こんにちは。
最近簿記の勉強を始めたものです。
お恥ずかしい限りなのですが、4級の問題でどうしても理解
できないところがあります。タイトルにも書きました仕訳けの
「借方」「貸方」についてなのですが、例えば問題で

「4月25日 給料100,000を現金で支払った」
「4月30日 商品を500000販売し、代金を付けにした」

とあった場合、仕訳けすると

     借方            貸方
ーーーーーーーーーーーー|ーーーーーーーーーーーーーー
4/25 給料  100000  | 4/25 現金  100000   
4/30 売掛金 500000  | 4/30 商品  500000    
         
となりますよね?(多分・・)
何で給料が借方なのか?借方、貸方自体どういう意味を持っているのか?
さっぱりわかりません。
どういうふうに考えて仕訳けすればいいのでしょうか?
初心者なので、わかりやすく教えていただけたら幸いです。

A 回答 (7件)

簿記における貸借の基本的概念は次の通りです。



企業の財産状態に変化が生じたとき、

◆借方(左側)には、
(1)資産の増加または負債の減少
(2)純資産(=自己資本)の減少
(3)費用の発生
を表します。

◆一方、貸方(右側)には、
(1)資産の減少または負債の増加
(2)純資産(=自己資本)の増加
(3)収益の発生
を表します。

なお、借方、貸方という用語自体には、何の意味もありません。借方とは仕訳の『左側』を意味し、貸方とは仕訳の『右側』を意味すると考えておいても、何の問題も生じません。

さて、販売した商品の仕入価額を40万円とします。

付けで販売した場合、
〔借方〕売掛金 500000/〔貸方〕商 品 500000
は誤りです。

○分記法ならば、
〔借方〕売掛金 500000/〔貸方〕商  品 400000
………{空欄}………/〔貸方〕商品販売益 100000

○三分法ならば、
〔借方〕売掛金 500000/〔貸方〕売上高 500000

が正解です。(実務ではほとんどの会社が三分法を採用し、分記法の会社は非常にまれにしかありません。)
    • good
    • 36

> 何で給料が借方なのか?借方、貸方自体どういう意味を持っているのか?



現金が増加してなぜ"借方"なのか。私もずっと疑問でした。

日本人には借方、貸方の理解が難しいと思います。

複式簿記の仕組みは中世ヨーロッパで確立されたということは聞いたことがありますよね。
日本でも明治時代に複式簿記の仕組みが取り入れられ、借方、貸方というのも直訳されて今に至っています。
中世ヨーロッパは、資本家(貴族階級)と使用人(執事)が厳格に区別され、資本家が事業に投資し、使用人がその資金で事業を経営するというのが一般的だったようです。

経営者にとって事業経営で得た資産はオーナーのものであるからオーナーから借りているんだと考えて、資産が増加したときは"借方"とするというわけです。

ところが、日本では資本家=経営者というところからスタートしました。江戸時代の豪商がそうですね。
日本人の理解は、事業経営で得た資産は経営者のもの、すなわち、自分のもの。なのに、現金が増加してなぜ"借方"なのかわからないんです。

売上が貸方で、費用は借方というのは私もうまく説明できません。
現金売上の場合は、現金が増加するから"借方"現金、売上はその反対側の"貸方"というように理解したらいかがでしょうか。
    • good
    • 45

訂正です


下から4行目

借方科目減少→"貸方”科目に移動!
    • good
    • 23

私のわかる範囲で説明します。

参考になれば幸いです。
まず
  貸借対照表
 借方   貸方
【資産】  【負債】
      【資本(純資産)】

  損益計算書
 借方   貸方
【費用】  【収益】
            これを暗記します
「4月25日給料10000を現金で払った」
給料は資産、負債、資本、費用、収益のどれですか?(あなたは給料を払う立場です)勿論給料は費用です。(企業から見れば光熱費や消耗品費と同じ、収益をあげる為にかかった費用です。)費用は借方?貸方?そうです借方です。借方に決定!現金は借方?貸方?そうです借方です。今回は現金という資産がなくなったので、借方をマイナスする為に貸方に移動すれば良いのです。貸方に決定!
借方と貸方という言葉の由来は私自信はっきりません。しかし、まず資産、負債、資本、費用、収益の基本ポジションを覚える。
次に 借方の科目を増加→借方のまま
   借方の科目を減少→借方に移動!
   貸方の科目を増加→貸方のまま
   貸方の科目を減少→借方に移動!
以上のルールを覚えれば仕訳はできます。
    • good
    • 22

>何で給料が借方なのか?


これは会計上の決まり事です。
日常生活にたとえると信号の青は「進め」赤は「止まれ」、これの青、赤って別に意味はないですよね。
それた似たような感じだと思ってもらえれば分かりやすいのかと思います。

貸借対照表の見かたはご存知ですか?
資産/負債
   /資本
この位置に指定された科目を表示するものです。
逆に言えばこれと反対側に来る科目ってその科目を減額するものです。

損益計算書でいうと
     費用/収益
当期純利益/

給料は費用項目の販売及び一般管理費に入るもの。
これは入る場所が決まっています。

>4/25 給料  100000  | 4/25 現金  100000 
資産(現金)が減って費用(給料)の発生。
簿記では資産は自分の財産と考え、負債は自分の借金と考えたら分かりやすいのでは。
根本的に貸借対照表と損益計算書の科目をごっちゃに考える人がいますが、○○費はP/L項目へ○○金、はB/S項目で考えていけばよいと思います。

簿記は日常的に発生する取引(何かをもらって何かを払う)ものです。
この場合は給料=従業員からのサービス(役務)をもらって
対価=お金を払う

>4/30 売掛金 500000  | 4/30 商品  500000    
今度は逆の立場で
商品という物を渡して
売掛金という金銭債権という権利を得る

分からなくなったらに日頃の買い物などを思い出してみましょう。
    • good
    • 17

簡単な解釈で考えますと


原因と結果、増えたものと減ったもの
と考えてみてください(^^)
給料支払義務が発生(原因)して現金を支払った(結果)
つまり
支払義務が増えて現金が減ったと言う事ですね
同様に
売掛金を請求する権利が増えて商品は減った・・・
文才がないのでわかりにくいと思いますが参考になれば幸いです
    • good
    • 25

http://www.a-firm.ne.jp/nyu-mon/drcr.htm

上記のサイトが参考になれば幸いです。

私も経理をやっていた時は?????でした。
    • good
    • 10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q貸方、借方とは何ですか?

貸方、借方とは何ですか?

簿記の貸方や借方の意味がよく分からないのです。
本を見ても詳しく載っていないので・・・。
どうか教えてください。

Aベストアンサー

>貸方、借方とは何ですか?

私も長年、簿記をやってますけど、
(1)「貸方」とは仕訳の右側を言い、
(2)「借方」とは仕訳の左側を言う、
という程度の理解です。

学問的に詳しく研究すれば何かは得られるかも知れませんが、実務上はほとんど意味がありません。ですから「貸方」は「右側」、「借方」は「左側」と丸暗記しましょう。

Q借方と貸方

今、簿記の勉強中です。初歩的な質問になると思いますが、たとえば現金を借方に1000円で計上したものを0円に戻すとき(後日修正),借方に-1000円で計上するのか貸方に1000円で計上するのかどちらをしなければいけない、又はどちらが良いのでしょうか?

Aベストアンサー

仕訳ではマイナス金額は入力しません。

現金のマイナスは貸方になります

Q貸借対照表の借方・貸方

今年から青色申告を行うため会計ソフトを購入しましたが、借方・貸方の意味がわからず、決算表の辻褄が合わなくなりました。科目内のデータ記入の際、借方・貸方のどちらに記帳するのか、明確な定義を教えて下さい。

Aベストアンサー

簿記の仕訳の原則です。

借り方          貸方
資産の増加        資産の減少
負債の減少         負債の増加
経費(損失)の発生     利益の発生
事業主貸し         事業主借り
   
このように、なります。
1例として、現金は資産ですから、増加(入金)したら借り方で、減少(出金)したら貸方になります。

資産は、現金・預金・売掛金・備品などの固定資産・車両などで、財産となるものです。

負債は、買掛金・未払金・支払手形・借入金などの借金です。

Q「貸方」「借方」はなぜこの名称になったのでしょう?

素朴な疑問ですが、お金などの貸し借りとも違うので、どうしてこんな言葉を使うのでしょう?

Aベストアンサー

昔は意味のある言葉でしたが、現在では使い方が変わってしまったので単なる、左側(借方)、右側(貸方)という意味しかないですね。

本来の意味としては債権と債務の貸す側と借りる側をあらわしていたそうです。

ただ現在の簿記では債権以外にも費用や収入も表すことになっているため、本来の意味とは違うものになっています。

参考URL:http://www.lib.hit-u.ac.jp/service/tenji/k15/karikatakashikatai.html

Q仕訳けで「借方」と「貸方」

こんにちは。
最近簿記の勉強を始めたものです。
お恥ずかしい限りなのですが、4級の問題でどうしても理解
できないところがあります。タイトルにも書きました仕訳けの
「借方」「貸方」についてなのですが、例えば問題で

「4月25日 給料100,000を現金で支払った」
「4月30日 商品を500000販売し、代金を付けにした」

とあった場合、仕訳けすると

     借方            貸方
ーーーーーーーーーーーー|ーーーーーーーーーーーーーー
4/25 給料  100000  | 4/25 現金  100000   
4/30 売掛金 500000  | 4/30 商品  500000    
         
となりますよね?(多分・・)
何で給料が借方なのか?借方、貸方自体どういう意味を持っているのか?
さっぱりわかりません。
どういうふうに考えて仕訳けすればいいのでしょうか?
初心者なので、わかりやすく教えていただけたら幸いです。

Aベストアンサー

簿記における貸借の基本的概念は次の通りです。

企業の財産状態に変化が生じたとき、

◆借方(左側)には、
(1)資産の増加または負債の減少
(2)純資産(=自己資本)の減少
(3)費用の発生
を表します。

◆一方、貸方(右側)には、
(1)資産の減少または負債の増加
(2)純資産(=自己資本)の増加
(3)収益の発生
を表します。

なお、借方、貸方という用語自体には、何の意味もありません。借方とは仕訳の『左側』を意味し、貸方とは仕訳の『右側』を意味すると考えておいても、何の問題も生じません。

さて、販売した商品の仕入価額を40万円とします。

付けで販売した場合、
〔借方〕売掛金 500000/〔貸方〕商 品 500000
は誤りです。

○分記法ならば、
〔借方〕売掛金 500000/〔貸方〕商  品 400000
………{空欄}………/〔貸方〕商品販売益 100000

○三分法ならば、
〔借方〕売掛金 500000/〔貸方〕売上高 500000

が正解です。(実務ではほとんどの会社が三分法を採用し、分記法の会社は非常にまれにしかありません。)

簿記における貸借の基本的概念は次の通りです。

企業の財産状態に変化が生じたとき、

◆借方(左側)には、
(1)資産の増加または負債の減少
(2)純資産(=自己資本)の減少
(3)費用の発生
を表します。

◆一方、貸方(右側)には、
(1)資産の減少または負債の増加
(2)純資産(=自己資本)の増加
(3)収益の発生
を表します。

なお、借方、貸方という用語自体には、何の意味もありません。借方とは仕訳の『左側』を意味し、貸方とは仕訳の『右側』を意味すると考えておいても、何の問題も生じま...続きを読む

Q2級:商業簿記の勉強から始めるべき?

自分はまだ3級も持っていないのですが、3月から3級の勉強をしていてきょう終了し、11月の2級獲得に向けて、5月は危険かもしれないですが、2,3級の同時進行で始めようと思います!

そこで、2級の商業簿記の知識が頭に増えると、3級の試験でこんがらがってしまいそうだったので、工業簿記の勉強から始めたのですが、前に、商業簿記→工業簿記の順で勉強しないと失敗する、と書き込みがあった記憶があります。


実際は工業から始めるのは危険でしょうか?お願いします!

Aベストアンサー

始めまして
>3月から3級の勉強をしていてきょう終了し
とのことでしたので、六月に3級の試験を受けてみてはどうでしょうか?
>2級の商業簿記の知識が頭に増えると、3級の試験でこんがらがってしまいそうだったので
とのことですが、二級の商業簿記を習うことによって、三級の商業簿記の理解も深くなります。
>実際は工業から始めるのは危険でしょうか?
工業簿記は理解しにくく、工業簿記からはじめると、商業簿記にまわる前に嫌になってしまう恐れがあるということはあります。
しかし工業簿記の方が好きという方もいますので、テキストで確認してみてはいかがでしょうか?

Q貸方、借方とは?

貸方、借方とは?

簿記の貸方、借方がよく分からないのです。
本を見ても詳しく載っていないので・・・。
どうか教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

お金(もしくは品物)の流れで自分に入る方を借り方、相手に入る方を貸し方と言います。
たとえば、2000円の商品を仕入れると借り方に商品2000円、貸し方に現金2000円となります。
そして、2500円で売ると、借り方に現金2300円、貸し方に商品2500円となります。
自分から見て出て行くのが貸し方、入ってくるのが借り方だと思えばいいです。

Q誤謬訂正仕訳の疑問。なぜ逆仕訳と正しい仕訳を足して訂正仕訳になるのか分

誤謬訂正仕訳の疑問。なぜ逆仕訳と正しい仕訳を足して訂正仕訳になるのか分かりません。

簿記3級を勉強中で、色々調べても分からなかったので質問です。
間違った仕訳を訂正する場合、

1.問題文を読んで正しい仕訳を行う。 (A)
2.誤った仕訳を行う。
3.誤った仕訳の逆仕訳を行う事で、誤った仕訳を相殺する。 (B)
4.(A)+(B)

の流れで行う事は理解できました。
しかし、なぜ正しい仕訳Aと、逆仕訳Bを足すのか
よく分かりません。

<例題>
4月1日のα店に対する現金売上が20,000円と書いてあったが、本当は30,000円であった。
これを訂正しなさい。

1.現金 30,000    売上 30,000(A)
2.現金 20,000    売上 20,000
3.売上 20,000    現金 20,000(B)    
4.A+Bなので
  現金 30,000    売上 30,000
  売上 20,000    現金 20,000

ここで、なぜA+Bをするのかが分からないんです。
2は間違いの仕訳なので、3で逆仕訳して相殺する(2と3が消し合う)のは理解できます。
しかし、相殺されたなら 1.現金 30,000    売上 30,000
しか残らないのでは?
2と3は相殺されているのに計算式で残っているのはなぜでしょうか。
また、逆仕訳した3と正しい仕訳の1を合わせる(足す)根拠が分かりません。
お答えいただけると嬉しいです。

誤謬訂正仕訳の疑問。なぜ逆仕訳と正しい仕訳を足して訂正仕訳になるのか分かりません。

簿記3級を勉強中で、色々調べても分からなかったので質問です。
間違った仕訳を訂正する場合、

1.問題文を読んで正しい仕訳を行う。 (A)
2.誤った仕訳を行う。
3.誤った仕訳の逆仕訳を行う事で、誤った仕訳を相殺する。 (B)
4.(A)+(B)

の流れで行う事は理解できました。
しかし、なぜ正しい仕訳Aと、逆仕訳Bを足すのか
よく分かりません。

<例題>
4月1日のα店に対する...続きを読む

Aベストアンサー

訂正仕訳を誤った仕訳を行うところから順を追って説明します。

質問者様の例題を使わせて頂くと

(1)仕訳を誤って行ってしまう(帳簿にすでに記載済み)

現金 20,000    売上 20,000

(2)一度誤った仕訳を元に戻すため逆仕訳を行う(下書き)

売上 20,000    現金 20,000

(3)誤った仕訳が相殺されたので正しい仕訳を行う(下書き)

現金 30,000    売上 30,000

よって訂正仕訳としては(2)の間違った仕訳の逆仕訳と(3)の正しい仕訳を足した仕訳を行う必要があります。

(4)訂正仕訳(帳簿に記載)

現金 10,000    売上 10,000

『4.(A)+(B)』の部分は上記(2)+(3)と同じ意味です。

混乱の原因は多分下記の部分を少し勘違いしているのではないでしょうか。

まず一つ目は『4.A+B』とかかれているように実際に帳簿上に反映させる仕訳は正しい仕訳と誤った仕訳の逆仕訳を足し合わせた4番目の仕訳のみです。1~3は下書きとして書くだけということです。

もう一つは3番の誤った仕訳は3番目の誤った仕訳の逆仕訳を切るために切るということです。下書きの下書きといったところでしょうか。

これを考慮して書き直すと

1.現金 30,000    売上 30,000
(2.現金 20,000    売上 20,000)
3.売上 20,000    現金 20,000

-------------------ここまで下書き---------------------

4.1+3

現金 10,000    売上 10,000

よって4番の訂正仕訳を切ることになります。

わかりにくいようでしたら、参照しているテキストの記述ではなく、一番上に書いた説明でもう一度整理してみたらいいと思います。

余談ですが、訂正仕訳を理解する上では一回相殺して正しい仕訳を切って足し合わせると言う説明をしますが、最終的には帳簿が正しい仕訳を切られた状態にするのが目的です。

そのため、慣れてきたら誤った仕訳と正しい仕訳の差を埋めるためにはどのような訂正仕訳を切ったらいいかを考えて訂正仕訳を切るといいと思います。

例えば上記の例ですと


誤った仕訳

現金 20,000    売上 20,000

正しい仕訳

現金 30,000    売上 30,000

上記二つの仕訳を見比べると借方に現金が10,000足りなく、貸方に売り上げが10,000足りません。

そのため訂正仕訳としては

現金 10,000    売上 10,000

となります。

複雑な時はやはり相殺仕訳と正しい仕訳をわけて足し合わせる方がいいと思いますのでそこらへんは臨機応変に。

回答は以上です。長文になってしまい申し訳ありませんでした。

訂正仕訳を誤った仕訳を行うところから順を追って説明します。

質問者様の例題を使わせて頂くと

(1)仕訳を誤って行ってしまう(帳簿にすでに記載済み)

現金 20,000    売上 20,000

(2)一度誤った仕訳を元に戻すため逆仕訳を行う(下書き)

売上 20,000    現金 20,000

(3)誤った仕訳が相殺されたので正しい仕訳を行う(下書き)

現金 30,000    売上 30,000

よって訂正仕訳としては(2)の間違った仕訳の逆仕訳と(3)の正しい仕訳を足した仕訳を行う必要があります。

(4)訂...続きを読む

Q売掛金の期間借方と期間貸方

先日、会社の残高試算表を見ていたら、

「売掛金」の期間借方と期間貸方どちらにも数字が打ち込まれていました。

・当社は売掛金を回収することしかしないのですが、これはどうゆうことなのでしょうか?

・普通の借方貸方と「期間借方」「期間貸方」は何が違うのでしょうか?

簿記の初歩的な質問ですいません、よろしくお願いします

Aベストアンサー

>当社は売掛金を回収することしかしないのですが、これはどうゆうことなのでしょうか?

’売掛金を回収することしかしない’というのはありえません。発生しない売掛金を回収できるはずがないからです。

・まず、売上を計上したときに売掛金が「発生」します。

  売掛金 500,000  売上 500,000

  この結果、売掛金の借方に500,000という数字が上乗せされます。

・そして、例えば先月分の売掛金30万円を「回収」したとします。

  普通預金 300,000 売掛金 300,000

  この結果、売掛金の貸方から300,000という数字が減額されます

よって、質問文にある

’「売掛金」の期間借方と期間貸方どちらにも数字が打ち込まれていました’ということは当然のように毎月繰り返し起こります。


>普通の借方貸方と「期間借方」「期間貸方」は何が違うのでしょうか?

残高試算表は普通は1ヶ月ごとの「月次試算表」のことですから、例として7月の試算表であれば、7月1日から31日という「期間」に増減があった額が反映されているとうことです。

>当社は売掛金を回収することしかしないのですが、これはどうゆうことなのでしょうか?

’売掛金を回収することしかしない’というのはありえません。発生しない売掛金を回収できるはずがないからです。

・まず、売上を計上したときに売掛金が「発生」します。

  売掛金 500,000  売上 500,000

  この結果、売掛金の借方に500,000という数字が上乗せされます。

・そして、例えば先月分の売掛金30万円を「回収」したとします。

  普通預金 300,000 売掛金 300,000

  この結果、売掛金の貸方か...続きを読む

Q独学で簿記3級の勉強を始めて3日目です。

独学で簿記3級の勉強を始めて3日目です。

転記の方法でわからないところがあります。
(因みに使用しているテキストはLECの光速マスター3級の問題集です)

宮崎商店に対する買掛金¥70,000の支払いの為、得意先大分商店宛、宮崎商店受取の為替手形を振出し、大分商店の引受けを得て宮崎商店に渡した。

という問題で仕分けをすると
借方:買掛金70,000 貸方:売掛金 70,000 になりますよね。

で、勘定に転記する時 売掛金の右側に 「買掛金 70,000」 となるのは何故ですか?

どうして売掛金の勘定なのに 買掛金が記載されるのでしょうか?


かなり初歩の質問ですいません。

一人でテキストを読んでいても わかりませんでした。
どなたか教えて下さい。宜しくお願い致します。

※11月に簿記3級と2級の両方を受験しようと思ってます。
取り敢えず3級は独学で勉強して2級の勉強はどこか学校に通おうと思って 3級の勉強に手をつけたのですが こんな調子じゃ3級も学校で勉強したほうが良いでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは

仕訳そのものは理解できているのですね?
結論としては、相手勘定科目を記帳するからです。

転記とは仕訳を行ったら、その仕訳の内容を勘定科目に書き写すことです。



           売掛金
-------------------------------------------
5/1 前月繰越 200,000|
             |


           買掛金
-------------------------------------------
            |5/1 前月繰越 100,000
             |

例えば、勘定の内容が上記のような状態だったとします。
売掛金は資産勘定(借方勘定)ですから借方に残高が発生します。
買掛金は負債勘定(貸方勘定)ですから貸方に残高が発生します。

次に、下記の取引があったとします。(5月16日)

借方:買掛金70,000 貸方:売掛金 70,000

買掛金と売掛金のそれぞれの勘定科目の借方または貸方に転記します。
仕訳で借方に記載したものは借方に、貸方に記載したものは貸方に転記します。

       売掛金
------------------------------------------
5/1 前月繰越 200,000|5/16  買掛金 70,000 ← 買掛金は仕訳時の相手勘定
             |

仕訳では売掛金の減少ということで、貸方に書きましたので
転記は、売掛金勘定の貸方に記帳します。 このとき、
日付 相手勘定科目 金額、というように記帳します。

           買掛金
--------------------------------------------
5/16 売掛金 70,000  |5/1 前月繰越 100,000
             |

買掛金も同様に記帳します。
なので、売掛金の貸方に書く『買掛金』は仕訳時の相手勘定科目を
表しています。


簿記のURLを載せておきますので、参考までにどうぞ。

はじめての簿記3級 → http://www.bookkeep.info/
わかりやすい簿記  → http://www.get-boki.com/

なにかあれば補足してください。 では、頑張ってください^^

こんにちは

仕訳そのものは理解できているのですね?
結論としては、相手勘定科目を記帳するからです。

転記とは仕訳を行ったら、その仕訳の内容を勘定科目に書き写すことです。



           売掛金
-------------------------------------------
5/1 前月繰越 200,000|
             |


           買掛金
-------------------------------------------
            |5/1 前月繰越 100,000
             |

例えば、勘定の内容が上記...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング