「○○先生の著書」というときに、「著書」を丁寧な言葉にしたいです。何になるのでしょーか?それとも、「著書」の丁寧な言い方は存在しないでしょーか?

A 回答 (1件)

一般的には「御著書」です。


文章語としての敬称には、「貴著」、「高著」という言葉があります。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2625552.html
    • good
    • 5
この回答へのお礼

素早いご回答ありがとうございました☆過去の質問を検索せずに質問してしまいすみませんっっ とても参考になりましたっ(^^)

お礼日時:2007/10/01 21:40

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q論文の種類及び引用の仕方

こんにちは。
論文について、いくつか質問がございます。

論文の種類についてですが、
投稿論文、博士論文(修士論文)は、どのように
違うのでしょうか。
また、学会のページを見ますと、
編書論文、雑誌論文、著書といつくかの分類が
あるのですが、こちらの違いもあるのでしょうか。

また、論文を書く際に、引用できる書物・論文に制限は
あるのでしょうか。

人文系(社会学や心理学)に興味があるのですが、
こうしたジャンルの場合、学術論文の他に、一般の書物や
一般の雑誌等を引用してもいいのでしょうか。

知識をお持ちの方、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

私は大学院生で、只今、修士論文を執筆しています。

教授から教わった引用文献の順位をお伝えします。
私の専攻は、社会科学です。

1.学会誌     社会学会 学者が集う学会です。
2.大学の寄要   大学院・大学の中に設置されている学会です。
3.専門誌     その分野の専門誌に学者等が投稿する論文です。
4.その他の学会  学者ではなく、職業集団が構成する学会です。 5.専門書     その分野の学者が索引を末尾にきちんと、つけて執筆した学術的な専門書です。
6.その他     一般図書、雑誌

一般的に学術論文で引用文献として活用するのは、番号が新しいものがより、引用文献として学術色が強いとされています。

また、例外としては、国、県、市町村が発行する公文書は引用文献に該当しますが、取り扱いは別です。

また、6は引用文献としては、あまり取り扱いません。

また、投稿論文でも、論文のレベルによって、審査されるかたが、論文、研究ノート分けます。また、レフリーがきちんと入っていない論文は、業績としては、カウントされないそうです。

私は大学院生で、只今、修士論文を執筆しています。

教授から教わった引用文献の順位をお伝えします。
私の専攻は、社会科学です。

1.学会誌     社会学会 学者が集う学会です。
2.大学の寄要   大学院・大学の中に設置されている学会です。
3.専門誌     その分野の専門誌に学者等が投稿する論文です。
4.その他の学会  学者ではなく、職業集団が構成する学会です。 5.専門書     その分野の学者が索引を末尾にきちんと、つけて執筆した学術的な専門書です。
6.そ...続きを読む

Q「です『よね?』」を丁寧にした言葉、敬語は?

 アルバイトをしているのですが、一度教えて貰ったことを確認のために、先輩に聞くときに
 「これは、ああすればよろしいんです『よね?』」というふうにいっているのですが、『よね?』という語尾が、自分で言っていて気になります。敬語で、最後に「ね」をつける奴をボクは嫌いなので、できることなら違う敬語表現などで、「ですよね」を使わないで同じ意味の言葉を使いたいのですが、どなたかお知恵をお貸しください。お願いします。

Aベストアンサー

すみません、細かいようですが、、、
語尾の「ね?」というのは確認するためのもので、これに相当する敬語はありません。#1の回答の様に言い換えてもいいですが、ちょっと意味が変わります。

「これは、ああすればよろしいんです『よね?』」
と言うのは、これついての確認の意味で、これであっている、と言う確信を持ちながら確認しています。
『でしょうか?』
と言うのは、 これについて尋ねていることになります。確信はないけど、あってますか?という感じです。
最後に「ね」をつける奴が嫌いというのもよくわかりませんが、社会に出ても使われていますので、どうか慣れますように・・・。

Q修士論文執筆中です。引用を用いる際名前を書くとき、

引用を用いる際名前を書くとき、その人の氏名を書きますよね。その時名前の後につける西暦は、その人の生没年でしょうか?それともその論文なり、著書の発表年でしょうか?

例えば、
山田太郎(  )はこのことについて次のように指摘している。
ーーー引用ーーー
と指摘しており…

という感じです。初歩的な質問ですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

その論文なり、著書の発表年です。
同年に2つ以上あれば2013a、2013bのようにアルファベットをつけて区別します。

Q「○○って」と「○○て」 書き言葉で普通使うのはどちら?

たとえば、話し言葉で「イチゴっていろいろな種類があるんだね」という文章を文字で書く場合、「イチゴていろいろな種類があるんだね」と書きますか?それとも、話し言葉と同じように「イチゴって」と書くのが普通でしょうか。私は、このちいさな「っ」を入れないと気持ちが悪いのですが、「『っ』なんて普通入れないよ」と年配の人に言われてしまいました。日本語としてはどちらが正しいのでしょう。

Aベストアンサー

>「イチゴていろいろな種類があるんだね」と書きますか…

いま普通に用いられている日本語の書き方として、促音 (詰まる音) を表記しないなどとは、聞いたことがありません。
言葉の書き表し方にも、もちろん約束事があります。
これは国が決めたことで『現代仮名遣い』と言います。

『現代仮名遣い』によれば、現代語の音韻のとおりに書き表すのが基本ですし、促音は「っ」で表すとしています。

したがって、
【イチゴっていろいろな種類があるんだね】
と書くのが正解です。

>「『っ』なんて普通入れないよ」と年配の人に言われてしまいました…

『現代仮名遣い』が定められてまだ 60年弱にしかなりません。
それ以前に学校教育を終えた人は、必ずしも今のルールを熟知しているとは限りません。
おおむね 80歳以上の人の中には、今でも昔の仮名遣いを当たり前のように使う人もいることは事実です。
昔の仮名遣いのことを今では、『歴史的仮名遣い』と言います。

『歴史的仮名遣い』には、小さい文字はありません。
促音でも拗音でもすべて普通サイズの文字で表します。
【イチゴつていろいろな種類があるんだね】
となります。

しかし、
【イチゴていろいろな種類があるんだね】
と言う書き方は、今も昔もありません。

『現代仮名遣い』について詳しくは、文化庁の『国語施策情報システム』をどうぞ。
http://www.bunka.go.jp/kokugo/

>「イチゴていろいろな種類があるんだね」と書きますか…

いま普通に用いられている日本語の書き方として、促音 (詰まる音) を表記しないなどとは、聞いたことがありません。
言葉の書き表し方にも、もちろん約束事があります。
これは国が決めたことで『現代仮名遣い』と言います。

『現代仮名遣い』によれば、現代語の音韻のとおりに書き表すのが基本ですし、促音は「っ」で表すとしています。

したがって、
【イチゴっていろいろな種類があるんだね】
と書くのが正解です。

>「『っ』なんて普...続きを読む

Q論文(単著、共著、著書)

論文を作成しようとしています。(単著、共著、著書)とはなんでしょうか??単著は一人、共著は多数での作成との解釈でいいのでしょうか??著書はなんですか??
どなたか単著、共著、著書についてずぶの素人でもわかりやすいように教えていただけないでしょうか??
他にも論文作成の際に注意する点などありましたらお願いします。
報告書というのは論文と同じ扱いですか??

Aベストアンサー

単著・共著は、ご指摘のように著者が1人か複数か、というものです。

著書については、雑誌への記事掲載ではなく、一冊の書籍(単行本)として刊行されたものを指します。

論文については、学術的なものは編集者や査読者(レフェリー、その分野に詳しい研究者)が査読をして内容の妥当性を確認してから掲載するものがあります。そのような査読がある雑誌に掲載されたものですと、客観的な業績として認められやすく、博士号取得などでも評価されます。

一方で、速報性を重視した報告として、学術雑誌でもレターと呼ばれるものを受け付け掲載する場合もあります。これは査読のような時間をとらない(むしろ取ると速報性が失われる)ような重要な内容が取り上げられるものです。これについては、査読が入っていない分、そのものの質を改めて考慮しないと業績として入れにくいものです。

報告書についても、このような査読が入らない点で、研究業績としての客観的検証がされていません。これは、論文のような章構成であるか、という形式的な面とともに、学術論文と大きく違う点です。

学術論文の形式は、投稿する学術雑誌ごとに指定がある場合もありますし、博士号取得の場合には査読論文何編という目安もあります。

単著・共著は、ご指摘のように著者が1人か複数か、というものです。

著書については、雑誌への記事掲載ではなく、一冊の書籍(単行本)として刊行されたものを指します。

論文については、学術的なものは編集者や査読者(レフェリー、その分野に詳しい研究者)が査読をして内容の妥当性を確認してから掲載するものがあります。そのような査読がある雑誌に掲載されたものですと、客観的な業績として認められやすく、博士号取得などでも評価されます。

一方で、速報性を重視した報告として、学術雑誌でも...続きを読む

Q「パパ」、「ママ」ーー>「お母さん」、「お父さん」

いつもお世話になっております。

日本人は大体何歳ぐらいから「パパ」、「ママ」のような呼びかけを「お母さん」、「お父さん」と変えるのでしょうか。その変える理由は親に「こう直しなさい」と直接に言われるのか、それとも自分で変換する必要があるとちゃんと意識しているのか、それともほかの理由があるのでしょうか。もし変えた時の自分の考えをまだ覚えておられる方がいらっしゃいましたら、ぜひ当時のご自分の心理をお聞かせください。どういうようなきっかけで呼びかけを変えたのでしょうか。当時のご自分はどのように考えて呼びかけを変えたのでしょうか。心当たりの方、よろしくお願い致します。

日本語を勉強しているので、まだまだ文章がうまく書けません。質問文の中で不自然な表現がありましたら、それも併せて指摘していただければ助かります。

Aベストアンサー

こんにちは。

少し質問からずれてしまうことをお許しください。

私は「パパ」「ママ」と両親を呼んでいる人が成長して「お父さん」「お母さん」と呼び方を変えることはむしろ珍しいと思います。
もちろん大人になれば、表向きには「お父さん」「お母さん」、あるいは「父」「母」のように呼び方を切り替えますが、家族の中では「パパ」「ママ」の呼び方は変わらない方が多いと思います。

それよりも私が感じるのは、私が子供だった35~40年ぐらい前は、今より「パパ」「ママ」と呼ぶ子が多かったことです。つまり逆に言えば、“最近はみんな「お父さん」「お母さん」と呼ぶようになったなあ”と思うのです。
テレビドラマなどを観ていても、子供が両親を「パパ」「ママ」と呼んでいる例はほとんどないと言っていいくらい少ないですね。

私はその背景には昭和20年代~40年くらいの日本人の西欧文化に対する憧れと、「パパ」「ママ」と子供に呼ばせていたのは比較的裕福な親が多かったことから、一種のステイタスでもあり、さらに裕福ではない家庭でもそれを真似して「パパ」「ママ」と呼ばせていたのではないかと思います。

それが、現代では西欧文化に対する憧れが当時と比較して薄らいできたことによって、従来日本で両親に対する呼び方として一般的であった「お父さん」「お母さん」が復活してきたと考えることもできそうです。

ちなみに私は子供の頃から一貫してずっと両親を「お父さん」「お母さん」と呼んでいます。

こんにちは。

少し質問からずれてしまうことをお許しください。

私は「パパ」「ママ」と両親を呼んでいる人が成長して「お父さん」「お母さん」と呼び方を変えることはむしろ珍しいと思います。
もちろん大人になれば、表向きには「お父さん」「お母さん」、あるいは「父」「母」のように呼び方を切り替えますが、家族の中では「パパ」「ママ」の呼び方は変わらない方が多いと思います。

それよりも私が感じるのは、私が子供だった35~40年ぐらい前は、今より「パパ」「ママ」と呼ぶ子が多かったことで...続きを読む

Q大学の論文(特に教授の著書を読んで)の書き方

今度大学でレポートか論文を書かなければいけないのですが、先生によれば
・先生の著書を読んで、それを参考に
・自分の経験を交えて
書くように、とのことです。
しかし先生の著書を読んで論文を書くとなると、どうしても先生が著書の中で行っていることとかぶってしまうし、要約のようになってしまってうまく書けません。
やはり要約というのは論文としておかしいですよね?
こういう場合どのようなことを書いたらいいのか教えて下さい。
先生の著書は大まかにいえば『いじめ』についての本です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ほほう。生協に「課題図書」として山積みされてませんか。
できの悪い教員が,売れない自著を販売する常套手段ですね。
と,同業者をこきおろしてもしょうがないので・・・

「参考に」というのは,いくつかの論点・観点を読み取れという意図でしょう。そのときに,当然ながら「要約」をせざるをえないでしょう。

「自分の経験」というのは,たぶん著書では一般論的に述べてあることを,自分の経験したことにあてはめて論じよ,という意図だろうと思います。この「経験」には,マスコミで見聞きしたことも含めていいでしょう。分野が何かによって,この部分はかなり変わります。

Q敬語の「お~」と「ご~」の違いはなんですか? 例えば、「お返事」と「ご返事」、「お家族」と「ご家族」

敬語の「お~」と「ご~」の違いはなんですか?
例えば、「お返事」と「ご返事」、「お家族」と「ご家族」は同じでしょうか?
ありがとうございます!

Aベストアンサー

丁寧語の接頭語は基本的に、
訓読みの語(和語)には「お」が付き
音読みの語(漢語)には「ご」が付く
例外もあります。

「お」と「ご」の使い分け
で検索してみました。
https://www.google.co.jp/search?q=%E4%B8%81%E5%AF%A7%E8%AA%9E%E3%81%AE%E3%80%8C%E3%81%8A%E3%80%8D%E3%81%A8%E3%80%8C%E3%81%94%E3%80%8D%E3%81%AE%E4%BD%BF%E3%81%84%E5%88%86%E3%81%91&ie=utf-8&oe=utf-8&client=firefox-b&gfe_rd=cr&ei=0eYRWa2OF6XU8AeYypkY#q=%E3%80%8C%E3%81%8A%E3%80%8D%E3%81%A8%E3%80%8C%E3%81%94%E3%80%8D%E3%81%AE%E4%BD%BF%E3%81%84%E5%88%86%E3%81%91

http://2ri-ex.cocolog-nifty.com/igosso/2016/11/post-5d83.html

「お返事」? 「ご返事」?
https://www.nhk.or.jp/bunken/summary/kotoba/term/148.html

お家族は使わないと思います。

丁寧語の接頭語は基本的に、
訓読みの語(和語)には「お」が付き
音読みの語(漢語)には「ご」が付く
例外もあります。

「お」と「ご」の使い分け
で検索してみました。
https://www.google.co.jp/search?q=%E4%B8%81%E5%AF%A7%E8%AA%9E%E3%81%AE%E3%80%8C%E3%81%8A%E3%80%8D%E3%81%A8%E3%80%8C%E3%81%94%E3%80%8D%E3%81%AE%E4%BD%BF%E3%81%84%E5%88%86%E3%81%91&ie=utf-8&oe=utf-8&client=firefox-b&gfe_rd=cr&ei=0eYRWa2OF6XU8AeYypkY#q=%E3%80%8C%E3%81%8A%E3%80%8D%E3%81%A8%E3%80%8C%E3%81%94%E3%80%8D%E3...続きを読む

Q学位論文を執筆する際に引用する図に関して、著作権者の承諾は必要?

学位論文を執筆する際に引用する図に関して、著作権者の承諾は必要?

 一般的に、学術雑誌で出版する論文を執筆する際に、先行研究の図の引用にあたっては、その引用元を自分の出版論文原稿中に明記するのみならず、著作権者の同意を得る必要があると聞いています。

 これと同様に、学位論文を執筆する際の図の引用でも、著作権者の同意を得る必要があるのでしょうか。で、学位論文では先行論文の図表を色々引用する予定なので、著作権者の同意を得るには相当な手間がかかってしまう見込みです。できれば引用元・出典元の明記だけで済ませたいのですが。

 どなたかお知恵のある方からのご教示をお願い致します。

Aベストアンサー

著作権法における公正な引用の範囲でしたら、著者の同意なく利用することが出来ます。

著作権法 第三十二条
http://www.cric.or.jp/db/article/a1.html

公正な慣行や、正当な範囲内等、どこまでが引用に当たるかは、いくつかのサイトや本で解説されていますが、以下の資料は分かりやすく説明されているものの一つだと思います。

機関リポジトリと著作権 Q&A (Q1-1~1-3)
http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/metadb/up/ZZT00003/Repository-Copyright.pdf

その他、「著作権 引用 図」等のキーワードで検索してみると、いくつかの学会誌でのQ&Aページが見つかりますので、ご参考にされてみてはいかがでしょうか。

Q「ご丁寧に」と「ご丁寧なことに」との違い

「ご丁寧に」と「ご丁寧なことに」との違い
「ご丁寧に」と「ご丁寧な事に」との違いがありますか。
あれば、いつ「ご丁寧なことに」を使いますか。
何方か教えていただけませんか。

宜しくお願いします

Aベストアンサー

通常、「ご丁寧に」とすると、“相手に対する感謝や、自身の至らなさに対して先方に侘びたい気持ちがあるときに使われます”が、「ご丁寧なことに」としたときは、“相手の行為の丁寧さに対して不満の意を表明して使われる”ことが多いです。

その様に、「ご丁寧なことに」は先方に対して、“必要以上に丁寧で嫌みである”、“くどい”、“わざわざ”ということを暗にほのめかしたり、“嫌み”で使われることが多いのです。
ですから、「ご丁寧に」との違いを考えたときは、「相手に対し不快感や迷惑な感情を持っていることを暗に強調したいときに使われる表現」だと言えます。
また、「ご丁寧なことに」を他の言葉で言い換えるなら、「慇懃無礼にも」とか「悪丁寧にも」と表現できます。


題目のそれぞれの用例ですが、

1)「あなた見て。ほら、ご丁寧に○○さんから残暑見舞いの葉書が来たの。お孫さんの写真付きよ。先日、お中元まで頂いたのに(こちらは、いただくばかりで気が利かずに申し訳ないわ)。」

2)「あなた見て、ほら、ご丁寧なことに○○さんから残暑見舞いの葉書が来たの。お孫さんの写真付きよ。先日、お中元まで頂いたのに(わざわざ写真なんか、孫の自慢がしたいのね)。」

1,2それぞれ( )で言葉を補いましたが、「ご丁寧に」と「ご丁寧なことに」では、同じ文章でも、そのぐらい印象が違います。
ご丁寧な「こと」とすると「余計なこと」といういう悪いイメージが付加されてしまいますので、使わない方が良いです。


他にも注意点があります。

「まあ、○○さんのお仕事はいつみてもご丁寧なこと」と言い切ると、
  「ご丁寧なこと」=「見事である」
と、そのまま褒め言葉になりますが、「ご丁寧なことに」と「に」が後ろに続いてしまうと、それとは別の反語的な感情が付加されてしまいます。
そういった点からも、「ご丁寧に」にも、「ご丁寧なことに」ほどではないけれど、場合によっては悪いイメージを相手に持たれることがあるので、使うときは注意が必要です。
「ご丁寧に、ありがとうございます」と、省略せずに言った方が、誤解無く感謝の気持ちが伝わります。

通常、「ご丁寧に」とすると、“相手に対する感謝や、自身の至らなさに対して先方に侘びたい気持ちがあるときに使われます”が、「ご丁寧なことに」としたときは、“相手の行為の丁寧さに対して不満の意を表明して使われる”ことが多いです。

その様に、「ご丁寧なことに」は先方に対して、“必要以上に丁寧で嫌みである”、“くどい”、“わざわざ”ということを暗にほのめかしたり、“嫌み”で使われることが多いのです。
ですから、「ご丁寧に」との違いを考えたときは、「相手に対し不快感や迷惑な感情を持っていることを...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報