出産前後の痔にはご注意!

私は山の一部の竹やぶを持っています
私の土地(竹やぶ)の隣の地主Aさんがやぶを切り開いて耕作しているのですが、私の土地の竹がAさんの土地に伸びてくると、切ってくれと言ってきます
Aさんの土地に面しているのは私だけでなくBさんがいて、そちらの方にも伸びてきた竹を切るように言ってくるようです
{竹やぶで耕作するのはいいけれど、Aさんの土地に伸びる竹を切らされるのは迷惑だ}というのが、私とBさんの考えなんですが・・・
竹やぶで耕作している人の土地へ伸びる竹をこちら側が切る必要はあるのでしょうか?

A 回答 (3件)

ぜひ切ってください。

切らないとお金を請求される場合があります。物権的請求権として相手は請求しているのです。切らなければ費用負担となります。判例はちょっと古いのですが、大判昭5・10・31というのがあります。

Aさんが土地所有者でない場合、つまり借地人の場合でも、占有保持の訴え(民法198条)がなされる事になります。(所有者なら、物権的請求権でも占有保持の訴えでも両方使えます)妨害の停止や損害賠償をされることになりますので注意してください。ちなみに、損害賠償は故意・過失を必要とします。竹林耕作である以上過失は認められると思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます

お礼日時:2002/08/14 13:01

法的には他の方がおっしゃっておられる通りです。


基本的に自分の土地に植えられた竹木の管理はご自分で行なう必要があり、植物が勝手に繁殖しているだけだからと言って他人の土地に被害を与えることが許されるものでは有りません。
土地に植えられた竹木の栽植・支持・管理に落ち度があって、それが原因で他人に損害を与えた場合で、所有者のほかに占有者がいた場合には、第一次的には土地占有者がその損害に対する賠償義務が生じます(民法717条2項。717条1項本文)。
そして、土地占有者が損害の発生を防止するに必要な方策を講じていたにもかかわらず損害が発生してしまったような場合、最終的には土地所有者がその損害に対する賠償をしなければなりません(民法717条2項。717条1項但書)。

Aさんは、この民法717条による損害賠償請求もできますし、sein13_2さんがおっしゃっているように、土地所有権に基いて、
(1)自己の土地に生えてきた竹を切ってくれと請求する権利(妨害排除請求権)
(2)自己の土地に竹の地下茎が侵入してくることを未然に防いで欲しいと請求する権利(妨害予防請求権)
の2種類の請求をすることもできます。これらの請求権を「物権的請求権」と称します。

そして、これらの請求を行なうにあたっては、相手方の故意・過失を要しません。そのような侵害状態が現に起こっているか、起こる危険性が有る場合には、相手方の故意・過失を問わずこれらの請求を行なうことができます。
これらの権利は、民法の明文に記載されてはいませんが、民法上、占有権に基く『占有保持の訴え(民法198条)=妨害排除請求に相当』『占有保全の訴え(民法199条)=妨害予防請求に相当』が明文で認められている事から考えて、所有権者がこれらに相当する権利を有することは当然であると考えられています。

これら『妨害排除請求』『妨害予防請求』『占有保持の訴え』『占有保全の訴え』のいずれの場合にも、損害賠償請求をすることができますが、これらによる場合には、加害者側の故意・過失を要します〔大審院昭和9年10月19日民集13-1940〕。

また、Aさんはharuki998さんやBさんの土地に生えた竹木の枝が境界線を越えてきたときには、その竹木の所有者にその枝を切ることを請求することができます(民法233条1項)。
それに対し、竹木の根が境界線を越えてきたときには、Aさんは勝手にその根を切ることができます(民法233条2項)。しかし、これはAさんの義務では有りません。Aさんは、あくまでも切ることが「できる」だけであって、Aさんが「切らなければならない」わけではないのです。管理の全責任は所有者であるharuki998さんやBさんが負うのです。


一応、法的にはこのようなことになります。


ところで、竹についてですが、現在全国的にその被害の実態は深刻です。特に、高さ10m以上にもなるモウソウチクは、もともと鹿児島県付近に生えていたものが、明治維新以後、筍をとるために全国的に植え付けがなされるようになったそうです。
これを管理する人がいる間は良かったのですが、農村部の過疎化が進み管理の手が行き届かなくなって、山林や田畑・宅地を問わず、土地が竹に侵食される被害の報告が全国的に相次いでいます。

私も実は、先祖代々の土地に隣接するモウソウチクの竹やぶに苦労しています。その竹の生えている土地は国有地で、先祖代々の土地は私の所有物ですが現在人が住んでおらず管理するにもままならない状態です。

そこで、以下、竹の被害を防ぎ、竹の増殖を少しでも抑えるためにharuki998さん達の参考になるのではと思い、『竹・笹の話』と『竹を知る本 =竹は木か草か=』の2冊の本をご紹介いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
『竹・笹の話』
室井綽 著
北隆館

竹や笹の防ぎ方、絶やし方 P293~ 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

『竹を知る本 =竹は木か草か=』
室井綽 著
地人書館

この本の中に竹を材料としたパルプ事業を行なう場合の要点が記載されている部分と、国の天然記念物に指定されているマダケの突然変異によってできたキンメイチクの保護法について記載されている部分があり、

これを逆用すれば、竹林の増殖を抑えることができるのではないかと思います。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます
長文参考になりました

お礼日時:2002/08/14 13:03

他人の土地に竹をはやすのは迷惑です。


当然竹の進入した詫びと自分が入って切るための許可を得るため挨拶すべきです。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q隣地の竹害について

10年前に今の自宅の土地を購入し、自宅を新築しました。
当時、隣地(4M道路を挟んで向かい側)には高さ4~5Mほどの竹林がありました。
農家の家裏に当たる竹林は何も管理されておらず、ゴミの不法投棄などがあります。
様々な利便性を考え当時は、購入しましたが、現在こんなになるとは・・・・

表件の竹害は、‘落ち葉’‘日照’が害となっています。

先ず、‘日照’についてですが…
 10年前の竹の高さから、現在は10M以上の育ち、目の前に3~4階建てのマンションが建っているようです。11月~4月位までは、午前中は太陽はほとんど当たらず日陰です。(立地は東南角地)
 冬は、雪の多い地方なので道路は日陰が続くので、他の道路は4日前に溶けて既に乾いているのに分厚い氷になってしまい歩行者・車共に非常に危険です。私もバイクが趣味なのですが、晴れていてもバイクのタイヤが滑るので非常に出しづらいです。融雪剤も撒きますが、分厚い氷の上には大量にまいてもなかなか溶けません。

 最近は、太陽光発電設備を屋根に考えていましたが、せっかく東南角地の土地でも、冬場の日照不足で設置できません。ちなみに、隣地以降は自治体が異なり、田畑と農家だけです。(おそらく市街化調整地域)私の土地土目は、第二種中高住専です。

続いて‘落ち葉’についてですが・・

 普段があまり気にならない程度ですが、風が少し強くなるとすさまじい量の落ち葉が落ちてきます。
 台風や低気圧などが通過した翌日は、アスファルトが見えなくなるほどの竹の葉が家の前の道路いっぱいに… 家の敷地内にも、ゴミ指定袋(大)4つ分の竹の葉が吹き込みます。2階のベランダも葉っぱでいっぱい…雨どいにもたまり、いつ詰まるか心配です。
 この掃除が大変で、毎回1日がかりで掃き掃除しています。それでも体調次第では2~3日かかる場合もあります。

 こんな状況を、町内会の方が気の毒がって、町内を通し隣地所有者に対策をお願いしてもらいましたが、所有者からは…
「住んでいないのでどうしようもない。高齢で動けないので手入れできない。」
とか、
「気になるならば、勝手に入って切ってもらってよい」
とかいう回答で結局無策でした。

 風が吹く度に惨状を画像で残しています(過去2~3年分)が…今回、初めて個人にて‘伐採のお願い’をしたい思っていますが、どのような方法が法律上効果的か教えていただければと思います。

相手の出方によっては、出るとこに出てもよい覚悟はあります。

よろしくお願いします。

10年前に今の自宅の土地を購入し、自宅を新築しました。
当時、隣地(4M道路を挟んで向かい側)には高さ4~5Mほどの竹林がありました。
農家の家裏に当たる竹林は何も管理されておらず、ゴミの不法投棄などがあります。
様々な利便性を考え当時は、購入しましたが、現在こんなになるとは・・・・

表件の竹害は、‘落ち葉’‘日照’が害となっています。

先ず、‘日照’についてですが…
 10年前の竹の高さから、現在は10M以上の育ち、目の前に3~4階建てのマンションが建っているようです。11月~4月位までは、午...続きを読む

Aベストアンサー

あくまで公衆に迷惑のかからないよう所有者側で対応するのが原則です。
高齢で出来ないのは解かりましたが、金銭的な余裕はどうなんでしょう。
(所有者の了解を得て伐採は専門の業者に、費用負担さえしてもらえればよいのですから)

誠無理なら、市役所に泣きついて公費で実施の相談を持ちかける。
この際自治会長を巻きこむなどすると話が早いです。

第3者の通常の概念と言うのもありますからすべてが、あなたの思う通りに行くとは限りません。
裁判は無益です。調停はしてもらっても拘束力はないですから相手が出来なければ意味はありません。

Qとなりの竹が我が家の敷地から生えてきて

こんにちは。
となりの竹が我が家の敷地から生えてきて2mくらいになってきました。
竹は生長が早い上に凄くいっぱい生えてくると聞いています。
なので、築35年の基礎の中から生えてきて床から来るのではないか心配してます。
今は竹が柔らかく直径が2cmくらいなので容易に切ることができます。
またお隣さんはほとんど留守で会える時がほとんどなく困ってます。
今後生えてこないようにするにはどのようにしたら良いか?また、その竹を切ってよいのか?ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

No5です。
グリホサート系の除草剤は、ホームセンターで売られています。
ラウンドアップと違って、農地への使用が認められておりませんので、道路、庭、その他農地以外の場所への使用は大丈夫です。
そのためラウンドアップと比べて非常に安価です。成分や効き目、安全性は遜色ありません。
隣の竹への影響ですが、隣の竹は切らないので、根っこはつながっていますが、ほとんど影響は無いと思われます。が、念のため質問者様の敷地に出てきた竹の子の除去のために使用したことを、お話しておいたほうが無難かと思います。
この除草剤の安全性(危険性)については、ビンに張ってあるラベルに書いてありますのでよくお読みになってください。

Q隣地の放置竹林(私有地)の伐採義務について

隣地が私有地の小山でそこが放置竹林になっており、竹が伸び放題で困っています。下記のような支障があります。

(1)日が当たらなくなってしまった
(2)今まで映っていたBSアンテナが電波障害で映らなくなった
(3)台風がくると自分の家の方に覆いかぶさってくるし、小山になっている為、崩れてきたら危険

このサイトのQ&Aを検索し、枝が越境してきたら切るように要求できるということはわかりましたが、(1)や(2)の問題は越境しているわけではない為、この場合、伐採管理を竹林の所有者に対して要求することが法的に可能かどうか知りたいです。

竹林所有者には相談はしましたが、既に素人が中に入っていって伐採できる程の状態ではなく、その所有者も困ったといった感じでした。あとは専門の業者に依頼するしかないわけですが、もちろんそうした場合に費用がかかるでしょうから、それはどちらが負担するべきものなのでしょうか?

皆様、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>(1)に関しては竹が伸びて日が当たらなくなっています。
>日照権を侵していると思います。

住む土地の用途地域とか、法律により、日照権が定められています。(一日に太陽があたる最低時間)
ですから、市役所に行けば、隣の竹が、その権利を侵しているのかが分かると思います。
ですから、以前より、日当たりが悪くなった理由だけで、直ちに日照権を侵しているとは、いえないのです。

>(2)は法的によくわかりません。但し、アンテナを取り付けてしまってあり、
>それが伸びた竹のせいで映らなくなってしまったというのは問題ありではないかとも思います。

これも、上記に順ずると思います。
もし、あなたが隣の地主で、隣に、竹がはみ出ていない場合、どうにかしろと言われても、二つ返事で切りますとは、言えないと思う事と同じ事だと思います。

>「崩れてきそうで危ないから竹を切ってください」が良いのでしょうか。

まず、お願いから入った方が良いと思います。
それでも何もしてくれないなら、私でしたら、許可を得て、親戚等に頼んで、とりあえず邪魔になる竹をチェンソーで切ってしまうと思います。

>(1)に関しては竹が伸びて日が当たらなくなっています。
>日照権を侵していると思います。

住む土地の用途地域とか、法律により、日照権が定められています。(一日に太陽があたる最低時間)
ですから、市役所に行けば、隣の竹が、その権利を侵しているのかが分かると思います。
ですから、以前より、日当たりが悪くなった理由だけで、直ちに日照権を侵しているとは、いえないのです。

>(2)は法的によくわかりません。但し、アンテナを取り付けてしまってあり、
>それが伸びた竹のせいで映ら...続きを読む

Q竹やぶ(竹薮)に囲まれた家の環境は?

周囲が竹やぶ(竹薮)に囲まれた建売の物件を見つけました

南側が高台で眺望が素晴らしいのですが
南側前方の東西に、背の高い竹が生えています

生活環境はどうでしょうか
やぶ蚊が大量に発生したりするのでしょうか

竹の葉は冬になると散るのでしょうか
もしこのまま生い茂っていれば、冬は竹にさえぎられて
日当たりが悪そうです

(どのくらいの高さか説明できないので何とも言えないですが)

ご存知の方、どうかアドバイスお願いします

Aベストアンサー

我が家の近所にも竹藪があります。
というか、我が家の畑も横が我が家の竹やぶです。
(住宅は少し離れた所にあります)

>生活環境はどうでしょうか

あまり良好とはいえません。

>やぶ蚊が大量に発生したりするのでしょうか

大量に出ます。管理ができなければ余計です。
我が家の場合はかなり離れているにもかかわらず、
今頃から11月くらいまでは蚊に悩まされています。

>竹の葉は冬になると散るのでしょうか

ある程度は散りますが、基本は残ります。
大量に生い茂っていて、管理する人がいないのであれば、
そのまんまと考えてさしつかえありません。

今のところ他には、
・前はムクドリの、今はカラスの巣になっています
・風が吹くとぎしぎし、ぎいぎい、うるさいし気持ち悪いです
・すぐ隣であれば日当たりは非常に悪いものと思います。

竹藪の管理はけっこう大変なので、放置されたままジャングル状態の
ところも多く、日本全国で問題になつているようです。
竹の根の浸食力はすごく、ほっとくとどんどんあちこちに
根を伸ばしていきます。ご自身の管理におけない物件ならば、
避けたほうが無難なような気もします。

我が家の近所にも竹藪があります。
というか、我が家の畑も横が我が家の竹やぶです。
(住宅は少し離れた所にあります)

>生活環境はどうでしょうか

あまり良好とはいえません。

>やぶ蚊が大量に発生したりするのでしょうか

大量に出ます。管理ができなければ余計です。
我が家の場合はかなり離れているにもかかわらず、
今頃から11月くらいまでは蚊に悩まされています。

>竹の葉は冬になると散るのでしょうか

ある程度は散りますが、基本は残ります。
大量に生い茂っていて、管理する...続きを読む

Q他人の土地に生えていた木が私の土地に倒れました

私の畑の土地と、隣の畑(持ち主をAさんとします)の土地との境に幅1.5m 位の川が流れています。

ある日、Aさんの畑の土手に生えていた木(直径1m高さ4~5mの大木)が、川をまたぐ形で、こちら側へ倒れてきました。

こちらの畑には被害がなかったのですが、いつまでもそのままだったので、撤去をお願いしたところ、「おたくも半分撤去費用を出してくれるならやります」との返事。

私が「えっ! だってこちらの土地にAさんの土手に生えていた木が倒れてきてるんだから、ウチは被害者でしょ?なのにウチが半分出すのは納得できませんね」

と言うと、Aさんは「こちらだって倒したくて倒したわけじゃない。ウチはそのままでも全然困らんから、そのままにしとけば。」と言うのです。

さらに「大体、川ざらい(川の水を利用している人たちがする、川掃除の事)する時に、木の根っこのそばまで土を削るから木がそちらに倒れたんだよ」とも言いました。

幸い、木が倒れている場所は何も栽培はしていないので被害はないのですが、Aさんの言い分にはどうにも納得がいきません。
木の枝がこちらの土地に・・って話は良く聞くのですが、倒木した場合はどうなのでしょう?

法律に詳しい方、一般的、客観的に見てもらって私の意見はおかしいのでしょうか?
何か対処はできないのでしょうか?

私の畑の土地と、隣の畑(持ち主をAさんとします)の土地との境に幅1.5m 位の川が流れています。

ある日、Aさんの畑の土手に生えていた木(直径1m高さ4~5mの大木)が、川をまたぐ形で、こちら側へ倒れてきました。

こちらの畑には被害がなかったのですが、いつまでもそのままだったので、撤去をお願いしたところ、「おたくも半分撤去費用を出してくれるならやります」との返事。

私が「えっ! だってこちらの土地にAさんの土手に生えていた木が倒れてきてるんだから、ウチは被害者でしょ?なのにウチが半...続きを読む

Aベストアンサー

本件のように隣の木とか石垣などがあなたの土地に倒れ込んできた場合は、その倒木や石垣の石はいずれも隣地所有者の所有物であり、これらがあなたの土地所有権を妨害していますから、土地所有権に基づく妨害排除請求権というのですが、この権利を行使して倒木等の除去を隣地所有者に求めることができます。
どうしてもということならば、判決をとって執行官に執行してもらうことになります。その場合の費用は隣地所有者が最終的には負担させられます。
隣地所有者の言っている費用折半というのは無茶苦茶です。

とりあえずは内容証明郵便で除去を要求するところから始めましょう。

倒木も隣人の所有物ですから隣人の同意なしに勝手に切ったりどかしたりは不穏当です。あなたが厚意で片付けてあげる場合でも、せめて隣人から後で文句を言われないように、所有権を放棄する旨念書を書いてもらってからされた方がいいですよ。

水路の泥揚場のような自治体等の所有地に生えた木であれば申入先は自治体ですが、生えていた場所が明らかに隣地であれば申入先は隣地所有者かと。もっとも、倒木は水路をまたいで倒れているはずで、そのままでは水路の利用にも悪影響がありますから、役場が撤去してくれる可能性もあるかもしれません。
費用倒れにならない工夫も必要なので、相談してみられるのもいいと思います。

あなたが聞かれたことがあるという枝の話というのは、「隣地の庭木の枝を越えてきた時は、この妨害排除請求権を行使して枝打ちを隣地所有者に要求できる。勝手に切ってはいけない。」という話です。これに対して隣の竹藪から地下茎がのびてきて、あなたの土地にタケノコがひょっこり顔をだした場合にはあなたはこのタケノコを切り取って美味しくいただくことができます。これはタケノコはあなたの土地の一部になっていると考えられるからです。これについては、民法233条に次のような定めをしています。古い法律ですので、こんな面白い規定があるのです。

第二百三十三条 隣地の竹木の枝が境界線を越えるときは、その竹木の所有者に、その枝を切除させることができる
2 隣地の竹木の根が境界線を越えるときは、その根を切り取ることができる

地元の弁護士に相談してください。
ではお大事に。

本件のように隣の木とか石垣などがあなたの土地に倒れ込んできた場合は、その倒木や石垣の石はいずれも隣地所有者の所有物であり、これらがあなたの土地所有権を妨害していますから、土地所有権に基づく妨害排除請求権というのですが、この権利を行使して倒木等の除去を隣地所有者に求めることができます。
どうしてもということならば、判決をとって執行官に執行してもらうことになります。その場合の費用は隣地所有者が最終的には負担させられます。
隣地所有者の言っている費用折半というのは無茶苦茶です。

...続きを読む

Q150坪竹やぶの伐根費用

全くの無知なので、なんとなくの相場がお分かりの方が
いたら教えてください。


茨城県でマイホームを建設する際、150坪ほどの土地があるのですが
現在は竹やぶになっています。
南向きの方角に生い茂っていて、土地全ての伐採を
考えているのですが、費用はどのくらいかかるのでしょうか。。

またその土地の下には水路?が通っていると聞かされました。
配管などの関係で料金も変動するのでしょうか?

よかったらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

150坪の竹を切って根を掘り返して処分、土地の周りにぐるっと布基礎を回す。少し盛土して家を建てる。これが仕事の流れだと思います。家を建てるのはHMでも、竹の処分や布基礎は、近くの工務店に直接見積もりを依頼したほうがいいですよ。HMに頼むとどうせ下請けに回すだけ。そこで手数料が上乗せになります。
竹の処分で20万、基礎と整地(盛土)で100万くらいは掛かるんじゃないですか。
水路については地区の土地改良事務所か市町村の農業委員会または農政課などで聞けばわかると思います。

Q越境してきた竹の根の駆除に除草剤を使用したい。

我が家の隣に竹林があります。
ある日、我が家の庭にたけのこが出ていました、早速掘りあげて、食べましたが、(民法上は許されています)
やはり掘りたてはおいしいと、大地の恵みに感謝しました。竹の子はありがたいのですが、
あちこちから竹の子が出てきて、庭中、竹林になっても困りますし、
床下に顔を出されても困りますので、我が家の竹の根を駆除しようと思います。

全部の根を掘り上げるのは無理ですから、庭に穴を掘り、
竹の根にドリルかキリで穴を開け、そこに除草剤を注入しようと思います。
それにより根をからす事出来ると思うのですが、これはいけない事でしょうか。
もし、隣地の竹が枯れた場合、私が行った行為が原因だと追究され、罪に問われるのでしょうか。

Aベストアンサー

http://www.yomiuri.co.jp/homeguide/soudan/20041210_01.htm

こちらに弁護士さんの見解が載っていますが、勝手にやって枯れてしまうとトラブルになりますから、お隣の方とまずは話し合いを持たれ、場合によっては専門業者に頼んで費用を負担してもらうなどの方法をとったほうがよいのではないでしょうか。

Q竹の地下茎を枯らせる方法はないでしょうか。

所有する空地に篠竹がはびこって困っています。刈り取れば良いように見えますが、篠竹は成長が早く、1年もしないで高さ2メートルにもなります。還暦を迎え体力が衰えるばかりで、刈り取るのも容易ではありません。除草剤では笹が枯れるだけで、幹は少し弱るだけ。まして地下茎はびくともしません。地下茎が残っている限りすぐに生えてきます。ミニショベルで大分掘り出したのですが、取りきれるものではありません。少しでも残っているとまた復活すると聞きます。土中の地下茎を枯らせる何か良い方法はないでしょうか。

Aベストアンサー

竹は農薬で枯らせられます。
全国各地で問題になっている放置竹林ですが、その竹林の枯らし方について1人でもできる実戦的な方法を紹介します。実際に私は1人でやっています。
ここで紹介するのは竹の間伐・間引きではなく根絶・全駆逐を目標としています。1人で時間も予算もあまり無い人用の方法です。参考にしていただけたらと思います。多人数いて予算もあるならまた違うやり方も考えられます。
竹林にて農薬を使わない方法と農薬を使う方法を試しました。その結果、農薬を使わなければならない結論になりました。紹介する方法で竹林を駆逐してください。

http://blogs.yahoo.co.jp/bresson123/6344031.html

Q山林の木を伐採されてしまった

私が所有している山林の木を、隣接する別荘の持ち主に、伐採されてしまいました。
樹種はコナラ、杉、モミなど15本ほどです。
近くの木材市場に出したとしても、2、3万円の価値にしかなりません。

5、6年前にも同じ場所で5本ほど伐採されて、別荘管理の方に苦情をいい、本人には会いませんでしたが、厳しく注意するといわれそのときは納得しました。
今回の別荘管理の方は、前回の人と違う人なのでそのいきさつも知りません。
今回は再発させないようにきっちりとしたいのですが、どのように対処したらよいのでしょうか?

1. 私が考えられるのが、別荘管理者のほかに警察の方に現場の確認をしていただく。
  (警察の方にお願いする場合は、被害届けを出した方がよろしいでしょうか?)

2. 誓約書を作成する。
  (知り合いに弁護士はいません、司法書士の方には知り合いがいます。)

上の2点くらいしか思い当たりません。

私としては、伐採されてしまった木を自宅まで運んでもらい、その後切ってしまった本数分のコナラ(1年生か2年生)などの広葉樹の植林と、土地の境界上に金網のフェンスでも建ててもらいたい気分です。

慰謝料などは望んでません、とにかく再発させないようにしたいのです。

ご教授お願いします。

私が所有している山林の木を、隣接する別荘の持ち主に、伐採されてしまいました。
樹種はコナラ、杉、モミなど15本ほどです。
近くの木材市場に出したとしても、2、3万円の価値にしかなりません。

5、6年前にも同じ場所で5本ほど伐採されて、別荘管理の方に苦情をいい、本人には会いませんでしたが、厳しく注意するといわれそのときは納得しました。
今回の別荘管理の方は、前回の人と違う人なのでそのいきさつも知りません。
今回は再発させないようにきっちりとしたいのですが、どのように対処したらよいのでし...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして やっかいですね。私はすぐに被害届を出すべきだと思いますが。山林の管理や土地の境界等々への感覚は地域によって色々なのかもしれませんが、自分の地所でない土地の木を勝手に伐採するなんて許されるものではありません。そもそも山林の境界線に杭は無いのでしょうか?けっこうシビアに区切られているものだとおもってましたが・・・。別荘の持ち主は「景観の妨げになるから」とか「邪魔な木だ」と軽い認識かもしれませんが、そもそも日本で誰のものでもない「木」はほぼ存在しないのでは?案外そのような基本的な認識が無い人多いですよ。被害の大小、面倒など色々ありますが、再発防止のためにも、ここは事を公にして善悪をはっきりさせたほうが良いと思いますが。

Q越境している木の枝を切りたいのですが、逆にふっかけられました

隣接する土地に欅の木があるのですが、うちの小屋(2階立て)がその枝におおわれるくらいの大きさになっています。

先日、大怪我をしてしまうくらいの大きな枝が落ちてきたため、今後のことも考え、近所に住む持ち主に枝を切って欲しいと頼みました。

しかし、
「勝手に切ればいい」、
「枝を切った後、木が枯れたら弁償すれ」、
と言われました。

「切るのか、切らないのか」と会うたびに言われて、精神的に参ってきています。

相当の高さがあるため、業者を頼まなくてはいけないかと思います。
この場合、費用は負担しなければいけないでしょうか?
また、木が枯れた場合、弁償をしなければいけいないのでしょうか?

アドバイスのほど、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

この場合、隣人が「切って良い」と言ってるので、民法233条は該当しませんが、言った言わないの水掛け論になることもありますので、最低限発言を録音、出来れば文書に残しましょう。
第三者がいるときに発言して貰っても良いですが、トラブルに巻き込まれるのが嫌で証言して貰えないこともありますから、やはり録音か文書でしょう。
その上で切るのは問題ありません。

その際の費用は、原則所有者の負担ですが、この場合隣人に負担させることは難しいでしょうね。
現実には質問者さんが払った方が良いでしょう。

枯れた場合の損害賠償ですが、今回の場合は「枝を切ったことにより木が枯れた場合は損害賠償に応じる」という条件で枝を切ることを了承したとも考えられますが、その場合は枝を切ったことと木が枯れたことの因果関係を隣人が証明しなくてはなりませんので、現実として支払の義務は生じないでしょう。
また、民法233条により本来所有者が切るべき物を質問者さんが代行して切ったと解釈する場合(多分こちらになるかと思います)、そもそも質問者さんが切る行為の責任が隣人にありますので、損害賠償の請求も出来ません。
出来るとすれば、質問者さんが不必要な枝まで切った場合でしょうか。

と言うわけで、#2さんの言われるように第三者に入ってもらって頼むか、会話を録音した上で本当に邪魔な部分だけを最小限の範囲で切るのが現実的でしょうね。

この場合、隣人が「切って良い」と言ってるので、民法233条は該当しませんが、言った言わないの水掛け論になることもありますので、最低限発言を録音、出来れば文書に残しましょう。
第三者がいるときに発言して貰っても良いですが、トラブルに巻き込まれるのが嫌で証言して貰えないこともありますから、やはり録音か文書でしょう。
その上で切るのは問題ありません。

その際の費用は、原則所有者の負担ですが、この場合隣人に負担させることは難しいでしょうね。
現実には質問者さんが払った方が良いで...続きを読む


人気Q&Aランキング