出産前後の痔にはご注意!

何かしてもらって感謝するとき、将来のことであれば、I would appreciate. (何かしてくれたらありがたいです。)となりますが、直前のこと、丁度今のこととなると、本当にjust nowであれば、I appreciateと言っているような気がしますが、ちょっとでも過去になるとすぐにI appreciatedと言っているようで、使い分け方が分かりません。
どなたか、アドバイスを宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

アンサープラス

下記Q&Aでは「行為に感謝する」という内容の回答もありますね。



・appreciateの使い方 - 英語 解決済 | 教えて!goo
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/8005667.html

A 回答 (8件)

アメリカに38年半住んでいる者です。

 私なりに書かせてくださいね。

今そう感じているのであれば、そしてそのフィーリングを相手に伝えたいと言うのであれば、I appreciate itでThank youと同じです。

しかし、ある過去の事でそのときに感じた感謝の気持ちを伝えないと言うフィーリングを今示すのであれば、I appreciated it.と普通の文章とおりに使います。 

ただ、日本語の「あの時はどうもありがとうございました」という表現は、あのときにそう感じていたかどうかを表現しているのではなくあのときの事を「今」表現したいと言うフィーリングですね。 しかし、I appreciated itはそうではなく、あくまでも、あの時は感謝した、と言う表現なのです。 「あの時ちゃんと感謝しただろう、なんだよ、いま頃になって感謝していなかったなんていうんだよ。 ランチ奢ってやっただろう。」といい時のあのときに感謝した、という事なのです。

そして更に事を複雑にしている、特にこの動詞は他動詞として使うんだと決め付けている人(アメリカ人も含めて、私も含めてです)にとって気になるかもしれないのが、このitを非常に弱くとも言うのではなく言わない人もいる事なのです。 I would appreciate itの代わりにI would appreciateと言い、I appreciate itと言う代わりにI appreciateと言い、I appreciated itの代わりにI appreciated.と言うように言う人がいるわけです。 どれだけ浸透しているか別に英語で生活している人たちで、しかも一応教養があると言う人たちでも言う事実が存在します。

これが定着するかどうかは私はするかもしれないと思います。 定着して辞書に自動詞として載るかどうかはまだまだ先の話でしょう。

確かにappreciate itとappreciatedの発音はitと言う代名詞をthank youでは殆ど言わないと同じように、I appreciate itがすでにフィーリングを心から出しているとは限らないくらい社交辞令的にも使われる事からitそのものに対するフィーリングや口出す(発音という事です)をわざわざ強く出す必要がないと感じていることから、edの発音とまるっきり同じになっている人がかなり多いと思います。 つまり、appreciate itといっているにもかかわらずappreciatedに聞こえる、という事は十分ありえます。

その状況が存在する事を知っている人は、また、itの意味合いをはっきりフィーリングの一部として出したいと感じる人は、I appreciate that. I appreciate what you've done for us. I appreciate your kindness.と言う風にはっきりフィーリングを出す「英語力から来る思いやり」があるわけです。 これは私は英語力の一部と言います。

また、appreciatedがappreciate itに聞こえるという事を知っている人は、どうせ過去のことを言うのだからある程度強調のフィーリングを必要とする状況にあるわけですし(普通なら過去に感謝した事をいう必要はないとします)、 I did appreciate itと言うようにdidを前に持ってきて表現するわけです。

このappreciateと言う単語にはthankよりもっと幅の広いフィーリングが出せる表現なので、今回の様に発音に関してよりもどういうフィーリングまで示せるか、I appreciate your pointと言いながら別に同意しているわけではないフィーリング、I don't appreciate what you said to me yesterdayの様に相手の好意によって気分を壊したというフィーリングを表わしていると言う使い方はいいのか、など理解・フィーリングの表現についてかなりの幅がありそれらの点で???となる人も多いです。 しかしThank以上に使える品のある単語として使える単語だとして私は重宝しています。

これでいかがでしょうか? 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 
    • good
    • 33
この回答へのお礼

ありがとうございます。
自分の疑問以上のことが分かりました!感謝感謝です。

お礼日時:2007/06/14 23:55

#3ですが、私もappreciateの過去形の用法に関心があったので、ネイティブにさっき聞いてみました。



まず、最後のitはたしかに文法上は I appreciate it(またはthat). と目的格がつきますが、実際の会話では I appreciate.でおわることがあるようです。これは音として消えてしまうのか、itがなくてもいいのかまでは確認しませんでしたが、映画などで I appreciate.と聞こえるのはありえるようです。

そして appreciate を appreciated と"過去形で言った場合"かつ"現時点の会話で使われる場合"のケースでは、
意味としては regret後悔 または regretted後悔したこと、の意味で言われるようです。
つまり現在その発言をしていた場合でも、「(このことはやっておけば)感謝したよ」とか「感謝すべきことだったな」のような実際にはやっていないことを、現時点から振り返った言葉→感謝をしておけばよかった
の意味のようです。なので過去形を使っているようです。

agreedは、私が書いたように1人称ではなく、複数人のあいだにおける会話で、すでに出ていた話題やトピックに対して、意識の確認や、すでに決まっている話題を「(それはもう決まっていることとして)促す」のような使われ方は、その通りのようです。

このようなappreciateの微妙な使い方の質問ありがとうございました。また私のデータベースに生きた英語が加わりました。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございます。書き言葉ではitを入れていますが、話すときには気付かずに落としていることもあることに気付きました。

お礼日時:2007/06/14 23:58

過去のある時に感謝したと言う、過去の事実を表現する意味なら、当然過去形になります。

つまり、
I appreciated it. です。

ただ、会話では、過去の感謝の感情を思い出してそれを表現したり、過去の感謝したと言う事実を言うことよりも、過去の事実を思い出して、今(も)それに感謝すると言う感覚になることが多いので、現在形が多く使われると言うだけのことです。感謝する相手が目の前にいれば、過去のことでも、今あなたに感謝していますと表現するのが普通でしょうから。

過去形と言うのは、ある意味、現在は違うと言う感覚が含まれます。そういう意味でも、今でも感謝していると言う感覚で現在形が使われることが多いのだろうと思います。
    • good
    • 3

表現が正しいのかどうかわかりませんが、googleで"thank you" と "i appreciated"(または"i appreciated it")で検索すると過去形で使用される例にも多少ヒットします。


おかげで助かったとか、完了したとかいうような場合や、メール等で伝えるときに使用されるような感じもします。
appreciateの使用例(ほとんどがappreciateですが)が下記には多数あります。
http://jp.wordmind.com/ecmaster-cgi/Jsearch.cgi? …
    • good
    • 1

この意味のappreciateは他動詞ですので、SVOの形を取ります。

ですからI would appreciate. では終われません。Iappreciate it.の際は過去形はほぼ間違いなく使いません。もちろんitではなく、your helpとかyour consideration等で置き換えてもokayです。
Thank youよりも堅い表現のようですが、日常的によく使うので是非マスターしたい表現です。
    • good
    • 0

現在の時点の感謝ということですが、会話ではまさに最後の音が小さくなり、、I appreciate (t).です。

itを別に強調する必要もないし、省かれている場合、会話においては文法的な説明でitを出してしまうと、それだけで生きた会話を文章で殺してしまいます。意識してもつべき部分と、実際の発音は異なります(日本語でもお笑いの人の日本語が辞書にのっていないように)。

ただご質問の、過去形を(現在の意味で使う場合)あなたがどこかでみかけたのでしたら、ありえるのかなと考えていました。
agreeも、会話上ではI agree with you.のほか Agree.(同意)のほかに、 "agreed"と過去の形をとり、実際には形容詞的動作をするのですが、意味的には複数人の会話の中で「まさにそうだね(誰でも知っている)」とか「意見の一致」のような使われ方をします。

その過去形の文章がどの場面で使われていたのかは興味がありますが、主語がIではなく、複数である場合はその言い方もあると思います。

この回答への補足

it も飛ばしてしまいましたが、場合わけするのも忘れてしまい、Weの場合は特にWe really appreciated it.のように、会社として、前回何かしてもらったこと(現在進行中)のお礼を今でも感謝しているはずなのに、過去形で使うのは、どういう場合になるのだろう、と思っていました。自分で使うときには、今は感謝していないようで、抵抗があります。でも使っていますが。

どういう場合にこうなるのでしょう?

補足日時:2007/06/02 22:17
    • good
    • 1

おそらく、No.1さんがおっしゃるように、


I appreciate it.
です。日常の会話では現在形で、頻出します。
「ああ、それはどうも、ありがとうございます~」てな、雰囲気です。
時々、preciate't と聞こえます。
    • good
    • 0

これは、I appreciated itとitがいります。


I would appreciate itとこれも、itがいります。
現在形でも、I appreciate itです。

過去形だと思ったのは、itの聞き違いではないでしょうか。

この回答への補足

すみません、itを飛ばしてしまいました。書き言葉でも、現在形と過去形ともによく見るのですが、自分で使うときには悩むので宜しくお願いします。

補足日時:2007/06/02 15:55
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qappreciateの使い方

appreciateはaplogizeのようにappreciate to you for~という使い方はできますか?

またこのように動詞+to O+for~ という使い方ができる動詞にはどのようなものがありますか?

Aベストアンサー

appreciateはaplogizeのようにappreciate to you for~という使い方はできますか?
→無理だと思います。
apologize(遺憾に思う)は、人に対してーーto youーーのような表現ができますね。
しかし、appreciateは「感謝に思う」という意味ではなく、元来他動詞で~を評価するーーという意味でした。ですから、評価の対象を目的とする言い方が基本で
I appreciated his pictures. のような作品鑑賞の意味
さらに発展して
I appreciate his kindness. のような感謝の意味
となります。
この意味から自動詞も生れ
It's important to learn to appreciate.
価値を認める・感謝することを学ぶことは大切だ。
というようなときは、目的語がありません。
ですが、to you のような前置詞句をつけて、人に対して感謝する意味をつくることは無理でしょう。
ネットでひっかかる用例も、日本人が作ったような文ばかりです。

またこのように動詞+to O+for~ という使い方ができる動詞にはどのようなものがありますか?
I apologized to him for my mistakes.

She applied to him for moral support.

The route suggested to me for going to South Wales from Birmingham matched my own preferred route almost exactly and even when motorways were turned off and a few extra complication were added to make the computer think it still returned a sensible route.
出典 Telecomworldwire August 11, 1999
パターン化するのは困難ですが、一応この形におさまるものとして、apply, suggestが思い浮かびましたので例文を調べました。

forの後に時間がくるのであれば
I have explained to him for the last six months.
みたいなものはそれなりにありますが、これはダメだと思いました。

以上、ご参考になればと思います。

appreciateはaplogizeのようにappreciate to you for~という使い方はできますか?
→無理だと思います。
apologize(遺憾に思う)は、人に対してーーto youーーのような表現ができますね。
しかし、appreciateは「感謝に思う」という意味ではなく、元来他動詞で~を評価するーーという意味でした。ですから、評価の対象を目的とする言い方が基本で
I appreciated his pictures. のような作品鑑賞の意味
さらに発展して
I appreciate his kindness. のような感謝の意味
となります。
この意味から自動詞も生れ
It'...続きを読む

Q"Please kindly~"という表現は適切ですか?

海外との連絡で社内では海外へ向けてメールで何かを依頼する際"Please kindly~"という表現をよく使っています。
しかしながらどうも意味が重複していて不自然に感じます。
ビジネス上不自然な表現ではないでしょうか?

Aベストアンサー

アメリカに住んで40年目になりました。 私なりに書いてみますね。

この表現、非常に「外国人」を感じさせます。 なぜ相手に「親切さ」を要求するのか、と言うフィーリングがしてしまいます。

どうせkindlyを使うなら、親切さを自然に求めているWould you kindly, Will you kindlyと言う風にもって行きたいところですが、やはりkindlyを求めるのには気分が良くないし、そういわれたからといって、丁寧さを出そうとしているのは分かるけど(日本語の表現方法文化を知っているからでしょう)、そこまで使う必要なまったくないと感じます。

つまり、文化的な表現だなと感じると言うことなのですね。

>ビジネス上不自然な表現ではないでしょうか?

改めて考えると不自然と感じない事もないですが、普通の場合この表現を使ったメールなどを日本から英語をメールを受け取ると、そのまま受け取っています。 しかし自分でアメリカでは使おうとは思いません。

I would appreciate it if you would kindly
などの表現を私な必要に応じて使います。 

ビジネスで使う英語はビジネスで使う表現が元になっているわけですね。 日本でも同じですね。 ビジネスで頑張っている・頑張ってきた人のビジネスを思わせる表現をうまく使っていますね。 一・二年で習得できるようなものではないですし、英語にはまったく問題がないアメリカ人ですらセミナーを受けるくらいですし、表現方法と言うか,適切な英語表現力を高めるための努力を毎日しているのです。 英語の先生がビジネス経験なしで、ビジネス感覚なしで、表現できるものではないのですね。 ビジネスで使われている英語表現は実際に使われている表現をどれだけ見てきて、どれだけ使うかと言うことになるわけですが、日本でのビジネス英語の表現に慣れてくると「日本での英語のビジネス表現」をこちらでも普通に使われていると言う錯覚が作られていると言うことなのではないでしょうか。

Podcastでもこの点ではいろいろ見つけることが出来ると思います。 そして、英語圏からのメールなどでどのような表現を使っているのかを良く見てください。 日本の英語ビジネス表現に慣れている人からであれば結構「日本ではこの英語表現がうけている」と思って使っている人も出てくるとは思いますが、そうでないビジネスマンがどのような表現をして「頼む」のかを身につけてくださいね。

参考になりましたでしょうか。 分かりにくいところがありましたらどんどん突っ込んでまた書いてください。

アメリカに住んで40年目になりました。 私なりに書いてみますね。

この表現、非常に「外国人」を感じさせます。 なぜ相手に「親切さ」を要求するのか、と言うフィーリングがしてしまいます。

どうせkindlyを使うなら、親切さを自然に求めているWould you kindly, Will you kindlyと言う風にもって行きたいところですが、やはりkindlyを求めるのには気分が良くないし、そういわれたからといって、丁寧さを出そうとしているのは分かるけど(日本語の表現方法文化を知っているからでしょう)、そこまで使う...続きを読む

Qrevert

よくメールで「I will revert to you.」とあるのですが、このrevertはどういう意味でしょうか?

Aベストアンサー

一種のシングリッシュかもしれません。

http://www.goodenglish.org.sg/site/improve/english-as-it-is-broken/please-revert-soonest-possible.html

英語としては return の意味ですが、reply の意味で使う人たちがいるようです。

Please revert soonest possible であれば
「できるだけすぐにお返事ください」というつもりでしょうが、
Please reply as soon as possible が正しい英語です。

もっとも、long time no see のように、
正しくないはずのものが英語として普通に使われるようになることもあります。

Qduly noted

duly notedは「承知致しました」と言う意味だそうですが、お得意様からのメールにこの言葉だけで返信しても大丈夫でしょうか。失礼に当たらないですか。ほかに、一語で「承知しました」と言う言い方はありますか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

note という言葉はやや意味不明なところがありますので、正式な文書をこれだけで手短かに済ませるのはやや危険です。この単語を使うなら We have received your letter.We have noted your letter with thanks. とか We have noted your letter with many thanks. とか言葉を補うとよいと思います。

なお「承知」というのは日本語では「了解です。そのようにします」というニュアンスであったりしますが、note だけではその点は弱いので Understood. Will comply (with your request). 他、行動につながる表現が必要な場合もあると思います。

他に使える表現としては Certainly. とか All right. など。また内容次第ですが This is to acknowledge... なども使えます。

QPlease be advised

たまに仕事で使う英文で「Please be advised that ...」という表現を目にします。これは「...を報告します。」という意味で良いのでしょうか。
また、どの様なニュアンス(丁寧さとか)の言い回しになるのか教えてください。例えば、I inform that...とはどう違うのでしょうか。

Aベストアンサー

アメリカに37年半住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

これは、丁寧さを出したいと言うフィーリングを出した表現とは言えなく畏まった、硬いビジネス文書によく使われる表現で、一般的・日常的会話表現をするビジネスメールとは違うんだよ、と言うフィーリングを出しています。

日本語のようにビジネス敬語を「親しい中に礼儀あり」を貫いて使っているのと違いこちらではほとんど日常会話的表現を使う傾向にありますがこの表現をして「まだ、日常的会話表現を使えるような間柄とは私は感じていません」とか「まだ私はこう言う表現をビジネス的表現として心得ています」とか「私は公私分けて表現する人間ですのでよろしく」と言うフィーリングを出しているわけです。

Please be noted, Please be informed, Please be assured, Please be remindedと言うような表現がほかの例としてよく使われます。

I informは単に「私が~と言うことを報告します」「私が~と言うことをお知らせします」という表現となり、ビジネス文書としてはあまり使いません。 I would like you to know thatとかIt is my pleasure to inform you that,とかI would like to take this opportunity to inform youと言う表現であれば「丁寧さ」を出したビジネス表現と言うことになります。

Should you have any questionsも倒置と言う畏まった表現としての例がありますね。 普通であれば、If you have any questions, と言う表現で済ましてしまいます。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

アメリカに37年半住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

これは、丁寧さを出したいと言うフィーリングを出した表現とは言えなく畏まった、硬いビジネス文書によく使われる表現で、一般的・日常的会話表現をするビジネスメールとは違うんだよ、と言うフィーリングを出しています。

日本語のようにビジネス敬語を「親しい中に礼儀あり」を貫いて使っているのと違いこちらではほとんど日常会話的表現を使う傾向にありますがこの表現をして「まだ、日常的会話表現を使えるような間柄とは私は感じて...続きを読む

Qnoted with thanks.の意味を教えてください

英語のメールで noted with thanks.という表現が良くあるのですが
日本語ではどのような意味でしょうか。

教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

特段深い意味はありませんです。

直訳では「感謝と共に了解!」ですが、毎回々、打ち慣れてくると、単なる「了解、感謝」→「了解!」→「分かった!」→「分かったぞ!」→「分かった、おまえの云うことは分かった!」→「もういい、分かったヨ」→「あっ、そう、!」(爆)

誠実に感謝の気持ちをお届けしたい場合は、

「appreciate it, many thanks!」 位を使うと「あっ、この人本当に感謝してるんだな」と思って貰えます。(爆)

Q文頭の「また」や「あと」などの表現はどういう?

たとえば、英語で
「この語はどのように発音しますか?また、どのようなときに使うのですか?」
というような質問をしたい時、2つめの文頭の「また」(もしくは「あと」「それと」など)は英語でどのように表現するのでしょうか?
私の感覚だと、文頭にAndとかAlsoをおいて「And (Also), when is it used?」みたいな感じになるのですが、これはなにかおかしい気がします。

Aベストアンサー

No.2です。ごめんなさい、「文頭の」というご質問だったんですね。

ご参考までに、会話だとかカジュアルな文の文頭ならAndが来て構わないのですが、きちんと書く場合には文頭にAndとかButとか来ないほうが良いとされています。

http://homepage3.nifty.com/MIL/butand.html

http://www.eigo-nikki.com/article/13292266.html

Qas per your requestについて

メールのやりとりでよくあなたのリクエストに従い~といった意味で「as per your request」を使用するのですが、他にも「at your request」や「as you requested」を見かけます。
細かい意味の違いや使い方がよくわからず気になっておりました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(1) as per your request
(2) at your request
(3) as you requested

(1)(2)(3) 大まかな意味は全く同じで、(3)→(2)→(1)の順に古くさいというか、もったいぶったというか、大袈裟というか、かしこまったというか、そんな感じです。

も一つついでに

(4) according to your request
(5) in compliance with your request
(6) in complying with your request

達も仲間ハズレにせず入れておいて。

Q○○さんをCCに入れて…

英語での取引先のE-mailで、
先方に○○さんをCCに入れてくださいと
書きたいのですが、どう書けばいいのでしょうか。

こんなんでしょうか?
Please CC Taro-san next time.
Please add Taro-san as CC next time.

Aベストアンサー

アメリカに37年半住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

CCはcarbon copyの意味で使われそのイニシャルをとって「略されて」使われていたのですが、今では立派な「動詞」として使われています。 CC(シーシー)ですね。 過去形・過去分詞形はCCedとかCC'dと言うような表現も定着してきています。

I will CC you his e-mail.といったり、He CC'd me your e-mail of yesterday so I know what you are talking about.と言う漢字で使われているわけですね。

これを踏まえると、Please CC your e-mails to Taro-san next timeと言う表現が出来るわけです。 次回だけでなく次回からと言うフィーリングであればfrom next timeと言う表現に変えればいいですね。

これで、~さんにも送ってください、と言う表現になりますが、「今度(次回と言う意味ですが)メールを送るときに同時に~さんにも贈ってください」と言う意味合いと、更に、CCにTaro-sanのメルアドを「入れる」ことで(これをCCと言うわけです)、「同時にコピーをTaro-sanに送ったということを私が分かるようにしてください」と言う意味合いも含まれていることも知っておいてください。 受け取ったメールにCCとしてTaro-sanのメルアドが無ければコピーを送ったとわからないと困る、とか、送ったとわかれば仕事もしやすい、と言うような理由でCCしてください、と言うお願いをするわけですから。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

アメリカに37年半住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

CCはcarbon copyの意味で使われそのイニシャルをとって「略されて」使われていたのですが、今では立派な「動詞」として使われています。 CC(シーシー)ですね。 過去形・過去分詞形はCCedとかCC'dと言うような表現も定着してきています。

I will CC you his e-mail.といったり、He CC'd me your e-mail of yesterday so I know what you are talking about.と言う漢字で使われているわけですね。

これを踏まえると、Please CC your...続きを読む

QHope you doing wellに返す言葉

アメリカ人の友達からのメールで、Hope you are doing wellって送られてきました。

この意味は「お元気で」とか「元気でいることを願っています」とかでいいんでしょうけど、
これに、「元気です!ありがとう!あなたもお元気で」という感じで返したいんですが、この場合、
I'm fine thank you! でいいんでしょうか?

それと、how are you?で聞かれた時の、I'm fine thank you, and you?みたいな、「あなたはどう?」って感じにするにはどうすればいいですか?

年上ですが、あまりかしこまった感じにはしたくないです。

お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは

Hope you are doing well  の返答は 年上でもかしこまった感じではない、のであれば


Hi, xxx

I am doing fine, thank you!!

でよいのでは。


もっとくだけた感じなら

Fine, thanks!! 

でも大丈夫かな、と思います。

http://uk.answers.yahoo.com/question/index?qid=20100214053657AAapDtP




How are you? と聞かれた時ですが

ものすごく調子がよければ、"very fine!!" などと言うかな。
調子いいよ!なら "good" とか "Pretty good" とか "I am good" とか

まあまあね、 なら "Not bad" (I am not bad とは言わない)とか 、 I am OK  でしょうか。

その時々の「調子」で答えています。


あなたはどう? と返答する時は

How about you? や、 How are you? とちょっとイントネーションを変えて聞く (you を強調する感じ)

という感じかな。

仕事相手に、How are you? と聞かれて、 "Fine! How are you?" と聞き返したら
仕事でいかに忙しくて疲れているかを、結構長々と言われることもあるので
How are you? の答えはかなり自由なのだと思います。

「どう、調子は?」
「すっごいいよ!」

という会話も

「どう、調子は?」
「いまいちね~。残業が続いて疲れてるわー」

というのもありだと思います。

こんにちは

Hope you are doing well  の返答は 年上でもかしこまった感じではない、のであれば


Hi, xxx

I am doing fine, thank you!!

でよいのでは。


もっとくだけた感じなら

Fine, thanks!! 

でも大丈夫かな、と思います。

http://uk.answers.yahoo.com/question/index?qid=20100214053657AAapDtP




How are you? と聞かれた時ですが

ものすごく調子がよければ、"very fine!!" などと言うかな。
調子いいよ!なら "good" とか "Pretty good" とか "I am good" とか

まあまあね、 なら...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング