出産前後の痔にはご注意!

 イギリスがスペインやポルトガルに植民地探検で遅れを取ったのはどのような理由からなのでしょうか。参考文献やURLなどもご存知でしたら、教えてください。英文だと尚助かります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

スペインが海外進出に乗り出すのは、グラナダが陥落し、レコンキスタが終了した1492年以降です。


その当時のイギリスは、バラ戦争の最終局面にありました。
イギリスは、国家を二分したバラ戦争の後始末と、ヨーロッパ内の対応に追われ、とても海外進出どころではありませんでした。
ヘンリー8世のイギリス国教会設立などもありますし、フランスと同盟しているスコットランドの事もあり、北米探検などを行っていても、国家をあげて海外進出している状況ではありませんでした。
さらに、イギリスが目指した北米には、中南米のように金銀が出るわけでもなかったため、殖民熱が盛り上がりませんでした。
それが、スペイン・ポルトガルに約百年送れる原因となりました。

ポルトガルの場合、1251年レコンキスタが終了し、勢力を伸ばす方向が、海外進出しか選択肢がないため、積極的に海外進出をしました。
スペインにおいても、イサベルと結婚したフェルナンド(アラゴン王)の巧みな外交政策により、フランスとの対立を有利に進める事により、ヨーロッパ内の騒動から、距離をおく事ができ、国力を高める事ができました。
さらに、カルロス1世の時代になると、ブルゴーニュの先進的文化・制度がスペインにもたらされ、益々スペインの国力がアップし、スペインは、ヨーロッパ最強国家へと変貌してゆきます。

つまり、スペイン・ポルトガルは、ヨーロッパの辺境に位置していたため、ヨーロッパ内の混乱に巻き込まれず、海外進出のための国力を持つ事ができたのです。

このへんは、各国の歴史を時代ごとに比べてみていけば、理解できると思います。
    • good
    • 0

これ如何ですか?



参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E8%88%AA% …
    • good
    • 0

文明の伝播経路


中東→エジプト→エーゲ海→イタリー→スペイン→ポルトガル→フランス→イギリス→北欧
遅れを取ったわけではなくそういう順番が回ってきたということです
    • good
    • 0

議会が強く王権が弱いため、迅速な予算編成がしにくい点もあると思います。

    • good
    • 0

スペインには無敵艦隊アルマダがありましたから


海上戦力・制海権で英国は遅れがあったのでは?
あと英国国内の事情、内政上の勢力争い・権力闘争も
考えられます
推測ですが・・・・
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオランダはなぜ17世紀、海上帝国を築けたのですか?

オランダは国土も狭く、
個人的に歴史的に見ても脆い部分がある国家の
イメージがあるのですが、
なぜ17世紀に海上帝国を築き上げることができたのでしょう?

大航海時代のスペイン、ポルトガルのようにローマ・カトリック教会のような
なんらしかの大きな後援者がいたからでしょうか?

Aベストアンサー

オランダは、中世末期から、ヨーロッパの最先端地域であり、北海とライン川の交易圏の中心となっていました。
アントワープ、ロッテルダム、アムステルダムなどは、そういった交易都市でした。
さらに、毛織物産業が発達しており、ヨーロッパ最大の経済大国になっていました。
オランダは、独立前から、そういった経済的、地域的基盤を持っていた地域でした。
しかし、16世紀までは、スペインとの独立戦争のため、海外進出ができませんでした。
しかし、17世紀に入った直後、1609年に、スペインとの間に、休戦協定が結ばれ、国外に進出することができるようになります。
そもそもこの休戦協定は、スペインの国力低下、財政難により、スペインが、オランダ独立軍との戦いが困難になったことが原因でした。
当時のポルトガルは、スペインに併合されており、やはり国力を失っており、イギリスは、スチュアート朝の成立とピューリタン革命の時期となり、海外進出どころではなくなってしまいます。
フランスも、ユグノー戦争で、海外進出ができなくなっていた時期にあたります。
スペイン、ポルトガル、イギリス、フランスといた、それまでの海外進出先発組の停滞に助けられ、海外進出の国力のあったオランダが、この時期一挙に海外進出を行うのです。

オランダは、中世末期から、ヨーロッパの最先端地域であり、北海とライン川の交易圏の中心となっていました。
アントワープ、ロッテルダム、アムステルダムなどは、そういった交易都市でした。
さらに、毛織物産業が発達しており、ヨーロッパ最大の経済大国になっていました。
オランダは、独立前から、そういった経済的、地域的基盤を持っていた地域でした。
しかし、16世紀までは、スペインとの独立戦争のため、海外進出ができませんでした。
しかし、17世紀に入った直後、1609年に、スペインとの間に、休戦...続きを読む


人気Q&Aランキング