プロが教えるわが家の防犯対策術!

卒業論文で、インタビューを載せたいのですが、その書き方に迷っています。どのように書くのがベストでしょうか?

私が今考えているのは、本当にその人とインタビューしたやりとりを、雑誌のインタビューのように

筆者:●●とは何ですか?

○○さん:~~というものです。でもこれは~

筆者:●●はこういうことですね。では◇◇についてはどう思いますか?

みたいな実際のやりとりをできるだけ忠実に再現して、書いていく方法です。そのあとに、インタビューのまとめと、考察を書こうと思っています。でも、これだと、明らかに私の質問よりも相手の意見のほうが長いため、論文としてどうなのかな・・・と思いまして。

それとも、インタビューの内容をおおまかに要約して載せてしまったほうがいいのでしょうか。

それから、インタビュー中に話が少しそれることがありますよね。
直接聴きたい内容ではないことをが相手を話した時のことは、書いてはいけないのですか?わたしは、その脱線した話の中に発見があり、それが結論と結びつくので、是非それを書きたいのですが・・・。
もしそういうことも書くのであれば、要約よりも、生のやりとりを論文に載せたほうがいいかな、と思うし。

まとまりなくてすみません。アドバイスください。

A 回答 (2件)

 インタビューというのはアクチュアルな生の声というところに価値があります。

その語り手が何を語ったのかできるだけ忠実に示した上で、評価を加える必要があります。

 しかし原則、論文ではインタビューはもちろん丸ごと書くことはできません。なぜなら、それでは冗長な印象が残って、結局何をこのインタビューから引き出したのか分からないからです。

 ですから、インタビュー全文をたとえば、最後の補足資料として提示します。これがベストです。

 本文にはあなた自身の方法、場所などを明記の上で、要約をしつつ、核心的な内容については、その相手の言葉をそのまま記します。

 のせるかのせないかは、結局論文のインタビューをもってして何をあなたが告げたいのか。何の事実を明らかにしたいのかということを中心において考えれば、必要なものと必要ではないものが分かるでしょう。

 本文でのあなたの質問内容は簡潔にまとめてしまってよいと思います。

この回答への補足

回答、ありがとうございます。とても参考になりました!
要約したのを書いて、必要な部分は相手の言葉をそのまま使えばいいのですね。

少し補足をしたいのですが、よろしいでしょうか。

>インタビュー全文をたとえば、最後の補足資料として提示します。

補足資料という章を作って、書けばいいのでしょうか。
それとも、論文とは別に、使った資料として別に提示すればいいのでしょうか?


よろしければ、

補足日時:2007/06/24 21:54
    • good
    • 1

方法についてはすでに回答が出ているので、そちらにお任せしますが、若干気になることがあります。



不特定多数の相手へのインタビューでは問題ありませんが?、
対談とか少数の人数の方に答えていただいた場合、文書にした(提出する・公開する)予定のものを回答した下さった方に見せて確認を取ってください。

相手が間違いなく言ったことだからかまわないだろうというのは無しです。
話したときの成り行きで言った言葉も文書化されたときに違和感をもたれる方は多いです。

そんなことは承知済みということでした余計なき書き込みでしたね。失礼しました。

この回答への補足

>対談とか少数の人数の方に答えていただいた場合、文書にした(提出する・公開する)予定のものを回答した下さった方に見せて確認を取ってください。

丁寧にアドバイスしてくださってありがとうございます!
はい、書いたインタビューの確認はするつもりです!

補足日時:2007/06/25 22:52
    • good
    • 3

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q調査レポートの書き方

大学の課題でレポートを書くことになりました。
内容は、一人の人に過去のこと(例えば、戦後の暮らしについてなど)をインタビューして、それをレポートにまとめるというものです。
インタビューはし終わったのですが、実際に書くときに、どのようにレポートを書けばいいのかわかりません。
何かアドバイスがあれば教えてください。

Aベストアンサー

>戦後の暮らしについて

私は68才の男性です。 自分も経験したのでわかります。

戦後の暮らし5W1Hでチェックしてみます。
(1)いつからいつまでの生活か? その人はその時何才だったのか? 
(2)どこでの生活か? 何をしていたのか? 健康状態は?
(3)食事の献立はどんなものだったのか?
(4)趣味や娯楽はどんなものがあったのか?
(5)近くに進駐軍はあったのか? ガイジンと接触はあったのか?

これらを聞かれたと思います。 そこから戦後の復興に向けての日本人の旺盛な意欲を汲み取ることが出来るでしょう。 

戦後と言っても、昭和20年から24年までと25年以降では大きく違います。 24年までは食料も乏しく、経済も停滞していました。 25年に朝鮮動乱が起り、急に日本の経済が活気を帯びて来ます。 我々子供でも道端に鉄くずが落ちていれば、拾って売って小遣い稼ぎをしたものです。 水道の蛇口は高く売れるので、すぐになくなったものです。 亜鉛や合金は高かったのです。 

ですから、一口に戦後と言っても、昭和25年より前か後かで大きく違います。 時と場所と対象がはっきりすれば、時代の特徴がはっきり出る良い報告書になると思いますよ。 がんばって下さい。 

>戦後の暮らしについて

私は68才の男性です。 自分も経験したのでわかります。

戦後の暮らし5W1Hでチェックしてみます。
(1)いつからいつまでの生活か? その人はその時何才だったのか? 
(2)どこでの生活か? 何をしていたのか? 健康状態は?
(3)食事の献立はどんなものだったのか?
(4)趣味や娯楽はどんなものがあったのか?
(5)近くに進駐軍はあったのか? ガイジンと接触はあったのか?

これらを聞かれたと思います。 そこから戦後の復興に向けての日本人の旺盛な意欲を汲み取る...続きを読む

Q友人の卒論のインタビュー調査方法

カテゴリ違ってたらすみません
あと愚痴っぽいです。

友人に卒論のことで聞きたいことがあるからと学食でお昼ご飯中に話しかけられて、研究方法とか質問項目の構成とかについてだろうと思ったので了解しました。
しかし、聞かれたのは「人に言えない悩みを誰に相談するか」「悩みをどう解決するか」などといった内容のインタビューで、しかもあまり人のたくさんいるようなところでは話したくない内容でした。
私の学部では研究協力依頼をするなら研究目的や研究計画、倫理的配慮の説明と研究内容次第ではインタビューガイドの開示などは必須と指導されましたが友人のインタビュー調査の前にそういった説明は一切ありませんでした。だから何を聞かれるか、協力した内容が何にどのように使われるかわからないし、断ってもいいのかもわからない状態でインタビューが進んで、結局お昼時の食堂で、誰にも言いたくなかった出来事について根掘り葉掘り聞かれて物凄く嫌な気持ちになりました。
そしてインタビューの後にその子が「あなたに聞けて良かった。倫理的配慮に抵触することだったから」と言われました。それにもムッとしたし、私なら別に倫理的配慮はしなくていいのかって思いました。
最後別れ際にインタビュー中に言いたくなかったけど聞かれたから仕方なく答えた人には言いたくない悩みのことで「まあ、私も似たようなことあったよ。そんなもんだよね」と言われました。

心理学のインタビュー調査ってこんなのが当たり前なのですか?
こんなことでいちいち怒っている私がおかしいのでしょうか。

カテゴリ違ってたらすみません
あと愚痴っぽいです。

友人に卒論のことで聞きたいことがあるからと学食でお昼ご飯中に話しかけられて、研究方法とか質問項目の構成とかについてだろうと思ったので了解しました。
しかし、聞かれたのは「人に言えない悩みを誰に相談するか」「悩みをどう解決するか」などといった内容のインタビューで、しかもあまり人のたくさんいるようなところでは話したくない内容でした。
私の学部では研究協力依頼をするなら研究目的や研究計画、倫理的配慮の説明と研究内容次第ではインタビ...続きを読む

Aベストアンサー

心理士で、元大学の教員でした。

質問者様と、その友人の方との付き合いの程度や、関係性がよく分かりませんが、常識的に(と私が思う範囲で)みて、一言、二言書かせていただきます。

まず、友人の方のインタビューについて、卒業論文のためのものだとしたら、倫理基準に反しており、失格です。
友人ご自身も、また、きちんと指導教員からの指導が入っているとしたら、その指導教員の常識を疑います。
おっしゃるとおり、「研究協力依頼をするなら研究目的や研究計画、倫理的配慮の説明と研究内容次第ではインタビューガイドの開示などは必須」だからです。

もう一つは、質問者様ご自身も、インタビューを行う際の倫理的配慮について学んでいらっしゃるのですから、この種のインタビューに協力するのは、飽くまでも任意の自由意思に基づいての行為であることはご存じのはずです。
そう考えますと、「断ってもいいのかもわからない状態でインタビューが進んで」という点については、私としては違和感を感じてしまいます。
「友人同士」であるならば(もちろん、初めに書きましたように、どの程度の関係性か分かりませんので、一概には言えないかも知れませんが)、「研究目的が分からず、このような秘密の保てない場所でのインタビューは遠慮したい」とか、「こういう倫理的な配慮のないインタビューは不適切だと思う」といったことを伝えてあげられなかったのか、という印象も持ってしまいます。

事を荒立てようとお考えならば、No.1の方のご助言のようになさっても構いませんが、友人であるということならば、改めて、倫理基準に沿ったインタビューにすべきと「忠告」するのが、妥当な対応かと思います。

「こんなことでいちいち怒っている私がおかしいのでしょうか」というご質問(?)は、私には、上に書きましたような、私の助言に類することもいえなかった、質問者様ご自身に対して、腹が立っているように思われます。

失礼なことも申し上げましたが、この「友人」が、質問者様にとって大切なお友達であるならば、忠告なり、助言なりを、今からでも差し上げてはいかがでしょう?

心理士で、元大学の教員でした。

質問者様と、その友人の方との付き合いの程度や、関係性がよく分かりませんが、常識的に(と私が思う範囲で)みて、一言、二言書かせていただきます。

まず、友人の方のインタビューについて、卒業論文のためのものだとしたら、倫理基準に反しており、失格です。
友人ご自身も、また、きちんと指導教員からの指導が入っているとしたら、その指導教員の常識を疑います。
おっしゃるとおり、「研究協力依頼をするなら研究目的や研究計画、倫理的配慮の説明と研究内容次第ではイン...続きを読む

Q卒論や小説を書く上で、企業に取材を取る時の礼儀

卒論で会社訪問などヒアリングやアンケートを実施したいと思っています。
そのためのセオリーと言いますか、礼儀・手順など、また実際に取材した方、取材に応対した方おられましたら、アドバイス下さい
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

駄目な例を。。。

・名前や肩書きを名乗らない
・大学のメールアドレスを使ってない
・フリーメールを使っている
・アンケートの目的と意義がはっきりしない
・アンケート結果をどのように使いどの範囲で公開するのか明示されていない

Q卒業論文の参考文献の書き方で3つ質問があります

参考文献の書き方に迷っています。
3つ質問があります。
(1)外国の論文を、日本の出版社が翻訳したものを載せる場合、どのように書けばいいのでしょうか。
(2)わたしの研究では、大学の教授などにインタビューをすることが多かったのですが、インタビューした人の名前は参考文献の中に載せますか?
(3)インタビューした方からもらった資料(プリント)が何枚かあるのですが、5枚程度のプリントで発行年などがあいまいです。そのようなものを載せる場合どうしたらいいですか?

よろしくお願いします><

Aベストアンサー

(1) 訳書の引用。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4326199407/
たとえばこの本なら、末尾の参考文献リストでは、

===
Tomasello, M. (1999). The cultural origins of human cognition. Cambridge,
   MA: Harvard University Press.
   (トマセロ, M. 大堀壽夫・中澤恒子・西村義樹・本多 啓 (訳) (2006).
   心とことばの起源を探る: 文化と認知 勁草書房)
===
トマセロ, M. (2006). 心とことばの起源を探る (大堀壽夫・中澤恒子・西村義樹・
   本多 啓, Trans.). 東京: 勁草書房. (Original work published 1999)
===

のいずれかです。「Cambridge, MA」は出版社のある「マサチューセッツ州」のケンブリジという意味です(アメリカ合衆国の場合は州をそれ以外の場合は国名などを書きます)。本文中の引用では、上のそれぞれの参考文献の書き方について、

===
……である(Tomasello, 1999 大堀壽夫他訳, 2006, p. 11)。
===
……である(トマセロ, 2006, p. 123)。
==

となります。ただ、できれば該当箇所の前後だけでも英語で読んで、訳書ではなく原典を引用したほうが好まれます。その場合、訳書を参考文献に挙げる必要はありまsねん。

(2) インタヴュー。

公的に活字となって出版されているのであるなら、それを引用します。そうではなく質問者さま自身のインタヴューであれば、参考文献リストではなく、脚注で示します。たとえば上のトマセロさんにインタヴューしたのであれば、脚注を用いて、

===
Tomasello, M., personal communication, 2007, January.
===

と書くか、直接本文に、

===
……である(Tomasello, pers. comm. 2007, January)。
===

と書きます。インタヴューなら、「personal interview」、「pers. interview」でもよいと思います。

(3) プリント

たとえば、猿山県犬川市にある高校に勤める山田明先生が出した「中世トンブクトゥの歴史」というプリントがあるとします。

===
山田 明. (n.d.). 近代トンブクトゥの歴史. 猿山県犬川市: Author.
===

「n.d.」はno dateつまり日付不明ということです。日付がわかるのでれば、「n.d.」のところに「2007, January」のように記入します(日がわからなければ年だけでも)。プリントをいただいた相手に問い合わせてわかるのであれば問い合わせましょう。その人が忘れていないかぎり埋まります。

本来出版社が来るところに「Author」があるのは、出版したのが著者と一緒という意味です。先生や会社員として学校や会社で印刷したのなら、学校や会社の名前を書いたほうがよいのかもしれませんが、軽いプリントならAuthorでよさそうな気がしました。いつも見ているスタイルマニュアルが手元にないので、この出版社欄は、どう書いたらよいのかよくわかりませんでした。

●追加質問について。

(1) 参考文献のページ。

参考文献のページはページ数にカウントするのですか? 先生に問い合わせてみたほうがよいと思います。逆に提出が3枚だというなら(A4で規定の行数なのだと思いますが)、参考文献で1枚使うのは多すぎませんか? 文献的な研究ならともかく、自分でデータを出したり論理を組み立てていくタイプの論文なら、引用が多すぎるのかもしれません。文献的の考証のような研究をしようとして参考文献数が多くなるのであれば、先生に相談すればよいと思います。いずれにしろそれは学校が出した課題の規定なので、先生に相談するのがいちばんでしょう。

(2) 関連文献。

関連文献は参考文献に載せません。参考文献は、referencesなので、ただ論文を書くのに参考にしたというものではなく、論文のなかで実際に参照したというものです。どうしても書きたいのなら、そのような総説は「……についての研究は1970年代に始まった(Tomasello & Call, 1997)」のように短く引用するのが、ひとつの手です(たぶん導入の辺りになるはずです)。また、研究書の総説は引用するとよいと思いますが、新書程度の入門書であればとくに引用することもないと思います。

(1) 訳書の引用。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4326199407/
たとえばこの本なら、末尾の参考文献リストでは、

===
Tomasello, M. (1999). The cultural origins of human cognition. Cambridge,
   MA: Harvard University Press.
   (トマセロ, M. 大堀壽夫・中澤恒子・西村義樹・本多 啓 (訳) (2006).
   心とことばの起源を探る: 文化と認知 勁草書房)
===
トマセロ, M. (2006). 心とことばの起源を探る (大堀壽夫・中澤恒子・西村義樹・
   本多 啓, Trans.). 東京: ...続きを読む

Q卒論のお礼文について添削してほしい

自分の卒論作成に協力してくださった人達にお礼文を送りたいと考えています。ただ今までそのような文章を書いたことがないのでいまいち要領を掴めません。↓の文章で大丈夫か添削して欲しいです。(書いてませんが文章の前に相手の、文章の後に自分の名前等を記入します。)


先日は突然お伺いしたにも関わらず、調査のためのお時間を割いていただき、その上お食事までご馳走になり、ありがとうございました。

○○さんのご協力のおかげで、無事卒業論文を完成させることができました。
作成した卒業論文を同封させていただきます。

卒業後は××の会社員として頑張ります。また○○さんとお会いできたその時には楽しいひと時を過ごせたらと思います。

突然の訪問にもかかわらず、美味しいお食事を用意してくださった奥様にも重ねて宜しくお伝えください

これをご縁に今後ともどうぞよろしくお願いします。
略義ながら書面をもちまして、お礼申し上げます。
敬具

Aベストアンサー

このような文章が書ければもう十分です。
相手の人柄も解らずあなたとの接点もない人に対してはありきたりな手紙例文の引き写しでも良いかも知れませんが、実際にお世話になった人に対しては例文の丸写しでは返って失礼で、形は整っても心が入っていないのは直ぐに文面から伝わるものです。

お礼の元になった事実を書き、それに対する感謝の念を素直に表明するのが基本です。その結果どのような結末になったというのが解っている時点のお礼ならその事も併記します。

「ありがとうございました」は一番最初の文節にありますが、これは文末にももう一度書き添えると良いと思います。同じ文章を二度も目にすると印象が強くなります。三度も目にすると煩わしくなりますけど。もし二度目を入れるなら「奥様にも重ねて宜しくお伝え下さい」の下を一行空けて書き加えます。文章はちょっとだけ変えて「このたびは本当に有難うございました」或はその変形にすると良いかと。
「略儀ながら・・・」の箇所はちょっとやり過ぎかなと思ったり。

ともあれ、十分に意が伝わる手紙文だと思います。

QWord 文字を打つと直後の文字が消えていく

いつもお世話になっています。
Word2000を使っているものです。
ある文書を修正しているのですが,文章中に字を打ち込むと後ろの字が消えてしまいます。
分かりにくいですが,
「これを修正します。」
という文章の「これを」と「修正します。」の間に「これから」という単語を入れたときに,その場所にカーソルを合わせて「これから」と打つと,
「これをこれからす。」
となってしまいます。
他の文書では平気です。
何か解決する方法があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

入力モードが「挿入」(普通の入力)から、「上書き」になってしまっているのだと思われます。
キーボードに[Insert]というキーがあると思いますので、1度押してみてください。

Q卒論でテレビ番組内の特集を引用したいのですが・・・

卒論の中であるテレビ番組の中のストーリーを紹介したいと思ってます。
その番組はHP内にデータベースがあり、引用しようとしているストーリーも公開されています。
この場合、「公表された著作物」として引用出来ますか?
引用できる場合引用の出典元を注釈として書き、また本文に引用が始まることを書かなければなりませんが、そのとき

番組名 (○○テレビ) より引用

と、詳しく書いた方がいいのか

あるテレビ番組より引用

と、にごして書いたほうがいいのか・・・どちらの方が良いのでしょうか?

Aベストアンサー

引用するときは、にごしてはだめですよ。

しっかり、放送局名、番組名、放映日を書きましょう。

ホームページから引用する場合には、そのページ名を書き、かつ、URLも書いておきましょう。

それから、引用する内容は、正確に引用し、自分の意見は、はっきり自分の解釈としてわかるように区別しましょう。

Q逐語記録の書き方

逐語記録の記入例・参考になるURLなどを教えてください。

Aベストアンサー

用途次第でしょう。決まったことを尋ねるための構造化された面接なら、必要な情報だけをメモすればいいです。まあ後々のため、録音はしておいたほうが安全ですが。でも心理療法のような事例で逐語を起すのなら、やはりそれなりの丁寧さが求められます。とりあえず全く見当がつかないという状況なら、事例が載っていそうな学会誌や大学の紀要が参考になるのではと思います。例えば相手と自分が言った言葉を、「」か<>で使い分けるなど、ちょっとしたことも実物を見て参考にしたほうが分かりやすいです。でも見る人(指導教官?)の好みもあるので、その辺は指導を受けながら学んでください。

Qアンケート調査の依頼文書

現在、大学4回生で、卒論のため、高校にアンケート調査の依頼をしようと思っています。
そこで、依頼の文書を書こうと思うのですが、どのようにして書けばいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

以下のような例でどう?あとは創意工夫してください。

アンケートの表題:xxxxに関するアンケートの回答協力のお願いについて

(依頼文の例)
私は現在○△大学xx学部◇☆学科4年在学中です。現在、卒業論文のテーマとして「(あなたの研究テーマ名)」を研究しています。この研究調査用データとして◎●についてxxxの方を対象(アンケートの対象:教員なのか生徒なのか回答者群を指定明記)にアンケートを実施させて頂くことといたしました。
つきましては大変恐縮ではございますが、同封のアンケート用紙にご回答いただきたくお願い申し上げます。
 記入によって得られた必要最低限の個人情報は目的外に使用することはなく、また私の卒業論文以外に使用することはございませんのでご理解のほどお願い致します。なお、アンケート集計結果をご希望される場合については、卒業論文のコピーをそれに代えて発送させて頂く予定にしております。アンケート用紙の集計結果希望欄に返送先情報とその旨ご記入ください。

なお、回答用紙は同封の封筒(切手貼付済み、返送先住所記入済み)に入れ郵便ポストにご投函されるか、下記のFAX番号あてにご送付ください。(あるいは電子メールであればメールアドレスなど併記)

FAX番号:
(メールアドレス):
アンケートについてのお問合せ先:氏名、電話、住所、電子メールアドレスなど。
アンケートの種類:無記名式、記名式なのか。多岐選択式なのか自由記述併用など。
アンケートの処理方法:集計後、統計処理。自由記述は整理分類方式で処理。など。
で、どうでしょう?

以下のような例でどう?あとは創意工夫してください。

アンケートの表題:xxxxに関するアンケートの回答協力のお願いについて

(依頼文の例)
私は現在○△大学xx学部◇☆学科4年在学中です。現在、卒業論文のテーマとして「(あなたの研究テーマ名)」を研究しています。この研究調査用データとして◎●についてxxxの方を対象(アンケートの対象:教員なのか生徒なのか回答者群を指定明記)にアンケートを実施させて頂くことといたしました。
つきましては大変恐縮ではございますが、同封のアンケート...続きを読む

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング