弁済期限から12年が過ぎ、時効が成立したと思っていたところに、住民票を移したからか『ニッテレ債権回収』からはがきがきました。
中には、「法的手続きにより、居住地および勤務先の調査に入っている」と書かれていました。
他の人の相談では、『時効の援用』という言葉が出てきていましたが、どうすれば適用できるのでしょうか?
無視しつづけて何か問題が起きないか心配です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ご指摘の通り、消滅時効とは「〇年過ぎたから自動的に債務が消える」というものではなく、債権者に援用することで初めて消えるものです。


ですので、

> 無視しつづけて何か問題が起きないか

という質問については、「無視していたらいつまでも債務は消滅しません」という回答になります。
もちろん「債権者が訴訟等を起こしてきた時に、答弁書に時効援用の旨を書いて出せば良い」というのも、理屈の上では成り立ちます。
しかし多くの一般の方にとって、「いつか訴訟等を起こされるかも知れない不安」「裁判所から訴状等を受け取った時のショック」というのは、想像以上に大きいものです。
問題が発生していることがわかっている以上、先延ばしにせず、できるだけ早く対処するに越したことはないのです。

> 『時効の援用』という言葉が出てきていましたが、どうすれば適用できるのでしょうか?

私としては、弁護士・司法書士に依頼して、きちんと内容証明郵便で時効援用の通知をしてもらうことをお勧めします。
もちろん自ら電話で通知することは禁止されていませんが、うっかり時効援用の利益の放棄や、債務の承認と取られかねない発言をしてしまい、録音でもされると失敗します。
また普通郵便で出すことも禁止されていませんが、郵便事故のリスクや、万が一の場合の証拠力の有無の問題から、内容証明郵便の方が確実です。
そして内容証明郵便には細かい書式のルールがあり、作成に手間と時間がかかりますし、証拠として残る以上、後々不利にならないよう書く文言にも一定の法律知識が必要です。

なおご質問は2007年8月ですが、2017年3月現在、貸金業者やそこから債権譲渡を受けた債権回収会社等が、このように消滅時効が完成した債権を掘り起こして請求するケースが増えてきているようです。
私の事務所でも、同様の案件を受任しています。
こうした通知を受け取った方は、すぐに弁護士・司法書士に相談することをお勧めします。
    • good
    • 1

専門家紹介

玉川和

職業:司法書士

不動産会社勤務の4年間に、売買・賃貸の営業やアパート、マンションの管理を経験。
司法書士・行政書士事務所の事務員として勤務した5年間では、不動産登記738件、会社・法人登記478件※の他、訴状や申立書など各種の裁判所提出書類作成事務を担当。
2015年9月、「すずな司法書士行政書士事務所」を開業。
相続・会社設立登記を中心に、頼れる「法律の町医者」を目指して努力している。

詳しくはこちら

専門家

債権回収を行う側から見たアドバイスです。



ご質問にある「ニッテレ債権回収」は、法務省認可の大手ですから、
無視するよりは「時効なので払いません」と相手に直接伝えた方が、
解決は早いです。

「時効の援用」というのは「時効なので支払いません」ということ
を相手に伝えることです。方法に決まりはありませんから、電話か
手紙で伝えれば十分です。

債務者から時効援用の主張があり、実際に時効が成立していれば、
督促状は来なくなります。
    • good
    • 5

時効が成立した案件でも、そういう請求書を受け取り、一円でも支払った場合は時効と認められません。

つまり債権が復活します。
相手の狙いは多分そういう所だと思われます。

従って完全無視が一番良い方法です。
時効が成立していますので、相手は何も法的には出来ません。

「法的手続きにより、居住地および勤務先の調査に入っている」のも脅し言葉です。
相手はあなたからの連絡を待っています。
そこで僅かでも回収できれば御の字だと考えています。

一年に一回くらいはこれからもそういう文書が来る可能性が強いですが、全くの完全無視。これで行けば大丈夫ですよ。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

アドバイス有難うございます。
少し安心しました。

今年に入ってはがきが4回も届いたのですが
これからも無視することにします。

お礼日時:2007/08/11 15:00

正規のサービサーを騙った詐欺業者の様な気もしますが、ハガキはどんな感じでしたか?


参考URLに書かれている6の項目でひっかかりそうなものは有るでしょうか?

参考URL:http://www.moj.go.jp/KANBOU/HOUSEI/chousa19.html
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q債権者・債務者の意味

民法上の債権者・債務者の意味がどうもよくわかりません。
金銭債権債務以外の義務の不履行があった場合についても、債権者・債務者という言い方が使えるのでしょうか?

Aベストアンサー

民法で言う「債権」は必ずしも金銭債権に限定したものではありません。

「債権」とはある人(債権者)が他の人(債務者)に対して持つ、「将来の一定の行為を請求し得る権利」のことです。

従って、売買契約を結ぶと買主は「債権者」として売主(債務者)に対して、対象となる品物の引渡しを請求し得る「債権」を持つことになります。
また、雇用契約では、使用者は債権者として労働者に労働を請求する「債権」を持ち、逆に労働者から賃金を請求されるという「債務」を持つことになります。

Q債権回収機構へ移った場合?

会社を経営していますが、銀行返済が滞っています。あと1回滞納すれば債権回収会社へ移るといわれましたが、そうなるのでしょうか。現在の銀行への返済月額が払えないのに債権回収会社は一括を求めてくるのでしょうか。資産も財産も無いのですが払いようがありません。全く払う気持ちが無いわけではなく月額返済をかなり低くして払っていくつもりですが金利も高いのでしょうか。回収の厳しさは激しいものですか。対応の方法があれば教えてください。
また、この場合ブラックリストに載るのでしょうか。

Aベストアンサー

#3です。
ご丁寧なお礼をありがとうございました。

まず、「会社」名義のお借り入れに対して、「個人」が保証人になっていらっしゃるとのことですから、おそらくその保証は『連帯保証』だと思います。
ならば、「会社」について整理をするならば、結果的には、ご質問者さま個人名義の資産も全て「会社の整理」のために差し出さなければならなくなります。


(2)現在も継続して延滞している
A、(2)です。現在延滞半年です。銀行内の債権回収部の部門が変わる旨、途中で2回ほど銀行側より連絡と通知が来ましたが、以降3ヶ月ほど何の連絡通知も無く、内心不安です。
銀行や債権回収会社は、結構、「放置」しますよ。
「借金」にも『時効』がありますが、『時効』にさえ至らないようにすればいい訳ですから。
「放っておいて」も、融資によって発生する利息や遅延損害金が増えていくだけなので、銀行側が「損」をすることはあまりありません。
むしろ、それらが増えて困るのは「債務者」なんです。
ですから、「債務者」自らが動いと方がいいんですよ。
「何も言ってこないから放っておけばいいや。」と考えるのは、「損」が増えるだけになることもあります。

債務が個人融資(住宅ローンなど)で、返済困難に陥った方に対して、保証会社や債権回収会社が、「毎月数万円」などのような少ない額を返済額として提示してくる場合の話ですが、これは、「その程度の返済では、いつまで経っても借金は減らないし、ましてや返済を続けることによって、その借金の『時効』が成立しないから」要注意なんです。
おそらく「毎月数万円」ですと、「利息分」にしかならない程度だと思います。
ですから、利息だけ払って元金は全く減っていない…ということになるんです。

> 現在 整理も検討していますが、今後のことや回りに対するご迷惑を考えると、なかなか踏み切れないところです。
そうですね。
私の友人の義父も会社を経営していまして、メインバンクの破たんにより資金繰りが上手くいかなくなったことがあります。
結果、RCC送りとなり、今以て、義父名義の資産(土地、建物等)やその会社の役員で連帯保証人となっていた親族の資産(土地、建物等)についても、全てRCCの管理下にあるようです。
そういうことを考えると、なかなか難しいでしょうね。

> また、債権譲渡されるとその旨が信用情報機関に流れるとご回答の中にありましたが、そうなると他の今まで取引の無かった銀行もわかるのですか。
はい、『個人信用情報機関』は、「加盟会員」が登録する情報を他の「加盟会員」にも共有させることを目的として設立されています。
「債権譲渡」や「代位弁済」があれば、その情報は当然に『個人信用情報機関』に登録されますので。

#3です。
ご丁寧なお礼をありがとうございました。

まず、「会社」名義のお借り入れに対して、「個人」が保証人になっていらっしゃるとのことですから、おそらくその保証は『連帯保証』だと思います。
ならば、「会社」について整理をするならば、結果的には、ご質問者さま個人名義の資産も全て「会社の整理」のために差し出さなければならなくなります。


(2)現在も継続して延滞している
A、(2)です。現在延滞半年です。銀行内の債権回収部の部門が変わる旨、途中で2回ほど銀行側より連絡と通知が...続きを読む

Q貸倒と不良債権は同じ意味ですか?

会社側から見て

(借)売掛金(貸)売上
(借)貸倒損失(貸)売掛金

と言う風に
貸倒てしまった売掛金は
銀行で例えると不良債権と同じ意味ですか?
(まだ回収の見込みがある債権)

この売掛金は当期に回収できれば
(借)売掛金(貸)貸倒損失
になり
翌期に回収できれば
(借)現金(貸)償却債権取立益
となる為ある一定の期間までは(不良)債権なのでしょうか?

Aベストアンサー

銀行においても回収不能になった債権は「貸倒損失」します。銀行で言う「不良債権」にあたるものは、一般事業者の「貸倒懸念債権」や「破産更生債権等」になります。(銀行の場合もっと細分化されておりA.B.B1.C.D.Eで区分されています。銀行員が隠語で「あそこはヨウカン(要管理債権の略)だから・・・」などの話が出たらあまり良い評価をされていないと思ってください。^^;)
貸倒損失されたものはその時点で簿外となりますので、会計上債権は存在しなくなります。(その後も回収活動を行うこともあり、その過程で回収できた時に償却債権取立益で入金処理します。)

Q配信元の依頼から債権回収者が回収って可能ですか?自宅も会社もわかったのでら回収に行きますとの連絡があ

配信元の依頼から債権回収者が回収って可能ですか?自宅も会社もわかったのでら回収に行きますとの連絡がありました!

Aベストアンサー

それに乗ったら個人情報漏れて大変な事になりましたね。
無視しても大丈夫ですよ。

Q社債権者 社債保有者 これらの意味は同じ?

社債権者という言葉はありますが、社債保有者という言葉はありますか?
あるなら、それらは同じ意味ですか?

Aベストアンサー

> 社債権者という言葉はありますが、社債保有者という言葉はありますか?

一般的な言葉としては存在しますが法律用語では社債権者だけです。
一般的な言葉として言えば、両者は通常同じ意味で使われます。

Q債権回収業者へ譲渡された債権について

私は、5年前にクレジットカードの支払いの滞納をしてしまいました。
さらに仕事の関係で日本と海外を行き来しているような
状態が続き、この滞納を続けてしまい、気がつくと債権回収業者に譲渡されている状態になっておりました。

会社が倒産してしまい、現状支払う事が非常に苦しい為、
時効の援用を考えているのですが、
このような債権回収業者に譲渡された債権についても
同様に時効を援用し、信用情報の削除を依頼できるのでしょうか?
また、この場合はどのタイミングから5年を計算するのでしょうか?

先日、全銀協で開示した際には下記のようになっておりました。
[成約日/実行日]2002-05-xx
[限度額/当初貸出額] 0千円 [設定期限/最終返済日] 2005-05-xx
[限度額/当初貸出額] 0千円 [残債額更新日] 2005-06-xx
[返済区分] 延滞 [返済区分発生日] 2002-09-xx
[完了区分] 完了 [完了区分発生日] 2005-06-xx

大変勝手な質問で申し訳ありませんが、
何卒皆様のお知恵をお貸し下さい。

よろしくお願い致します。

私は、5年前にクレジットカードの支払いの滞納をしてしまいました。
さらに仕事の関係で日本と海外を行き来しているような
状態が続き、この滞納を続けてしまい、気がつくと債権回収業者に譲渡されている状態になっておりました。

会社が倒産してしまい、現状支払う事が非常に苦しい為、
時効の援用を考えているのですが、
このような債権回収業者に譲渡された債権についても
同様に時効を援用し、信用情報の削除を依頼できるのでしょうか?
また、この場合はどのタイミングから5年を計算するのでしょう...続きを読む

Aベストアンサー

 債権回収会社に譲渡されたものでも,時効の期間がたっていれば消滅時効を援用できます。
 消滅時効の起算点は,相手が権利を行使できる時からです。したがって,あなたの場合,クレジットカードの分割払いの期限の利益を喪失した日(相手が一括払いを請求できる時)からと考えられますが,その後,あなたが1円でも支払っていれば,債務承認したということで起算点はその時からになります。
 また,日本と海外を行ったり来たりしていた間に,訴訟等の判決を相手が得ている場合,その時からになり,しかも,商行為の消滅時効期間5年間ではなく,10年間になります。
 これが一般的な考えですが,相手が争った場合,訴訟等の中であなたの時効が認められるか決まるので,裁判所がどのような認定をするかによっても以上の前提は微妙に動きます。
 なお,これは私も詳しくないですが,信用情報の削除は,事項を援用したからといって削除できないのではないですか?
 信用情報は,貸金業者等が顧客のリスク情報を共有して,業務に役立てるためのものだと思うので,時効を援用したということは,リスクの高い顧客だという重要な情報だと思いますが…
 

 債権回収会社に譲渡されたものでも,時効の期間がたっていれば消滅時効を援用できます。
 消滅時効の起算点は,相手が権利を行使できる時からです。したがって,あなたの場合,クレジットカードの分割払いの期限の利益を喪失した日(相手が一括払いを請求できる時)からと考えられますが,その後,あなたが1円でも支払っていれば,債務承認したということで起算点はその時からになります。
 また,日本と海外を行ったり来たりしていた間に,訴訟等の判決を相手が得ている場合,その時からになり,しかも,...続きを読む

Q債権者主義って言葉の意味

債権者主義という言葉があるらしいのですが、辞書をひいてものっていません。銀行系の専門用語なんでしょうか?どういう意味か教えてください。

Aベストアンサー

参考URLへどうぞ
法律用語です
特定物の危険負担は債権者負担(不動産売買の例ですと
特定物受取の「権利をもつ人」=特定物の債権者となります
*不動産を買ってお金をはらう=債務者・・とはならないことに
 注意)

参考URL:http://www.necf.jp/contents/estate/dojo/dojo0008.html

Q債権回収株式会社がありますが、債権は、法律上、5年を過ぎると、失効と聞

債権回収株式会社がありますが、債権は、法律上、5年を過ぎると、失効と聞いたことがありますが、実際のところは、どうなのでしょうか?

Aベストアンサー

督促なく5年を過ぎれば時効です。
しかし、債券回収業者の督促はしっかり来ます。
それが本業ですから。
無視しても督促は督促です、なので債券は延々と有効です。

Q債権の更改、「給付」及び「授受~」の意味について

債権の更改を勉強している者です。
宅建の教科書より、
「給付」及び、「授受しようというように」と言う言葉の意味がわかりません。

以下の"・"から始まる文章が、宅建の教科書より引用。


・「更改」とは、債務の要素である 債権者、債務者、債務の目的物のいずれかを変更して、旧債務を消滅させ、同時に新債務を生じさせる契約のことである。

と、ここまでは理解できます。

以下2つの文章が示す意味がわかりません。
・1000万円の支払い債務を、それ相当の土地の給付に変えるという点では、代物弁済に似ている。
・代物弁済は代わりの弁済が現実に行われるのに対して、更改は、他の代わりの物を授受しようというように、その内容を変えた新債権が成立するにとどまるものである。


給付の授受の定義を調べましたら、
「給付(きゅうふ)とは、債権の目的となっている債務者の作為、不作為をいい、相手方の給付を反対給付という。一般に弁済のためになされる。」
と記載がありました。 
ちなみに、作為は、積極的な動作。不作為は、やるべき行為を行わないこと。 の意を指します。

給付に変えるという事は、それ相当の土地の債権の目的となっている債務者の作為、不作為に変えるという意味になると思いますが、この言葉の定義を当てはめようとすると、文章の繋がりとして、私は理解ができません。
授受は、受け渡しという意味ですが、「授受しようというように」という状態は、どうゆう状態なのでしょうか。これから授受を行う為の準備をしていると言うことでしょうか?
そう考えると、結果的に、授受をしてしまったら代物弁済と同じ事だと思いますが認識はあっていますでしょうか?
また、これから授受を行う為の準備をしていると言うことが、
「更改」を行うトリガーに該当するのであるという認識でよいでしょうか。


ご回答の程、宜しくお願いいたします。

債権の更改を勉強している者です。
宅建の教科書より、
「給付」及び、「授受しようというように」と言う言葉の意味がわかりません。

以下の"・"から始まる文章が、宅建の教科書より引用。


・「更改」とは、債務の要素である 債権者、債務者、債務の目的物のいずれかを変更して、旧債務を消滅させ、同時に新債務を生じさせる契約のことである。

と、ここまでは理解できます。

以下2つの文章が示す意味がわかりません。
・1000万円の支払い債務を、それ相当の土地の給付に変えるという点では、代物弁済に似て...続きを読む

Aベストアンサー

民法の条文をお手元の『六法』やネットで見つけてください。

474条から520条までの大見出しを抽出すると、

第五節 債権の消滅
第一款 弁済 (回答者注:「弁済」と「代物弁済(482条)」双方含む)
 第二款 相殺
 第三款 更改
 第四款 免除
 第五款 混同

に、なっているのが解るかと思います。
つまり、民法は「債権の消滅原因」という観点から
5つ(代物弁済を別に数えれば6つ)の類型を想定しており、
宅建に受かるにはこれらの大まかなトコロを
習得する必要があります。

これらの6つの消滅原因について、
「当事者にどのような具体的な行為があれば、効果(債権の消滅)が発生するのか」
という観点から整理すると、

●事実の発生によるもの
 ・弁済(明文はない、と思う)
 ・代物弁済(482条「他の給付をしたとき」)
 ・混同(520条「同一人に帰属したとき」)
●当事者の一方の意思表示によるもの
 ・相殺(506条1項「当事者の一方から相手方に対する意思表示によって」)
 ・免除(519条「意思を表示したとき」)
●当事者双方の意思表示の一致によるもの
 ・更改(513条1項「契約をしたとき」)

ということになるかと思われます。

以上を前提に、ご質問の中身に入りますと、
>これから授受を行う為の準備をしていると言うことでしょうか?
については、大まかに言えば問題はないと言えますが、
厳密に言うと「準備をしている」というのはアイマイな言い方であり、
更改という「契約」は、「旧債務を消滅させ、それに替えた新債務を発生させる
明確な当事者双方の合意」ということになります。

また、
>結果的に、授受をしてしまったら代物弁済と同じ事だと思いますが
>認識はあっていますでしょうか?
というのは良い着眼点と思いますが、結論的にはバツです。
ひとまず更改と代物弁済はまったく違う事柄と理解して
おかれるのが良いと思います。

※宅建民法のレベルを(たぶん)超えることを言うと、
 更改は旧債務・新債務の同一性がないと考えられていることから、
 旧債務上の担保権の消滅など、債権者の合理的意思に反する事態も多く、
 その認定は抑制的に考えられています。
 不動産の実務やあるいは別の資格試験のためには、
 上級編の民法の勉強をすることはとても良いことですが、
 秋の試験に向けては、解らないところは受かってから考えればよいこと
 だと思います。

民法の条文をお手元の『六法』やネットで見つけてください。

474条から520条までの大見出しを抽出すると、

第五節 債権の消滅
第一款 弁済 (回答者注:「弁済」と「代物弁済(482条)」双方含む)
 第二款 相殺
 第三款 更改
 第四款 免除
 第五款 混同

に、なっているのが解るかと思います。
つまり、民法は「債権の消滅原因」という観点から
5つ(代物弁済を別に数えれば6つ)の類型を想定しており、
宅建に受かるにはこれらの大まかなトコロを
習得する必要があります。

これらの...続きを読む

Q質権のうち、債権質の場合には、債権回収を民事執行法にのっとって行う方法

質権のうち、債権質の場合には、債権回収を民事執行法にのっとって行う方法の他に、民366条により、債権者が直接回収できると聞きました。
これは、自力救済ということを例外的に認めているようにもとれますが、債権質の場合には、自力救済の弊害が小さいということでしょうか?

Aベストアンサー

 債権質の実行は,一般的には,質入れされた債権を取り立てる方法によって行われます。

 そして,自分が債権者の債権を取り立てる行為は,自力救済とはいいません。それと同様に,質入れ債権を取り立てる行為も,自力救済にはあたりません。これは,債権執行で,被差押債権を取り立てる行為を自力救済といわないのと同様です。

 債権執行の場合の取立件は,執行裁判所の差押えの効果として与えられますが,債権質の場合には,質権の効力として与えられるということになるわけです。

 同じようなことは,不動産質権者の使用収益権についても,これを自力救済とはいいません。

 確かに,理屈の問題として,債権質権者に取立権が認められているのはなぜか,という疑問を持つことは,ものの考え方を知る上で必要でしょうが,それを知るためには,多分,フランスなりドイツなりの古い教科書にまで遡る必要があると思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報