肺炎について勉強していたら、白血球の左方移動と言う言葉を目にしたのですが、「左方移動」とはどういう事を意味しているのでしょうか?回答お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 白血球は細胞ですので核があります。

その核が何度も分裂し、そして細胞分裂をして細胞数が増えていくのですが、血中の白血球は核分裂はできますが細胞分裂はできません。なので核が1個の白血球があれば、核が7つに分裂している白血球もあるわけです。
 それで、核の分裂数が少ない白血球(1個とか2個とか)が多いことを「左方移動」といいます。逆に核の分裂数が多い白血球が多ければ「右方移動」といいます。
 左方移動は風邪など引いたときに体の中の風のウィルスを白血球が頑張って排除しているのでその分白血球数も消費して少なくなっていきます。すると、白血球が少なくなったので骨髄などから白血球を大量に産生します。そうすると、若い白血球(つまり、核分裂が少ない白血球)が増えて、臨床的に「左方移動」ということになります。肺炎のときも同じような流れです。
    • good
    • 1

白血球の百分率を左から右に書いてください。


正常だとどのような%になっていますか?

炎症やある病気であれば幼弱細胞が出現し、数が急激に増します。役に立たない白血球が出現します。
そのときの%を左から右に%数値を書いてみてください。
右肩上がり?左肩上がり?左に偏っているでしょう?これが左に移動している(幼弱細胞が多い)ということですよ。

このことをキーワードに参考書を調べてみましょう。
(虫垂炎でも感染しているのでわずかに左方移動生じ、血液疾患のある種のものは大幅に左方移動している)
    • good
    • 2

杆状球(stab)など幼弱な白血球の比率が増えることで


免疫応答の亢進を示唆します
「白血球 左方移動」で検索すればいっぱい説明がでます
    • good
    • 5

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qほう葉みその食べ方

過日、飛騨地方へ旅行に行った方から「ほう葉みそ」をお土産にいただきました。
中には、「みそ」と「ほう葉」が入っているだけで、料理方法等の説明がなくどのようにして食べたらよいのかさっぱり解りません。
「食べ方」「料理方法」等お教えください。

Aベストアンサー

まず味噌に長ネギのみじん切り(小口切りでもいいです)やしいたけの薄切りなどを混ぜます。
その味噌をほう葉の上に乗せ、空焚きが大丈夫なフライパンや、餅焼き網などの下から加熱するもので葉の下側から加熱します。
味噌がグツグツいい始めしいたけに火が通ったら出来上がり。
味噌にほう葉の香りが移り、味噌が焦げた風味はなんともいえずおいしいです。私は白いゴハンにこれがあれば他になにもいりません。
味噌は市販のものでも出来ます。多分セットになっているなら味噌に味をつける必要はないと思います。味噌の味をみてみりんや砂糖などで甘みを足してもいいですよ。
参考URLではホットプレートでの作り方が紹介してあります。ポイントはほう葉の下から加熱。それが出来れば何でもOKですよ。

参考URL:http://www.koujiyamiso.co.jp/houba/hot.htm

Qコンタクト 左目と右目の度数(見え方)が違うのですが

ハードコンタクト20年ほど使用しています。
今使っているシードHio2が3年半ほど経ったため、新しいものを買い換えようと眼科併設のコンタクトショップに行きました。
今までと同じシードがいいと思いスーパーHio2を希望しました。
コンタクトの最後の調整の時、左目と右目を交互に隠して視力検査表を見た時に、左目のほうが右目より見えにくかったのでその旨を伝えたら、メーカーによって度数が変わってくることがあるのでこちらだと大丈夫ですよ、と、ファシルというメーカーのものを薦められました。
メーカーによって本当にそのようなことがあるのでしょうか?
といいますのは、
今までシードを使っていてそのようなことがなかったのと、最初からしきりにシード以外の高いものを薦めてきたり、シードのことを悪く言ったりしていましたので、、、。
右目と左目、同じような見え方(度数)のほうがいいんですよね?
右目と左目の度数が違っているのを使っていたら支障がありますでしょうか?

注文したものを交換しようか、もしくは別のコンタクト屋さんに行こうか迷っています。

どうかよろしくお願いします。

ハードコンタクト20年ほど使用しています。
今使っているシードHio2が3年半ほど経ったため、新しいものを買い換えようと眼科併設のコンタクトショップに行きました。
今までと同じシードがいいと思いスーパーHio2を希望しました。
コンタクトの最後の調整の時、左目と右目を交互に隠して視力検査表を見た時に、左目のほうが右目より見えにくかったのでその旨を伝えたら、メーカーによって度数が変わってくることがあるのでこちらだと大丈夫ですよ、と、ファシルというメーカーのものを薦められました。
メーカ...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは

片側でも同じように見えたほうがいいですが
度が出ないと言う場合もあります
そのときは右目で見たのと左目で見たのと差が出ることになります

ここで一番重要なのは
今までの度数が判るかどうか?です
そして新しい度数はどうなっているのか?で
メーカーの問題よりもそれが重要なのですが
質問を拝見した感じですと、ちょっとその眼科さんには
疑問を感じますので
違う眼科で見てもらったほうがいいと思います

Q異性を無視する方と無視される方どちらのほうが辛い?

職場の人間関係で質問です。

同じ職場で毎日会う異性を無視する方と無視される方どちらのほうが辛いでしょうか?

どっちもどっちという回答ではなく、具体的にどっちのほうがどういう風に辛いのか、どっちの方がどのように傷つくのかというようにご回答をお願いします。

とても悩んでいます。

Aベストアンサー

なぜそういう関係?
そういう悩みになるのか
状況がわからなくて
意見が言えません・・・・


なぜ無視するほう
されるほうという問題がでてきたのですか?

よければ教えてください。

Q風邪の時の、白血球の数値について教えて下さい

今日、以前から予約してあった病院での定期検診で、血液検査があったのですが、昨日から風邪をひいてしまい、鼻水がでて、37.2℃ほど微熱があり、白血球が「11700」ありました。
好中球も、「75.6」でした。

風邪などをひくと、こんな感じになるのでしょうか?

当方、心配性でして、なにか悪い病気かも?っと、思ってしまいました。

どなたか、ご教授下さい。

Aベストアンサー

小児科の医師をしています。

成人の白血球数の上限は8000くらいまでですから、「やや多い」とはいえると思います。
但し、採血当時に感染症に罹患していたとするならば妥当な数値です。
他の検査所見や、診察所見が不明のため断定は出来ませんが、心配するほどのものではないと思います。
好中球の割合の75.6%も正常をやや上回る程度。
好中球は主に細菌の感染があった場合に上昇しますが、この程度では極端な増加ではありません。

「白血球の増加」→血液の病気。
と考えがちですが、その場合は他の検査異常を伴うことが殆どです。
医師から、コメントがなかったということはその、「他の検査異常」がなかったのでしょう。
現段階では血液疾患を疑う必要もないでしょう。

採血より数日しても、感冒の症状が改善しないのなら、一応改めて医師にご相談ください。
まずは、からだをゆっくりと休めましょう。
お大事に。

Q<ほう>の使い方 

会社の事務が電話の対応で<営業のほうへ行っております>と対応しています。営業で出ていることに対し、ほうの使い方が正しいか教えて下さい。

Aベストアンサー

「~のほう」は、ぼかし表現(下記(4)の用法)として正しい使い方ですが、
特にぼかす必要がない場面でむやみに使うことが問題になっているのだと思います。
----------------------------
『広辞苑』
ほう【方】
[1] (1) 向き。かた。「東の―に煙があがる」「方面・方位・前方ぜんぽう」
  (2) ある地域。「方言・地方」
  (3) ある部面・分野。「酒の―では引けを取らない」
  (4) 話題のものをぼかして、その部面であることをいう語。「設計の―をやっている」
  (5) 並べて幾つか考えられるものの、一つ。「酒より菓子の―がいい」
  (6) どちらかといえばこれだという部類をいう語。「勇気のある―だ」
----------------------------

余談ですが、「営業に出ています」という言い方も、ちょっと違和感があります。
意味は分かるし、ふつうに使われている言い回しなので、いちいち指摘はしませんが、
正しくは「営業活動に出かけています」ではないかと。

Q白血球異常過多を直せるお医者さんはいますか

私の伯父さんは千葉県の大学病院に一ヶ月以上も入院しています。
病名は不明で、血液が異常であるとのことです。
主治医も、「当院では治癒できないので、転院してもかまわない」と言っています。
診断では、次のことを言われました。
・白血球が異常過多で、患者自身の体を痛めている。
・リンパ節が機能していないので、ばい菌が体中を動き回っている。
・膠原病を併発している。
・腎臓機能が弱っている。
・血液の癌だろうとのことです。


症状としては次のとおりです。
・食事ができず、入院時から点滴のみで栄養補給しています。
・現在は意識は明瞭ですが、一週間前までは不明瞭でした。
・現在は言語も明瞭ですが、一週間前までは不明瞭でした。
・自分で立つことはできず、車椅子に乗るときも介助してもらい、点滴を受けながら車椅子を押してもらっています。
・血圧が高く、190です。

転院をするにあたり、いい病院があったら教えてください。

また、転院ではなくても、いい治療法がありましたら教えてください。

どうかよろしくお願いします。

私の伯父さんは千葉県の大学病院に一ヶ月以上も入院しています。
病名は不明で、血液が異常であるとのことです。
主治医も、「当院では治癒できないので、転院してもかまわない」と言っています。
診断では、次のことを言われました。
・白血球が異常過多で、患者自身の体を痛めている。
・リンパ節が機能していないので、ばい菌が体中を動き回っている。
・膠原病を併発している。
・腎臓機能が弱っている。
・血液の癌だろうとのことです。


症状としては次のとおりです。
・食事ができず、入院時...続きを読む

Aベストアンサー

まずは血液内科のある病院を受診なさった方がよいと思われます。

Q「~ほうがよかった」の使い方を教えてください

 日本語を勉強中の中国人です。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2095116
 
 上記質問の#7の方のご回答の中で言及された「~ほうがよかった<後悔>」はどのように使うのか、教えていただけないでしょうか。「~ほうがよかった」を使う例文を書いていただければとても嬉しいです。

 自然な日本語で文章を書きたいと思っていますので、よろしければ質問文の添削もしていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

#8です。
しつこくて申し訳ありませんが、自分の説明がどうも不満足なのでまたおじゃまします。
また皆さん方のご意見も参考にさせていただきながら述べてみたいと思いますので、ご了承くださるようお願いしておきます。

最初に、既に述べましたが、私は「た」を過去形と解釈しておいたほうが理解し易いのではないかと思います。

まずご質問者当初の疑問点をもう一度確認しておきます。
先のご質問は、
【「~したほうが」の「た」は何でしょうか。「~したほうが」と「~するほうが」は使い分けておられるでしょうか。】でした。
「カードを使って引き出すほうがかんたんです」という例文が挙げられています。
「ほうが」=「方が」で【選択】の意味を持つことは納得されたと思います。
そして、「引き出す」という現在形で表現するのは、その動詞の「一般的性質(あるいは効果)」に基づいて選択が行なわれたということでしょう。
つまり、『「カードを使って引き出す」という行為が「簡単」という結果をもたらします』という一般的判断を述べているわけです。

これに対して「引き出したほうが」と言う場合は、
『「引き出した」という既成事実を作り上げたとしても、決して後悔はしないほど間違いなく簡単ですよ。』
という意味で、それほど自信を持って簡単であることを強調していることになるのだと思います。
このような意味で「た」を「過去形」と解釈しておくとわかりやすいのではないかと述べているわけです。
無論、わかりやすくするためだけに言うわけではありません。
「現在」という時制を認識すること自体が不可能(あるいは難しい)という本質があるからです。
なぜなら、例えば「今 ! 」と言った瞬間に「今」という言葉、及び「言ったという事実」は過去になっているからです。
それで現在完了形というものを「発明」したりしているわけでしょうが、紛らわしいものにならざるを得ません。
端的に言うと、人間には厳密な意味で(あくまで厳密な意味で、です)主観的に把握できる「現在」は無い、と思われます。


今回のご質問は、
【「~ほうがよかった<後悔>」はどのように使うのか】という内容です。
様々な観点からの回答がなされていますが、それに対するお礼や補足を見て感じたことを述べてみたいと思います。

1、「ほう」が選択の意味であることは既に述べました。
選択である以上、必ず「~」以外の事柄と比較していることになります。
すでに過ぎた過去の選択について「あの時~しておけばよかった」ということですから、結果として後悔と同義になるわけです。

2、「のに」は、後に続く「実際はそうではなかった」という言葉が省略されていると考えてよいでしょう。
そうでなかった事実を再認識することで、結果として【強い後悔の念】を表現することになります。

「天ぷらのほうがよかった」は、まずいトンカツと比較して「天ぷらという選択をしたほうがよかった」という意味ですし、
「天ぷらのほうがよかったのに」は、後に省略されている「実際は違ってトンカツだった」という「よくなかった事柄」を改めて再認識することによって「より強い後悔の念」を表現していることになります。
「贈り物にするのなら,包装は豪華なほうがよかったのに ! 」は、「贈り物にするのなら,包装は豪華なほうがよかった ! 」よりも相手(店員など)に対する強い非難のニュアンスが含まれることになります。

ただ、これは他人に対してだけではなく自分で深く後悔する場合でも使えます。
上記の例文は包装をしたのが他人であることが前提になっているので、他者への非難ということになっているだけです。
「映画に行けばよかったのに。」あるいは「映画に行ったほうがよかったのに」は、通常は他者に対して用いられる表現です。
ただ、「今日は時間がたっぷりあったのだから、前から見たかった映画に行けばよかったのに ! また一日家の中でボ~っと過ごしてしまった。本当に私は出不精だなあ。」などという【自身に対する強い後悔】のニュアンスを込めて独り言を言っているような場面では自分自身の行為にも使えるということです。

ですが、たとえば花子さんが牛乳を間違って買ったことでとても後悔するような性質であれば、「あれ? まだ牛乳残ってたんだ。買わなければよかったのに、どうして買ってしまったんだろう。私の記憶力は大丈夫かしら。我ながら本当~に心配 ! 」と言う場面もあるでしょうが、牛乳一つでそこまで自分を責める人は少ないでしょうから、【強く(深く)後悔する】意味を持つ「のに」を使うと不自然な印象を与えます。

もう少し一般的な例では、『「あんなこと言わなければよかったのに」と思い出しては悔やむことがあります。』
という自省の文が挙げられるでしょう。

3、『「ほうが+過去形」で後悔、遺憾などの気持ちを表せることはちょっと理解不能です。』とおっしゃっていますが、このお気持ちは良くわかります。
「あの店のほうがおいしかった」という場合、単に以前行った他の店と比較して【おいしかったという評価】(支持)をしているだけだという解釈のほうが自然だからです。
「走るより泳ぐほうが速かった」
「僕より君のほうが頑張った」
など『比較する事柄(速い・頑張る)が明確になっている場合』も同様です。

ただ、「~ほうが【よかった】」という漠然とした言葉を使う場合、「~」ということの内容を評価しているわけではないのです。
「走るより泳ぐほうがよかった」は、「泳ぐことがよかった」のではなく、「泳ぐという【選択をしたほうが】よかった」ということです。
「僕より君のほうがよかった」は、「君がよかった」のではなく、(意味は同じですが)「君というという【選択をしたほうが】よかった」という意味になります。

つまり、「~ほうが+過去形」ではなく、「~ほうが+よかった」という表現が後悔を表わしている場合が殆んどではないかということです。
【過去に実際にしてしまった選択】と比較して、【そうではない選択】をしたほうが「よかった」と言っていることになるわけですから。

「~ほうがよかった」は、
『~を選択したほうがよかった』
という一連の意味と考えれば良いのではないかと思います。

4、「そのスカートよりこっちのズボンの方が似合ってたな~」は、少し意味合いが違います。
「そのスカートよりこっちのズボンの方が似合ってた」とすれば、3で述べたように【単なる比較】にすぎません。
後悔の念が含まれているとすれば文末の「てたな~」という、過去に対する詠嘆による効果ということになるでしょう。

「そのスカートよりこっちのズボンの方が似合ってるな~」は、「てるな~」と現在形ですから普遍的な認識としての感想です。
買う前の感想でもよいですし、または、今日はいているのはスカートですが他にズボンも持っていて、そちらのほうが似合うと思う、と相手の人が言っているわけです。

「白の(スカートの)ほうがよかった」は後悔を表わしますから、黒を買ってきた場合でしょう。
自分にものすごく怒る時に「黒のほうがよかったのに!!!」と言うことはできると私は思いますが、やはり、文末が「のに」で終わるのは自然とは言えません。
「ちょっと考えてみればわかりそうなものなのに、どうして気がつかなかったのだろうか ! 黒のほうがよかったのに !!! 本当に私って馬鹿ね !!! 」ぐらいの迫力(または注釈)がないと文章としては不自然に受け取られると思います。

また逆の意味で「~ほうがよかった」という表現を他者に対して使うこともできます。
「もっと大きいほうがよかったのに」というのは通常は相手への非難になります。
これを、やや独り言に近い印象になってしまいますが、「もっと大きいほうがよかった・・・」のような感じで使うと【あまり強くない非難】のニュアンスを出すことができるということです。

#8です。
しつこくて申し訳ありませんが、自分の説明がどうも不満足なのでまたおじゃまします。
また皆さん方のご意見も参考にさせていただきながら述べてみたいと思いますので、ご了承くださるようお願いしておきます。

最初に、既に述べましたが、私は「た」を過去形と解釈しておいたほうが理解し易いのではないかと思います。

まずご質問者当初の疑問点をもう一度確認しておきます。
先のご質問は、
【「~したほうが」の「た」は何でしょうか。「~したほうが」と「~するほうが」は使い分けてお...続きを読む

Qウィルス感染で白血球数が減少するのはなぜ?

医者でもなく、ただの素人なのですが、血液検査で 細菌感染している場合は 白血球数が多くなるというのは 理解できるのですが、少なくなっている場合はウィルス感染している というのがなぜなのかわかりません。防御システムとして 細菌感染すれば 白血球が増えるわけはわかるのですが・・・。すみません、わかりやすく ご教示いただければ うれしいです。

Aベストアンサー

確かにそうですね。
体に害になる細菌などが体内に侵入したときに白血球が増加する
わけなんだけども、
感染症でもウィルス性のもの、かぜなどのウイルス性疾患では
白血球数は少なくなる。
薬剤が合わなかったり、感染がひどい時には減少することもある。

食事でも増える場合と減る場合がある。

わかりにくくて答えになってないですね・・・

Q精神疾患の方に質問。しんだほうがましですか?

精神疾患の方に質問。しんだほうがましですか?

Aベストアンサー

自分は、精神疾患ですが、精神疾患を克服して起業して一代で財を築き世に名を残したいです。

なぜかというと、その方が死ぬより難しいと思うからです。

Q白血球↓しているのにとなりにMRSA患者が

こんにちははじめまして。

私の母が軟部腫瘍と診断され、抗がん剤治療を開始
して一週間たちました。骨髄抑制の副作用で白血球が
減少を始め昨日で1800、まださらに下がるそうです。

マスク着用と手洗いの励行などを指示されていますが
大部屋の隣の患者に、MRSAが出たと医師が説明して
いるのを聞きました。どうやらがん組織から体液が
染み出るのがとまらず、その部分から出たという
のです。
慌てて主治医に確認すると、この状態でMRSAに感染
すると危険なので、できるだけ早く部屋を移動させ
るよう病棟の看護師長に言っておきます、とのこと
でした。

しかし、今日の夜になっても部屋はそのまま、
どうやらそのMRSAを排菌している患者の手術の
来週まで部屋の移動は無理らしいのです。

たしかにベッドは満床で、難しいとは思うのですが、
母がこのような状態なのに、カーテン一枚隔てた
となりにそんな患者がいると思うと不安でいっぱい
です。

ちなみに、お茶を配ったりする人も、看護師さんも
その患者に触ったりしても手を洗ったり消毒してから
こちらへ来ている気配がありません。

他の病院でも、こんな状況って当たり前なのでしょう
か。

こんにちははじめまして。

私の母が軟部腫瘍と診断され、抗がん剤治療を開始
して一週間たちました。骨髄抑制の副作用で白血球が
減少を始め昨日で1800、まださらに下がるそうです。

マスク着用と手洗いの励行などを指示されていますが
大部屋の隣の患者に、MRSAが出たと医師が説明して
いるのを聞きました。どうやらがん組織から体液が
染み出るのがとまらず、その部分から出たという
のです。
慌てて主治医に確認すると、この状態でMRSAに感染
すると危険なので、できるだけ早く部屋を移動させ
...続きを読む

Aベストアンサー

MRSAは拡散群、非拡散群に分けて考えます(分けない考え方もありますが)。体液が染み出ているというのは拡散群(感染を広げる可能性あり)で、その人もしくは抗がん剤治療を受けている人を移動させることが必要なケースです。ただ病床の状況ではすぐに困難な場合が多いのも実情でしょう。ただ、MRSAは接触感染(空気感染はしない)なので、「カーテン一枚」より「職員の手洗い」が決定的です。その点で、病室の入り口に消毒剤が置いてあるか、それを職員が使用しているか、MRSA拡散群の患者の処置後に水道で手洗いをしているか、などが重要です。看護師だけでなく、助手、薬剤師、検査技師、もちろん医師も同じ手洗い、消毒が必要です。手術や抗がん剤の治療を行う病院であれば、必ず院内感染防止マニュアルがあるはずで、心配であればそれを見せてもらいたい、とても心配で。。。と申し出てみてはいかがでしょうか。また、満床でも抗がん剤治療中の人は明らかに危険性が高いので、他の大部屋の方と入れ替わるなどの処置がとられていいと思いますが。。。直接いいにくい場合は、病院の中に設置されている感染委員会(院内感染対策委員会、医療安全委員会など)へ宛てて、手紙でも、電話でもいいので申し出てみることです。抗がん剤治療中にMRSAによる院内感染があると危険ですので。

MRSAは拡散群、非拡散群に分けて考えます(分けない考え方もありますが)。体液が染み出ているというのは拡散群(感染を広げる可能性あり)で、その人もしくは抗がん剤治療を受けている人を移動させることが必要なケースです。ただ病床の状況ではすぐに困難な場合が多いのも実情でしょう。ただ、MRSAは接触感染(空気感染はしない)なので、「カーテン一枚」より「職員の手洗い」が決定的です。その点で、病室の入り口に消毒剤が置いてあるか、それを職員が使用しているか、MRSA拡散群の患者の処置後に水道で手洗...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報