【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

私の会社でも今年の7月から確定拠出年金制度がスタートします。
34歳にしてやっと資産運用の重要性が見え始め、株式投資を個人的に始めましたのですが、確定拠出年金(投資信託)についてはまだまだ勉強不足です。
会社が設定している商品は以下の通りですが、どのようなバランスで組むべきでしょうか。諸先輩方のお知恵をお借りできればと思います。
・みずほ信託銀行 国内債券インデックスファンド
・株式インデックスファンド225
・フィデリティ・日本成長株・ファンド
・DKA日本バリュー株オープン<DC年金>
・グローバル・ボンド・ポート(Dコース)
・DIAM外国株式オープン<DC年金>
・みずほ信託銀行 マイブレンド 株式30型
・みずほ信託銀行 マイブレンド 株式50型
・みずほ信託銀行 マイブレンド 株式70型
※元本確保型もありますが、リスクを取っていきたいと思いポートフォリオからははずそうかと考えています。元本確保型で一番利率が良いのもので10年ものの保険商品で年利1.325%(固定)です。

参考までに私の現状を書いておきます。
総資産は1,600万で、内訳は800が定期預金、300が国債、300が株式投資、200がフリーキャッシュです。
個人の資産での投資は勉強のためかなり安全目に見ているつもりです。(これを老後資金にあてる目論見です)
ですので、確定拠出年金の分は余裕資金という考えで、ある程度収益性を重視していきたいと思います。
運用商品の実績表とかを見せてもらいましたが、月ごとに利回りが書いてあって年いくらの利回りなのかさっぱり分かりません。
また、複利計算も一括投資ならなんとなく分かるのですが、確定拠出年金のような積立型のものではどういう計算になるのかこれまたさっぱりです。
長文申し訳ありませんが、アドバイスをお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

質問者のリスク許容度はやや高い事と、乗り換え可能なものの意外に自由度がない、定額の長期投資、とを考え合わせると、パッシブのインデックス運用が最適、すばり「株式インデックスファンド225」をおすすめします。

債券金利が高くない国内債とのバランス型はあまり意味がありません。バランスを取りたいのであれば別々にしますが、投入資金に自由度がないため、集中されることをおすすめします。
もう一つのパターンとして、最初は基本パターンのものを各種テスト運用してみるのも一考です。

また信託報酬に関しては、結果の期待利回りを重視して、信託報酬の多い少ないを単独で考えない方がよいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、色々な考え方があるのですね。
様々な方のアドバイスを消化するには私自身がもっと知識を得ることが必要のようです。
とても参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2007/05/25 21:31

>確定拠出年金



 確定拠出年金の一番大きなメリットである、ETF並みの格安手数料で投資できる事に着目しましょう。34歳から60歳までという長い期間ですので、第1に信託報酬が0.3%程度の格安手数料の投信を選択する事をお勧めいたします。ご自分で少し調べれば、信託報酬が1%を超えているものはすぐにわかりますので、まずそのようなアクティブ投信を外します。

 第2に、確定拠出年金は万一会社を替わっても引き継げるというメリットがあります。確実にするためには、確定拠出年金の資産管理機関である「みずほ信託銀行」の投信を1本入れましょう。
 幸いなことにあなたの会社の場合、みずほ信託銀行の投信は3本ともパッシブなインデックス運用で手堅く、かつスイッチング手数料無料で信託報酬も0.3%程度と格安です。25年ほど運用できますので、はじめの15年ほどは「マイブレンド 株式70型」で積極運用し、退職10年前ぐらいから5年ごとに株式の比率を下げていくことで安定運用に移行することが最適と考えます。

 年間50万円程度の投資ですので、2本3本と分散する意味は小さく、基本的にはみずほ信託銀行のバランス型1本で十分かと存じます。

 第3に、投信には「評価損益」としての「トータルリターン」は意味がありますが、元本保証がない以上、「利回り」という考え方はあまり意味がございません。あくまでも「運用開始時点から評価時点までの運用結果」としての評価損益があるだけで、それが永遠に利率として保証されるものではございません。

 第4に、長期投資を始められるにあたり、日本株式や投信のキーポイントである「外国人投資家」について勉強されることを強くお勧めいたします。いまや日本株式は、国内の個人投資家がネット取引でせつな的に売り、それを外国人投資家が長期投資の一環として買っていることで下値を支えています。その構造の原因や今後の見込みについて知っておくことは、たいへん有意義です。おすすめは、洋泉社新書の「外国人投資家」等です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

やはり信託報酬が低額であることはかなりのメリットなのですね。
最近はアクティブよりインデックスの方が運用実績が良いという話も聞いたことがあり、どんな比率にするか迷っていたところです。
小額投資ですので、仰る通りみずほ信託のマイブレンド株式70型でいきたいと思います。
他に手を出したくなったら自己資金でまた考えたいと思います。
とりあえずは勉強、勉強ですね!
とても参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2007/05/24 23:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q確定拠出年金の運用のご相談

31歳、会社員です。そろそろ運用を考えなくちゃと思いながらいつも悩んで先延ばしにしてきました。
元本保証のものを3割くらい残して、あとは下記の中から選ぼうと思うのですが、アドバイスがありましたらお願いします。

今考えているのは下記の通りです。

大和投信バリュー株DC底力 30%
DIAMライフサイクル成長型 10%
UFJ外国株式インデックス 20%
みずほ信託マイブレンド株70型 10%

<選べる商品>
シュローダー年金日債
DKA株式インデックス225
フィディリティ・日本成長株
大和投信バリュー株DC底力
日興年金インデックス海外債券
UFJ外国株式インデックス
DIAM外国株式オープン
DIAMライフサイクル安定型
DIAMライフサイクル安定成長
DIAMライフサイクル成長型

みずほ信託マイブレンド株30型
みずほ信託マイブレンド株50型
みずほ信託マイブレンド株70型

Aベストアンサー

若いのに感心な発送ですね、あなたは豊かな老後が迎えられるでしょう。

さて、家族構成は判りませんが、31歳という年齢から、運用可能期間は29年弱と推測します。
ポートフォリオは運用期間を考えますと積極的に運用の期待できるバランスが可能になります。

考慮されている内容を見ますと、かなり安定性向の強い内容になっていますが、長期の運用期間を考えればもっとリスクを積極的にとっても良いと思われます。
選べる商品が少ないのですが、
日興年金インデックス海外債券:30%
フィディリティ・日本成長株:15%
UFJ外国株式インデックス:20%
DIAM外国株式オープン:15%
元本確保型:20%
なんていう配分でも若い方にはバランスの取れたポートフォリオになります。
元本確保+債権で50%、株式投信50%とバランスの取れたポートフォリオです。
(本来なら、マーケットごとに投資する商品を選べると良いのですが)

Q確定拠出年金の運用について教えてください。

来月より主人の会社も確定拠出年金制度の導入になります。
マニュアルを読んで勉強しましたが、素人な上に昨今の円高、国債評価の格下げなどのニュースでどれを選べば良いのかわかりません。市場の動向にも疎くアドバイスを頂ければと思います。

・元本確保型は銀行の定期預金より金利の高い生命保険会社か損害保険会社を選べばいいのでしょうか?
        
   (1)ニッセイ利率保証年金(10年保証プラス/日々設定)
   (2)東京海上日動の利率保証型積立傷害保険「ねんきん博士」10年
   (3)日本興亜損保・確定拠出年金用積立傷害保険・10年

 金利から考えると上記3点になり、(2)を50%選択しようと思っています。


・投資信託の種類は
  バランス  1.三菱UFJプライムバランス(安定型)
         2.      〃        (安定成長型)
         3.      〃        (成長型)
         4.三菱UFJDC金利連動アロケーション型バランスファンド
  国内債券 5.三井住友・DC年金日本債券インデックス・ファンド
  国内株式 6.三菱UFJDC国内株式インデックス・ファンド
         7.<DC>日本株スタイル・ミックス・ファンド
         8.フィデリティ・日本成長株・ファンド
         9.三菱UFJバリューオープン
  外国債券 10.三菱UFJDC海外債券インデックスファンド
  外国株式 11.三菱UFJDC海外株式インデックスファンド
         12.三菱UFJDC新興国株式インデックスファンド

の12商品あります。
まず安定と書かれていた国債の5.を30%にして、バランスの2.を10%にしようと考えました。
残り10%はどれを選ぶべきでしょうか?

また割合のバランスや、選ぶ商品のアドバイスがいただければと思います。
長々とつたない文章で申し訳ありませんが、宜しくお願いいたします。

来月より主人の会社も確定拠出年金制度の導入になります。
マニュアルを読んで勉強しましたが、素人な上に昨今の円高、国債評価の格下げなどのニュースでどれを選べば良いのかわかりません。市場の動向にも疎くアドバイスを頂ければと思います。

・元本確保型は銀行の定期預金より金利の高い生命保険会社か損害保険会社を選べばいいのでしょうか?
        
   (1)ニッセイ利率保証年金(10年保証プラス/日々設定)
   (2)東京海上日動の利率保証型積立傷害保険「ねんきん博士」10年
   (3)日本...続きを読む

Aベストアンサー

確定拠出年金の運用では各商品の動向を把握することが大切ですが、最初は無理でしょう。
似たような商品でも値動きがまったく違う場合がありますから、商品に対して何も情報が無いのにそれに投資するのは危険です。また、タイミングも重要です。
初めは元本確保型にしておいて各商品の様子を見るのがいいと思います。それである程度商品の情報を得てからどの商品にするかを決めて、掛金の割合を変えたり資産を移したり(スイッチング)するといいでしょう。

元本確保型は銀行系の定期預金と保険会社の保険商品があり、それぞれ満期の年数が決まっています。
定期預金は、満期前にスイッチングで引き出しても金利は満期金利より下がりますが元本を割ることはありません。しかし保険商品は満期前の早いうちに引き出すと元本割れをする場合があります。元本確保型といっても定期預金と保険商品の金利だけ比較して決めると失敗します。保険商品は基本的に満期まで入れておくものなので、損得を考えればスイッチングの自由度は制限されると考えた方がいいでしょう。
従って、短い期間で他の商品に移す予定の場合は利率が低くても定期預金のほうがいいです。

そういうことで、まだどれに何%などと決めず、とりあえず100%定期預金でいいと思います。そうしてまず勉強しましょう。それが安全です。

確定拠出年金の運用では各商品の動向を把握することが大切ですが、最初は無理でしょう。
似たような商品でも値動きがまったく違う場合がありますから、商品に対して何も情報が無いのにそれに投資するのは危険です。また、タイミングも重要です。
初めは元本確保型にしておいて各商品の様子を見るのがいいと思います。それである程度商品の情報を得てからどの商品にするかを決めて、掛金の割合を変えたり資産を移したり(スイッチング)するといいでしょう。

元本確保型は銀行系の定期預金と保険会社の保険商品が...続きを読む


人気Q&Aランキング