なぜ面積比が相似比の2乗になるのか分かりません。
かなりバカなので詳しく教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こんにちは。



具体的な形での説明はANo.1, ANo.3でお分かりかと思います。

面積比が相似比(長さの比)の2乗になるのは、形によらない一般的な話です。

ある図形が与えられたとします。
どんな形でも構いません。

この図形が、ひどくいびつなときにはどうやって面積を求めるかというと、その図形の上に縦横に直線を無数に引き、できるだけ小さい四角形に分けてそれを足しあげて面積を求めます。

いま、その図形を長さで見たときに2倍に拡大します。(相似比2)

拡大したときに、図形の上に書いた小さい四角形も一緒に広げます。
そうすると、各々の小さい四角形の面積はすべて4倍になりますよね。
(ANo.1参照。)
そうすると、その総和である、もとの図形の面積も4倍になるわけです。

今、拡大の仕方を長さでみて R倍としましょう。(相似比R)
拡大した結果、各々の四角形の面積はR^2倍になりますね。
そうすると、それらをすべて足し上げた、いびつな図形の面積もR^2倍になります。

四角形に分けたときに、端の部分がカバーしきれないのではないかと思われるかもしれませんが、その四角形は好きなだけ細かくして考えてよいので、端のほうの細かい部分の面積は、好きなだけ小さくで、0とみなすことができます。


[別の考え方]

ひどくいびつな形の図形が与えられたとします。

この図形の面積を何らかの方法で求めることができて、その結果が A [cm^2] だったとします。

L=√A によって L を定義します。

そうすると、その図形の面積は、L×Lの正方形の面積と同じです。

ということは、もとの図形をうまいぐあいに切り刻んで、糊で貼ると、このL×Lの正方形をくまなく埋め尽くすことができます。

次にこのL×Lの正方形を縦横に長さをR倍にします。
つまり、L→LR、になります。

このとき、同時にさっき切り刻んで埋め尽くした各ピースも長さで見てR倍になっています。

拡大した正方形の面積は、R^2×(L×L) = R^2 A [cm^2] になってますね。

長さでみてR倍になった各ピースをまたもとのように組み合わせて、最初のいびつな図形と同じ形のものを作ります。

各ピースが長さで見てR倍なのですから、組み立てた図形も長さでみてR倍になっています。

ところで、上で書いたように、その面積はR^2 A [cm^2]で、確かに相似比Rの2乗倍になっています。



立体図形に関しても上と同様に考え、こんどは立方体の体積が長さをR倍にするとR^3倍になることを使えば、どんな図形でも、相似比がR倍のときには、体積がR^3倍になることを示すことができます。
    • good
    • 0

●相似比というのは、相似な図形の長さの比です



三角形について(多角形は分割すると三角形で表すことができます)
 面積を出すときの【底辺】と【高さ】も長さですので
  相似比がm:nなら、
  【底辺】の比 m:n、【高さ】の比 m:n なので
  【底辺】を am,an、【高さ】を bm,bn と表すと、
 【面積】は、am*bm*(1/2):an*bn*(1/2)=(1/2)abm^2:(1/2)abn^2=m^2:n^2になります。

例 △ABC∽△DEFで、相似比 2:3 
   △ABCの底辺(8),高さ(10)、
   △DEFの底辺(12),高さ(15)
    {8:12=10:15=2:3・・・相似比です}
  △ABC:△DEF=8*10*(1/2):12*15*(1/2)=40:90=4:9=2^2:3^2

円について(円どうしは常に相似です)
  面積を出すときの【半径】も長さですので
  相似比がm:nなら、
  【半径】の比 m:n なので
  【半径】を rm,rn  と表すと、
 【面積】は、π*(rm)^2:π*(an)^2=π(r^2)(m^2):π(r^2)(n^2)=m^2:n^2になります。

例 円Oと円Pで、相似比 2:3
   円Oの半径(20)
   円Pの半径(30)
    {20:30=2:3・・・相似比です}
  円O:円P=π*(20^2):π*(30^2)=400π:900π=4:9=2^2:3^2

参考
●相似な立体の体積比は、相似比の3乗になります。
●相似でなくても、底辺a:b,高さc:d なら、面積比ac:bdもあります
    • good
    • 2

自分がバカと認識しているなら、こんなところで質問してないで、中学の教科書に帰りなさい。


そして、それでも理解できないなら、あきらめなさい。
    • good
    • 4

数学の問題で相似といえば大抵は三角形でしょうが、四角形でも円でも同じことです。



そこでここでは四角形で考えましょう。
1辺1の正方形は

で、この面積を1としましょう。
相似比が2とすると辺の長さが2倍になるので

■■
■■

で■が4個。 2×2で2乗になっています。
相似比が3とすると辺の長さが3倍になるので

■■■
■■■
■■■

で■が9個。 3×3でやはり2乗になっています。

気分が乗ってきたので三角形でもやりましょう。

 ■
■■■

三角形に見えないでしょうが三角形だと思ってください。■は4個です。
相似比が2とすると辺の長さが2倍になるので

   ■
  ■■■
 ■■■■■
■■■■■■■

■は16個です。4個の4倍、つまり2×2で2乗になっています。
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q相似比・面積比・体積比

相似比がm:nのとき、面積比はm^2:n^2、体積比はm^3:n^3となりますよね。

例えば、相似比が与えられていて、それを利用して面積を出すといった問題がありますが、時々、相似比を使う場合と、使わない場合がごちゃごちゃになって解答されている問題があります。

相似比を利用する場合と利用しない場合、どのように見分ければよいのでしょうか?

回答宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

>相似比を利用する場合と利用しない場合、どのように見分ければよいのでしょうか?
「相似比」は、相似な図形(もとの図形とその拡大版、または、もとの図形とその縮小版、あるいは、形が同じで大きさが違う図形)に対してだけ考えることができます。
相似な図形でない場合は、相似比は使えません。

Q相似比と面積比

(1)△ABDの周の長さを求めてください

(2)△ABCと△DBAの面積の比を求めてください

解き方の説明もあったらうれしいです

Aベストアンサー

△ABDと△CABは相似です。従ってAB:AD=BC:CA、数値を代入して16:AD=20:12です。よってAD=16*12/20=9.6cmです。

相似な二つの三角形の対応する辺の長さの比はBC:AB=20:16=5:4です。面積比は辺の長さの二乗の比になるので25:16です。

Q相似比と面積比について

よく相似な図形の時、相似比がm:nなら面積の比はmの2乗:nの2乗と言いますが、
ある問題で、「AF=8 FH=12 三角形AFHの角AFHの二等分線と線分AHの交点をPとした時、△AFP:△AFHの面積比を求めよ」とあって、△AFPと△AFHは高さが等しいからAP:PH=2:3で、相似比がm:nなら面積の比はmの2乗:nの2乗だから、△AFP:△AFH=4:25とやってしまって、答えは2:5となっていてなんでこうなるのかわからなくて困っています
数学は苦手なもので(> <)
教えてください。お願いします!!

Aベストアンサー

相似といったって辺の長さを比という無次元量であらわしているだけなので普通に面積の公式が使えます。

つまり、相似比が1:2であるとき
対応する部分の長さがすべて1:2であるというわけですが
当然そうなると
底辺も高さもそれぞれ1:2になるので
1*1*1/2:2*2*1/2=1:4となって相似比の二乗が面積比となっているわけです。

で、底辺の比が2:5で高さが1:1である時点で、この二つの三角形は相似ではありません。(対応する部分の長さの比がすべて等しいのを掃除というので)

で、あとは三角形の面積の公式にぶちこんであげて
1*2*1/2:1*5*1/2=2:5となるわけです。

相似のときの面積比が二乗であろうが、相似じゃないときの面積比であろうが、すべては三角形の面積の公式から導かれているものですから基礎に立ち返ってそれを使ってください。

Q面積比と相似比の関係

子供が小学6年生です。
今日、聞かれた問題がよくわかりません。
『三角形ABCと三角形DEFは相似な三角形です。
辺ABは7.5cm。辺BCは9cm。辺ACは6cm。
辺DEは9cm。
三角形ABCと三角形DEFの面積比を答えなさい。』

この問題の相似比と面積比がわかりません。
実をいうと、相似比と面積比の違いがわからないのです。
もうすぐテストがあるので、教えてください。

Aベストアンサー

まずは、簡単な問題に置き換えて考えてみる事をお勧めします。

1辺が1cmの正方形を想像して下さい。面積は1平方cmになりますね。
では、1辺が倍の2cmの正方形の、面積は?同じく1辺が3cmの正方形は?・・・
それぞれ、4平方cm(元の4倍)、9平方cm(元の9倍)となりますね。
つまり、1辺がn倍になれば、面積はnの2乗倍になるということです。

では1辺が2cmの正方形と3cmの正方形の面積比は?
当然、4:9が答えとなります。
つまり、相似比が
a:b
なら、面積比は
aの2乗:bの2乗
という事になります。

Q相似形の体積比、面積比

相似形の面積比は相似比の2乗
面積比がわかっていて相似比を出したいときは√面積比でいいのはわかりますが、

相似形の体積比は相似比の3乗
この場合、体積比がわかっていて相似比を出したいときはどうするのでしょうか?

何方か教えてください><。

Aベストアンサー

例えば体積比が1:27の相似な立体の相似比は1^3:3^3より1:3ですね。
逆に考えればいいんですよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報