数年前(アイクに吸収される前)にタイヘイファミリーキャッシング
を利用していました。(平成14年1月に完済)
CFJから取引明細書を開示してもらいましたが、アイクのもので
した。(アイクも利用していましたが、平成14年に調停にて和解済み)

CFJは、「履歴がない」と言い張ります。

そこで、残存資料(振込明細書など)は、ほとんど残っていたので、
残存資料を元に過払い請求をしました。

過払い請求後、数日経過後、CFJに問い合わせると
「二つの口座データを見ても請求される金額にならない。」との
回答でした。

「二つ」とは、どういうこでしょうか。

やはり、わざと履歴の開示をしなかったのでしょうか?

この手の話に詳しい方、どう思われますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

まいどー。


住所は千葉県匝瑳市八日市場イ2614番地です。代表者は●田●重さん(会長さん)です。タイヘイが元気だったことから代表者はずっとこの人ですよ。電話は047-973-1111でいいと思います。貸金業の登録も更新していて現在は関財(8)第00298号になっています。ちなみに私は元金融業界人ですww。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。本当に感謝しています。
huhanlaschさんの知識を生かせる仕事をしていただきたいと思います。

お礼日時:2007/04/18 22:14

おじゃまします。


タイヘイ⇒CFJの債権譲渡日は平成14年2月28日ですので、CFJは対外的には口座はないと言い張るでしょう。ですが、元タイヘイの社員が大勢CFJで勤務していますので事実上は営業譲渡みたいなもんです。また、大規模な譲渡があった場合は200~1000万程度の費用をかけてデータコンバート(履歴の移行)をします。その際に既に完済しているものを省くことは可能でしょうが、二つと言っていたのならデータはもっていると思います。タイヘイが当時手元に残した債権は、調停などの和解債権(利息の入ってこないもの)で、その和解した分のみ取り扱う部署は、金融撤退後も稼働していました。現在も稼働中かは不明です。CFJがないと言う以上、タイヘイに請求することは可能だと思いますよ。ちなみにCFJはものすごく訴訟の対応が悪いです。

この回答への補足

ネット上に公開されたいた本社情報です。↓
本社 千葉県匝瑳市八日市場イ2614
本部 東京都江戸川区松江7-8-10

補足日時:2007/04/17 19:56
    • good
    • 0
この回答へのお礼

huhanlaschさん、お世話になります。
どうして、この手の話しにそこまで詳しいのですか?

電話にて確認したところ、もうひとつはディックでした。
CFJは、ディック分を開示しなかった負い目があるのか、「過払いが発生しています。」と自ら言ってました。
本題ですが、タイヘイのサイトを見ると、
【タイヘイファミリーキャッシングサイトをご覧いただき有難うございます。2002年2月27日を以って、タイヘイ株式会社はキャッシングサービスを終了いたしました。現在ご利用いただいておりますお客様につきましては、今後は、アイク株式会社 様をご利用頂きます様、お願い申し上げます。タイヘイ株式会社 代表取締役社長 ○原○則 】
なのですが、グループ会社が多くて連絡先がわかりません。

ご存知であれば、連絡先を教えていただきたいです。
お願いばかりですが、よろしくお願いします。
参考URL http://www.taiheig.co.jp/cash/index.html

お礼日時:2007/04/17 19:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q過払い金 取引履歴開示請求書に記入する開示理由は?

過払い請求のために取引履歴がほしいのですが、
取引履歴開示請求書が送られてきました。

理由を記入する欄があり、

(1)債務弁済に利用するため
(2)開示対象者の個人情報を確認するため
(3)その他(            )

となっています。

ネットで調べたところ、「過払いのため」と明記する必要はなく、
「確認のため」や
「(2).開示対象者の個人情報を確認するため」
など他の理由で良いとかかれているので、
(3)その他( 過去の取引の確認のため 等 )
と記入しようと思っいました。

しかし「過払い請求のため」と理由を書きましょうと記載している
ホームページもあり、
明記しないといけないのか迷ってしまいました。

「過払い請求のため」と明記しないと
裁判や交渉をする際、
不利になったりする事はあるのでしょうか?

それとも、理由は何でも大丈夫なのでしょうか?

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

理由は何でもいいはずです。
(1)債務弁済に利用するため
で構わないでしょう。
つまり過払いがあれば弁済をストップし戻してもらうのですから
(1)の理由がピッタリです。
もっとも理由の記入は形式的なもので
開示請求理由が違うことで、損害請求されたり、
過払い請求と相殺されるような判例は見た事がありません。

Q最近、消費者金融のCFJ(ディック)に過払い請求された方いますか?

最近、消費者金融のCFJ(ディック)に過払い請求された方いますか?

最近の近況(履歴の提出期間、支払い状況や訴訟期間など)お聞かせ下さい。
会社自身かなりヤバい状況なのはわかっていますが…よろしくお願いします。

Aベストアンサー

その後・・・・・・・・
1回目期日前に和解交渉の電話有り
簡裁案件
 引き直し計算後の元金千円未満切捨てで和解成立できます。
 (2ヵ月後一括振込となります)
 それ以上だと裁判突入、
地裁案件
 和解成立できるような案は出てきません。
 裁判に突入。
1回目期日
 17条書面・18条書面サンプル提出有り。
 悪意の受益者全力否定。
 18年判決以前の悪意の受益者全力否定。
 施行規則15条2項で、18条書面の適法性を主張。 等々
丁寧に反論すれば大丈夫です。

Q平成14年破産→免責→信用情報開示したら今も契約が継続している。

記載情報の削除の方法は有るでしょうか?

  H14年 破産手続き
  H15年 免責決定
 現在の個人信用情報を把握すべく「全情連」と「テラネット」の情報開示を行った所「全情連」に、
破産手続き以前に借り入れした「三○ファイナンス(株)」に貸付金残高48.5万円が現在も残っていて、
契約が継続されている状態になっています。
 破産手続き時、負債額は12,000万強で消費者ローンが3社で170万でした、
「三○ファイナンス(株)」以外の2社は上がってきませんでした。

問) 免責が決定した後も何故「全情連」に、契約が有効な状態で個人信用情報として
記載されているのか?訪ねた所、
答) 「「三○ファイナンス(株)」が損金等での処理をしておらず、債権としては今も生きている」との回答。
 
問) 「三○ファイナンス(株)」がそのような処理をしない限り、金銭賃借契約は有効で、個人信用情報に一生残るのか?
答) 「残ります。」

問) 「金銭賃借契約は有効で、債権としては今も生きている」のならば、
免責決定していても、今後請求される可能性があると言うことか?
答) 「請求されることはありません。」

 因みに、管財人が作成した「債権者一覧表」に「三○ファイナンス(株)」は記載されています。
「配当表」には記載がありません、管財人への「破産債権届出書」が提出なされなかったようです。
 この場合、「三○ファイナンス(株)」は私に対する債権を放棄した事となり、
私に対しての債権は存在しないと思うのですが、いかがでしょう。
以上の事から、個人信用情報に債権が存在するとの記載を抹消してほしいと「全情連」に
申し入れましたが、「全情連」では抹消できないので、「三○ファイナンス(株)」と
話して欲しいとのつれない返答でした。

 この会社は免責決定後、請求書を送りつけて回収したりしているとの情報も有り、
直接話し合う気にはなれないのと、グレーゾーン金利返還に絡んで利用者から、
破産を申し立てられており、暫く静観するのが良いかと思っていますが、このような状況で
掲載された情報を削除できる合法的手段は有りませんでしょうか、ご教授下さい。

記載情報の削除の方法は有るでしょうか?

  H14年 破産手続き
  H15年 免責決定
 現在の個人信用情報を把握すべく「全情連」と「テラネット」の情報開示を行った所「全情連」に、
破産手続き以前に借り入れした「三○ファイナンス(株)」に貸付金残高48.5万円が現在も残っていて、
契約が継続されている状態になっています。
 破産手続き時、負債額は12,000万強で消費者ローンが3社で170万でした、
「三○ファイナンス(株)」以外の2社は上がってきませんでした。

問) 免責...続きを読む

Aベストアンサー

自己破産して免責を受けても、借金を支払わなくて良いだけで債務が消滅するわけではありません。

免責後も自主的に支払う場合は債務の返済は可能です。

>「配当表」には記載がありません、管財人への「破産債権届出書」が提出なされなかったようです。

というのは、債権を放棄したのではなく逆に金融会社が免責時に資産分配による債権放棄を拒否したということですので、現在もあなたは三○ファイナンスに対して確かに債務を負っています。

で、全情連は事実と相違する場合は訂正が出来ますが、事実なので削除は無理と言うことになります。

>載された情報を削除できる合法的手段は有りませんでしょうか

方法は2通りありますが、三○と接触しないで済む方法は無いです。
1つ目は残債務48万余りを全額返済し契約を解除する。この場合、完了から5年後に情報は消されます。
2つ目は時効の援用を申請し債権消滅を三○に認めさせる。
免責後に請求が無かったと仮定してですが、金融債権の時効が成立していると思われます。但し、時効期間を経過していても、時効の援用を申請しなければ債権は消滅しないので、三○は債権として信用情報を継続記入することが出来ます。そこで、時効による消滅を認めさせればあなたの債務は無くなりますので、こちらも消滅後5年後に情報が消去されると思います。

いずれにせよ、今後5年間はあなたの信用情報から異動情報を消すのは不可能だと思います。

自己破産して免責を受けても、借金を支払わなくて良いだけで債務が消滅するわけではありません。

免責後も自主的に支払う場合は債務の返済は可能です。

>「配当表」には記載がありません、管財人への「破産債権届出書」が提出なされなかったようです。

というのは、債権を放棄したのではなく逆に金融会社が免責時に資産分配による債権放棄を拒否したということですので、現在もあなたは三○ファイナンスに対して確かに債務を負っています。

で、全情連は事実と相違する場合は訂正が出来ますが、事実な...続きを読む

Q数社に借金があり、皆10年以上なので、取引履歴を開示請求し、過払い金を

数社に借金があり、皆10年以上なので、取引履歴を開示請求し、過払い金を自分で計算したところ、すべて過払いが発生していました。自分で訴訟しようかとも考えたのですが、現在、司法書士に委任しています。
その中の1社が4年取引があり、一度完済し、その後7年後に再度取引開始し現在に至っています。司法書士からは再度借り入れの分100万程度の過払いがあるとの報告を受けましたが、取引開始からの一連計算をしてみてほしいと請求したところ200万程度の過払いが発生していました。
一連計算では弁護士に依頼しなくてはいけないですし、取引がない期間が長く無理であろうといわれました。
そこで質問です。
1・司法書士から弁護士に依頼を移すときは、解除の費用を司法書士にいくらぐらい支払わなければいけませんか?
2・一連で過払いを請求しても、完済前の分は業者から無視されてしまうでしょうか?(ちなみに完済は20年以上前です)

どなたか詳しいかたいらっしゃいましたら、お答え願います

Aベストアンサー

No.2です。
まず、注意する点ですが
弁護士、司法書士問わずネットやCMで宣伝している初期費用無料で請け負っているところは成功報酬が異常に高く(30%以上)設定している場合が多いので確認が必要です。
通常消費者金融1社当り2万円からが相場ですが解任にすると高額請求される可能性もあります。
現在、引き直し計算のみで交渉に入っていないのであれば通常1社数千円で済みますが解任によりその限りではありません。
仮に100万円過払い請求するとしても過払い分に約5%の利息(損害金)も請求できますので期間が長いと140万円越してしまう場合もあります。(総債務額で140万円までです。)
任意での和解が困難な場合には,地方裁判所に訴訟を提起することになります。地方裁判所では,簡易裁判所と異なり,原則として弁護士以外の人は代理人になることができませんので,再度弁護士に依頼しなくてはなりません。
今回の件は金額、借入期間が長いなどの点から弁護士の方が良いかと思います。

司法書士とトラブル無く解任できるのであれば解任したほうが良いと思います。

引き直しの計算額と和解金額が必ずしも一致しませんので結果的に減額になる可能性もありますが取引履歴も入手されていますので弁護士を通じ最高額+利息で最終的に訴訟まで覚悟で請求してみては如何でしょうか。
(可能性は十分にあります)

弁護士選任の注意点ですが
ネットやCMで宣伝している初期費用無料で請け負っているところは成功報酬が異常に高く(30%以上)設定している場合が多いので注意!
(成功報酬で60~100万円も取られてしまいます)
お勧めは法テラスや各都道府県の弁護士会に相談すると消費者金融を得意とする弁護士を紹介してくれます。
(弁護士にも得意分野と不得意な分野があります。)
弁護士費用の目安は
消費者金融1社当り2万円+成功報酬10%
訴訟になった場合7~8千円追加が出る場合もあります。

NPO法人で年間20件以上消費者金融被害者の相談をボランティアで行っています。
少しでもお役に立てて頂ければ幸いです。
頑張って下さい!

No.2です。
まず、注意する点ですが
弁護士、司法書士問わずネットやCMで宣伝している初期費用無料で請け負っているところは成功報酬が異常に高く(30%以上)設定している場合が多いので確認が必要です。
通常消費者金融1社当り2万円からが相場ですが解任にすると高額請求される可能性もあります。
現在、引き直し計算のみで交渉に入っていないのであれば通常1社数千円で済みますが解任によりその限りではありません。
仮に100万円過払い請求するとしても過払い分に約5%の利息(損害金)も請求できますの...続きを読む

Q任意整理と過払い請求中の自己破産。 この場合過払い金は支払われるのでしょうか?

現在任意整理と過払い請求を弁護士を通してしています。

1社は整理済みで払ってますがもう2社の整理と過払い請求が3ヶ月程で済みます。

どうせブラックリストになるなら・・・と整理後の支払いもきついので自己破産を考えています。

「自己破産者には過払い金は返済されない」とどこかで見たのですが、自分の場合はどうなるのでしょうか?

過払い金が戻ってくるまで自己破産は待ったほうが良いでしょうか?

あと、自己破産を弁護士に依頼した場合、大体の費用はどのくらいでしょうか? 参考費用で構わないので宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>「自己破産者には過払い金は返済されない」とどこかで見たのですが、自分の場合はどうなるのでしょうか?
>過払い金が戻ってくるまで自己破産は待ったほうが良いでしょうか?

自己破産と過払い請求を行うときのポイントは、自己破産申立と過払い請求を同時に行わないことです。
自己破産の準備中に過払い金が発生することがわかると、東京ですと20万(地域により異なります)を超える過払い金は、債権者に配当されてしまいます。
ですので、はじめに過払い請求をして過払い金の回収をした後に
自己破産申立をすれば、全額の過払い金の回収は可能です。

自己破産を弁護士に依頼した場合、大体の費用はどのくらいでしょうか?
30~50万


人気Q&Aランキング

おすすめ情報