こんにちは。

患者側なので、
専門知識も用語もわからないので、
おかしい事を言っていたら申し訳ないですが、
宜しくお願い致します。

何かの疾患で亡くなる際、
直前に「亡くなる」とわかる症状はありますか?

例えば、「呼吸が深くなる」というのもあると思いますが、
ずっと眠っていたり、出血や吐血・下血をしたり、おしっこが出なくなったり、瞳に変化があったりしますか?
疾患ごとにケースはそれぞれで「何とも言えない」と思いますが、
多くみられる事、
よく言われている事(教科書に載っている)事や、
何か目に見える症状で
医師が「これはもうすぐ・・・」と判断基準にしている症状など
があれば教えていただきたく存じます。

宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

前の回答者さんたちが答えていますが、


一般的には尿が出にくくなり、むくんできます。
足や手にでやすいのですが、やがて全身にむくみがでます。

呼吸はだんだん浅くなり、下顎呼吸となります。
呼吸は胸郭の動きによって行われています。寝ている人の胸やおなかをみると分かると思いますが、呼吸に合わせて動いています。

その胸やおなかの動きがよわくなり、下顎を動かして呼吸をするようになります。見ればすぐにわかるのですが、本当に下顎がパカパカと動いています。

そして、最期は下顎の動きも弱くなり、呼吸は止まります。
呼吸が止まれば、心臓も動きを止め、生命反応は見られなくなります。

一般的な流れです。病気や怪我によってはこの限りではありません。
    • good
    • 406

あなたが患者さんなのですね。

私には皆さんのような回答はできないのですが、自分自身死にかけたことが何回かあります。
死を目の前にしたとき、「ああ、自分はもうすぐ死ぬのだな。」「このままでいると死んじゃうな」とゆうことを誰よりも自分が実感します。
動物は死ぬとき人目につかないところに行って死ぬといいますが、そうゆう野性の本能のようなものだと思います。
関係ない話だったかもしれませんね。失礼しました。
    • good
    • 270

呼吸は、だんだん浅く短くなります。


そのうち、下顎呼吸(かがくこきゅう)になります。
下あごが動く呼吸が始まったら、もう近いですね・・・。
そうなれば、数時間のうちだと思います。
    • good
    • 256
この回答へのお礼

ありがとうございます。

下顎呼吸・・・それはどういうことの表れ(反応?反射?)なのでしょうか?

どうして下顎が動くのでしょうか?

仕組みを解説している本やHPをご存知ですか?

お礼日時:2007/09/29 02:16

母が胃癌で亡くなった時は、下記のような症状がありました。


・尿が出なくなり、お腹に水が溜まる。
(臨月の妊婦のような感じです。)
・頻繁に痙攣を繰り返す。
・目にゼラチン状の膜が張る。
    • good
    • 227
この回答へのお礼

ありがとうございます。

尿も出なくなるのですね。

お辛い経験をお話してくださり、申し訳ないです。

お礼日時:2007/09/28 17:22

いろいろありますねぇ


症状は病によってさまざまですよ
脳内出血の場合、激しい頭痛や目まいといった症状ですね
症状が出ない病もあるので気づかないうちに病が進行する恐れがあります
健康診断他ないですね
病気のことは毎週火曜日 午後8:00にやっている「本当は怖い家庭の医学」を見るといいですよ~
    • good
    • 173

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q慢性疾患、続発性疾患の定義を教えてください

 すみません。慢性疾患、続発性疾患の定義を教えてください。簡単な見分け方があれば嬉しいですけれど。続発性は原因となる疾患があるとかではおかしいですか?

Aベストアンサー

癌というのは、ほとんど原発性だと思います。いちお医学的分類では、転移性の癌というものもありますが。肝臓癌でしたら、原発性肝臓癌と転移性肝臓癌といったふうに。原発性肝臓ガンは、これまた組織学的に、肝細胞癌と胆管細胞癌にわけられます。(発生頻度は、9:1)はっきりした原因は不明ですが、肝硬変の合併が問題となるようです。肝臓癌は、臨床経験上、おっしゃるとおり、肝炎(C型肝炎が多いです)→肝硬変→肝癌に移行する症例が多いのですが、ウイスル感染はなくいきなり肝臓ガンが発生する症例もあります。
転移性肝臓癌は、その名のとおり、他からのメタ(転移)によっておこります。

肺癌も医学的分類ですは、原発性肺癌と転移性肺腫瘍にわかれます。原発性肺癌の中で組織学的に、類表皮癌、腺癌、大細胞癌、小細胞癌などにわかれてます。

膵臓癌もしかりです。私の見解ですが、癌というのはだぶ研究もすすんでいますが、いまだに解明が不十分であり、発症原因が定かではないので、どの癌も転移性以外は、「原発性~」ということだと思います。

Q吐血について

吐血をしたということはどのような病気が考えられますか

Aベストアンサー

上部消化管出血が起こり、それを吐き出せば吐血になります。ちなみに、肺などからの出血を吐けば、喀血です。
吐血の原因は、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃炎、食道静脈瘤、Mallory-Weises症候群、胃癌、食道炎・潰瘍その他です。

学校の宿題や試験問題じゃないでしょうね?

Q異常ないのに吐血

病院にいっても異常がないのに、吐血して倒れたりする子がいるのですが、どんな理由がありえるのでしょうか?
ストレスのせいでしょうか?

Aベストアンサー

補足有り難うございます。ところで、血を吐く以外に症状はないのでしょうか?便の性状は如何でしょうか?袋にたまるほどの吐血が、食道、胃、十二指腸あたりからあると、黒色のタール便というのが出ます。もし、これが出ていない場合は消化管からの出血ではない可能性が高いですので、出血の原因は鼻血や口腔内からと言う事になります。吐いている現場を見られた事はありますか?吐いた血液はどのような色でしょう?真っ赤な血なのか、どす黒い血なのか?

http://homepage1.nifty.com/jibiaka50/kakksetutoketu.htm

 十分な診察、検査が行なわれ出血を来す病気が存在しない事が明らかになって、複雑な家庭環境でストレスが多いとなると、血を吐いているふりをしている事も考えなくてはいけません。慎重な対応が要求されます。

http://www.ihealth.co.jp/main/illness2/kokoro/019.html

Q慢性硬膜下血腫の開頭手術の安全性について

2年まえ慢性硬膜下血腫の血を抜く手術を二度受けましたが、症状があまり改善しません。
歩行時のふらつきが治らず、階段の昇降等が不自由です。が、車の運転や文字を書く(上手には書けませんが)事はできます。 医師は開頭手術の事もそろそろ考えた方が良いと言います。
あまり年数がかかると手術の効果が期待が期待できない事もあり、「既にそうかも知れない」との事でした。 完全に元に戻るのか?どの程度の障害が残るのか?等さっぱりわからず迷っています。
開頭手術の成功、失敗など、体験談・伝聞などを教えて頂けませんでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

長期の圧迫により 脳がダメージを受けている可能性はそう多くないと思うのですが
不自由な生活を続けたことによる手足の筋力低下・可動性減少の可能性は相当あると思います

二度穿頭再発後開頭とのことですが 再発例の最大のリスクはやはり再発です

血腫というと血液がたまってるだけのように思われるかもしれません
しかし数週間も経つと 血腫の周囲に膜ができてきて その膜が
血管が多いんです でその新生血管が出血しやすい
再発例の開頭だと 膜をできるだけ除去する目的もあるでしょう
血管が多いので出血のリスクも穿頭術より大きいです

開頭でも再発してその次の手術前には
血管内治療で膜へ行く血管を血管内手術で塞栓して良くなったという例もあります

これはけっこう大変だし先進医療になります

しかし 症状が軽くなる可能性が相当あるので
年齢・社会環境など勘案して検討するべきでしょう

Q心臓疾患の歴史

現在、近年の医学(主に心臓疾患)の歴史について勉強しているのですが、ステント・バルーン・バイパス術などは、何年ごろに誰が発明したのか分からないのでどなたかお教えくださいませんか?

またあわせて、近年の医学における重要な発見や発明がありましたらお教えいただけると助かります。

Aベストアンサー

1967年Favaloro(Cleveland)大伏在静脈グラフトを用いた狭窄部末梢の冠動脈への直接吻合術
1977年Gruentzig バルーン経皮的経管的冠動脈形成術(PTCA)
1980年代末Sigwart ステント

参考URL:http://www.lifescience.jp/ebm/medhist/0302/0302.htm,http://www.yamanashi-med.ac.jp/~tosho/mokuji/kiyou/kiyou15/image/kiy


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報