を申告すれば、給与で 130万 (正確には「所得」で 65万) までは所得税は発生しませんから、覚えておいてください。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1175.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング