親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

いろいろあっていまいる会社を辞めてフリーターでやってこうとおもってるんですけど、国民健康保険って義務なんですかね?
あと、職についている人とフリーターとでは払う額がちがうって本当なんですか??

しっている方がいましたらお願いします!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

義務というより自動加入です。


法律上、日本国内に住んでいる人は、全て自動的に国民健康保険に加入していることになっています。たとえ0歳の子どもでもです。

国民健康保険法
5条 市町村又は特別区(以下単に「市町村」という。)の区域内に住所を有する者は、当該市町村が行う国民健康保険の被保険者とする。

勤め先を通じて健康保険に加入している人や、その人に扶養されている人、生活保護を受けている人は「例外」として加入していないのです。

退職して健康保険から脱退したら、自動的に国保に加入したことになるのです。
そうなったけど請求が来ない、というのは、単に市町村から把握漏れになっているだけで、届け出なければ加入したことにならない、というわけではありません。
    • good
    • 5

退職した日の翌日から加入することになります。

義務と思う方と権利と思う方もいます。つまり、国民健康保険制度(国民皆保険)のある国に生まれた事は悪い事ではないでしょう。原則、2週間(14日)以内に手続きが必要です。病気になって全額個人負担となると大変ですのでみんなで助け合うと言う趣旨があります。
    • good
    • 0

専門家紹介

木村正人

職業:ファイナンシャルプランナー

FP1-オフイス21 代表
[ エフピ-ワン-オフイスニジュウイチ ]
あなたの人生のアドバイザーFP1!
家庭のいち専業主婦から世界のトップ企業様までアドバイス!
これが誰にもひらかれたエフピーワンの心意気です!

詳しくはこちら

お問い合わせ先

073-402-5035

※お問い合わせの際は、教えて!gooを見たとお伝えいただければスムーズです。

専門家

日本は皆保険の国なので、国民全員は何らかの健康保険に加入する義務があります。

会社員や公務員等が加入する健康保険か国民健康保険です。国民健康保険は、所得が多い人ほど保険料が高くなりますので、自営等で仕事を持っている人は高くなり、フリーターで仕事が不定期な人は安くなる傾向があります。
    • good
    • 4

専門家紹介

専門家プロファイル_菅田芳恵

職業:社会保険労務士

特定社会保険労務士、産業カウンセラー、キャリアコンサルタント、ファイナンシャルプランナー、ハラスメント防止コンサルタント等13の資格を持ち、様々な知識を活かしてコンサルティング、研修やセミナーの講師、カウンセリング等幅広く行っています。最近では企業のハラスメントやメンタルヘルスの研修、ワークライフバランスの推進、女性の活躍送信事業等で活躍しています。

詳しくはこちら

専門家

社会保険に入っていないので有れば国民健康保険に入らなければなりません。


職に就いている人の国保の料金とフリーターの保険料に違いがあるのは当然です。所得が違いますからね。
所得が多ければ保険料も高くなりますよ。

社会保険から抜けて国保に入らないと2年さかのぼって後々高額な請求書が来ますよ。
    • good
    • 12

義務です。


国保に加入していると病院の窓口で支払うのは3割で
すみます。残りの7割は国保から病院に払ってくれま
す。

じゃあ自由に加入できるとしたら、健康なときは未加
入病気になったら加入しますよね。そうしたら国保の
お金が無くなって7割分病院に払えなくなりますよ。
国保のお金は無制限で国から補助してくれるのでは
ないんです。国保は役所単位で加入者からの国保料
で運営しているんです。
病気の時だけ加入してなんてなったら国保は破綻し
ちゃいますよ。

国保はおおむね前年の所得に応じて金額が決まって
きます。18年の所得に応じて19年7月から19年
6月の1年間の国保料が決まってきます。役所に
よって8月から7月という所もありますが。
なので国保料を払いたくなければ所得を下げること
です。
それとhoto1さん名義の土地建物の評価額にも国保料
反映してきます。
仮に不動産もない18年の所得も0だとしても19年
7月から収める国保料は最低でも4,5万はかかりま
す。
    • good
    • 4

義務ですが払わなければ利用できなくなるだけです。


国民年金は払わなくても健康保険だけは払っている人が多いです。病気になったときに保険が使えないで、病院での治療費は全額自己負担になってしまいます。病気になったときに改めて利用するには未払い分の保険料を支払わなければなりません。
なおご家族と同居なら、世帯主宛に全員の保険料を合算して納税通知書が来ます。
    • good
    • 7

社会保険加入者及び生活保護受給者以外は義務です。


>職についている人とフリーターとでは払う額がちがうって本当なんですか??
収入に応じて支払額は違いますよ

参考URL:http://www.city.hannan.osaka.jp/inter/hoken/koku …
    • good
    • 5

 健康保険は国民皆加入の義務があります。


 保険金額については前年の収入(と扶養家族などの加入人数)により決まります。
    • good
    • 5

国民健康保険は義務ではなかったと思いますが。


ただ、病気になったとき、特に重い病気になると
莫大な医療費がかかりますので、普通は加入します。
医療費以外にも産育児一時金、葬祭費などが給付されます。

払う額は所得を元に計算されるはずなので、低所得なほど安いです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q国民健康保険加入は義務ですか

基本的な質問ですいません。そもそも国民健康保険加入は国民の義務でしょうか。入らないと罰則はあるのでしょうか。当方自営業です。
もちろん病気になったときは全額負担するつもりです(そのほうがはるかに安いので)。
保険証などいりません。
どなたかご教示下さい。

Aベストアンサー

国民健康保険には加入していることになっています。
単に貴方が保険料を支払う手続きをしていないだけのこと。

既出ですが、支払うべき保険料を支払っていないため、
督促・追徴がきます。

それと、貴方が「全額負担します」と言っても医療機関が受け付けない
可能性もありますよね。
医療機関としては踏み倒されては困りますから。

Q国民健康保険に入っていない

今フリーターをしていますが、国民健康保険に入っていません。
将来就職したときに何か請求されたりするのでしょうか?
お金がないので、国民健康保険には入らないでおこうと思ってます。

Aベストアンサー

このまま、国民健康保険に未加入のまま就職したときに何か請求されるか?と質問ですが、
答えは「何も請求されません」。
このまま就職されるまで病院にかからなければ、何も問題はありません。

ただ、もし未加入の期間に病院にかかってしまうと、医療費を全額自己負担しなければなりません。
また、それを期に国民健康保険に加入すると、保険料については、前の健康保険を辞めたときからか、または現住所の市町村に住民票を置いた日から2年間(どちらか期間が短いほう)、遡って請求されます。これは地方税法に基づき滞納してしまうと財産の差押えの処分を受けることもあるので注意が必要です。
またもうひとつ注意が必要なのは、保険料は遡って納付しなければなりませんが、健康保険証が使えるのは健康保険に加入した日からということです。
これはあくまでも「保険」という性質上、しかたのないことですが・・・
最後に、これは制度の問題点だと思うのですが、国民健康保険は現在、市町村単位で運営していますので、住民票を他市町村に移すと、保険料の遡及はリセットされてしまいます。このことを利用して、保険料を遡って払わないひともいるようです。

このまま、国民健康保険に未加入のまま就職したときに何か請求されるか?と質問ですが、
答えは「何も請求されません」。
このまま就職されるまで病院にかからなければ、何も問題はありません。

ただ、もし未加入の期間に病院にかかってしまうと、医療費を全額自己負担しなければなりません。
また、それを期に国民健康保険に加入すると、保険料については、前の健康保険を辞めたときからか、または現住所の市町村に住民票を置いた日から2年間(どちらか期間が短いほう)、遡って請求されます。これは地方税...続きを読む

Q健康保険に10年未加入です・・加入したいのですが心配

大学卒業後、小さな個人営業の店で働き10年になります。
入店時、店主に「保険・年金は自分で手続きを」と言われ、両親からは扶養に入れてもらえず、とても少ない給料から支払うのは厳しく、保険が切れて以後そのままで今に至ります。

この半年やっと生活に少しのゆとりが出来、保険に入りたいと思っているのですが、長い間放置していた為どうなってしまうのか(罰則・追徴金?)心配です。

とても勝手な状況ではありますが、今後必要な手続き・用意すべきものをお教えいただきたいです。

Aベストアンサー

日本国内に住む人は、すべて自動的に国民健康保険に加入していることになっています。

勤めて健康保険に加入していたり、その被扶養者になっている人などは「例外」という扱いです。

ですから、あなたはずっと国民健康保険に加入していることになっています。
単に、届け出がないから市町村に把握されていないだけです。

加入しているのですから、保険料/税の納付義務があります。
「保険料」の市町村では2年、「保険税」の市町村では5年が時効ですので、そこまでさかのぼって負担することになります。

ところで、届け出・支払いの義務があるのは世帯主です(世帯主本人が国保に加入していなくても)。
世帯主に請求され、差押えもあり得ます。

〉今後必要な手続き・用意すべきものをお教えいただきたいです。
市町村のホームページに書いてありませんか?

Q健康保険資格喪失証明書について

恐れ入ります。

まず自分は今年の1月末で会社を退職し
現在無職の一人暮らしとなっております。

保険証を退社時に返却していたので、
届出などが必要というのはしっていたのですが、
保険などについては、全くわからないということがあって、
退職してからなにもしておりませんでした。

しかし、最近になって急に昔から放置していた
虫歯が尋常じゃなく痛み出し、
保険証が必要となりインターネットで調べていたのですが、
国民健康保険に変更申請するのに

「健康保険資格喪失証明書」

が必要ということだけはわかりました。

しかし、退職時にはいただいておりません。
退職して約2ヶ月たちますが、自宅に郵送などもされてきておりません。

そこでお聞きしたいのですが、
1.健康保険資格喪失証明書は退職時に渡されるのが普通なのか?
2.問い合わせは前の会社でよいのか?
3.現状で最短で保険証を手に入れる手順は?

以上です。大変申し訳ありませんが宜しくお願いします。


早く歯医者行きたいです。
痛みでよるも眠れません;;

恐れ入ります。

まず自分は今年の1月末で会社を退職し
現在無職の一人暮らしとなっております。

保険証を退社時に返却していたので、
届出などが必要というのはしっていたのですが、
保険などについては、全くわからないということがあって、
退職してからなにもしておりませんでした。

しかし、最近になって急に昔から放置していた
虫歯が尋常じゃなく痛み出し、
保険証が必要となりインターネットで調べていたのですが、
国民健康保険に変更申請するのに

「健康保険資格喪失証明書」

が...続きを読む

Aベストアンサー

喪失証明書は送付義務はありません。
また、勝手に自宅に送られてくるものでもありません。
通常会社は、資格喪失届を出すことで送られる資格喪失通知書の
コピーか、もしくは資格喪失連絡票というものを退職者に渡します。

前の会社に問い合わせして、資格喪失通知書のコピーをもらうことです。
通常は雇用保険の離職票などと一緒に退職後すぐに会社が退職者に渡すべきものです。
保険証については、市役所などで問い合わせしないとここでは分かりません。
健康保険は退職日にさかのぼって加入することになります。
また、届出が遅れた場合は届出日以前に発病した病気については保険が使えない
場合もあります。

このような手続きは通常は退職後すぐに行うべきものです。
誰も教えてくれないから分からない、教えてくれない会社や役所が悪いでは、済まされません。
分からなければ退職した会社の担当者なりに聞けばいいのです。

Q国民健康保険料の支払い義務について

国民健康保険料の支払い義務について
同僚から聞いた話です。 同僚は、以前(2年以上前)社会保険でしたが、退職する時に、任意継続か国保を選ぶ際、どちらも選ばず以来、無保険の状態です。 同僚は、現在も払う気はなく、年をとったら国保に入ると言っていますが、その時に遡って請求されることはないのでしょうか? 心配だったので、役所に問い合わせるようアドバイスしたら、今の状態で国保に入れば遡って請求されるが、一旦、社保に入り再び国保に入る時には遡らないと言われたと言っていました。 同僚は今、必死で社保が付いた職場を探していますが、国保加入が義務だと思って払い続けてきた私は納得がいきません。 もし同僚が結婚して扶養に入る時、それが国保でも遡ることはないのでしょうか? 

Aベストアンサー

社会保険から抜けた時点で自動的に国民健康保険に加入となります。加入の手続きをせずにいる場合は保険料/保険税が未納であるという状態です。役所が社会保険から抜けたことを知らないので請求が来ないだけだけですが、未納の保険料/保険税はどんどん積みあがっています。

>その時に遡って請求されることはないのでしょうか?
時効にかからない分は遡って請求されます。時効は保険料である場合は2年、保険税である場合は5年です。保険料か保険税かはそれぞれの自治体が決めます。

>今の状態で国保に入れば遡って請求されるが、一旦、社保に入り再び国保に入る時には遡らないと言われたと言っていました。
役所が知らなければそういう場合もあります。しかし、役所が過去に未納の時期があったことを知ってしまうと、そのときすでに社会保険に入っていたとしても上記のように時効にかからない分は請求され、督促があると時効は停止します。

>もし同僚が結婚して扶養に入る時、それが国保でも遡ることはないのでしょうか? 
国保の場合は扶養と言う概念はありません。一人ひとりが加入者ですから上記のとおりとなります。

>国保加入が義務だと思って払い続けてきた私は納得がいきません。
無保険でいて保険診療が必要になってあわてている人や、溜まった保険料/保険税の支払いに四苦八苦している人たちもたくさんいます。

社会保険から抜けた時点で自動的に国民健康保険に加入となります。加入の手続きをせずにいる場合は保険料/保険税が未納であるという状態です。役所が社会保険から抜けたことを知らないので請求が来ないだけだけですが、未納の保険料/保険税はどんどん積みあがっています。

>その時に遡って請求されることはないのでしょうか?
時効にかからない分は遡って請求されます。時効は保険料である場合は2年、保険税である場合は5年です。保険料か保険税かはそれぞれの自治体が決めます。

>今の状態で国保に入れば遡っ...続きを読む

Q国民健康保険料いくら払っていますか?

派遣社員だった去年、年収が250万円で、国民健康保険料を約133,000円払っていました。(もちろん国民年金はまた別払い)

今年は契約社員で、年収は300万円になり、社会保険料を月に8,500円引かれています。(厚生年金はまた別)

計算すると派遣社員で国民健康保険料を払っていた時のほうが高いのですが、それが普通ですか?

また、年収が240万円で、国民健康保険料が133,000円というのは高すぎると思うのですが、いかがでしょうか?(一昨年の年収も250万円)

自営業や非正社員の方など、国民健康保険料を払っている方、年収がどれくらいで、いくら国民健康保険料を払っているか教えて下さい。

Aベストアンサー

国保は確か都道府県によって料率も異なったと思いますが、
原則、金額の決定基準は「前年度の年収」です。
kiki1978さんの場合は、現在契約社員で、社会保険のため、
半額は会社負担となっているはずです。
私が以前会社を辞めて、一時的に国保に入ろうとした時、
前年度年収が480万で、国保が月額42,000くらいと
言われました。
(その時は健康保険の任意継続を選択しました)

Q健康保険は必ず入らないといけないもの?

すでに色々出ていると思いますが…。

1月20日付けで退職し、国民健康保険に切り替えました。
任意継続だと17000円程度で、国民健康保険だと15000円程度ということで、国民健康保険に入りました。

そうしたら、1月分から請求され、ガックシしてしまいました…。
今回、無事就職が決まり、5月から会社の健康保険に入れることになったのですが、まだ4月分の請求がくるということで、またしてもガックリ…。

細かいことですが、任意継続だったら、1月分がダブることはなかったのでは?とちょっと思ってしまいました。

また、30過ぎで父の扶養はちょっと…と思ったのですが、扶養にしたほうが安かったのではと思っています。

というか、この間、1度耳鼻科に行っただけなので、入らないで済んだのならそうしたかったとすら思ってしまいました。

そこで質問なのですが、健康保険って入らない空白の期間があっても良いものなのでしょうか? 

以前、失業した時、「どうせ病気にならない」と思い、保険証を持っていない時期があったような気がするのですが、(昔のことなので、もしかしたら父の扶養にしていたかもしれません…。記憶が定かではありません)日本国民として、何かしらの健康保険には入っていないといけないものなのでしょうか?

もし自分が入っていなかった時期があったとしたら、実は払わないといけないものだったのでしょうか?(単に、今時効になっているということなのでしょうか?)

分かりにくい質問で申し訳ありませんが、宜しくお願いいたします。

すでに色々出ていると思いますが…。

1月20日付けで退職し、国民健康保険に切り替えました。
任意継続だと17000円程度で、国民健康保険だと15000円程度ということで、国民健康保険に入りました。

そうしたら、1月分から請求され、ガックシしてしまいました…。
今回、無事就職が決まり、5月から会社の健康保険に入れることになったのですが、まだ4月分の請求がくるということで、またしてもガックリ…。

細かいことですが、任意継続だったら、1月分がダブることはなかったのでは?とちょっと思ってしま...続きを読む

Aベストアンサー

>細かいことですが、任意継続だったら、1月分がダブることはなかったのでは?とちょっと思ってしまいました。

1月分は引かれてないはずですよ、社会保険料はその月の分は翌月の給与から引かれるので、1月の給与から引かれているのは12月分のはずです。

>また、30過ぎで父の扶養はちょっと…と思ったのですが、扶養にしたほうが安かったのではと思っています。

扶養になるためには条件がありますが、それがクリアできるなら扶養にすれば一番良かったでしょうね、何と言ってもタダですから。

>そこで質問なのですが、健康保険って入らない空白の期間があっても良いものなのでしょうか? 

よくはないですよ。

>記憶が定かではありません)日本国民として、何かしらの健康保険には入っていないといけないものなのでしょうか?

一応国民は皆何らかの健康保険に入らねばなりません(扶養でも良いですよ)。

>もし自分が入っていなかった時期があったとしたら、実は払わないといけないものだったのでしょうか?(単に、今時効になっているということなのでしょうか?)

まあ、そういうことです。

例えば火災保険だって結果として火事にならなければ、入らなくてもよかったと言うことを言うかもしれませんが、では火事になっていたらどうするのかということです。
病気だって本人の意思で絶対にならないと言うことではないし、事故だって本人の意思で絶対に遭わないと言うことではない。
保険とはそういうものです。

>細かいことですが、任意継続だったら、1月分がダブることはなかったのでは?とちょっと思ってしまいました。

1月分は引かれてないはずですよ、社会保険料はその月の分は翌月の給与から引かれるので、1月の給与から引かれているのは12月分のはずです。

>また、30過ぎで父の扶養はちょっと…と思ったのですが、扶養にしたほうが安かったのではと思っています。

扶養になるためには条件がありますが、それがクリアできるなら扶養にすれば一番良かったでしょうね、何と言ってもタダですから。

>そ...続きを読む

Q健康保険は何歳まで払うのでしょうか?

年金は60歳まで払えばいいのですよね?

例えば、60歳になって会社を退職した場合
健康保険はもう払わなくていいのでしょうか?

退職後誰かの(息子など)の扶養になれば払わなくていいけど
誰も扶養してくれないなら、死ぬまで払わなくちゃいけないですか?

Aベストアンサー

正確には、年金保険料の納付義務が60歳で終わるのは国民年金だけです。
厚生年金保険の年金保険料は70歳迄納付義務があり、60歳超で加入しながら受給する場合在職老齢厚生年金として併給調整を受けます。
健康保険については生涯何等かの保険制度に加入し、その保険料を負担します。通常、退職した場合国民健康保険に加入します(退職から2年間を限度に職域の健康保険に任意加入出来る制度もあり、退職金等で国保保険料が跳ね上がる危険に備える事が出来ます)。また75歳になると後期高齢者医療制度に全員加入します(引き続き継続して就労していても強制移籍。但し傷病手当金の規定が無いので75歳以上継続雇用の場合注意が必要です)。

Q月の途中で国保から社保への切りかえ

お尋ねします。

月の途中から国保→社保へ切り替わった場合、その月は国保と社保の
2種類の保険料を納めなければならないのでしょうか?
同様に国民年金から厚生年金の切り替えの場合も教えて下さい。

国保は会社を退職後、自分で市役所で加入手続きをしなければ加入されないままなのでしょうか?

Aベストアンサー

>月の途中から国保→社保へ切り替わった場合、その月は国保と社保の
2種類の保険料を納めなければならないのでしょうか?

一般にはそのようなことはありません。

国民健康保険の保険料に日割りと言う考えはありません、必ず1ヶ月単位で保険料は月末の状態で決まります、月末に加入していればその月の1か月分の保険料を支払います、月末に加入していなければ保険料は支払いません。
例えば11月15日で脱退すれば(手続き及び資格喪失日は翌日の16日になる)11月分の保険料は払う必要はありません、ただし保険証は15日まで有効です、つまり保険料の支払いと保険証の有効期間はズレがあるということです。

ただし同月得喪と言う例外があります。
同月得喪というのは同じ月に資格の取得と喪失があった場合です。
例えば11月1日に資格取得で11月15日に脱退(手続き及び資格喪失日は翌日の16日になる)の場合です、この場合は自治体の条例によって決まっているので多くの自治体ではその月の保険料は支払わなくて良いですが、一部の自治体では支払う場合があります。

また保険料の支払いについては次のようなことがあります。
国民健康保険の保険料の支払い方は自治体によって必ずしも同じとは限りません。
ただ一般的な支払方法は次のようなものです。
国民健康保険は年度単位なので4月から翌年の3月に掛けて支払うようになります。
一方金額は前年の収入から計算されます、この前年の収入が確定するのは確定申告が終了したときです、つまり3月15日です、当然4月には間に合いません。
しかもこれが整理され自治体の役所に回り、住民税が計算されてそして国民健康保険料が計算され確定するのは5月頃になります。
ですから実際には6月から翌年の3月に掛けて払います、4月と5月は払いません。
といっても4月と5月は保険料はなしと言うわけではありません。
例えば保険料が年間12万だったとします、4月から翌年の3月までの12ヶ月ですから月額としては1万です。
ただこの12万を6月から翌年の3月まで10回で払えば1回が1.2万になります。
つまり月に1.2万払うがこれは月額ではないのです、月額はあくまでも1万なのです。
要するに払ってない4月と5月分を他の月に上乗せしたと考えても良いでしょう、ですから結果としては同じことです。
ですから国民健康保険では誤解を避けるために通常は何月分とは言いません、必ず何期分と言うのです。
ですから6月から10等分して払う場合は

1期 12000円 納付期限 6月30日
2期 12000円 納付期限 7月31日
3期 12000円 納付期限 8月31日
4期 12000円 納付期限 9月30日
5期 12000円 納付期限10月31日
6期 12000円 納付期限11月30日
7期 12000円 納付期限12月29日
8期 12000円 納付期限 1月31日
9期 12000円 納付期限 2月28日
10期 12000円 納付期限 3月31日

となります。
ここで11月15日に脱退すれば支払うのは10月までです、これを月割りにすれば、月額1万ですから4月から10月まで7ヶ月と言うことで

1万×7ヶ月=7万

つまり保険料は7万支払わなければいけないのですが、実際に支払われたのは10月31日の納付期限の5期分とまでの5回ですから

1.2万×5回=6万

つまり10月までに支払ったのは6万円です。
これを支払わなければならない7万から引くと

7万-6万=1万

つまり1万円足りないわけです、この1万円を改めて役所は請求すると言うことです。

質問者の方の場合は退職の為と言うことで恐らく年の途中で国民健康保険に加入したのでしょうし、保険料の金額も異なるので上記とは全く同じとは言えませんが、要は保険料の1か月分と月払う金額とは異なるので年の途中で脱退して清算すると追加請求される場合があるということです。
これは決して11月分を請求されるということではありません、11月分は請求されないが清算した段階で不足分を請求されたということです。
よくこれを11月分は請求されないはずなのに、どうして請求されたのかと疑問思う人が多いので一応言っておきます。

>同様に国民年金から厚生年金の切り替えの場合も教えて下さい。

国民年金についても保険料に日割りと言う考えはありません、必ず1ヶ月単位で保険料は月末の状態で決まります、月末に加入していればその月の1か月分の保険料を支払います、月末に加入していなければ保険料は支払いません。
ただ国民年金に関しては国民健康保険より単純で、例えば11月16日に厚生年金に切り替えれば、11月1日に遡って厚生年金に加入となります、ですから11月の国民年金の支払いは不要です。

>国保は会社を退職後、自分で市役所で加入手続きをしなければ加入されないままなのでしょうか?

そうです。

国民健康保険は多くの自治体では下記のようになっています(一部例外もあるようですが)。
国民健康保険は資格喪失後14日以内に手続きをすることになっています。
14日以内に手続きをすれば退職日の翌日まで遡って、その日から適用されますが14日過ぎると手続きをしたその日からしか適用されません。
ただし保険料は資格喪失日から請求されます、つまり14日過ぎて手続きをすると資格喪失日から手続きをした前日までは保険料は取られるが保険は適用されないということです。
これはいわば14日以内に手続きをしなかったペナルティと思ってください。

また国民健康保険の加入の手続きは市区町村の役所でします。
必要なものは印鑑と基本的には退職前に会社で加入していた健保の被保険者資格喪失証明書です。

それから入社して健康保険に切り替えても、自動的に国民健康保険から脱退とはなりません、国民健康保険の脱退の手続きをしなければなりません。
保険証が手に入ったら市区町村の役所に連絡して健康保険の被保険者者になった旨を伝えて脱退届けの書類とそのときの添付書類(恐らく一般には新しい健康保険の保険証のコピーだと思いますが、自治体によっては加入証明のような書類を要求されるかもしれません)について聞いてください、通常は郵送でも処理できるはずです(郵送で処理できないと言われれば役所に出向くことになりますが)。
もし重複して保険料を支払ってしまった場合は、返還されると思いますので振込口座を書いて同封するように言われるかも知れません。
書類が着いたら脱退届けの所定の項目に書き込み、国民健康保険の保険証と、添付書類、振込口座を書いたもの、これらを送付すれば市区町村の役所で処理しくれるはずです。
恐らく脱退届けの用紙は複数枚の複写になっていて、脱退の処理が完了すればそのうちの1枚が脱退通知として返送されてくるはずです。

>月の途中から国保→社保へ切り替わった場合、その月は国保と社保の
2種類の保険料を納めなければならないのでしょうか?

一般にはそのようなことはありません。

国民健康保険の保険料に日割りと言う考えはありません、必ず1ヶ月単位で保険料は月末の状態で決まります、月末に加入していればその月の1か月分の保険料を支払います、月末に加入していなければ保険料は支払いません。
例えば11月15日で脱退すれば(手続き及び資格喪失日は翌日の16日になる)11月分の保険料は払う必要はありません...続きを読む

Q住民税は、およそでいいのでいくらなのか教えて下さい

閲覧ありがとうございます。

住民税について質問があります。

私は今まで住民税払ったことがないです。30代後半まで。

今まで親の扶養に入っていたから?だと思うのですが、
世帯分離して国民健康保険に加入したのですが

住民税は発生するのでしょうか?

最近、国保に加入して、どれくらい出費があるのか、考えていたら

年金と健康保険とあと住民税かな?と思いまして
ですが住民税っていくらなのかパッとしないので、
ネットであちらこちらと閲覧してみたところ、
個人差があり年間10万払ってる人と30万払ってる人がいるようです。

国民年金が全国一律15240円だったと思います、年間約18万円
国民健康保険が私の市だと、月16000円くらいで、年間約19万円

この2つだけで年間37万円も払わなければならないです。

住民税というのが、いくらかかるのか全くわからず
ネット上では年間10万以上は払うように書かれているのですが

ということは、年金、健康保険、住民税を合計すると年間50万以上
必要のように思えてしまうのですが、これは本当なのでしょうか?

私は年収200~230万位で 
年金は銀行引き落とし、健康保険は払い込み用紙で毎月払う形
住民税は毎月払うのでしょうか?

毎月払えれは、楽なのかと思いきや、年収200万くらいで
年間10万~30万 高い人は50万くらいだそうなんですけど

自由になるお金減りすぎますよね。

あと40歳になると、介護保険料 というのが発生するみたいなんですが・・

年収からこれらを全部引いてしまうと、手取り150万くらいになってしまうのですが
こんなんで、ひとり暮らしは可能なのでしょうか?

月の収入で見ると

月給 180,000円
年金  -15,000円くらい
健康保険-16,000円くらい
所得税 -7000円くらい
住民税 -???円(仮に10,000円として)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄手取り 132,000円 

醜い数値が出ました。

ひとり暮らしをしたら

知人の話では家賃4万円で光熱費いれるとトータル6万円くらいだそうです。
食費が、節約を常に考えても、1日1000円でも月3万円
この時点ですでに9万円です。 
残りは42000円、これで生活できるのでしょうか・・

閲覧ありがとうございます。

住民税について質問があります。

私は今まで住民税払ったことがないです。30代後半まで。

今まで親の扶養に入っていたから?だと思うのですが、
世帯分離して国民健康保険に加入したのですが

住民税は発生するのでしょうか?

最近、国保に加入して、どれくらい出費があるのか、考えていたら

年金と健康保険とあと住民税かな?と思いまして
ですが住民税っていくらなのかパッとしないので、
ネットであちらこちらと閲覧してみたところ、
個人差があり年間10万払ってる人と30万払...続きを読む

Aベストアンサー

年収210万円とした場合の住民税
住民税は「所得割」と「均等割」の2つの課税があります。
所得割
1360000円(所得)-370000円(社会保険料控除)-330000円(基礎控除)=660000円(課税所得)
660000円(課税所得)×10%(税率)=66000円
これに、均等割5000円がプラスされ71000円が税額です。
なお、給与所得の場合、「収入」から「給与所得控除(年収によってきまります)」を引いた額を「所得」といいます。

71000円÷12=5900円/月
が、毎月の給料から天引きされます。

なお、所得税は7000円も引かれません。
4000円くらいですし、最終的には引かれた所得税の一部が年末調整で還付されます。
年末調整のとき、1年間に払った年金と国保の保険料申告することを忘れないですることです。


人気Q&Aランキング